>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 2305-3-1

:2010

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  種類

2

4

  要求事項

3

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表 

10


C 2305-3-1

:2010

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,電気機能材料工業会(JEIA)及び財団法人

日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業

標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。これによって JIS C 2305:1999

は廃止され,その一部を分割して制定したこの規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責

任はもたない。

JIS C 2305

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS C 2305-1

  第 1 部:定義及び一般要求事項

JIS C 2305-2

  第 2 部:試験方法

JIS C 2305-3-1

  第 3-1 部:個別製品規格−プレスボード


日本工業規格

JIS

 C

2305-3-1

:2010

電気用プレスボード及びプレスペーパー−

第 3-1 部:個別製品規格−プレスボード

Pressboard and presspaper for electrical purposes-

Part 3-1: Specification for individual materials-Pressboard

序文 

この規格は,2008 年に第 2 版として発行された IEC 60641-3-1 を基に,技術的内容を変更することなく

作成した日本工業規格であるが,対応国際規格には規定されていない種類を日本工業規格として追加して

いる。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所及び

附属書 JA は,対応国際規格にはない事項

である。

適用範囲 

この規格は,電気用プレスボード(以下,プレスボードという。

)について規定する。

安全上の警告 

この規格で規定又は参照する試験方法は,ユーザの責任で安全に行わなければならない。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 60641-3-1:2008

,Pressboard and presspaper for electrical purposes−Part 3: Specifications for

individual materials

−Sheet1: Requirements for pressboard, types B.0.1, B.0.3, B.2.1, B.2.3, B.3.1,

B.3.3, B.4.1, B.4.3, B.5.1, B.5.3 and B.6.1

(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格のうちで,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。

は適用しない。西暦年の付記がない引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS C 2305-1:2010

  電気用プレスボード及びプレスペーパー−第 1 部:定義及び一般要求事項

注記  対応国際規格:IEC 60641-1:2007,Pressboard and presspaper for electrical purposes−Part 1:

Definitions and general requirements

(MOD)

JIS C 2305-2:2010

  電気用プレスボード及びプレスペーパー−第 2 部:試験方法

注記  対応国際規格:IEC 60641-2:2004,Pressboard and presspaper for electrical purposes−Part 2:

Methods of tests

(MOD)

JIS Z 8401

  数値の丸め方


2

C 2305-3-1

:2010

種類 

プレスボードの種類,構成,特徴及び要求事項は,

表 による。

表 1−プレスボードの種類,特徴及び要求事項 

種類の

記号

種類

特徴

要求事項を

示す表

B.0.1

B.0.3

100 %

クラフトパルプ

クラフトパルプと木綿繊維との混合物

特に高化学純度のプレスボード

表 

B.2.1

B.2.3

100 %

クラフトパルプ

クラフトパルプと木綿繊維との混合物

高化学純度のプレスボード

表 

B.3.1

B.3.3

100 %

クラフトパルプ

クラフトパルプと木綿繊維との混合物

高化学純度,高機械的強さで,かつ,硬くて剛

直なプレコンプレスド・プレスボード。表面は,
布地模様

表 

B.4.1

B.4.3

100 %

クラフトパルプ

クラフトパルプと木綿繊維との混合物

高化学純度,高油浸性で,かつ,成形加工に適
したプレスボード

表 

B.5.1

B.5.3

100 %

クラフトパルプ

クラフトパルプと木綿繊維との混合物

高化学純度,高油浸性で,かつ,モールド加工
に適したプレスボード

表 

B.6.1 100

%

クラフトパルプ

低空げき率の乾式用プレスボード

表 

1

(PB1)

クラフトパルプと木綿繊維との混合物

表 

2

(PB2)

クラフトパルプ

表 

種類 B.0.1 において,特に高い密度の品種は,

表 の B.0.1 B による。

種類 B.2.1 において,特に高い密度の品種は,

表 の B.2.1 B による。

種類 B.3.1 において,硬くて剛直なプレコンプレスド・プレスボードは,

表 の B.3.1 A による。

種類 B.3.1 において,適度な剛性及び柔軟性のあるプレコンプレスド・プレスボードは,

表 の B.3.1 B による。

種類 B.6.1 において,特に高い密度の品種は,

表 の B.6.1 B による。


3

C 2305-3-1

:2010

要求事項 

プレスボードは,JIS C 2305-1 に規定する箇条 4(一般要求事項)から箇条 6B(表示)までを満足し,

かつ,

表 2∼表 に規定する個別の種類ごとの要求事項を満足する。

表 2−プレスボードの要求事項(種類 B.0 

B.0

  特に高化学純度のプレスボード

B.0.1

100 %

クラフトパルプ

特性

厚さ範囲

mm

試験方法

JIS C 

2305-2 

の箇条

単位

B.0.1 A

B.0.1 B

B.0.3

クラフトパルプと

木綿繊維との混合物

厚さの許容差 1.6 以下

1.6

5.1.3.1 

%

±7.5

±5.0

±7.5

±5.0

±7.5

±5.0

密度

全厚さ

g/cm

3

 1.00

∼1.20

1.20

∼1.30 1.00∼1.20

縦方向

全厚さ 80 以上 90 以上 60 以上

引張強さ

横方向

全厚さ

MPa

55

以上 60 以上 40 以上

縦方向

全厚さ 6.0 以上 6.0 以上 6.0 以上

伸び

横方向

全厚さ

%

8.0

以上 8.0 以上 8.0 以上

収縮率

縦方向

横方向 
厚さ方向

全厚さ

11 

% 0.8

以下

1.2

以下

6.0

以下

0.8

以下

1.2

以下

6.0

以下

0.8

以下

1.2

以下

6.0

以下

層間はく離強さ

全厚さ

12 

N/30 mm

a)

250

以上 250 以上 250 以上

水分

全厚さ

13 

% 8

以下

8

以下

8

以下

灰分

全厚さ

14 

% 0.7

以下 0.7 以下 0.7 以下

水浸液導電率

全厚さ

15 

mS/m 6

以下

6

以下

5

以下

水浸液 pH

全厚さ

16 

6

∼9 6∼9 6∼9

吸油率

全厚さ

17 

% 13

以上

6

以上 13 以上

気中

全厚さ 12 以上 12 以上 12 以上

絶縁破壊 
の強さ

油中 1.6 以下

1.6

20 

kV/mm

40

以上

30

以上

40

以上

30

以上

40

以上

30

以上

a)

層間はく離強さは,幅 30 mm 当たりのニュートンで表す。


4

C 2305-3-1

:2010

表 3−プレスボードの要求事項(種類 B.2 

B.2

  高化学純度のプレスボード

B.2.1

100 %

クラフトパルプ

特性

厚さ範囲

mm

試験方法

JIS C 

2305-2 

の箇条

単位

B.2.1 A

B.2.1 B

B.2.3

クラフトパルプと

木綿繊維との混合物

厚さの許容差 1.6 以下

1.6

5.1.3.1 

%

±7.5 
±5.0

±7.5 
±5.0

±7.5 
±5.0

密度

全厚さ

g/cm

3

 1.00

∼1.20

1.20

∼1.30 1.00∼1.20

縦方向

全厚さ 80 以上 90 以上 60 以上

引張強さ

横方向

全厚さ

MPa

55

以上 60 以上 40 以上

縦方向

全厚さ 6.0 以上 6.0 以上 6.0 以上

伸び

横方向

全厚さ

%

8.0

以上 8.0 以上 8.0 以上

収縮率

縦方向 
横方向 
厚さ方向

全厚さ

11 

% 0.8

以下

1.2

以下

6.0

以下

0.8

以下

1.2

以下

6.0

以下

0.8

以下

1.2

以下

6.0

以下

層間はく離強さ

全厚さ

12 

N/30 mm

a)

250

以上 250 以上 250 以上

水分

全厚さ

13 

% 8

以下

8

以下

8

以下

灰分

全厚さ

14 

% 0.7

以下 0.7 以下 0.7 以下

水浸液導電率

全厚さ

15 

mS/m 8

以下

8

以下

7

以下

水浸液 pH

全厚さ

16 

6

∼9 6∼9 6∼9

吸油率

全厚さ

17 

% 13

以上

6

以上 13 以上

気中

全厚さ 12 以上 12 以上 12 以上

絶縁破壊

の強さ

油中 1.6 以下

1.6

20 

kV/mm

40

以上

30

以上

40

以上

30

以上

40

以上

30

以上

a)

層間はく離強さは,幅 30 mm 当たりのニュートンで表す。


5

C 2305-3-1

:2010

表 4−プレスボードの要求事項(種類 B.3 

B.3

  高化学純度,高機械的強さで,かつ,硬く

て剛直なプレコンプレスド・プレスボード。 
表面は,布地模様

B.3.1

100 %

クラフトパルプ

特性

厚さ範囲

mm

試験方法

JIS C 

2305-2 

の箇条

単位

B.3.1A B.3.1B

B.3.3

クラフトパルプと

木綿繊維との混合物

厚さの許容差 1.6 以下

1.6

5.1.3.1 

%

±7.5

±5.0

±7.5

±5.0

±7.5

±5.0

密度 1.6 以下

1.6

超 3.0 以下

3.0

g/cm

3

 1.00

∼1.20

1.10

∼1.25

1.15

∼1.30

0.95

∼1.15

1.05

∼1.20

1.10

∼1.25

0.95

∼1.15

1.05

∼1.20

1.10

∼1.25

縦方向 1.6 以下

1.6

超 3.0 以下

3.0

100

以上

105

以上

110

以上

80

以上

85

以上

90

以上

80

以上

85

以上

90

以上

引張強さ

横方向 1.6 以下

1.6

超 3.0 以下

3.0

MPa

75

以上

80

以上

85

以上

45

以上

50

以上

55

以上

45

以上

50

以上

55

以上

縦方向

全厚さ 2.5 以上 3.0 以上 2.0 以上

伸び

横方向

全厚さ

%

3.5

以上 4.0 以上 3.0 以上

圧縮率 1.6 以下

1.6

超 3.0 以下

3.0

超 6.0 以下

6.0

10 

% 10

以上

7.5

以上

5.0

以上

4.5

以上

11

以上

7.5

以上

5.0

以上

5.0

以上

11

以上

7.5

以上

5.0

以上

5.0

以上

復元率 1.6 以下

1.6

超 6.0 以下

6.0

10 

% 45

以下

50

以下

50

以下

45

以下

50

以下

55

以下

45

以下

50

以下

55

以下

収縮率

縦方向 
横方向

厚さ方向

全厚さ

11 

% 0.5

以下

0.7

以下

6.0

以下

0.7

以下

1.0

以下

6.0

以下

0.5

以下

0.7

以下

6.0

以下

層間はく離強さ

全厚さ

12 

N/30 mm

a)

250

以上 250 以上 250 以上

水分

全厚さ

13 

% 6

以下

6

以下

6

以下

灰分

全厚さ

14 

% 0.7

以下 0.7 以下 0.7 以下

水浸液導電率 1.6 以下

1.6

超 3.0 以下

3.0

超 6.0 以下

6.0

15 

mS/m 5

以下

6

以下

8

以下

10

以下

5

以下

6

以下

8

以下

10

以下

4

以下

5

以下

7

以下

9

以下

水浸液 pH

全厚さ

16 

6

∼9 6∼9 6∼9

吸油率 1.6 以下

1.6

超 3.0 以下

3.0

超 6.0 以下

6.0

17 

% 11

以上

9

以上

7

以上

6

以上

13

以上

11

以上

9

以上

8

以上

15

以上

12

以上

10

以上

7

以上

気中

全厚さ 12 以上 12 以上 12 以上

絶 縁 破 壊
の強さ

油中 1.6 以下

1.6

20 

kV/mm

45

以上

35

以上

40

以上

35

以上

45

以上

35

以上

a)

層間はく離強さは,幅 30 mm 当たりのニュートンで表す。


6

C 2305-3-1

:2010

表 5−プレスボードの要求事項(種類 B.4 

B.4

  高化学純度,高油浸性で,かつ,成形加工

に適したプレスボード

特性

厚さ範囲

mm

試験方法

JIS C 

2305-2 

の箇条

単位

B.4.1

100 %

クラフトパルプ

B.4.3

クラフトパルプと

木綿繊維との混合物

厚さの許容差 1.6 以下

1.6

5.1.3.1 

%

±7.5 
±5.0

±7.5 
±5.0

密度

全厚さ

g/cm

3

 0.85

∼1.10 0.85∼1.05

縦方向

全厚さ 55 以上 50 以上

引張強さ

横方向

全厚さ

MPa

40

以上 35 以上

縦方向

全厚さ 7.0 以上 5.5 以上

伸び

横方向

全厚さ

%

8.0

以上 7.5 以上

収縮率

縦方向 
横方向 
厚さ方向

全厚さ

11 

% 1.0

以下

1.5

以下

6.0

以下

1.0

以下

1.5

以下

6.0

以下

層間はく離強さ

全厚さ

12 

N/30 mm

a)

250

以上 250 以上

水分

全厚さ

13 

% 8

以下

8

以下

灰分

全厚さ

14 

% 0.7

以下 0.7 以下

水浸液導電率

全厚さ

15 

mS/m 8

以下

7

以下

水浸液 pH

全厚さ

16 

6

∼9 6∼9

吸油率

全厚さ

17 

% 18

以上 20 以上

気中

全厚さ

9

以上

9

以上

絶縁破壊

の強さ

油中 1.6 以下

1.6

20 

kV/mm

35

以上

30

以上

35

以上

30

以上

a)

層間はく離強さは,幅 30 mm 当たりのニュートンで表す。


7

C 2305-3-1

:2010

表 6−プレスボードの要求事項(種類 B.5 

B.5

  高化学純度,高油浸性で,かつ,モールド

加工に適したプレスボード

特性

厚さ範囲

mm

試験方法

JIS C 

2305-2 

の箇条

単位

B.5.1

100 %

クラフトパルプ

B.5.3

クラフトパルプと

木綿繊維との混合物

厚さの許容差 1.6 以下

1.6

5.1.3.1 

%

±7.5 
±5.0

±7.5 
±5.0

密度

全厚さ

g/cm³ 0.75

∼0.95 0.75∼0.95

縦方向

全厚さ 50 以上 45 以上

引張強さ

横方向

全厚さ

MPa

40

以上 35 以上

縦方向

全厚さ 6.0 以上 5.5 以上

伸び

横方向

全厚さ

%

8.0

以上 7.5 以上

収縮率

縦方向 
横方向 
厚さ方向

全厚さ

11 

% 1.0

以下

1.5

以下

6.0

以下

1.0

以下

1.5

以下

6.0

以下

層間はく離強さ

全厚さ

12 

N/30 mm

a)

250

以上 250 以上

水分

全厚さ

13 

% 8

以下

8

以下

灰分

全厚さ

14 

% 0.7

以下 0.7 以下

水浸液導電率

全厚さ

15 

mS/m 8

以下

7

以下

水浸液 pH

全厚さ

16 

6

∼9 6∼9

吸油率

全厚さ

17 

% 25

以上 25 以上

気中

全厚さ

9

以上

9

以上

絶縁破壊

の強さ

油中 1.6 以下

1.6

20 

kV/mm

35

以上

30

以上

30

以上

25

以上

a)

層間はく離強さは,幅 30 mm 当たりのニュートンで表す。


8

C 2305-3-1

:2010

表 7−プレスボードの要求事項(種類 B.6 

B.6

  低空げき率の乾式用プレスボード

B.6.1

100 %

クラフトパルプ

特性

厚さ範囲

mm

試験方法

JIS C 

2305-2 

の箇条

単位

B.6.1 A

B.6.1 B

厚さの許容差 1.6 以下

1.6

5.1.3.1 

%

±7.5 
±5.0

±7.5 
±5.0

密度

全厚さ

g/cm³ 1.20

∼1.30 1.20∼1.35

縦方向

全厚さ 50 以上 90 以上

引張強さ

横方向

全厚さ

MPa

40

以上 60 以上

縦方向

全厚さ 5.5 以上 6.0 以上

伸び

横方向

全厚さ

%

8.0

以上 8.0 以上

収縮率

縦方向 
横方向 
厚さ方向

全厚さ

11 

% 0.8

以下

1.2

以下

6.0

以下

0.8

以下

1.2

以下

6.0

以下

層間はく離強さ

全厚さ

12 

N/30 mm

a)

250

以上 250 以上

水分

全厚さ

13 

% 8

以下

8

以下

灰分

全厚さ

14 

% 2.0

以下 2.0 以下

水浸液導電率

全厚さ

15 

mS/m 20

以下 20 以下

水浸液 pH

全厚さ

16 

6

∼9 6∼9

吸油率

全厚さ

17 

%

気中

全厚さ 11 以上 12 以上

絶縁破壊

の強さ

油中

全厚さ

20 

kV/mm

a)

層間はく離強さは,幅 30 mm 当たりのニュートンで表す。


9

C 2305-3-1

:2010

表 8−プレスボードの要求事項(種類 種及び 種) 

1

種(PB1)

2

種(PB2)

特性

厚さ範囲

mm

試験方法

JIS C 2305-2

の箇条

単位

クラフトパルプと

木綿繊維との混合物

クラフトパルプ

平均厚さの許容差 0.8 未満

0.8

以上 3.0 未満

3.0

以上

5.1.3.2 

%

±8 
±7

±5

±8 
±7

±5

板の長さ

全厚さ

5.2 

mm 0

∼20 0∼20

長さ及び幅

の許容差

板及び巻取の幅

全厚さ

5.3 

mm 0

∼5 0∼5

密度 0.8 未満

0.8

以上 3.0 未満

3.0

以上

6.2 

g/cm

3

 0.85

∼1.25

0.90

∼1.25

0.95

∼1.25

0.95

∼1.30

0.95

∼1.30

0.95

∼1.30

縦方向 3.0 未満

3.0

以上

50

以上

45

以上

70

以上

60

以上

引張強さ

横方向 0.8 未満

0.8

以上

MPa

20

以上

20

以上

30

以上

35

以上

縦方向

全厚さ 1.5 以上 1.5 以上

伸び

横方向 0.8 未満

0.8

以上 3.0 未満

3.0

以上

%

3.5

以上

4.5

以上

5.0

以上

4.0

以上

4.0

以上

5.0

以上

収縮率

縦方向

横方向 
厚さ方向

全厚さ

11 

% 1.0

以下

1.6

以下

6.0

以下

1.0

以下

2.0

以下

8.0

以下

水分

全厚さ

13 

% 10

以下 10 以下

灰分

全厚さ

14 

% 1.0

以下 1.0 以下

耐曲げ性

全厚さ

21 

屈曲部の外側に,き裂又は紙層の分離
を生じてはならない。

平均値 0.8 未満

0.8

以上 3.0 未満

3.0

以上

9.0

以上

7.0

以上

6.0

以上

9.0

以上

7.0

以上

6.0

以上

絶縁破壊の
強さ

気中

最低値 0.8 未満

0.8

以上 3.0 未満

3.0

以上

20 

kV/mm

6.5

以上

5.0

以上

4.0

以上

6.5

以上

5.0

以上

4.0

以上

平均厚さの許容差の絶対値は,JIS Z 8401 によって,厚さ 4.0 mm 未満は小数点以下 3 けたに,4.0 mm 以上は小

数点以下 2 けたに丸める。

板の幅,板の長さ,巻心の寸法及び巻取外径は,受渡当事者間の協定による。

注記  検査は,受渡当事者間の協定によって,一部を省くことができる。


附属書 JA

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS C 2305-3-1:2010

  電気用プレスボード及びプレスペーパー−第 3-1 部:個別製

品規格−プレスボード

IEC 60641-3-1:2008

  Pressboard and presspaper for electrical purposes − Part 3:

Specifications for individual materials

− Sheet1: Requirements for pressboard, types

B.0.1, B.0.3, B.2.1, B.2.3, B.3.1, B.3.3, B.4.1, B.4.3, B.5.1, B.5.3 and B.6.1

(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご

との評価及びその内容

箇条番号

及び題名

内容

(II)

国際
規格
番号

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的差

異の理由及び今後の対策

3

種類

表 1

3

の表

JIS

とほぼ同じ

追加

1

種(PB1)及び 2 種(PB2)を追

加した。

要求 事項 を 示す 表番 号 を修 正し
た。

IEC

規格では,我が国で流通して

いる品種についての規定がない。

表 2∼表 8 に表を分割したのに対
応し,要求事項を示す表番号を修
正。技術的な差異はない。

4

要求事項

パート 1 の箇条 4∼6B
を引用

 4

パート 1 の一般要求事
項を引用

追加

具体的な要求事項の箇条を追加し
た。

IEC

へ提案する。

表 2∼表 7

表 1∼表 2

JIS

と同じ

一致

種類ごとに表を分割した。 
技術的な差異はない。

表 8

追加

1

種(PB1),2 種(PB2)の要求事

項を追加した。

IEC

規格では,我が国で流通して

いる品種についての規定がない。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:IEC 60641-3-1:2008,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。 

−  一致 技術的差異がない。

−  追加 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。 

−  MOD  国際規格を修正している。 

10

C

 230

5-

3-

1


2

010