>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

JIS C

 17
31-1

: 19

98
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS C 1731-1 : 1998

  計器用変成器(標準用及び一般計測用)−第 1 部:変流器

IEC 60044-1 : 1996

  変流器

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

○  商用周波数の標準用及び一

般計測用

IEC 60044-1 

○ 15∼100Hz の周波数で電気計測

装置及び電気保護装置と共に使

用。

ADP JIS

独自の商用周波数範囲並

びに標準用及び一般計測用

に限定して追加。

国内は商用周波数(50, 60H
z)が標準。保護用は JEC 

規定。 
以上の理由で ADP の内容を
追加。

○  変流比誤差

ε

i

=(KaK)×100/K

IEC 60044-1 

○ 電流誤差

ε

i

=(K

n

I

a

I

p

)

×100/I

p

ADP JIS

独自の“比”の差の割合

で表した式を追加。

計算式上電流比と電流値の
差があるが,結果は同一値が

得られる。 
以上の理由で ADP の内容を
追加。

○  負担−皮相電力(VA)

IEC 60044-1 

○ 負 担 (Burden) − イ ン ピ ー ダ ン ス

(

Ω)

出力(Out put)−皮相電力(VA)

ADP JIS

独自の解釈をしている負

担(VA)を追加。

計量法,JISJEC など,他
規格との協調から ADP の内

容を追加。

(2)

定義

○  始発温度

熱的耐電流の計算に使用

IEC 60044-1 

− 規定なし。

ADP JIS

独自の熱的耐電流の検討

を計算で行う方法を追加。

短絡時の巻線最高温度を計
算で求めるのは他の JEC 

も規定。 
以上の理由で ADP の内容を
追加。

○  標準使用状態

周囲温度

最低/最高−20℃/40℃

IEC 60044-1 

○ 標準使用状態

周囲温度 3 区分あり

最低  −5℃,−25℃,−40℃
最高      40℃,40℃,40℃

ADP JIS

独自の周囲温度の規定値

を追加。

国内環境に合わせた周囲温
度とする。また,他の JIS

JEC

との協調もあり,ADP

の内容を追加。

(3)

使用状態

−  湿度:特に規定なし。

結露:特に規定なし。

IEC 60044-1 

○ 屋内湿度:95%超えない。

結露:生じる場合あり。

ADP JIS

独自の“規定しない”こ

とを標準として追加。

盤関係 JlS など,他の国内諸

規格との協調もあり,ADP
の内容を追加。


 

2

JIS C

 17
31-1

: 19

98
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

○  構造一般,機械的強度,がい

管類,内部構造,密封構造,
極性について規定。

IEC 60044-1 

− 機械的性能を除いて規定なし。

ADP JIS

独自の構造概要について

の規定を迫加。

JEC

規格との協調あり,ま

た規定内容も常識的なもの
であることから,ADP の内

容を追加。

(4)

構造

○  機械的強度

4.9m/s

2

の静的水平加速度

最大風速 40m/s の風圧荷重

IEC 60044-1 

○ 機械的性能

耐震の性能と試験は検討中。 
一次端子への静的荷重

1 250

∼6 000N

ADP JIS

独自の機械的強度の規定

を追加。

JEC

規格など,国内諸規格

との協調あり,ADP の内容
を追加。

○  最高電圧  国内標準電圧

JIS

最高=公称×

1

.

1

15

.

1

IEC 60044-1 

○ 最高電圧  欧米標準

IEC

最高=JIS 最高×

15

.

1

2

.

1

(一部異なるが主として上記。

ADP JIS

独自の最高電圧の表を追

加。

電気設備技術基準,JEC 
どの規定との協調あり,ADP
の内容を追加。

○  定格電流

一次−電流の絶対値で規定
二次−1.5A

IEC 60044-1 

○ 定格電流

10

,12.5,15,20,25,30,40,

50

,60,75A の 10 のべき乗倍又

は 10 のべき乗分の 1

ADP JIS

独自の定格電流標準値を

追加。

他の JISJEC との協調もあ

り,ADP の内容を追加。

〇  定格耐電流

過電流強度及び過電流の標
準値を掲載。

− 規定なし。

ADP JIS

独自の過電流強度及び,

過電流の標準値を追加。

JEC

規格などとの協調と,

国内で標準値として多く使
用されている実態を考慮し,

ADP

の内容を追加。

〇  確度階級

標準用 0.1,0.2 
一般計測用 0.5,1.0,3.0

IEC 60044-1 

〇 確度階級

計測用  0.1,0.2,0.5,1.0

3

,5,0.2S,0.5S

保護用  5P,10P

ADP JIS

独自の確度階級を追 加

(確度階級が同一でも,電流
の保証範囲が異なる。

他の,JISJEC 規格などと

の協調から ADP の内容を追
加。

(5)

種類・定格

〇  定格負担

5

,10,15,25,40VA.

確度階級ごとに,定格負担

を規定。

lEC 60044-1 

〇 定格出力

2.5

,5.0,10,15,30VA

用途によって,30VA を超える

値も選定可。

ADP JIS

独自の定格負担を追加。 国内で運用している定格負

担にて,ADP の内容を追加。


 

3

JIS C

 17
31-1

: 19

98
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

〇  耐電流

熱的耐電流は直接試験と
計算で求める方法の両者

について規定。

接続負担は,1/4 負担。

IEC 60044-1 

〇 耐電流

熱的耐電流は直接試験だけ規
定。

接続負担は,0(短絡)

ADP JIS

独自の熱的耐電流の検討

を計算で行う方法を追加。耐
電流試験時の接続負担は 1/4

負担とする旨追加。

短絡時の巻線最高温度を計
算で求めるのは他の JEC 
も規定。また,二次の耐電流

検討を求められることの多
い国内の実態を考慮して,

ADP

の内容を追加。

〇  温度上昇

巻線,油及び端子類につい

て限度値を規定。 
例  油入自冷式巻線 55K 

乾式の巻線温度は耐熱ク
ラス A,B について規定。

lEC 60044-1 

〇 温度上昇

油入形,コンパウンド充てん形

及びこれらを除くタイプの巻
線温度と油温度について規定。
例  油入密封形巻線 65K 
油入形及びコンパウンド充て
ん形を除くものについて耐熱
クラス Y∼H まで規定。

ADP JlS

独自の温度上昇規定を追

加(巻線の温度上昇限度値も

異なっている。

他の JlS,  JEC との協調もあ
り,ADP の内容を追加。

〇  耐電圧

雷インパルス 
試験回数 1 回

(負極性の方が条件が厳
し い も の は , 負 極 で 印
加。

IEC 60044-1 

〇 耐電圧

・雷インパルス

試験回数  各極性で 15 回又は

3

回(電圧値によって回数が異

なる。

300kV

以上は開閉インパルス

の規定あり。

ADP JIS

独自の雷インパルス規定

を追加。

JEC

規格試験電圧標準,静

止誘導機器インパルス耐電
圧 試 験 な ど と の 協 調 か ら

ADP

の内容を追加。

(6)

性能・試験

〇  ・商用周波耐電圧

非有効接地系統に適用。

IEC 60044-1 

〇 ・商用周波耐電圧

全電圧クラスに適用。

ADP JIS

独自の商用周波耐電圧規

定を追加。

JEC

規格試験電圧標準など

との協調から ADP の内容を
追加。