>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

9209

-1986

歩行形トラクタのヒッチ部寸法

Dimensions of Hitch for Walking Tractors

1.

適用範囲  この規格は,歩行形トラクタ(

1

)

のヒッチ部の主要寸法について規定する。

(

1

)

歩行形トラクタには,管理機を含む。

備考  この規格の中で  {  }  を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるものであって参考

として併記したものである。

2.

寸法  歩行形トラクタのヒッチ部の主要寸法は,原則として図による。

なお,ピン挿入の際に妨げとならないように,ヒッチ部の上面には十分な空間をもたせなければならな

い。

図  歩行形トラクタのヒッチ部寸法

単位 mm

呼び

h

a

a

1

b

c

d

l

l

1

t

r

ピン径

95

2

0

95

+

90

±0.5 45  27∼33

17

∼25

5

.

0

0

5

.

16

+

130

以上 160 以上 4.5 以上 10 以下

0

2

.

0

16

75(

2

)

1

0

75

+

60

±0.5 30  20∼26

14

∼22

5

.

0

0

5

.

16

+

100

以上

− 4.5 以上    9 以下

0

2

.

0

16

(

2

)

呼び75は,主として定格出力3.7kW {5PS}  以下のエンジンを搭載したトラクタに使用される。


2

B 9209-1986

改正原案調査作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

田  原  虎  次

日本大学農獣医学部

黒  田  武  夫

通商産業省機械情報産業局

田  中  行  平

全国農業協同組合連合会

辻          充

社団法人陸用内燃機関協会

戸  田  政  則

農林水産省農蚕園芸局

松  本  大  治

工業技術院標準部

八  木      茂

農業機械化研究所検査部

渡  辺      崇

全国農業機械商業協同組合連合会

渡  辺  波  夫

社団法人日本農業機械化協会

宇  野      宏

株式会社本田技術研究所朝霞東研究所

小  林      誠

松山株式会社開発部

小  宮  正  幸

富士ロビン株式会社技術部

後  藤  秀  夫

久保田鉄工株式会社内燃機器研究本部開発管理部

佐  藤  文  男

石川島芝浦機械株式会社技術管理部

鮫  島  陽  一

高北農機株式会社技術部

瀧  澤  保  男

ヤンマー農機株式会社中央技術研究所

手  塚  博  之

三菱農機株式会社生産本部技術管理部

福  岡  泰  孝

井関農機株式会社整地技術部

鋤  柄  作  治

鋤柄農機株式会社研究部