>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 2814-2-4

:2009

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義 

2

4

  一般事項

2

5

  試験に関する一般事項 

2

6

  主要特性

3

7

  分類

3

8

  表示

3

9

  感電保護

3

10

  導体の接続 

4

11

  構造 

4

12

  耐劣化性,耐湿性及び固形物の侵入又は水の有害な浸入に対する耐久性

4

13

  絶縁抵抗及び耐電圧

5

14

  機械的強度 

5

15

  温度上昇 

8

16

  耐熱性

10

17

  空間距離及び沿面距離 

10

18

  絶縁材料の耐過熱性及び耐火性

10

19

  絶縁材料の耐トラッキング性

10

20

  EMC 要求事項

10

附属書 AA(参考)15.102.1 に従った温度サイクル試験の例 

13

附属書 JC(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

14


C 2814-2-4

:2009

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本

工業規格である。これによって,JIS

C

2814-2-4:2001

は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責

任はもたない。

JIS C 2814

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

C

2814-1

  第 1 部:通則

JIS

C

2814-2-1

  第 2-1 部:ねじ形締付式接続器具の個別要求事項

JIS

C

2814-2-2

  第 2-2 部:ねじなし形締付式接続器具の個別要求事項

JIS

C

2814-2-3

  第 2-3 部:絶縁貫通形締付式接続器具の個別要求事項

JIS

C

2814-2-4

  第 2-4 部:ねじ込み形接続器具の個別要求事項


日本工業規格

JIS

 C

2814-2-4

:2009

家庭用及びこれに類する用途の低電圧用接続器具−

第 2-4 部:ねじ込み形接続器具の個別要求事項

Connecting devices for low-voltage circuits for household and similar

purposes-Part 2-4: Particular requirements for twist-on connecting devices

序文 

この規格は,2004 年に第 2 版として発行された IEC 60998-2-4 を基とし,我が国の配電事情に適応させ

るため,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。この規格は,JIS

C

2814-1:2009

と併読する

規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,

附属書 JC に示す。

適用範囲 

この規格は,2 本以上の,JIS C 3664 又は関連する JIS に従う断面積が 0.5 mm

2

以上で 16 mm

2

以下の非

可とう及び/又は可とうの未処理導体を接続するねじ込み形接続器具(以下,TOCD という。

)について規

定する。接続導体の総断面積は 35 mm

2

以下とする。

この規格は,交流 1 000 V 及び直流 1 500 V 以下の電力を家庭用又は類似の用途に利用する低電圧回路を

カバーする。

この規格は,主として手によって締め付けるように設計された TOCD に適用する。ただし,断面積の大

きい導体用のものは,特にそのために設計された工具を必要とする場合がある。

注記 1  (対応国際規格の注記を削除した。)

注記 2  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 60998-2-4:2004

,Connecting devices for low-voltage circuits for household and similar purposes

−Part 2-4: Particular requirements for twist-on connecting devices (MOD)

なお,対応の程度を表す記号(MOD)は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,修正していることを

示す。

引用規格 

引用規格は,JIS C 2814-1 の箇条 によるほか,次による。

JIS C 2814-1:2009

  家庭用及びこれに類する用途の低電圧用接続器具−第 1 部:通則

注記  対応国際規格:IEC 60998-1:2002,Connecting devices for low-voltage circuits for household and

similar purposes

−Part 1: General requirements (MOD)


2

C 2814-2-4

:2009

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS C 2814-1 の箇条 によるほか,次による。

3.101 

ねじ込み形接続器具  (twist-on connecting device, TOCD)

2

本以上の導体の端末をねじ込む端子。

3.102 

TOCD

の接続容量範囲  (range of TOCD’s connecting capacity) 

製造業者によって指定されたように安全に接続できる同サイズの 2 本組みの最小及び最大の個々の導体

(mm

2

で表記される。

。これは TOCD に 2 本を超える導体の使用及び指定された接続容量範囲外のサイズ

の導体の使用を除外するものではない。

3.103 

握り寸法(直径) (gripping dimension) 

導体を差し込むための穴に垂直な方向の TOCD の最大寸法(

図 101 参照)。

一般事項 

一般事項は,JIS C 2814-1 の箇条 による。

試験に関する一般事項 

試験に関する一般事項は,JIS C 2814-1 の箇条 による。ただし,5.4 は,この規格による。

5.4 

試験に供する必要な数の新しいサンプルを,

表 101 に示すセットに分ける。

試験は,各セットに対して

表 101 に規定した順序で行う。

表 101−新しいサンプルの数及び試験を適用する順序

新しいサンプルの数

組当たり

箇条

試験順序

表示

A 3

感電保護

10 

導体の接続

B 3

∼48

14.102

及び 14.103 

トルク及び引張試験

12 

耐劣化性,耐湿性及び固形物の侵入又は水の有害
な浸入に対する耐久性

C 12

又は 24

13 

絶縁抵抗及び耐電圧

D 6

14.101 

接続によって導体に過度の損傷がない

E 6

14.101.1 

導体数を減少した場合の接続

F 3

14.2 

機械的強度(回転ドラムによる)

G 6

15.101 

温度上昇

H 6

又は 12

15.102.1 

温度サイクル試験

I 3

15.102.2 

短時間耐電流試験

16 

耐熱性

K 3

18 

耐過熱性及び耐火性

なお,

表 101 によるサンプルの数が足りないときは,B 及び C のセットを併せてもよい。この場合は箇

条 13 の試験を先に行う。


3

C 2814-2-4

:2009

主要特性 

主要特性は,JIS C 2814-1 の箇条 によるほか,次による。

6.101 

定格絶縁電圧の優先追加値は 300 V 及び 600 V である。

分類 

分類は,JIS C 2814-1 の 7.5 によるほか,次による。

7.101 

導体の種類と組合せによる分類 

−  非可とう導体(単線又はより線)用 TOCD

−  可とう導体用 TOCD

−  非可とう導体(単線又はより線)及び可とう導体を組み合わせて使用できる TOCD

表示 

表示は,JIS C 2814-1 の箇条 による。ただし,8.1 及び 8.3 は,この規格による。また,8.2 は,適用し

ない。

8.1 

TOCD

には,次の表示を適用する。

・  次を,TOCD の本体に表示しなければならない。

a)

製造業者又は責任ある販売業者の名称,商標又は識別マーク

b)

形名,カタログ番号又は部品番号

c) TOCD

の接続容量範囲

d)

定格絶縁電圧

注記  (対応する国際規格の注記を削除した。)

例  最小 2.5 mm

2

の 2 本の導体から最大 6.0 mm

2

の 2 本の導体までを接続するよう設計した TOCD は,

2.5

−6 mm

2

と表示する。

非常に小さい器具で完全な表示をすることのできない TOCD には,a)及び b)だけを表示する必

要がある。

・  追加として,最小単位の包装箱には次を表示するか,又は説明書若しくは情報シートに記載して箱中

に入れなければならない。

a)

製造業者又は責任ある販売者の名前,商標又は識別マーク

b)

形名,カタログ番号又は部品番号

c)

許容される導体の種類の組合せ及び TOCD の接続容量範囲(mm

2

d) TOCD

の接続導体の種類

e)

最大使用周囲温度が 40  ℃を超える場合はその温度(JIS C 2814-1 の 7.5 による。

f)

定格絶縁電圧

g)

導体の絶縁体のむき出し長

h)

必要な場合,接続手順(適用工具の使用方法を含む。

8.3 

JIS C 2814-1

の 8.3 による。ただし,8.3 の 3 行目は,この規格による。 

TOCD

の接続容量の範囲に対して  n mm

2

又は n

感電保護 

感電保護は,JIS C 2814-1 の箇条 による。ただし,第 2 段落は,次による。


4

C 2814-2-4

:2009

TOCD

は,その接続容量範囲のうち最小断面積の 2 本の導体を接続できなければならない。

10 

導体の接続 

導体の接続は,JIS C 2814-1 の箇条 10 によるほか,次による。

10.101  TOCD

には製造業者が指定したとおりの数及び断面積の非可とう導体(単線又はより線)及び/

又は可とう導体を接続できなければならない。 

10.102 

束ねたセットの導体を TOCD に挿入し,その後 TOCD をねじることによって正しく接続できなけ

ればならない。 

10.101

及び 10.102 の適否は,14.101 で要求するような導体の組合せに対して,手又は製造業者が規定し

た方法で TOCD を接続した後,目視検査によって判定する。接続するために束ねる導体は,前もってねじ

ることはしないが,TOCD に挿入できるように整えてもよい。

疑義がある場合,適否は,14.103 のトルク試験を適用して判定する。すべての場合,新しい導体及びサ

ンプルを使用する。その試験は,14.101 の試験と組み合わせてもよい。

10.103  TOCD

からの導体の取外しは,導体を引く以外の操作を必要としなければならない。 

適否は,14.101 及び 14.102 の試験によって判定する。

11 

構造 

構造は,JIS C 2814-1 の箇条 11 によるほか,次による。ただし,11.211.5 は,適用しない。

11.6  TOCD

の金属部分は電流を流すことは意図していないかもしれないが,この箇条の目的では電流を

流す部分として扱う。 

11.101  TOCD

の開口部の形状は,外部との絶縁を適切に保証するように,接続が完了した後,導体の絶

縁体が十分な長さで TOCD の絶縁材料に完全に覆われていなければならない。 

適否は,箇条 13 の試験によって判定する。

11.102 

絶縁部は,取外しのときでも,意図せずに充電部又は導体の端末から取り外すことができてはな

らない。

適否は,手による試験及び箇条 14 の試験によって判定する。

12 

耐劣化性,耐湿性及び固形物の侵入又は水の有害な浸入に対する耐久性 

耐劣化性,耐湿性及び固形物の侵入又は水の有害な浸入に対する耐久性は,JIS C 2814-1 の箇条 12 によ

るほか,次による。ただし,12.3 は,適用しない。

12.1  JIS C 2814-1

の 12.1 によるほか,次による。 

注記 の後に,次の試験規定を追加する。

試験は 12 個のサンプルによって行い,6 個のサンプルは最小断面積の導体を最大数接続し,他の 6 個は

最大断面積の導体を最大数接続する。接続は 14.103 のトルクを加え,所定の方法で行う。

試験は,導体を接続しない他の 12 個のサンプルのセットでも行う。

12.2  JIS C 2814-1

の 12.2 によるほか,次による。ただし,第 5 段落は,この規格による。 

第 2 段落の後に次の規定を追加する。

試験は,12.1 と同じサンプルで行う。

この試験は,セラミック又は熱硬化性樹脂の絶縁材料の 12 個のサンプルでも行う。

第 5 段落を次に置き換える。


5

C 2814-2-4

:2009

TOCD

を加湿槽に 48 時間置く。

注記の第 2 段落の後に次の試験規定を追加する。

加湿処理の後,加湿槽にサンプルを置いたまま,12.1 の劣化試験で導体を接続しなかった 12 個のサンプ

ル及びセラミック又は熱硬化性樹脂の絶縁材料の 12 個のサンプルは,

6

個に最大数の最小断面積の電線を,

6

個に最大数の最大断面積の導体を取り付ける。

13 

絶縁抵抗及び耐電圧 

13.1  TOCD

の絶縁抵抗及び耐電圧は,適切なものでなければならない。 

適否は,12.1 の劣化試験を行ったサンプルを用い,12.2 の加湿試験の直後に,加湿槽に置いたままか,

サンプルに指定された温度の室内に置いて,13.213.4 の試験によって判定する。

13.2 

絶縁抵抗試験は考慮中である。

13.3 

各サンプルは,外側電極になるように直径 1∼1.5 mm の鉛の球の中にはめ込むか,又は金属はくで

包む。TOCD は,外郭の縁まで,すべての絶縁材料を埋め込むように,電極の中に置く。ただし,金属は

くを TOCD の中に押し込まないように注意しなければならない。

次の式による交流の試験電圧を 1 分間,導体と外側電極との間に加える。

000

1

4

i

t

+

U

U

ここに,

U

t

試験電圧 (V)

U

i

定格絶縁電圧 (V)

試験中に TOCD に絶縁破壊があってはならない。電圧降下を伴わないグロー放電は無視する。

13.4 

導体を取り付けないで劣化試験を行った 12 個のサンプルは,次の試験を行う。 

導体と外部電極との間に試験電圧を 1 分間加え,次に 3 秒以内に最大電圧まで上昇させ,直ちに取り去

る。電圧は次の式による。

000

1

4

i

t

+

U

U

000

1

10

i

max

+

U

U

ここに,

U

t

試験電圧(1 分間)(V)

U

i

定格絶縁電圧 (V)

U

max

最大電圧 (V)

試験中に導体と外側電極との間で放電短絡(フラッシオーバ)があってはならない。

これらの試験は,箇条 12 及び箇条 17 の要求事項の適合性を証明するためにもまた使用する。

14 

機械的強度 

機械的強度は,JIS C 2814-1 の箇条 14 によるほか,次による。ただし,14.1 の第 2 段落は,この規格に

よる。また,14.3 は,適用しない。

14.1  JIS C 2814-1

の 14.1 による。ただし,第 2 段落は,次による。 

セラミック又は熱硬化性樹脂製の TOCD についての適否は,14.2 によって判定する。

注記  熱可塑性樹脂製 TOCD は,その材質と構造によって,この試験をしないで適合すると考えられ

る。

14.101 

TOCD

は,過度の損傷を与えることなく導体を締め付ける設計及び構造でなければならない。 

適否は,次の試験によって,判定する。


6

C 2814-2-4

:2009

3

個の新しいサンプルに対し,最小断面積の導体を同時に取り付けることができる最小本数で試験する。

14.103

で要求されるトルクを適用する。3 個の新しいサンプルに対し,最大断面積の導体を同時に取り付

けることができる最大本数で試験する。

試験導体の長さは,

表 102 に規定し,図 104 に示した高さ  (H)  よりも 75 mm 長くする。

各導体に対し,次の試験を行う。

導体の端末を,

表 102 に示す固定具の下側で高さ  (H)  の位置に設けた円板内にある適切なサイズのブッ

シングに貫通させる。ブッシングは,その中心線が TOCD の中心と同心で 75 mm の円を描くように水平

面に配置する。次に,水平面において円板を毎分 (10±2)  回転の速度で回転させる。

TOCD

の口とブッシングの上面との間の垂直距離は,

表 102 に示す高さの 15 mm 以内でなければならな

い。ブッシングは,絶縁電線の拘束,もつれ又はねじれを防止するために滑りやすくしてもよい。

表 102

に示す質量のおもりを導体の端につり下げる。試験時間は 15 分間とする。円板の回転方向は,TOCD のね

じ込みを緩める場合の逆方向でなければならない。

注記  (対応国際規格の注記を削除した。)

試験中,導体は TOCD から抜け落ちたり,TOCD の近くで破損したりしてはならない。

TOCD

から取り外した後,導体の端末の損傷が,再接続を妨げてはならない。

表 102−おもり,高さ及び導体の断面積間の関係

導体断面積

導体直径

mm

2

φ

 mm

ブッシングの穴の径

a)

mm

高さ

b)

導体に対するおもり

kg

 0.2

 6.4

260

0.2

  0.34

 6.4

260

0.2

 0.5

 6.5

260

0.3

  0.75

 6.5

260

0.4

 1.0

 6.5

260

0.4

    1.25

6.5 260 0.4

 1.5

 6.5

260

0.4

 2.0 1.6

9.5 280 0.7

 2.5

 9.5

280

0.7

 3.5 2.0

9.5 280 0.9

 4.0

 9.5

280

0.9

 5.5 2.6

9.5 280 1.4

 6.0

 9.5

280

1.4

 8.0

9.5 280 2.0

10.0

9.5

280

2.0

14.0

13.0 300 2.9

16.0

13.0

300

2.9

注記  (対応国際規格の注記を削除した。) 

a)

ブッシングの穴の径が,1.5 mm

2

及び 10.0 mm

2

導体を収容するのに十分な大きさでない場合,次

の大きさの穴サイズをもつブッシングを用いてもよい。

b)

高さの許容差は,H±15 mm である。

14.101.1 

3

個の新しい TOCD に最大数の最小直径の単線を取り付け,14.103 のトルクで締め付ける。次に

TOCD

から,

表 103 に規定されたように,それぞれ 1 本又は 2 本の導体を取り外す。次に同じ TOCD を残

った導体で再接続し,14.103 のトルクで締め付ける。その直後に TOCD に 14.103 による引張試験を行う。


7

C 2814-2-4

:2009

表 103−取り外す電線の数 

最大数の最小断面積の

単線の数

取り外す導体の数

3

本以上 7 本以下

1

8

本又はそれ以上

2

14.102 

3

個の新しい TOCD に新しい導体[非可とう導体(単線又はより線)又は可とう導体]を表示又

は製造業者の説明書に従って,次の組合せによって取り付ける。新しいサンプルを各組合せに使用する。 

・  試験 A∼J は,非可とう導体による。

A

−最小数の最小直径の導体

B

−最大数の最大直径の導体

C

−最小数の最小直径の導体及び最小数の最大直径の導体

D

−最小数の最小直径の単線及び最小数の最大直径の単線

E

−最大数の最小直径の単線

F

−最大数の最小直径の導体

G

−最小数の最大直径の導体

H

−最小数の最小直径の同一寸法の導体

I

−最小数の最小直径の同一寸法の単線

J

−最大直径の導体 1 本と最小直径の導体 1 本との組合せ

・  試験 K∼P は,可とう導体(及び非可とう導体)による。

K

−最小数の最小直径の可とう導体

L

−最大数の最大直径の可とう導体

M

−最小直径の可とう導体 1 本と最大直径の単線 1 本との組合せ

N

−最大直径の可とう導体 1 本と最小直径の単線 1 本との組合せ

O

−最大総断面積にもっとも近くなるように組み合わせた同数の可とう導体及び単線

P

−最小数の最小直径の可とう導体及び単線

各 TOCD は,14.103 のトルクで締め付ける(

図 102 参照)。次に各 TOCD に接続器具の軸方向に急激な

力を加えずに 1 分間の引張りを加える(

図 103 参照)。

14.103 

使用するトルクは,次よりも小さい値とする。 

a)

 0.11

Nm/mm

2

に試験の組合せによる導体の総断面積を乗じた値

b)

 0.055

Nm/mm

2

に導体の握り寸法を乗じた値

計算例は,

図 102 の中に示す。

引張力の値は,

表 104 による。


8

C 2814-2-4

:2009

表 104−引張力と導体の断面積との間の関係 

導体断面積

mm

2

引張力

N

0.5

以上  0.75 未満

35

0.75

以上  1   未満

45

1

以上  1.5  未満

55

1.5

以上  2.5  未満

65

2.5

以上  4   未満 110

4

以上  6   未満 150

6

以上 10   未満 180

10

以上 16   未満 200

16 220

注記 1  φ1.6 は 2 mm

2

,φ2 は 3.5 mm

2

,φ2.6 は 5.5 mm

2

,φ3.2 は 8 mm

2

に相当する。

注記 2  (対応する国際規格の注記を削除した。)

試験中導体は,TOCD の中で著しく動いてはならない。

引張りを受けたとき,TOCD は緩まず,また,内部の部品が TOCD から出てきてはならない。

注記  上の表の引張力の値は,この規格群の他の第 2 部に示すもの及び IEC 60999-1 に示すものより

も大きい。これはこの製品の独自性における長年の経験によって TOCD に対し十分に考慮のう

え増加したものである。

14.104 

製造業者によって工具で操作することを定められた TOCD は,3 個の新しいサンプルに最大数の

最小直径の単線を取り付け,0.22 Nm に試験導体の総断面積を乗じたトルクで締め付ける。

試験後,TOCD は,裸眼で(通常又は矯正された視力で付加的拡大をせずに)目視検査を行い,ひび,

変形又はそれに類するような,その後の使用を妨げる明らかな変化があってはならない。

15 

温度上昇 

温度上昇は,JIS C 2814-1 の箇条 15 によるほか,次による。ただし,15.2 及び 15.3 は,適用しない。

15.101 

a)

  3

個の新しい TOCD に各 2 本の非可とう導体(単線又はより線)の同一直径の最大断面積の絶縁電線

を取り付け,14.103 のトルクで締め付ける。

b)

  3

個の新しい TOCD に 1 本の最大断面積の非可とう導体の絶縁電線と複数の最小断面積の非可とう導

体の絶縁電線とを製造業者の指定の組合せによって取り付け,14.103 のトルクで締め付ける。最小断

面積の導体の数は,電流値の合計が最大断面積の導体と同じだが,より大きくはならない組合せの中

から選ぶ。

サンプルは,接続した導体によって自由に保持する。

試験導体の長さは,断面積が 10 mm

2

以下のものは 1 m,また,10 mm

2

を超え 16 mm

2

以下のものは

2 m

とする。

試験電流は JIS C 2814-1 の 15.4 によって,a)  については最大直径接続導体に適合する断面積範囲

の電流を,b)  については最小直径導体の電流の合計値とする。

次に,試験は,JIS C 2814-1 の 15.4 によって行う。

15.102 

接続圧力を絶縁部品を経由して伝える TOCD 及び可とう導体用の TOCD は,

電気的特性を 15.102.1

及び 15.102.2 の試験によって確認する。両方の試験において,試験する TOCD の範囲の試験電流を 2 本の


9

C 2814-2-4

:2009

導体に加える。

15.102.1 

温度サイクル試験 

試験は,6 個(12 個)の新しいサンプルに製造業者の指定した最大直径及び最小直径の新しい銅導体を

取り付けたものによって行う。

− TOCD で非可とう導体専用のものには非可とう導体(単線又はより線)

(6 個のサンプル)

− TOCD で可とう導体を接続できるものには可とう導体(6 個のサンプル)

− TOCD ですべての種類の導体を受け入れるものには非可とう導体又は可とう導体(12 個のサンプル)

最小断面積の導体を各 3 個の TOCD に通常使用状態のように取り付ける。また,最大断面積の導体を各

3

個の TOCD に通常使用状態のように取り付ける。3 本以上の導体を接続する場合,製造業者の指定に従

い,その他のものは TOCD への接続後,切断する。各 TOCD のセットは,直列に接続する。

すべての種類の導体を使用できる TOCD は,この接続を 2 度行い,1 度は非可とう導体で,もう 1 度は

可とう導体で,合計 12 個の TOCD とする。

注記 1  附属書 AA の例を参照。

限定された種類及び断面積の導体用に設計された TOCD は,3 個のサンプルだけを試験する。

導体を含むすべての試験装置を,あらかじめ (20±2)  ℃に保った加熱槽に入れる。

注記 2  試験は,TOCD に今後の規定として提案された加熱温度試験に達するように留意して,適切

に電流を増加し,周囲温度条件で行ってもよい。疑義がある場合,新しいサンプルのセット

を加熱槽内で試験する。

冷却期間中を除いて,試験中,JIS C 2814-1 

表 2(定格電流だけを表示するものは,定格電流)に定め

られた値に等しい電流を通電する。

接続導体の断面積が異なるときは,最小導体の試験電流を用いる。

次いで TOCD に 384 回の温度サイクルを加える。各サイクルは約 1 時間で,次による。

加熱槽内の空気温度は約 20 分間で 40  ℃又は T 表示値温度まで上げる。

この温度を±5  ℃に 10 分間保つ。次いで TOCD を 20 分間で約 30  ℃まで冷却するが,強制冷却をして

もよい。この状態を 10 分間保ち,電圧降下の測定が必要な場合には,更に (20±2)  ℃まで冷却してもよ

い。

電圧降下の最大許容値は,JIS C 2814-1 

表 2(定格電流だけを表示するものは,定格電流)の電流で測

定する。

各 TOCD の電圧降下は,

384

回目のサイクルまでの間,

48

回目のサイクルごとに (20±2)  ℃で測定する。

いかなる場合でも測定値 mV は,48 回目の値の 1.5 倍を超えず,また,初回を含むどの測定値も 22.5 mV

を超えてはならない。

測定は可能な限り TOCD に近づけ,不可能な場合は二つの測定点の間の導体の電圧降下値を測定値から

差し引く。

加熱槽内の空気温度は,サンプルから 50 mm 以上離れた位置で測定する。

試験後,裸眼で(通常又は矯正された視力で付加的拡大をせずに)目視検査を行い,ひび,変形又はそ

れに類するような,その後の使用を妨げる明らかな変化があってはならない。

15.102.2 

短時間耐電流試験 

3

個の新しい TOCD に新しい非可とう導体(単線又はより線)又は可とう導体で最大断面積のものを取

り付ける。TOCD が非可とう導体(単線又はより線)及び可とう導体で使用できるものは,可とう導体を

取り付ける。


10

C 2814-2-4

:2009

主線と分岐線とで断面積が異なるときは,TOCD は小さい方の導体の試験電流値で試験しなければなら

ない。

TOCD

は接続導体の断面積当たり 120 A/mm

2

に等しい電流に 1 秒間耐えなければならない。試験は 1 回

だけ行う。

試験後,TOCD が通常周囲温度に達した後,電圧降下試験を行う。電圧降下は,試験前に測定した値の

1.5

倍を超えてはならない。

試験後,裸眼で(通常又は矯正された視力で付加的拡大をせずに)目視検査を行い,ひび,変形又はそ

れに類するような,その後の使用を妨げる明らかな変化があってはならない。

16 

耐熱性 

耐熱性は,JIS C 2814-1 の箇条 16 による。

17 

空間距離及び沿面距離 

空間距離及び沿面距離は適切でなければならない。

適否は,箇条 13 の試験によって判定する。

18 

絶縁材料の耐過熱性及び耐火性 

絶縁材料の耐過熱性及び耐火性は,JIS C 2814-1 の箇条 18 による。

19 

絶縁材料の耐トラッキング性 

絶縁材料の耐トラッキング性は,JIS C 2814-1 の箇条 19 を適用しない。

注記  試験機関が,材料が十分な余裕をもつことを示す資料をもっているときは,試験を行う必要は

ない。この注記は,JIS C 2814-1 が改正されるまで有効である。

20 EMC

要求事項 

EMC

要求事項は,JIS C 2814-1 の箇条 20 による。


11

C 2814-2-4

:2009

            d    直径

図 101−握り寸法 

a

  5d...7d

導体の組合せに基づくトルク (A)

2

×1.5 mm

2

:0.11×2×1.5=0.33 Nm

3

×1.5 mm

2

:0.11×3×1.5=0.50 Nm

握り寸法 に基づくトルク (B)

d

=8.6:0.055×8.6=0.47 Nm

図 10214.103 によるトルクの計算例


12

C 2814-2-4

:2009

図 103TOCD の軸方向への引張力の与え方の例

単位  mm

固定部

おもり

ブッシング

円板

37.5

注記  TOCD を取り付けるとき,接続に影響を与えるような余分な力が加わらないよう注意

する。

図 10414.101 による試験装置


13

C 2814-2-4

:2009

附属書 AA

参考)

15.102.1

に従った温度サイクル試験の例

注記  適用する電流  (I)  を,JIS C 2814-1 の表 に示す。

図 AA.1−導体のすべての種類を受け入れる設計の TOCD  

15.102.1

に従った温度サイクル試験の例 

参考文献 IEC 60999-1:1999, Connecting devices− Electrical copper conductors− Safety requirements for

screw-type and screwless-type clamping units

− Part 1: General requirements and particular

requirements for clamping units for conductors from 0.2 mm

2

 up to 35 mm

2

 (included)

BS 6500

:2000

,Electric cables−Flexible cords rated up to 300/500V, for use with appliances and

equipment intended for domestic, office and similar environments

非可とう導体の最大横断面

可とう導体の最大横断面


附属書 JC

(参考)

JIS

と対応する国際規格との対比表

JIS C 2814-2-4: 2009

  家庭用及びこれに類する用途の低電圧用接続器具−第 2-4

部:ねじ込み形接続器具の個別要求事項

IEC 60998-2-4: 2004

,Connecting devices for low-voltage circuits for household and

similar purposes

−Part 2-4: Particular requirements for twist-on connecting devices

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格

番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

JIS

では接続電線として“関連

する JIS に従うもの”を追加し
た。

IEC

規格適合電線以外の接続装置

も適用範囲に含めた。 

1

適 用 範

こ の 規 格 が 適 用 で

き る 接 続 器 具 の 範

1

JIS

に同じ

追加

英国及び米国の情報を削除し
た。 

3

用 語 及

び定義

3.102

TOCD

の接続容量範

3.102

JIS

に同じ

削除

JIS

では AWG 導体接続用の

TOCD

を除外した。

AWG

導体は,米国などで使用され

るものであり,日本の電線では使

用されていない。 

削除

JIS

では接続容量表示として

AWG

表示を削除した。

AWG

導体は,米国などで使用され

るものであり,日本の電線では使
用されていない。 

8

表示

8.1

表示

8.1

JIS

に同じ

米国の情報を削除した。 

8.3

記号

8.3

JIS

に同じ

削除

JIS

では接続容量表示として

AWG

表示の記号を削除した。

AWG

導体は,米国などで使用され

るものであり,日本の電線では使
用されていない。 

14

C

 281

4-

2-

4


2

009


(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

12

耐劣化

性,耐湿性
及 び 固 形
物 の 侵 入

又 は 水 の
有 害 な 浸
入 に 対 す

る耐久性

12.2

耐湿試験

12.2

JIS

に同じ

変更

IEC

規格は,第 1 部の第 4 段落

を変更としているが,JIS 

は,第 5 段落を変更とした。 

IEC

規格のミスプリント。

JIS

では,タイプ 2 の導体断面

積に対する試験規定を表 102
に追加した。 

14

機械的

強度

14.101

ねん回試験

14.101

JIS

に同じ 

追加

表 102 の注記は,英国の情報な
ので,JIS からは削除した。 

タイプ 2 を追加したことによる。

JIS

では,タイプ 2 の導体断面

積に対する試験規定を明確に
するため,表中の導体断面積を

範囲で記載した。 

米国の情報を削除した。 

14.103

引張試験

14.103

JIS

に同じ 

追加

表 104 の注記は,英国の情報な
ので,JIS からは削除した。 

タイプ 2 を追加したことによる。

15

温度上

15.101

温 度 サ イ ク ル 試 験

の準備

15.101

JIS

に同じ

追加

JIS

では,タイプ 2 の導体断面

積に対する試験規定を明確に
するため,10∼16 mm

2

の間の

電線長さを明確にした。 

タイプ 2 を追加したことによる。

15

C

 2

8

14
-2

-4


2

009


(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

15.102.1

温度サイクル試験

15.102.1

JIS

に同じ

追加

JIS

では,定格電流だけを表示

するものに対する試験電流を
追加した。 

実質的な差異はない。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:IEC 60998-2-4:2004,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  削除……………… 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD………………国際規格を修正している。

16

C

 281

4-

2-

4


2

009