>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 C

1103

-1984

配電盤用指示電気計器寸法

Dimensions of Electrical Indicating Instruments for Switchboards

1.

適用範囲  この規格は,配電盤用指示電気計器(以下,計器という。)の寸法について規定する。

引用規格: 

JIS B 0205

  メートル並目ねじ

JIS B 1101

  すりわり付き小ねじ

JIS B 1111

  十字穴付き小ねじ

JIS B 1180

  六角ボルト

JIS B 1181

  六角ナット

JIS C 1102

  指示電気計器

対応国際規格: 

IEC 473

  Dimensions for panel mounted indicating and recording electrical measuring instruments

IEC 668

  Dimensions of panel areas and cut-outs for panel and rack-mounted industrial-process

measurement and control instruments

2.

用語の意味  この規格で用いる主な用語の意味は,JIS C 1102(指示電気計器)による。

3.

種類及び文字記号

3.1

種類  種類は,外形及び大きさにより区分し,表 のとおりとする。

表 1

大きさによる区別

外形による区別

大  形

小  形

5

形 a

5

形 b

2

形 b 6 形 a

2

形 c 6 形 b

3

形 b 7 形 a

3

形 d 7 形 b

8

角形丸胴埋込形 
     (KS)

9

2

形 a

2

形 b 5 形

3

形 a 6 形

3

形 b 7 形

3

形 c

角形丸胴埋込形(広角度計器)

     (KW)

3

形 d


2

C 1103-1984

大きさによる区別

外形による区別

大  形

小  形

1

形 c

1

1

形 c

2

1

形 d

1

1

形 d

2

1

形 d

3

5

形 a

1

2

形 c 5 形 a

2

2

形 d 5 形 a

3

2

形 e

1

6

2

形 e

2

7

形 a

2

形 e

3

7

形 b

2

形 e

4

8

形 a

2

形 e

5

8

形 b

2

形 f

2

形 g

2

形 h

3

形 a

縁形つば付形 
     (EF)

3

形 b

5

形 a

1

5

形 a

2

6

形 a

1

6

形 a

2

7

形 a

7

形 b

8

形 a

1

8

形 a

2

8

形 b

1

8

形 b

2

9

形 a

1

9

形 a

2

9

形 b

1

縁形つばなし形 
     (EN)

9

形 b

2

備考  表 及び表 の 並びに表 の の公称寸法が 100mm を超えるも

のを大形,それ以下のものを小形という。

3.2

文字記号  文字記号は,次による。

(1)

外形による種類の文字記号は,次のとおりとする。

(a)

角形丸胴埋込形:KS

(b)

角形丸胴埋込形(広角度計器)

:KW

(c)

縁形つば付形:EF

(d)

縁形つばなし形:EN

(2)

大きさによる種類の文字記号は,次の例による。

1:2形 b は, “2b” と表す。

2:5形は, “5” と表す。

(3)  (1)

及び(2)を総称する文字記号は,次の例による。

例: 角形丸胴埋込形で,3 形 b のものは “KS3b” と表す。


3

C 1103-1984

4.

寸法及び形状

4.1

共通事項  共通事項は,次による。

(1)

表 2の H

1

は,取付盤と接する面から倍率器などのすべてを含む計器最後部までの寸法をいう。

(2)

端子及び取付けに用いるボルト,ナット及び小ねじの基準山形は,JIS B 0205(メートル並目ねじ)

による。

(3)

ナットは,JIS B 1181(六角ナット)による。

(4)

端子に小ねじを用いる場合は,JIS B 1101(すりわり付き小ねじ)又は JIS B 1111(十字穴付き小ねじ)

による。

(5)

端子にボルトを用いる場合は,JIS B 1180(六角ボルト)による。

(6)

端子にボルト及び小ねじを用いる場合は,そのねじの呼び径は大形では 4mm 以上,小形では 3mm 以

上とする。

(7)

端子には,はんだ付用端子,リード線,プラグインなどの方法を用いることができる。

4.2

角形丸胴埋込形  角形丸胴埋込形の寸法及び形状は,表 による。


4

C 1103-1984

表 2

単位  mm

寸法

文字記号

A

A

1

H

H

1

D

B

B

1

d

1

l

1

b 150

±5 140 以下

62

±0.5

KS 2

c

150

±5

120

5

2

+

190

以下

115

以下

62

±0.5

5

又は 6

b 120

±5 110 以下

50

±0.5

KS 3

d

120

±5

100

5

2

+

27

以下

140

以下

 95

以下

50

±0.5

4

又は 5

10

∼25

a 100

±5

86

以下

40

±0.5

KS 5

b

100

±5

80

5

2

+

 75

以下

 78

以下

40

±0.5

3

又は 4

a 80

±5

66

以下

32

±0.5

KS 6

b

 80

±5

65

±5

22

以下

 50

以下

 63

以下

32

±0.5

a

60

±5 60±5

53

以下

24

±0.5

24

±0.5

KS 7

b

56

±5 56±5

 40

以下

 52

以下

23

±0.5

23

±0.5

KS 8

  47

±5 47±5

45

以下

19

±0.5

19

±0.5

KS 9

  40

±5 40±5

14

以下

 37

以下

 38

以下

16

±0.5

16

±0.5

3

  8

∼20

備考1.  計器前面カバーの下端と取付盤との間隔  (⊿H)  は,1mm 以下とする。

2.

電力計その他特殊なものに限り KS5,KS6 及び KS7 の H

1

は,110mm 以下,また,KS8,KS9 の H

1

は 60mm

以下とする。

3.

高周波電流計などでシールドケースを必要とするものは,を A

1

寸法まで増してもよい。

4.

計器の取付けは,確実に固定できるならば,取付ボルトによらず,取付金具などの方法を用いてもよい。
ただし,この場合,取付金具などが 及び A

1

寸法を超えてはならない。

5.

小形計器の取付ボルトは,取付盤への取付けが確実に固定できるならば,計器の前面から見て左上,右下

の対角線上に 2 本としてもよい。

6.

胴は偏心していても差し支えない。ただし,同心で が最大の場合の輪郭を超えてはならない。

4.3

角形丸胴埋込形(広角度計器)  角形丸胴埋込形(広角度計器)の寸法及び形状は,表 による。


5

C 1103-1984

表 3

単位  mm

寸法

文字記号

A

H

H

1

D

B

d

1

l

1

 a

140

±2.0 130 以下 60±0.5

KW 2

 b

150

±2.0 140 以下 62±0.5

 a

110

±1.5 100 以下 45±0.5

 b

120

±1.5 110 以下 50±0.5

c* 110

±1.5

KW 3

d* 120

±1.5

25

以下 220 以下

105

以下 43±0.5

5

又は 6 10∼25

KW 5

100

±1.0 180 以下

90

以下 40±0.5 4 又は 5

KW 6

  80

±1.0

20

以下

140

以下

70

以下 32±0.5

KW 7

  60

±1.0 15 以下 120 以下

50

以下 24±0.5

3

又は 4

  8

∼20

*

なるべく用いない。

備考1.  計器前面カバーの下端と取付盤との間隔  (⊿H)  は,1mm 以下とする。

2.

高周波電流計などでシールドケースを必要とするものは,を 寸法まで増してもよい。

3.

計器の取付けは,確実に固定できるならば,取付ボルトによらず,取付金具などの方法を用いてもよい。
ただし,この場合,取付金具などが 寸法を超えてはならない。

4.

小形計器の取付ボルトは,取付盤への取付けが確実に固定できるならば,計器の前面から見て左上,右下

の対角線上に 2 本としてもよい。


6

C 1103-1984

4.4

縁形つば付形  縁形つば付形の寸法及び形状は,表 による。

表 4

単位  mm

寸法

文字記号

W

W

1

W

L

W

1

L

1

H

H

1

c

1

 50

±2

c

2

175

±3

37.5

±1

d

1

 50

±2

d

2

 47.5

±2

EF 1

d

3

170

±3

42.5

±2

c 160

±3 60

±2

d* 152.5

±3

e

1

50

±2

e

2

 47.5

±2

e

3

 45

±2

e

4

 40

±1

e

5

150

±3

37.5

±1

f 145

±3 65

±2

g 135

±3

EF 2

h 120

±3

45

±2

30

以下 250 以下

a 112.5

±3 37.5±1

EF 3

b 110

±3 40

±1

a

1

 37.5

±1

a

2

 35

±1

EF 5

a

3

100

±2

3

以上

(20 以上)

EF 6

 80

±2

30

±1

20

以下 150 以下

a

 75

±2 25

±1

EF 7

b

 70

±2 15

±1

a

 50

±2

EF 8

b

 45

±2

12.5

±1

3

以上

3

以上

15

以下 100 以下

*

なるべく用いない。

備考1.  括弧内の寸法は,取付ボルト又は取付穴をもつ計器に適用する。

2.

連接して使われる計器においては,W

1

L

1

は 3mm 未満でもよい。

3.

計器は,ボルト,ナット又は専用の取付金具などで取付盤に固定できるものとし,その取付金具などの計
器胴壁からの突出部の高さは 15mm 以下とする。


7

C 1103-1984

4.5

縁形つばなし形  縁形つばなし形の寸法及び形状は,表 による。

表 5

単位  mm

寸法 

文字記号

L

L

1

H

H

1

a

1

 40

±1

EN 5

a

2

100

±2

30

±1

150

以下

a

1

 32.5

±1

EN 6

a

2

 80

±2

20

以下

120

以下

a

 65

±2

16

±1

EN 7

b

 55

±2

a

1

15

±1

a

2

 50

±2

12.5

±1

b

1

 15

±1

EN 8

b

2

 45

±1

12.5

±1

15

以下

a

1

 15

±1

a

2

 42.5

±1

12.5

±1

b

1

 15

±1

EN 9

b

2

 40

±1

12.5

±1

12

以下

100

以下

備考1.  又は L

1

の寸法方向に取付耳をもつ場合,その寸法は胴壁から 方向は12.5mm 以下,L

1

方向は10mm 以下

とする。

2.

計器は,ボルト,ナット又は専用の取付金具などで取付盤に固定できるものとし,その取付金具などの計
器胴壁からの突出部の高さは 15mm 以下とする。


8

C 1103-1984

委員会構成員表

氏名

所属

(原案作成委員長)

平  山  宏  之

東京都立工科短期大学

(小委員会主査)

松  井  貞  夫

日本電気計器検定所標準研究部

中  島  一  郎

通商産業省機械情報産業局

向  井      保

工業技術院標準部

篠  原      茂

財団法人関東電気保安協会企画本部

原  田  之  幹

東京都立工業技術センター計測制御部

川  田  治  央

東京電力株式会社工務部

松  原  正  和

東京配電盤工業会(株式会社白川電機製作所)

太  田      隆

社団法人日本電機工業会技術部

内  山  友  和

日本電信電話公社技術局

落  合  恒  昭

社団法人日本電設工業協会(関東電気工事株式会社)

瀬  倉  久  男

防衛庁装備局

仲  井  重  之

桑野電機株式会社技術部

富  平  達  郎

株式会社第一計器製作所業務部

小  松  政  幸

東洋計器株式会社横浜工場

(幹事)

鏑  木  一  男

株式会社日立製作所那珂工場

(辻    省  吾

株式会社日立製作所那珂工場)

小  島  一  夫

富士電機製造株式会社東京工場

(幹事)

寄  森  正  樹

三菱電機株式会社福山製作所

宮  武      勝

株式会社横河電機製作所機器事業部

中  川      隆

社団法人日本電気計測器工業会

(事務局)

土  屋  隆  久

社団法人日本電気計測器工業会

注  ○:小委員会委員,(  ):前任者