>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

C

 2531 :

 19
99
 解

解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS C 2531 : 1999

  鉄ニッケル軟質磁性材料

IEC 60404-8-6

  改正案:68/157/CDV(軟質磁性材料)

:1996

IEC 60404-6

  (等方性鉄ニッケル軟質磁性材料,種類 E1,E3 及び E4 の測定方法)

:1986

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

1.

適用範囲

合金成分:鉄ニッケル磁性

合金

形状:棒,ロッド,線,板

及び条

用途:電子機器磁心,磁気

遮へい部品など

IEC 60404-8-6

(改)

合金成分:軟鉄,けい素鋼,鉄

ニッケル,鉄コバルト合金

形状:棒,ビレット,薄板,条

及び線

JIS

は,鉄ニッケル磁性合

金だけに適用。

軟鉄,けい素鋼は JIS C 

2503

250425522553 で規

定。

鉄コバルト合金の該当 JIS

はなし。

それぞれの JIS で整合を

はかる。

2.

定義

○ 20 の用語を定義。

IEC 60404-8-6 

(改)

IEC 60050 (121)

60050 (131)

60050  (221)

60050  (901)  で定義

された関連する磁気特性,電気磁
気回路用語及び定義した 13 用語
を適用。

IEC

にインダクタンス比

透磁率の定義なし。

インダクタンス比透磁率

を IEC に提案(’97 年 1 月)

3.

種類

化学成分,磁気特性によっ

て分類

PB 41

∼51%Ni

PC 70

∼85%Ni

PD 35

∼40%Ni

PE 41

∼51%Ni

PF 54

∼68%Ni

ヒステリシスループの形

状と交流透磁率によって更
に磁気等級を規定。

IEC 60404-8-6

(改)

成分によって種類を規定。 
鉄ニッケル合金→E

E1 72

∼83%Ni

E2 54

∼68%Ni

E3 45

∼50%Ni

E4 35

∼40%Ni

ヒステリシスループの形状と

交流透磁率によって更に磁気等

級を規定。

ADP

種類記号が異なる。

対応する種類の Ni 含有量

が異なる (PB,PC,PE)。

JIS

に IEC 種類を併記。

E1

:70∼85%Ni.

E3

:41∼51%Ni

への変更を IEC に提案

(’97 年 1 月)。

4.

品質

4.1

外観

仕上げ良好・均一で,使用

上有害なきず,クラック,そ

の他欠陥がない。

IEC 60404-8-6

(改)

薄板及び条の表面は均一,清浄

で油汚れ,さびがない。

使用上有害でないきず,膨れは

厚さ許容差内であれば許容され
る。

文章の言い回しの差


 

2

C

 2531 :

 19
99
 解


解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

4.2

磁気特性

○ a)直流磁気特性,b)交流磁

気特性のいずれかによる。

IEC 60404-8-6

(改)

厚さ 0.4mm 以下の薄板,条は

交流試験によって評価する。厚さ

0.4mm

を超える材料は直流試験

によって評価する。

経時変化の熱処理は 100±5℃

×100h(要求された場合だけ)

ADP

JIS

では,直流,交流特性

のいずれかであるが,IEC 
は厚さにより直流(0.4mm を

超える)

,交流(0.4mm 以下)

試験を適用。

IEC

に規格の追加,規格値

の変更を提案

(’97 年 11 月)

a)

直 流 磁 気 特

種類,磁気等級,板厚ごと

に初透磁率の最小値,保磁力

の最大値,磁束密度の最小値

(20

,50,100,500,800,

4 000A/m)

を規定。初透磁

率の測定点が PC→0.4A/m,

PB

・PD→0.8A/m。

PB

,PC,PD の経時変化を

規定(要求された場合だけ)

IEC 60404-8-6

(改)

種類,磁気等級,板厚(0.4mm

以上)ごとに初透磁率の最小値,

保磁力の最大値,磁束密度の最小
値 (20,50,100,500,4 000A/m) 
を規定。透磁率の測定点が E11・

E31

→0.4A/m,E41→1.6A/m。

PB

,PC,PD の経時変化を規定

(要求された場合だけ)

ADP

IEC

には,JIS PC-10 相当

の規格,800A/m おける磁束

密度の最小値規格なし。

磁束密度の規格値が異な

る。

初 透 磁 率 の 測 定 点 が PB

(E31)

,PD (E41)で異なる。

IEC

に,JIS PC-10 相当の

1

規格,800A/m における磁

1

密度の最小値規格追加

を提案(’97 年 1 月)

初透磁率の測定点,磁束密

度の規格値変更を提案('97
年 1 月)

インダクタンス透磁率

PB

,PC,PD について,磁

気等級,基準板厚,周波数ご
との最小値を規定。

IEC 60404-8-6

(改)

IEC 60404-6 

規定なし。

IEC

に対応する規格なし。

IEC

にインダクタンス透

磁率の追加を提案(’97 年 1

月)

インピーダンス透磁率の

上昇率

PD

について

δ

0.4

δ

8

を規定。

測定磁界は実効値 (rmS)。

IEC 60404-8-6

(改)

透磁率の上昇率

E41

δ

0.4

δ

8

を規定。

ADP

JIS

は 測 定 磁 界 が 実 効 値

(rms)

に対し,IEC はピーク

値。

IEC

に実効値 (rms) への

変更を提案(’97 年 1 月)

b)

交 流 磁 気 特

インピーダンス透磁率

PB

,PC,PD について,磁

気等級,.基準板厚,試験片,

周波数ごとの最小値を規定。

IEC 60404-8-6

(改)

厚さ 0.05∼0.38mm の薄板,条

について,種類,磁気等級,板厚
区分,試験片ごとに,50 又≡は

60Hz

での交流透磁率を規定(測

定磁界はピーク値)

ADP

IEC

には,PC-10 相当の規

格なし。

IEC

は,磁界をピーク値で

規定(JIS は rms)

IEC

に,E11-10 (PC-10 に

相当)規格の追加,測定磁界
の 実 効 値 へ の 変 更 を 提 案

(’97 年 1 月)


 

3

C

 2531 :

 19
99
 解

解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

5.

寸法,形状及

び許容差

5.1

板 及 び 条 の

厚さの許容差

冷間圧延薄板及び条につ

いて厚さ (0.05≦t=2.5),幅

(50

<)  区分ごとに許容差を

規定。

IEC 60404-8-6

(改)

冷間圧延薄板及び条について

厚さ (0.05≦t<2.5),幅 (50<)  区
分ごとに許容差を規定。

≠ 規格値が異なる。

IEC

に JIS 規格値への変

更を提案(’97 年 1 月)

5.2

幅の許容差

板及び条について,圧延上

がり品,スリツター切断品別

に,厚さ(圧延品 0.30≦t

6.0

,エッジ切断品 0.10≦t

6.0

,幅  (<1 200) 区分ごと

に許容差を規定。

IEC 60404-8-6

(改)

圧延品,エッジ切断品別に,厚

さ(圧延品 0.30≦t<6.0,エッジ

切断品 0.10≦t<6.0)

幅  (<1 200) 区分ごとに許容差
を規定。

規格値が異なる。

IEC

に JIS 規格値への変

更を提案(’97 年 1 月)

5.3

板 及 び 条 の

平たん度

受渡当事者間の協定によ

る。

IEC 60404-8-6

(改)

急しゅん度は 2%を超えない。 ≠

JIS

には規格値なし。

IEC

に JIS 内容への変更

を提案(’97 年 1 月)

5.4

板 及 び 条 の

横曲がり

受渡当事者間の協定によ

る。

IEC 60404-8-6

(改)

加工(冷間,熱間),形状(厚

板,板及び条)別に,最大値を規
定。

JIS

には規格値なし。

IEC

に JIS 内容への変更

を提案(’97 年 1 月)

5.5

冷 間 加 工 に

よる棒及び線の
寸法,形状及び許

容差

形状(線,捧)別に,外径

区分ごとの許容差を規定。

IEC 60404-8-6

(改)

形状(線,棒)別に,外径区分

ごとの許容差を規定。

棒の許容差規格値が異な

る。

IEC

に JIS 規格値への変

更を提案(’97 年 1 月)

5.6

熱 間 加 工 に

よる棒の寸法,形

状及び許容差

受渡当事者間の協定によ

る。

IEC 60404-8-6

(改)

受渡当事者の合意による。


 

4

C

 2531 :

 19
99
 解


解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

6.

試験

6.1

試 験 場 所 の

温度

温度 23±5℃

IEC 60404-6 

温度 23±5℃

6.2

磁気試験

6.2.1

試験片

巻 心 形  (SW) , 環 状 積 層

(LR)

,素材 (SR) リングの試

験片形状を規定。

試験片外径,外径/内径

比,高さ/内径比,内径/板
厚比を規定。

PC-10

だけ 10×6 リングを

規定。

IEC 60404-8-6

(改)

IEC 60404-6 

細長 (ES),環状積層 (LR),固

体 (SR),巻心形 (SW) リングを
規定。試験片外径,外径/内径比,
高さ/内径比,内径/板厚比を規

定。

巻心形 (SW) 試験片の外

径/内径比,高さ/内径比の規
格値が異なる。

IEC

に 10×6 リング

(PC-10

用)規定なし。

IEC

に,巻心形 (SW) 試

験片の外径/内径比・高さ/
内径比の規格値の変更,10
×6 リング規定の追加を提

案(’97 年 1 月)

6.2.2

磁 界 の 強

H

の算出式を規定(実効値

rms

IEC 60404-6 

H

の算出式を規定。

6.2.3

直 流 磁 気

特性試験

消磁後,弾道検流計又は電

子式自記磁束計で計る。

IEC 60404-4

IEC 60404-6 

測定回路と方法を規定。

文章の言い回しの差

6.2.4

イ ン ダ ク

タンス透磁率試

消磁後,マックスウェルブ

リッジ又は LCR メータによ
りインダクタンスを測定し,
計算式によって算出する。

IEC 60404-8-6

(改)

IEC 60404-6 

規定なし。

IEC

に相当する規定なし。

IEC

にインダクタンス透

磁率の追加を提案(’97 年 1
月)

6.2.5

イ ン ピ ー

ダンス透磁率試

測定回路を定義。消磁後,

一次電流,二次電圧を測定
し,計算式によって算出す

る。

IEC 60404-2 

IEC 60404-6

測定回路及び振幅透磁率を定

義。消磁後,一次電流,二次電圧
を測定し,計算式により算出す

る。

IEC

振幅透磁率が相当。

IEC

は磁界をピーク値で

規定。

IEC

に,実効値 (rms) 磁

界への変更を提案(’97 年 1
月)

6.2.6

イ ン ピ ー

ダンス透磁率試

験の上昇率試験

○ 50 又は 60Hz において,測

定電流を増やしたときのイ

ンピーダンス透磁率の上昇
を測定し,算出する。

IEC 60404-8-6

(改)

50

又は 60Hz において,測定電

流を増やしたときのインピーダ

ンス透磁率の上昇を測定し,算出
する。

6.3

寸法試験

厚さ,幅及び径,平たん度,

横曲がり,直線性について測
定器具,方法を規定。

IEC 60404-9 

IEC 60404-8-6

(改)

厚さ,幅及び径,平たん度,横

曲がり,直線性について測定器
具,方法を規定。


 

5

C

 2531 :

 19
99
 解

解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

7.

検査

外観検査及び 8.による 4.

7.の規定に適合したものを
合格とする。

磁気試験の試験片は同一

溶解,同一厚さごとに 1 個と
る。

IEC 60404-8-6

(改)

要求された場合は,製造業者は

この規格に従い,製造,試験され
たことを証明する。検査成績書に

要求された試験結果を記載する。

文章の言い回しの差

8.

包装

運搬中に損傷を受けない

よう適切に行う。

IEC 60404-8-6

(改)

規定なし。

9.

製 品 の 呼 び

種類又は記号,厚さ,幅及

び長さによる。

IEC 60404-8-6

(改)

種類,ヒステリシスループの形

状,磁気等級によって記号で表
現。

文章の言い回しの差

10.

表示

表示する 10 項目を規定。 IEC 60404-8-6

(改)

客先の要求による。

言い回しの差(要求必至)

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“ADP”

(ADOPTION の略)

JIS は,国際規格と対応する部分を国際規格そのまま変更なしで採用している。ただし,採用した部分において JIS として必

要な規定内容を追加し,又は適用範囲,規定項目及び/又は規定内容の一部を不採用としている。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし“ADP”に該当する場合を除く。

“−”

:該当項目がない場合。