>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

9944

-1987

活性汚泥処理装置の試験方法

Testing Methods of Activated Sludge Process Equipments

1.

適用範囲  この規格は,廃水と好気性微生物体の凝集体である活性汚泥とを混合し,沈殿しにくい懸

濁物質及び溶解性物質を生物化学的に吸着,酸化又は同化し,最終的に沈殿しやすい汚泥に変換させて水

中から除去するために用いる標準活性汚泥装置のばっ(曝)気槽及び沈殿槽などの使用状態における性能

を把握するための試験項目及び試験方法について規定する。

備考  この規格の中で  {  }  を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるものであって,参

考として併記したものである。

引用規格: 

JIS B 7512

  鋼製巻尺

JIS B 7522

  繊維製巻尺

JIS B 8530

  公害防止装置用語

JIS K 0094

  工業用水・工場排水の試料採取方法

JIS K 0102

  工場排水試験方法

JIS R 2572

  高アルミナ質プラスチック耐火物及び粘土質プラスチック耐火物の含水率試験方法

JIS R 3505

  ガラス製化学用体積計

JIS Z 8761

  フロート形面積流量計による流量測定方法

JIS Z 8762

  絞り機構による流量測定方法

JIS Z 8763

  ベンチュリ管による流量測定方法

JIS Z 8764

  電磁流量計による流量測定方法

JIS Z 8765

  タービン流量計による流量測定方法

2.

用語の意味  この規格で用いる主な用語の意味は,JIS B 8530(公害防止装置用語)及び JIS K 0102

(工場排水試験方法)によるほか次による。

(1)  MLSS

  活性汚泥処理装置のばっ気槽内の汚泥混合液中の懸濁物質。

(2)  MLVSS

  活性汚泥処理装置のばっ気槽内の汚泥混合液中の懸濁物質の強熱減量。

(3)

活性汚泥沈殿率  (SV

30

  容量 1のメスシリンダー中で,活性汚泥を 30 分間静置した後の沈殿汚泥体

積を,その汚泥混合液体積に対する百分率で表したもの。

(4)  MLDO

  活性汚泥処理装置のばっ気槽内汚泥混合液の溶存酸素。

(5)

酸素消費速度  活性汚泥処理装置のばっ気槽内の汚泥混合液の単位時間 (h) 当たり消費された溶存

酸素濃度 (mgO/l)。

(6)

酸素消費速度係数  活性汚泥処理装置のばっ気槽内 MLSS の単位濃度 (mg/l)  当たりの溶存酸素消費

速度。


2

B 9944-1987

(7)

汚泥返送  活性汚泥処理装置の沈殿槽から引き抜いた沈殿汚泥混合液をばっ気槽へ送ること。

(8)

汚泥返送率  返送汚泥混合液の流量の流入水の流量に対する比を百分率で表したもの。

(9)

送気倍率  活性汚泥処理装置のばっ気槽に供給される空気又は酸素含有ガスの流量の流入廃水の流量

に対する倍率。

(10) BOD

負荷  BOD‐MLSS 負荷又は BOD‐体積負荷の総称。

(11)  BOD-MLSS

負荷  活性汚泥処理装置のばっ気槽内の MLSS 単位質量 (kg) 当たりの流入 BOD 質量 

(kg/d)

(12) BOD

‐体積負荷  活性汚泥処理装置のばっ気槽単位有効容積 (m

3

)

当たりの流入 BOD 質量 (kg/d)。

(13)

汚泥日令  活性汚泥処理装置の流入する懸濁物質単位質量 (kg/d) 当たりのばっ気槽内 MLSS 質量

(kg)

(14)

汚泥体積指標 (SVI)   活性汚泥処理装置のばっ気槽内汚泥混合液を 30 分間静置した場合に,1g の

MLSS

が占める体積を単位 ml で表したもの。

(15)

水面積負荷  活性汚泥処理装置の沈殿槽の有効表面積当たりの活性汚泥処理装置への流入廃水の流量。

3.

活性汚泥処理装置の試験項目  活性汚泥処理装置の試験に必要な項目は,次の中から選定する。

(1)

活性汚泥処理装置の入口の廃水及び出口の処理水の温度

(2)

活性汚泥処理装置の入口の廃水及び出口の処理水の流量

(3)

活性汚泥処理装置の返送汚泥混合液の流量

(4)

活性汚泥処理装置のばっ気槽へのばっ気用の空気又は酸素含有ガスの流量

(5)

活性汚泥処理装置の入口の廃水及び出口の処理水の水質

(6)

活性汚泥処理装置のばっ気槽内の汚泥混合液及び返送汚泥混合液の性状

(7)

活性汚泥処理装置の汚泥返送率

(8)

活性汚泥処理装置の送気倍率

(9)

活性汚泥処理装置の BOD 負荷

(10)

活性汚泥処理装置の汚泥日令

(11)

活性汚泥処理装置の酸素消費速度係数

(12)

活性汚泥処理装置の汚泥体積指標 (SVI)

(13)

活性汚泥処理装置の水面積負荷

(14)

活性汚泥処理装置の動力消費量

(15)

活性汚泥処理装置の発生汚泥量

4.

活性汚泥処理装置の試験方法通則  3.に規定する各項目の試験は,原則として活性汚泥装置とその流

入廃水及び処理水の状態が安定したときを選んで行う。

また,これらに周期性があれば,少なくともその一周期より長い期間にわたって試験を行う。

5.

活性汚泥処理装置の試験方法

5.1

排水及び処理水の温度の測定方法  廃水及び処理水の温度は,各測定点において JIS K 0102 の 7.2

水温の規定によって測定する。


3

B 9944-1987

5.2

排水及び処理水の流量の測定方法  廃水及び処理水の流量は,JIS K 0094(工業用水・工場排水の試

料採取方法)の 8.

流量の測定,JIS Z 8761(フロート形面積流量計による流量測定方法),JIS Z 8762(絞

り機構による流量測定方法)

JIS Z 8763(ベンチュリ管による流量測定方法)

JIS Z 8764(電磁流量計に

よる流量測定方法)又は JIS Z 8765(タービン流量計による流量測定方法)の規定によって測定する。

5.3

返送汚泥混合液の流量の測定方法  返送汚泥混合液の流量は,JIS K 0094 の 8.流量の測定,JIS Z 

8761

JIS Z 8762JIS Z 8763JIS Z 8764 又は JIS Z 8765 の規定によって測定する。

5.4

空気又は酸素含有ガスの流量の測定方法  空気又は酸素含有ガスの流量は,JIS Z 8761JIS Z 8762

又は JIS Z 8763 の規定によって測定する。

5.5

廃水及び処理水の水質の試験方法  汚水及び処理水の水質は,JIS K 0102 の 12.pH14.1 懸濁物質,

21.

生物化学的酸素消費量 (BOD)17.100℃における過マンガン酸カリウムによる酸素消費量 (COD

Mn

)

42.

アンモニウムイオン,43.亜硝酸イオン及び硝酸イオン,44.有機体窒素,46.1 りん酸イオン,54.鉛,55.

カドミウム及び 57.鉄の規定によって試験する。

5.6

ばっ気槽内汚泥混合液及び返送汚泥混合液の性状の試験方法  活性汚泥処理装置のばっ気槽内の性

状は,MLSS,活性汚泥沈降率  (SV

30

)

,MLDO,酸素消費速度などを測定する。測定位置については,ばっ

気槽の大きさ,ばっ気形式,ばっ気強度,廃水入口,処理水出口などを考慮し,適宜水平方向の位置を選

び,それぞれの位置について,表面,中層,低層などの深さ方向に 2,3 点を選ぶ。採水器は,ハイロート

式,ポンプ式などのなかから 1 種を選ぶ。

ポンプ式の場合,表面の採水は難しいので,表面の測定が必要な場合は,ひしゃくなどを使用し採水す

る。

MLDO

は JIS K 0102,の 32.3

隔膜電極法で槽内の測定位置を直接測定する。

返送汚泥混合液の性状は,MLSS,MLVSS,SV

30

を次によって測定する。

(1)  MLSS

  MLSS は,JIS K 0102 の規定する 14.1

懸濁物質として測定する。

(2)  MLVSS

  MLVSS は,MLSS のうちの JIS K 0102 の規定する 14.5

強熱減量として測定する。

(3)

活性汚泥沈澱率  (SV

30

  活性汚泥沈殿率  (SV

30

)

は,活性汚泥混合液 1を汚泥が懸濁した状態で JIS 

R 3505

(ガラス製化学用体積計)の規定する 1のメスシリンダーに採り,30 分間静置した後,直ちに

沈殿量  (aml)  を読み取り,次式によって求める。

SV

30

10

100

000

1 

a

a

=

×

ここに,

SV

30

活性汚泥沈殿率 (%)

a

30

分静置沈殿量 (ml)

(4)

  MLDO

  MLDO は,JIS K 0102 の規定する 32.

溶存酸素を測定する。

(5)

酸素消費速度  MLDO の経時変化から,活性汚泥による酸素の消費速度を次によって求める。

(5.1)

器具

(a)

細口瓶  容量約 3l

(b)

下口瓶  容量約 3で下口約 5 個付きのもの

(c)

散気装置  径約 7.5mm のガラス管の末端に適当(下口瓶に入る大きさ)な小型散気板,素焼板又は

有孔球を固定したもの。

(d)

前処理瓶  容量約 250ml の共栓付ガラス瓶

(5.2)

試験操作  ばっ気槽内汚泥混合液 3を細口瓶に採り,10∼20 分間静置沈殿させた後,その上澄液


4

B 9944-1987

をサイホンを用いて下口瓶に入れる。次に溶存酸素が約 5mgO/以上になるように散気装置を用い

て 5∼10 分間激しくばっ気を行い,先に沈殿させた汚泥を加えてよくかき混ぜながら速やかに約 5

個の下口栓からほとんど同時にそれぞれ前処理瓶に満たし密栓して検体とする(

1

)

検体を入れた前処理瓶は,それぞれ浮遊物が沈殿しないようにときどき転倒混合し,適当な時間

(例えば 0,

3

5

10

15

∼20 分後)

にそれぞれについて MLDO を測定する。

次に縦軸に MLDO (mgO/l),

横軸に活性汚泥の接触経過時間 (min) をとり,試料の MLDO の減少曲線を作成し,ばっ気槽内汚

泥混合液の単位時間 (h) 当たりの消費酸素量 (mgO/l)  を求める。

(

1

)

ばっ気槽内汚泥混合液の MLDO が約5mgO/以上である場合には,直ちに試験してもよい。

5.7

汚泥返送率の測定方法  汚泥返送率は,返送汚泥混合液の流量及び流入廃水の流量から,次式によ

って求める。

R

1

100

2

1

×

b

a

ここに,  R

1

:  汚泥返送率 (%)

a

1

:  返送汚泥混合液の流量 (m

3

/h)

b

2

:  流入廃水の流量 (m

3

/h)

5.8

送気倍率の測定方法  送気倍率は,ばっ気槽に供給される空気又は酸素含有ガスの流量及び流入廃

水の流量から,次式によって求める。

R

2

100

2

2

×

b

a

ここに,  R

2

:  送気倍率  (−)

a

2

:  ガスの流量 (m

3

/h)

b

2

:  流入廃水の流量 (m

3

/h)

5.9

BOD

負荷の測定方法

5.9.1

BOD-MLSS

負荷  BOD-MLSS 負荷は,流入水の BOD 濃度,流入水量,ばっ気槽内の MLSS 濃度

及びばっ気槽の有効容積から,次式によって求める。

L

1

V

b

Q

a

×

×

3

3

ここに,  L

1

: BOD-MLSS 負荷 [kgBOD/ (kgMLSS・d)]

a

3

:  流入水 BOD 濃度 (mg/l)

b

3

:  ばっ気槽内 MLSS 濃度 (mg/l)

Q

:  流入水量 (m

3

/d)

V

:  ばっ気槽有効容積 (m

3

)

なお,ばっ気槽の有効容積は,JIS B 7512(鋼製巻尺)若しくは JIS B 7522(繊維製巻尺)に規定する巻

尺により測定して求めるか又は図面によって求める。

5.9.2

BOD-

体積負荷  BOD-体積負荷は,流入水の BOD 濃度,流入水量及びばっ気槽の有効容積から,

次式によって求める。

L

2

000

1 

1

3

×

×

V

Q

a

ここに,  L

2

: BOD 体積負荷 [kgBOD/ (m

3

・d)]

a

3

:  流入水 BOD 濃度 (mg/l)

Q

:  流入水量 (m

3

/d)

V

:  ばっ気槽有効容積 (m

3

)

なお,ばっ気槽の有効容積は,JIS B 7512 若しくは JIS B 7522 に規定する巻尺によって測定して求める


5

B 9944-1987

か又は図面によって求める。

5.10

汚泥日令の測定方法  汚泥日令は,ばっ気槽内の MLSS 濃度,ばっ気槽の有効容積,流入水の懸濁

物質濃度及び流入水量から次式によって求める。

T

Q

c

V

b

×

×

3

ここに,

T

:  汚泥日令 (d)

b

3

:  ばっ気槽内の MLSS 濃度 (mg/l)

c

:  流入水の懸濁物質濃度 (mg/l)

Q

:  流入水量 (m

3

/d)

V

:  ばっ気槽有効容積 (m

3

)

なお,ばっ気槽の有効容積は,JIS B 7512 若しくは JIS B 7522 に規定する巻尺によって測定して求める

か又は図面によって求める。

5.11

酸素消費速度係数の測定方法  酸素消費速度係数は,酸素消費速度と,同一試料の MLSS 濃度とか

ら,次式によって求める。

U

1

4

4

000

1 

b

a

×

ここに,  U

1

:  酸素消費速度係数 [mgO/ (gMLSS・h)]

a

4

:  酸素消費速度 {mgO/ (l・h)}

b

4

: MLSS 濃度 (mg/l)

5.12

汚泥体積指標の測定方法  汚泥体積指標は,活性汚泥沈殿率  (SV

30

)

と,同一試料の MLSS 濃度とか

ら,次式によって求める。

SVI

4

5

000

10

b

a

×

ここに,  SVI

汚泥体積指標 (ml/g)

a

5

活性汚泥沈殿率 (%)

b

4

MLSS

濃度 (mg/l)

5.13

水面積負荷の測定方法  水面積負荷は,活性汚泥装置の流入水量及び沈殿槽有効表面積から,次式

によって求める。

U

2

S

Q

ここに,  U

2

:  水面積負荷 [m

3

/ (m

2

・d)]

Q

:  流入水量 (m

3

/d)

S

:  沈殿槽有効表面積 (m

2

)

なお,ばっ気槽の有効表面積は,JIS B 7512 若しくは JIS B 7522 に規定する巻尺によって測定して求め

るか又は図面によって求める。

5.14

活性汚泥処理装置の動力消費量の測定方法  活性汚泥処理装置の動力消費量は,全装置の電源の積

算動力計によって求める。

5.15

活性汚泥処理装置の発生汚泥量の試験方法  活性汚泥処理装置の発生汚泥量は,貯槽における汚泥

の体積を測定し,汚泥の含水率を JIS R 2572(高アルミナ質プラスチック耐火物及び粘土質プラスチック

耐火物の含水率試験方法)の規定によって測定して,乾燥物換算で求める。

6.

活性汚泥処理装置の試験回数  各試験項目の試験回数は,1 日操業時間中,適当な時間間隔で少なく

とも 3 回試験する。変動がある場合は,変動の内容実態が確実に把握できるよう適宜回数を増加する。


6

B 9944-1987

7.

試験結果の記録  この試験方法により得た結果は,原則として次の項目にまとめて整理し,記録する。

記録の様式例を

表に示す。

(1)

試験の日時

(2)

気象条件

(3)

試験対象の条件

(a)

対象廃水の種類

(b)

活性汚泥処理装置の形式及び主要寸法

(c)

活性汚泥処理装置の使用状況

(d)

測定位置及び測定点の数

(4)

入口及び出口における廃水及び処理水の条件

(a)

廃水の流量

(b)

廃水の水温

(c)

廃水の水質

(d)

処理水の流量

(e)

処理水の水温

(f)

処理水の水質

(5)

ばっ気槽内汚泥混合液の条件

(a)

ばっ気槽内汚泥混合液の性状

(6)

返送汚泥混合液の条件

(a)

返送汚泥混合液の流量

(b)

返送汚泥混合液の性状

(7)

廃水処理の条件

(a)

処理対象成分の除去率

(8)

動力消費量

(9)

発生汚泥の条件

(a)

発生汚泥量

(10)

その他

(a)

汚泥返送率

(b)

送気量

(c)

送気倍率

(d)

 BOD-MLSS

負荷

(e)

 BOD

‐体積負荷

(f)

汚泥日令

(g)

酸素消費速度係数

(h)

汚泥体積指標

(i)

水面積負荷


7

B 9944-1987

表  活性汚泥処理装置の試験結果記録の様式例