>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 8833-3:2008

(1)

目  次

ページ

序文

1

1  適用範囲

1

2  引用規格

1

3  用語及び定義

2

4  記号及び略語

2

5  一般

2

6  荷重及び適用係数

2

7  荷重の組合せ−設計に関する一般的な事項

5

7.1  慣性力

5

7.2  作業時風荷重

5

8  現場における荷重の組合せ

5

附属書 JA(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

6


 
B 8833-3:2008

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本クレーン協会 (JCA) 及び財団

法人日本規格協会 (JSA) から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工

業標準調査会の審議を経て,厚生労働大臣,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。厚生労働大臣,経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,

このような特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認に

ついて,責任はもたない。

JIS B 8833 の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

B

8833-1  第 1 部:一般

JIS

B

8833-2  第 2 部:移動式クレーン

JIS

B

8833-3  第 3 部:タワークレーン

JIS

B

8833-4  第 4 部:ジブクレーン

JIS

B

8833-5  第 5 部:天井走行クレーン及び橋形クレーン


日本工業規格

JIS

 B

8833-3

:2008

クレーン−荷重及び荷重の組合せに関する設計原則

第 3 部:タワークレーン

Cranes Design principles for loads and load combinations

Part 3 : Tower cranes

序文

この規格は,1998 年に第 1 版として発行された ISO 8686-3 を基に作成した日本工業規格であるが,設

計方法を国内実態に合わせるため,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

対応国際規格の規格群は,限界状態設計法及び許容応力設計法が規定されているが,この規格群の第 1

部∼第 5 部までは限界状態設計法を規定し,JIS B 8831 は許容応力設計法を規定している。

1

適用範囲

この規格は,第 1 部に規定した一般設計原則に加えて,JIS B 0146-1 で規定するタワークレーンの,限

界状態設計法に基づく荷重の組合せ及び諸係数の値について規定する。

注記 1  日本国内での使用には,強制法規であるクレーン構造規格に従う必要がある。

なお,JIS B 8831 は強制法規の規定に沿って作成されている。

注記 2  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 8686-3 : 1998,Cranes−Design principles for loads and load combinations−Part 3 : Tower

cranes (MOD)

なお,対応の程度を表す記号 (MOD) は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,修正していること

を示す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格のうちで,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。

には適用しない。西暦年の付記がない引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0146-1  クレーン用語−第 1 部:一般

注記  対応国際規格:ISO 4306-1,Cranes−Vocabulary−Part 1 : General (MOD)

JIS B 8830  クレーン−風荷重の評価

注記  対応国際規格:ISO 4302,Cranes−Wind load assessment (MOD)

JIS B 8833-1 : 2008,クレーン−荷重及び荷重の組合せに関する設計原則−第 1 部:一般

注記  対応国際規格:ISO 8686-1 : 1989,Cranes−Design principles for loads and load combinations−



B 8833-3:2008

Part 1 : General (MOD)

ISO 12485 : 1998,Tower cranes−Stability requirements

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 8833-1 : 2008 による。

4

記号及び略語

この規格で用いる記号は,JIS B 8833-1 : 2008 の

表 による。

5

一般

構成部品は,JIS B 8833-1 : 2008 に規定した限界状態設計法によって性能照査を行う。

ティッピング及び吹き流し状態となるタワークレーンの設計は,ISO 12485 : 1998 の規定による。

6

荷重及び適用係数

表 は,荷重及び荷重の組合せを示す。

表 は,表 に規定された荷重組合せに使用される動的影響係数φ

n

を規定する。また,JIS B 8833-1 

び他の関連する規格についても記述する。

注記  表 の第 1 欄に規定された行番号は,表 の第 6 欄に同じである。

クレーンの質量及び重心が実験及び/又は実測によって決定される場合,

表 の行番号 1,“荷重減少効

果あり 1)”の係数を適用する。

質量及び重心が最終の部品リストに基づいて計算された場合,

表 の行番号 1,の“荷重減少効果あり

2)”の係数を適用する。


3

B 8833-3:2008

表 1−荷重及び荷重の組合せ

荷重の組合せ A

荷重の組合せ B

荷重の組合せ C

荷重の種類

荷重

部分荷重

係数 γ

p

A1 A2 A3 A4 部分荷重

係数 γ

p

B1 B2 B3 B4 B5 部分荷重

係数 γ

p

C1 C2 C3 C4 C5 C6 C7 C8 行番号

荷重減少効果なし 1.22

1.16

1.1

荷重減少効果あり 1) 
(実験・実測によって
決定される場合)

1.16 1.1

1.05

クレーンの質量
による荷重

荷重減少効果あり 2) 
(重心が最終の部品

リストに基づいて計
算された場合)

1.1

φ

1

φ

1

1

1.05

φ

1

φ

1

1

1.0

φ

1

 1 φ

1

 1  − 1 − 1  1

総荷重 1.34

φ

2

φ

3

1

− 1.22 φ

2

φ

3

1

− 1.1  −

η 

− 1 − 1 − 1  2

重力,加速力 
及び衝撃力

平たんでない場所を走行するクレーン 
の質量による荷重及び総荷重

1.22

φ

4

1.16

φ

4

φ

4

− 3

巻上作動除く

φ

5

φ

5

φ

5

φ

5

φ

5

− 4

駆動装置による 
加速

クレーンの質量
による荷重及び

総荷重

巻上作動含む

1.34

φ

5

φ

5

1.22

φ

5

φ

5

1.1

− 5

定常荷重 
JIS B 8833-1 
6.1 参照

変位

JIS B 8833-1  6.1.5 参照

1.16  1 1 1 1  1.1

1 1 1 1 1  1.05  1 1 1 1 − 1 − 1  6

作業中の風荷重

1.16  1 1 1 1 1

− 7

雪及び氷による荷重

1.22  1 1 1 1 1  1.1  − 1 −

− 8

気象の影響

温度変化による荷重

1.16  1 1 1 1 1  1.05  − 1 −

− 9

非定常荷重 
JIS B 8833-1 
6.2 参照

スキュー(蛇行)

  JIS B 8833-1  6.2.2 参照

     1.16 −

− 1

− 10

地上に置かれた荷のつり上げによる荷重

1

φ

2

− 11

休止時の風荷重

1

− 1 −

− 12

試験荷重

1

φ

6

− 13

緩衝器への衝突荷重

1

φ

7

− 14

ティルティング(傾動)による荷重

1

− 15

非常停止による荷重

1

φ

5

− 16

機械の故障による荷重

1

− 17

特殊荷重 
JIS B 8833-1 
6.3 参照

クレーンの基礎の振動による荷重

1

− 1  18

抵抗係数 γ

m

  1.1



B 8833-3:2008

表 2−動的影響係数φ

n

表 1

行番号

係数

φ

n

JIS B 8833-1

箇条番号

φ

n

の値及び関連規格

1

φ

1

6.1.1 

φ

1

=1±α  α=0.1

φ

1

=1(ティッピングの設計に対して)

φ

2

6.1.2.2 

巻上等級 HC

1

,最小係数は,1.05 とする。

2

φ

3

6.1.2.3 

3

φ

4

6.1.3.2 

及び

附属書 D

建設用クレーンには,φ

4

=1.1 を推奨。走行軌条の交差が標準寸法か

ら外れているとき(受渡当事者間で協定している場合)は,他の値を
採用する。

4 及び 5

φ

5

6.1.4

剛体解析モデルを使用する場合: 
φ

5

=1.2  無段階制御によって加速及び制動力が制御され,かつ,機械

にバックラッシュがないとき

φ

5

=1.5  実用上バックラッシュの影響を受けないで駆動力がクレー

ンに作用する,その他の制御の場合

φ

5

=2

明らかにバックラッシュがある場合

他のφ

5

の値は,実状に合わせて採用する。

6  6.1.5 

部分荷重係数は,適切な値を考慮する。

7  6.2.1.1 JIS 

8830 に従った作業時の風荷重。

8  6.2.1.2 

雪及び氷による荷重は,特殊な場合及びクレーンの設置される場所の
条件によって決める必要がある。

9  6.2.1.3 

温度変化による荷重は,クレーンの設置される場所の条件によって決
める必要がある。

10  6.2.2 

スキュー(蛇行)による荷重は,共通車台を使用する場合は,無視で

きる。その他,JIS B 8833-1 

附属書 参照。

11

φ

2

6.1.2.2.2 

巻上等級 HC

1

12  6.3.1 JIS 

8830 による休止時の風荷重。

13

φ

6

6.3.2 

荷重試験の荷重は,定格荷重の 1.25 倍とする。この値より大きな静的
試験荷重又は動的試験荷重が要求される場合には,動的試験荷重に係
数φ

6

を乗じなければならない。

  φ

6

=0.5 (1+φ

2

)

14

φ

7

6.3.3 

緩衝器又はストッパに衝突する走行速度が,0.7 m/s 以下の場合には,
衝突荷重は,考慮しなくてよい。

15  6.3.4 

ティルティングによる荷重は,考慮しない。

16

φ

5

6.3.5 

急に電源が切れたことによって発生する荷重は,最大φ

5

=2.0 を考慮

する。

17  6.3.6 

機械の故障によって発生する荷重は,適宜,考慮する。

18  6.3.7 

衝撃による荷重は,適宜,考慮する。


5

B 8833-3:2008

7

荷重の組合せ−設計に関する一般的な事項

7.1

慣性力

加速中及び減速中にクレーンの構造に作用する慣性力は,

通常の運転状態で発生する最大荷重によって,

次のように組み合わせなければならない。

a)  異なる作動を同時に操作できる場合

巻上作動と同時に行う,次の操作。

−  旋回及び運転室移動

−  旋回及び起伏

−  旋回及び走行

旋回中及び減速中の慣性力は,遠心力と組み合わせなければならない。

遠心力に対してφ

5

=1 とする。

b)  異なる作動を同時に操作できない場合

慣性力は,それらが同時に作用するように組み合わせなければならない。

7.2

作業時風荷重

風荷重は,JIS B 8830 による。

この値は設計時に適用する。しかし,運転マニュアルでは,作業を中止する最大風速を設計荷重よりも

低い値に定めなければならない。

8

現場における荷重の組合せ

建設現場におけるタワークレーンに対しては,

表 の荷重の組合せ A1,A2,A3,A4,B1,B2,B3,

B4,C1 及び C2 を適用する。

参考文献  JIS B 8831 : 2004  クレーン−荷重及び荷重の組合せに関する設計原則

ISO 4310 : 1981,Cranes−Test code and procedures



B 8833-3:2008

附属書 JA

参考)

JIS と対応する国際規格との対比表

JIS B 8833-3 : 2008  クレーン−荷重及び荷重の組合せに関する設計原則−第 3 部:タ
ワークレーン

ISO 8686-3 : 1998,Cranes−Design principles for loads and load combinations−
Part 3 : Tower cranes

(Ⅰ) JIS の規定

(Ⅲ)  国際規格の規定

(Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごとの評価
及びその内容

箇条番号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際 
規格 
番号

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ) JIS と国際規格と
の技術的差異の理由
及び今後の対策

1  適用範囲

1

変更

ISO 規格は,許容応力設計法又は限界状態
設計法を設計原則としているが,この部で

は限界状態設計法によるものとし,JIS B 
8831 
に許容応力設計法による規定をした。

技術的差異はない。

2 引用規格

2

ISO 4310:1981 

削除

JIS では,直接引用しておらず削除した。

技術的差異はない。

5  一般

限界状態設計法によって性
能照査を行う。

 5 許容応力法か限界状態設計

法のいずれかによって性能
照査を行う。

変更

1 適用範囲と同じ。

技術的差異はない。

重心が実験及び/又は実測
によって決定される場合。

 6 重心が実験(質量の計測)

によって決定される場合。

変更

JIS では,分かりやすい表現とした。

技術的差異はない。

表 1 
表 2

 6

表 2 
表 1

変更

JIS では,他の部の表番号の順番と同一と
した。

技術的差異はない。

表 2 
JIS B 8830 に準拠

表 1

ISO 4302 に準拠

変更

JIS では ISO 4302 に対応する JIS B 8830
の規定事項に準じるとした。

技術的差異はない。

6  荷重及び
適用係数

荷重試験の荷重は定格荷重
の 1.25 倍とする。この値よ

り大きな静的試験荷重又は
動的試験荷重が要求される
場合には,動的試験荷重に

係数φ

6

を乗じる。

ISO 4310 規定: 
静荷重試験=1.25×定格荷

変更 
追加

JIS ではクレーン等安全規則に規定されて
いる過負荷試験の値(定格荷重の 1.25 倍)

を記載した。 
なお,第 1 部の規定も追加した。

技術的差異はない。

6

B 883

3-

3

2

008

6

B 883

3-

3

2

008


7

B 8833-3:2008

(Ⅰ) JIS の規定

(Ⅲ)  国際規格の規定

(Ⅳ) JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごとの評価
及びその内容

箇条番号 
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際 
規格

番号

箇条 
番号

内容

箇条ごと 
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ) JIS と国際規格
との技術的差異の理
由及び今後の対策

7.2  作 業 時
風荷重

風荷重は,JIS B 8830 に規

定された値が適用される。

 7.2

風荷重は,ISO 4302 に規定

された値が適用される。 
建設中:0.125 kN/m

2

作業中:0.25 kN/m

2

変更

対応する JIS に従うものとした。

技術的差異はない。

8  現場にお
ける荷重の

組合せ

表 1

8

表 2

変更

JIS では,他の部の表番号の順番と同一と
した。

技術的差異はない。

参考文献

JIS B 8831:2004 
ISO 4310
:1981

追加

JIS では,参考文献を追加した。 

技術的差異はない。

JIS と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 8686-3:1998:MOD

関連する法規

クレーン構造規格及びクレーン等安全規則

 
注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  削除  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
    −  追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    −  変更  国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD 国際規格を修正している。 

7

B 883

3-

3

2

008

7

B 883

3-

3

20
0

8