>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 C

1611

-1995

サーミスタ測温体

Thermistor for temperature measurement

1.

適用範囲  この規格は,温度測定に使用するサーミスタ測温体について規定する。

備考1.  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS B 7507

  ノギス

JIS B 7516

  金属製直尺

JIS C 0911

  小形電気機器の振動試験方法

JIS C 0912

  小形電気機器の衝撃試験方法

JIS C 1302

  絶縁抵抗計

JIS C 1303

  高絶縁抵抗計

JIS C 1604

  測温抵抗体

JIS Z 8703

  試験場所の標準状態

JIS Z 8704

  温度測定方法−電気的方法

JIS Z 8710

  温度測定方法通則

2.

この項目の中で  {  }  を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるものであって,

参考として併記したものである。

2.

用語の定義  この規格で用いる主な用語の定義は,次による。

(1)

サーミスタ測温体  サーミスタ,内部導線,絶縁体及び保護管からなる測温体。この場合,端子,外

部導線及び互換用抵抗を用いる場合にはこれを含めていうことがある。

(2)

サーミスタ  金属の酸化物からなり,抵抗の温度係数が負である抵抗素子で,表面をガラスで被覆し

たもの。

(3)

内部導線  サーミスタに接続される導線の保護管内部にある部分。

(4)

絶縁体  内部導線相互間及び内部導線と保護管との短絡を防ぐための絶縁体。

(5)

保護管  サーミスタ及び内部導線が被測温物又は雰囲気などに直接接触しないように保護するために

用いる管。

(6)

外部導線  サーミスタに接続される導線の保護管外部にある部分。

(7)

互換用抵抗  抵抗を付加することによって互換性が得られたサーミスタ測温体においてその付加した

抵抗。

(8)

素子互換式サーミスタ測温体  互換用抵抗を付加することなく,サーミスタだけで互換性が得られる

ようなサーミスタ測温体。

(9)

合成抵抗式サーミスタ測温体  サーミスタに互換用抵抗を付加して,その合成抵抗に一定の温度特性

を付与したもの。


2

C 1611-1995

(10)

比率式サーミスタ測温体  サーミスタと抵抗とによって構成された回路からなり,その比率に一定の

関係をもたせた 3 端子のサーミスタ測温体。

(11)

標準温度特性  それぞれの種類の測温体についての抵抗(合成抵抗)又は比率の温度に対する標準値。

(12)

素子互換式サーミスタ測温体の公称抵抗値  規定された温度における抵抗の公称値。

(13)

抵抗偏差  規定された温度における抵抗値の 1K {1℃}  当たりの変化量。

(14)

比率偏差  規定された温度における比率の 1K {1℃}  当たりの変化量。

(15)

サーミスタ定数 B  抵抗値の与えられた 2 温度点の間の任意の温度における抵抗値を算出するときに

用いる定数。

3.

種類  種類は,階級,結合方式,使用温度範囲及び公称抵抗値(素子互換式サーミスタだけ)によっ

て,次のとおりとする。

(1)

階級  階級は,表 による。

表 1  階級

記号

階級

0.3 0.3

0.5 0.5

1.0 1.0

1.5 1.5

(2)

結合方式  結合方式は,表 による。

表 2  結合方式

記号

結合方式

導線形式

THE

素子互換式

図 による。

THR

合成抵抗式

図 2(A)(B)による。

THP

比率式

図 による。

図 1  素子互換式

図 2


3

C 1611-1995

図 3  比率式

備考 A,

B

及び C は端子記号を表す。

(3)

使用温度範囲  使用温度範囲は,次による。

(a)

素子互換式の場合の使用温度範囲と公称抵抗値は,

表 による。

表 3  使用温度範囲と公称抵抗値

使用温度範囲

公称抵抗値

0

∼     20℃(

1

)

6k

Ω (0℃) 30kΩ (0℃)

10

∼     30℃(

1

)

6k

Ω (0℃) 30kΩ (0℃)

20

∼     40℃(

1

)

6k

Ω (0℃) 30kΩ (0℃)

30

∼     50℃(

1

)

6k

Ω (0℃) 30kΩ (0℃)

40

∼     60℃(

1

)

6k

Ω (0℃) 30kΩ (0℃)

50

∼     70℃(

1

)

6k

Ω (0℃) 30kΩ (0℃) 3kΩ (100℃)

60

∼     80℃(

1

)

6k

Ω (0℃) 30kΩ (0℃) 3kΩ (100℃)

70

∼     90℃(

1

)

6k

Ω (0℃) 30kΩ (0℃) 3kΩ (100℃)

80

∼     10℃(

1

)

6k

Ω (0℃) 30kΩ (0℃) 3kΩ (100℃)

−50∼  +100℃ 6

  k

Ω (  0℃)

0

∼    150℃ 30    k

Ω (  0℃)

50

∼    200℃

3

    k

Ω (100℃)

100

∼    250℃ 0.55k

Ω (200℃)

150

∼    300℃

4

    k

Ω (200℃)

200

∼    350℃

8

    k

Ω (200℃)

(

1

) 0.3

級はこの温度範囲のものに適用する。

(b)

合成抵抗式及び比率式の場合の使用温度範囲は,

表 による。

表 4  使用温度範囲

使用温度範囲

−50∼

+50℃

0

100

50

150

100

250

150

300

200

350

4.

特性

4.1

温度特性

4.1.1

標準温度特性  サーミスタ測温体の標準温度特性は,次のとおりとする。

(1)

素子互換式サーミスタ測温体の標準温度特性は,

表 による。


4

C 1611-1995

表 5  素子互換式サーミスタ測温体の標準温度特性

公称抵抗値 6k

Ω (0℃) 30kΩ (0℃) 3kΩ (100℃) 0.55kΩ (200℃) 4kΩ (200℃) 8kΩ (200℃)

使用温度範囲  −50∼+100℃

0

∼150℃ 50∼200℃ 100∼250℃ 150∼300℃ 200∼350℃

特性・抵

抗偏差

抵抗値  抵抗偏差  抵抗値  抵抗偏差 抵抗値 抵抗偏差 抵抗値 抵抗偏差 抵抗値  抵抗偏差  抵抗値 抵抗偏差

温度℃

−50

k

75.36

k

± 4.28

−45

56.59

± 3.11

−40

42.90

± 2.28

−35

32.80

± 1.69

−30

25.23

± 1.26

−25

19.53

± 0.95

−20

15.21

± 0.72

k

77.07

−15

11.92

± 0.55

60.23

−10

9.414

± 0.422  47.41

−5

7.489

± 0.327  37.59

0

6.000

± 0.261  30.00

k

± 1.35

5

4.843

± 0.200  24.10  ± 1.01

10

3.934

± 0.158  19.49  ± 0.80

15

3.209

± 0.125  15.85  ± 0.63

20

2.637

± 0.100  12.97  ± 0.50

25

2.179

± 0.080  10.67  ± 0.40

30

1.812

± 0.065

8.828

± 0.323

k

28.05

35

1.510

± 0.053

7.343

± 0.261 23.21

40

1.266

± 0.043

6.14

± 0.212 19.31

45

1.067

± 0.035

5.159

± 0.174 16.15

50

904.2

±29.0

4.356

± 0.144 13.57

k

± 0.47

55

769.6

±24.0 3.696

± 0.118 11.46 ± 0.38

60

657.7

±20.0 3.147

± 0.098

9.717

± 0.310

65

564.8

±16.7 2.695

± 0.081

8.278

± 0.257

70

487.0

±14.0 2.317

± 0.068

7.081

± 0.214

75

421.2

±11.8

2.000

± 0.057

6.081

± 0.180

80

365.7

±10.0 1.734

± 0.048

5.243

± 0.151

k

12.66

85

318.8

± 8.4

1.508

± 0.041

4.536

± 0.128

10.18

90

278.9

± 7.2

1.318

± 0.035

3.939

± 0.108

8.626

95

244.8

± 6.2

1.155

± 0.030

3.432

± 0.092

7.345

100

215.6

± 5.5

1.017

± 0.026

3.000

± 0.080

6.281

k

± 0.194

105

190.3

897.0

± 21.8

2.631

± 0.067

5.393

± 0.159

110

168.4

 794.0

± 18.9

2.314

± 0.058

4.649

± 0.134

115

149.6

 704.9

± 16.3

2.041

± 0.050

4.023

± 0.113


5

C 1611-1995

公称抵抗値 6k

Ω (0℃) 30kΩ (0℃) 3kΩ (100℃) 0.55kΩ (200℃) 4kΩ (200℃) 8kΩ (200℃)

使用温度範囲  −50∼+100℃

0

∼150℃ 50∼200℃ 100∼250℃ 150∼300℃ 200∼350℃

特性・抵

抗偏差

抵抗値  抵抗偏差  抵抗値  抵抗偏差 抵抗値 抵抗偏差 抵抗値 抵抗偏差 抵抗値  抵抗偏差  抵抗値 抵抗偏差

温度℃

120

133.3

 627.7

± 14.2

1.805

± 0.043

3.495

± 0.096

125

 560.4

± 12.4

1.601

± 0.037

3.046

± 0.081

130

501.7

± 10.8

1.424

± 0.033

2.664

± 0.069

k

23.06

135

 450.3

± 9.5

1.269

± 0.028

2.338

± 0.059

20.02

140

 405.2

± 8.3

1.134

± 0.025

2.056

± 0.051

17.44

145

 365.5

± 7.4

1.016

± 0.022

1.818

± 0.044

15.23

150

330.5

± 5.6

912.1

± 9.5

1.510

± 0.039

13.33

k

± 0.35

155

229.5

 818.0

±17.5 1.430 ± 0.033

11.70

± 0.30

160

272.0

 734.9

±15.4 1.273 ± 0.029

10.29

± 0.26

165

247.6

 661.3

±13.7 1.137 ± 0.025

9.082

± 0.223

170

225.8

 596.1

±12.1 1.017 ± 0.022

8.027

± 0.194

175

    538.2

±10.8

913.3

±19.3

7.111

± 0.169

180

    486.7

± 9.6

823.6

±17.0 6.312

± 0.147

k

13.39

185

    440.9

± 8.6

740.8

±15.0 5.615

± 0.129  11.73

190

    400.0

± 7.7

669.3

±13.2 5.006

± 0.113  10.29

195

    363.4

± 6.8

606.0

±11.7 4.470

± 0.099

9.071

200

    330.6

± 6.2

550.0

±10.5 4.000

± 0.087

8.000

k

± 0.190

205

 

500.2

± 9.3

3.586

± 0.077

7.093

± 0.168

210

 

455.4

± 8.3

3.221

± 0.068

6.305

± 0.146

215

 

415.7

± 7.4

2.898

± 0.060

5.616

± 0.126

220

 

380.6

± 6.7

2.611

± 0.053

5.015

± 0.111

225

 

347.8

± 6.0

2.356

± 0.047

4.481

± 0.098

230

 

319.2

± 5.4

2.131

± 0.042

4.014

± 0.086

235

 

293.5

± 4.9

1.930

± 0.038

3.604

± 0.076

240

 

269.9

± 4.4

1.751

± 0.034

3.240

± 0.067

245

 

249.1

± 4.0

1.590

± 0.030

2.918

± 0.059

250

 

230.0

± 3.5

1.445

± 0.027

2.634

± 0.054

255

 

212.6

1.316

± 0.024

2.381

± 0.047

260

 

196.8

1.202

± 0.022

2.156

± 0.042

265

 

182.6

1.098

± 0.020

1.956

± 0.037

270

 

169.5

1.004

± 0.018

1.779

± 0.033

275

920.1

±15.9

1.619

± 0.030

280

 

842.5

±14.4 1.474 ± 0.027

285

 

773.5

±13.0 1.345 ± 0.024

290

 

710.8

±11.8 1.228 ± 0.022

295

 

654.0

±10.7 1.125 ± 0.020

300

 

602.4

± 9.7

1.030

± 0.018


6

C 1611-1995

公称抵抗値 6k

Ω (0℃) 30kΩ (0℃) 3kΩ (100℃) 0.55kΩ (200℃) 4kΩ (200℃) 8kΩ (200℃)

使用温度範囲  −50∼+100℃

0

∼150℃ 50∼200℃ 100∼250℃ 150∼300℃ 200∼350℃

特性・抵

抗偏差

抵抗値  抵抗偏差  抵抗値  抵抗偏差 抵抗値 抵抗偏差 抵抗値 抵抗偏差 抵抗値  抵抗偏差  抵抗値 抵抗偏差

温度℃

305

 

555.5

945.3

±15.8

310

 

512.8

868.1

±14.3

315

 

473.9

800.4

±12.9

320

 

438.3

738.2

±11.7

325

 

690.7

±10.7

330

 

631.0

± 9.6

335

 

584.4

± 8.7

340

 

542.2

± 7.9

345

 

503.0

± 7.2

350

 

468.0

± 6.8

サーミスタ

定数 B

3390K 3450K 3894K 4300K 5133K 5559K

B

の値を計算

した温度

0

∼100℃

0

∼100℃ 100∼200℃ 100∼200℃ 200∼300℃ 200∼300℃

(2)

合成抵抗式サーミスタ測温体の標準温度特性は,

表 による。

表 6  合成抵抗式サーミスタ測温体の標準温度特性

使用温度範囲

−50∼+50℃

0

∼100℃ 50∼150℃ 100∼250℃ 150∼300℃ 200∼350℃

特性・抵

抗偏差

温度℃

合成抵抗 抵抗偏差 合成抵抗 抵抗偏差 合成抵抗 抵抗偏差 合成抵抗 抵抗偏差 合成抵抗 抵抗偏差 合成抵抗 抵抗偏差

−55

k

1 4

−50

11.86

±124

        

−45

11.21

±138

        

−40

10.48

±153

        

−35

9.690

±162

        

−30

8.868

±166

        

−25

8.041

±164

        

−20

7.236

±157

        

−15

6.478

±146

        

−10

5.782

±132

k

3.608

− 5

5.158

± 1

4

0

4.610

±102 3.357

±28.0

5

k

4.135

± 88.0

k

3.212

±30.4

10

3.729

± 75.0  3.055  ±3 2

15

3.386

± 63.0  2.890  ±3 6

20

3.096

± 53.0  2.720  ±3 4

25

2.853

± 45.0  2.548  ±3 5

30

2.651

± 37.0  2.376  ±3 1


7

C 1611-1995

使用温度範囲

−50∼+50℃

0

∼100℃ 50∼150℃ 100∼250℃ 150∼300℃ 200∼350℃

特性・抵

抗偏差

温度℃

合成抵抗 抵抗偏差 合成抵抗 抵抗偏差 合成抵抗 抵抗偏差 合成抵抗 抵抗偏差 合成抵抗 抵抗偏差 合成抵抗 抵抗偏差

35

2.481

± 31.0  2.208  ±3 0

40

2.340

± 26.0  2.046  ±31.6

k

3.240

45

2.222

± 21.6  1.892  ±29.8

3.122

     

50

2.123

± 18.0  1.748  ±27.8

2.997

±25.6

55

2.040

1.615

±25.6

2.867

±26.4

    

60

1.492

±23.5

2.734

±27.0

    

65

1.381

±21.2

2.598

±27.2

    

70

1.280

±19.1

2.463

±27.0

    

75

1.190

±17.1

2.328

±26.7

    

80

1.109

±15.3

2.196

±26.0

    

85

1.037

±13.6

2.069

±25.1

    

90

0.973 0

±12.1

1.946

±24.0

k

5.233

   

95

0.916 2

±10.7

1.829

±22.8

5.106

   

100

0.865 9

± 9.5

1.718

±21.5

4.971

±27.6

105

0.821 3

 1.614

±20.1

4.825

±29.5

  

110

0.781 9

 1.517

±18.7

4.672

±31.0

  

l15

1.427

±17.3

4.512

±32.0

  

120

1.344

±16.1

4.349

±34.0

  

125

1.267

±14.7

4.179

±34.2

  

130

1.196

±13.5

4.009

±34.3

  

135

1.132

±12.4

3.835

±35.3

  

140

1.073

±11.2

3.662

±34.8

901.9

145

1.019

±10.3

3.495

±33.6

884.1

 

150

k

0.9702

k

± 7.09

3.332

±33.2

865.6

±3.8

155

0.9255

3.170

±32.1

846.5

±3.9

160

0.8850

3.014

±31.0

826.9

±4.0

165

      2.864

±29.7

806.9

±4.1

170

      2.720

±28.5

786.4

±4.1

175

      2.583

±27.0

765.7

±4.2

180

      2.453

±25.6

744.8

±4.2

185

      2.331

±24.0

723.8

±4.2

190

2 6

±22.4

702.8

±4.2

k

3.576

195

      2.108

±21.0

681.8

±4.2 3.405

200

0 7

±19.6

661.0

±4.1 3.238

±33.0

205

      1.914

±18.2

640.4

±4.1 3.078

±31.0

210

      1.825

±16.9

620.1

±4.0 2.924

±30.0

215

      1.744

±15.7

600.1

±4.0 2.777

±29.0

220

      1.667

±14.5

580.4

±3.9 2.638

±27.0


8

C 1611-1995

使用温度範囲

−50∼+50℃

0

∼100℃ 50∼150℃ 100∼250℃ 150∼300℃ 200∼350℃

特性・抵

抗偏差

温度℃

合成抵抗 抵抗偏差 合成抵抗 抵抗偏差 合成抵抗 抵抗偏差 合成抵抗 抵抗偏差 合成抵抗 抵抗偏差 合成抵抗 抵抗偏差

225

      1.598

±13.5

561.1

±3.8 2.505

±26.0

230

      1.532

±12.5

542.3

±3.7 2.380

±24.0

235

      1.472

±11.5

523.9

±3.6 2.263

±23.0

240

      1.415

±10.6

506.1

±3.5 2.152

±21.0

245

      1.364

± 9.8

488.8

±3.4 2.049

±20.0

250

      1.316

± 9.0

472.0

±3.3 1.953

±19.0

255

      1.273

  455.8

±3.2 1.863

±17.0

260

      1.232

  440.2

±3.1 1.780

±16.0

265

        425.2

±3.0 1.702

±15.0

270

        410.7

±2.8 1.630

±14.0

275

        396.8

±2.7 1.564

±13.0

280

        383.5

±2.6 1.502

±12.0

285

        370.8

±2.5 1.445

±11.0

290

        358.6

±2.4 1.392

±10.0

295

346.9

±2.3

k

1.344

± 9.0

300

        335.8

±2.2 1.299

± 9.0

305

        325.1

  1.257

± 8.0

310

        315.0

  1.219

± 7.0

315

          1.183

± 7.0

320

          1.150

± 6.0

325

          1.120

± 6.0

330

          1.092

± 5.0

335

          1.066

± 5.0

340

          1.043

± 5.0

345

          1.020

± 4.0

350

          1.000

± 4.0

355

          0.9811

± 3.6

360

          0.9635

± 3.4

(3)

比率式サーミスタ測温体の標準温度特性は,

表 による。

表 7  比率式サーミスタ測温体の標準温度特性

使用温度範囲

−50∼+50℃

0

∼100℃ 50∼150℃ 100∼250℃ 150∼300℃ 200∼350℃

特性・比

率偏差

温度℃

比率

比率偏差

比率

比率偏差

比率

比率偏差

比率

比率偏差

比率

比率偏差

比率

比率偏差

−55

3.514

         

−50

3.415

± . 2

−45

3.301

± . 2

−40

3.168

± . 2

−35

3.017

± . 3

−30

2.851

± . 3

−25

2.677

± . 3

−20

2.497

± . 3

−15

2.320

± . 3

−10

2.148

±0.033

3.689

       


9

C 1611-1995

使用温度範囲

−50∼+50℃

0

∼100℃ 50∼150℃ 100∼250℃ 150∼300℃ 200∼350℃

特性・比

率偏差

温度℃

比率

比率偏差

比率

比率偏差

比率

比率偏差

比率

比率偏差

比率

比率偏差

比率

比率偏差

−5

1.988

±0.031

3.559

       

0

1.841

±0.028 3.415 ± 0 0

5

1.709

±0.025 3.260 ± 0 2

10

1.592

±0.022 3.096 ± 0 3

15

1.490

±0.019 2.927 ± 0 4

20

1.403

±0.017 2.755 ± 0 4

25

1.328

±0.014 2.585 ± 0 4

30

1.264

±0.012 2.419 ± 0 3

35

1.210

±0.010 2.259 ± 0 1

40

1.165

±0.009 2.110 ±0.029

3.774

     

45

1.126

±0.007 1.970 ±0.027

3.739

     

50

1.094

±0.006 1.841 ±0.025

3.415

± 0 7

55

1.066

1.723

±0.022

3.232

± 0 6

60

1.617

±0.020

3.051

± 0 6

65

1.521

±0.018

2.873

± 0 5

70

1.436

±0.016

2.700

± 0 4

75

1.360

±0.015

2.535

± 0 3

80

1.293

±0.013

2.377

± 0 1

85

1.233

±0.011

2.229

± 0 9

90

1.181

±0.010

2.089

±0.027

3.627    

95

1.134

±0.009

1.960

±0.025

3.523

   

100

1.094

±0.008

1.841

±0.023

3.415

±0.022

  

105

1.058

1.731

±0.021

3.302

±0.023

  

110

1.026

1.630

±0.019

3.186

±0.023

  

115

1.538

±0.018

3.070

±0.023

  

120

1.454

±0.016

2.953

±0.023

  

125

1.378

±0.015

2.837

±0.023

  

130

1.309

±0.013

2.722

±0.023

  

135

1.247

±0.012

2.609

±0.022

  

140

1.191

±0.011

2.499

±0.022

3.672

 

145

1.140

±0.010

2.393

±0.021

3.544

 

150

1.094

±0.009

2.290

±0.020

3.415

±0.026

155

1.052

2.191

±0.019

3.287

±0.026

160

1.015

2.096

±0.019

3.161

±0.025

165

  

2.006

±0.018

3.037

±0.025

170

  

1.921

±0.017

2.916

±0.024

175

  

1.840

±0.016

2.797

±0.023

180

  

1.764

±0.015

2.683

±0.023

185

  

1.693

±0.014

2.572

±0.022

190

  

1.626

±0.013

2.466

±0.021 3.665

195

  

1.563

±0.012

2.363

±0.020 3.540

200

  

1.504

±0.012

2.265

±0.019 3.415

±0.025

205

  

1.449

±0.011

2.172

±0.018 3.290

±0.025

210

  

1.398

±0.010

2.083

±0.018 3.167

±0.025

215

  

1.350

±0.009

1.998

±0.017 3.045

±0.024

220

  

1.305

±0.009

1.917

±0.016 2.926

±0.024


10

C 1611-1995

使用温度範囲

−50∼+50℃

0

∼100℃ 50∼150℃ 100∼250℃ 150∼300℃ 200∼350℃

特性・比

率偏差

温度℃

比率

比率偏差

比率

比率偏差

比率

比率偏差

比率

比率偏差

比率

比率偏差

比率

比率偏差

225

  

1.264

±0.008

1.841

±0.015 2.809

±0.023

230

  

1.225

±0.008

1.768

±0.014 2.695

±0.023

235

  

1.188

±0.007

1.699

±0.013 2.584

±0.022

240

  

1.155

±0.007

1.634

±0.013 2.477

±0.021

245

  

1.123

±0.006

1.573

±0.012 2.373

±0.021

250

  

1.094

±0.006

1.515

±0.011 2.274

±0.020

255

  

1.066

1.461

±0.011 2.179

±0.019

260

  

1.041

1.409

±0.010 2.088

±0.018

265

  

1.361

±0.009 2.001

±0.017

270

  

1.316

±0.009 1.919

±0.016

275

  

1.273

±0.008 1.841

±0.015

280

  

1.232

±0.008 1.767

±0.014

285

  

1.195

±0.008 1.698

±0.014

290

  

1.159

±0.007 1.633

±0.013

295

  

1.125

±0.007 1.573

±0.012

300

  

1.094

±0.006 1.517

±0.011

305

  

1.064

1.462

±0.011

310

  

1.036

1.411

±0.010

315

     

1.362

±0.009

320

     

1.317

±0.009

325

     

1.274

±0.008

330

     

1.233

±0.008

335

     

1.195

±0.008

340

     

1.160

±0.007

345

           1.126

±0.007

350

           1.094

±0.006

355

           1.064

360

           1.036

注  この表の比率は,

間の抵抗

間の抵抗

C

A

B

A

を表す。

4.1.2

許容差  測定温度における誤差は 8.3.3 によって試験したとき,表 の許容差の範囲内になければ

ならない。

表 8  許容差

測定温度

階級

許容差

0.3

±0.3℃

0.5

±0.5℃

1.0

±1.0℃

−50∼+100℃

1.5

±1.5℃

0.3

測定温度の±0.3%

0.5

測定温度の±0.5%

1.0

測定温度の±1.0%

100

℃を超えて 350℃まで

1.5

測定温度の±1.5%

備考  測定温度における誤差とは,サーミスタ測温体の示す抵

抗値を

表 5,表 又は表 によって換算した温度から,測

定温度を引いた値をいう。


11

C 1611-1995

4.1.3

安定度  サーミスタ測温体は,安定な温度特性をもち,使用温度範囲で正常に使用した場合,その

特性の変化が小さくなければならない。サーミスタ測温体は 8.3.4 によって試験したとき,0.3 級にあって

は 0.05℃,0.5 級にあっては 0.1℃,1.0 級にあっては 0.2℃,1.5 級にあっては 0.3℃以内でなければならな

い。

4.1.4

応答時間  応答時間は 8.3.5 によって試験したとき,30 秒以内でなければならない。

4.2

電気的特性

4.2.1

絶縁抵抗  絶縁抵抗は 8.3.6 によって試験したとき,常温で 50M

Ω,100℃で 25MΩ,300℃で 5MΩ

以上でなければならない。ただし,保護管外径 1.0mm のものについては,前記の抵抗値の

5

1

以上でなけれ

ばならない。

4.2.2

耐量圧  耐電圧は 8.3.7 によって試験したとき,常温では 500V, 300℃においては 250V の交流電圧

に 1 分間耐えなければならない。

4.3

機械的特性

4.3.1

耐衝撃性  耐衝撃性は 8.3.8 によって試験したとき,表 の許容差と 4.2.1 及び 4.2.2 を満足しなけ

ればならない。

4.3.2

耐振動性  耐振動性は 8.3.9 によって試験したとき,表 の許容差と 4.2.1 及び 4.2.2 を満足しなけ

ればならない。

5.

構造及び材料  構造及び材料は,次による。

(1)

用途に適した構造のもので,使用温度に十分耐え,機械的に丈夫で,しかも,特性が耐久的なものと

する。

(2)

内部導線及び外部導線は,使用温度範囲に対して長時間使用に耐えるものとする。

(3)

絶縁体は使用温度範囲において内部導線と化学的反応を起こさず,機械的に丈夫で,しかも十分な絶

縁性をもつものとする。

(4)

保護管は,サーミスタ及び内部導線を被測温物又はその雰囲気に対して十分保護し,しかも,使用温

度範囲において機械的に丈夫で,十分な耐熱性をもつものとする。

(5)

互換用抵抗は,機械的に丈夫で,十分な耐久性をもつものに収納する。

6.

寸法

6.1

保護管の外径  保護管の外径(

2

)

は,原則として次のとおりとする。

1.0, (1.6), 2 (2.3), 3 (3.2), 4, 5, 6, 8, 10 (mm)

備考  (  )  を付けて示した数値は,将来廃止の予定。

6.2

保護管の長さ  保護管の長さ(

2

)

は,原則として次のとおりとする。

40, 70, 100, 150, 200, 250, 300, 400, 500 (mm)

(

2

)

外径及び長さは,

4のとおりとする。

図 4  外径及び長さ


12

C 1611-1995

7.

外観  保護管などに使用上有害なきずがあってはならない。

8.

試験

8.1

試験状態  試験状態は,特に指定のない限り,JIS Z 8703 に規定された常温常湿[温度 20±15℃,

湿度 (65±20) %]とする。

8.2

試験条件

8.2.1

測定時にサーミスタで消費する電力  測定時にサーミスタで消費する電力は,0.1mW 以下とする。

8.2.2

標準温度計

(1) 0.3

級の誤差試験に使用する標準温度計は,JIS Z 8710 の 7.2(接触式温度計の校正方法)によって目

盛定めされた JIS C 1604 に規定された測温抵抗体又は基準ガラス製温度計のうち,1 目盛の値が 0.1℃

の二重管温度計。

(2) 0.3

級以外の誤差試験に使用する標準温度計は,(1)によるか,又は JIS Z 8704 の 15.2(検査に用いる

測定方式)の方法によって目盛定めされた温度計。

8.3

試験方法

8.3.1

外観  外観は,目視で調べる。

8.3.2

寸法  寸法は,外径を JIS B 7507 に規定されたノギスで長さを JIS B 7516 に規定された直尺又は

これらと同等以上の精度をもつ測定具を用いて測定する。

8.3.3

誤差  誤差は,温度分布が良好で,時間的に安定な装置(

3

)

中において,8.2.2 の標準温度計と供試

サーミスタ測温体を互いに接近させて十分挿入し,その他の部分を常温に保ち,両者の温度が安定してか

ら,次のように行う。

なお,抵抗の測定は,

図 の回路によって行う。

(

3

)

例えば,恒温液槽など。

(1)

素子互換式及び合成抵抗式の場合は,端子間の抵抗を測定し,4.1.1(1)及び(2)の標準温度特性と比較し

て求める。

(2)

比率式の場合は,端子記号 A−B 間及び A−C 間の抵抗を測定し,その比率を算出し,4.1.1(3)の標準

温度特性と比較して求める。

(3)

抵抗測定法  抵抗測定は,図 のようなブリッジ回路又はこれと同等以上の精度をもつ方法によって

行う。

図 5  ブリッジ回路


13

C 1611-1995

8.3.4

安定度  安定度は,あらかじめ 8.3.3 と同様の方法で素子互換式及び合成抵抗式の場合は抵抗を求

め,比率式の場合は比率を求める。次に使用温度範囲 300℃以下のものは,その最高使用温度より 50℃以

上高い温度で,

使用温度範囲 350℃以下のものは少なくとも 370℃以上の温度で 5 時間加熱する。

この場合,

互換用抵抗の周囲温度 75±5℃に保つものとする。加熱後 8.3.3 と同様の方法で,素子互換式及び合成抵抗

式の場合は抵抗を求め,比率式の場合は比率を求め,加熱前の値に対する変化を 4.1.1 の標準温度特性から

温度に換算して求める。

8.3.5

応答時間  応答時間は,室温との温度差が 25℃以上ある恒温かくはん液槽を用意し,室温に保た

れているサーミスタ測温体をその恒温液槽に十分挿入したとき,そのサーミスタ測温体の温度が,室温と

恒温液槽の温度差の 90%に相当する変化をするまでの時間を測定する。

8.3.6

絶縁抵抗  絶縁抵抗は,端子と保護管との間を JIS C 1302 に規定された 500V 絶縁抵抗計又はこれ

と同等以上の精度の絶縁抵抗計で測定する。ただし,保護管外径 1.0mm のものについては,JIS C 1303 

規定された定格測定電圧 50V の高絶縁抵抗計又はこれと同等以上の精度をもつ計器を用いて測定する。

8.3.7

耐電圧  耐電圧は,端子と保護管との間に周波数 50Hz 又は 60Hz の正弦波に近い 4.2.2 の試験電圧

を 1 分間加えたとき,これに耐えるかどうかを調べる。ただし,保護管外径 1.0mm のものについては,端

子と保護管との間に加える交流電圧を前記の値の

10

1

とする。

8.3.8

耐衝撃性  耐衝撃性は,JIS C 0912 に規定された方法で,原則として衝撃試験機を用い,50G の加

速度になるような衝撃を 2 軸方向にそれぞれ 2 回加えた後,8.3.3 及び 8.3.6 を試験する。

8.3.9

耐振動性  耐振動性は,JIS C 0911 に規定された方法によって,1G(例えば 50Hz 複振幅 0.2mm)

の加速度になるような振動を 2 軸方向に,それぞれ 30 分間加えた後,8.3.3 及び 8.3.6 を試験する。

なお,振動周波数は 10∼100Hz の間の任意の一つの周波数とする。

9.

検査  検査は 8.の試験によって,次の形式検査と受渡検査を行い,4.6.7.の規定に適合しなければな

らない。

(1)

形式検査  形式検査は,次の項目について行う。

(a)

外観

(b)

寸法

(c)

誤差

(d)

安定度

(e)

応答時間

(f)

絶縁抵抗

(g)

耐電圧

(h)

耐衝撃性

(i)

耐振動性

(2)

受渡検査  受渡検査は,次の項目について行う。ただし,受渡当事者間で協定した場合はこの限りで

ない。

(a)

外観

(b)

寸法

(c)

誤差

(d)

絶縁抵抗

(e)

耐電圧


14

C 1611-1995

10.

製品の呼び方  製品の呼び方は,結合方式,名称,使用温度範囲(素子互換式の場合は 0.3 級以外は

除く。

,公称抵抗値(素子互換式の場合だけ)及び階級,又は,結合方式の記号,使用温度範囲(素子互

換式の場合は,0.3 級以外は除く。

)及び階級の記号による。

1.  素子互換式サーミスタ測温体  10∼30℃, 6k

Ω (0℃), 0.3級

又は THE10∼30℃, 6k

Ω (0℃), 0.3

2.  素子互換式サーミスタ測温体  30k

Ω (0℃), 0.5級

又は THE30k

Ω (0℃), 0.5

3.  合成抵抗式サーミスタ測温体  0∼100℃, 1.0級

又は THR0∼100℃, 1.0

11.

表示

11.1

サーミスタ測温体の表示  サーミスタ測温体の表示は,次の事項を見やすいところに容易に消えな

い方法で記す。

(1)

階級の記号

(2)

結合方式の記号

(3)

使用温度範囲

(4)

公称抵抗値(素子互換式の場合に限る。

(5)

互換用抵抗との組合せ記号(互換用抵抗と組み合わせる場合に限る。

(6)

端子記号

(7)

製造業者名又はその略号

(8)

製造年月又はその略号

11.2

互換用抵抗の表示  互換用抵抗の表示は,サーミスタ測温体との組合せ記号(互換用抵抗と組み合

わせる場合に限る。

)を見やすいところに容易に消えない方法で記す。


15

C 1611-1995

参考 1  サーミスタ定数

(1)

サーミスタ定数 B  サーミスタ定数 とは,抵抗値が与えられた 2 温度点の間の任意の温度における

抵抗値を算出するときに用いるサーミスタに固有の定数で,サーミスタの成分の組成,焼成条件など

によって決まる。2 温度点 t

1

℃,t

2

℃におけるサーミスタの抵抗を,R

1

,  R

2

とすると,は,次の式で

算出される。

(

)

15

.

273

1

15

.

273

1

log

log

3026

.

2

2

1

2

1

+

+

t

t

R

R

B

ここに,

B

サーミスタ定数  (K)

t

1

t

2

温度  (℃)

R

1

温度 t

1

におけるサーミスタの抵抗  (

Ω)

R

2

温度 t

2

におけるサーミスタの抵抗  (

Ω)

(2)

サーミスタ定数 を用いて任意の温度におけるサーミスタ抵抗を補間によって求める方法  ある温度

の近くでの の値が計算されている場合には,その温度におけるサーミスタの抵抗の温度係数

α[1K

{1

℃}(

*

)

の温度変化によってサーミスタの抵抗が変化する割合]は,

(

)

2

15

.

273

+

t

B

α

で与えられる。したがって,1K {1℃}(

*

)

当たりの抵抗変化の大きさは,近似的にはその温度におけ

るサーミスタの抵抗 を用いて,R

αで求めることができる。αが負の値をとるのは,サーミスタの抵

抗が温度が高くなるにつれて減少することを示している。

また,温度 t

0

℃におけるサーミスタの抵抗を R

0

として温度 t℃におけるサーミスタの抵抗 を求め

るには,t

0

tt

1

の条件にある接近した温度 t

0

,  t

1

で算出したサーミスタ定数 の値を用いて,次の式

で算出する。

÷

ø

ö

ç

è

æ

+

+

15

.

273

1

15

.

273

1

exp

0

0

t

t

B

R

R

ここに,

B

:  サーミスタ定数 (K)

t

0

:  初めの温度  (℃)

t

:  抵抗値を求めたいサーミスタの温度  (℃)

R

0

:  温度 t

0

℃におけるサーミスタの抵抗  (

Ω)

R

:  温度 t℃におけるサーミスタの抵抗  (

Ω)

(

*

)

この項目の中で  {  }  を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるものであって,参

考として併記したものである。


16

C 1611-1995

参考 2  熱放散定数

(1)

熱放散定数 k

  熱放散定数とは,静止空気中でサーミスタ測温体の温度を 1K {1℃}

(

*

)

上げるために必

要な電力をいい,一般的にはサーミスタで電力 を消費したとき,そのために⊿だけサーミスタの

温度が上昇したとすれば,熱放散定数は,次の式で表される。

t

P

k

=

この の値は,サーミスタの置かれた雰囲気の状態によって異なるが,ガラスに封入したサーミス

タ素子では,静止空気中で大略 0.5∼1.0mW/℃,直径

φ4 程度の金属製保護管に組み込まれたものでは

静止空気中では 3∼4mW/℃である。

また,かくはん水中の場合には一般に静止空気中の場合の数倍の大きさになる。熱放散定数の単位

としては mW/℃が用いられる。

(

*

)

この項目の中で  {  }  を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるものであって,参

考として併記したものである。

(2)

測定方法

(2.1)

測定容器

  容器の材質は,断熱性の優れたもの(例えば,木又は金属の内側に適当な断熱材をはり

付けたものなど)とし,その内のり寸法は

参考 図 1

のとおりとする。

参考 図 1  測定容器の内のり寸法

(2.2)

試料

  試料として,

電流を流して自己加熱させ熱放散の状態を測定するためのサーミスタ測温体 Th

1

と,雰囲気温度を測定するためのサーミスタ測温体 Th

2

の 2 本を用意する。Th

1

,

Th

2

の 2 本のサーミ

スタ測温体は,同じ材質,同じ寸法の保護管に入ったものを使用し,サーミスタ測温体の使用温度

範囲が高温用のもので室温における抵抗値が高すぎて測定しにくい場合には,保護管に組み込まれ

ているサーミスタを取り出し,常温での特性が与えられている温度範囲用の,取り出したサーミス

タと同一形状のサーミスタをその代わりとしてその保護管に組み込み,そのサーミスタ測温体を用

いて熱放散定数を測定する。合成抵抗式及び比率式サーミスタ測温体の場合は,互換用抵抗を取り


17

C 1611-1995

外した状態のものを試料として用いる。

(2.3)

試料の温度特性表の作成

  Th

1

,

Th

2

の各々について室温より 5K {5℃}

(

*

)

低い温度から,

室温より 20K

{20

℃}

(

*

)

高い温度までの範囲において,本体

8.3.3

の誤差に準じた方法によって,なるべく等間隔に

なるような 5 点以上の温度で抵抗を測定し,特性をグラフに作図する(

参考 図 2

参照)

参考 図 2  特性図の例

(2.4)

試料の取付け

参考 図 1

に示されたサーミスタ測温体取付穴から Th

1

,

Th

2

を容器の中に挿入し,

感温部の位置が上部壁面から 300mm,相互間の距離が 100mm になるよう取り付ける。

(2.5)

測定電力

  Th

1

の測定は,測定電力がほぼ 100mW になるような条件で行い,Th

2

の測定は自己加熱

による誤差を無視するため 0.1mW 以下の測定電力で行う。

(2.6)

測定

  Th

1

,

Th

2

に電流を流し始めてから 30 分たった後,

できるだけ短時間内に Th

1

及び Th

2

の抵抗を

測定する。

(2.7)

計算

  サーミスタの熱放散定数 は,次の式を用いて算出する。

α

t

t

P

k

ここに

k

:  Th

1

の熱放散定数

P

:  Th

1

の消費電力

t

:  の電力を消費している状態での Th

1

の温度[

(2.3)

で作成した

特性のグラフによって求める。

t

a

:  雰囲気温度(Th

2

の温度)

関連規格

JIS C 1102

  指示電気計器

JIS C 1602

  熱電対


18

C 1611-1995

電気部会  温度検出端専門委員会  構成表(昭和 50 年 6 月 1 日制定のとき)

氏名

所属

(委員会長)

菅  野      猛

職業訓練大学校

天  野  重  昭

工業技術院計量研究所

石  川  真  澄

工業技術院電子技術総合研究所大阪支所

佐  藤  慶三郎

東京都立工業技術センター

島  崎  辰  夫

日本電気計器検定所標準部

姫  野  瑛  一

通商産業省機械情報産業局

鈴  木      健

通商産業省機械情報産業局

宮  沢  和  夫

工業技術院標準部

井  戸  一  郎

山武ハネウエル株式会社技術部

大  森  茂  生

株式会社東京ワイヤー製作所

加  藤  仲  司

日本合金製造株式会社技術部

河  野      充

古河特殊金属工業株式会社

小  林  啓  一

宝工業株式会社

佐  藤  和  男

株式会社千野製作所上福岡工場

佐  藤  裕  典

株式会社岡崎製作所

関  根  義  夫

株式会社徳力本店営業部

千  本      資

株式会社横河電機製作所

染  山  孝  雄

株式会社島津製作所科学制御事業部

佐々木      茂

石油金属興業株式会社本所工場

戸井詰  哲  郎

住友特殊金属株式会社技術開発部

三  浦  哲  夫

株式会社芝浦電子製作所

槇  田  敏  夫

社団法人日本電気計測器工業会

若  月      豊

株式会社北辰電機製作所

安  藤  光  一

株式会社日立製作所那珂工場

伊  藤      孜

小野田セメント株式会社中央研究所

跡  部  袈裟男

富士電機製造株式会社東京工場

大  西  英  明

日本鋼管株式会社技術部

奥  山  晃一郎

味の素株式会社川崎工場

川  口      毅

昭和電工株式会社千葉工場

河  野  雪  雄

東レ株式会社工務部

中  村  達  太

日本石油精製株式会社根岸製油所

脇  屋  秋  夫

東京芝浦電気株式会社府中工場

吉  崎      哲

富士写真フイルム株式会社足柄工場

(事務局)

村  田  照  夫

工業技術院標準部電気規格課

高  橋  和  敬

工業技術院標準部電気規格課

(事務局)

平  野  由紀夫

工業技術院標準部電気規格課(平成 7 年 1 月 1 日のとき)

稲  垣  勝  地

工業技術院標準部電気規格課(平成 7 年 1 月 1 日のとき)