>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 C

3106

-1976

電気用荒引銅線

Copper Wire Rods for Electrical Purposes

1.

適用範囲  この規格は,電気用銅線の材料として使用する断面が円形の電気用荒引銅線(以下,線と

いう。

)について規定する。

引用規格:

JIS C 3002

  電気用銅線及びアルミニウム線試験方法

JIS H 1101

  電気銅地金分析方法

2.

種類及び記号  種類及び記号は,表 のとおりとする。

表  1

種類

記号

備考

電気用 B 荒引銅線 WR-B 黒色酸化皮膜を除去しない荒引銅線

電気用 C 荒引銅線 WR-C 黒色酸化皮膜を除去した荒引銅線

注  WR : Wire Rod の略 

  B : Black の略

  C : Cleaned の略

3.

特性  特性は,付表のとおりとする。

4.

化学成分  化学成分は,表 のとおりとする。

表  2

Cu %

99.90

以上

備考 Ag は Cu とし

て取り扱う。

5.

寸法  寸法は,径で表し付表による。

6.

外観  外観は,きず,裂け目,みみ  その他実用上有害な欠点があってはならない。

7.

試験方法

7.1

外観  外観は,JIS C 3002(電気用銅線及びアルミニウム線試験方法)の 3.による。

7.2

寸法  寸法は,JIS C 3002 の 4.による。

7.3

伸び  伸びは,JIS C 3002 の 5.による。


2

C 3106-1976

7.4

導電率  導電率は,JIS C 3002 の 6.による。ただし,試験片は 2.0 mm から 3.0 mm の間の径に伸線

した後,完全に焼鈍した線を用いる。

7.5

化学成分  化学成分は,JIS H 1101(電気銅地金分析方法)による。

8.

検査  検査は,7.の試験方法により次の項目について行い 3.4.5.及び 6.の規定に適合しなければなら

ない。ただし,化学成分は受渡当事者間の協定により省くことができる。

(1)

外観

(2)

寸法

(3)

伸び

(4)

導電率

(5)

化学成分

9.

荷姿及び 巻の正味質量  荷姿及び 1 巻の正味質量は,受渡当事者間の協定による。

10.

製品の呼び方  製品の呼び方は,種類及び径,又は記号及び径による。

例:電気用 B 荒引銅線  8.0 mm

    又は,WR-B       8.0 mm

11.

表示  表示は,線に次の事項を記載した荷札を付ける。ただし,受渡当事者間の協定によりその一部

を省くことができる。

(1)

種類又は記号

(2)

(3)

正味質量

(4)

製造業者名又はその略号

(5)

製造年月


3

C 3106-1976

付  表

参考

mm

径の許容差

mm

伸び

%

導電率

%

断面積

mm

2

質量

kg/km

8.0

±0.4 50.27

446.9

(9.5)

±0.5 70.88

630.1

10.0

±0.5 78.54

698.2

(12.0)

±0.5 113.1

1005

13.0

±0.6 132.7

1180

16.0

±0.7 201.1

1788

19.0

±0.9 283.5

2520

22.0

±0.9 380.1

3379

25.0

±0.9

30

以上 100 以上

490.9 4364

備考1.  付表の径における(  )内のものは,できる限り使用しないものとする

2.

この表の数値は,20℃におけるものとする。

3.

断面積及び質量は径の許容差 0 に対するものとする。

4.

密度は 1cm

3

につき 8.89g とする。

電気材料部会  電気用銅線専門委員会  構成表

氏  名

所  属

(委員会長)

嶋  津  保次郎

日本電気株式会社

奥  田  義  一

通商産業省基礎産業局

児  玉  勝  臣

資源エネルギー庁公益事業部

常  沢  秀  夫

工業技術院標準部

市  瀬  信  夫

大日日本電線株式会社

中  山  政  昭

昭和電線電纜株式会社

森      範  宏

住友電気工業株式会社

星  井      清

藤倉電線株式会社

小野寺      健

日立電線株式会社

岩  原  弘  久

古河電気工業株式会社

長      孝  夫

社団法人日本電線工業会

宮  川  健  三

富士電機製造株式会社

桐  山  可一郎

沖電気工業株式会社

貝  淵  俊  二

日本電信電話公社

宮  内  正  夫

社団法人日本電機工業会

木  村  脩  之

日本国有鉄道

井  村  光  男

東京電力株式会社

(事務局)

武  笠  二  郎

工業技術院標準部電気規格課

中  林  賢  司

工業技術院標準部電気規格課