>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 2317 : 1999

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が改正した日

本工業規格である。これによって,JIS C 2317 : 1995 は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正では,対応国際規格 IEC 60626-3, Combined flexible materials for electrical insulation−Part 3 :

Specifications for individual materials

との整合化を図った。

JIS C 2317

には,次に示す附属書がある。

附属書(規定)  電気絶縁用可とう(撓)性複合材料


日本工業規格

JIS

 C

2317

: 1999

電気用ポリエステルフィルム加工紙

Combined flexible materials consisting of polyester films

and insulating papers for electrical purposes

序文  この規格は,1996 年に第 2 版として発行された IEC 60626-3, Combined flexible materials for electrical

insulation

−Part 3 : Specification for indivisual materials を元に,本体には従来,日本工業規格で規定していた

電気用ポリエステルフィルム加工紙について規定し,これに対応する国際規格 IEC 60626-3 : 1996 の規定

については翻訳し,技術的内容を変更することなく,附属書として作成した日本工業規格である。

1.

適用範囲  この規格は,主に電気機器の絶縁層を構成するために用いる JIS C 2318 に規定するポリエ

チレンテレフタレートフィルム(以下,フィルムという。

)と,これに緩衝性をもたせるためにはり合わせ

た絶縁紙とから成る電気用ポリエステルフィルム加工紙(以下,加工紙という。

)について規定する。その

他電気絶縁用可とう性複合材料については

附属書(規定)による。

なお,この規格の本体又は附属書の規定は,一つの製品に対してそのいずれかを一貫して適用するもの

とし,両者の対応する規定項目,内容を適宜選択又は混用して適用することはできない。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

IEC 60626-3 : 1996, Specification for combined flexible materials for electrical insulation

−Part 3 :

Specifications for individual materials

参考  上記 IEC 規格番号は,1997 年 1 月から実施の IEC 規格番号体系によるものである。これより

前に発行された規格については,規格票に記載された規格番号 60000 を加えた番号に切り替え

る。これは番号だけの切替えであり,内容は同一である。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格はその最新版を適用する。

JIS C 2111

  電気絶縁紙試験方法

JIS C 2304

  コイル絶縁紙

JIS C 2305

  プレスボード

JIS C 2307

  電力ケーブル用絶縁紙

JIS C 2318

  電気用ポリエチレンテレフタレートフィルム

JIS Z 8401

  数値の丸め方


2

C 2317 : 1999

3.

種類  種類は,フィルムの厚さによって区分し,電気用ポリエステルフィルム加工紙を種類 A に,電

気絶縁用可とう性複合材料を種類 B に分類し,その詳細分類は,種類 A においては

表 に,種類 B にお

いては,

附属書によるものとする。附属書表 の種類 B の電気絶縁用可とう性複合材料については,附属

書で規定する。

表 1  種類 A

単位 mm

種類

フィルムの厚さ

絶縁紙の種類及び厚さ

TK 3808

0.038

JIS C 2304

  コイル絶縁紙 2 種 0.080

TK 3813

JIS C 2304

  コイル絶縁紙 2 種 0.130

TK 5008

0.050

JIS C 2304

  コイル絶縁紙 2 種 0.080

TK 5013

JIS C 2304

  コイル絶縁紙 2 種 0.130

TP 3825

0.038

JIS C 2305

  プレスボード 2 種 0.25

TP 5013

0.050

JIS C 2305

  プレスボード 2 種 0.13

TP 5018

JIS C 2305

  プレスボード 2 種 0.18

TP 7513

0.075

JIS C 2305

  プレスボード 2 種 0.13

TP 7518

JIS C 2305

  プレスボード 2 種 0.18

TP 7525

JIS C 2305

  プレスボード 2 種 0.25

4.

特性  特性は,表 のとおりとする。

表 2  特性

引張強さ(

1

)

Mpa

端裂抵抗

N/20mm

加工紙の接着性

絶縁破壊電圧

kV

裂け目,縦方向

裂け目,横方向

種類

縦方向  横方向

平均値  最低値

平均値

最低値

加熱後

吸湿後

平均値

最低値

TK 3808  65

以上 35 以上 120 以上 90 以上 120 以上 90 以上

6.0

以上 3.5 以上

TK 3813  58

以上 33 以上 140 以上 110 以上 140 以上 110 以上

6.5

以上 4.0 以上

TK 5008  65

以上 37 以上 190 以上 150 以上 190 以上 150 以上

8.0

以上 5.0 以上

TK 5013  62

以上 38 以上 200 以上 160 以上 200 以上 160 以上

8.5

以上 5.5 以上

TP 3825

61

以上 37 以上 170 以上 140 以上 170 以上 140 以上

7.0

以上 4.5 以上

TP 5013

65

以上 41 以上 200 以上 160 以上 200 以上 160 以上

8.5

以上 6.0 以上

TP 5018

60

以上 38 以上 210 以上 170 以上 210 以上 170 以上

9.0

以上 6.5 以上

TP 7513

87

以上 56 以上 250 以上 200 以上 250 以上 200 以上

10.0

以上 7.0 以上

TP 7518

81

以上 50 以上 300 以上 240 以上 300 以上 240 以上

10.5

以上 7.5 以上

TP 7525

69

以上 42 以上 320 以上 250 以上 320 以上 250 以上

接 着 剤 の
軟 化 に よ
る 流 出 ,

は が れ ,
膨 れ な ど
が 生 じ て

は な ら な
い。

は が れ ,
膨 れ , し
わ な ど が

生 じ て は
な ら な
い。

11.0

以上 8.0 以上

(

1

)

引張強さの縦方向とは,紙のす(抄)き方向,また,横方向とは,これと直角の方向をいう。

5.

寸法  厚さ及び許容差は,表 のとおりとする。

加工紙の幅及び長さ並びに巻取り又は平判かは,受渡当事者間の協定による。


3

C 2317 : 1999

表 3  厚さ及び許容差

種類

厚さ mm

厚さの許容差  %

TK 3808

0.130

±15

TK 3813

0.180

±12

TK 5008

0.140

±15

TK 5013

0.190

±12

TP 3825

0.300

±10

TP 5013

0.190

TP 5018

0.240

TP 7513

0.210

TP 7518

0.260

±12

TP 7525

0.340

±10

備考  許容差の絶対値は,JIS Z 8401 によって小数点以下 2 けたに丸める。

6.

試験

6.1

試料の採り方  試料の採り方は,JIS C 2111 の 2.(試料の採り方)による。

6.2

試験条件  試験条件は,JIS C 2111 の 3.(試験条件)による。

6.3

試験方法  試験方法は,次のとおりとする。

a)

寸法試験  寸法試験は,JIS C 2111 の 5.1.2(1 枚で厚さを測る場合)(2)5.2(平判の幅及び長さ)及

び 5.3(巻取りの幅及び径)による。ただし,厚さの測定は,10 か所とする。

b)

引張強さ試験  引張強さ試験は,JIS C 2111 の 7.(引張強さ及び伸び)による。ただし,引張強さは,

縦方向及び横方向それぞれ 5 枚の試験片について行うものとする。

c)

端裂抵抗試験  端裂抵抗試験は,JIS C 2111 の 21.(端裂抵抗)による。

d)

加工紙の接着性試験

1)

加熱後の接着性試験  加熱後の接着性試験は,試料から約 125×125mm の試験片を採り,130±3℃

の空気恒温槽の壁から 5cm 以上離れた内側で金網又は金属板の上に水平に載せ,4 時間加熱した後

取り出し,接着剤の軟化による流失,はがれ,膨れ,その他実用上有害な欠点が生じるかどうかを

調べる。

2)

吸湿後の接着性試験  吸湿後の接着性試験は,1)と同一大きさの試験片を,温度 40±2℃,相対湿

度 (90±5) %の恒温恒湿槽の中で 24 時間吸湿処理した後,はがれ,膨れ,しわ,その他実用上有害

な欠点があるかどうかを調べる。

e)

絶縁破壊電圧試験  絶縁破壊電圧試験は,JIS C 2111 の 17.1(交流の場合)による。この試験は少な

くとも 10 回行うものとする。

7.

検査  検査は,6.の試験によって次の項目について行い,4.及び 5.の規定に適合しなければならない。

なお,検査は,受渡当事者間の協定によって,その一部の項目を省くことができる。

a)

寸法

b)

引張強さ

c)

端裂抵抗

d)

加工紙の接着性

e)

絶縁破壊電圧


4

C 2317 : 1999

8.

包装  包装は,汚損,損傷,吸湿などのおそれがなく,かつ,輸送に適するようにする。

9.

製品の呼び方  製品の呼び方は,名称,種類及び寸法(巻取りの場合は厚さ×幅,又は平判の場合は

厚さ×幅×長さ)による。

1.  (巻取りの場合)  電気用ポリエステルフィルム加工紙

TK 5013

0.19

×900

又は TK

5013

0.19

×900

2.  (巻取りの場合)  電気絶縁用可とう性複合材料

シート 100

0.10

×900

又は

シート 100

0.10

×900

3.  (平判の場合)

電気用ポリエステルフィルム加工紙

TP 7525

0.34

×900×1 800

又は TP

7525

0.34

×900×1 800

4.  (平判の場合)

電気絶縁用可とう性複合材料

シート 110

0.12

×900×1 800

又は

シート 110

0.12

×900×1 800

10.

表示  包装の見やすいところに,容易に消えない方法で,次の事項を表示しなければならない。

a)

名称

b)

種類

c)

寸法(巻取りの場合は厚さ×幅,又は平判の場合は厚さ×幅×長さ)

d)

数量(巻取りの場合は長さ,又は平判の場合は枚数)

e)

製造業者名又はその略号

f)

製造年月日又はその略号

g)

製造番号又はロール番号


5

C 2317 : 1999

附属書(規定)  電気絶縁用可とう(撓)性複合材料

序文  この附属書は,この規格の本体部分の規定に対応する国際規格 IEC 60626-3, Combined flexible

materials for electrical insulation

−Part 3 : Specification for indivisual materials を技術的内容を変更することな

く翻訳し,規定したものである。

なお,この規格のうち,点線の下線を施してある箇所は対応国際規格にはない事項である。

1.

適用範囲  この附属書は,電気絶縁用可とう性複合材料の寸法及び性能の要求事項について規定する。

この附属書は種類ごとに要求事項を記載したシートを集めた形式になっている。シートには

表 に従って

番号が付いていて,表はこの附属書に属するシートの一覧表となっている。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。発行の時点では,記載の版が有効であった。引用されている規格は,すべて改正されるものであり,

この規格に基づいて合意した関係者は,次に掲げる引用規格の最新版が適用できるかどうかを確かめるよ

う奨励する。IEC 及び ISO のメンバーは,現在有効な国際規格の登録簿を保持している。

JIS C 2304

  コイル絶縁紙

JIS C 2305

  プレスボード

JIS C 2307

  電力ケーブル用絶縁紙

IEC 60554-1 : 1977, Specification for cellulosic papers for electrical purposes

−Part 1 : Definitions and general

requirements

IEC 60554-3, Specification for cellulosic papers for electrical purposes

−Part 3 : Specifications for individual

materials

IEC 60626-1 : 1995, Combined flexible materials for electrical insulation

−Part 1 : Definitions and general

requirements

IEC 60626-2 : 1995, Combined flexible materials for electrical insulation

−Part 2 : Methods of test

IEC 60641-1 : 1979, Specification for pressboard and presspaper of electrical purposes

−Part 1 : Definitions

and general requirements

IEC 60641-3 : Specification for pressboard and presspaper of electrical purposes

−Part 3 : Specifications for

individual materials

IEC 60674-1 : 1980, Specification for plastic films for electrical purposes

−Part 1 : Definitions and general

requirements

IEC 60674-3 : Specification for plastic films for electrical purposes

−Part 3 : Specification for individual

materials

IEC 60819-1 : 1995, Non-cellulosic papers for electrical purposes

− Part 1 : Definitions and general

requirements

IEC 60819-3 : Specification for Non-cellulosic papers for electrical purposes

−Part 3 : Specifications for

individual materials


6

C 2317 : 1999

3.

要求事項  各々の可とう性複合材料は,IEC 60626-1 の一般要求事項に適合するとともに,さらに,

このシートに示したように,そのタイプに相当する適切なシートの要求事項に適合しなければならない。

4.

呼び方  附属書表 は,材料の呼び方及び各シートに特有の組合せを示してある。この規格に従う材

料はこの規格番号を含み,IEC 60626-1 による材料の呼び方及び厚さを含む呼び方によって,識別しなけ

ればならない。

例  JIS C 2317 附属書,シート 112,P-C/F-PET/P-C,0.15mm

5.

耐熱区分  今までの経験が電気絶縁系における可とう性複合材料の耐熱性についての情報を与えてい

る。この情報はそれぞれ個々のシートに与えている。これらのシートの耐熱区分の情報は,要求事項とし

て考慮しなくてもよい。

6.

規格シート

附属書表 1  シート区分のための基本表

シート No.

可とう性複合材料の構成

100

∼149

硫酸塩法で作られた木材パルプ繊維から成る絶縁紙,又はプレスペーパーとの組合せ。

100

∼109

  PET フィルムとの 2 層構成。

110

∼119

  PET フィルムとの 3 層構成。

120

∼149

  その他の組合せ。

150

∼199

木綿繊維で作られた絶縁紙,又はプレスペーパーとの組合せ。

150

∼159

  PET フィルムとの 2 層構成。

160

∼169

  PET フィルムとの 3 層構成。

170

∼199

  その他の組合せ。

200

∼249

木綿繊維及び木材パルプ繊維の両方を含む絶縁紙,並びにプレスペーパーとの組合せ。

200

∼209

  PET フィルムとの 2 層構成。

210

∼219

  PET フィルムとの 3 層構成。

220

∼249

  その他の組合せ。

250

∼299

セルローズ以外の繊維又はセルローズと非セルローズとの混合から成る絶縁紙,又はプレ

スペーパーと他の絶縁材料との複合構成。

300

∼399

有機非セルローズ繊維から成る湿式法の紙との組合せ。

300

∼309

  PET フィルムとカレンダー処理したアラミド紙との 2 層構成。

310

∼319

  PET フィルムとカレンダー処理したアラミド紙との 3 層構成。

320

∼329

  PET フィルムとカレンダー処理してないアラミド紙との 3 層構成。

330

∼339

  ポリイミド (PI) フィルムとカレンダー処理したアラミド紙との 3 層構成。

340

∼399

  その他の組合せ。

400

∼499

無機繊維から成る湿式法の紙との組合せ。

400

∼459

  ガラス繊維。

460

∼499

  その他。

500

∼599

有機繊維から成る乾式不織布との組合せ。

500

∼519 PET 繊維 100%の乾式不織布との組合せ。

500

∼539

  アラミド繊維 100%の乾式不織布との組合せ。


7

C 2317 : 1999

シート No.

可とう性複合材料の構成

540

∼599

  その他。

600

∼999

その他の構成物。

備考  この表に示したシートは,まだ利用できないものがある。

利用できるシートを,次に示す。

7.

表示  表示は本体の 10.による。


8

C 2317 : 1999

シート 100 

プレスペーパー又は絶縁紙と呼び厚さ 23

µの PET フィルムとをはり合わせた可とう性 層複合材料の要

求事項 

F-PET/P-C 

1.

対象品種

このシートは,呼び厚さ 23

µm のポリエチレンテレフタレートフィルム (F-PET) に硫酸塩法で作られた

木材パルプ繊維から成る絶縁紙,又はプレスペーパー (P-C) をはり合わせた 2 層材料に対する要求事項を

示している。

2.

耐熱区分

経験によって,このシートに示した可とう性複合材料が,120∼130℃に至るまで及び 120∼130℃の範囲

で,電気機器に使用することができることを示している。

3.

個々の層の要求事項

使用する紙は,JIS C 2307

附属書の 1.11.21.3 及び 1.4 の要求事項に適合する絶縁紙,JIS C 2305 附属

書 の種類 P2 又は P4 の要求事項に適合するプレスペーパーのいずれかを使用する。これら絶縁紙,又は

プレスペーパーの各々はり合わせ品の坪量に影響を与える異なった密度のものでもよい。

PET

フィルムは,

呼び厚さ 23

µm で IEC 60674-1 及び IEC 60674-3 の要求事項に適合するものを使用する。

4.

絶縁破壊電圧の要求事項

5.

の表に示したすべての複合材料に対する最低絶縁破壊電圧は,直径 6mm の電極を使用した場合は,次

による。

折り目のない試料に対しては 6kV

折り目のある試料に対しては 5kV

ただし,IEC 60626-2 に従って,折り目のある試料の最低絶縁破壊電圧は,呼び厚さが 0.5mm を超える

複合材料に対しては必要としない。


9

C 2317 : 1999

5.

追加要求事項

追加要求事項は,次のとおりである。

特性

IEC 60626-2 

の箇条

単位

許容範囲

複合品の呼び厚さ

2

mm

0.10 0.13 0.15 0.18 0.20 0.30 0.35 0.40 0.45 0.50 0.60

複合品の厚さ 
許容範囲

2

±%

15

15

15

15

15

15

10 10 10 10

10

複合品の坪量

3

g/m

2

±12%

115

155

190

215

250

300

370 430 490 610

730

90

100

135

150

180

220

270 300 360 450

540

折り目なしの引張
強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

60

70

90

100

120

140

180 200 240 300

360

70

80

100

110

140

170

210 240 280 350

420

折り目ありの 
引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

40

50

60

70

80

100

120 140 160 200

240

折り目なしの伸び

3

3

3

3

5

5

5

5

5

5

5

%

min.

MD

CMD

10

10

10

10

13

13

13 13 13 13

13

備考 

MD

CMD

min.

=紙のすき方向

=紙のすき方向の直角方向 
=最小値


10

C 2317 : 1999

シート 101 

プレスペーパー又は絶縁紙と呼び厚さ 36

µの PET フィルムとをはり合わせた可とう性 層複合材料の要

求事項 

F-PET/P-C 

1.

対象品種

このシートは,呼び厚さ 36

µm のポリエチレンテレフタレートフィルム (F-PET) に硫酸塩法で作られた

木材パルプ繊維から成る絶縁紙,又はプレスペーパー (P-C) をはり合わせた 2 層材料に対する要求事項を

示している。

2.

耐熱区分

経験によって,このシートに示した可とう性複合材料が,120∼130℃に至るまで及び 120∼130℃の範囲

で,電気機器に使用することができることを示している。

3.

個々の層の要求事項

使用する紙は,JIS C 2307

附属書の 1.11.21.3 及び 1.4 の要求事項に適合する絶縁紙,JIS C 2305 附属

書 の種類 P2 又は P4 の要求事項に適合するプレスペーパーのいずれかを使用する。これら絶縁紙,又は

プレスペーパーの各々はり合わせ品の坪量に影響を与える異なった密度のものでもよい。

PET

フィルムは,

呼び厚さ 36

µm で IEC 60674-1 及び IEC 60674-3 の要求事項に適合するものを使用する。

4.

絶縁破壊電圧の要求事項

5.

の表に示したすべての複合材料に対する最低絶縁破壊電圧は,直径 6mm の電極を使用した場合は,次

による。

折り目のない試料に対しては 7kV

折り目のある試料に対しては 6kV

ただし,IEC 60626-2 に従って,折り目のある試料の最低絶縁破壊電圧は,呼び厚さが 0.5mm を超える

複合材料に対しては必要としない。


11

C 2317 : 1999

5.

追加要求事項

追加要求事項は,次のとおりである。

特性

IEC 60626-2

箇条

単位

許容範囲

複合品の呼び厚さ

2

mm

0.10 0.15 0.20 0.25 0.30 0.35 0.40 0.45 0.50 0.60

複合品の厚さ 
許容範囲

2

±%

15

15

15

15

10

10 10 10 10

10

複合品の坪量 3

g/m

2

±12%

120

190

250

280

370

395 490 510 610

730

90

135

180

190

270

280 360 380 450

540

折り目なしの 
引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

60

90

120

130

180

190 240 250 300

360

70

100

130

150

200

230 270 300 340

410

折り目ありの

引張強さ

4

N/10 mm

min

MD

CMD

40

60

80

90

120

130 160 170 200

240

3

3

5

5

5

5

5

5

5

5

折り目なしの伸び 4

%

min.

MD

CMD

10

10

13

13

13

13 13 13 13

13

備考 

MD

CMD

min.

=紙のすき方向 
=紙のすき方向の直角方向

=最小値


12

C 2317 : 1999

シート 102 

プレスペーパー又は絶縁紙と呼び厚さ 50

µの PET フィルムとをはり合わせた可とう性 層複合材料の要

求事項 

F-PET/P-C

1.

対象品種

このシートは,呼び厚さ 50

µm のポリエチレンテレフタレートフィルム (F-PET) に硫酸塩法で作られた

木材パルプ繊維から成る絶縁紙,又はプレスペーパー (P-C) をはり合わせた 2 層材料に対する要求事項を

示している。

2.

耐熱区分

経験によって,このシートに示した可とう性複合材料が,120∼130℃に至るまで及び 120∼130℃の範囲

で,電気機器に使用することができることを示している。

3.

個々の層の要求事項

使用する紙は,JIS C 2307

附属書の 1.11.21.3 及び 1.4 の要求事項に適合する絶縁紙,JIS C 2305 附属

書 の種類 P2 又は P4 の要求事項に適合するプレスペーパーのいずれかを使用する。これら絶縁紙,又は

プレスペーパーの各々はり合わせ品の坪量に影響を与える異なった密度のものでもよい。

PET

フィルムは,

呼び厚さ 50

µm で IEC 60674-1 及び IEC 60674-3 の要求事項に適合するものを使用する。

4.

絶縁破壊電圧の要求事項

5.

の表に示したすべての複合材料に対する最低絶縁破壊電圧は,直径 6mm の電極を使用した場合は,次

による。

折り目のない試料に対しては 8kV

折り目のある試料に対しては 6kV

ただし,IEC 60626-2 に従って,折り目のある試料の最低絶縁破壊電圧は,呼び厚さが 0.5mm を超える

複合材料に対しては必要としない。


13

C 2317 : 1999

5.

追加要求事項

追加要求事項は,次のとおりである。

特性

IEC 60626-2

の箇条

単位

許容範囲

複合品の呼び厚さ

2

mm

0.15 0.20 0.25 0.30 0.35 0.40 0.45 0.50 0.60

複合品の厚さ 
許容範囲

2

±%

15

15

15

15

10

10 10 10 10

複合品の坪量 3

g/m

2

±12%

190

245

305

360

420

480 535 590 700

100

120

150

190

240

300 360 380 400

折り目なしの 
引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

80

90

95

105

120

150 180 190 200

70

80

95

130

180

230 275 300 320

折り目ありの 
引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

40

50

60

90

115

145 175 180 190

3

3

3

3

5

5

5

5

5

折り目なしの伸び 4

%

min.

MD

CMD

10

10

10

10

13

13 13 13 13

備考 

MD

CMD

min.

=紙のすき方向 
=紙のすき方向の直角方向

=最小値


14

C 2317 : 1999

シート 110 

プレスペーパー又は絶縁紙と呼び厚さ 23

µの PET フィルムとをはり合わせた可とう性 層複合材料の要

求事項 

P-C/F-PET/P-C 

1.

対象品種

このシートは,呼び厚さ 23

µm のポリエチレンテレフタレートフィルム (F-PET) の両側に硫酸塩法で作

られた木材パルプ繊維から成る絶縁紙,又はプレスペーパー (P-C) をはり合わせた 3 層材料に対する要求

事項を示している。

2.

耐熱区分

経験によって,このシートに示した可とう性複合材料が,120∼130℃に至るまで及び 120∼130℃の範囲

で,電気機器に使用することができることを示している。

3.

個々の層の要求事項

使用する紙は,JIS C 2307

附属書の 1.11.21.3 及び 1.4 の要求事項に適合する絶縁紙,JIS C 2305 附属

書 の種類 P2 又は P4 の要求事項に適合するプレスペーパーのいずれかを使用する。これら絶縁紙,又は

プレスペーパーの各々はり合わせ品の坪量に影響を与える異なった密度のものでもよい。

PET

フィルムは,

呼び厚さ 23

µm で IEC 60674-1 及び IEC 60674-3 の要求事項に適合するものを使用する。

4.

絶縁破壊電圧の要求事項

5.

の表に示したすべての複合材料に対する最低絶縁破壊電圧は,直径 6mm の電極を使用した場合は,次

による。

折り目のない試料に対しては 6kV

折り目のある試料に対しては 5kV

ただし,IEC 60626-2 に従って,折り目のある試料の最低絶縁破壊電圧は,呼び厚さが 0.5mm を超える

複合材料に対しては必要としない。


15

C 2317 : 1999

5.

追加要求事項

追加要求事項は,次のとおりである。

特性

IEC 60626-2

箇条

単位

許容範囲

複合品の呼び厚さ

2

mm

0.12 0.15 0.20 0.25 0.30 0.35 0.40 0.45 0.50 0.60

複合品の厚さ 
許容範囲

2

±%

15

15

10

10

10

10 10 10 10

10

複合品の坪量 3

g/m

2

±12%

140

170

230

270

370

430 490 550 610

730

100

135

160

190

270

300 360 400 450

540

折り目なしの 
引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

70

90

120

130

160

200 240 270 300

360

60

105

140

150

210

240 260 310 350

420

折り目ありの 
引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

40

60

80

90

120

135 160 175 200

240

3

3

5

5

5

5

5

5

5

5

折り目なしの伸び 4

%

min.

MD

CMD

10

10

10

10

10

10 10 10 10

10

備考 

MD

CMD

min.

=紙のすき方向 
=紙のすき方向の直角方向

=最小値


16

C 2317 : 1999

シート 111 

プレスペーパー又は絶縁紙と呼び厚さ 36

µの PET フィルムとをはり合わせた可とう性 層複合材料の要

求事項 

P-C/F-PET/P-C 

1.

対象品種

このシートは,呼び厚さ 36

µm のポリエチレンテレフタレートフィルム (F-PET) の両側に硫酸塩法で作

られた木材パルプ繊維から成る絶縁紙,又はプレスペーパー (P-C) をはり合わせた 3 層材料に対する要求

事項を示している。

2.

耐熱区分

経験によって,このシートに示した可とう性複合材料が,120∼130℃に至るまで及び 120∼130℃の範囲

で,電気機器に使用することができることを示している。

3.

個々の層の要求事項

使用する紙は,JIS C 2307

附属書の 1.11.21.3 及び 1.4 の要求事項に適合する絶縁紙,JIS C 2305 附属

書 の種類 P2 又は P4 の要求事項に適合するプレスペーパーのいずれかを使用する。これら絶縁紙,又は

プレスペーパーの各々はり合わせ品の坪量に影響を与える異なった密度のものでもよい。

PET

フィルムは,

呼び厚さ 36

µm で IEC 60674-1 及び IEC 60674-3 の要求事項に適合するものを使用する。

4.

絶縁破壊電圧の要求事項

5.

の表に示したすべての複合材料に対する最低絶縁破壊電圧は,直径 6mm の電極を使用した場合は,次

による。

折り目のない試料に対しては 7kV

折り目のある試料に対しては 6kV

ただし,IEC 60626-2 に従って,折り目のある試料の最低絶縁破壊電圧は,呼び厚さが 0.5mm を超える

複合材料に対しては必要としない。


17

C 2317 : 1999

5.

追加要求事項

追加要求事項は,次のとおりである。

特性

IEC 60626-2

箇条

単位

許容範囲

複合品の呼び厚さ

2

mm

0.12 0.15 0.20 0.25 0.30 0.35 0.40 0.45 0.50 0.60

複合品の厚さ 
許容範囲

2

±

%

15

15

15

10

10

10 10 10 10

10

複合品の坪量 3

g/m

2

±12%

150

180

240

300

370

430 490 550 610

730

100

135

180

200

270

300 360 400 450

540

折り目なしの 
引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

75

100

120

130

180

200 240 255 300

360

85

100

140

160

210

230 280 300 350

420

折り目ありの 
引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

50

60

80

90

120

130 160 175 200

240

5

5

5

5

5

5

5

5

5

5

折り目なしの伸び 4

%

min.

MD

CMD

10

10

10

10

10

10 10 10 10

10

備考 

MD

CMD

min.

=紙のすき方向 
=紙のすき方向の直角方向

=最小値


18

C 2317 : 1999

シート 112 

プレスペーパー又は絶縁紙と呼び厚さ 50

µの PET フィルムとをはり合わせた可とう性 層複合材料の要

求事項 

P-C/F-PET/P-C 

1.

対象品種

このシートは,呼び厚さ 50

µm のポリエチレンテレフタレートフィルム (F-PET) の両側に硫酸塩法で作

られた木材パルプ繊維から成る絶縁紙,又はプレスペーパー (P-C) をはり合わせた 3 層材料に対する要求

事項を示している。

2.

耐熱区分

経験によって,このシートに示した可とう性複合材料が,120∼130℃に至るまで及び 120∼130℃の範囲

で,電気機器に使用することができることを示している。

3.

個々の層の要求事項

使用する紙は,JIS C 2307

附属書の 1.11.21.3 及び 1.4 の要求事項に適合する絶縁紙,JIS C 2305 附属

書 の種類 P2 又は P4 の要求事項に適合するプレスペーパーのいずれかを使用する。これら絶縁紙,又は

プレスペーパーの各々はり合わせ品の坪量に影響を与える異なった密度のものでもよい。

PET

フィルムは,

呼び厚さ 50

µm で IEC 60674-1 及び IEC 60674-3 の要求事項に適合するものを使用する。

4.

絶縁破壊電圧の要求事項

5.

の表に示したすべての複合材料に対する最低絶縁破壊電圧は,直径 6mm の電極を使用した場合は,次

による。

折り目のない試料に対しては 8kV

折り目のある試料に対しては 6kV

ただし,IEC 60626-2 に従って,折り目のある試料の最低絶縁破壊電圧は,呼び厚さが 0.5mm を超える

複合材料に対しては必要としない。


19

C 2317 : 1999

5.

追加要求事項

追加要求事項は,次のとおりである。

特性

IEC 60626-2

箇条

単位

許容範囲

複合品の呼び厚さ 2

mm

0.15 0.25 0.30 0.35 0.40 0.45

0.50

0.55

複合品の厚さ 
許容範囲

2

±% 15

15

10

10

10

10

10

10

複合品の坪量 3

g/m

2

±12%

200

320

380

440

490

550 620 700

135

200

270

310

360

400 450 540

折り目なしの 
引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

100

130

180

200

240

255 300 360

100

160

210

235

280

300 350 420

折り目ありの 
引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

60

80

120

130

160

175 200 240

3

3

3

3

5

5

5

折り目なしの伸び 4

%

min.

MD

CMD

10

10

10

10

10

10 10 10

備考 

MD

CMD

min.

=紙のすき方向 
=紙のすき方向の直角方向

=最小値


20

C 2317 : 1999

シート 113 

プレスペーパー又は絶縁紙と呼び厚さ 75

µの PET フィルムとをはり合わせた可とう性 層複合材料の要

求事項 

P-C/F-PET/P-C 

1.

対象品種

このシートは,呼び厚さ 75

µm のポリエチレンテレフタレートフィルム (F-PET) の両側に硫酸塩法で作

られた木材パルプ繊維から成る絶縁紙,又はプレスペーパー (P-C) をはり合わせた 3 層材料に対する要求

事項を示している。

2.

耐熱区分

経験によって,このシートに示した可とう性複合材料が,120∼130℃に至るまで及び 120∼130℃の範囲

で,電気機器に使用することができることを示している。

3.

個々の層の要求事項

使用する紙は,JIS C 2307

附属書の 1.11.21.3 及び 1.4 の要求事項に適合する絶縁紙,JIS C 2305 附属

書 の種類 P2 又は P4 の要求事項に適合するプレスペーパーのいずれかを使用する。これら絶縁紙,又は

プレスペーパーの各々はり合わせ品の坪量に影響を与える異なった密度のものでもよい。

PET

フィルムは,

呼び厚さ 75

µm で IEC 60674-1 及び IEC 60674-3 の要求事項に適合するものを使用する。

4.

絶縁破壊電圧の要求事項

5.

の表に示したすべての複合材料に対する最低絶縁破壊電圧は,直径 6mm の電極を使用した場合は,次

による。

折り目のない試料に対しては 10kV

折り目のある試料に対しては 9kV

ただし,IEC 60626-2 に従って,折り目のある試料の最低絶縁破壊電圧は,呼び厚さが 0.5mm を超える

複合材料に対しては必要としない。


21

C 2317 : 1999

5.

追加要求事項

追加要求事項は,次のとおりである。

特性

IEC 60626-2

箇条

単位

許容範囲

複合品の呼び厚さ

2

mm

0.15 0.20 0.25 0.30 0.35 0.40 0.45 0.50 0.60

複合品の厚さ 
許容範囲

2

±%

15

15

10

10

10

10 10 10 10

複合品の坪量 3

g/m

2

±12%

190

240

310

380

430

510 560 620 740

140

190

230

280

330

380 420 470 570

折り目なしの 
引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

105

140

170

210

240

280 310 350 420

100

130

160

200

230

270 300 340 410

折り目ありの 
引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

65

90

110

120

130

180 200 220 270

5

5

5

5

5

5

5

5

5

折り目なしの伸び 4

%

min.

MD

CMD

10

10

10

10

10

10 10 10 10

備考 

MD

CMD

min.

=紙のすき方向 
=紙のすき方向の直角方向

=最小値


22

C 2317 : 1999

シート 114 

プレスペーパー又は絶縁紙と呼び厚さ 100

µの PET フィルムとをはり合わせた可とう性 層複合材料の

要求事項 

P-C/F-PET/P-C 

1.

対象品種

このシートは,呼び厚さ 100

µm のポリエチレンテレフタレートフィルム (F-PET) の両側に硫酸塩法で

作られた木材パルプ繊維から成る絶縁紙,又はプレスペーパー (P-C) をはり合わせた 3 層材料に対する要

求事項を示している。

2.

耐熱区分

経験によって,このシートに示した可とう性複合材料が,120∼130℃に至るまで及び 120∼130℃の範囲

で,電気機器に使用することができることを示している。

3.

個々の層の要求事項

使用する紙は,JIS C 2307

附属書の 1.11.21.3 及び 1.4 の要求事項に適合する絶縁紙,JIS C 2305 附属

書 の種類 P2 又は P4 の要求事項に適合するプレスペーパーのいずれかを使用する。これら絶縁紙,又は

プレスペーパーの各々はり合わせ品の坪量に影響を与える異なった密度のものでもよい。

PET

フィルムは,

呼び厚さ 100

µm で IEC 60674-1 及び IEC 60674-3 の要求事項に適合するものを使用する。

4.

絶縁破壊電圧の要求事項

5.

の表に示したすべての複合材料に対する最低絶縁破壊電圧は,直径 6mm の電極を使用した場合は,次

による。

折り目のない試料に対しては 11kV

折り目のある試料に対しては 9kV

ただし,IEC 60626-2 に従って,折り目のある試料の最低絶縁破壊電圧は,呼び厚さが 0.5mm を超える

複合材料に対しては必要としない。


23

C 2317 : 1999

5.

追加要求事項

追加要求事項は,次のとおりである。

特性

IEC 60626-2

箇条

単位

許容範囲

複合品の呼び厚さ 2

mm

0.20 0.30 0.40 0.50

複合品の厚さ 
許容範囲

2

±% 15

10

10

10

複合品の坪量 3

g/m

2

±12%

250

380

510

620

200

300

400

500

折り目なしの 
引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

160

240

320

400

140

210

280

350

折り目ありの 
引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

100

150

200

250

5

5

5

5

折り目なしの伸び 4

%

min.

MD

CMD

10

10

10

10

備考 

MD

CMD

min.

=紙のすき方向 
=紙のすき方向の直角方向

=最小値


24

C 2317 : 1999

シート 115 

プレスペーパー又は絶縁紙と呼び厚さ 125

µの PET フィルムとをはり合わせた可とう性 層複合材料の

要求事項 

P-C/F-PET/P-C 

1.

対象品種

このシートは,呼び厚さ 125

µm のポリエチレンテレフタレートフィルム (F-PET) の両側に硫酸塩法で

作られた木材パルプ繊維から成る絶縁紙,又はプレスペーパー (P-C) をはり合わせた 3 層材料に対する要

求事項を示している。

2.

耐熱区分

経験によって,このシートに示した可とう性複合材料が,120∼130℃に至るまで及び 120∼130℃の範囲

で,電気機器に使用することができることを示している。

3.

個々の層の要求事項

使用する紙は,JIS C 2307

附属書の 1.11.21.3 及び 1.4 の要求事項に適合する絶縁紙,JIS C 2305 附属

書 の種類 P2 又は P4 の要求事項に適合するプレスペーパーのいずれかを使用する。これら絶縁紙,又は

プレスペーパーの各々はり合わせ品の坪量に影響を与える異なった密度のものでもよい。

PET

フィルムは,

呼び厚さ 125

µm で IEC 60674-1 及び IEC 60674-3 の要求事項に適合するものを使用する。

4.

絶縁破壊電圧の要求事項

5.

の表に示したすべての複合材料に対する最低絶縁破壊電圧は,直径 6mm の電極を使用した場合は,次

による。

折り目のない試料に対しては 13kV

折り目のある試料に対しては 11kV

ただし,IEC 60626-2 に従って,折り目のある試料の最低絶縁破壊電圧は,呼び厚さが 0.5mm を超える

複合材料に対しては必要としない。


25

C 2317 : 1999

5.

追加要求事項

追加要求事項は,次のとおりである。

特性

IEC 60626-2

箇条

単位

許容範囲

複合品の呼び厚さ 2

mm

0.20 0.30 0.40 0.50

複合品の厚さ 
許容範囲

2

±% 15

10

10

10

複合品の坪量 3

g/m

2

±12%

260

380

515

635

200

300

400

500

折り目なしの 
引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

160

240

320

400

140

210

280

350

折り目ありの 
引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

100

150

200

250

5

5

5

5

折り目なしの伸び 4

%

min.

MD

CMD

10

10

10

10

備考 

MD

CMD

min.

=紙のすき方向 
=紙のすき方向の直角方向

=最小値


26

C 2317 : 1999

シート 302 

PET

フィルムと呼び厚さ 50

µのカレンダー処理したアラミド紙とをはり合わせた可とう性 層複合材料

の要求事項 

P-PAa/F-PET 

1.

対象品種

このシートは,ポリエチレンテレフタレートフィルム (F-PET) に呼び厚さ 50

µm のカレンダー処理した

アラミド紙 (P-PAa) をはり合わせた 2 層材料の要求事項を示している。

2.

耐熱区分

経験によって,このシートに示した可とう性複合材料が,130∼155℃に至るまで及び 130∼155℃の範囲

で,電気機器に使用することができることを示している。

3.

個々の層の要求事項

使用する紙は,IEC 60819-1 及び IEC 60819-3 の要求事項に適合するものを使用する。使用する PET フ

ィルムは,IEC 60674-1 及び IEC 60674-3 の要求事項に適合するものを使用する。

4.

追加要求事項

追加要求事項は,次のとおりである。

特性

IEC 60626-2

箇条

単位

許容範囲

複合品の呼び厚さ

2

mm

0.08 0.10 0.11 0.13 0.16 0.18 0.25 0.31 0.41

複合品の厚さ

許容範囲

2

±%

15

15

15

15

15

15 15 10 10

複合品の坪量 3

g/m

2

±12%

95

110

125

160

190

230 320 390 550

フィルムの呼び厚さ

µm

23

36

50

75

100

125 190 250 350

100

120

130

140

160

180 230 280 340

折り目なしの

引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

70

80

80

90

100

120 200 300 320

60

70

80

90

100

130 150 200 250

折り目ありの 
引張強さ

(フィルム内側)

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

50

60

60

80

90

100 150 200 250

15

15

15

15

15

15 20 20 20

折り目なしの伸び 4

%

min.

MD

CMD

20

20

20

20

20

20 20 20 20

kV min.

折り目なし

5

6

7

9

10

12 15 18 21

絶縁破壊電圧

(直径6mm の電極)

9

折り目あり

4

5

6

8

8

10 12 15 18

備考 

MD

CMD

min.

=紙のすき方向 
=紙のすき方向の直角方向 
=最小値


27

C 2317 : 1999

シート 303 

PET

フィルムと呼び厚さ 80

µのカレンダー処理したアラミド紙とをはり合わせた可とう性 層複合材料

の要求事項 

P-PAa/F-PET 

1.

対象品種

このシートは,ポリエチレンテレフタレートフィルム (F-PET) に呼び厚さ 80

µm のカレンダー処理した

アラミド紙 (P-PAa) をはり合わせた 2 層材料の要求事項を示している。

2.

耐熱区分

経験によって,このシートに示した可とう性複合材料が,130∼155℃に至るまで及び 130∼155℃の範囲

で,電気機器に使用することができることを示している。

3.

個々の層の要求事項

使用する紙は,IEC 60819-1 及び IEC 60819-3 の要求事項に適合するものを使用する。使用する PET フ

ィルムは,IEC 60674-1 及び IEC 60674-3 の要求事項に適合するものを使用する。

4.

追加要求事項

追加要求事項は,次のとおりである。

特性

IEC 60626-2

箇条

単位

許容範囲

複合品の呼び厚さ

2

mm

0.11 0.12 0.14 0.16 0.19 0.22 0.28 0.34 0.44

複合品の厚さ

許容範囲

2

±%

15

15

15

15

15

15 15 10 10

複合品の坪量 3

g/m

2

±12%

120

135

155

190

220

255 340 420 565

フィルムの呼び厚さ

µm

23

36

50

75

100

125 190 250 350

100

120

130

140

160

180 230 280 340

折り目なしの

引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

70

80

80

90

100

120 200 300 320

60

70

80

90

100

130 150 200 250

折り目ありの 
引張強さ

(フィルム内側)

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

50

60

60

80

90

100 150 200 250

15

15

15

15

15

15 20 20 20

折り目なしの伸び 4

%

min.

MD

CMD

20

20

20

20

20

20 25 25 25

kV

min.

 

折り目なし

6

7

8

10

11

13 16 18 21

絶縁破壊電圧

(直径6mmの電極)

9

折り目あり

5

6

6

8

9

11 13 15 18

備考 

MD

CMD

min.

=紙のすき方向 
=紙のすき方向の直角方向 
=最小値


28

C 2317 : 1999

シート 312 

PET

フィルムの両側に呼び厚さ 50

µ

m

のカレンダー処理したアラミド紙とをはり合わせた可とう性 層複

合材料の要求事項 

P-PAa/F-PET/P-PAa 

1.

対象品種

このシートは,ポリエチレンテレフタレートフィルム (F-PET) の両側に呼び厚さ 50

µm のカレンダー処

理したアラミド紙 (P-PAa) をはり合わせた 3 層材料の要求事項を示している。

2.

耐熱区分

経験によって,このシートに示した可とう性複合材料が,155∼180℃に至るまで及び 155∼180℃の範囲

で,電気機器に使用することができることを示している。

3.

個々の層の要求事項

使用する紙は,IEC 60819-1 及び IEC 60819-3 の要求事項に適合するものを使用する。使用する PET フ

ィルムは,IEC 60674-1 及び IEC 60674-3 の要求事項に適合するものを使用する。

4.

追加要求事項

追加要求事項は,次のとおりである。

特性

IEC 60626-2

箇条

単位

許容範囲

複合品の呼び厚さ

2

mm

0.14 0.15 0.17 0.19 0.22 0.24 0.31 0.37 0.47

複合品の厚さ

許容範囲

2

±%

15

15

15

15

15

15 15 10 10

複合品の坪量 3

g/m

2

±12%

140

150

170

200

230

270 360 450 590

フィルムの呼び厚さ

µm

23

36

50

75

100

125 190 250 350

100

150

160

170

190

220 270 330 400

折り目なしの

引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

80

90

90

105

120

150 200 300 350

80

80

90

100

110

130 200 250 300

折り目ありの 
引張強さ

(フィルム内側)

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

50

70

70

90

100

120 150 200 250

15

15

15

15

15

20 20 20 20

折り目なしの伸び 4

%

min.

MD

CMD

20

20

20

20

20

20 25 25 25

kV

min.

 

折り目なし

6

7

8

11

12

14 19 23 28

絶縁破壊電圧

(直径6mm の電極)

9

折り目あり

5

6

7

9

10

12 15 18 20

備考 

MD

CMD

min.

=紙のすき方向

=紙のすき方向の直角方向 
=最小値


29

C 2317 : 1999

シート 313 

PET

フィルムの両側に呼び厚さ 80

µのカレンダー処理したアラミド紙とをはり合わせた可とう性 層複

合材料の要求事項 

P-PAa/F-PET/P-PAa 

1.

対象品種

このシートは,ポリエチレンテレフタレートフィルム (F-PET) の両側に呼び厚さ 80

µm のカレンダー処

理したアラミド紙 (P-PAa) をはり合わせた 3 層材料の要求事項を示している。

2.

耐熱区分

経験によって,このシートに示した可とう性複合材料が,155∼180℃に至るまで及び 155∼180℃の範囲

で,電気機器に使用することができることを示している。

3.

個々の層の要求事項

使用する紙は,IEC 60819-1 及び IEC 60819-3 の要求事項に適合するものを使用する。使用する PET フ

ィルムは,IEC 60674-1 及び IEC 60674-3 の要求事項に適合するものを使用する。

4.

追加要求事項

追加要求事項は,次のとおりである。

特性

IEC 60626-2

箇条

単位

許容範囲

複合品の呼び厚さ

2

mm

0.20 0.21 0.22 0.25 0.28 0.30 0.36 0.43 0.48 0.53

複合品の厚さ

許容範囲

2

±%

15

15

15

15

15

15 15 10 10

10

複合品の坪量 3

g/m

2

±12%

185

200

220

255

290

325 420 500 570

640

フィルムの呼び厚さ

µm

23

36

50

75

100

125 190 250 350

350

160

160

170

190

220

270 320 380 430

450

折り目なしの

引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

100

120

140

180

190

200 250 300 300

300

80

90

160

180

190

200 250 300 300

300

折り目ありの 
引張強さ

(フィルム内側)

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

60

70

100

140

150

160 200 250 250

250

15

15

15

15

15

20 20 20 20

20

折り目なしの伸び 4

%

min.

MD

CMD

20

20

20

20

20

25 25 25 25

25

kV min.

折り目なし

7

8

9

12

13

15 20 23 25

30

絶縁破壊電圧

(直径6mm の電極)

9

折り目あり

5

7

8

10

11

13 16 18 20

NR

備考 

MD

CMD

min.

NR

=紙のすき方向

=紙のすき方向の直角方向 
=最小値 
=要求なし


30

C 2317 : 1999

シート 315 

PET

フィルムの両側に呼び厚さ 130

µのカレンダー処理したアラミド紙とをはり合わせた可とう性 

複合材料の要求事項 

P-PAa/F-PET/P-PAa 

1.

対象品種

このシートは,ポリエチレンテレフタレートフィルム (F-PET) の両側に呼び厚さ 130

µm のカレンダー

処理したアラミド紙 (P-PAa) をはり合わせた 3 層材料の要求事項を示している。

2.

耐熱区分

経験によって,このシートに示した可とう性複合材料が,155∼180℃に至るまで及び 155∼180℃の範囲

で,電気機器に使用することができることを示している。

3.

個々の層の要求事項

使用する紙は,IEC 60819-1 及び IEC 60819-3 の要求事項に適合するものを使用する。使用する PET フ

ィルムは,IEC 60674-1 及び IEC 60674-3 の要求事項に適合するものを使用する。

4.

追加要求事項

追加要求事項は,次のとおりである。

特性

IEC 60626-2

箇条

単位

許容範囲

複合品の呼び厚さ 2

mm 0.32 0.35 0.37 0.40 0.52

複合品の厚さ

許容範囲

2

±% 15

15

15

15

15

複合品の坪量 3

g/m

2

±12%

330

360

400

440

620

フィルムの呼び厚さ

µm 50

75

100

125

250

200

220

250

300

400

折り目なしの

引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

170

200

220

260

320

170

190

210

230

330

折り目ありの 
引張強さ

(フィルム内側)

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

120

130

150

190

300

7

7

7

7

15

折り目なしの伸び 4

%

min.

MD

CMD

10

10

10

10

20

kV min.

折り目なし 10

13

14

16

25

絶縁破壊電圧

(直径6mm の電極)

9

折り目あり

8

11

12

14

NR

備考 

MD

CMD

min.

NR

=紙のすき方向

=紙のすき方向の直角方向 
=最小値 
=要求なし


31

C 2317 : 1999

シート 320 

PET

フィルムの両側に呼び厚さ 130

µのカレンダー処理してないアラミド紙とをはり合わせた可とう性 3

層複合材料の要求事項 

P-PAa/F-PET/P-PAa 

1.

対象品種

このシートは,ポリエチレンテレフタレートフィルム (F-PET) の両側に呼び厚さ 130

µm のカレンダー

処理してないアラミド紙 (P-PAa) をはり合わせた 3 層材料の要求事項を示している。

2.

耐熱区分

経験によって,このシートに示した可とう性複合材料が,155∼180℃に至るまで及び 155∼180℃の範囲

で,電気機器に使用することができることを示している。

3.

個々の層の要求事項

使用する紙は,IEC 60819-1 及び IEC 60819-3 の要求事項に適合するものを使用する。使用する PET フ

ィルムは,IEC 60674-1 及び IEC 60674-3 の要求事項に適合するものを使用する。

4.

追加要求事項

追加要求事項は,次のとおりである。

特性

IEC 60626-2

箇条

単位

許容範囲

複合品の呼び厚さ 2

mm 0.28 0.30 0.32 0.35 0.37 0.40

複合品の厚さ

許容範囲

2

±% 20

20

20

20

20

20

複合品の坪量 3

g/m

2

±12%

135

155

170

205

240

280

フィルムの呼び厚さ

µm 23

36

50

75

100

125

45

60

75

100

120

140

折り目なしの

引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

45

60

75

100

120

140

40

50

75

80

100

120

折り目ありの 
引張強さ

(フィルム内側)

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

40

50

75

80

100

120

7

7

7

7

7

7

折り目なしの伸び 4

%

min.

MD

CMD

10

10

10

10

10

10

4

5

6

9

10

12

絶縁破壊電圧

(直径6mm の電極)

9

    kV    min.
折り目なし

折り目あり

3

4

5

6

9

10

備考 

MD

CMD

min.

=紙のすき方向

=紙のすき方向の直角方向 
=最小値


32

C 2317 : 1999

シート 330 

ポリイミドフィルムの両側にカレンダー処理したアラミド紙とを 層にはり合わせた可とう性 層複合材

料の要求事項 

P-PAa/F-PI/P-PAa 

1.

対象品種

このシートは,ポリイミドフィルム (F-PI) の両側にカレンダー処理したアラミド紙 (P-PAa) をはり合

わせた 3 層材料の要求事項を示している。

2.

耐熱区分

経験によって,このシートに示した可とう性複合材料が,180∼200℃に至るまで及び 180∼200℃の範囲

で,電気機器に使用することができることを示している。

3.

個々の層の要求事項

使用する紙は,IEC 60819-1 及び IEC 60819-3 の要求事項に適合するものを使用する。使用するポリイミ

ドフィルムは,IEC 60674-1 及び IEC 60674-3 の要求事項に適合するものを使用する。

4.

追加要求事項

追加要求事項は,次のとおりである。

特性

IEC 60626-2

箇条

単位

許容範囲

複合品の呼び厚さ 2

mm 0.14 0.17 0.20 0.22 0.30 0.32

複合品の厚さ

許容範囲

2

±% 15

15

15

15

15

15

複合品の坪量 3

g/m

2

±12%

135

170

190

220

300

330

フィルムの呼び厚さ 3

µm 25

50

25

50

25

50

アラミド紙の

呼び厚さ

µm 50

50

80

80

130

130

140

160

160

200

270

300

折り目なしの

引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

80

90

100

180

150

260

70

90

80

160

140

180

折り目ありの 
引張強さ 
(フィルム内側)

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

50

70

60

100

90

130

15

17

15

17

15

17

折り目なしの伸び 4

%

min.

MD

CMD

15

17

15

17

15

17

7

9

7

9

7

9

絶縁破壊電圧

(直径6mm の電極)

9

    kV    min.
折り目なし 
折り目あり

6

8

6

8

6

8

備考 

MD

CMD

min.

=紙のすき方向

=紙のすき方向の直角方向 
=最小値


33

C 2317 : 1999

シート 502 

PET

フィルムの両側に呼び厚さ 50

µの PET 不織布とをはり合わせた可とう性 層複合材料の要求事項 

P-PET/F-PET/P-PET 

1.

対象品種

このシートは,ポリエチレンテレフタレートフィルム (F-PET) の両側に呼び厚さ 50

µm の PET 繊維から

作られた乾式法不織布 (P-PET) をはり合わせた 3 層材料の要求事項を示している。

2.

耐熱区分

経験によって,このシートに示した可とう性複合材料が,130∼155℃に至るまで及び 130∼155℃の範囲

で,電気機器に使用することができることを示している。

耐熱温度の上昇は,温度の上昇に対して十分な電気絶縁特性を維持することのできる樹脂をしみ込ませ

たマット(不織布)を含んでいる積層物に応用することができる。

3.

個々の層の要求事項

紙は,

IEC 60819-1

及び IEC 60819-3 の要求事項に適合するものを使用する。

PET

フィルムは,

IEC 60674-1

及び IEC 60674-3 の要求事項に適合するものを使用する。

4.

追加要求事項

追加要求事項は,次のとおりである。

特性

IEC 60626-2

箇条

単位

許容範囲

複合品の呼び厚さ 2

mm 0.13 0.15 0.18 0.20 0.23 0.30

0.35

0.45

複合品の厚さ 
許容範囲

2

±% 15

15

15

15

15

15

10

10

複合品の坪量 3

g/m

2

±12%

115

145

190

220

260

350 425 560

フィルムの呼び厚さ

µm 23

50

75

100

125

190

250

350

50

110

140

160

200

300 350 400

折り目なしの 
引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

40

90

105

120

150

200 300 350

35

90

105

120

150

200 300 350

折り目ありの 
引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

30

70

90

100

120

150 200 250

20

20

20

20

20

20 20 20

折り目なしの伸び 4

%

min.

MD

CMD

50

50

50

50

50

50 50 50

4

6

7

9

10

15 18 22

絶縁破壊電圧

(直径6mm の電極)

9

    kV    min.
折り目なし 
折り目あり

3

5

6

8

9

13 16 20

備考 

MD

CMD

min.

=紙のすき方向 
=紙のすき方向の直角方向

=最小値


34

C 2317 : 1999

シート 503 

PET

フィルムの両側に呼び厚さ 75

µの PET 不織布とをはり合わせた可とう性 層複合材料の要求事項 

P-PET/F-PET/P-PET 

1.

対象品種

このシートは,ポリエチレンテレフタレートフィルム (F-PET) の両側に呼び厚さ 75

µm の PET 繊維から

作られた乾式法不織布 (P-PET) をはり合わせた 3 層材料の要求事項を示している。

2.

耐熱区分

経験によって,このシートに示した可とう性複合材料が,130∼155℃に至るまで及び 130∼155℃の範囲

で,電気機器に使用することができることを示している。

耐熱温度の上昇は,温度の上昇に対して十分な電気絶縁特性を維持することのできる樹脂をしみ込ませ

たマット(不織布)を含んでいる積層物に応用することができる。

3.

個々の層の要求事項

紙は,

IEC 60819-1

及び IEC 60819-3 の要求事項に適合するものを使用する。

PET

フィルムは,

IEC 60674-1

及び IEC 60674-3 の要求事項に適合するものを使用する。

4.

追加要求事項

追加要求事項は,次のとおりである。

特性

IEC 60626-2

箇条

単位

許容範囲

複合品の呼び厚さ 2

mm 0.23 0.25 0.28 0.34 0.40 0.50

複合品の厚さ 
許容範囲

2

±% 20

20

20

20

20

20

複合品の坪量 3

g/m

2

±12%

230

265

300

390

480

620

フィルムの呼び厚さ

µm 75 100 125 190 250 350

140

180

220

270

300

340

折り目なしの 
引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

105

120

150

200

300

300

100

120

150

200

300

300

折り目ありの 
引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

90

100

120

150

200

200

20

20

20

20

20

20

折り目なしの伸び 4

%

min.

MD

CMD

40

40

40

40

40

40

7

9

10

15

18

22

絶縁破壊電圧

(直径6mm の電極)

9

    kV    min.
折り目なし 
折り目あり

6

8

9

13

16

20

備考 

MD

CMD

min.

=紙のすき方向 
=紙のすき方向の直角方向

=最小値


35

C 2317 : 1999

シート 505 

PET

フィルムの両側に呼び厚さ 125

µの PET 不織布をはり合わせた可とう性 層複合材料の要求事項 

P-PET/F-PET/P-PET 

1.

対象品種

このシートは,ポリエチレンテレフタレートフィルム (F-PET) の両側に呼び厚さ 125

µm の PET 繊維か

ら作られた乾式法不織布 (P-PET) をはり合わせた 3 層材料の要求事項を示している。

2.

耐熱区分

経験によって,このシートに示した可とう性複合材料が,130∼155℃に至るまで及び 130∼155℃の範囲

で,電気機器に使用することができることを示している。

耐熱温度の上昇は,温度の上昇に対して十分な電気絶縁特性を維持することのできる樹脂をしみ込ませ

たマット(不織布)を含んでいる積層物に応用することができる。

3.

個々の層の要求事項

紙は,

IEC 60819-1

及び IEC 60819-3 の要求事項に適合するものを使用する。

PET

フィルムは,

IEC 60674-1

及び IEC 60674-3 の要求事項に適合するものを使用する。

4.

追加要求事項

追加要求事項は,次のとおりである。

特性

IEC 60626-2

箇条

単位

許容範囲

複合品の呼び厚さ 2

mm 0.31 0.34 0.36 0.42 0.48 0.58

複合品の厚さ 
許容範囲

2

±% 20

20

20

20

20

20

複合品の坪量 3

g/m

2

±12%

290

330

360

450

530

650

フィルムの呼び厚さ

µm 75 100 125 190 250 350

180

200

240

300

340

400

折り目なしの 
引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

105

120

150

200

300

350

100

120

150

200

300

350

折り目ありの 
引張強さ

4

N/10 mm

min.

MD

CMD

90

100

120

150

200

250

20

20

20

20

20

20

折り目なしの伸び 4

%

min.

MD

CMD

40

40

40

40

40

40

7

9

10

15

18

22

絶縁破壊電圧

(直径6mm の電極)

9

    kV    min.
折り目なし 
折り目あり

6

8

9

13

16

NR

備考 

MD

CMD

min.

NR

=紙のすき方向 
=紙のすき方向の直角方向

=最小値 
=要求なし


36

C 2317 : 1999

JIS C 2317

原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

金  子      剛

財団法人電気安全環境研究所

(監事)

与那原  邦  夫

明電ケミカル株式会社

(委員)

伊  藤      章

通商産業省機械情報産業局

橋  爪  邦  隆

通商産業省工業技術院

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会

須納瀬      司

千葉工業大学

渡  辺  英  紀

東京都立大学大学院

小  田  英  輔

社団法人日本電線工業会

赤  嶺  淳  一

社団法人日本電機工業会

坂  野  富  明

松下電器産業株式会社

塚  田  潤  二

社団法人日本電子機械工業会

三  井  久  安

株式会社東芝

秋  本      実

日東シンコー株式会社

千  葉  武  雄

明電ケミカル株式会社

藤  波  信  佳

住友電気工業株式会社

菅  原  泰  男

日立化成工業株式会社

河  野  陽  二

積水化学工業株式会社

高  橋  康  雄

王子製紙株式会社

藤  枝  英  男

株式会社巴川製紙所

遠  山  信  行

東洋ファイバー株式会社

近  藤  博  美

安倍川製紙株式会社

高  津  良  博

三木特種製紙株式会社

駒  形  幸  夫

北越製紙株式会社

林      紘  正

三菱製紙株式会社

(事務局)

田  村  元  信

電気絶縁材料工業会

備考  ○印は,分科会委員も兼ねる。