>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

9213

-1989

バインダ及び自脱コンバインの刈刃・受刃

Knife Section and Ledger Plate of Agricultural

Binders and Head

−Feeding Conbines

1.

適用範囲  この規格は,農業用のバインダ及び自脱コンバインに用いる刈刃・受刃について規定する。

引用規格:

JIS B 0401

  寸法公差及びはめあい

JIS B 7502

  外側マイクロメータ

JIS B 7726

  ロックウェル硬さ試験機

JIS G 4401

  炭素工具鋼鋼材

JIS Z 2245

  ロックウェル硬さ試験方法

2.

種  類  刈刃は 2 種類とし,3 形及び 4 形とする。

また,受刃は 3 種類とし,1 形,2 形及び 3 形とする。

3.

品  質  刈刃・受刃の品質は,次のとおりとする。

(1)

外  観  刈刃・受刃の外観は,良好で有害な割れ,ひずみ及びきずなどがあってはならない。

(2)

硬  さ  刈刃・受刃は,必要な熱処理を施し,付図 1の①∼⑤で 5 か所とも刈刃は HRC54∼59,

受刃は HRC55∼61 でなければならない。

4.

形状・寸法  刈刃・受刃の形状・寸法は,付図 1による。

なお,刈刃・受刃は,中心軸に向かって左右対象でなければならない。

5.

材  料  刈刃・受刃に使用する材料は,JIS G 4401(炭素工具鋼鋼材)に規定する SK5 又はこれと同

等以上の品質のものでなければならない。

6.

測定方法  刈刃・受刃の測定方法は,次による。

(1)

厚  さ  刈刃の厚さは,カッティングエッジから平行に 7∼8mm,受刃は 5∼7mm 離れた位置で付

図 1の①∼⑤の 5 か所について JIS B 7502(外側マイクロメータ)によるマイクロメータを用い

て測定する。

(2)

硬  さ  硬さの測定箇所は,(1)と同じとし,JIS B 7726(ロックウェル硬さ試験機)に規定する試

験機を用い,JIS Z 2245(ロックウェル硬さ試験方法)に規定する方法によって測定する。


2

B 9213-1989

7.

検  査  刈刃・受刃の検査は,品質,形状・寸法及び材料について行い,3.4.及び 5.の規定に適合し

なければならない。

8.

表  示  刈刃・受刃は,製品又は包装に次の事項を表示する。

(1)

種類

(2)

製造業者名又はその略号

(3)

製造年月日又はその略号

付図 1  刈刃(形・形)

単位  mm

参      考

a

b

c

d

φ

J

α

D

F

e

h

l

備  考

3

形 50

3

.

0

0

 34

±0.15 8±0.15 15±0.15 5.3±0.15

24

±1° 2.3±0.15

0.3

25 66  9

4

形 50

3

.

0

0

 34

±0.15 8±0.15 15±0.15 5.3±0.15

24

±1° 3.0±0.15

0.2

25 80 11.5

のこ目付


3

B 9213-1989

付図 2  受刃(形)

付図 3  受刃(形)


4

B 9213-1989

付図 4  受刃(形) 

単位  mm

参考

A

B

H

α

b

c  d  e

f

g

t

φ

J

φ

K

δ

λ

R

F

r

備考

1

形 29 50

3

.

0

0

 48 20

±0.15 8±0.2 7  5 12 5

7 5

±0.1 4.3±0.1

8

110

°

90

° 5  0.2  2.5

2

形  − 28

3

.

0

0

 48 20

±0.15 8±0.2 7  5 12 5

7 5

±0.1 5.2±0.1 10

110

°

90

° 4  0.2  2.5

のこ目なし

3

形  − 40

3

.

0

0

 60 20

±0.15 9±0.2 7  6 − 5 10 3.8±0.1 6.2±0.1

8.5

110

°

80

°  −  −  −

のこ目付

備考  寸法で許容差のないものは,JIS B 0401(寸法公差及びはめあい)の js18 又は Js18 とする。 


5

B 9213-1989

解説表 1  新規原案作成委員会  構成表(昭和 53 年度)

氏名

所属

(委員長)

田  原  虎  次

東京農工大学

大  野  範  之

山陽利器株式会社

井  本      直

株式会社イモト

田  中  好  行

山陽金属株式会社

冷牟田  正  太

久保田鉄工株式会社

高  月      清

井関農機株式会社

藤  森      昂

上森農機株式会社

松  木      清

大島農機株式会社

木  村  郁  夫

佐藤造機株式会社

松  木      修

株式会社鈴江農機製作所

鈴  木  照  夫

野田産業株式会社

矢  野      大

ヤンマー農機株式会社

佐  藤  清  美

全国農業協同組合連合会

阿  部      弘

全国農業機械商業協同組合連合会

渡  辺  波  夫

社団法人日本農業機械化協会

有  吉      亮

農業機械化研究所

棚  橋  祐  治

通商産業省機械情報産業局

仲井真  弘  多

工業技術院標準部

解説表 2  改正原案作成委員会  構成表(昭和 63 年度)

氏名

所属

(委員長)

田  原  虎  次

日本大学

藍      房  和

東京農工大学

白  井      宏

通商産業省機械情報産業局

吉  田  藤  夫

工業技術院標準部

寺  本  忠  孝

農林水産省農蚕園芸局

笹  谷  定  夫

生物系特定産業技術研究推進機構

舟  曳  英  夫

社団法人日本農業機械化協会

佐  藤      功

全国農業協同組合連合会

渡  辺      崇

全国農業機械商業協同組合連合会

金  井  芳  秀

久保田鉄工株式会社

菊  沢  尋  正

井関農機株式会社

十  川  広  美

ヤンマー農機株式会社

折  口  正  行

三菱農機株式会社

(事務局)

栗  原  靖  一

社団法人日本農業機械工業会

天  野      謙

社団法人日本農業機械工業会