>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 8824 : 2001

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本クレーン協会 (JCA) /財団法

人日本規格協会 (JSA) から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業

標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

制定に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,

ISO 7296-1 : 1986, Cranes

−Graphic symbols−Part 1 : General を基礎として用いた。

JIS B 8824

には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表


日本工業規格

JIS

 B

8824

: 2001

クレーン−図記号

Cranes

−Graphical symbols

序文  この規格は,1986 年に第 1 版として発行された ISO 7296-1, Cranes−Graphic symbols−Part 1 : General

を翻訳し,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,原国際規格にはない事項である。追加・変更の一覧表

を,その説明を付けて附属書に示す。

1.

適用範囲  この規格は,クレーンの制御に使用される一般的な図記号を規定する。

また,制御用押しボタンと表示ランプに使用する色を規定する。

備考  この規格の国際対応規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 7296-1 : 1986, Cranes

−Graphic symbols−Part 1 : General (MOD)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格のうちで,発行年を付けてあるものは,記載の年の版だけがこの規格の規定を構成

するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。

ISO 7000 : 1989

  Graphical symbols for use on equipment−Index and synopsis

IEC 60417 : 1973

  Graphical symbols for use on equipment Index, survey and compilation of the single sheets

3.

定義  図記号は,5.15.25.3 に示すように次のグループに分類した。

運動の基本的な方向及びオン・オフ位置を示す図記号

運転制御のための図記号

情報のための図記号

4.

一般的要求  図記号は,5.15.25.3 に示すものでなければならない。

制御用の図記号は,それらの背景とよいコントラストをもたなければならない。

(できれば,暗い背景に

明るい図記号とするのが望ましい。

図記号は,説明するコントローラの上又はその近くに取り付けなければならない。

一つ以上の図記号を必要とする場合(例えばオン・オフ,右行き・左行きのような場合)

,図記号は,そ

れによって示された機器の動きが制御運転の感覚に暗示を与えるような制御機器に関係した位置に取り付

けなければならない。

図記号は,運転士が運転をする範囲で容易に見られる位置に取り付けなければならない。


2

B 8824 : 2001

コントロールレバーの動く方向を示す図記号は,レバーの動きを明示する図記号と一緒に使用される。

図記号は,それが示す動きに従って,要求された位置の制御盤に取り付けなければならない。

5.

制御に関する図記号

5.1

運動の基本的な方向とオン・オフ位置を示す図記号

番号

図記号

説明

001

一方方向の移動

002

二方向のコントロールレバーの動き

003

回転,時計回り

004

回転,反時計回り

005

両方向回転,ロックなし

006

両方向回転,ロックあ

固定されたところを示す追加された図記号がついている矢印は,運動の方向(例えば全回転クレーンの
走行)の変更とともに運転室が動くような場合に適用される

番号

図記号

説明

007

右回転

008

左回転

009

左右回転

010

オン

011

オフ

012

オン−オフ


3

B 8824 : 2001

番号

図記号

説明

013

押しボタンだけによるオン

5.2

運転制御のための図記号

番号

図記号

説明

020

つり具:巻上げ

021

つり具:巻下げ

022

起伏上げ

023

起伏下げ

024

ジブ伸縮:伸ばし

025

ジブ伸縮:縮め

026

クラブ横行:右行き,左行き

027

走行:前進


4

B 8824 : 2001

番号

図記号

説明

028

走行:後進

029

走行:両方向

030

クライミングクレーン:クライミング上げ

031

クライミングクレーン:クライミング下げ

040

リフティングマグネット:オン

041

リフティングマグネット:オフ

042

レールクランプ:オン

043

レールクランプ:オフ

044

2

段式操作ボタン

5.3

情報のための記号図

番号

図記号

説明

050

可変制御:回転


5

B 8824 : 2001

番号

図記号

説明

051

可変制御:直線制御

052

風速

053

風向

054

ブレーキオン

055

ブレーキオフ

056

クラッチオン

057

クラッチオフ

058

警報

059

温度

060

ベンチレーション

061

運転室内照明灯

062

照明灯


6

B 8824 : 2001

番号

図記号

説明

063

スポットライト

064

ワイパー

065

ヒータ

066

エアコンディショナー

067

窓ガラスヒータ

068

回転数

069

潤滑油

070

空気口

071

電源

072

エンジンオイル

073

主開閉器

074

プラグ・ソケット

075

蒸気


7

B 8824 : 2001

番号

図記号

説明

076

グリース

077

インターロック  オン

078

イン夕日ロック  オフ

6.

制御押しボタンと表示ランプのための色

6.1

制御押しボタンの色

番号

目的

適用例

3.1.1

非常停止又は電源切のときの
行動

非常停止ボタン 
停止又は電源切断 
    −全てのシステムの停止

    −1 又はそれ以上のモータ

3.1.2

赤,黄を除くすべての

動きの制限のない機能

他の運転制御

6.2

表示ランプの色

番号

目的

適用例

3.2.1

非常時の行動 
危険な状態又は非常時

直ちに介入を必要とする場合

非常停止 
  過荷重

  危険な突風

3.2.2

危険状態に接近したことの警告

定格荷重のつり具

3.2.3

安全,運転状態

運転状態 
運転開始


8

8

B 8824

: 20

01

附属書(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS B 8824 : 2001

  クレーン−図記号

ISO 7296-1 : 1991

  クレーン−図記号  第 1 部:一般

(I)

  JIS の規定 (II)  国際規

格番号

(III)

  国際規格の規

(IV)

  JIS と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

表示箇所:

表示方法:

(V)

  JIS と国際規格との技術

的差異の理由及び今後の
対策

項目番号

内容

項目番号

内容

項目ごとの評価

技術的差異の内容

第 1 章  一般

1.

  適用範囲

クレーンの制御に関する一般的
な図記号について規定する

ISO 7296-1

第 1 章

1

JIS

に同じ

IDT

2.

  引用規格

ISO 7000 : 1989

IEC 60417 : 1973

 2

JIS

に同じ

IDT

3.

  定義

図記号のグループ分けを述べて
いる。

ISO 7296-1 3

JIS

に同じ

IDT

4.

  一般的要求

図記号に関する一般的な要求を

規定。

ISO 7296-1 4

JIS

に同じ

IDT

第 2 章

制御に関する図記号

図記号を規定

ISO 7296-1

第 2 章

JIS

に同じ

MOD

/追加

二段式操作ボタンとイン

ターロックを追加した。

ISO

見直し時に提案する

第 3 章  色

ボタン,ランプの色を規定

ISO 7296-1

第 3 章

JIS

に同じ

IDT

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    −IDT………………… 技術的差異がない。 
    −MOD/追加………  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

2.  JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    −MOD………………  国際規格を修正している。 


9

B 8824 : 2001

JIS B 8824

(クレーン図記号)原案作成委員会  構成表(平成 12 年 3 月現在)

氏名

所属

(委員長)

石  川  義  雄

埼玉大学名誉教授

(委員)

中  嶋      誠

通商産業省機械情報産業局

穐  山  貞  治

通商産業省工業技術院

木  村  嘉  勝

労働省労働基準局

坂  田  和  俊

運輸省港湾局

河  原  直  行

住友重機械工業株式会社

山  村  修  蔵

財団法人日本規格協会

村  松  史  朗

社団法人港湾荷役機械化協会

今  中  成  和

新日本製鐵株式会社

後  藤      誠

株式会社大林組

鈴  木      馨

鹿島建設株式会社

井  元  富美夫

川崎製鉄株式会社

村  田  好  正

株式会社日通総合研究所

春  田      靖

三菱重工業株式会社

島  村  信太郎

石川島播磨重工業株式会社

斎  藤      透

日立機電工業株式会社

高  橋  信  人

株式会社日本起重機製作所

神  内  紘  典

株式会社神内電機製作所

後  藤  晋  司

コベルコ建機株式会社

長  嶋  靖  夫

株式会社加藤製作所

鈴  木  政  男

株式会社日本起重機製作所

大  内  征  紀

社団法人日本クレーン協会

(事務局)

森  本  忠  三

社団法人日本クレーン協会

(分科会委員)

(主査)

高  橋  信  人

株式会社日本起重機製作所

坂  井  善  毅

通商産業省工業技術院

山  村  修  蔵

財団法人日本規格協会

河  原  直  行

住友重機械工業株式会社

村  松  史  朗

社団法人港湾荷役機械化協会

春  田      靖

三菱重工業株式会社

島  村  信太郎

石川島播磨重工業株式会社

斎  藤      透

日立機電工業株式会社

鈴  木  政  男

株式会社日本起重機製作所

横  山  俊  輔

コベルコ建機株式会社

鶴  岡  憲  明

株式会社加藤製作所

小  野      出

株式会社キトー

小  俣  定  一

石川島建機株式会社

大  内  征  紀

社団法人日本クレーン協会

(事務局)

森  本  忠  三

社団法人日本クレーン協会