>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 C

2507

-1990

電機バインド用すずめっき非磁鋼線

Tin Coated Non

−Magnetic Steel Wire for Armature Binding

1.

適用範囲  この規格は,主に回転電機子のバインドに用いるすずめっき非磁鋼線(以下,線という。)

について規定する。

備考  この規格の中で  {  }  を付けて示してある単位及び数値は,国際単位系 (SI) によるものであっ

て,参考として併記したものである。

なお,この規格の中の従来単位及び数値は,平成 3 年 1 月 1 日から SI 単位及び数値に切り換

える。

引用規格: 

JIS G 4308

  ステンレス鋼線材

JIS H 2108

  すず地金

JIS Z 2201

  金属材料引張試験片

JIS Z 2241

  金属材料引張試験方法

2.

種類及び記号  線の種類及び記号は,表 による。

表 1  種類及び記号

種  類

記  号

電機バインド用すずめっき非磁鋼線 NMWE

3.

機械的性質  線の機械的性質は,次による。

(1)

線は,9.2 の試験を行い,その引張強さは,

表 2-1 又は表 2-2 による。


2

C 2507-1990

表 2-1  引張強さ

(平成 2 年 12 月 31 日まで適用)

線径 mm

引張強さ

kgf/mm

2

 {kN/mm

2

}

1.00

180

∼205

{1.765

∼2.010}

1.20

175

∼200

{1.716

∼1.961}

1.40

170

∼195

{1.667

∼1.912}

1.60

165

∼190

{1.618

∼1.863}

1.80

160

∼185

{1.569

∼1.814}

2.00

155

∼180

{1.520

∼1.765}

2.30

150

∼175

{1.471

∼1.716}

2.60

145

∼170

{1.422

∼1.667}

表 2-2  引張強さ

(平成 3 年 1 月 1 日から適用)

線径 mm

引張強さ

kN/mm

2

1.00 1.770

∼2.010

1.20 1.720

∼1.960

1.40 1.670

∼1.910

1.60 1.620

∼1.860

1.80 1.570

∼1.810

2.00 1.520

∼1.770

2.30 1.470

∼1.720

2.60 1.420

∼1.670

(2)

線は,9.3 の密着折曲げ試験を行い,割れ,はげ,きずなどを生じてはならない。

(3)

線は,

9.4

のねじり試験を行い,

ねじれの状況及び破断面の状況は,

表 のとおりでなければならない。

表 3  ねじれの状況及び破断面の状況

ねじれの状況

切断後,表面に有害なきずがないこと。

破断面の状況

破断面は,線軸にほぼ直角で,きず,割れなどがないこと。

4.

透磁率  線は,9.5 の透磁率試験を行ったとき,比透磁率が 4 以下でなければならない。

5.

寸法及び許容差  寸法及び許容差は,次による。

(1)

線径は,

表 による。


3

C 2507-1990

表 4  線径

単位 mm

線径

1.00 1.20 1.40

1.60

1.80

2.00

2.30

2.60

(2)

線径の許容差は,

表 による。

表 5  線径の許容差

単位 mm

線径

許容差

1.80

以下

±0.02

1.80

を超えるもの

±0.03

6.

外観  線は,表面が滑らかで,かつ,すずめっきの厚さは一様(約 0.002mm)であって,酸性媒溶剤

を用いないで,容易にはんだ付けができ,また,バインド作業に際し緊張装置を通しても,はげないもの

でなければならない。

7.

材料  線に使用する線材は,JIS G 4308(ステンレス鋼線材)に規定するオーステナイト系のものを

用い,めっきに使用するすず地金は,JIS H 2108(すず地金)の 2 種又はそれ以上の良質のものとする。

8.

製造方法  線は,固溶化熱処理を行った後,強度の伸線を行い,更に溶融すずめっきを行う。

9.

試験

9.1

試験片の採り方  引張試験片,ねじり試験片及び密着折曲げ試験片の採り方は,原則として 1 条ご

とに 1 個とり,透磁率試験片は,同一溶鋼,同一熱処理,同一寸法ごとに 1 個採取する。

9.2

引張試験  引張試験は,次による。

(1)

試験片は,JIS Z 2201(金属材料引張試験片)に規定する 9A 号試験片を用いる。

(2)

試験方法は,JIS Z 2241(金属材料引張試験方法)による。ただし,試験温度は,20±5℃を標準とし,

引張速度は,平均応力増加率を平成 2 年 12 月 31 日までは,7kgf/mm

2

/s

以下とし,平成 3 年 1 月 1 日

からは,7N/mm

2

/s

以下とする。

9.3

密着折曲げ試験  密着折曲げ試験は,試験片を適当な方法によって 180 度に折り曲げ密着させ,き

ずの発生の状況を調べる。

9.4

ねじり試験  ねじり試験は,線径の 100 倍の間隔で試験片を固くつかみ,たわまない程度に緊張し

ながら,

その一方を同一方向に切断するまで回転し,そのときのねじれの状況及び破断面の状況を調べる。

9.5

透磁率試験  透磁率試験は,長さ 200mm 以上の試験片を用い,零位法又はその他の適当な方法によ

って比透磁率を測る。

10.

製品の呼び方  製品の呼び方は,種類,線径又は記号,線径による。

例:

電機バインド用すずめっき非磁鋼線

1.80mm

又は NMWE

1.80mm


4

C 2507-1990

11.

表示  検査に合格した線は,1 条ごとに,次の項目を適当な方法で表示しなければならない。ただし,

注文者の承認を得たときは,(3)を省略することができる。

(1)

種類又は記号

(2)

線径

(3)

製造番号又は検査番号

(4)

製造業者名又はその略号

(5)

製造年月

12.

報告  注文者の要求があった場合,製造業者は,化学成分,線径,規定してある試験の成績,及び必

要に応じて,数量,納入状態などを記載した報告書を提出しなければならない。


5

C 2507-1990

鉄鋼部会  電機バインド用線専門委員会  構成表(昭和 49 年 5 月 1 日改正のとき)

氏名

所属

(委員会長)

中  谷      宏

工業技術院電子技術総合研究所

金  尾  正  雄

金属材料技術研究所

佐  藤  眞  住

通商産業省基礎産業局

市  橋  利  明

工業技術院標準部

勝  又  朝  昭

住友電気工業株式会社特殊線事業部

本  田  一  郎

鈴木金属工業株式会社

吉  武  進  也

日本冶金工業株式会社技術本部

渡  辺  信  一

日本国有鉄道鉄道技術研究所

有  井      満

東京芝浦電気株式会社電機技術研究所

生  原  春  夫

三菱電機株式会社神戸製作所

立  石  貞  夫

株式会社日立製作所日立工場

藤  原  謙  二

株式会社明電舎プラント事業部

宮  内  正  夫

社団法人日本電機工業会

渡  辺  昭  満

富士電機製造株式会社川崎工場

(事務局)

吉  枝  正  明

工業技術院標準部材料規格課

橋  本  繁  晴

工業技術院標準部材料規格課

(事務局)

高  橋      保

工業技術院標準部材料規格課(平成 2 年 2 月 1 日改正のとき)

斉  藤  和  則

工業技術院標準部材料規格課(平成 2 年 2 月 1 日改正のとき)