>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 C

2529

-1991

電気抵抗用ニナメル線・

油性エナメル絹巻線

Enamelled wires and oleo-resinous enamelled silk

covered wires for electrical resistance use

1.

適用範囲  この規格は,JIS C 2521JIS C 2522 及び JIS C 2532 に規定する電気抵抗用銅ニッケル線,

電気抵抗用銅マンガン線,一般電気抵抗用鉄クロム 142 種線及び 123 種線・ニッケルクロム 112 種線,108

種線及び 101 種線・銅ニッケル 49 種線,30 種線,15 種線,10 種線,5 種線の導体に,JIS C 2351 に規定

するエナメル線用ワニスを塗布焼付けした線及び油性エナメルを塗布焼付けした上に,更に一重絹巻を施

した線(以下,線という。

)について規定する。

備考  この規格の引用規格を,付表 に示す。

2.

用語の定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS C 2528 による。

3.

種類及び記号  種類及び記号は,皮膜(被覆)の種類及び導体の種類によって,表 のとおり分類す

る。


2

C 2529-1991

表 1  種類及び記号

種類

皮膜(被覆)

導体

記号(

1

)

油性エナメル

電気抵抗用銅ニッケル線 AA 級 ECNWAA

エ ナ メ ル
抵抗線

電気抵抗用銅ニッケル線 A 級 ECNWA

電気抵抗用銅ニッケル線 B 級 ECNWB

電気抵抗用銅マンガン線 AA 級 ECMWAA

電気抵抗用銅マンガン線 A 級 ECMWA

電気抵抗用銅マンガン線 B 級 ECMWB

一般電気抵抗用銅ニッケル 49 種線 EGCN49W

一般電気抵抗用銅マンガン 44 種線 EGCM44W

ポリエステル

一般電気抵抗用鉄クロム 142 種線 PEGFC142W

一般電気抵抗用鉄クロム 123 種線 PEGFC123W

一般電気抵抗用ニッケルクロム 112 種線

PEGNC112W

一般電気抵抗用ニッケルクロム 108 種線

PEGNC108W

一般電気抵抗用ニッケルクロム 101 種線

PEGNC101W

電気抵抗用銅ニッケル線 AA 級 PECNWAA

電気抵抗用銅ニッケル線 A 級 PECNWA

電気抵抗用銅ニツケル線 B 級 PECNWB

電気抵抗用銅マンガン線 AA 級 PECMWAA

電気抵抗用銅マンガン線 A 級 PECMWA

電気抵抗用銅マンガン線 B 級 PECMWB

一般電気抵抗用銅ニッケル 49 種線 PEGCN49W

一般電気抵抗用銅ニッケル 30 種線 PEGCN30W

一般電気抵抗用銅ニッケル 15 種線 PEGCN15W

一般電気抵抗用銅マンガン 44 種線 PEGCM44W

ポリウレタン

電気抵抗用銅ニッケル線 AA 級 UECNWAA

電気抵抗用銅ニッケル線 A 級 UECNWA

電気抵抗用銅ニッケル線 B 級 UECNWB

電気抵抗用銅マンガン線 AA 級 UECMWAA

電気抵抗用銅マンガン線 A 級 UECMWA

電気抵抗用銅マンガン線 B 級 UECMWB

一般電気抵抗用銅ニッケル 49 種線 UEGC49W

一般電気抵抗用銅ニッケル 30 種線 UEGCN30W

一般電気抵抗用銅ニッケル 15 種線 UEGCN15W

一般電気抵抗用銅ニッケル 10 種線 UEGCN10W

一般電気抵抗用銅ニッケル 5 種線 UEGCN5

一般電気抵抗用銅マンガン 44 種線 UEGCM44W

油性エナメル絹巻抵抗線

電気抵抗用銅ニッケル線 AA 級 ESSCNWAA

電気抵抗用銅ニッケル線 A 級 ESSCNWA

電気抵抗用銅ニッケル線 B 級 ESSCNWB

電気抵抗用銅マンガン線 AA 級 ESSCMWAA

電気抵抗用銅マンガン線 A 級 ESSCMWA

電気抵抗用銅マンガン線 B 級 ESSCMWB

一般電気抵抗用銅ニッケル 49 種線 ESSGCN49W

一般電気抵抗用銅ニッケル 30 種線 ESSGCN30W

一般電気抵抗用銅マンガン 44 種線 ESSGCM44W


3

C 2529-1991

(

1

)

記号の意味は,次のとおりである。

E

……油性エナメル

PE

……ポリエステル

UE

……ポリウレタン

ESS

……油性エナメル一重絹巻

E

,PE,UE 及び ESS の次の文字は,それぞれ以下のことを表す。

CNW

及び CMW……電気抵抗用銅ニッケル線及び銅マンガン線

GFC142

及び GFC123……一般電気抵抗用鉄クロム 142 種線及び 123 種線

GNC112

GNC108

及び GNC101……一般電気抵抗用ニッケルクロム 112 種線,

108

種線及び 101 種線

GCN49W

,GCN30W,GCN15W,GCN10W 及び GCN5W……一般電気抵抗用

銅ニッケル 49 種線,30 種線,15 種線,10 種線及び 5 種線

GCM44W

……一般電気抵抗用銅マンガン 44 種線

末尾にある文字 AA,A 及び B……等級(JIS C 2521 及び JIS C 2522 参照)

4.

品質

4.1

化学成分  線に用いる導体の化学成分は,電気抵抗用銅ニッケル線にあっては JIS C 2521,電気抵

抗用銅マンガン線にあっては JIS C 2522,一般電気抵抗用鉄クロム線・一般電気抵抗用ニッケルクロム線・

一般電気抵抗用銅ニッケル線及び一般電気抵抗用銅マンガン線にあっては JIS C 2532 の規定に適合しなけ

ればならない。

4.2

体積抵抗率  線に用いる導体の体積抵抗率は,6.2.2 によって試験を行い,JIS C 2521JIS C 2522

及び JIS C 2532 の規定に適合しなければならない。ただし,導体の直径 0.355mm 未満の線については適用

しない。

4.3

一次温度係数及び二次温度係数  線の一次温度係数及び二次温度係数は,6.2.3 によって試験を行い,

JIS C 2521

及び JIS C 2522 の規定に適合しなければならない。

4.4

平均温度係数  線の平均温度係数は,6.2.4 によって試験を行い,JIS C 2521 の規定に適合しなけれ

ばならない。

4.5

電気抵抗安定度  線の電気抵抗安定度は,6.2.5 によって試験を行い,JIS C 2522 の規定に適合しな

ければならない。

4.6

対銅平均熱起電力  線の対銅平均熱起電力は,6.2.6 によって試験を行い,JIS C 2522 の規定に適合

しなければならない。

4.7

機械的性質  線の導体の引張強さと伸びは,6.2.7 によって試験を行い,JIS C 2521JIS C 2522 

び JIS C 2532 の規定に適合しなければならない。ただし,導体の直径 0.20mm 未満の線については適用し

ない。

4.8

導体抵抗及び導体抵抗許容差

4.8.1

導体抵抗  線の導体抵抗は,6.2.8 によって試験を行い,JIS C 2521JIS C 2522 及び JIS C 2532

の規定に適合しなければならない。

なお,規定寸法にない寸法の導体抵抗は,当分の間受渡当事者間の協定による寸法を用いて 6.2.8 に示し

た計算式によって求めた値に適合しなければならない。

4.8.2

導体抵抗許容差  線の導体抵抗許容差は,表 の規定に適合しなければならない。

なお,規定寸法にない寸法の線の導体抵抗許容差は,

表 による。


4

C 2529-1991

表 2  エナメル抵抗線・油性エナメル絹巻抵抗線の寸法及び直径許容差並びに導体抵抗許容差

導体

エナメル抵抗線

油性エナメル一重絹巻抵抗線

直径許容差 mm

導体抵抗許容差

%

体積抵抗率

ρ

23

µΩm

体積抵抗率

ρ

23

µΩm

直径

mm

ρ

23

<0.25

ρ

23

≧0.25

ρ

23

<0.25

ρ

23

≧0.25

最小皮膜

厚さ

mm

最大仕上

外径

mm

最小皮膜

厚さ

mm

最小絹巻

厚さ

mm

最大仕上

外径

mm

0.025

±0.003

±0.002

±14

±13  0.003 0.037 0.003 0.015 0.095

0.032

±0.004

±0.003

±13

±12  0.003 0.046 0.003 0.015 0.102

0.040

±0.004

±0.003

±13

±12 0.003 0.056 0.003 0.015 0.110

0.050

±0.005

±0.004

±12

±11  0.004 0.069 0.004 0.015 0.125

0.063

±0.005

±0.004

±12

±11  0.004 0.084 0.004 0.015 0.138

0.071

±0.006

±0.005

±11

±10  0.004 0.092 0.004 0.015 0.146

0.080

±0.006

±0.005

±11

±10  0.005 0.103 0.005 0.015 0.155

0.090

±0.006

±0.005

±11

±10  0.005 0.113 0.005 0.015 0.165

0.100

±0.008

±0.006

±10

±

9  0.009 0.140 0.009 0.015 0.180

0.112

±0.008

±0.006

±10

±

9  0.009 0.152 0.009 0.015 0.192

0.125

±0.008

±0.006

±10

±

9  0.010 0.167 0.010 0.015 0.205

0.140

±0.010

±0.008

± 9

±

8  0.010 0.182 0.010 0.015 0.220

0.160

±0.010

±0.008

± 9

±

8  0.011 0.200 0.011 0.015 0.240

0.180

±0.010

±0.008

± 9

±

8  0.012 0.226 0.012 0.015 0.260

0.200

±0.013

±0.010

± 9

±

8  0.012 0.246 0.012 0.015 0.280

0.224

±0.013

±0.010

± 9

±

8  0.012 0.270 0.012 0.015 0.304

0.250

±0.013

±0.010

± 9

±

8  0.013 0.298 0.013 0.020 0.346

0.280

±0.016

±0.013

± 8

±

7  0.013 0.330 0.013 0.020 0.376

0.315

±0.016

±0.013

± 8

± 7

0.014

0.367

0.014

0.020

0.411

0.355

±0.016

±0.013

± 8

±

7  0.014 0.407 0.014 0.020 0.451

0.400

±0.020

±0.016

± 8

±

7  0.015 0.456 0.015 0.020 0.496

0.450

±0.020

±0.016

± 8

±

7  0.016 0.508 0.016 0.025 0.560

0.500

±0.020

±0.016

± 8

±

7  0.017 0.560 0.017 0.025 0.610

0.560

±0.020

±0.016

± 8

±

7  0.017 0.630 0.017 0.025 0.670

0.630

±0.025

±0.020

± 7

±

6  0.017 0.702 0.017 0.025 0.740

0.710

±0.025

±0.020

± 7

±

6  0.019 0.786 0.019 0.030 0.842

0.800

±0.025

±0.020

± 7

±

6  0.020 0.882 0.020 0.030 0.932

0.900

±0.032

±0.025

± 7

±

6  0.023 0.986 0.023 0.030 1.032

1.000

±0.032

±0.025

± 7

±

6  0.025 1.102 0.025 0.035 1.150

表 3  規定寸法以外の線の導体直径許容差及び導体抵抗許容差

直径許容差 mm

導体抵抗許容差%

体積抵抗率

ρ

23

µΩm

体積抵抗率

ρ

23

µΩm

導体直径

mm

ρ

23

<0.25

ρ

23

≧0.25

ρ

23

<0.25

ρ

23

≧0.25

0.025

以上 0.028  未満

±0.003

±0.002

±14

±13

0.028

以上 0.0475 未満

±0.004

±0.003

±13

±12

0.0475

以上 0.067  未満

±0.005

±0.004

±12

±11

0.067

以上 0.095  未満

±0.006

±0.005

±11

±10

0.095

以上 0.140  未満

±0.008

±0.006

±10

± 9

0.140

以上 0.200  未満

±0.010

±0.008

± 9

± 8

0.200

以上 0.280  未満

±0.013

±0.010

± 9

± 8

0.280

以上 0.400  未満

±0.016

±0.013

± 8

± 7

0.400

以上 0.600  未満

±0.020

±0.016

± 8

± 7

0.600

以上 0.850  未満

±0.025

±0.020

± 7

± 6

0.850

以上 1.000  以下

±0.032

±0.025

± 7

± 6


5

C 2529-1991

4.9

皮膜特性

4.9.1

ピンホール  皮膜のピンホールは,6.2.9 によって試験を行い,表 の規定に適合しなければなら

ない。

ピンホール数が規定値に適合しない場合は,同一コイル(輪巻き)

,ボビン巻き(枠巻き)から更に 2

本をとって再試験を行うことができる。この場合は 2 本とも

表 の規定に適合しなければならない。

表 4  ピンホール数

導体の直径

mm

ピンホール

(個)

0.100

未満 12 以下

0.100

以上

  8

以下

4.9.2

可とう性(伸長及び巻付け)  可とう性は,6.2.10 によって試験を行い,皮膜に導体が見えるき裂

があってはならない。

4.9.3

密着性  皮膜の密着性は,6.2.11 によって試験を行い,皮膜に導体が見えるき裂があってはならな

い。ただし,油性エナメル線及び油性エナメル絹巻線については適用しない。

4.9.4

絶縁破壊電圧  皮膜の絶縁破壊電圧は,6.2.12 によって試験を行い,表 の規定に適合しなければ

ならない。ただし,油性エナメル線及び直径 0.300mm 未満の線については,参考値とする。

表 5  皮膜の絶縁破壊電圧

導体直径

mm

絶縁破壊電圧

V

0.050

以上 0.080 未満

450

以上

0.080

以上 0.100 未満

600

以上

0.100

以上 0.125 未満 1

000

以上

0.125

以上 0.180 未満 1

200

以上

0.180

以上 0.300 未満 1

400

以上

0.300

以上 0.500 未満 1

600

以上

0.500

以上 0.750 未満 2

000

以上

0.750

以上 1.000 以下 2

400

以上

4.9.5

耐溶剤  皮膜の耐溶剤は,6.2.13 によって試験を行い,皮膜に泡又は膨れがなく,皮膜がはがれて

はならない。ただし,油性エナメル線及び油性エナメル絹巻線については適用しない。

4.9.6

耐薬品  皮膜の耐薬品は,6.2.14 によって試験を行い,皮膜に泡又は膨れがなく,皮膜がはがれて

はならない。

4.9.7

はんだ付け性  はんだ付け性は,ポリウレタン皮膜を施した電気抵抗用銅ニッケル線並びに一般電

気抵抗用銅ニッケル 49 種,30 種,15 種,10 種及び 5 種線について適用し,6.2.15 によって試験を行い,

はんだが十分につき,かすが残ってはならない。

5.

寸法及び寸法許容差

5.1

線の寸法及び寸法許容差  線の寸法及び寸法許容差は,6.2.16 によって試験を行い,表 の規定に適

合しなければならない。ただし,規定寸法にない線の直径については,当分の間受渡当事者間の協定によ

ることができる。この場合,寸法許容差は,

表 の規定に適合しなければならない。

5.2

導体の直径及び直径許容差  線に用いる導体の直径及び直径許容差は,6.2.16 によって試験を行い,

表 の規定に適合しなければならない。ただし,規定寸法にない導体の直径の線については,当分の間受

渡当事者間の協定によることができる。この場合,寸法許容差は,

表 の規定に適合しなければならない。


6

C 2529-1991

表 6  規定寸法以外の線の寸法許容差

単位 mm

エナメル抵抗線

油性エナメル一重絹巻抵抗線

導体直径

最小皮膜厚さ

最大仕上外径

最小皮膜厚さ

最小絹巻厚さ

最大仕上外径

0.025

以上 0.030 未満 0.003 導体直径+0.012 0.003

0.015

導体直径+0.070

0.030

以上 0.040 未満 0.003 導体直径+0.014 0.003

0.015

導体直径+0.070

0.040

以上 0.050 未満 0.003 導体直径+0.016 0.003

0.015

導体直径+0.070

0.050

以上 0.060 未満 0.004 導体直径+0.019 0.004

0.015

導体直径+0.075

0.060

以上 0.080 未満 0.004 導体直径+0.021 0.004

0.015

導体直径+0.075

0.080

以上 0.100 未満 0.005 導体直径+0.023 0.005

0.015

導体直径+0.075

0.100

以上 0.125 未満 0.009 導体直径+0.040 0.009

0.015

導体直径+0.080

0.125

以上 0.160 未満 0.010 導体直径+0.042 0.010

0.015

導体直径+0.080

0.160

以上 0.180 未満 0.011 導体直径+0.044 0.011

0.015

導体直径+0.080

0.180

以上 0.224 未満 0.012 導体直径+0.046 0.012

0.015

導体直径+0.080

0.224

以上 0.265 未満 0.013 導体直径+0.048 0.013

0.020

導体直径+0.096

0.265

以上 0.300 未満 0.013 導体直径+0.050 0.013

0.020

導体直径+0.096

0.300

以上 0.375 未満 0.014 導体直径+0.052 0.014

0.020

導体直径+0.096

0.375

以上 0.400 未満 0.014 導体直径+0.054 0.014

0.020

導体直径+0.096

0.400

以上 0.450 未満 0.015 導体直径+0.056 0.015

0.020

導体直径+0.096

0.450

以上 0.500 未満 0.016 導体直径+0.058 0.016

0.025

導体直径+0.110

0.500

以上 0.560 未満 0.017 導体直径+0.060 0.017

0.025

導体直径+0.110

0.560

以上 0.600 未満 0.017 導体直径+0.070 0.017

0.025

導体直径+0.110

0.600

以上 0.670 未満 0.017 導体直径+0.072 0.017

0.025

導体直径+0.110

0.670

以上 0.710 未満 0.018 導体直径+0.074 0.018

0.030

導体直径+0.132

0.710

以上 0.750 未満 0.019 導体直径+0.076 0.019

0.030

導体直径+0.132

0.750

以上 0.800 未満 0.020 導体直径+0.080 0.020

0.030

導体直径+0.132

0.800

以上 0.850 未満 0.020 導体直径+0.082 0.020

0.030

導体直径+0.132

0.850

以上 0.900 未満 0.022 導体直径+0.084 0.022

0.030

導体直径+0.132

0.900

以上 0.950 未満 0.023 導体直径+0.086 0.023

0.030

導体直径+0.132

0.950

以上 1.000 未満 0.024 導体直径+0.088 0.024

0.035

導体直径+0.150

1.000 0.025

導体直径+0.102 0.025

0.035

導体直径+0.150

6.

試験

6.1

試験条件  6.2.26.2.76.2.86.2.9 の試験は,JIS Z 8703 に規定する常温・常湿[温度 20±15℃,

湿度 (65±20) %]で行う。

6.2

試験方法

6.2.1

導体の化学分析試験  導体の化学分析試験は,次の規格に規定する方法によって行う。

(1)  JIS G 1211

に規定する鉄及び鋼中の炭素定量方法による。

(2)  JIS G 1212

に規定する鉄及び鋼中のけい素定量方法による。

(3)  JIS G 1256

に規定する鉄及び鋼中の蛍光 X 線分析方法による。

(4)  JIS G 1281

に規定するニッケルクロム鉄合金分析方法による。

(5)  JIS H 1411

に規定する鉄クロム電熱材分析方法による。

(6)  JIS H 1412

に規定するニッケルクロム電熱材分析方法による。

(7)  JIS H 1413

に規定する銅ニッケル抵抗材分析方法による。

(8)  JIS H 1414

に規定するマンガニン分析方法による。


7

C 2529-1991

6.2.2

体積抵抗率試験  体積抵抗率試験は,JIS C 2525 に規定する方法によって行う。ただし,標準状態

の温度は,23℃とする。

6.2.3

一次温度係数及び二次温度係数試験  一次温度係数及び二次温度係数試験は,JIS C 2526 に規定す

る方法によって行う。

6.2.4

平均温度係数試験  平均温度係数試験は,JIS C 2526 に規定する方法によって行う。

6.2.5

電気抵抗安定度試験  電気抵抗安定度試験は,JIS C 2522 の 7.2.4(電気抵抗安定度試験)によっ

て行う。

6.2.6

対銅平均熱起電力試験  対銅平均熱起電力試験は,JIS C 2522 の 7.2.5(対銅平均熱起電力試験)

によって行う。

6.2.7

引張試験  引張試験は,JIS Z 2241 によって,JIS Z 2201 に規定する 9A 号試験片を用いて行い,

引張強さと伸びを求める。

6.2.8

導体抵抗試験  導体抵抗試験は,JIS C 2525 によって行う。ただし,標準状態の温度は,23℃とす

る。

なお,規定寸法にない寸法の線の導体抵抗は,次の式によって算出し,JIS Z 8401 によって,有効数字

3

けたに丸める。

A

R

c

ρ

ここに,

R

c

:  導体抵抗  (

Ω/m)

ρ

:  体積抵抗率で,JIS C 2521JIS C 2522 及び JIS C 2532 に規

定する該当種類の規定値  (

µΩm)。

A

:  断面積で,受渡当事者間の協定による寸法から算出し,JIS Z 

8401

によって有効数字 4 けたに丸める (mm

2

)

6.2.9

皮膜のピンホール試験  皮膜のピンホール試験は,JIS C 3003 の 6.(ピンホール)によって行う。

6.2.10

皮膜の可とう性試験(伸長及び巻付け)  皮膜の可とう性試験は,JIS C 3003 の 8.1(丸線)によ

って行う。ただし,規定の値は,伸長は切断するまで,巻付けは仕上外径とする。

なお,油性エナメル線及び油性絹巻線については,適用しない。

6.2.11

皮膜の密着性試験  皮膜の密着性試験は,JIS C 3003 の 9.(密着性)によって行う。

なお,油性エナメル線及び油性エナメル絹巻線については,適用しない。

6.2.12

皮膜の絶縁破壊電圧試験  皮膜の絶縁破壊電圧試験は,JIS C 3003 の 11.(絶縁破壊)によって行

う。

なお,油性エナメル線は,絹巻きを除いた線について行う。

6.2.13

皮膜の耐溶剤試験  皮膜の耐溶剤試験は,JIS C 3003 の 14.1(1)(つめ法)に規定するつめ(爪)法

によって行う。

なお,油性エナメル線及び油性エナメル絹巻線については,適用しない。

6.2.14

皮膜の耐薬品試験  皮膜の耐薬品試験は,JIS C 3003 の 15.1(丸線)によって行う。

また,軽く水洗した後,JIS C 3003 の 14.1(1)のつめ法によって試験したとき,導体が現れるほど皮膜が

はがれないことを目視で調べる。

なお,絹巻きのある場合は,絹を除いた後行う。

6.2.15

はんだ付け性試験  はんだ付け性試験は,JIS C 3003 の 16.(はんだ付け性)に規定する方法によ

って行う。ただし,はんだ浴温度は,390±5℃とし,浸す時間は,

表 による。


8

C 2529-1991

表 7  はんだに浸す時間

導体直径

mm

浸す時間

s

           0.315 以下

0.315

を超え 0.500 以下

0.500

を超え 1.000 以下

2

3

4

6.2.16

寸法試験  寸法試験は,JIS C 3003 の 5.(寸法)によって行う。ただし,油性エナメル絹巻線の場

合は,最初に絹巻きのまま JIS C 2528 の 6.2.9(寸法試験)によって測定し,次に,絹を除き JIS C 3003

の 5.1(1)(丸線)によって測定する。

7.

検査

7.1

線は,6.によって試験を行い,4.及び 5.の規定に適合しなければならない。

7.2

その他の一般事項は,JIS H 0321 による。

8.

包装  線は,コイル(輪巻き)又はボビン巻き(枠巻き)とし,運搬中損傷を受けないように適切な

方法によって包装する。

9.

製品の呼び方  製品の呼び方は,種類及び等級又は記号並びに導体の直径による。

例  油性エナメル一重絹巻電気抵抗用銅マンガン線 AA 級 0.50mm

又は,ESSCMWAA0.50mm

10

表示  線には,適切な方法によって,次の事項を表示しなければならない。

(1)

種類及び等級又は記号

(2)

導体直径

(3)

導体抵抗

(4)

一次温度係数又は平均温度係数(規定がある場合)

(5)

正味質量

(6)

製造番号

(7)

製造年月又はその略号

(8)

製造業者名又はその略号

付表 1  引用規格

JIS C 2351

  エナメル線用ワニス

JIS C 2521

  電気抵抗用銅ニッケル線,帯,条及び板

JIS C 2522

  電気抵抗用銅マンガン線,棒及び板

JIS C 2525

  金属抵抗材料の導体抵抗及び体積抵抗率試験方法

JIS C 2526

  金属抵抗材料の電気抵抗−温度特性試験方法

JIS C 2528

  電気抵抗用繊維巻線

JIS C 2532

  一般電気抵抗用線,条及び板

JIS C 3003

  エナメル銅線及びエナメルアルミニウム線試験方法

JIS G 1211

  鉄及び鋼中の炭素定量方法

JIS G 1212

  鉄及び鋼中のけい素定量方法


9

C 2529-1991

JIS G 1256

  鉄及び鋼の蛍光 X 線分析方法

JIS G 1281

  ニッケルクロム鉄合金分析方法

JIS H 0321

  非鉄金属材料の検査通則

JIS H 1411

  鉄クロム電熱材分析方法

JIS H 1412

  ニッケルクロム電熱材分析方法

JIS H 1413

  銅ニッケル抵抗材分析方法

JIS H 1414

  マンガニン分析方法

JIS Z 2201

  金属材料引張試験片

JIS Z 2241

  金属材料引張試験方法

JIS Z 8401

  数値の丸め方

JIS Z 8703

  試験場所の標準状態

電気部会  電気抵抗材料専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

平  山  宏  之

東京都立科学技術大学電子システム工学科

中  島  一  郎

通商産業省基礎産業局

吹  訳  正  憲

通商産業省機械情報産業局

稲  葉  裕  俊

工業技術院標準部

小  泉  邦  正

富士通株式会社

加  藤  敏  男

横河電機株式会社

三  谷      進

日本電信電話株式会社

赤  嶺  淳  一

社団法人日本電機工業会

山  崎      悟

三菱電機株式会社福山製作所

清  田  泰  輔

日本金属工業株式会社

加  藤  仲  司

日本電気抵抗合金工業会

久保田      節

東京特殊電線株式会社依田川工場

吉  成      丹

古河特殊金属工業株式会社

鈴  木  益  夫

第一電工株式会社

桑  原  清  彦

株式会社東京ワイヤー製作所

(事務局)

角  田  悦  啓

工業技術院標準部電気規格課