>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 8824-3

:2009

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義 

1

4

  一般

2

5

  色彩

3

6

  図記号

4

附属書 A(参考)図記号の組合せの例

11

附属書 JA(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

14


B 8824-3

:2009

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本クレーン協会(JCA)及び財団法

人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標

準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責

任はもたない。

JIS B 8824

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

B

8824-2

  第 2 部:移動式クレーン

JIS

B

8824-3

  第 3 部:タワークレーン


日本工業規格 JIS

 B

8824-3

:2009

クレーン−図記号−第 3 部:タワークレーン

Cranes-Graphical symbols-Part 3: Tower cranes

序文 

この規格は,2006 年に第 1 版として発行された ISO 7296-3 を基に作成した日本工業規格であるが,用

語の定義,対応国際規格には規定されていない規定項目(一般及び色彩)を追加したなど技術的内容を変

更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,JIS B 0146-1 及び JIS B 8822-3 で規定するタワークレーンの操縦装置及び他の表示装置上

で使用する図記号について規定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 7296-3:2006

,Cranes−Graphical symbols−Part 3: Tower cranes (MOD)

なお,対応の程度を表す記号(MOD)は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,修正していることを示

す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0146-1

  クレーン用語−第 1 部:一般

JIS B 8822-3

  クレーン及び巻上装置−分類及び等級    第 3 部:タワークレーン

JIS B 8824

  クレーン−図記号

JIS Z 8221-1

  機器・装置用図記号の基本原則−第 1 部:図記号原形の創作

JIS Z 8221-2

  機器・装置用図記号の基本原則−第 2 部:矢印の形及び使用方法

JIS Z 8221-3

  機器・装置用図記号の基本原則−第 3 部:図記号を使用するときの指針

JIS Z 8222-1

  製品技術文書に用いる図記号のデザイン−第 1 部:基本規則

ISO 7000

,Graphical symbols for use on equipment−Index and synopsis

IEC 60417-DB

,Graphical symbols for use on equipment

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0146-1JIS B 8822-3 及び JIS B 8824 によるほか,次によ

る。


2

B 8824-3

:2009

図記号(graphical symbol

言語によらず,見て分かる方法で情報を伝達するために用いる図形。図,印刷及びその他の手段によっ

て作る。

注記  記号(symbol)は,図記号(graphical symbol)を単純化し,同様の意味で使用する。また,図

記号は,識別記号とも呼ばれる。

一般 

4.1

図記号は,箇条 に規定したものとする。しかし,これらの図記号は概略を示し,実際に使用する

ときには,特に個別図記号として規定されていなければ,明りょう(瞭)さの強調,及び運転者に識別し

やすくするための改善をしてもよい。

4.2

表示装置の技術的制約などによって,図記号の線を太くするなど若干の修正を加えることが必要と

なるときもある。そのような場合には,基本となる図形の要素が,そのまま変わることがなければ,運転

者が識別しやすい修正を施してもよい。 

4.3 

さらに,図記号の外観を改善し,かつ,認知しやすくするため,又は適用する装置のデザインと整

合させるために,線の太さを変えたり,記号の角を落としたりするときもある。図記号を認知するために

必要な性質が保持されていれば,このような修正を自由に行ってもよい(JIS Z 8221-1JIS Z 8221-2 及び

JIS Z 8221-3

参照)

4.4 

実際に使用するときのすべての図記号は,運転者が識別しやすい大きさにする。サイズ設計は,JIS 

Z 8222-1

に規定する適切なサイズ設定の指針による。図記号は,個別に注釈がない限り,この規格による。

4.5 

図記号の多くは,多様な図記号を,意味が整合するように組み合わせて新たな図記号を作成すると

いう,組合せ手法によって作成している。

4.6 

図記号が,クレーン又はクレーンの部品の側面図を示すときは,図記号内で機械は右から左に動く

とみなす。図記号が,機械又は機械の部品の平面図を示すときは,図記号内で機械は下から上に動くとみ

なす。

4.7

操縦装置と表示装置上の図記号は,背景となる装置に対して明りょう(瞭)に目立つものとする。

ほとんどの操縦装置に対しては,暗い背景に明るい図記号が推奨される。表示装置には,暗い背景に明る

い図記号,又は明るい背景に暗い図記号のいずれかで,判読性が最良となるものを用いてよい。図記号の

明暗を反転するとき(黒を白に,又はその反対)

,その図記号全体に実施しなければならない。

4.8

図記号は,それを用いて識別する操縦装置若しくは表示装置の上に,又は隣接して配置する。操縦

装置に複数の図記号が必要なときは,図記号が表現する操縦装置の動作と関連した位置に配置する。

4.9 

図記号に使用する矢印は,JIS Z 8221-2 の要求事項に適合しなければならない。図記号の原形は JIS 

Z 8221-1

の通則によって作成し,その適用に当たっては JIS Z 8221-3 による。 

4.10 

箇条 の図記号の表内の右欄に ISO/IEC 登録番号及び英文を記載する。

5000

番未満の登録番号は ISO 

7000

を,5000 番を超える登録番号は IEC 60417-DB による。

注記  図記号の原形は ISO/TC 145 で承認,登録され,ISO 7000 で規定される。

4.11 

文字及び数字を図記号として用いてもよい。 

注記  文字及び数字は ISO/TC 145 では登録しない。また,ISO 7000 では規定しない。

この規格で示す字体に限ることは意図していない。他の字体を代用として用いてもよいが,判読性が維

持されるようにする。


3

B 8824-3

:2009

4.12 

この規格の図記号は,図記号原形を縮小して示す。コーナマークは,JIS Z 8221-1 に規定する一辺

75 mm

の正方形のかど(角)を示す。コーナマークは図記号の一部ではないが,すべての図記号の表現の

一様性を確実とするために表示する。

注記  図記号の情報媒体は,ISO/TC 145 の事務局から入手可能である。

色彩 

5.1 

表示装置上で映し出された各色の意味を,次に示す。

−  赤色:至急対応すべき破損,重大な故障,又は危険な運転状態

−  黄色又はこはく(琥珀)色(茶色がかった黄色)

:危険な運転状態に近づいている状態

−  緑色:正常な運転状態

5.2 

さらに,次の色は,特定の機能に使用される。

−  青色:ヘッドライト(前照灯)の主ビーム又はハイビーム

−  赤色:危険警報表示

−  緑色:方向指示

5.3 

暖房及び/又は冷却装置の図記号に使用される場合,赤は高温の表示,青は低温の表示とする。


4

B 8824-3

:2009

図記号 

図記号は,次による。また,

附属書 に図記号の組合せの例を示す。

番号

図記号

記号の説明及び適用

ISO/IEC 

登録番号 

オン又は始動(電源)

On (power)

IEC 60417-5007 

オフ又は停止(電源)

Off (power)

IEC 60417-5008 

オン及びオフ(押/押)

On/Off (push/push)

IEC 60417-5010 

オン及びオフ[押ボタン(釦)

On/Off (push button)

IEC 60417-5011 

警報

Horn

IEC 60417-5014 

換気装置

Ventilator

ISO 7000-1118 

換気用ファン,空気循環用ファン

Ventilating fan; air-circulating fan

ISO 7000-0089 


5

B 8824-3

:2009

番号

図記号

記号の説明及び適用

ISO/IEC 

登録番号

温度

Temperature

ISO 7000-0034 

ヒータ又は内部暖房

Interior heating

ISO 7000-0637B 

10 

冷房

エアコンディショナ

Cooling

ISO 7000-0027 

11 

回転灯

Rotating beacon

ISO 7000-1141A 

12 

照明

Lighting; lamp

IEC 60417-5012 

13 

作業灯

Work lights/floodlight

ISO 7000-1204 

14 

ウインドワイパ

Windscreen/Windshield wiper

ISO 7000-0086 

15 

ウインドウォッシャ

Windscreen/windshield washer

ISO 7000-0088 


6

B 8824-3

:2009

番号

図記号

記号の説明及び適用

ISO/IEC 

登録番号

16 

風速

Wind speed

ISO 7000-1698 

17 

風向

Wind direction

ISO 7000-1699 

18 

ウインチ−基本図記号

Winch

−Basic symbol

ISO 7000-1176 

19 

ブレーキライニング摩耗

Worn brake linings

ISO 7000-1408 

20 

ブレーキ作動

Brake on

ISO 7000-0020 

21 

ブレーキ開放

Brake off

ISO 7000-0021 

22 

つり具:巻上げ

Hook assembly: lift

ISO 7000-1682 

23 

つり具:巻下げ

Hook assembly: lower

ISO 7000-1683 


7

B 8824-3

:2009

番号

図記号

記号の説明及び適用

ISO/IEC 

登録番号

24 

ロープ掛け−1 本掛け

Rope reeve

−Single fall

ISO 7000-2755 

25 

ロープ掛け−2 本掛け

Rope reeve

−Two falls

ISO 7000-2756 

26 

ロープ掛け−4 本掛け

Rope reeve

−Four falls

ISO 7000-2757 

27 

連続回転方向 
時計方向旋回

Direction of continuous rotation

three dimensional presentation

ISO 7000-0440 

28 

連続回転方向 
反時計方向旋回

Direction of continuous rotation

anticlockwise

,Slewing

counter-clockwise

ISO 7000-0941 

29 

両方向旋回 
ロックなし(ジブの自由旋回)

Slewing in both directions unlocked

(Jib weathervaning)

ISO 7000-2761 

30 

1

方向の移動

Movement in one direction

IEC 60417-5022 

31 

クレーントロリ

Crane trolley

ISO 7000-2758 


8

B 8824-3

:2009

番号

図記号

記号の説明及び適用

ISO/IEC 

登録番号

32 

起伏上げ

Luff in

ISO 7000-1684 

33 

起伏下げ

Luff out

ISO 7000-1685 

34 

ジブ(ブーム)伸縮:伸ばし

Telescopic boom extend

ISO 7000-1686 

35 

ジブ(ブーム)伸縮:縮め

Telescopic boom retract

ISO 7000-1687 

36 

クレーンベース−軌条走行式

Crane base

−rail mounted

ISO 7000-2759 

37 

レールクランプ:オン(閉)

Rail clamp engaged

ISO 7000-1696 

38 

レールクランプ:オフ(開)

Rail clamp disengaged

ISO 7000-1697 

39 

クラムシェルバケット:閉

Clamshell bucket

,close

ISO 7000-1496 


9

B 8824-3

:2009

番号

図記号

記号の説明及び適用

ISO/IEC 

登録番号

40 

クラムシェルバケット:開

Clamshell bucket

,open

ISO 7000-1495 

41 

組立式タワークレーン

Tower cranes assembled from

component parts

ISO 7000-2762 

42 

自立組立式クレーン

Self-erecting cranes

ISO 7000-2763 

43 

Spindle

ISO 7000-0267 

44 

ハザードウォーニング

Hazard warning lights

ISO 7000-0085 

45 

安全警告,注意

Danger

ISO 7000-0434A 

46 

グリース給脂箇所

Grease lubrication point

ISO 7000-0787 

47 

オイル給油箇所

Oil lubrication point

ISO 7000-0391 


10

B 8824-3

:2009

番号

図記号

記号の説明及び適用

ISO/IEC 

登録番号

48 

通常走行

Normal run

IEC 60417-5107A 

49 
 

高速走行

Fast run

IEC 60417-5108A 

50 
 

最高速走行

Fast speed

ISO 7000-0944 

51 
 

走行制限解除−直線走行

Over travel

,rectilinear

ISO 7000-0256 

52 
 

走行制限解除−回転

Over travel

,rotary

ISO 7000-0781 

53 
 

制限解除装置−双方向

Limit override

−in two directions

ISO 7000-2764 

54 
 

制限解除装置−1 方向

Limit override

−in one direction

ISO 7000-2765 

55 
 

最減速走行:最減速速度

Much reduced run; much reduced

speed

ISO 7000-0528 


11

B 8824-3

:2009

附属書 A

(参考)

図記号の組合せの例

序文   

この附属書は,図記号の組合せに関する一般的なものについての例であって,規定の一部ではない。

A.1

図記号の組合せの一般例を,次に示す。 

番号

図記号

記号の説明及び適用

ISO/IEC 

登録番号

A.1 
 

組立式タワークレーンの 
転倒モーメント制限解除装置

−モーメント値

Turning moment limiting device for

tower cranes assembled from

component parts

−moment value

ISO 7000-2766 

A.2 

自立組立式タワークレーンの

転倒モーメント制限解除装置 
−モーメント値

Turning moment limiting device for

self erecting cranes

−moment value 

ISO 7000-2767 

A.3 

荷重制限装置−荷重値

Load limiting device

−load value

ISO 7000-2768 

A.4 

クレーンベース−軌条走行式

走行制限装置−1 方向

Crane base-rail mounted

,travel limit

device; one direction

ISO 7000-2769 

A.5 

クレーンベース−軌条走行式

走行制限装置−2 方向

Crane base-rail mounted

,travel limit

device; two directions

ISO 7000-2770 


12

B 8824-3

:2009

番号

図記号

記号の説明及び適用

ISO/IEC 

登録番号

A.6 

旋回制限装置−時計方向

Slew limit device

−clockwise

ISO 7000-2771 

A.7 

旋回制限装置−反時計方向

Slew limit device

−anticlockwise

ISO 7000-2772 

A.8 

起伏上げ制限装置

Upper luffing limit device

ISO 7000-2773 

A.9 

起伏下げ制限装置

Lower luffing limit device

ISO 7000-2774 

A.10 

起伏上げ制限解除装置

Upper luffing limit override device

ISO 7000-2775 

A.11 

起伏下げ制限解除装置

Lower luffing limit override device

ISO 7000-2776 

A.12 

巻上げ制限装置

Upper hoist limit device

ISO 7000-2777 

A.13 

巻下げ制限装置

Lower hoist limit device

ISO 7000-2778 


13

B 8824-3

:2009

番号

図記号

記号の説明及び適用

ISO/IEC 

登録番号

A.14 

巻上げ制限解除装置

Upper hoist limit override device 

ISO 7000-2779 

A.15 

トロリ走行制限装置−後退方向

Trolley travelling limit device

backward

ISO 7000-2780 

A.16 

トロリ走行制限装置−前進方向

Trolley travelling limit device

forward

ISO 7000-2781 

A.17 

トロリ後退

Trolley travelling backwards

ISO 7000-2782 

A.18 

トロリ前進

Trolley travelling forwards

ISO 7000-2783 

A.19 

ブレーキオンオフ

Brake on or brake off

ISO 7000-1173 


附属書 JA

(参考)

JIS

と対応する国際規格との対比表

JIS B 8824-3 : 2009

  クレーン−図記号−第 3 部:タワークレーン

ISO 7296-3:2006

,Cranes−Graphical symbols−Part 3: Tower cranes

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条

ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び名称

内容

(Ⅱ)

国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差

異の理由及び今後の対策

1

適 用 範

JIS B 0146-1

及び

JIS B 8822-3

で定義

されるタワークレ
ーンに適用する。

ISO 4306-3

で定義される

タワークレーンに適用す

る。

追加

JIS

では,JIS B 8822-3 の一般

事 項 の 規 定 で あ る JIS B 

0146-1

に規定されたタワーク

レーンも適用範囲とした。

技術的な差異はない。

2

引 用 規

3

用 語 及

び定義

JIS B 0146-1

JIS B 

8822-3

及び JIS B 

8824

による。

追加

JIS

では,用語及び定義に関す

る規格を追加した。

技術的な差異はない。

4

一般

JIS Z 8221-1 

JIS Z 8221-2 

JIS Z 8221-3 

 

追加

JIS

では一般的要求事項を追加

した。 

技術的な差異はない。

5

色彩

JIS B 8824-2 

 

追加

JIS

では図記号が使われる表示

装置の色彩を規定した。 

技術的な差異はない。

27

連続回転方向

時計方向旋回

− 27

連続回転方向

追加

JIS

では,時計方向旋回を追加

した。

技術的な差異はない。

34

 ジブ(ブーム)

伸縮:伸ばし

34

ジブ伸縮:伸ばし

追加

JIS

では,ジブに同一の意味の

ブームを追加した。

技術的な差異はない。

35

 ジブ(ブーム)

伸縮:縮め

34

ジブ伸縮:縮め

追加

同上

技術的な差異はない。

6

図記号 

46

グリース給脂箇

46

潤滑グリース

(Lubricant grease)

変更

JIS

では,他の部で使用されて

いるグリース給脂箇所に変更

した。

技術的な差異はない。

14

B 882

4-

3


2

009


(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び名称

内容 

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容 

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

6

図記号 

(続き)

47

オイル給油箇所

47

潤滑油

(Lubricating oil)

変更

JIS

では,他の部で使用されて

いるオイル給油箇所に変更し
た。

技術的な差異はない。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 7296-3:2006,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

15

B 882

4

-3


2

009