>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

C

 2532 :

 19
99
 解

解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS C 2532 : 1999

  一般電気抵抗用線,条及び板

IEC 60182-4 : 1971

  巻線の基本導体寸法  Part 4:抵抗線(丸線)の導体径

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

○  一般電気抵抗用の線,条及び

板を規定。

IEC 60182-4 

○ 丸抵抗線の直径だけ規定。

= JIS は,丸抵抗線以外に条及

び板を追加。

(2)

定義

○  体積抵抗率,導体抵抗などを

定義。

− IEC に規定されていない。

(3)

種類,等級及
び記号

○  種類:成分含有量

等級:アルファベットの組合

せ 
記号:アルファベットの組合

− IEC に規定されていない。

(4)

品質

○  体積抵抗率,導体抵抗・許容

差などを規定。

− IEC に規定されていない。

(5)

寸 法 及 び そ
の許容差

○  線,帯,条及び板の寸法及び

その許容差などを規定。

○ 丸抵抗線の直径だけ規定。

= IEC は,

丸抵抗線の直径 0.020

∼6.30mm を規定。

JIS

は,線の直径のほか許容

差,導体抵抗及び導体抵抗許
容差も追加,また条及び板に
ついても追加。

(6)

製造方法

○  焼なましを施す。

− IEC に規定されていない。

(7)

試験

○  体積抵抗率,導体抵抗などの

試験を規定。

− IEC に規定されていない。

(8)

検査

○  外観,試験などを規定。

− IEC に規定されていない。

(9)

包装

○  損傷のない適切な方法。

− IEC に規定されていない。

(10)

製 品 の 呼 び

○  種類又は記号,並びに直径・

厚さ・幅など。

− IEC に規定されていない。

(11)

表示

○  表示事項を規定。

− IEC に規定されていない。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“−”

:該当項目がない場合。