>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

1 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本フルードパワー工業会  (JFPA)

/財団法人日本規格協会  (JSA)  から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,

日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

今回の制定は,日本工業規格を国際規格に整合させるため,ISO 11943 : 1999, Hydraulic fluid power−

On-line automatic particle-counting systems for liquids

−Methods of calibration and validation を基礎として用い

た。

JIS B 9935

には,次に示す附属書がある。

附属書 A(参考)  一般的なオンライン校正及び妥当性確認システムの設計指針

附属書 B(参考)  マルチパステストスタンドにおけるオンライン自動粒子計数器の設置指針

附属書 C(参考)  オンライン校正及び妥当性確認における ISO ラウンドロビンの要約


日本工業規格

JIS

 B

9935

 : 2001

 (ISO

11943

 : 1999

)

油圧−液体用オンライン式

自動粒子計数システム−

校正方法及び妥当性確認方法

Hydraulic fluid power

−On-line automatic particle-counting systems for

liquids

−Methods of calibration and validation

序文  この規格は,1999 年に第 1 版として発行された ISO 11943 : 1999, Hydraulic fluid power−On-line

automatic particle-counting systems for liquids

−Methods of calibration and validation を翻訳し,技術的内容及び

規格票の様式を変更することなく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,原国際規格にはない事項である。

1.

適用範囲  この規格は,液体中に浮遊している粒子の,オンライン式自動粒子計数のための校正と妥

当性確認手順について規定する。主として,ISO 16889 のマルチパスフィルタテストの中で使用される。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 11943 : 1999 Hydraulic fluid power

−On-line automatic particle-counting systems for liquids−

Methods of calibration and validation (IDT)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格のうちで,発行年を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの規格の規定を構

成するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。発効年(又は発行年)を付記していない引

用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0125-1

  油圧・空気圧システム及び機器−図記号及び回路図−第 1 部:図記号

備考  ISO 1219-1  Fluid power systems and components−Graphic symbols and circuit diagrams−Part

1

:Graphic symbols からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS B 0142

  油圧及び空気圧用語

備考  ISO 5598  Fluid power systems and components−Vocabulary からの引用事項は,この規格の該

当事項と同等である。

JIS B 9936

  油圧−微粒子分析−運転中のシステム管路からの作動油試料採取方法

備考  ISO 4021  Hydraulic fluid power−Particulate contamination analysis−Extraction of fluid samples

from lines of an operating system

が,この規格と一致している。


2

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

JIS Z 8203

  国際単位系 (SI) 及びその使い方

備考  ISO 1000  SI units and recommendations for the use of their multiples and of certain other units が,

この規格と一致している。

ISO 11171 : 1999, Hydraulic fluid power

−Calibration of automatic particle counters for liquids

ISO 12103-1

  Road vehicles−Test dust for filter evaluation−Part 1:Arizona test dust

ISO 16889(

1

), Hydraulic fluid power

−Filters−Multi-pass method for evaluating filtration performance of a

filter element

(

1

発行予定(ISO 4572 : 1981の改訂版)

3.

定義  この規格で用いられる主な用語の定義は,JIS B 0142 による。

4.

測定単位  JIS Z 8203 に従って国際単位系 (SI) を用いる。この国際規格全体で

μm (c)  の使用は,ISO 

11171

に従って校正された自動粒子計測器を用いて粒径測定が行われたことを意味する。

5.

前提条件  この手順を使用する者は,特定の粒子計数器やフィルタ試験装置の操作が可能でなければ

ならない。この手順で適切な試料取扱い技術を利用することが重要である。

6.

試験装置

6.1

自動粒子計数器又は二つの独立した液体用センサをもつ粒子計数器

6.2

校正器具  ISO 11171 による。

6.3

ISO medium test dust (ISO MTD)

は,ISO 12103-1category A3 に規定されており,110℃∼150℃で少

なくとも 1 時間乾燥し,試験液体に混ぜ合わせ機械的にかくはん,そして 3 000W/m

2

から 10 000W/m

2

の音

の強さの超音波で分散し試験システムで使用するものである。

備考  この標準試験ダストは,フィルタ試験目的の ISO 16889 で使用する。ISO MTD の入手について

は ISO 事務局又は工業技術院に問合せを行う。

6.4

試験流体は,ISO 16889 で規定される。

6.5

オンライン試料調整装置  混合と 2 次校正に有効な流体の供給については,次を含む。

a)

9.

の妥当性に対する必要条件を満たす油タンク,ポンプ,流体調整器具及び計測器。

b)

初期流体の汚染度に関し,5

μm (c)  を超える粒子を 5 個/mL 未満のレベルにすることが可能な浄化フ

ィルタ[c)を参照]

c)

予定試験継続期間(ISO 16889 参照)が終了しても汚染度分布に変更を与えない構成。

d)

流体採取区域は,JIS B 9936 (ISO 4021)  による。

e)

表 に示す限界範囲内の温度で,汚染流体を一定流量で複数の粒子計数器に供給するための構成。

備考1.  マルチパステストスタンド(ISO 16889参照)は,この手順の9.で有効性のあるものを用いる。

2.

十分な証明がされている代替の典型的な構成は,

附属書 に示す。

6.6

油圧回路は,必要に応じて,マルチパステストスタンドに適合するオンライン計数器用の希釈装置

を含む。

典型的な油圧回路の構成は,

附属書 を満足していることが証明されていなければならない。

7.

測定装置の精度及び試験条件


3

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

7.1

表 の限度内の正確さをもった測定装置を使用しなければならない。

表 1  装置精度測定及び試験条件

試験条件 SI 単位

測定精度

(±表示)

許容試験条件変動

流量 L/min 0.5%  2%

動粘度 mm

2

/s 1%  2%

圧力 Pa

(bar)  1%

2%

温度

℃ 0.5℃

1

時間 s 0.05s

0.1s

容量 L 0.5% 1%

質量 g 0.1mg

1%

注意

表 の限度内に試験条件の精度を維持することは,それによって有効限

度値が満足されたことを意味するものではない。最も有効な必要条件を試みる
方法は,適切な粒子計数手順などを併用しながら

表 で与えられた試験条件の

精度を維持することによって証明されている。

8.

オフライン校正手順

8.1

新品のとき,粒子計数器製造業者の推奨による重要なアフターサービスの後,又は ISO 11171 に従

って粒子計数器の粒径校正を行う。

8.2

ISO 11171

で規定される手順で各粒子計測器本体とセンサの最大粒子濃度を決定する,又は同様な方

法で得られた製造業者の推奨する水準を用いる。

9.

オンライン試料調整装置妥当性確認及び 次校正標準の決定方法(図 参照)

9.1

2

台の粒子計数器本体(センサ)を使用するとき,ここで述べられている手順は,1 台ごとの粒子計

数器本体とセンサを用いて実施しなければならない。

9.2

8.1

に従って校正された 1 台の粒子カウンタとセンサを使用し累積モードで対象となる粒径範囲以上

の少なくとも六つの異なったしきい値設定を行う。

9.3

試料調整装置の総流体量 (L) を目標の水準から±1%以内になるように調整する。流体の粘度を (15

±0.3) mm

2

/s

に保持する。

9.4

クリーンアップフィルタを用いて初期流体の汚染度は 5

μm (c)  より大きい粒子数を 5 個/mL 未満に

する。

9.5

校正と確認のために用いる汚染粒子濃度を決定する。ダスト粒子濃度は最小粒径において 8.2 で決定

した粒子計数器の最大粒子濃度のおよそ 50%を示す最大粒子計数値とすることが望ましい。

9.6

6.3

に従って調製した ISO MTD を油タンクに必要量加え,約 15 分間循環させておく。ISO MTD の

ロット番号を記録しておく。

9.7

オンライン自動粒子計数(推奨試料量は 25mL)を 2 分間隔で 1 時間又はシステムを使用する最長間

隔において同じ間隔をあけて 30 回行うことによって試験を開始する。


4

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

図 1  オンライン試料調整装置及び 次校正標準の決定についての確認手順フローチャート

9.8

得られた粒子計数の生データで

表 を満たして完全にする。各粒子径のしきい値設定用として,全

計数値の平均 ,標準偏差

σ

を次の式を用いて求める。

( )

)

1

(

2

1

2

1

Σ

Σ

=

=

=

n

n

x

x

n

i

n

i

i

n

i

σ

ここに,

x

i

:  試料 の各しきい値設定に対する粒子濃度。

n

:  測定回数。


5

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

表 2  次校正粒子データシート


6

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

9.9

次の式を用いて各粒径に対する許容標準偏差を計算する。

2

4

000

.

0

2

x

x

a

+

=

σ

備考  この許容標準偏差は,ラウンドロビン研究で得られた 2 回の平均標準偏差に基づくものである

附属書 参照)。

9.10

各粒径に対する標準偏差が各粒径の許容標準偏差以下であれば,確認試験後,9.13 に進む。

9.11

与えられた粒径の標準偏差が許容標準偏差を超えるならば,試料調製装置と手順,オンライン粒子

装置の流量と粒子計数容量を再評価する。9.3 から 9.10 までの手順を繰り返す。

9.12

通過した流体量で平均計数値を除して各粒径しきい値設定に対する mL 当たりの粒子濃度を計算す

る。

9.13

  9.12

で得られた計数値を試料濃度 mg/L で除し個数/

μg(1mg/L に対する個数/mL)に変換する。

表 の欄 3 にこれら参照計数値を記録する。

9.14

  8.1

の 1 次校正で使用した汚染粒子の粒子計数値(個/

μg)を表 の欄 2 に記録する。

9.15

次の式を用いて各粒径に対応する許容校正限界値を

表 の欄 4 で計算し記録する。

校正限界値=0.37×(

表 の欄 2 の校正計数値)

0.85

備考  合意に至った校正限界値は,実施されたラウンドロビン研究(附属書 C)によって決定された

1

σ

(ポアソン分布)とともに 5%の粒径変動に基づくものである。

9.16

もし参照計数値と,

表 の欄 2 に与えられる 1 次校正用粒子の計数値との差異が表 の欄 4 におけ

る限界値の 1.3 倍以内であるなら,装置の有効性と参照計数値を受け入れる。

備考  これら参照計数値は,2 次校正用汚染粒子の粒度分布(9.5 で使用した特定のロット番号)を定

義し,これらの計数値は 10.と 11.で 2 次校正と確認に使用される。

9.17

複数の計数器又はセンサを使用するとき,各粒径に対応する次の式に基づくセンサ又は計数器間で

の許容変動率を計算し,

表 の欄 5 に記入する。

許容変動率=0.6+0.05×(

表 の欄 2 の校正計数値)

計数器間での最大許容粒子計数差異は,平均計数値の 10%未満でなければならない。

備考  計数器間の変動は,ラウンドロビン研究によって決定された 2.5

σ

(ポアソン分布)に基づくも

のである。

10.

オンライン 次校正と検証手順(図 参照)

10.1

  1

次校正後と最長 6 か月間隔,又は粒子計数値に相違が見られたときに,オンライン校正確認を実施

しなければならない。

備考  2 台の粒子計数器(センサ)を使用するとき,10.1 から 10.10 の手順を用いて 1 台の計数器(セ

ンサ)について校正と確認を実行しなければならない。そして 2 台目の計数器(センサ)は 10.11

に従って 1 台目に合致するように調整しなければならない。


7

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

表 3  ISO MTD の粒子計数値

[全計数値は,累積数で,ISO MTD 1

μg(1mg/L 当たりの個数/mL)に基づくものである]

欄 1

欄 2

欄 3

欄 4

欄 5

粒径

μm (C)

1

次校正粒子

9.14 参照)

ISO MTD

ロット番号

の参照計数値

9.13 参照)

校正限界

9.15 参照)

計数器間の 
許容変動率

9.17 参照)

>1

>2

>3

>4

>5

>6

>7

>10

>12

>14

>15

>20

>30

備考1.  合意されている上記校正限界は,ラウンドロビン研究で決定されたように1

σ

(ポアソン分布)とともに粒

径の5%の変動率に基づく。

2.

計数器間の変動率は,ラウンドロビン研究で決定されたように平均値から±10%の計数器間の粒子計数値
の最大許容差異を伴う 2.5

σ

(ポアソン分布)に基づく。


8

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

図 2  オンライン校正確認の手順フローチャート

10.2

  9.

に従って過去 24 か月以内に有効であることを確認したオンライン試料調製装置を用いる。

10.3

  9.

表 参照)に従って 2 次校正ロットとして有効性が認定されているロットの ISO MTD だけを使

用する。

10.4

  9.3

から 9.6 で記述されている手順に従って,校正確認懸濁液を調製する。

10.5

粒子計数器を設定しようとする粒径しきい値に設定する。しかしながら,参照粒子計数値は 9.

表 3

参照)に従って定められたものでなければならない。

10.6

校正確認懸濁液を,1 次校正で使用した流量で粒子計数センサに通過させる。

10.7

粒子計数器の利用可能な範囲にわたる数種類の粒径について実際に確認を行う。

備考  確認した点と点の間のしきい値の内挿はしてもよいが,外挿はしてはならない。

10.8

計数値が安定した後,最低 3 回連続してオンライン粒子計数値を求める。


9

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

10.9

計量した試料量 (mL) 及び試料濃度 (mg/L) で平均計数値を除することによって各粒径に対応する

しきい値の 1mg 当たり(1mg/L 中の 1mL 当たりの粒子数)の平均計数値を計算する。得られた数値を

表 4

に記録する。

10.10

各粒径において,10.9 で得られた結果と

表 の欄 3 中の参照計数値との差が表 中の欄 4 に示す校

正限界内であることが望ましい。

備考  合意された上記校正限度は,ラウンドロビン研究で決定されたように,1

σ

(ポアソン分布)と

ともに粒径の 5%の変動に基づくものである。

10.11

上流及び下流両方に計数器(センサ)を使用するとき,第二のセンサは第一のセンサと同じ校正確

認懸濁液を使用して校正することが望ましい。このとき,各粒径において,第二の計数器(センサ)の 1

μg

当たり(

表 にも記録)の平均計数値と第一の計数器(センサ)の平均計数値との差が,表 中の欄 5 に

示す許容変動以内となるように第二の計数器(センサ)のしきい値設定を調整する。

備考  センサの位置を交換(上流と下流のセンサ)して上記手順を繰り返すことを推奨する。

10.12

  10.9

で得られた粒子計数値が設定限度値内であるなら,確認は完全であり 11.に進む。

10.13

  10.9

で得られた粒子計数値が設定限度値外であるなら,補正処置をした後,別の独立した 2 次校正

懸濁液を調製し,10.4 から 10.12 で記載されている検証手順を繰り返す。

次の事項を確実にする。

a)

適切なセンサ流量を使用している。

b)

粒径しきい値設定が正確である。

c)

試料液の脱気が完全に行われている。

d)

試料質量,容量などが正確である。

10.14

  10.13

の再確認にもかかわらず粒子計数値が限界設定を外れている場合,ISO 11171 の手順に従って

粒子計数器のしきい値の設定値を調整する。ただし,この場合

表 中の欄 3 に示す参照計数値でオンライ

ン供給 2 次校正液を使用する。

10.15

  10.4

から 10.12 に記載されている手順を繰り返して校正の確認を行う。


10

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

表 4  校正確認データシート

11.

オンライン希釈システムの妥当性確認(図 参照)

11.1

オンライン希釈システムを使用している場合,校正の妥当性確認と同じ頻度で妥当性の確認を行う。

11.2

  5

μm (c) より大きな粒子が 5 個/mL 未満の清浄度[6.5 c)参照]にろ過した希釈液を使用する。結果

として得られる粒子計数値に対して 1%を超える誤差が生じないならば,これよりも清浄度の劣る希釈液

を用いてもよい。

11.3

最小希釈倍率を最初に検証する。

11.4

  9.3

から 9.6 に従って ISO MTD2 次校正懸濁液を調整するが,8.2 に基づく最大粒子数濃度の (50±

10) %

に等しい水準で選択した希釈倍率を乗じる。

備考  一例として,希釈倍率が 2(希釈液 1 に対して懸濁液 1)の場合,計測器の最大粒子数濃度の

50%

の 2 倍に等しい試料濃度を用いる。

11.5

対象とする測定範囲にわたる最低 6 チャンネルの粒径しきい値設定を粒子計数器に対して行う。

11.6

選択した希釈倍率を使用して,各センサごとに最低 3 回連続した 1 分間の粒子計数値(計数値の安

定後)を得る。そして各粒径ごとに希釈した試料の平均計数値を計算する。


11

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

図 3  オンラインシステム妥当性確認手順フローチャート

11.7

単位で計数された液体容量 (mL) で平均計数値を除することによって,各粒径しきい値設定ごとに

1mL

当たりの平均計数値を計算する。

11.8

  11.7

で得られた計数値を試料濃度で除し,希釈倍率を乗じることによって,

μg 当たりの個数に変換

する。そして

表 に記録する。上流側と下流側との両センサとも,個別のデータシートを使用する。

11.9

各粒径において,11.8 で得られた結果と

表 中の欄 3 に示す参照計数値との差が表 中の欄 4 に示

す校正限界内であることが望ましい。さらに上流側と下流側の計数器を使用するとき,2 台の計数器(セ

ンサ)から得られる平均計数値は各粒径ごとに,

表 の欄 5 で与えられる許容変動値内でなければならな

い。

11.10

使用する最大希釈倍率で,11.4 から 11.9 で与えられる手順について,システムの全希釈範囲内の異

なった適切な希釈倍率を少なくとも 2 回繰り返す。


12

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

12.

事前注意

12.1

 40

μm (c)  を超える粒径の ISO MTD を用いたオンライン粒子計数[6.5 c)参照]では粒径設定の確証

には最大の注意を要する。使用する最大粒径での校正は,オンラインで確認しなければならない(10.参照)

12.2

オンライン計数器での目の粗いフィルタ試験では,より高い希釈倍率が必要となる。

12.3

粒子計数器の最大粒子数濃度を超えるとき,希釈が必要である。粒子が検知されないような高濃度

では,測定粒径での粒子計数に影響を与える可能性があり,このような状況下では高希釈倍率を採用する

のが望ましい。

12.4

オンラインでの希釈が必要なとき,希釈液は使用している試料流体と同種のものが望ましい。

12.5

分析する試料流体の中に遊離した水又は空気が存在することは結果に有害な影響を与える。これら

の変動をなくすために事前の注意をしなければならない。

12.6

振動による誤差を避けるために,粒子計数センサを機械振動のないところに設置する。

12.7

電気的なノイズの影響を避けるために,他の大きな装置から粒子計数器を電気的に絶縁しなければ

ならない。

12.8

ポンプの細かな振動による流れの脈動は,粒子計数の誤差要因になる可能性がある。複数の小型ア

キュムレータが検証システムに含まれているならば,それらのアキュムレータによって振動を減衰するこ

とができる。

12.9

遅滞時間(マルチパステストスタンドから取り出されつつある試料から粒子計数器に検知されるま

での時間)を短くおさえるため,全配管の長さを最小限にし流量を最大限とる。計数遅滞時間は 30 秒未満

になるのが望ましい。上流側と下流側のセンサ間の遅滞時間は 10 秒以内が望ましい。

12.10

気泡の発生に起因するエラーを少なくするために,作動中はバブル調整を最小限にするのが望まし

い。

12.11

センサの詰まり及び部分的にふさがれていないことを確認するため,各センサのバックフラッシュ

を系統立てて行う。詰まり及び部分的にふさがれたセンサは,誤粒子計数の原因となる。すべての粒子計

数器がセンサの詰まりを表示する機能をもっているわけではない。


13

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

表 5  オンライン希釈装置の妥当性確認データシート

13.

確認報告書  オンライン微粒子計数システムは,“JIS B 9935 : 2001  油圧−液体用オンライン式自動

粒子計数システム−校正方法及び妥当性確認方法”に従って校正と確認がなされた。


14

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

附属書 A(参考) 

一般的なオンライン校正及び妥当性確認システムの設計指針 

序文  この附属書(参考)は,一般的なオンライン校正と妥当性確認システムの設計指針について説明す

るものであり,規定の一部ではない。

A.1

一般

A.1.1

オンラインにおける校正と妥当性確認は,装置の望ましい機能を満足することを必要とする。

A.1.2

この附属書は,装置の構成について国際規格の妥当性確認を満たすため幾つかの基本的な指針を提

供する。

A.1.3

この附属書は,構成のガイドラインであり,装置の妥当性確認の成功を保証するものではないこと

に注意する。

A.2

オンラインサンプリングで用意する装置  図 A.1 に一般的な構成を示す。

A.2.1

配管  すべての配管は,乱流混合流れを生じる大きさが望ましい。長い直線は避けたほうがよい。

A.2.2

継手  汚染たまりを防ぐため,継ぎ手は内部に露出したねじ部及びリップがないのがよい。

A.2.3

配管及び継手  配管と継手は,できれば滞留部を除去するよう構成することが好ましい。また,垂

直流は,水平流よりも好ましい。

A.2.4

バルブ  ボール弁は,汚染たまりがなくセルフクリーニングであるため他のタイプのバルブよりも

好ましい。このバルブは全開,全閉だけに使用し流量制御に用いないほうがよい。

A.2.5

油タンク  標準的な 10L 未満の小さい容量の油タンクでは,入れた試験流体が拡散するように角

度が 90 度以内の円すい形の底をもっている構造がよい。小容量の油タンクの場合は,試験ダストの質量誤

差に起因する問題に注意する。

A.2.6

クリーンアップフィルタ  システムのクリーンアップフィルタは,要求される初期の汚染レベルを

供給できる。フィルタは孔径 4.5

μm 以下  (

β

=75)  を推奨する。

A.2.7

熱交換器/ヒータ  システムの設計によっては,流体の冷却又は加熱の必要がある。従来のシェル

チューブタイプ熱交換器でチューブ側に油を流すか,又は温度制御された流体を循環させる二重ジャケッ

トを附属している油タンクを推奨する。これは,粒子の沈降分離の可能性を減少できる。


15

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

備考  校正台をキャスタに載せ可搬にすることによって,オンライン自動粒子計数器の校正及び妥当性確認にもち

込むことができる。

注意  二つの直列のセンサにおいて,最初のセンサの圧力降下が大きすぎるとキャビテーションの原因となる。

図 A.1  オンライン校正と妥当性確認システムの例


16

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

附属書 B(参考) 

マルチパステストスタンドにおけるオンライン自動粒子計数器の設置指針 

序文  この附属書(参考)は,マルチパステストにおけるオンライン自動粒子計数器の設置指針について

説明するものであり,規定の一部ではない。

B.1

一般

B.1.1

マルチパステストにおけるオンライン自動粒子計数器による計測は(希釈も含む。

,マルチパステ

スト標準規格と要求された機能を実行するために装置が性能を十分発揮できるように決められた機器構成

による予備試験の妥当性確認に適合しなければならない。

B.1.2

この附属書は,国際規格の妥当性確認に合致するように機器を構成する基本的な指針を与えること

を意図している。

B.1.3

この附属書は,機器の構成についてのガイドラインであり,決して装置の妥当性確認を十分満たす

ことを保証するものではないことを注意しなければならない。

B.1.4

図 B.1 から図 B.3 の三つの典型的な機器構成図は,妥当性が確認された回路の例である。

B.1.5

附属書 によるオンラインサンプリング用装置の構成指針は,オンライン計測と希釈システムに

も適用するのがよい。


17

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

図 B.1  マルチパステストスタンド用オンライン粒子計数器の油圧回路例 


18

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

直列希釈 1 000 倍希釈の場合(

図 B.2 A 部)推奨:

ポンプ 4 (20∼50) mL/min 試料 
ポンプ 3 (180∼240) mL/min 希釈

備考  この回路では,フィルタの上流と下流からサンプリングすることが要求される。

センサ接続点を A から B 又は C へ変更することによって,100 倍又は 10 倍の希釈が得られる。

A

,B,C 及び D の圧力は同じである。

図 B.2  マルチパステスト用オンライン粒子計数器の油圧回路例 2


19

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

図 B.3  マルチパステストスタンド用オンライン粒子計数器の油圧回路例 3


20

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

附属書 C(参考) 

オンライン校正及び 

妥当性確認における ISO ラウンドロビンの要約 

序文  この附属書(参考)は,オンライン校正と妥当性確認における ISO ラウンドロビンの要約について

説明するものであり,規定の一部ではない。

以下は,この附属書では,ISO/TC 131/SC 8/WG 9 に沿ったオンライン校正及び妥当性確認の調査の結論

をまとめる。コメントは,それぞれの段階で与えられる。データ及び要約は最後に載せている。孤立値は

除外されて統計結果を示しているが,すべての結果は,

表 C.1 から表 C.8 に示されている。

この調査協力研究機関には,ISO 4402(

2

)

の手順によって ACFTD を MIL-H-5606 に懸濁し濃度 2.5mg/L

の懸濁油が供給された。これらは,初期校正を一致させるために配布した。それぞれの関係研究機関は,

かれらのカウンタで 1 次校正してオンライン校正と妥当性確認管理は,ISO/WD 11943 の手順に従うよう

要請された。結果は,解析のため NFPA にすべて送られた(実際の研究機関を明らかにしないためコード

とした)

8

か国の代表の 21 の研究機関がラウンドロビン調査のためデータを提供した。

(

2

)

この規格は,廃止となり ISO 11171に代わった(

本体2.参照)。

従来からの ACFTD 校正  供給された ACFTD 校正懸濁液による再校正に先立ち,懸濁液は ISO 4402 に従

って各研究機関独自で校正された機器で計数された。結果は

表 C.1 であり,40 ミクロンの最大粒径でばら

つきが最も大きく,全体では CV 値は 12 から 62%とかなりばらついた。

再校正後のデータ  ACFTD 懸濁液による再校正後のばらつきを表 C.2 に示す。ばらつきはより小さくな

り,通常で 10%未満,1 から 5 ミクロンでは,2%以下から 4%であった。ISO 4402 による再校正後の計数

のばらつきは 9%未満であった。

おおむね校正は成功した。

2

次校正  2 次校正の要約は,表 C.3 及び表 C.4 である。これらは 9.9 と 9.10 の要求に合格し,93%成功し

た。

図 C.1 は,ラウンドロビン調査において提出された 2 次校正データのすべてである。これらのデータは

すべてオンラインパーティクル計測で集められた。これは,流体の体積で割り,濃度に換算する前の全体

の計数値である。

図 C.1 は と次式に基づく粒子計数の分散である。

2

004

0

x

.

x

+

標準

σ

妥当性確認において許容できる標準偏差は,上の式で表される標準的な標準偏差の 2 倍である。

ISO MTD

の粒子計数

表 C.5

に示された ISO MTD の平均値は,以前報告された計数値に近い(WD/11943

表 3

の欄 2 に含む。)。すべての計数は,5%以下のばらつきである。


21

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

明らかな孤立値を除いた後,97%の研究機関が

9.14

を満たしている。

オンライン校正の検証

表 C.6

に示すように通常研究機関では,オンライン校正の検証を満たしている。

約 90%の研究機関で上流,下流センサの相対的な差はもちろんのこと上流,下流センサの校正が合格して

いる。

ラウンドロビン調査によれば校正の最終的な限界は,粒径で 5%の変化と総計数の 1 標準偏差である。

オンライン希釈の妥当性確認

表 C.7

及び

表 C.8

に示すようにわずか六つの研究機関が,オンライン希釈

の妥当性確認のデータを提供した。多くの研究機関では,マルチパステストに希釈を用いないので希釈シ

ステムを妥当性の確認をする必要がない。提供されたデータから,約 90%の研究機関が妥当性確認要求を

満たしている。もし 2 番の研究機関を除くなら,96 から 98%の研究機関が要求を満たしている。ほぼ希釈

妥当性確認手順は妥当であった。

要約

  参加した研究機関が,ラウンドロビン調査の 90%が合格したことから,この国際規格の手順は妥当

であることが結論づけられる。


22

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

図 C.1  次校正からの計数結果についての標準偏差


23

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

表 C.1  従来からの ACFTD 校正によるデータ 

表示粒径

μ

m

以上の粒子の平均粒子数/mL

機関

no.

再校正の前

1 2 3 5 7 10

12

15

20

30

40

1

4 458

2 318

987

268

174

100

47.1

14.6

1

4 384

2 014

967

256

167

96

43.8

14.3

2

2 346

1 207

622

304

45.8

3.1

2

2 321

1 226

612

297

45.5

2.8

3

データなし

3

データなし

4

実効せず

5

4 270

3 250

2 360

1 271

394

247

71.0

20.0

6

 3

546 2

108 1

066  607  252

77

34.4  10.4

6

 3

298 2

048 1

020  568  238

66

33.0

9.5

8

 4

061 2

660 1

427  796  381  243  131

58.6  18.2

7.7

8

 4

337 2

821 1

496  806  371  234  125

53.9  15.7

7.0

9

4 455

3 278

2 655

1 400

758

388

273

164

74.5

38.5

19.3

10   

1

880

828

373

253

140

65.0

20.0

10.0

11

 3

638

 1

376

  404

  162

73.0

11.0

11

 3

696

 1

366

  402

  154

69.0

10.0

12

 2

836 2

177 1

042  479  357  212

88.0  35.0  23.0

12

 2

821 2

209 1

027  478  342  217

89.0  34.0  20.7

13

 4

730

 1

808

  491

  189

93.7

11.1

13

5 839

4 698

3 307

1 688

946

444

329

198

95.9

21.4

7.0

14

 3

121 2

025 1

075

  308

99

36.9

5.1

15

4 973

2 914

1 103

280

103

63.3

15

4 170

2 785

1 008

265

92

46.5

16

 3

899 2

932 1

875

  670

  283 1

373

22.4

4.3

19

4 764

3 665

2 469

1 267

747

370

248

138

56.8

15.0

5.5

22

 3

866 2

596 1

356

  369

  131

59.7  18.5

7.2

22

 3

789 2

535 1

313

  354

  124

56.7  17.2

6.9

24

 3

078 1

234  696  299

16.5

24

 3

367 1

236  648  316

15.2

26

 2

935 1

391

  355

  214

58.3

4.9

26

 2

575 1

397

  382

  141

64.9

5.6

27

 4

145 2

492 1

094

  280

57.0

8.8

27

 3

930 2

406 1

098

  299

59.0

8.8

28

 4

409 2

970 1

425  765  357  229  129

55.4  14.6

5.1

28

 4

238 2

863 1

398  763.2

357.5

228.3

128.7

55.7  14.9

5.5

平均

4 664

3 776

2 599

1 370

764

359

256

145

63.0

18.6

8.8

CV 12% 14% 14% 24% 19% 25% 23% 35% 34% 44% 62%


24

B 9935

: 20

01 (ISO

 1

1

9

43 :

 19
99)

表 C.2  ACFTD による再校正後のデータ 

機関

no.

再校正後

ISO 4402

からの分散%

1  2  3  5  7  10 12 15 20 30 40

1  2  3  5  7  10  12  15  20  30  40

4

380

3

492

2

480

1

292

735

360

238

138

63.7

18.8

7.2

       

1

4 351

2 332

1 282

350

241

140

64.6

20.5

−1

−6

−1

−3

1 1 1 9

1

4 329

2 388

1 287

353

247

146

62.1

20.2

−1

−4

0

−2

4 6

−3

8

2

2 417

1 252

653

291

43.6

3.8

−3

−3

−11

−19

−32

−47

**

2

2 402

1 287

637

279

41.2

33

−3

0

−13

−22

−35

−54

**

3

4 963

3 308

2 409

1 220

695

314

137

92.0

18.7

11.9

13

−5

−3

−6

−5

−13

−1

44

−1

67 **

3

4 910

3 209

2 363

1 295

721

344

156

71.5

21.5

8.9

12

−8

−5

0

−2

−4

 13 12 14 24

**

4

実効せず

*

5

実効せず

*

6

3 606

2 298

1 267

790

385

143

66.5

20.2

3

−7

−2

7 7   4 4 8

6

3 640

2 333

1 233

765

410

158

68.8

19.8

4

−6

−5

4 14

 14  8  6

8

3 540

2 439

1 334

722

349

234

133

61.6

19.1

7.6

1

−2

3

−2

−3

−2

−4

−3

2 6

8

3 554

2 490

1 314

728

354

241

139

62.7

18.9

7.4

2

0

2

−1

−2

1 1

−2

1 3

9

4 438

3 483

2 283

1 215

663

333

235

131

66.3

18.8

7.3

1

0

−8

−6

−10

−8

−1

−5

4 0 1

10

 

2

193

818

368

247

128

65.0

20.0

10.0

70

11 2 2

−8

2 7

39

**

11

3 434

1 240

362

143

69.0

9.0

−2

−4

 1   4 8

25

11

3 467

1 245

356

144

67.0

9.0

−1

−4

−1

 4 5

25

12

2 569

1 248

687

326

190

108

54.2

16.3

5.9

4

−3

−7

−9

−20

−22

−15

−13

−18

**

12

2 573

1 341

706

373

217

115

58.6

19.9

5.8

4

4

−4

4

−9

−17

−8

6

−20

**

13

3

485

1

367

358

142

67.7

9.7

0

6

0

36

35

13

3 357

2 387

1 214

317

121

16.7

−4

−4

−6

−12

−12

−11

14

3 466

2 458

1 226

348

133

58.8

18.0

−1

−1

−5

−3

−4

−8

−4

15

4

686

3

593

1

317

374

 147

66.4

7 3   2   4   7 4

15

4 318

3 425

1 294

362

149

69.9

−1

−2

 0   1   8

10

16   4

085

2

933

1

861  515  188

86.9

23.9

8.5

 17 18 44

 43

 36 36 27 19

**

19

4

216

3

491

  

58.5

18.8

8.8

−4

0

−8

0 12

22

3

509

2

520

1

310

362

 137

63.1

18.8

7.0

 0 2 1   0

−1

−1

0

−2

22

3

518

2

490

1

314

359

 139

63.5

18.1

7.1

 1 0 2   0   1 0

−4

−1

24

2 313

1 185

769

349

17.5

−7

−8

5

−3

−7

24

2

528

1

305

769

389

17.8

   2 1 5 8

−5

26

2

473

1

287

365

 138

64.0

 7.3

   0 0   1   0 0   2

26

2 483

1 278

367

138

63.5

7.3

0

−1

 2   0 0   2

27

3 575

2 415

1 275

356

62.0

8.0

2

−3

−1

−1

−3

 12

27

3

546

2

480

1

301

359

   63.0

 8.0

 2 0 1   0

−1

 12

28

3 427

2 390

1 245

732

368

245

145

66.6

18.7

7.2

−2

−4

−4

0 2 3 5 5 0 0

28

3 405

2 385

1 247

723

362

244

141

63.9

17.9

7.2

−2

−4

−3

−2

0 2 2 0

−5

0

全データ

平均

4

526

3

506

2

444

1

321

723

358

234

140

64.4

19.1

7.6

4 3 4 6 6 6 5 7 9 6

18

CV  6%  5%  5% 15% 7% 11% 8% 11% 15% 9% 24%

研究機関 2,3,10,12,16 を除く。

平均

4

390

3

501

2

415

1

275

740

360

241

140

64.5

18.7

7.8

3 2 3 3 4 3 2 4 4 4 9

CV 4% 2% 3% 3% 5% 5% 2% 5% 5% 6% 11%

**

印は,ISO 4402 から 10%以上の分散が複数存在する研究機関を示す。そのうち数件は,粒径のオフセットが原因のようである。


25

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

表 C.3

2

次校正データ表示粒径

μ

m

以上の粒子の平均粒子数

機関

濃度

計数容量

平均粒子数

no.

mg/L

mL 1 2 3 5 7 10

12

15

20

30

40

1

4.4

1

211 154

  139 143

79 244

21 584

13 222

7 025

3 026

767

1

4.8

1

231 201

  156 004

90 530

24 499

15 809

8 762

3 593

890

2

20

10

  188 650

109 060

61 540

23 980

3 440

260

2

20

10

  186 490

107 640

58 060

23 370

3 250

260

4

4.6

26

  161 200

91 390

27 794

8 424

3 455

874

4

4.6

26

  157 678

92 167

28 695

8 655

3 544

893

5

3

25

158 347  130 422

99 013

57 998

32 765

14 229

9 119

4 777

1 926

465

144

5

3

25

157 133  129 123

98 581

57 629

32 553

14 179

8 938

4 713

1 981

492

150

6

1.9

25

  101 897

71 334

41 562

25 942

12 873

4 212

1 640

381

8

7

25

  298 909  227 410

134 612

81 596

37 375

22 717

12 050

5 310

1 456

8

7

25

  293 026  222 098

131 358

79 947

36 805

22 433

11 749

5 160

1 389

9

3

25

138 160

97 405

57 210

34 673

16 235

5 274

10

5

25

10

5

25

106 810

31 527

9 730

4 237

828

250

11

3

50

  239 556

108 866

32 874

10 083

4 039

380

11

3

50

  234 257

110 741

33 107

9 846

4 398

386

12

3

1

90 975

55 175

15 450

4 900

2 000

550

138

13

2.5

25

122 625

77 675

27 825

13 025

1 618

90

13

2.5

25

124 550

79 025

28 350

13188

1 700

93

14

3

25

  132 027  100 966

58 829

32 816

15 577

9 934

15

2.5

25

99 628

82 816

36 026

9 732

3 624

1 589

19

1

50

100 099

82 720

65 688

39 115

23 891

10 920

6 552

3 561

1 472

383

128

22

5

20

  155 152  121 728

69 948

19 452

6 984

3 142

824

22

5

20

  154 752  120 206

70 098

19 294

7 214

3 184

856

24

2

25

63 506

36 819

21 571

10 251

442

24

2

25

63 354

36 187

21 161

10 008

459

26

3.5

10

45 726

27 183

7 715

2 377

1 004

82

27

5

50

  373 879  286 023

171 915

43 718

4 700

474

27

5

50

  369 936  288 110

167 360

42 828

4 676

419


26

B 9935

: 20

01 (ISO

 1

1

9

43 :

 19
99)

表 C.4  次校正データー標準偏差

機関

標準偏差

許容できる標準偏差 %

%

no.

1  2  3  5  7  10 12 15 20 30 40

1  2  3  5  7  10 12 15 20 30 40

合格

不合格

1

3 276

1 838

997

257

219

159

83

42

8 496

5 616

3 219

912

577

327

164

63

100

0

1

749

675

600

397

308

240

138

57

9 298

6 290

3 671

1 029

681

397

187

69

100

0

2

13 950

7 660

4 510

1 790

250

50

7 586

4 412

2 511

1 008

181

34

0

100**

2

13 550

7 720

4 260

1 790

250

50

7 509

4 355

2 372

984

173

34

0

100**

4

2 886

1 274

273

140

75

40

6 498

3 705

1 161

384

181

69

100

0

4

2 545

1 180

359

143

78

37

6 357

3 736

1 197

393

185

70

100

0

5

2 950

1 996

1 084

353

309

263

217

163

109

41

19

6 384

5 267

4 010

2 369

1 360

617

412

236

117

47

25

100

0

5

2 434

1 615

876

352

352

274

225

166

107

45

20

6 335

5 215

3 993

2 355

1 351

615

404

233

119

49

25

100

0

6

1 878

1 189

647

390

176

81

86

42

4 126

2 903

1 712

1 087

563

213

104

42

88

13

8

3 675

2 032

658

358

387

372

272

208

128

12 006

9 145

5 434

3 313

1 544

957

530

258

96

89

11

8

2 638

1 275

436

493

495

449

338

261

191

11 771

8 934

5 304

3 247

1 521

946

518

251

93

78

22

9

3 030

2 142

1 191

835

374

132

5 576

3 946

2 338

1 436

698

256

100

0

10

 987

 291

123

78

30

16

4

235

1

291

445

206

66

32

100

0

10

1 673

352

128

70

32

20

4 322

1 310

436

214

66

33

100

0

11

5 549

2 476

605

19

122

25

9 632

4 404

1 364

451

206

42

100

0

11

3 362

1 192

443

155

105

25

9 420

4 479

1 373

441

220

42

100

0

12

1 475

564

273

143

101

56

26

3 687

2 256

666

241

120

52

24

71

29

13

1 045

328

605

465

140

23

4 955

3 157

1 162

569

103

19

67

33

13

1 200

348

585

455

160

24

5 032

3 211

1 183

575

107

20

67

33

14

1 718

1 394

969

555

349

276

5 331

4 088

2 403

1 362

671

445

100

0

15

1 566

1 121

264

157

95

52

4 035

3 362

1 490

436

188

102

83

17

19

694

604

515

331

193

99

94

63

42

21

15

4 054

3 358

2 677

1 614

1 004

484

308

186

97

42

23

100

0

22

811

377

258

150

84

46

152

6 256

4 919

2 847

827

326

168

66

86

14

22

790

438

196

156

60

44

20

6 240

4 858

2 853

820

335

170

68

100

0

24

201 205 204 136

24

2

590

1

522

911

457

46

100

0

24

446

181

165

114

21

2 584

1 497

895

448

47

100

0

26

912 578

 192

14

13

10

1

878

1

136

355

136

75

18

100

0

27

11 358

8 018

3 854

788

119

50

15 005

11 491

6 926

1 798

233

47

83

17

27

11 361

8 294

4 028

531

165

60

14 847

11 574

6 744

1 762

232

44

83

17

合計研究機関の%> 87

13

研究機関 2 を除く%> 93

7

**

印の研究機関は,2 次校正基準に合致しない。


27

B 9935

: 20

01 (ISO

 1

1

9

43 :

 19
99)

表 C.5  ISO MTD の粒子数測定値

機関

no.

ISO MTD

の参照粒子数,表示粒径

μm 以上の粒子数/mL

合格 (1) 又は不合格 (0) (1.3×column 4limits)

1  2  3  5  7  10 12 15 20 30 40

1  2  3  5  7  10 12 15 20 30 40

限界値(未満)

2 000

1 660

1 300

757

450

215

126

69.6

28.7

7.3

2.3

90

85

80

69

52

35

19

12

5.5

2

0.7

1

9 4

2 1

7 9

1 9

1 2

4 7

7 9

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

9 8

3 1

7 5

2 4

1 2

3 1

0 0

4

1

1

1

1

1

1

1

1

2

9 3

5 5

3 8

1 0

7 2

1 3

0

0

0

0

0

0

2

9 2

5 8

2 0

1 7

6 3

1 3

0

0

0

0

0

0

3

8 6

0 3

5 6

2 0

1 7

1 4

3 5

1 5

4 5

0

0

0

0

0

0

1

1

0

0

4 1

343

761

231

70.2

29.7

7.3

1

1

1

1

1

1

4 1

314

768

238

72.1

29.5

7.4

1

1

1

1

1

1

5

1 0

7 9

3 0

7 3

4 7

1 0

1 2

3 7

5 7

2

1 9

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

5

0 5

7 2

3 4

7 8

4 4

1 9

1 9

2 8

6 4

6

2 0

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

6

1 1

4 1

8 7

5 5

2 5

7 0

4 0

8

0

0

0

0

0

0

1

1

8

7 7

2 9

7 9

4 6

2 4

1 0

8 9

0 3

3

1

1

1

1

1

1

1

1

1

8

6 4

2 9

7 1

4 7

2 0

1 8

7 1

9 5

8

1

1

1

1

1

1

1

1

1

9

8 2

2 9

7 3

4 2

2 7

0 3

0

1

1

1

1

1

1

10

805

240

75.0

33.0

7.2

2.4

1

1

1

1

1

1

10

796

239

77.0

32.0

7.3

2.3

1

1

1

1

1

11 1

562

738 221

65.6

29.3

2.6

1

1

1

1

1

1

11 1

597

726 219

67.2

26.9

2.5

1

1

1

1

1

1

2

1  3 3

8 7

4 9

2 1

1 9

1 0

3 0

5

2 4

1

1

1

1

1

1

1

1

1

13

2 037

1 354

466

116

24.8

5.1

1

1

1

1

1

1

13

2 027

1 334

467

116

23.9

5.1

1

1

1

1

1

1

4

7 0

3 6

7 4

4 8

2 8

1 2

1

1

1

1

1

1

15

1 594

1 325

576

156

58.0

25.4

0

0

0

0

1

1

16

1 751

1 406

782

261

72.4

25.2

5.3

1.9

1

0

1

0

1

1

1

1

9

0 2

6 4

3 4

7 2

4 8

2 8

1 1

1 2

9 4

7

2 6

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

22

1 552

1 217

700

195

69.8

31.4

8.2

1

1

1

1

1

1

1

22

1 547

1 202

701

193

72.1

31.9

8.5

0

1

1

1

1

1

1

4

1  2 0

7 6

4 1

2 5

8

1

1

1

1

1

4

1  2 7

7 4

4 3

2 0

2

1

1

1

1

1

26 1

306

777

220

67.9

28.7

2.4

1

1

1

1

1

1

27

1 632

1 247

700

200

25.0

2.5

1

1

1

1

1

1

8

3 7

9 0

5 6

2 4

1 3

1 8

2 0

1 0

1 7

3 6

0

0

0

0

1

1

1

1

0

0

8

2 5

8 7

5 0

3 5

1 4

1 8

1 0

8 0

8

3 0

0

0

0

0

1

1

1

1

0

1

(すべての研究機関を含む。

平均

1

953

1

630

1

245

718

411

203

125

69

28

7.8

2.4

       

CV 8%

13%

12%

13%

19%

18%

6%

9%

15%

22%

32%

       

(研究機関 2,3,6,15 及び 28 を除く。

平均

1

998

1

658

1

304

757

450

215

126

70

29

7.3

2.3

       

CV

4%

5%

4%

4%

4%

9%

6%

5%

10%

17%

11%

       

研究機関 2,3,6,15 及び 28 を除いた合格数の割合>

97%

7 11

20

23

12

22

11

19

21

18

10

不合格である研究機関数の割合

%

1

1

1

0

0

1

0

0

0

0

研究機関又は粒子計数器の総数

16

8 12

21

23

12

23

11

19

21

18

10

合格した研究機関の割合%

88 92

95

100

100

96

100

100

100

100

100


28

B 9935

: 20

01 (ISO

 1

1

9

43 :

 19
99)

表 C.6  オンライン校正の検証表示粒径

μ

m

以上の平均粒子数/

μ

g

機関

表示粒径

μm 以上の平均粒子数/μg

上流

下流

上流対下流

no.

上流側センサ

下流側センサ %

合格

%

不合格

%

合格

%

不合格

%

合格

%

不合格

  1  2  3  5  7  10 12 15 20 30 40

1  2  3  5  7  10 12 15 20 30 40

  2

1 953

1 343

767

203

124

64

1 953

1 313

735

194

123

68

100

0

100

0

100

0

3

859

496 278 109

16

1.5

831

483

263 107

17

1.4

83

17

83

17

100

0

  4

1 352

763

225

68

27

6.8

1 317

762

232

70

28

6.7

100

0

100

0

100

0

  5

2 048

1 694

1 294

766

436

192

125

66

27

7.1

2.1

2 054

1 696

1 303

770

440

194

123

66

28

7.3

2.1

100

0

100

0

100

0

  6

1 608

1 142

675

429

221

79

33

8.7

1 586

1 120

689

447

209

70

30

8.1

38

63

25

75

63

38

  8

1 684

1 287

769

479

220

134

70

31

8.4

1 648

1 274

767

467

219

134

70

30

8.2

100

0

100

0

100

0

  9

1 954

1 249

735

431

204

65

1 929

1 262

767

453

210

71

83

17

100

0

83

17

10

756

 224

73

32

6.0

2.0

1

726

761

 226

77

37

7.0

3.0

100

0

86

14

57

43

11

1

663

1

267

768 478 227 137

1

315

780

481 232

141

67

33

67

33

100

0

12

1 207

734

209

27

7.8

2.1

1 205

720

215

29

9.1

2.1

50

50

67

33

83

17

13

1 878

1 254

721

439

191

110

1 951

1 300

756

471

207

119

50

50

100

0

50

50

14

1 743

1 333

776

432

205

130

1 820

1 403

810

455

208

125

28

100

0

100

0

83

17

15

1 544

1 285

564

465

153

58

25

1 621

1 317

587

174

62

30

100

0

100

0

50

50

19

1 982

1 632

1 302

758

429

217

132

71

29

7.8

2.5

1 964

1 622

1 287

767

470

217

137

75

25

7.5

2.4

100

0

100

0

100

0

19

2 005

1 659

1 260

749

198

130

72

27

6.9

2.2

1 988

1 640

1 287

530

441

194

137

74

32

6.6

2.4

100

0

100

0

100

0

22

1

547

699 435 192

71

31

8.2

1

556

701

 191

72

8.2

100

0

100

0

100

0

24

1 257

743

210

8.6

1 320

753

449

217

32

8.6

100

0

100

0

100

0

26

1 261

733

220

68

33

2.4

1 262

735

220

71

31

2.5

100

0

100

0

100

0

27

1638

1 257

690

197

31

3.2

1 592

1 230

705

199

3.1

83

17

67

33

83

17

(すべての研究機関を含む。

平均

1 909

1 615

1 245

719

430

201

128

69

28

8

2

1 923

1 620

1 232

725

440

203

130

70

29

7

2

CV%  9

8

9

10 13 14  7

8

15

12

22

7

8

10

10

14 14

6

6

16

22

22

(研究機関 2 を除外)

平均

1 909

1 615

1271

731

445

206

128

69

29

8

2

1 923

1 620

1 280

739

457

209

130

70

30

7

2

CV%

9

8

4

7

5

9

7

8

9

2

8

7

8

5

7

3

7

6

6

0

2

4

全研究機関に対する割合% 89

11

90

10

88

12


29

B 9935

: 20

01 (ISO

 1

1

9

43 :

 19
99)

表 C.7  上流側センサのオンライン希釈妥当性確認表示粒径

μ

m

以上の平均粒子数/

μ

g

機関

no.

希釈 1

表示粒径

μm 以上の平均粒子数/μg

上流側・合格 (1) 又は不合格 (0)

合格数 合計

%

合格

%

不合格

1

2

3  5  7  10 12 15 20 30 40

2

2

  3

8

3 5

1 0

2

2 2

0

0

0

0

0

0

6

0

0

5

2

2  1 6

1  7 4

1  3 5

8 5

4 9

2 2

1 1

0 2

0 2

8

2 5

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1 0

0

9 20 1

935

1

299

781

441

194

66.3

0

 1 1

1

1

1

5

6

83

17

9

3

1  9 3

1  6 4

1  3 4

7 2

4 8

2 8

1 4

2 9

8

. 7

. 4

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1 0

0

9

3

2  0 2

1  6 5

1  2 0

7 7

4 1

2 3

1 9

8 3

0 8

8 1

. 1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1 0

0

22 3

1

512

697

188

69.6

30.4

8.1

1   1

1

1

1

1

6

6

100

0

27

2

1 669

1 247

664

184

28

2.66

1

1

1

1

1

1

6

6

100

0

希釈 2

2  10

1

046

636

374

154

 25    2.4

 0 0

0

1

0

0

1

6

17

83

5

3

2  0 6

1  6 5

1  2 5

7 3

4 9

1 8

1 1

5

8

7 6

2 7

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

0

0

1

1

9

9 10 1

905

1

301

762

423

187

61.2

1

 1 1

1

1

1

6

6

100

0

9

6

1  9 4

1  6 9

1  2 4

7 2

4 2

2 2

1 8

0 3

7 6

. 1

2 4

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1 0

0

9

6

1  9 9

1  6 3

1  2 2

6 6

4 4

2 6

1 3

3 1

8 4

. 2

2 1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1 0

0

22 5

1557

702

189

69.2

30.6

8.2

1   1

1

1

1

1

6

6

100

0

27  3

1695

1

250

657

179

 26.8

  2.7

1 1 1

1

1

1

6

6

100

0

希釈 3

2  20

1

036

628

368

152

 25    2.3

 0 0

0

1

0

0

1

6

17

83

5

4

2  1 0

1  7 7

1  3 6

7 5

4 9

1 5

1 0

6 2

8 6

8 1

2 9

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

9

1

2

8

9 5 1

905

1

262

742

436

206

65.7

1

 1 1

1

1

1

6

6

100

0

9

1

2  0 8

1  6 4

1  3 4

7 7

4 9

2 2

1 7

4 6

9

. 7

. 3

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1 0

0

9

1

2  0 0

1  6 5

1  2 7

7 1

4 6

2 3

1 2

1 9

7

. 2

. 5

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1 0

0

22 7

1

616

702

187

68.2

31.5

8.3

1   1

1

1

1

1

6

6

100

0

27

8

1 617

1 213

646

179

27.5

2.76

1

1

1

1

1

1

6

6

100

0

希釈 4

2  80

1

042

612

357

149

 26    2.3

 0 1

1

1

0

0

3

6

50

50

5

5

2  0 3

1  6 7

1  3 1

7 4

4 0

2 5

1 4

2 8

1 5

8 7

3 1

1

1

1

1

1

1

1

1

0

0

0

8

1

3

7

9 2 1

905

1

286

788

457

207

67.9

1

 1 1

1

1

1

5

5

100

0

9

6

2  0 6

1  6 1

1  3 4

7 6

4 8

2 7

1 6

4

9 4

. 8

. 3

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1 0

0

9

6

2  0 5

1  6 3

1  2 7

7 0

4 0

2 6

1 5

4 7

7 1

. 3

. 7

1

1

1

1

1

1

1

1

0

1

1

0

1

1

9

22 11

1

589

702

192

68.8

31.7

8.2

1   1

1

1

1

1

6

6

100

0

7

0

1  6 9

1  2 5

6 7

1 1

6 6

. 6

1

1

1

1

1

1

6

6

1 0

0

総研究機関の割合% 201

228

88

12

研究機関 2 を除いた全体の割合% 196

204

96

4


30

B 9935

: 20

01 (ISO

 1

1

9

43 :

 19
99)

表 C.8  下流側センサのオンライン希釈バリデーション表示粒径

μ

m

以上の平均粒子数/

μ

g

機関

no.

希釈 1

表示粒径

μm 以上の平均粒子数/μg

下流側・合格 (1) 又は不合格 (0)

%

合格

%

不合格

上流対下流・合格 (1) 又は不合格 (0)

%

合格

%

不合格

1

2  3  5  7  10 12 15 20 30 40

2 2

1

170

702

392

166

26

 2.5

0

0

0

0

0

0

0

100

1

1

1

1

1

0

83

17

5

2

2 154

1 772

1 354

793

435

197

127

69

30

8.2

2.7

1

1

1

1  1  1  1

1

1

1

0

91

9 1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

100

0

9 20 1

957

1

348

791

435

191

63

0

1

1

1

1 1

83

17 1

1

1

1

1

1

100

0

19

3

1 957

1 628

1 300

772

473

216

139

74

30

7.4

2.3

0

1

1

1  1  1  1

1

1

1

1

100

0 1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

100

0

19

3

2 028

1 679

1 327

763

471

205

147

80

28

8.0

3.0

1

1

1

1  1  1  1

1

1

1

1

100

0 1

1

1

1

1

1

0

1

0

1

0

73

27

22 3

1

474

697

186

68

32

8.2

1

1

1 1

1

1

100

0

1

1

1

1

1

1

100

0

27

2

1 681

1 254

693

188

28

2.6

1

1

1

1

1

1

100

0

1

1

1

1

1

1

100

0

希釈 2

2 10

1

029

626

353

152

25

  3.0

0

0

0

1

0

0

17

83

1

1

1

1

1

0

83

17

5

3

2 096

1 735

1 333

781

423

189

119

65

29

8.1

2.8

1

1

1

1  1  1  1

1

1

1

0

91

9 1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

100

0

9 10 1

928

1

290

747

425

197

62

1

1

1

1

1 1

100

0 1

1

1

1

1

1

100

0

19

6

1 998

1 670

1 337

799

489

224

138

69

28

7.2

2.4

1

1

1

1  1  1  1

1

1

1

1

100

0 1

1

1

1

1

1

0

1

1

1

1

91

9

19

6

1 991

1 639

1 286

735

449

203

146

81

28

8.0

2.9

1

1

1

1  1  1  1

1

1

1

1

100

0 1

1

1

1

1

1

0

0

1

0

0

64

36

22 5

1

574

701

187

70

32

8.2

1

1

1 1

1

1

100

0

1

1

1

1

1

1

100

0

27

3

1 654

1 205

652

176

26

2.6

1

1

1

1

1

1

100

0

1

1

1

1

1

1

100

0

希釈 3

2 20

1

055

640

360

153

26

  2.4

0

0

0

0

0

0

0

100

1

1

1

1

1

1

100

0

5

4

2 074

1 718

1 319

772

421

177

112

61

28

8.1

2.6

1

1

1

1  1  1  1

1

1

1

1

100

0 1

1

1

1

1

1

0

0

1

1

0

73

27

9 5 1

902

1

313

780

436

214

66

1

1

1

1

1 1

100

0 1

1

1

1

1

1

100

0

19

11

2 010

1 676

1 339

801

490

223

138

73

29

7.0

2.2

1

1

1

1  1  1  1

1

1

1

1

100

0 1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

100

0

19

11

1 994

1 648

1 301

745

452

200

142

77

27

7.6

2.7

1

1

1

1  1  1  1

1

1

1

100

0 1

1

1

1

1

1

0

0

1

1

0

73

27

22 7

1

602

703

191

71

33

8.3

1

1

1 1

1

1

100

0

1

1

1

1

1

1

100

0

27

8

1 585

1 182

651

172

27

2.7

1

1

1

1

1

1

100

0

1

1

1

1

1

1

100

0

希釈 4

2 80

1

021

621

349

150

25

  2.5

0

0

0

1

0

0

17

83

1

1

1

1

1

1

100

0

5

5

2 058

1 700

1 306

774

442

200

129

70

31

8.5

2.8

1

1

1

1  1  1  1

1

1

0

0

82

18 1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

0

91

9

9

2

1 911

1 316

784

446

211

67

1

1

1  1  1

1

100

0 1

1

1

1

1

1

100

0

19

16

1 983

1 643

1 304

772

469

215

137

75

30

7.5

2.2

1

1

1

1  1  1  1

1

1

1

1

100

0 1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

100

0

19

16

1 996

1 652

1 300

744

452

201

144

78

27

7.3

2.4

1

1

1

1  1  1  1

1

1

1

1

100

0 1

1

1

1

1

1

0

1

0

1

0

73

27

22 10

1

591

702

189

69

32

8.3

1

1

1  1

1

1

100

0

1

1

1

1

1

1

100

0

27

10

1 647

1 219

664

174

26

2.5

1

1

1

1

1

1

100

0

1

1

1

1

1

1

100

0

研究機関の総数に対する割合%

88

2

91

研究機関 2 を除いた割合% 98

2

91

9


31

B 9935 : 2001 (ISO 11943 : 1999)

JIS

原案作成本委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

竹  中  俊  夫

東京工業大学名誉教授

香  川  利  春

東京工業大学

藤  田  昌  宏

通商産業省

橋  本      進

財団法人日本規格協会

村  井  孝  宣

財団法人機械振興協会

岡  安  英  雄

社団法人日本工作機械工業会

小  林  隆  博

コベルコ建機株式会社

渡  並      直

トヨタ自動車株式会社

荒  木  義  昭

株式会社日平トヤマ

黒  部  昌  徳

東芝機械株式会社

小  林  周  二

日精樹脂株式会社

美濃部  昌  二

日本電気株式会社

(分科会主査)

伊  澤  一  康

日本ポール株式会社

笠  井  寿  男 SMC 株式会社

小笠原  輝  典

川鉄商事株式会社

一  条  和  夫

リオン株式会社

山  田  詔  一

油研工業株式会社

千  葉      誠

カヤバ工業株式会社

赤  井  英  夫

太陽鉄工株式会社

石  井      進

内田油圧機器工業株式会社

築比地      仁

川崎重工業株式会社

(事務局)

堀  切  俊  彦

社団法人日本フルードパワー工業会

三  浦  吉  成

社団法人日本フルードパワー工業会

標準化委員会  規格部会  フィルタ・作動油分科会  構成表

氏名

所属

(主査)

伊  澤  一  康

日本ポール株式会社

(副主査)

福  島  英  夫

日石三菱株式会社

山  崎  一  彦

山信工業株式会社

笠  井  寿  男 SMC 株式会社

竹  崎      渉

豊興工業株式会社

一  条  和  夫

リオン株式会社

小笠原  輝  典

川鉄商事株式会社

長谷川      務

株式会社設工社

水  野  啓  三

カヤバ工業株式会社

中  辻      順

ダイキン工業株式会社

植  田  修  弘

タカコ精機株式会社

飯  野      隆

大生工業株式会社

住  田      隆

株式会社トキメック

山  田  詔  一

油研工業株式会社

松  山  雄  一

出光興産株式会社

太  田  尚  宏

株式会社松村石油研究所

(文責  小笠原輝典)