>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 2806

:2003

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人  日本電

機工業会(JEMA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調

査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS C 2806:1991 は改正され,この規格に置き換えられる。


C 2806

:2003

(2)

目  次

ページ

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  種類,記号及び呼び

1

4.

  性能

2

4.1

  圧着接続性

2

4.2

  温度上昇

2

4.3

  ヒートサイクル

2

4.4

  引張強さ

2

5.

  外観,寸法及びめっき

2

6.

  材料及び加工方法

2

6.1

  材料

2

6.2

  加工方法

3

7.

  試験方法

3

7.1

  試験条件

3

7.2

  外観試験

5

7.3

  寸法試験

5

7.4

  めっき厚さ試験

5

7.5

  圧着接続性試験

5

7.6

  温度上昇試験

5

7.7

  ヒートサイクル試験

6

7.8

  引張強さ試験

6

8.

  検査

7

8.1

  形式検査

7

8.2

  受渡検査

7

9.

  製品の呼び方

7

10.

  表示

8

10.1

  製品表示

8

10.2

  包装表示

8


日本工業規格

JIS

 C

2806

:2003

銅線用裸圧着スリーブ

Non-insulated crimp-type sleeves for copper conductors

1.

適用範囲  この規格は,主として機器用配線及び屋内配線に使用する軟銅のより線又は単線の電線相

互を接続するために,JIS C 9711(屋内配線用電線接続工具)に規定する接続工具又は裸圧着スリーブの製造

業者が指定する接続工具(以下,工具という。)(

1

)

を用いて,その電線相互を圧着接続する裸圧着スリーブ(以

下,スリーブという。)について規定する。

注(

1

)

直線突合せ用スリーブ及び直線重合せ用スリーブの接続には,裸圧着端子用工具を,終端重合

せ用スリーブの接続には,手動片手式のリングスリーブ用工具を用いる。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 7507

  ノギス

JIS C 1602

  熱電対

JIS C 3306

  ビニルコード

JIS C 3307

  600 V ビニル絶縁電線(IV)

JIS C 9711

  屋内配線用電線接続工具

JIS H 3100

  銅及び銅合金の板及び条

JIS H 3300

  銅及び銅合金継目無管

JIS H 8501

  めっきの厚さ試験方法

JIS H 8619

  電気すずめっき

JIS Z 3261

  銀ろう

JIS Z 3264

  りん銅ろう

JIS Z 8703

  試験場所の標準状態

JIS Z 8704

  温度測定方法−電気的方法

3.

種類,記号及び呼び  種類,記号及び呼びは,表 による。


2

C 2806

:2003

1  種類,記号及び呼び

種類

記号

呼び

適用箇所

適用工具

直線突合せ用スリーブ B

付表 参照

機器内配線用及び 
屋内配線用

裸圧着端子用

直線重合せ用スリーブ P

付表 参照

機器内配線用及び 
屋内配線用

裸圧着端子用

終端重合せ用スリーブ(

2

) E

付表 参照

屋内配線のボックス

内接続用

リングスリーブ用

(

2

)

終端重ね合せ用スリーブは,リングスリーブともいう。

4.

性能

4.1

圧着接続性  7.5 によって試験を行ったとき,使用上有害なひび割れ,ろう付け箇所のはがれなどが

あってはならない。

4.2

温度上昇  温度上昇は,次に適合しなければならない。

a)

記号 B 及び P のものにあっては,7.6 によって試験を行ったとき,圧着接続部(以下,圧着部という。)

の温度上昇値が接続電線の温度上昇値より高くなってはならない。

b)

記号 E のものにあっては,7.6 によって試験を行ったとき,圧着部の温度上昇値が 30 K 以下でなけれ

ばならない。

4.3

ヒートサイクル  ヒートサイクルは,次に適合しなければならない。

a)

記号 B 及び P のものにあっては,7.7 によって試験を行ったとき,25 サイクル目の圧着部の温度上昇

値が,接続電線の温度上昇値より高くなく,125 サイクル目の温度上昇値は,25 サイクル目の温度上

昇値に 8 K を加えた値以下でなければならない。

b)

記号 E のものにあっては,6.7 によって試験を行ったとき,25 サイクル目の圧着部の温度上昇値が 50

K

以下であり,125 サイクル目の温度上昇値が,25 サイクル目の温度上昇値に 8 K を加えた値以下で

なければならない。

4.4

引張強さ  記号 B 及び P のものにあっては,7.8 によって試験を行ったとき,スリーブと電線との圧

着部において,滑りを起こしたり,電線の抜け,破断,スリーブの変形,その他の使用上の支障があって

はならない。

5.

外観,寸法及びめっき  外観,寸法及びめっきは,次の各項に適合しなければならない。

a)

スリーブは,使用上有害なきず,さび,裂け目,ひび割れなどがあってはならない。

b)

記号 E のものにあっては,最大使用電流及び使用可能の電線の組合せが

付表 に適合しなければなら

ない。

c)

スリーブは,

付表 1,付表 及び付表 の寸法に適合しなければならない。

d)

スリーブのめっき厚さは,7.4 によって試験を行ったとき,1

µm 以上とする。

6.

材料及び加工方法

6.1

材料  スリーブの材料は,JIS H 3300 に規定する記号 C1100T 又は C1100TS のもの,JIS H 3100 

規定する記号 C1020P 若しくは C1020R のもの又はこれらと同等以上の品質をもつものとする。


                                                                                                     3

C 2806:2003

6.2

加工方法  スリーブは,6.1 に規定する銅管を切断し,付表 1∼付表 に規定する寸法に仕上げたも

の又は 6.1 に規定する銅板若しくは銅条を使用する場合は,それを打ち抜き,形作りして電線の挿入と圧

着接続に便利な筒形とし,

付表 1,付表 又は付表 に規定する寸法に仕上げ,その継目を JIS Z 3261 

規定する銀ろう若しくは JIS Z 3264 に規定するりん銅ろう又はそれらと同等以上のろう材によってろう付

けしたものとし,記号 B のものにあっては中央に電線止め加工を施すものとする。さらに,スリーブには

JIS H 8619

に規定する電気すずめっきを施すものとする。ただし,めっき厚さは 1

µm 以上とする。

7.

試験方法

7.1

試験条件  試験条件は,次による。

a)

試験は,特に指定がない限り,JIS Z 8703 に規定する常温 20±15  ℃及び常湿(65±20)  %の室内で行

う。ただし,7.6 及び 7.7 の試験は,15∼35  ℃の静穏な空気中に保持して行う。

b)

試料は,7.27.4 の試験にはスリーブ単独のものを使用し,また,7.57.8 の試験には,

表 に示す組

合せによって

表 の新しい電線(

3

)

を,その接続部導体の表面は磨かずにスリーブの寸法に適合した適

切な圧着工具によって圧着接続する。ただし,ろう付けのものは歯形がろう付け側になるよう圧着接

続する。

注(

3

)  JIS C 3307

に規定するめっきなしのより線又は単線とする。ただし,0.75 mm

2

のものについて

は,JIS C 3306 に規定する単心(VSF)を使用する。

c)

試験には,

表 に示す電流値及び引張荷重値を用いる。


4

C 2806

:2003

2  試験電線の組合せ

電線の組合せ

終端重合せ用(E)

呼び

直線突合せ用(B)

より線

mm

2

直線重合せ用(P)

より線

mm

2

より線

mm

2

単線

mm

1.25 0.75

と 0.75

0.90

と 0.90

1.25

と 1.25

2 2.0

と 2.0 0.75 と 0.75

0.90

と 0.90

1.25

と 1.25

5.5 3.5

と 3.5

5.5

と 5.5

2.0

と 2.0

8 8

と 8 3.5 と 3.5

14 14

と 14 5.5 と 5.5

8

と 8

22 22

と 22 8 と 14

38 38

と 38 14 と 14

60 60

と 60 22 と 22

70

− 38 と 38

80

− 22 と 60

100 100

と 100 38 と 60

150 150

と 150 60 と 60

180

− 60 と 100

200 200

と 200 100 と 100

325 250

と 250

325

と 325

150

と 150

− 2.0 と 2.0

2.0

と 2.0 と 2.0

3.5

と 3.5

1.6

と 1.6

1.6

と 1.6 と 1.6

2.0

と 2.0

− 5.5 と 5.5 2.6 と 2.6

− 5.5 と 5.5 と 5.5 2.6 と 2.6 と 2.6


                                                                                                     5

C 2806:2003

3  試験電流値及び引張荷重値

性能試験に使用する

電線の断面積及び直径

ヒートサイクル

記号

より線

mm

2

単線

mm

温度上昇

試験電流値

(

交流)

A

試験電流値

(交流)

A

試験時間

min

引張荷重値

N

0.75

− 16

25

120

0.9

− 17

27

150

1.25

− 19

30

200

2.0

− 27

43

290

3.5

− 37

58

540

5.5

− 48

76

780

8

− 62

98

980

14

− 88  140

1

400

22

− 115

180

45

 1

800

38

− 160

255

2

500

60

− 215

345

3

200

100

− 300

470

60

 3

900

150

− 395

625

4

100

200

− 470

740

4

400

250

− 555

880

90

 4

600

B

及び P

325

650

1 050

150

4 800

2.0 1.6

20

26

3.5 2.0

20

30

E

5.5 2.6

30

45

45

7.2

外観試験  外観試験は,目視によって 5.a),5.b)及び 10.に規定する事項について調べる。

7.3

寸法試験  寸法試験は,JIS B 7507 に規定するノギス又はそれと同等以上の精度のもので,5.c)に規

定する事項について調べる。

7.4

めっき厚さ試験  JIS H 8501 に規定するめっき厚さ試験を行い,5.d)に規定する事項について調べる。

ただし,測定箇所はスリーブ中央外側とする。

7.5

圧着接続性試験  電線をスリーブに圧着接続後,スリーブの表面及び圧着部の断面の状態を 10 倍以

上の拡大鏡を使用して,4.1 に規定する事項について調べる。

7.6

温度上昇試験  温度上昇試験は,次による。

a)

図 に示す方法によって,測定点の温度が一定(

4

)

になるまで

表 に示す温度上昇試験電流(

5

)

を連続し

て通電(

6

)

し,各部の温度を測定する。

注(

4

)

一定の温度とは,10 分間隔で連続して 3 回測定した温度上昇値(測定点の温度−周囲温度)にお

いて,それぞれ 0.5 K 以上の差がなくなったときの温度をいう。

(

5

)

表 の電線の組合せで,断面積の異なる電線を接続した場合の電線の試験電流値は,断面積の

小さい方の値とする。

(

6

)

表 の電線の組合せで,3 本組み合わせた場合は,1 本は,長さ約 20 mm の添線とし,他の 2

本に通電する。

b)

接続する電線の長さ(L)は,断面積が 22 mm

2

以下のものにあっては最小 1 m,断面積が 38 mm

2

以上の

ものにあっては最小 2 m とする。

c)

試料は空中に水平に張り,壁から 30 cm 以上,天井及び床から 60 cm 以上,他の電線から 20 cm 以上


6

C 2806

:2003

離すものとする。

d)

温度の測定は,通風などの影響を受けない室内で JIS Z 8704 の熱電対を用いる方法の C 級測定方法又

はこれと同等以上のものによって行う。熱電対は,JIS C 1602 で規定する素線の線径が 0.32 mm のも

の又は素線の線径が 0.2∼0.3 mm のものを用いる。

なお,測定点は,熱電対の感温部をスリーブ表面外側にはんだ処理などによって密着させ,電線の

測定点は,感温部を被覆の内部で導体に密着させる。

e)

温度上昇値は,測定点の温度から周囲温度を差し引いて求める。

1  温度測定点

7.7

ヒートサイクル試験  ヒートサイクル試験は,次による。

a)

図 に示す方法によって,表 に示すヒートサイクル試験電流(

5

)

を同表に示す時間通電(

6

)

し,かつ,

同じ時間休止する。これを 1 サイクルとして 125 サイクル行い,25 サイクル目及び 125 サイクル目の

通電時間終了直前 5 分以内に測定点の温度を測定する。

b)

接続する電線の長さ(L)は,断面積が 22 mm

2

以下のものにあっては,最小 1 m,断面積が 38 mm

2

以上のものにあっては,最小 2 m とする。

c)

試料は空中に水平に張り,壁から 30 cm 以上,天井及び床から 60 cm 以上,他の電線から 20 cm 以上

離すものとする。

d)

温度の測定は,通風などの影響を受けない室内で JIS Z 8704 の熱電対を用いる方法の C 級測定方法又

はこれと同等以上のものによって行う。熱電対は,JIS C 1602 で規定する素線の線径が 0.32 mm のも

の又は素線の線径が 0.2∼0.3 mm のものを用いる。

なお,測定点は,熱電対の感温部をスリーブ表面外側にはんだ処理などによって密着させ,電線の

測定点は,感温部を被覆の内部で導体に密着させる。

e)

温度上昇値は,測定点の温度から周囲温度を差し引いて求める。

7.8

引張強さ試験  引張強さ試験は,次による。

a)

図 に示す方法によって,表 に示す値以上の引張荷重を 10 秒間加える。

b)

表 に示す値に達するまでの引張速度は 25 mm/min の一定速度とし,張力はなるべく電線の中心にか

かるようにする。

c)

表 に示す電線の組合せで,断面積の異なる電線を接続した場合の電線の引張荷重値は,断面積が小

さい方の値とする。

d)

引張試験機に取り付ける電線の部分は,張力が電線に均一にかかるようにはんだ処理などを行って固

定する。


                                                                                                     7

C 2806:2003

(a)  

直線突合せ用(B)の場合 

(b)  

直線重合せ用(P)の場合 

2  引張強さ試験方法

8.

検査

8.1

形式検査  表 に示す項目について,7.によって試験を行ったとき,4.5.及び 10.に適合しなければ

ならない。

4  形式検査

項目

試験方法

(1)

外観

7.2 

(2)

寸法

7.3 

(3)

めっき厚さ

7.4 

(4)

圧着接続性

7.5 

(5)

温度上昇

7.6 

(6)

ヒートサイクル(

7

)

7.7 

(7)

引張強さ(

8

)

7.8 

(

7

)

温度上昇試験の後に行う。

(

8

記号 B 及び P のものについて行う。

8.2

受渡検査  次の検査項目について,7.によって試験を行ったとき,4.5.及び 10.に適合しなければな

らない。ただし,受渡し当事者間の協定によってその一部又はすべてを省略することができる。

a)

外観

b)

寸法

c)

圧着接続性

9.

製品の呼び方  製品の呼び方は,種類,記号及び呼びによる。

1.  直線突合せ用スリーブ B

8

2.  終端重合せ用スリーブ E


8

C 2806

:2003

10.

表示

10.1

製品表示  製品の見やすい箇所に,容易に消えない方法で次の事項を表示しなければならない。

a)

呼び

b)

製造業者名又はその略号

10.2

包装表示  製品の包装には,容易に消えない方法で次の事項を表示しなければならない。

なお,記号 E のものは,最大使用電流及び使用可能の電線の組合せを表示しなければならない。

a)

種類,記号及び呼び

b)

製造業者名又はその略号

c)

数量

d)

製造年月又はロット番号


                                                                                                     9

C 2806:2003

付表1  直線突合せ用スリーブ(B)

単位  mm

各部の寸法

参考

l d D 

呼び

基本寸法  許容差  基本寸法  許容差 基本寸法

許容差

電線抱合容量

(mm

2

)(

9

)

圧着工具の

ダイスに表
す記号

1.25 1.7

3.3

0.7

以上 0.25∼1.65 1.25

2 2.3

4.1

0.8

以上 1.04∼2.63 2

5.5

15.0

3.4 5.4

±0.2

0.9

以上 2.63∼6.64 5.5

8 21.0

4.5

7.0

1.15

以上

6.64

∼10.52 8

14 26.0

5.8

8.9

1.45

以上

10.52

∼16.78 14

22 29.0

±0.5

7.7 11.3  1.7

以上 16.78∼26.66 22

38 32.0

9.4

±0.2

13.2

+0.3

−0.2

1.8

以上 26.66∼42.42 38

60 36.0

11.4

±0.3

15.3

+0.4

−0.3

1.8

以上 42.42∼60.57 60

100 38.0

±0.7

16.4 22.1  2.6

以上 96.3∼117.2 100

150 54.0

±1.0 19.5

±0.5

26.4

+0.6 
−0.5

3.2

以上 117.2∼152.05 150

200 63.0

±1.2 24.0 ±0.6

32.4

+0.7 
−0.6

3.9

以上 192.6∼242.27 200

B

325 72.0

±1.5 28.0 ±0.7

37.0

+0.8

−0.7

4.2

以上 242.27∼325.0 325

(

9

)

複数本電線でも,断面積の合計が呼び断面積の範囲内であれば圧着接続できるが,この場合には同じ材質で,
かつ,類似の線径の軟銅線を使用する。


10

C 2806

:2003

付表2  直線重合せ用スリーブ(P)

単位  mm

各部の寸法

参考

l d D 


呼び

基本寸法  許容差

基本寸法  許容差

基本寸法

許容差

電線抱合容量

(mm

2

)(

9

)

圧着工具の
ダイスに表
す記号

2 8.0

2.3

4.1

0.8

以上

1.04

∼2.63 2

5.5 8.5

3.4

5.4

±0.2

0.9

以上

2.63

∼6.64 5.5

8

9.5 4.5 7.0 1.15

以上

6.64

∼10.52 8

14

11.0 5.8 8.9 1.45

以上

10.52

∼16.78 14

22 13.5

±0.5

7.7 11.3  1.7

以上

16.78

∼26.66 22

38 16.5

9.4

±0.2

13.2

+0.3

−0.2

1.8

以上

26.66

∼42.42 38

60 19.0

11.4

±0.3

15.3

+0.4

−0.3

1.8

以上

42.42

∼60.57 60

70 19.0

13.3

17.5

1.9

以上

60.57

∼76.28 70

80 19.5

14.5

±0.4

19.5

+0.5 
−0.4

2.3

以上

76.28

∼96.3 80

100 20.0

±0.7

16.4 22.1  2.6

以上

96.3

∼117.2 100

150 27.0

19.5

26.4

3.2

以上

117.2

∼152.05 150

180 28.5

21.0

±0.5

28.5

+0.6 
−0.5

3.5

以上

152.05

∼192.6 180

200 32.0

±1.0

24.0

±0.6

32.4

+0.7

−0.6

3.9

以上

192.6

∼242.27 200

P

325 37.0

±1.5 28.0 ±0.7

37.0

+0.8

−0.7

4.2

以上

242.27

∼325.0 325


                                                                                                     11

C 2806:2003

付表3  終端重ね合せ用スリーブ(E)

単位  mm

各部の寸法

参考

l

d D

形状

呼び

寸法

基本寸法

許容差

基本寸法

許容差

圧着工具のダイスに表す記号

小 4.0

0

−0.16

5.0 0.5

以上

1.6

×2

小   (φ1.6 を 2 本圧着)

(

その他の組合せ)

中 5.3

0

−0.2

6.9 0.8

以上

E

10.0

以上

6.1 0

−0.2

7.7

+0.2

0

備考  接続する電線の組合せは,付表 によるものとする。


12

C 2806

:2003

付表4  終端重合せ用スリーブ(E)の最大使用電流及び使用可能の電線組合せ

電線組合せ

参考

同一の場合


最大 
使用 
電流

A

φ1.6 mm

又は

2.0 mm

2

φ2.0 mm

又は

3.5 mm

2

φ2.6 mm

又は

5.5 mm

2

異なる場合

圧着工具の

ダイスに表
す記号

2

φ1.6 mm1 本と 0.75 mm

2

1

φ1.6 mm2 本と 0.75 mm

2

1

小 20

3

∼4 本

2

φ2.0 mm1 本とφ1.6 mm1∼2 本

中 30  5∼6 本

3

∼4 本

2

φ2.0 mm1 本とφ1.6 mm3∼5 本 
φ2.0 mm2 本とφ1.6 mm1∼3 本 
φ2.0 mm3 本とφ1.6 mm1 本

φ2.6 mm1 本とφ1.6 mm1∼3 本 
φ2.6 mm1 本とφ2.0 mm1∼2 本 
φ2.6 mm2 本とφ1.6 mm1 本

φ2.6 mm1 本とφ2.0 mm1 本とφ1.6 mm1∼2 本

大 30

7

5

3

φ2.0 mm1 本とφ1.6 mm6 本

φ2.0 mm2 本とφ1.6 mm4 本 
φ2.0 mm3 本とφ1.6 mm2 本 
φ2.0 mm4 本とφ1.6 mm1 本

φ2.6 mm1 本とφ2.0 mm3 本 
φ2.6 mm2 本とφ1.6 mm2 本 
φ2.6 mm2 本とφ2.0 mm1 本

φ2.6 mm1 本とφ2.0 mm2 本とφ1.6 mm1 本

関連規格  JIS C 2805  銅線用圧着端子

JIS C 2807

  絶縁被覆付閉端接続子

JIS C 2814

  屋内配線用電線コネクタ通則−分離不能形

UL 486 C

  Splicing Wire Connectors