>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

C

 2504 :

 20
00
 解

解説付表 1  JIS C 2504 と対応する国際規格との対比表

JIS C 2504 : 2000

  電磁軟鉄

IEC 60404-8-6

(改正案=68/157/CDV), Magnetic materials, Part 8 : specifications for individual materials Section 6-Soft magnetic metallic

materials

(磁性材料−第 8 部−第 6 章  軟質磁性材料)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

1.

適用範囲

○  形状:板,条,ロッド,棒及

び線

用途:リレー,電磁石,磁気

クラッチ,ブレーキ,発電

機,モータなどの鉄心,継
鉄,接極子及びその他磁気
シールド

IEC 60404-8-6 

○ 合金種類:軟鉄,けい素鋼,鉄ニ

ッケル合金,鉄コバルト合金

形状:ビレット,棒,ロッド,線,

板及び条

= 当 JIS は軟鉄だけを対象とす

る。IEC で対象形状としてい
るビレットを改正 JIS からは
外した。

鉄 ニ ッ ケ ル 合 金 は JIS C 

2531

で,けい素鋼は JIS C 

2552

JIS C 2553 で規定して

いるため,それぞれの JIS

で整合を図ることになる。な
お,コバルト合金の該当 JIS
はない。

IEC

で対象形状としている

ビレットは,

IEC

規格本体に

おいて考慮されていないこ

とから JIS では対象外とし
た。

3.

定義

○  次の 11 用語を定義する。

[磁気関係] 
磁束密度,保磁力,経時変化

[形状関係] 
板(厚,薄),条,棒,ロッ

ド,線,横曲がり,平たん度,
ロット

IEC 60404-8-6 

○ IEC 60050 (121) , IEC 60050

(131)

IEC 60050 (221),IEC 60050

(901)

で定義された関連する磁気

特性,電磁気回路用語を適用し,
さらに磁気特性及び形状に関す
る次の 13 用語を定義する。

[磁気関係] 
経時変化

[形状関係] 
ビレット,板(厚,薄),条,棒
(平角,丸),ロッド,線,横曲

がり,平たん度,ヒートロット,
直線性,試験片

= 左記の IEC 用語規格に規定

されている用語のうち,説明
不要と思われる一般的な磁

気特性及び電磁気回路に関
する用語は省略した。


 

2

C

 2504 :

 20
00
 解


解説付表 1  JIS C 2504 と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

4.

種 類 及 び 記

○  次の 10 区分とする。

SUY-0, SUY-1, SUY-2, SUY-3,

A-12, A-20, A-60, A-80, A-120,

A-240

IEC 60404-8-6

IEC 6040-1

の引用 

○ 次の 6 区分とする。

A-12, A-20, A-60, A-80, A-120,

A-240

ADP

改正 JIS では,

従来 JIS と IEC

規格の種類及びその記号を
対応させずに,それぞれ別の

種類として同等に扱う。

従来 JIS における種類及び
記号を廃止すると,商取引上
大きな混乱を招く。

今後は,JIS と IEC が同じに
なるように IEC への改正提
案を行う。

次の成分とする。

[SUY 系]

C

≦ 0.030, Si ≦ 0.20, Mn ≦

0.50, P

≦0.030, S≦0.030

次の成分とする。

[A 系]

C

≦0.030, Si≦0.10, 0.03≦Mn≦

0.20, P

≦ 0.015, S ≦ 0.030, Al ≦

0.08, Ti

≦0.10

ADP

従来 JIS には化学成分の規定
がなかったが,IEC で規定さ

れているため,この項目を追
加したが,Si,Mn,P,Al,

Ti

は我が国の実態に合わせ

た成分範囲とした。

化学成分については,母材メ
ーカーの蓄積されたノウハ

ウがあり IEC に整合させる
のは困難と判断した。今後
は,

IEC

へ化学成分について

の改正提案を行う。

5.

化学成分

[A 系]

C

≦ 0.030, Si ≦ 0.10, 0.03 ≦

Mn

≦ 0.20, P ≦ 0.015, S ≦

0.030, Al

≦0.08, Ti≦0.10

IEC 60404-8-6

IEC 60404-1

の引用 

6.

品質

6.1

外観

○  仕上げ良好・均一で,使用上

有害なきず,割れ,その他の

欠陥があってはならない。

IEC 60404-8-6 

○ 薄板及び条の表面は均一,清浄で

油汚れ,さびがないこと。

使用上有害なきず,膨れは,厚さ
許容差内であれば許容される。

= 表現に若干の差がある。

6.2

直 流 磁 気 特

○ SUY-0∼3,A-12∼240 に対し

て保磁力の最大値及び磁束
密度の最小値(100,200,300,

500

,1 000,4 000A/m ごと)

を規定。 
熱処理条件については,受渡

当事者間の協定による。 
また,経時変化については,
要求がある場合,10%を超え

ないこと。

IEC 60404-8-6 

A-12

∼240 に対する保磁力の最大

値及び磁束密度の最小値(100,

200

,300,500,1 000,4 000 ご

と)を規定。 
その他の特性は受渡当事者間の
協定による。

ADP IEC

の磁気特性の数値と,従

来の JIS で規定していた SUY
区分による数値を一致させ

たが,化学成分に違いがある
ため,IEC で規定した A 系列
による記号と従来の JIS で規

定した SUY 系列を併記した。

前 述 の と お り 化 学 成 分 を

IEC

に我が国が提案するた

め,そのとき,IEC と JIS

が整合化できる。


 

3

C

 2504 :

 20
00
 解

解説付表 1  JIS C 2504 と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

6.3

硬さ

○  板及び棒のすべての種類に

対し,次の硬さをもつこと。
板  HV  :85∼140

HRB

:45∼75

棒  HV  :60∼90

HRB

:110∼195

IEC 60404-8-6 

− IEC では規定していない。

6.3

耐曲げ性

○  試験後に試験片の外側に裂

けきずが生じないこと。ま

た,熱間加工品については受
渡当事者間の協定による。さ
ら に , 冷 間 加 工 品 の 厚 さ

2.5mm

以上のものについて

も受渡当事者間の協定によ
る。

IEC 60404-8-6 

− IEC では規定していない。

7.

形 状 及 び 寸
法許容差(単
位 mm)

7.1

冷 間 圧 延 に
よ る 板 及 び

条 の 厚 さ の
許容差

○  冷間圧延薄板及び条につい

て厚さ (0.25≦t<2.50)  で 9

区分,幅で 4 区分,計 36 区
分各々に対し,許容差を規
定。

また,備考として≧2.50 のも
のについては受渡当事者間
の協定による。(規定値は省

略)

IEC 60404-8-6 

○ 冷間圧延薄板及び条について厚

さ (0.05≦t<2.5)  で 11 区分。幅

(

<50)  で 4 区分,計 44 区分各々

に対し,許容差を規定。(規定値
は省略)

ADP

改正 JIS では≦0.25 を対象外
としている。

軟鉄では≦0.25 のものを作
っていないため,改正 JIS

からは削除した。


 

4

C

 2504 :

 20
00
 解


解説付表 1  JIS C 2504 と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

7.2

冷 間 圧 延 に
よ る 板 及 び
条 の 幅 の 許

容差

○  冷間での圧延上がり品,スリ

ット切断品別に,厚さ(圧延
上がり品:0.30≦t<60,スリ

ット切断品:0.10≦t<60)で

5

区分,幅  (<1 200) で 4 区

分,計 20 区分各々に対して

許容差を規定。 
また,備考として≧6.0 のも
のについては受渡当事者間

の協定による。(規定値は省
略)

IEC 60404-8-6 

○ 冷間での圧延上がり品,スリット

切断品別に,厚さ(圧延上がり
品:0.30≦t<60,スリット切断

品:0.10≦t<6.0)で 5 区分,幅  (<

1 200)

で 4 区分,計 20 区分各々

に対して許容差を規定。

(規定値は省略)

ADP

改正 JIS では≦0.25 を対象外
としている。 
規定値は一致しているが,表

記方法が若干異なる。

軟鉄では≦0.25 のものを作
っていないため,改正 JIS
からは削除した。

プラス/マイナス許容差で
表示した方がより実用的で
ある。

7.3

板 及 び 条 の
平たん度

○  受渡当事者間の協定による。 IEC 60404-8-6 

○ 2%を超えないこと。

ADP IEC

は,数値を規定している

が JIS は受渡当事者間の協定
によるとした。

IEC

の規定値は,我が国では

クリアできないため,受渡当
事者間の協定によるとした。

今後は,我が国から IEC 
改正提案を行う。


 

5

C

 2504 :

 20
00
 解

解説付表 1  JIS C 2504 と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

7.4

板 及 び 条 の
横曲がり

○  受渡当事者間の協定による。 IEC 60404-8-6 

○ [熱間圧延薄板,厚板及び条]

薄板 l<5m:実測長の≦0.5%

厚板  実測長の≦0.2% 
条  l≧2m:≦4mm/2mm

[冷間加工品]

圧延上がり品(条)

l

<2m:実測長の≦0.3%

l

≧2m:≦6mm/2m

シャー切断品(条)

l

<2m:実測長の≦0.2%

l

≧2m:≦4mm/2m

スリット切断品

l

≧2m,w<80mm:≦8  mm/2m

ADP IEC

は,数値を規定している

が JIS は受渡当事者間の協定
によるとした。

IEC

の規定値は,我が国では

クリアできないため,受渡当
事者間の協定によるとした。

今後は,我が国から IEC 
改正提案を行う。

7.5

冷 間 加 工 に

よる棒,ロッ
ド 及 び 線 の
径の許容差

(単位 mm)

○  冷間加工による棒,ロッド及

び線: 
・ロッド及び線については,

径 (0.20≦d<6.00)  で 7 区

・棒については,

径 (0.5≦d<25)  で 4

区分 
ただし棒の径とは,丸
棒:直径,角棒:幅及

び厚み,多角棒:平行
面の距離(規定値は省
略)

IEC 60404-8-6 

○ 冷間加工による棒,ロッド及び

線: 
・ロッド及び線については,

径 (0.20≦d<6.00)  で 7 区分

・棒については,

径 (0.5≦d<25)  で 4 区分 
ただし,棒の径とは,丸棒:

直径,角棒:幅及び厚み,多
角棒:平行面の距離(規定値
は省略)

= JIS では外径 10≦d<25 のプ

ラス許容差を 0.05 に変更し
たが,それ以外の値は一致し
ている。

IEC

では外径 10≦d<25 の

プラス許容差は 0.03,マイナ
ス許容差は 0.05 と規定され
ているが,管理上及び性能上

何ら問題がないことから±

0.05

とした。今後 IEC に提

案をしていく。


 

6

C

 2504 :

 20
00
 解


解説付表 1  JIS C 2504 と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

7.6

熱 間 圧 延 に
よ る 板 及 び
条 の 寸 法 許

容差

○  受渡当事者間の協定による。 IEC 60404-8-6 

− IEC では規定していない。

7.7

熱 間 加 工 に

よ る 棒 及 び
線 の 寸 法 許
容差

○  受渡当事者間の協定による。 IEC 60404-8-6 

○ 棒については受渡当事者間の協

定による。

ADP IEC

は棒についてだけの規

定であるが,改正 JIS では線
についても同様の規定とし
た。

今後,線について IEC へ提

案する。

8.

試験

8.1

試 験 場 所 の

温度

○  温度 23±5℃

IEC 60404-8-6 

(IEC 60404-4) 

○ 温度 23±5℃

8.2

直 流 磁 気 試

リング法でヒステリシス曲線を求める方法を規定している。

8.2.1

試験片

○  素材リング (S. R.) :

1.2mm

<(D/d)<1.4mm

30mm

<外径<50mm

IEC 60404-8-6 

○ 素材リング (S. R.) :

1.2mm

<(D/d)<1.4mm

30mm

<外径<50mm

≡ 試験方法として引用してい

る IEC 60404-4 と,本体の

IEC 60404-8-6

(改)とで整合

性がないため,本体の規定を
採用した。

8.2.2

巻き線

○  試験片は絶縁材料の薄い層

で覆った後,磁束検出用コイ
ル及び磁化用コイルとして,

それぞれ適当な巻数を均等
に巻く。

IEC 60404-8-6 

(IEC 60404-4) 

○ 試験片は絶縁材料の薄い層で覆

った後,磁束検出用コイル及び磁
化用コイルとして,それぞれ適当

な巻数を均等に巻く。

8.2.3

磁 界 の 強

○  測定データをもとに,規定さ

れた式で を算出する。

IEC 60404-8-6 

(IEC 60404-4) 

○ 測定データをもとに,規定された

式で を算出する。

8.2.4

磁束密度

○  リ ン グ 法 ( 磁 界 の 強 さ <

10kA/m

電子式積分器,弾動電流計,
又は磁束計を用いて測定す

る。

IEC 60404-8-6 

(IEC 60404-4) 

○ リング法(磁界の強さ<10kA/m)

電子式積分器,弾動電流計,又は
磁束計を用いて測定する。

= 表現に若干の差がある。


 

7

C

 2504 :

 20
00
 解

解説付表 1  JIS C 2504 と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

8.2.5

消磁

○  印加磁界の強さが少なくと

も 5kA/m となる直流電流か
らスタートし,反転させなが

ら徐々に電流を下げながら
行う。

IEC 60404-8-6 

(IEC 60404-4) 

○ 印 加 磁 界 の 強 さ が 少 な く と も

5kA/m

となる直流電流からスタ

ートし,反転させながら徐々に電

流値を下げて行う。

8.2.6

保磁力

○  磁界の強さ 400A/m を印加し

た後,反転させ,磁束密度が
零のときの磁界の強さを測

定する。

IEC 60404-8-6 

(IEC 60404-4) 

○ 記録したヒステリシス曲線から

判断する。

ADP

保磁力の規格値を載せる以
上,測定方法については明確
にしておく必要があるため,

改正 JIS には,反転させる磁
界の強さの値を規定した。な
お,その磁界強さ 400A/m を

決めるに当たっては,実際に
測定を行い,問題のないこと
を確認している。

今後,IEC への提案を予定し
ている。

8.3

硬さ試験

○  JIS Z 2245(ロックウェル)

及び JIS Z 2244(ビッカース)
による。

厚さ 2mm 未満の条は,JIS Z 

2244

IEC 60404-8-6 

(IEC 60404-4) 

− IEC では規定していない。

8.5

寸法試験

○  厚さ,幅,横曲がり,平たん

度及び径について,測定器具
や測定方法などについて規

定。

(詳細は省略)

IEC 60404-8-6 

(IEC 60404-4) 

○ 厚さ,幅,横曲がり,平たん度,

径及び直線性について,測定器具
や測 定方 法な どに つ いて 規 定。

(詳細は省略)

= 改正 JIS では,直線性を削除

した。

IEC 60404-8-6

で規格値が規

定されていないため,測定方
法も必要ないことから,JIS

からは削除した。

9.

検査

○  各特性を,規定された試験方

法によって測定し,その値が

品質規定に適合すること。

IEC 60404-8-6 

○ 要求された場合,製造者はこの規

格に従い,製造,試験されたこと

の詳細を検査成績表で証明する。

10.

包装

○  運搬中に損傷を受けないよ

うに,適当な方法によって包
装する。

IEC 60404-8-6 

− IEC では規定していない。

今後,IEC へ提案を行う。

11.

製 品 の 呼 び

○  形状,種類及び記号並びに寸

法による。

IEC 60404-8-6 

○ 種類及び記号による。

ADP

改正 JIS には形状及び寸法を

追加した。

今後,IEC へ提案を行う。


 

8

C

 2504 :

 20
00
 解


解説付表 1  JIS C 2504 と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

12.

表示

○  次の 6 事項を表示する。

種類及び記号,寸法,質量,
ロット番号,製造年月日又は

その略号,製造業者名及びそ
の略

IEC 60404-8-6 

○ 客先の要求による。

ADP

ユーザーからの要求は必至
であるため,改正 JIS では基
本的な 6 事項の表示を規定し

た。

今後,IEC へ提案を行う。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。