>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

9911

-1968

消防用ホースの

差込み式結合金具の寸法

Dimensions of Insert Type Couplings for Fire

−Hose

1.

適用範囲  この規格は,消防用ホースの差込み式結合金具(

1

)

(以下結合金具という。

)の寸法について

規定する。

(

1

)

受け金具,差し金具の外面にホースを装着するものをいう。

関連規格:JIS B 0202(管用平行ねじ)

JIS B 0951

(ローレット目)

2.

各部の名称  結合金具各部の名称は,つぎのとおりとする。

3.

種類  結合金具の種類は呼びにより,40,50,65 および 75 の 4 種類とする。

4.

寸法  結合金具の各部の寸法は,つぎによる。

4.1

受け金具


2

B 9911-1968

単位 mm

寸法

d

1

D

1

D

2

l

1

l

2

l

3

L

1

L

2

容差

呼び

ねじの

呼び

(d)

0

−1.5

±0.2

+0.5

0

最小

最小

最小

+0.2

0

40 60

38.0

33.0

44

57

16

8

6

12.2

50 75

51.0

44.5

56

74

19

8

7

15.0

65 92

63.5

57.0

69

90

20

10

8

16.0

75 106

76.0

69.0

82

105

24

14

8

19.0

備考1.  許容差の規定のない寸法は,推奨寸法とする。

2.

ねじの基準山形,基準寸法およびねじ山の寸法許容差と公差は,

付表 および付表 による。

4.2

しめ輪

単位 mm

寸法

d

1

D

1

D

2

l

L

1

L

2

容差

呼び

ねじの

呼び

(d)

+0.3

+0.2

±0.3

最小

最小

最小

40  60 65 57.5

46 21 10  3

50  75 81 72.5

59 24 10  4

65  92 99 89.5

73 30 12  5

75  106

114 103.5

86 37 16  6

備考1.  許容差の規定のない寸法は,推奨寸法とする。

2.

ねじの基準山形,基準寸法およびねじ山の寸法許容差と公差は,

付表 および付表 による。


3

B 9911-1968

4.3

つめ座

単位 mm

寸法

d

D

l

1

l

2

l

3

t

1

t

2

容差

呼び

0

−0.2

±0.2

+0.1

0

+0.1 
+0.2

+0.2

0

40 57.5

44.5

3.0

7.2

23 1.8

0.5

50 72.5

57.0

4.0

8.2

29 2.0

0.5

65 89.5

71.0

4.5

10.8

36 2.8

0.5

75 103.5

84.0 4.5

12.8 44 3.0 0.5

備考  許容差の規定のない寸法は,推奨寸法とする。

4.4

つめ

単位 mm

寸法

d

D

l

1

l

2

t

1

t

2

t

3

t

4

容差

呼び

±0.2

+0.2

0

−0.1 
−0.2

0

−0.1

最小

最小

40 52.5

40.0

23

28

7.0

1.5

4

3.0

50 66.2

52.0

29

34

8.0

1.8

5

3.5

65 82.0

64.5

36

42

10.6

2.0

7

4.5

75 95.5

77.5

44

51

12.6

2.5

8

4.5

備考  許容差の規定のない寸法は,推奨寸法とする。


4

B 9911-1968

4.5

押し輪

単位 mm

寸法

d

1

d

2

D

l

1

l

2

容差

呼び

0

−0.2

±1

40 44.0  58  39.5  20  3

50 56.5  72  51.5  22  3

65 70.5  90  64.0  26  4

75 83.0 105  76.7  30  5

備考1.  ローレット目は,原則として JIS B 0951による平目 m0.3とする。

2.

許容差の規定のない寸法は,推奨寸法とする。

4.6

差し金具

単位 mm

寸法

d

1

d

2

d

3

D

l

1

l

2

l

3

容差

呼び

0

−0.2

0

−0.2

0

−1.5

±0.2

最小

0

−0.2

最小

40  43.6 39.0 38.0 33.0  80  11.7 28.5

50  55.6 51.0 51.0 44.5 100  14.5 32.5

65  68.5 63.5 63.5 57.0 120  15.5 39.0

75  81.5 76.2 76.0 69.0 140  18.0 45.0


5

B 9911-1968

4.7

ゴムパッキンおよびゴムバンド

単位 mm

寸法

d

D

l

1

l

2

t

容差

呼び

最小

40 52.0 43.6  7  17  6.0

50 66.0 55.6  9  19  6.5

65 79.5 68.5 10  24  7.0

75 95.0 81.5 12  31  7.5

備考  許容差の規定のない寸法は,推奨付法とする。


6

B 9911-1968

付表 1  受け金具,しめ輪のねじの基準山形と基準寸法

単位 mm

ねじ山

基準寸法

おねじ(受け金具)

外径

d

有効径

d

2

谷の径

d

1

ねじ山数

25.4mm

につき

ピッチ

おねじの

ねじの

高さ

丸み

めねじ(しめ輪)

結合金具

呼び

ねじの呼び

n

P

h

r

谷の径

d

有効径

d

2

内径

d

1

40 60  16

1.5875

1.016

0.218

60 58.984

57.968

50 75  16

1.5875

1.016

0.218

75 73.984

72.968

65 92  16

1.5875

1.016

0.218

92 90.984

89.968

75 106  14 1.8143

1.162

0.249

106 104.838

103.676

備考  ねじの基準山形は,JIS B 0202 によっているが,基準寸法およびねじ山数は,消防用ホースの差込

み式結合金具専用のものである。


7

B 991

1-19

68

付表 2  受け金具,しめ輪のねじ山の寸法許容差と公差

単位 mm

おねじ(受け金具)

めねじ(しめ輪)

外径

有効径

谷の径

谷の径

有効径

内径

結合金具

呼び

ねじ

呼び

ねじ
山数

 25.4 
 mm 

につ

ピッチ

上の

許容差

下の

許容差

公差

f

上の

許容差

下の

許容差

公差

f

2

上の

許容差

下の

許容差

公差

f

1

ピッチ

許容差

±

山の半

角の

許容差

±(分)

上の

許容差

下の

許容差

上の

許容差

下の

許容差

公差

e

2

上の

許容差

下の

許容差

公差

e

1

ピッチ

許容差

±

山の半

角の

許容差

±(分)

40 60

16

1.5875

−0.12  −0.26 0.14

−0.09 −0.22

0.13

−0.09 −0.35

0.26

0.023

78

+0.03 +0.25 +0.03

0.22

+0.56 +0.33

0.23

0.046

156

50 75

16

1.5875

−0.12  −0.26 0.14

−0.1

−0.23

0.13

−0.1

−0.36

0.26

0.023

78

+0.04 +0.27 +0.04

0.23

+0.56 +0.33

0.23

0.046

156

65 92

16

1.5875

−0.12  −0.26 0.14

−0.11 −0.24

0.13

−0.11 −0.37

0.26

0.023

78

+0.05 +0.29 +0.05

0.24

+0.56 +0.33

0.23

0.046

156

75 106 14

1.8143

−0.13  −0.29 0.16

−0.12 −0.26

0.14

−0.12 −0.41

0.39

0.024

74

規定しない

+0.06 +0.32 +0.06

0.26

+0.63 +0.38

0.25

0.048

148