>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 9012 : 2000

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条において準用する同法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本

縫製機械工業会  (JASMA)  から工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきと申出があり,日本工業

標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が改正した日本工業規格である。これによって JIS B 9012 : 1987

は改正され,この規格に置き換えられる。

JIS B 9012

には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表


日本工業規格

JIS

 B

9012

 : 2000

家庭用ミシン針

Needles for household sewing machines

1.

適用範囲  この規格は,家庭用ミシン針(以下,針という。)について規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,MOD(修正している。

)とする。

ISO 8239 : 1987, Sewing machine needles

−Fitting dimensions−Tolerances and combinations (MOD)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 7520

  指示マイクロメータ

JIS G 3502

  ピアノ線材

JIS Z 2244

  ビッカース硬さ試験−試験方法

3.

各部の名称  各部の名称は,図 による。

図 1  各部の名称

4.

種類  針の種類は,幹の太さによって 10 種類に区分し,それぞれ針の番号は表 のとおりとする。

5.

硬さ  針の硬さは,JIS Z 2244 によって,幹部を測定したとき,650HV 以上とする。

6.

形状・寸法  形状及び寸法は,次の 6.16.5 による。

なお,寸法は,JIS B 7520 に規定するマイクロメータ又はこれと同等以上の精度をもつ測定器具を用い

て測定する。


2

B 9012 : 2000

a)

各部の寸法及び許容差は,

表 による。

表 1  各部の寸法及び許容差

単位 mm

A

B

C

D

E

G

H

J

K

N

Z

寸法

許容差

針の番号

±0.03  ±0.02  +0.05

    0

±0.2

±0.2

±0.10 ±0.05

 7

0.57

1.40

38.0

0.25

0.70

0.24

0.27

 8

0.62

1.42

38.0

0.27

0.75

0.25

0.30

 9

0.67

1.45

38.1

0.29

0.80

0.26

0.32

10 0.72

1.47

38.1

0.31

0.85

0.28

0.35

11 0.77

1.50

38.2

0.33

0.90

0.30

0.37

12 0.82

1.52

38.3

0.35

0.95

0.32

0.45

13 0.87

1.55

38.4

0.37

1.00

0.34

0.48

14 0.92

1.57

38.5

0.39

1.05

0.36

0.50

15 0.97

1.60

38.6

0.41

1.10

0.38

0.53

16

2.02

1.02 1.62

33.8

38.8

0.44

5.4

1.15

0.40

11.7

0.56

備考1.  は,幹のえぐりを除いた中央部で測定する。

2.  K

は糸穴の中央部で測定する。

3.

許容差の規定のない寸法は,推奨寸法とする。

参考1.  先端の形状は,とがったもの及び丸みが付いたものがある。 

b)

幹部は,柄平面に対して平行でなければならない。

c)

先端の形状は,軸線に対して偏っていてはならない。

d)

柄部の全長  (N)  を固定して,

図 

δ

寸法を測定したとき,その寸法及び許容差は,

0.05

0.10

1

.

0

mm

とする。


3

B 9012 : 2000

単位 mm

図 2

δ

寸法の測定箇所

e)

柄平面を固定して,

図 の柄平面の垂直方向に対する溝部及び糸穴部の傾きを測定したとき,その傾

き角度は 10 度以内とする。

図 3  柄平面と溝部及び糸穴部の傾き


4

B 9012 : 2000

7.

外観  針の表面,糸穴内面及び溝部は滑らかで,かえり,きずなどがないものとする。また,糸穴内

面は丸みを帯びているものとする。

8.

材料  針の材料は,JIS G 3502 の SWRS 92A 又は,これと同等以上のものとする。

9.

曲げ変形  針を表 に示すように,えぐりを下側にして柄部を固定し,糸穴の中央部に荷重を加え,

針穴部を 4.0mm 変形させた状態(変形量)で 3 秒間保持し,除重後,針先端の残留変形量を JIS B 7520

に規定するマイクロメータ又はこれと同等以上の精度をもつ測定器具によって測定したとき,

表 に示す

値以下とする。

表 2  曲げ変形

(先端の残留変形量)

単位 mm

針の種類 7  8  9 10

11

12

13

14

15

16

残留変形量 0.10  0.10  0.10

0.15

0.20

0.25

0.30

0.30

0.35

0.35

10.

検査の方法  検査は,5.9.について合理的な抜取検査を行い,それぞれの規定を満足しなければなら

ない。

11.

包装  針は,さび止めなどを考慮した方法で包装しなければならない。

12.

表示

12.1

製品  製品には,次の事項を表示する。

a)

針の番号

b)

製造業者名又はその略号


5

B 9012 : 2000

12.2

包装  包装には,次の事項を表示する。

a)

名称(家庭用ミシン針)

b)

針の番号

c)

製造業者名又はその略号


6

B 9012 : 2000

附属書(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS B 9012

家庭用ミシン針

ISO 8239 : 1987

  Sewing machine needles−Fitting dimensions−Tolerances and

combinations

(I) JIS

の規定 (III)

国際規格の規定 (IV)  JIS と国際規格との技

術的差異の項目ごとの評価

及びその内容 
  表示箇所: 
  表示方法:

項目
番号

内容

(II)

国際

規格 
番号

項 目
番号

内容

項目ごとの
評価

技 術 的 差 異 の
内容

(V)  JIS

と国際規格との技術

的差異の理由及び今後の対

適用
範囲

家庭用ミシン針につい
て規定

ISO 

8239

1

ミシン針につい
て規定

MOD/

変更 ISO は,家庭用

ミ シ ン 針 及 び
工 業 用 ミ シ ン

針 に つ い て 規

引用
規格

計測器,材料,試験方法
の規格,JIS B 7520, JIS 

G 3502

及び JIS Z 2244

を引用

同上

2

ISO 286 

(ISO system of

limits and fits)

を引用

MOD/

削除

MOD/

追加

JIS

は,引用す

る 規 格 が ISO
と異なる。

各部

の名

針の各部(13 か所)の
名称を規定

同上

規定なし

種類

10

種類 (#7∼16)  の針

を規定。

同上

規定なし

硬さ

試験方法及び硬さを規

同上

規定なし

形状

寸法

測定方法及び種類別に

針各部 11 か所の寸法を
規定

同上

3.1 

3.2 

3.3

形状を柄径と幹

径の関係から三
つに区分 
柄径,幹径,針

穴距離の 3 か所
の寸法を規定

MOD/

追 加

( 寸 法 部
位)

MOD/

変 更

(寸法)

JIS

は寸法の部

位を 8 か所追加
している。

ISO

と JIS の寸

法 は 一 致 し な
い。

外観

針の外観を規定

同上

−  規定なし

材料

針に使用する材料を規

同上

−  規定なし

曲げ

変形

針の曲げ変形を規定

同上

−  規定なし

10 

検査
の方

5.

9.について検査し,

規定を満足することを
規定

ISO 

8239

−  規定なし

11 

包装

包装方法を規定

同上

−  規定なし

12 

表示

製品の表示,包装の表示
を規定

同上

−  規定なし

ISO 8239

は,家庭用及び工

業用ミシン針の柄の径,幹の
径,柄端から針穴までの距離

及びそれらの許容差だけを
規定した規格であるのに対
し,

JIS

は家庭用ミシン針で,

縫製物に対応した形状・寸法
及び使用上重要な品質特性
である硬さや曲げ変形など

を具体的に規定している。

ISO

で規定した針のほとん

どの形状・寸法は,国内に流

通する家庭用ミシンに対応
することができず,また,

ISO

にはミシン針に必要な

品質特性が規定されていな
いことから,現行の ISO 

JIS

を整合化することは困難

である。 
なお,現在のところ国際提案
の予定はない。


7

B 9012 : 2000

 
JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD 

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    − IDT………… 技術的差異がない。

    − MOD/削除…

国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

    − MOD/追加…

国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

    − MOD/変更…

国際規格の規定内容を変更している。

    − MOD/選択…

国際規格の規定内容と別の選択肢がある。

    − NEQ………  技術的差異があり,かつ,それがはっきりと識別されていない。

2.  JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    − IDT………… 国際規格と一致している。 
    − MOD………  国際規格を修正している。 
    − NEQ………  技術的内容及び構成において,国際規格と同等でない。 

改正原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

櫻  井  純  子

女子栄養大学家庭科教育学研究室

(委員)

有  野  重  男

通商産業省機械情報産業局産業機械課

石  井  栄  子

主婦連合会

荻  生  万寿子

全国地域婦人団体連絡協議会(東京都地域婦人団体連盟)

古  川  哲  夫

財団法人日本消費者協会

玉  本  雅  子

社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会

佐  野  康  郎

蛇の目ミシン工業株式会社

浅  葉      豊 JUKI 株式会社

北  島  勝  広

ブラザー工業株式会社

常  味  孝  幸

社団法人日本縫製機械工業会

(事務局)

佐々木  孝  雄

社団法人日本縫製機械工業会

改正原案作成委員会  SWG 構成表

氏名

所属

(委員)

関  口      睦

オルガン針株式会社

佐  野  康  郎

蛇の目ミシン工業株式会社

浅  葉      豊 JUKI 株式会社

柳      欣三郎

シンガー日鋼株式会社

小  川  雅  夫

ブラザー工業株式会社

(事務局)

佐々木  孝  雄

社団法人日本縫製機械工業会