>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

8817

-1991

ワイヤロープスリング

Wire rope slings for lifting purposes

1.

適用範囲  この規格は,巻上機などに使用する,アイ部をスリーブで圧着したワイヤロープスリング

(以下,ロープスリングという。

)について規定する。

備考1.  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS B 0148

  巻上機用語

JIS B 2803

  フック

JIS B 8818

  ベルトスリング

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

JIS G 3445

  機械構造用炭素鋼鋼管

JIS G 3525

  ワイヤロープ

JIS H 3300

  銅及び銅合金継目無管

JIS H 4080

  アルミニウム及びアルミニウム合金継目無管

JIS Z 8601

  標準数

2.

この規格の対応国際規格を,次に示す。

ISO 7531-1987

  Wire rope slings for general purposes−Characteristics and specifications

3.

この規格の中で  {  }  を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるものであって,

参考値として併記したものである。

2.

用語の定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS B 0148 によるほか,次による。

(1)

基本使用荷重  1 本のロープスリングに使用上負荷することができる最大荷重。

(2)

使用荷重  各種のつり方において,ロープスリングに使用上負荷することができる最大荷重。

(3)

モード係数  ロープスリングにおいて,ロープのつり本数及びつり角度による使用荷重と基本使用荷

重との比。

(4)

破断荷重  1 本のロープスリングが引張試験において耐えた最大荷重。

(5)

アイ  ロープスリングの両端末に形成されたリング状の部分。

(6)

スリーブ  アイ部の圧着に使用する金属管。

(7)

長さ  ロープスリングの有効長さ。図 1に示す をもって表す。


2

B 8817-1991

図 1  本形ロープスリング(

1

)

(基本形)

(

1

)

図は一例を示す。

図 2  本形ロープスリング(

1


3

B 8817-1991

図 3  本形ロープスリング(

1

)

図 4  本形ロープスリング(

1

3.

種類

3.1

ロープスリングの種類  ロープスリングの種類は,つり本数,シンブルの有無,及びワイヤロープ

とマスターリンク,中間リンク及びフック(以下,附属金具という。

)との組合せ並びに JIS G 3525 に規

定するワイヤロープ(以下,ロープという。

)の種類によるものとし,次による。


4

B 8817-1991

(1)

つり本数,シンブルの有無及び附属金具との組合せによるロープスリングの区分及びその記号は,

1

による。

なお,附属金具付きの場合は,シンブル付きとする。

表 1  ロープスリングの区分及び記号

1

本形

2

本形

3

本形

4

本形

基本形

マスターリン

ク付き

マスターリンク

付き

マスターリンク付き

マスターリンク付き

マスターリンク・

中間リンク付き

区分

形状

(

1

)

記号  形状

(

1

)

記号

形状

(

1

)

記号

形状

(

1

)

記号

形状

(

1

)

記号

形状

(

1

)

記号

両端シン

ブルな

SS

両端シン

ブル付

TT

PT

PT2

PT3

PT4

PTQ

4

片端シン

ブル付

TS

PS

PS2

PS3

PS4

PSQ

4

TH

PH

PH2

PH3

PH4

PHQ

4

(2)

附属金具の記号は,

表 による。

表 2  附属金具の記号

名称

記号

マスターリンク

P

中間リンク Q

フック H

3.2

ロープの種類  ロープの構成記号及び破断荷重の種別による種類は,表 による。


5

B 8817-1991

表 3  ロープの構成記号及び破断荷重の種別による種類

ロープによる種類の記号

構成記号

種別

24G G

24A

6

×24

A

37G G

37A

6

×37

A

F25B IWRC

6

×Fi (25)

B

F29B IWRC

6

×Fi (29)

B

備考  構成記号及び種別は,JIS G 3525 による。

3.3

マスターリンクの種類・等級  マスターリンクの種類・等級は,附属書 による。

3.4

中間リンクの等級  中間リンクの等級は,マスターリンクの等級と同一とする。

3.5

フックの種類・等級  フックの種類・等級は,JIS B 2803 による。

4.

性能

4.1

基本使用荷重  ロープスリングの基本使用荷重は,表 5による。

4.2

プルーフロード  ロープスリングのプルーフロードは,表 5によるものとし,9.1 によって試験

を行い,次に適合しなければならない。

(1)

ロープの素線切れ,スリーブの変形,き裂及びスリーブ部のロープの滑りがあってはならない。

(2)

附属金具付きの場合は,附属金具の永久変形量が 0.25%以下で,き裂などの使用上有害な欠点があっ

てはならない。

4.3

破断荷重  ロープスリングの破断荷重は,次による。

(1)

附属金具を除いたロープスリングの破断荷重は,9.1 によって試験を行い,

表 5の規定に適合しな

ければならない。

(2)

附属金具の破断荷重は,

表 5に示す基本使用荷重の 4 倍以上でなければならない。

4.4

クレーンなどに使用する場合  クレーンなどに使用する場合には,上記にかかわらず“労働安全衛

生法令”によらなければならない。

5.

構造・形状・寸法

5.1

ロープスリングの構造・形状・寸法  ロープスリングの構造・形状・寸法は,次による。

(1)

構造・形状・寸法は,

図 1に例示する。

(2)

ロープ径は,

表 5による。

(3)

長さは,受渡当事者間の協定による。

なお,長さの許容差は,まっすぐな状態で±2×(ロープ径)

,又は

表 のいずれか大きい値とする。

表 4  長さの許容差

単位  %

区分

許容差

両端シンブル付き

±0.5

片端シンブル付き

±0.7

両端シンブルなし

±1.0

備考  附属金具の有無にかか

わらず

表 による。

5.2

マスターリンクの形状・寸法  マスターリンクの形状・寸法は,附属書 による。


6

B 8817-1991

5.3

中間リンクの形状・寸法  中間リンクの形状・寸法は,4.の性能を満足するものとし,受渡当事者間

の協定による。

5.4

フックの形状・寸法  フックの形状・寸法は,JIS B 2803 による。


7

B 8817-

199

1

表 5  6×24 を使用したロープスリングの機械的性質

単位  kN {tf}

機械的性質

基本使用荷重

プルーフロード

破断荷重(

3

)

ロープの区分

ロープ径(

2

)(mm)

24G 24A 24G 24A 24G 24A

8 4.8

{0.49}

以下 5.2

{0.53}

以下 9.6

{0.98}  10

{1.0}  26

{2.7}

以上

28

{2.9}

以上

9 6.1

{0.63}

以下 6.6

{0.67}

以下

12 {1.2}

13 {1.3}

33

{3.4}

以上

36

{3.7}

以上

10 7.6

{0.77}

以下 8.2

{0.83}

以下

15 {1.5}

16 {1.6}

41

{4.2}

以上

44

{4.5}

以上

11.2 9.5

{0.97}

以下 10

{1.0}

以下

19 {1.9}

20 {2.0}

52

{5.3}

以上

56

{5.7}

以上

(12) 10

{1.1}

以下 11

{1.2}

以下

20 {2.2}

22 {2.4}

59

{6.1}

以上

64

{6.5}

以上

12.5 11

{1.2}

以下 12

{1.3}

以下

22 {2.4}

24 {2.6}

64

{6.6}

以上

69

{7.1}

以上

14 14

{1.5}

以下 16

{1.6}

以下

28 {3.0}

32 {3.2}

81

{8.2}

以上

87

{8.9}

以上

16 19

{1.9}

以下 21

{2.1}

以下

38 {3.8}

42 {4.2}

105

{10.8}

以上

114

{11.6}

以上

18 24

{2.5}

以下 26

{2.7}

以下

48 {5.0}

52 {5.4}

133

{13.6}

以上

144

{14.7}

以上

20 30

{3.1}

以下 32

{3.3}

以下

60 {6.2}

64 {6.6}

165

{16.8}

以上

177

{18.1}

以上

22.4 38

{3.9}

以下 41

{4.2}

以下

76 {7.8}

82 {8.4}

207

{21.1}

以上

223

{22.7}

以上

(24) 43

{4.4}

以下

− 86

{8.8}

− 237

{24.2}

以上

25 47

{4.8}

以下 51

{5.2}

以下 94

{9.6}

102

{10.4}  258

{26.3}

以上

277

{28.3}

以上

28 59

{6.1}

以下 64

{6.5}

以下

118 {12.2}

128 {13.0}

323

{32.9}

以上

348

{35.5}

以上

30 68

{7.0}

以下 73

{7.5}

以下

136 {14.0}

146 {15.0}

371

{37.8}

以上

399

{40.7}

以上

31.5 75

{7.7}

以下 81

{8.3}

以下

150 {15.4}

162 {16.6}

409

{41.7}

以上

440

{44.9}

以上

33.5 85

{8.7}

以下 92

{9.4}

以下

170 {17.4}

184 {18.8}

462

{47.2}

以上

498

{50.8}

以上

35.5 96

{9.8}

以下 103

{10.5}

以下

192 {19.6}

206 {21.0}

519

{53.0}

以上

559

{57.0}

以上

37.5 107

{10.9}

以下 115

{11.7}

以下

214 {21.8}

230 {23.4}

579

{59.1}

以上

624

{63.6}

以上

40 122

{12.4}

以下 131

{13.4}

以下

244 {24.8}

262 {26.8}

659

{67.2}

以上

710

{72.4}

以上

42.5 137

{14.0}

以下 148

{15.1}

以下

274 {28.0}

296 {30.2}

744

{75.9}

以上

801

{81.7}

以上

45 154

{15.7}

以下 166

{16.9}

以下

308 {31.4}

332 {33.8}

834

{85.1}

以上

898

{91.6}

以上

47.5 172

{17.5}

以下 185

{18.9}

以下

344 {35.0}

370 {37.8}

930

{94.8}

以上

1 001 {102.1}

以上

50 190

{19.4}

以下 205

{20.9}

以下

380 {38.8}

410 {41.8}

1

030

{105.1}

以上

1 109 {113.1}

以上

(

2

)

JIS Z 8601

による。ただし,括弧付きのロープ径は標準数にないので使用しないのが望ましい。

(

3

)

附属金具は含まない。


8

B 8817-

199

1

表 6  6×37 を使用したロープスリングの機械的性質

単位  kN {tf}

機械的性質

基本使用荷重

プルーフロード

破断荷重(

3

)

ロープの区分

ロープ径(

2

)(mm)

37G 37A 37G 37A 37G 37A

6.3 3.2

{0.33}

以下 3.5

{0.35}

以下 6.4

{0.66}

7.0

{0.70} 18

{1.8}

以上

19

{1.9}

以上

8 5.2

{0.53}

以下 5.6

{0.57}

以下

10 {1.0}

11 {1.1}

28

{2.9}

以上

31

{3.1}

以上

9 6.6

{0.67}

以下 7.1

{0.73}

以下

13 {1.3}

14 {1.4}

36

{3.7}

以上

39

{3.9}

以上

10 8.2

{0.83}

以下 8.8

{0.90}

以下

16 {1.6}

17 {1.8}

44

{4.5}

以上

48

{4.9}

以上

11.2 10

{1.0

以下 11

{1.1}

以下

20 {2.0}

22 {2.2}

56

{5.7}

以上

60

{6.1}

以上

(12) 11

{1.2

以下 12

{1.2}

以下

22 {2.4}

24 {2.4}

64

{6.5}

以上

69

{7.0}

以上

12.5 12

{1.3}

以下 13

{1.4}

以下

24 {2.6}

26 {2.8}

69

{7.1}

以上

75

{7.6}

以上

14 16

{1.6}

以下 17

{1.7}

以下

32 {3.2}

34 {3.4}

87

{8.9}

以上

94

{9.6}

以上

16 21

{2.1}

以下 22

{2.3}

以下

42 {4.2}

44 {4.6}

114

{11.6}

以上

122

{12.5}

以上

18 26

{2.7}

以下 28

{2.9}

以下

52 {5.4}

56 {5.8}

144

{14.7}

以上

155

{15.8}

以上

20 32

{3.3}

以下 35

{3.6}

以下

64 {6.6}

70 {7.2}

178

{18.1}

以上

191

{19.5}

以上

22.4 41

{4.2}

以下 44

{4.5}

以下

82 {8.4}

88 {9.0}

223

{22.7}

以上

240

{24.5}

以上

(24) 47

{4.8}

以下

− 94

{9.6}

− 256

{26.1}

以上

25 51

{5.2}

以下 55

{5.6}

以下 102

{10.4}

110

{11.2}  278

{28.3}

以上

299

{30.5}

以上

28 64

{6.5}

以下 69

{7.0}

以下

128 {13.0}

138 {14.0}

348

{35.5}

以上

375

{38.2}

以上

30 74

{7.5}

以下 79

{8.1}

以下

148 {15.0}

158 {16.2}

400

{40.8}

以上

430

{43.9}

以上

31.5 81

{8.3}

以下 87

{8.9}

以下

162 {16.6}

174 {17.8}

441

{45.0}

以上

474

{48.4}

以上

33.5 92

{9.4}

以下 99

{10.1}

以下

184 {18.8}

198 {20.2}

499

{50.8}

以上

536

{54.7}

以上

35.5 103

{10.5}

以下 111

{11.3}

以下

206 {21.0}

222 {22.6}

560

{57.1}

以上

602

{61.4}

以上

37.5 115

 {11.7}

以下 124

{12.6}

以下

230 {23.4}

248 {25.2}

625

{63.7}

以上

672

{68.5}

以上

40 131

{13.4}

以下 141

{14.4}

以下

262 {26.8}

282 {28.8}

711

{72.5}

以上

765

{78.0}

以上

42.5 148

{15.1}

以下 159

{16.3}

以下

296 {30.2}

318 {32.6}

802

{81.8}

以上

863

{88.0}

以上

45 166

{16.9}

以下 179

{18.2}

以下

332 {33.8}

358 {36.4}

900

{91.8}

以上

968

{98.7}

以上

47.5 185

{18.9}

以下 199

{20.3}

以下

370 {37.8}

398 {40.6}

1

000

{102}

以上

1 080

 {110}

以上

50 205

{20.9}

以下 221

{22.5}

以下

410 {41.8}

442 {45.0}

1

110

{113}

以上

1 200

 {122}

以上

53 231

{23.5}

以下 248

{25.3}

以下

462 {47.0}

496 {50.6}

1

250

{127}

以上

1 340

 {137}

以上

56 257

{26.3}

以下 277

{28.3}

以下

514 {52.6}

554 {56.6}

1

390

{142}

以上

1 500

 {153}

以上

60 296

{30.1}

以下 318

{32.4}

以下

592 {60.2}

636 {64.8}

1

600

{163}

以上

1 720

 {175}

以上

63 326

{33.2}

以下 351

{35.8}

以下

652 {66.4}

702 {71.6}

1

760

{180}

以上

1 900

 {193}

以上


9

B 8817-

199

1

備考1.  マスターリンクは

附属書11

に示すもの以外は使用してはならない。

2.

フックは

JIS B 2803

の使用荷重を超えるものは使用してはならない。


10

B 8817-1991

表 7  IWRC 6×Fi (25)  を使用したロープスリングの機械的性質

単位  kN {tf}

機械的性質

基本使用荷重

プルーフロード

破断荷重(

3

)

ロープの区分

ロープ径(

2

)(mm)

F25B F25B  F25B

10 11

{1.1}

以下 22

{2.2}

59

{6.0}

以上

11.2 13

{1.4}

以下 26

{2.8}

74

{7.6}

以上

12.5 17

{1.7}

以下 34

{3.4}

93

{9.4}

以上

14 21

{2.2}

以下 42

{4.4}

116

{11.9}

以上

16 28

{2.8}

以下 56

{5.6}

152

{15.5}

以上

18 35

{3.6}

以下 70

{7.2}

192

{19.6}

以上

20 44

{4.5}

以下 88

{9.0}

238

{24.2}

以上

22.4 55

{5.6}

以下 110

{11.2}

298

{30.4}

以上

25 68

{7.0}

以下 136

{14.0}

372

{37.9}

以上

28 86

{8.8}

以下 172

{17.6}

466

{47.6}

以上

30 99

{10.1}

以下 198

{20.2}

536

{54.6}

以上

31.5 109

{11.1}

以下 218

{22.2}

590

{60.2}

以上

33.5 123

{12.6}

以下 246

{25.2}

668

{68.1}

以上

35.5 139

{14.1}

以下 278

{28.2}

750

{76.5}

以上

37.5 155

{15.8}

以下 310

{31.6}

837

{85.4}

以上

40 176

{18.0}

以下 352

{36.0}

952

{97.1}

以上

42.5 199

{20.3}

以下 398

{40.6}

1

080

{110

}

以上

45 223

{22.7}

以下 446

{45.4}

1

210

{123

}

以上

47.5 248

{25.3}

以下 496

{50.6}

1

340

{137

}

以上

50 275

{28.1}

以下 550

{56.2}

1

490

{152

}

以上

53 309

{31.6}

以下 618

{63.2}

1

670

{171

}

以上

56 345

{35.2}

以下 690

{70.4}

1

870

{190

}

以上

60 397

{40.5}

以下 794

{81.0}

2

140

{219

}

以上

備考1.  マスターリンクは附属書11に示すもの以外は使用してはならない。

2.

フックは JIS B 2803 の使用荷重を超えるものは使用してはならない。


11

B 8817-1991

表 8  IWRC 6×Fi (29)  を使用したロープスリングの機械的性質

単位  kN {tf}

機械的性質

基本使用荷重

プルーフロード

破断荷重(

3

)

ロープの区分

ロープ径(

2

)(mm)

F29B F29B  F29B

10 11

{1.1}

以下 22

{2.2}

61

{6.2}

以上

11.2 14

{1.4}

以下 28

{2.8}

76

{7.8}

以上

12.5 17

{1.7}

以下 34

{3.4}

95

{9.7}

以上

14 22

{2.2}

以下 44

{14.4}

119

{12.2}

以上

16 28

{2.9}

以下 56

{5.8}

156

{15.9}

以上

18 36

{3.7}

以下 72

{7.4}

197

{20.1}

以上

20 45

{4.6}

以下 90

{9.2}

244

{24.9}

以上

22.4 56

{5.7}

以下 112

{11.4}

306

{31.2}

以上

25 70

{7.1}

以下 140

{14.2}

381

{38.8}

以上

28 88

{9.0}

以下 176

{18.0}

478

{48.7}

以上

30 101

{10.3}

以下 202

{20.6}

548

{55.9}

以上

31.5 111

{11.4}

以下 222

{22.8}

605

{61.7}

以上

33.5 126

{12.9}

以下 252

{25.8}

684

{69.7}

以上

35.5 142

{14.5}

以下 284

{29.0}

768

{78.3}

以上

37.5 158

{16.1}

以下 316

{32.2}

857

{87.4}

以上

40 180

{18.4}

以下 360

{36.8}

975

{99.4}

以上

42.5 203

{20.7}

以下 406

{41.4}

1

100

{112

}

以上

45 228

{23.3}

以下 456

{46.6}

1

230

{126

}

以上

47.5 254

{25.9}

以下 508

{51.8}

1

370

{140

}

以上

50 282

{28.7}

以下 564

{57.4}

1

520

{155

}

以上

53 316

{32.3}

以下 632

{64.6}

1

710

{175

}

以上

56 353

{36.0}

以下 706

{72.0}

1

910

{195

}

以上

60 406

{41.4}

以下 812

{82.8}

2

190

{224

}

以上

備考1.  マスターリンクは附属書11に示すもの以外は使用してはならない。

2.

フックは JIS B 2803 の使用荷重を超えるものは使用してはならない。

6.

外観  ロープスリングの外観は,次による。

(1)

ロープ及びスリーブには,きず,著しいさび,つぶれなど使用上有害な欠点があってはならない。

(2)

附属金具には,きず,著しいさびなど使用上有害な欠点があってはならない。

7.

材料

7.1

ロープ  ロープの材料は,JIS G 3525 による。

7.2

スリーブ  スリーブの材料は,次のいずれかによる。

(1)  JIS H 4080

に規定する 5052 又はこれと同等以上の品質をもつアルミニウム合金継目無管。

(2)  JIS G 3445

に規定する STKM11A(

4

)

又はこれと同等以上の品質をもつ炭素鋼継目無管。

(3)  JIS H 3300

に規定する C 1220T-O 又はこれと同等以上の品質をもつ銅合金継目無管。

(

4

)

継目なしとする。

7.3

シンブル  シンブルの材料は,JIS G 3101 に規定する SS 400 又はこれと同等以上の品質をもつもの

とする。


12

B 8817-1991

7.4

附属金具  附属金具の材料は,次による。

(1)

マスターリンク及び中間リンクは,りん含有量 0.030%以下,硫黄含有量 0.035%以下のキルド鋼で 4.

の性能を満足するものでなければならない。

(2)

フックは,JIS B 2803 による。

8.

製造方法

8.1

ロープスリング  ロープスリングの製造方法は,必要な長さのロープの両端にスリーブを装入し,

必要に応じシンブル及び附属金具を組み合わせた後,ロープの両端末にアイを形成し,スリーブを外部か

ら所定の径まで圧縮するか,又は所定の圧力で圧縮して,スリーブをロープに圧着させる。ただし,両ス

リーブの内端間隔  (i)  は,ロープ径の 15 倍以上とする。

備考1.  ロープの製造方法は,JIS G 3525による。

2.

フックの製造方法は,JIS B 2803 による。

8.2

マスターリンク及び中間リンク  O 形及びペアー形マスターリンク並びに中間リンクは,鍛造又は

溶接(

5

)

によって成形し,丸形マスターリンクは,鍛造によって成形する。成形後は,適切な熱処理及び必

要に応じて機械加工を施さなければならない。

(

5

)

溶接の場合は,

附属書11のように直線部中央付近で溶接しなければならない。

9.

試験方法

9.1

プルーフロード試験  ロープスリングのプルーフロード試験は,ロープスリングを引張試験機に取

り付け,

表 5に示すプルーフロードまで徐々に引っ張る。

スリーブ及び附属金具の変形(

6

)

は計測によって行い,また,ロープの素線切れ,スリーブのき裂及びロ

ープの滑りの有無は目視による。

ただし,

プルーフロード試験済みの附属金具を付けたロープスリングは,

その附属金具を除いた試料を

図 5(a)のように引張試験機に取り付けて試験してもよい(

7

)

(

6

)

附属金具の変形の計測は,JIS B 2803及び JIS B 8818の規定による。

(

7

)

アイ部の開き角度  (

θ

)

は 60°以下とし,シンプルなしロープスリングの引張ジグのピン径  (D)

は,ロープ径の 2 倍以上。

備考  プルーフロード試験において,実体試験ができない場合は,材料及び製造方法が同一で,試料

と実体とで性能の相関が確認されている場合には,短い試料又はロープ径の細い試料による試

験で,実体試験に代えてもよい。

9.2

引張試験  ロープスリングの引張試験は,附属金具を除いた試料を図 5(a)のように,引張ジグを用

いて引張試験機に取り付けるか,

図 5(b)のように一端を引張ジグ,他端をホワイトメタル,亜鉛などで円

すい形に固め,又はこれに代わる適当な方法で引張試験機に取り付け,破断するまで静的引張荷重を加え

て,その最大荷重(破断荷重)を測定する(

7

)

つかみ間隔  (l)  は,ロープ径の 40 倍以上とし,長さが 2m を超える場合は,2m としてよい。

なお,この試験において,試料が引張ジグ又はつかみ部分で破断したときは,再試験を行うことができ

る。

附属金具の引張試験は,JIS B 2803 及び JIS B 8818 による。

備考  引張試験において,実体試験ができない場合は,材料及び製造方法が同一で,試料と実体とで

性能の相関が確認されている場合には,ロープ径の細い試料による試験で,この試験に代えて

もよい。


13

B 8817-1991

図 5  試験の方法

10.

製品の呼び方  ロープスリングの呼び方は,規格名称若しくは規格番号又は商品名,ロープスリング

の区分又はその記号,ロープの種類の記号・径,長さ,基本使用荷重及びつり角度による使用荷重(

8

)

によ

る。

(

8

)  2

本形以上の場合は,

附属書2に規定するそれぞれのつり角度による使用荷重。

1.  1本形,両端シンブルなしで,ロープは24G,径14mm,長さが5m,基本使用荷重14kN {1.5tf}  の

場合。

ワイヤロープスリング,SS, 24G  14mm×5m, 14kN{又は 1.5tf}

JIS B 8817, SS, 24G, 14mm

×5m, 14kN{又は 1.5tf}

2.  3本形,両端シンブル片端フック付きで,ロープは37A,径18mm,長さが8m,基本使用荷重が

28kN

{又は2.9tf}

,つり角度が90°以下,使用荷重が58kN {6.0tf}  ,つり角度が90°を超え120°

以下,使用荷重が42 kN {43tf}  の場合。

ワイヤロープスリング,PH3, 37A, 18mm×8m, 28kN{又は 2.9tf}

,つり角度 90°以下,58kN

{又は 6.0tf}

,つり角度が 90°を超え 120°以下,42kN{又は 4.3tf}

JIS B 8817, PH3, 37A, 18mm

×8m, 28kN{又は 2.9tf}

,つり角度 90°以下,58kN{又は 6.0tf}

つり角度が 90°を超え 120°以下,42kN{又は 4.3tf}

11.

表示  ロープスリングのスリーブ又はマスターリンクに,機械的強さを減じることがないような方法

で次の事項を表示する(

10

)

(1)

基本使用荷重(

9

)(

11

)

(2)

つり角度による使用荷重(

8

)

(2 本形以上の場合)(

11

)


14

B 8817-1991

(3)

製造業者名又はその略号

1.  巻上機用(

12

)

,1本形,24G,径14mm の場合

巻上機用 14kN{又は 1.5tf}○○会社

2.  3本形,37A,径18mm の場合

28kN

{又は 2.9tf}○○会社

α

≦90° : 58kN{又は 6.0tf}90°<

α

≦120°:42kN{又は 4.3tf}

(

9

)  2

本形,3本形及び4本形のロープスリングでは,その中の1個のスリーブに表示してもよい。

(

10

)

メタルタグ又はラベルに,容易に消えない方法で表示してもよい。

(

11

) SI

単位又は従来単位のいずれによってもよい。ただし,平成 7 年 7 月 1 日以降は SI 単位だけと

する。

(

12

)

附属金具の破断荷重と基本使用荷重との比が 5 未満のロープスリングには,巻上機用と表示す

る。


15

B 8817-1991

附属書 1  マスターリンク

1.

種類・形状  マスターリンクの種類は,O 形 (O),ペアー形 (P),丸形 (R) とし,その形状は附属書

1

図 による。

附属書 図 1  マスターリンクの形状(例)

2.

等級  マスターリンクの等級は,等級 M(400MPa{4.1kgf/mm

2

,S(630MPa{6.4kgf/mm

2

,T(800MPa

{8.2kgf/mm

2

)及び等級 V(1000MPa{10.2kgf/mm

2

)とする。

3.

寸法  マスターリンクの基本使用荷重に対する寸法は,附属書 表 による。


16

B 8817-1991

附属 表 1  寸法

寸法 mm

基本使用荷重

kN {tf}

c(

1

)

f(

1

)

m(

1

)

4 {0.41}  33.5 以上

67

以上

50

以上

5 {0.51}  35.5 以上

71

以上

53

以上

6.3 {0.64}  37.5 以上

75

以上

56

以上

8 {0.82}  40  以上

80

以上

60

以上

10 {1.02}  42.5 以上

85

以上

63

以上

12.5 {1.27}  45  以上

90

以上

67

以上

16 {1.63}  47.5 以上

95

以上

71

以上

20 {2.04}  50  以上

100

以上

75

以上

25 {2.55}  53  以上

106

以上

79

以上

31.5 {3.21}  56  以上

112

以上

84

以上

40 {4.08}  60  以上

120

以上

90

以上

50 {5.10}  63  以上

126

以上

94

以上

63 {6.42}  67  以上

134

以上

100

以上

80 {8.16}  75  以上

150

以上

112

以上

100 {10.2}

 80

以上

160

以上

120

以上

125 {12.7}

 90

以上

180

以上

135

以上

160 {16.3}

100

以上

200

以上

150

以上

200 {20.4}

112

以上

224

以上

168

以上

250 {25.5}

125

以上

250

以上

187

以上

315 {32.1}

140

以上

280

以上

210

以上

(

1

)

附属書11による。

備考  cf以外の寸法は,ロープスリングの性能

を満足するものとする。


17

B 8817-1991

付属書 2  ロープスリングの使用荷重

ロープスリングの使用荷重は,つり本数が 1 本の場合は基本使用荷重の範囲以内で,2 本以上の場合は,

つり角度によって,1 本の使用荷重にモード係数(

1

)

を乗じた範囲内で使用することとし,ロープ径別  使

用荷重を

附属書 表 1による。

(

1

)

モード係数は,次による。

つり本数 2 本の場合  2×cos

β

つり本数 3 本及び 4 本の場合  3×cos

β

モード係数

ロープスリング

つり本数

1 2

3

4

つり角度

α

 

− 90° 120°

− 90° 120°

垂直線との角度

β

 

− 45° 60° 45° 60° 45° 60°

モード係数

M

1 1.4 1 2.1

1.5

2.1

1.5


18

B 8817-

199

1

附属書 表 1  6×24 を使用したロープスリングの使用荷重

単位  kN {tf}

1

2

つり本数

つり角度

α

 

α

=0°

α

≦90° 90°<

α

≦120°

垂直線との角度

β

 

β

=0°

β

≦45° 45°<

β

≦60°

モード係数  M 1

1.4

1

ロープの区分

ロープ径(

2

)d (mm)

24G 24A 24G 24A 24G 24A

8 4.8

{0.49} 以下

5.2

{0.53} 以下

6.7

{0.68} 以下

7.2

{0.74} 以下

4.8

{0.49} 以下

5.2

{0.53} 以下

9 6.1

{0.63} 以下

6.6

{0.67} 以下

8.5

{0.88} 以下

9.2

{0.93} 以下

6.1

{0.63} 以下

6.6

{0.67} 以下

10 7.6

{0.77} 以下

8.2

{0.83} 以下

10 {1.0} 以下

11 {1.1} 以下

76 {0.77} 以下

8.2

{0.83} 以下

11.2 9.5

{0.97} 以下

10 {1.0} 以下

13 {1.3} 以下

14 {1.4} 以下

9.5

{0.97} 以下

10 {1.1} 以下

(12) 10

{1.1} 以下

11 {1.2} 以下

14 {1.5} 以下

15 {1.6} 以下

10 {1.1} 以下

11 {1.2} 以下

12.5 11

{1.2} 以下

12 {1.3} 以下

15 {1.6} 以下

16 {1.8} 以下

11 {1.2} 以下

12 {1.3} 以下

14 14

{1.5} 以下

16 {1.6} 以下

19 {2.1} 以下

22 {2.2} 以下

14 {1.5} 以下

16 {1.6} 以下

16 19

{1.9} 以下

21 {2.1} 以下

26 {2.6} 以下

29 {2.9} 以下

19 {1.9} 以下

21 {2.1} 以下

18 24

{2.5} 以下

26 {2.7} 以下

33 {3.5} 以下

36 {3.7} 以下

24 {2.5} 以下

26 {2.7} 以下

20 30

{3.1} 以下

32 {3.3} 以下

42 {4.3} 以下

44 {4.6} 以下

30 {3.1} 以下

32 {3.3} 以下

22.4 38

{3.9} 以下

41 {4.2} 以下

53 {5.4} 以下

57 {5.8} 以下

38 {3.9} 以下

41 {4.2} 以下

(24) 43

{4.4} 以下

 60

{6.1} 以下

 43

{4.4} 以下

25 47

{4.8} 以下

51 {5.2} 以下

65 {6.7} 以下

71 {7.2} 以下

47 {4.8} 以下

51 {5.2} 以下

28 59

{6.1} 以下

64 {6.5} 以下

82 {8.5} 以下

89 {9.1} 以下

59 {6.1} 以下

64 {6.5} 以下

30 68

{7.0} 以下

73 {7.5} 以下

95 {9.8} 以下

102 {10.5} 以下

68 {7.0} 以下

73 {7.5} 以下

31.5 75

{7.7} 以下

81 {8.3} 以下

105 {10.7} 以下

113 {11.6} 以下

75 {7.7} 以下

81 {8.3} 以下

33.5 85

{8.7} 以下

92 {9.4} 以下

119 {12.1} 以下

128 {13.1} 以下

85 {8.7} 以下

92 {9.4} 以下

35.5 96

{9.8} 以下

103 {10.5} 以下

134 {13.7} 以下

144 {14.7} 以下

96 {9.8} 以下

103 {10.5} 以下

37.5 107

{10.9} 以下

115 {11.7} 以下

149 {15.2} 以下

161 {16.3} 以下

107 {10.9} 以下

115 {11.7} 以下

40 122

{12.4} 以下

131 {13.4} 以下

170 {17.3} 以下

183 {18.7} 以下

122 {12.4} 以下

131 {13.4} 以下

42.5 137

{14.0} 以下

148 {15.1} 以下

191 {19.6} 以下

207 {21.1} 以下

137 {14.0} 以下

148 {15.1} 以下


19

B 8817-

199

1

単位  kN {tf}

1

2

つり本数

つり角度

α

 

α

=0°

α

≦90° 90°<

α

≦120°

垂直線との角度

β

 

β

=0°

β

≦45° 45°<

β

≦60°

モード係数  M 1

1.4

1

ロープの区分

ロープ径(

2

)d (mm)

24G 24A 24G 24A 24G 24A

45 154

{15.7} 以下

16 {16.9} 以下

215 {21.9} 以下

232 {23.6} 以下

154 {15.7} 以下

166 {16.9} 以下

47.5 172

{17.5} 以下

185 {18.9} 以下

240 {24.5} 以下

259 {26.4} 以下

172 {17.5} 以下

185 {18.9} 以下

50 190

{19.4} 以下

205 {20.9} 以下

266 {27.1} 以下

287 {29.2} 以下

190 {19.4} 以下

205 {20.9} 以下


20

B 8817-

199

1

附属書 表 1  (続き)

単位  kN {tf}

3

本及び 4 本

つり本数

つり角度

α

 

α

≦90° 90°<

α

≦120°

垂直線との角度

β

 

β

≦45° 45°<

β

≦60°

モード係数  M

2.1 1.5

ロープの区分

ロープ径(

2

)d (mm)

24G 24A 24G 24A

8

10

{1.0}

以下

10

{1.1}

以下

7.2

{0.73}

以下

7.8

{0.79}

以下

9

12

{1.3}

以下

13

{1.4}

以下

9.1

{0.94}

以下

9.9

{1.0}

以下

10

15

{1.6}

以下

17

{1.7}

以下

11

{1.1}

以下

12

{1.2}

以下

11.2

19

{2.0}

以下

21

{2.2}

以下

14

{1.4}

以下

15

{1.5}

以下

(12)

21

{2.3}

以下

23

{2.5}

以下

15

{1.6}

以下

16

{1.8}

以下

12.5

23

{2.5}

以下

25

{2.7}

以下

16

{1.8}

以下

18

{1.9}

以下

14

29

{3.1}

以下

33

{3.4}

以下

21

{2.2}

以下

24

{2.4}

以下

16

39

{3.9}

以下

44

{4.5}

以下

28

{2.8}

以下

31

{3.1}

以下

18

50

{5.2}

以下

54

{5.7}

以下

36

{3.7}

以下

39

{4.0}

以下

20

63

{6.5}

以下

67

{7.0}

以下

45

{4.6}

以下

48

{4.9}

以下

22.4

79

{8.1}

以下

86

{8.8}

以下

57

{5.8}

以下

61

{6.3}

以下

(24)

90

{9.2}

以下

64

{6.6}

以下

25

98

{10.0}

以下

107

{10.9}

以下

70

{7.2}

以下

76

{7.8}

以下

28

123

{12.8}

以下

134

{13.7}

以下

88

{9.1}

以下

96

{9.7}

以下

30

142

{14.7}

以下

153

{15.8}

以下

102

{10.5}

以下

109

{11.2}

以下

31.5

157

{16.1}

以下

170

{17.4}

以下

112

{11.5}

以下

121

{12.4}

以下

33.5

178

{18.2}

以下

193

{19.7}

以下

127

{13.0}

以下

138

{14.1}

以下

35.5

201

{20.5}

以下

216

{22.1}

以下

144

{14.7}

以下

154

{15.7}

以下

37.5

224

{22.8}

以下

241

{24.7}

以下

160

{16.3}

以下

172

{17.5}

以下

40

256

{26.0}

以下

275

{28.1}

以下

183

{18.6}

以下

196

{20.1}

以下

42.5

287

{29.4}

以下

310

{31.7}

以下

205

{21.0}

以下

222

{22.6}

以下


21

B 8817-

199

1

単位  kN {tf}

3

本及び 4 本

つり本数

つり角度

α

 

α

≦90° 90°<

α

≦120°

垂直線との角度

β

 

β

≦45° 45°<

β

≦60°

モード係数  M

2.1 1.5

ロープの区分

ロープ径(

2

)d (mm)

24G 24A 24G 24A

45

323

{32.9}

以下

348

{35.6}

以下

231

{23.5}

以下

249

{25.3}

以下

47.5

361

{36.7}

以下

388

{39.6}

以下

258

{26.2}

以下

277

{28.3}

以下

50

399

{40.7}

以下

430

{43.9}

以下

285

{29.1}

以下

307

{31.3}

以下

(

2

)

JIS Z 8601

による。ただし,括弧付きのロープ径は,標準数にないので使用しないのが望ましい。

備考1.  マスターリンクは

附属書11

に示すもの以外は使用してはならない。

2.

フックは

JIS B 2803

の使用荷重を超えるものは使用してはならない。


22

B 8817-

199

1

附属書 表 2  6×37 を使用したロープスリングの使用荷重

単位  kN {tf}

1

2

つり本数

つり角度

α

 

α

=0°

α

≦90° 90°<

α

≦120°

垂直線との角度

β

 

β

=0°

β

≦45° 45°<

β

≦60°

モード係数  M

1 1.4 1

ロープの区分

ロープ径(

2

)d (mm)

37G 37A 37G 37A 37G 37A

6.3

3.2  {0.33} 以下

3.5

{0.35}

以下

4.4

{0.46}

以下

4.9

{0.49}

以下

3.2

{0.33}

以下

3.5

{0.35}

以下

8

5.2  {0.53} 以下

5.6

{0.57}

以下

7.2

{0.74}

以下

7.8

{0.79}

以下

5.2

{0.53}

以下

5.6

{0.57}

以下

9

6.6  {0.67} 以下

7.1

{0.73}

以下

9.2

{0.93}

以下

9.9

{1.0}

以下

6.6

{0.67}

以下

7.1

{0.73}

以下

10

8.2  {0.83} 以下

8.8

{0.90}

以下

11

{1.1}

以下

12

{1.2}

以下

8.2

{0.83}

以下

8.8

{0.90}

以下

11.2

10

{1.0}

以下

11

{1.1}

以下

14

{1.4}

以下

15

{1.5}

以下

10

{1.0}

以下

11

{1.1}

以下

(12)

11

{1.2}

以下

12

{1.2}

以下

15

{1.6}

以下

16

{1.6}

以下

11

{1.2}

以下

12

{1.2}

以下

12.5

12

{1.3}

以下

13

{1.4}

以下

16

{1.8}

以下

18

{1.9}

以下

12

{1.3}

以下

13

{1.4}

以下

14

16

{1.6}

以下

17

{1.7}

以下

22

{2.2}

以下

23

{2.3}

以下

16

{1.6}

以下

17

{1.7}

以下

16

21

{2.1}

以下

22

{2.3}

以下

29

{2.9}

以下

30

{3.2}

以下

21

{2.1}

以下

22

{2.3}

以下

18

26

{2.7}

以下

28

{2.9}

以下

36

{3.7}

以下

39

{4.0}

以下

26

{2.7}

以下

28

{2.9}

以下

20

32

{3.3}

以下

35

{3.6}

以下

44

{4.6}

以下

49

{5.0}

以下

32

{3.3}

以下

35

{3.6}

以下

22.4

41

{4.2}

以下

44

{4.5}

以下

57

{5.8}

以下

61

{6.3}

以下

41

{4.2}

以下

44

{4.5}

以下

(24)

47

{4.8}

以下

65

{6.7}

以下

47

{4.8}

以下

25

51

{5.2}

以下

55

{5.6}

以下

71

{7.2}

以下

77

{7.8}

以下

51

{5.2}

以下

55

{5.6}

以下

28

64

{6.5}

以下

69

{7.0}

以下

89

{9.1}

以下

96

{9.8}

以下

64

{6.5}

以下

69

{7.0}

以下

30

74

{7.5}

以下

79

{8.1}

以下

103

{10.5}

以下

110

{11.3}

以下

74

{7.5}

以下

79

{8.1}

以下

31.5

81

{8.3}

以下

87

{8.9}

以下

113

{11.6}

以下

121

{12.4}

以下

81

{8.3}

以下

87

{8.9}

以下

33.5

92

{9.4}

以下

99

{10.1}

以下

128

{13.1}

以下

138

{14.1}

以下

92

{9.4}

以下

99

{10.1}

以下

35.5

103

{10.5}

以下

111

{11.3}

以下

144

{14.7}

以下

155

{15.8}

以下

103

{10.5}

以下

111

{11.3}

以下

37.5

115

{11.7}

以下

124

{12.6}

以下

161

{16.3}

以下

173

{17.6}

以下

115

{11.7}

以下

124

{12.6}

以下

40

131

{13.4}

以下

141

{14.4}

以下

183

{18.7}

以下

197

{20.1}

以下

131

{13.4}

以下

141

{14.4}

以下


23

B 8817-

199

1

単位  kN {tf}

1

2

つり本数

つり角度

α

 

α

=0°

α

≦90° 90°<

α

≦120°

垂直線との角度

β

 

β

=0°

β

≦45° 45°<

β

≦60°

モード係数  M

1 1.4 1

ロープの区分

ロープ径(

2

)d (mm)

37G 37A 37G 37A 37G 37A

42.5

148

{15.1}

以下

159

{16.3}

以下

207

{21.1}

以下

222

{22.8}

以下

148

{15.1}

以下

159

{16.3}

以下

45

166

{16.9}

以下

179

{18.2}

以下

232

{23.6}

以下

250

{25.4}

以下

166

{16.9}

以下

179

{18.2}

以下

47.5

185

{18.9}

以下

199

{20.3}

以下

259

{26.4}

以下

278

{28.4}

以下

185

{18.9}

以下

199

{20.3}

以下

50

205

{20.9}

以下

221

{22.5}

以下

287

{29.2}

以下

309

{31.5}

以下

205

{20.9}

以下

221

{22.5}

以下

53

231

{23.5}

以下

248

{25.3}

以下

323

{32.9}

以下

347

{35.4}

以下

231

{23.5}

以下

248

{25.3}

以下

56

257

{26.3}

以下

277

{28.3}

以下

359

{36.8}

以下

387

{39.6}

以下

257

{26.3}

以下

277

{28.3}

以下

60

296

{30.1}

以下

318

{32.4}

以下

414

{42.1}

以下

445

{45.3}

以下

296

{30.1}

以下

318

{32.4}

以下

63

326

{33.2}

以下

351

{35.8}

以下

456

{46.4}

以下

491

{50.1}

以下

326

{33.2}

以下

351

{35.8}

以下


24

B 8817-

199

1

附属書 表 2  (続き)

単位  kN {tf}

3

本及び 4 本

つり本数

つり角度

α

 

α

≦90° 90°<

α

≦120°

垂直線との角度

β

 

β

≦45° 45°<

β

≦60°

モード係数  M 2.1

1.5

ロープの区分

ロープ径(

2

)d (mm)

37G 37A 37G 37A

6.3

6.7

{0.69}

以下

7.3

{0.73}

以下

4.8

{0.49}

以下

5.2

{0.52}

以下

8

10

{1.1}

以下

11

{1.1}

以下

7.8

{0.79}

以下

8.4

{0.85}

以下

9

13

{1.4}

以下

14

{1.5}

以下

9.9

{1.0}

以下

10

{1.0}

以下

10

17

{1.7}

以下

18

{1.8}

以下

12

{1.2}

以下

13

{1.3}

以下

11.2

21

{2.1}

以下

23

{2.3}

以下

15

{1.5}

以下

16

{1.6}

以下

(12)

23

{2.5}

以下

25

{2.5}

以下

16

{1.8}

以下

18

{1.8}

以下

12.5

25

{2.7}

以下

27

{2.9}

以下

18

{1.9}

以下

19

{2.1}

以下

14

33

{3.3}

以下

35

{3.5}

以下

24

{2.4}

以下

25

{2.5}

以下

16

44

{4.4}

以下

46

{4.8}

以下

31

{3.1}

以下

33

{3.4}

以下

18

54

{5.6}

以下

58

{6.0}

以下

39

{4.0}

以下

42

{4.3}

以下

20

67

{6.9}

以下

73

{7.5}

以下

48

{4.9}

以下

52

{5.4}

以下

22.4

86

{8.8}

以下

92

{9.4}

以下

61

{6.3}

以下

66

{6.7}

以下

(24)

98

{10.0}

以下

70

{7.2}

以下

25

107

{10.9}

以下

115

{11.7}

以下

76

{7.8}

以下

82

{8.4}

以下

28

134

{13.6}

以下

144

{14.7}

以下

96

{9.7}

以下

103

{10.5}

以下

30

155

{15.7}

以下

165

{17.0}

以下

111

{11.2}

以下

118

{12.1}

以下

31.5

170

{17.4}

以下

182

{18.6}

以下

121

{12.4}

以下

130

{13.3}

以下

33.5

193

{19.7}

以下

207

{21.2}

以下

138

{14.1}

以下

148

{15.1}

以下

35.5

216

{22.0}

以下

233

{23.7}

以下

154

{15.7}

以下

166

{16.9}

以下

37.5

241

{24.5}

以下

260

{26.4}

以下

172

{17.5}

以下

186

{18.9}

以下

40

275

{28.1}

以下

296

{30.2}

以下

196

{20.1}

以下

211

{21.6}

以下


25

B 8817-

199

1

単位  kN {tf}

3

本及び 4 本

つり本数

つり角度

α

 

α

≦90° 90°<

α

≦120°

垂直線との角度

β

 

β

≦45° 45°<

β

≦60°

モード係数  M 2.1

1.5

ロープの区分

ロープ径(

2

)d (mm)

37G 37A 37G 37A

42.5

310

{31.7}

以下

333

{34.2}

以下

222

{22.6}

以下

238

{24.4}

以下

45

348

{35.4}

以下

375

{38.2}

以下

249

{25.3}

以下

268

{27.3}

以下

47.5

388

{39.6}

以下

417

{42.6}

以下

277

{28.3}

以下

298

{30.4}

以下

50

430

{43.8}

以下

464

{47.2}

以下

307

{31.3}

以下

331

{33.7}

以下

53

485

{49.3}

以下

520

{53.1}

以下

346

{35.2}

以下

372

{37.9}

以下

56

539

{55.2}

以下

581

{59.4}

以下

385

{39.4}

以下

415

{42.4}

以下

60

621

{63.2}

以下

667

{68.0}

以下

444

{45.1}

以下

477

{48.6}

以下

63

684

{69.7}

以下

737

{75.1}

以下

489

{49.8}

以下

526

{53.7}

以下

備考1.  マスターリンクは

附属書11

に示すもの以外は使用してはならない。

2.

フックは

JIS B 2803

の使用荷重を超えるものは使用してはならない。


26

B 8817-

199

1

附属書 表 3  IWRC 6×Fi (25)  を使用したロープスリングの使用荷重

単位  kN {tf}

1

2

3

本及び 4 本

つり本数

つり角度

α

 

α

=0°

α

≦90° 90°<

α

≦120°

α

≦90° 90°<

α

≦120°

垂直線との角度

β

 

β

=0°

β

≦45° 45°<

β

≦60°

β

≦45° 45°<

β

≦60°

モード係数  M 1 1.4 1

2.1

1.5

ロープの区分

ロープ径(

2

)d (mm)

F25B F25B F25B

F25B

F25B

10 11

{1.1}

以下

15 {1.5}

以下

11

{1.1}

以下

23

{2.3}

以下

16

{1.6}

以下

11.2 13

{1.4}

以下

18 {1.9}

以下

13

{1.4}

以下

27

{2.9}

以下

19

{2.1}

以下

12.5 17

{1.7}

以下

23 {2.3}

以下

17

{1.7}

以下

35

{3.5}

以下

25

{2.5}

以下

14 21

{2.2}

以下

29 {3.0}

以下

21

{2.2}

以下

44

{4.6}

以下

31

{3.3}

以下

16 28

{2.8}

以下

39 {3.9}

以下

28

{2.8}

以下

58

{5.8}

以下

42

{4.2}

以下

18 35

{3.6}

以下

49 {5.0}

以下

35

{3.6}

以下

73

{7.5}

以下

52

{5.4}

以下

20 44

{4.5}

以下

61 {6.3}

以下

44

{4.5}

以下

92

{9.4}

以下

66

{6.7}

以下

22.4 55

{5.6}

以下

77 {7.8}

以下

55

{5.6}

以下

115 {11.7}

以下

82

{8.4}

以下

25 68

{7.0}

以下

95 {9.8}

以下

68

{7.0}

以下

142 {14.7}

以下

102 {10.5}

以下

28 86

{8.8}

以下

120 {12.3}

以下

86

{8.8}

以下

180 {18.4}

以下

129 {13.2}

以下

30 99

{10.1}

以下

138 {14.1}

以下

99 {10.1}

以下

207 {21.2}

以下

148 {15.1}

以下

31.5 109

{11.1}

以下

152 {15.5}

以下

109 {11.1}

以下

228 {23.3}

以下

163 {16.6}

以下

33.5 123

{12.6}

以下

172 {17.6}

以下

123 {12.6}

以下

258 {26.4}

以下

184 {18.9}

以下

35.5 139

{14.1}

以下

194 {19.7}

以下

139 {14.1}

以下

291 {29.6}

以下

208 {21.1}

以下

37.5 155

{15.8}

以下

217 {22.1}

以下

155 {15.8}

以下

325 {33.1}

以下

232 {23.7}

以下

40 176

{18.0}

以下

246 {25.2}

以下

176 {18.0}

以下

369 {37.8}

以下

264 {27.0}

以下

42.5 199

{20.3}

以下

278 {28.4}

以下

199 {20.3}

以下

417 {42.6}

以下

298 {30.4}

以下

45 223

{22.7}

以下

312 {31.7}

以下

223 {22.7}

以下

468 {47.6}

以下

334 {34.0}

以下

47.5 248

{25.3}

以下

347 {35.4}

以下

248 {25.3}

以下

520 {53.1}

以下

372 {37.9}

以下

50 275

{28.1}

以下

385 {39.3}

以下

275 {28.1}

以下

577 {59.0}

以下

412 {42.1}

以下

53 309

{31.6}

以下

432 {44.2}

以下

309 {31.6}

以下

648 {66.3}

以下

463 {47.4}

以下

56 345

{35.2}

以下

483 {49.2}

以下

345 {35.2}

以下

724 {73.9}

以下

517 {52.8}

以下


27

B 8817-

199

1

単位  kN {tf}

1

2

3

本及び 4 本

つり本数

つり角度

α

 

α

=0°

α

≦90° 90°<

α

≦120°

α

≦90° 90°<

α

≦120°

垂直線との角度

β

 

β

=0°

β

≦45° 45°<

β

≦60°

β

≦45° 45°<

β

≦60°

モード係数  M 1 1.4 1

2.1

1.5

ロープの区分

ロープ径(

2

)d (mm)

F25B F25B F25B

F25B

F25B

60 397

{40.5}

以下

555 {56.7}

以下

397 {40.5}

以下

833 {85.0}

以下

595 {60.7}

以下

備考1.  マスターリンクは

附属書11

に示すもの以外は使用してはならない。

2.

フックは

JIS B 2803

の使用荷重を超えるものは使用してはならない。


28

B 8817-

199

1

附属書 表 4  WRC 6×Fi (29)  を使用したロープスリングの使用荷重

単位  kN {tf}

1

2

3

本及び 4 本

つり本数

つり角度

α

 

α

=0°

α

≦90° 90°<

α

≦120°

α

≦90° 90°<

α

≦120°

垂直線との角度

β

 

β

=0°

β

≦45° 45°<

β

≦60°

β

≦45° 45°<

β

≦60°

モード係数  M 1 1.4 1

2.1

1.5

ロープの区分

ロープ径(

2

)d (mm)

F29B F29B F29B

F29B

F29B

10 11

{1.1}

以下

15 {1.5} 以下

11

{1.1} 以下

23

{2.3} 以下

16

{1.6} 以下

11.2 14

{1.4}

以下

19 {1.9} 以下

14

{1.4} 以下

29

{2.9} 以下

21

{2.1} 以下

12.5 17

{1.7}

以下

23 {2.3} 以下

17

{1.7} 以下

35

{3.5} 以下

25

{2.5} 以下

14 22

{2.2}

以下

30 {3.0} 以下

22

{2.2} 以下

46

{4.6} 以下

33

{3.3} 以下

16 28

{2.9}

以下

39 {4.0} 以下

28

{2.9} 以下

58

{6.0} 以下

42

{4.3} 以下

18 36

{3.7}

以下

50 {5.1} 以下

36

{3.7} 以下

75

{7.7} 以下

54

{5.5} 以下

20 45

{4.6}

以下

63 {6.4} 以下

45

{4.6} 以下

94

{9.6} 以下

67

{6.9} 以下

22.4 56

{5.7}

以下

78 {7.9} 以下

56

{5.7} 以下

117 {11.9} 以下

84

{8.5} 以下

25 70

{7.1}

以下

98 {9.9} 以下

70

{7.1} 以下

147 {14.9} 以下

105 {10.6} 以下

28 88

{9.0}

以下

123 {12.6} 以下

88

{9.0} 以下

184 {18.9} 以下

132 {13.5} 以下

30 101

{10.3}

以下

141 {14.4} 以下

101 {10.3} 以下

212 {21.6} 以下

151 {15.4} 以下

31.5 111

{11.4}

以下

155 {15.9} 以下

111 {11.4} 以下

233 {23.9} 以下

166 {17.1} 以下

33.5 126

{12.9}

以下

176 {18.0} 以下

126 {12.9} 以下

264 {27.0} 以下

189 {19.3} 以下

35.5 142

{14.5}

以下

198 {20.3} 以下

142 {14.5} 以下

298 {30.4} 以下

213 {21.7} 以下

37.5 158

{16.1}

以下

221 {22.5} 以下

158 {16.1} 以下

331 {33.8} 以下

237 {24.1} 以下

40 180

{18.4}

以下

252 {25.7} 以下

180 {18.4} 以下

378 {38.6} 以下

270 {27.6} 以下

42.5 203

{20.7}

以下

284 {28.9} 以下

203 {20.7} 以下

426 {43.4} 以下

304 {31.0} 以下

45 228

{23.3}

以下

319 {32.6} 以下

228 {23.3} 以下

478 {48.9} 以下

342 {34.9} 以下

47.5 254

{25.9}

以下

355 {36.2} 以下

254 {25.9} 以下

533 {54.3} 以下

381 {38.8} 以下

50 282

{28.7}

以下

394 {40.1} 以下

282 {28.7} 以下

592 {60.2} 以下

423 {43.0} 以下

53 316

{32.3}

以下

442 {45.2} 以下

316 {32.3} 以下

663 {67.8} 以下

474 {48.4} 以下

56 353

{36.0}

以下

494 {50.4} 以下

353 {36.0} 以下

741 {75.6} 以下

529 {54.0} 以下


29

B 8817-

199

1

単位  kN {tf}

1

2

3

本及び 4 本

つり本数

つり角度

α

 

α

=0°

α

≦90° 90°<

α

≦120°

α

≦90° 90°<

α

≦120°

垂直線との角度

β

 

β

=0°

β

≦45° 45°<

β

≦60°

β

≦45° 45°<

β

≦60°

モード係数  M 1 1.4 1

2.1

1.5

ロープの区分

ロープ径(

2

)d (mm)

F29B F29B F29B

F29B

F29B

60 406

{41.4}

以下

568 {57.9} 以下

406 {41.4} 以下

852 {86.9} 以下

609 {62.1} 以下

備考1.  マスターリンクは

附属書11

に示すもの以外は使用してはならない。

2.

フックは

JIS B 2803

の使用荷重を超えるものは使用してはならない。


30

B 8817-1991

関連規格  JIS B 8816  巻上用チェーンスリング

JIS G 0565

  鉄鋼材料の磁粉探傷試験方法及び欠陥磁粉模様の等級分類

JIS Z 2343

  浸透探傷試験方法及び欠陥指示模様の等級分類

ISO 2262-1984

  General purpose thimbles for use with steel wire ropes−Specification

ISO 8793-1986

  Steel wire ropes−Ferrule-secured eye terminations


31

B 8817-1991

参考 1  ロープスリングの使用基準

この参考は,本体及び附属書の規定に関連する事柄を補足するもので,規定の一部ではない。

ロープスリングの使用に関しては,次の事項に注意しなければならない。

(1)

荷に適したロープスリングを選んで使用すること。

(2)

使用荷重を超えて使用してはならない。

(3)

つり角度が正確に測定できる場合は,つり角度による荷重の変化を考慮した使用荷重内で使用しても

よい。

なお,つり角度は 60°以内が望ましい。

(4)

ロープ,アイ部の開き角度は,60°以内とすること。

(5)

使用前に点検し,ロープ及び附属金具が廃棄基準を超えて損傷したものは,使用してはならない。

(6)

すべてのロープの張力が均一になるようにつること。

(7)

衝撃荷重が作用しないようにすること。

(8)

鋭い角で曲げないようにし,必要な場合は,当て物をすること。

(9)

スリーブが荷に当たらないようにすること。

(10) 1

本つりでの使用はできるだけ避けること。やむを得ず 1 本つりをする場合は,荷の回転を防ぐ措置

をとること。

(11)

目通しつり(チョークつり)をする場合は,深絞りをしないこと。

(12)

引きずったり,落下させたりしてはならない。

(13)

ロープのねじれ,曲がりは直ちに修正して,キンクしないようにすること。

(14) 100

℃を超える温度では使用してはならない。

(15)

腐食性の液や蒸気にさらしてはならない。

(16)

使用後は清浄にし,必要に応じて塗油して,乾燥した屋内で保管すること。


32

B 8817-1991

参考 2  ロープスリングの点検基準

この参考は,本体及び附属書の規定に関連する事柄を補足するもので,規定の一部ではない。

点検は,日常点検  (

1

)

及び定期点検  (

2

)

とし,

参考 表 による。

(

1

)

使用前の点検をいう。

(

2

)

定期的に行う点検で,使用頻度によって異なるが,原則として 1 か月ごとに行う。

参考 表 1  点検基準

点検項目

点検の種類

点検方法

廃棄基準

日常  定期

1.

ロープ

(1)

断線(

3

)

○  目視

素線が,ロープ 1 よりの間において最外層ストランド中の総
素線数の 10%以上断線しているもの,又はロープ 5 より間に

おいて 20%以上断線しているもの。

(2)

摩耗

○  計測

摩耗によって,直径の減少が公称径の 7%を超えるもの。

(3)

腐食

○  目視

腐食によって,素線表面にピッチングが発生して,あばた状

になったもの。 
内部腐食によって,素線が緩んだもの。

(4)

形くずれ

○  目視

形くずれによって,キンク及び著しい偏平化,曲がり,かご

状などの欠陥が生じたもの。

(5)

電弧又は熱影響

○  目視

テンパーカラー又は溶損の認められるもの。

(6)

塗油の状態(

4

)

○  目視

(7)

アイ部,圧縮止め部

○  目視

き裂,変形,ロープのずれ,又は著しいきずなどが発生して
いるもの。

2.

附属金具

(1)

変形

○  目視

曲がり,ねじれ,ゆがみなどが認められるもの。

(2)

きず

○  目視

著しい当たりきず,切り欠ききずなどが認められるもの。

(3)

き裂

○  目視

き裂が認められるもの。

又は

浸透探傷(

5

)

き裂が認められるもの。

又は

磁粉探傷(

6

)

き裂が認められるもの。

(4)

摩耗

○  計測

摩耗量が元の寸法の 10%を超えるもの。

(5)

腐食

○  目視

全体に腐食が認められるもの,又は局部的に著しい腐食のあ
るもの。

(

3

)

断線は,手で折り曲げて切除しておくのがよい。

(

4

)

不足しているものは塗油する。

(

5

)  JIS Z 2343

(浸透探傷試験方法及び欠陥指示模様の等級分類)による。

(

6

)  JIS G 0565

(鉄鋼材料の磁粉探傷試験方法及び欠陥磁粉模様の等級分類)による。


33

B 8817-1991

ワイヤロープスリング JIS 改正原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

金  武  典  夫

金属技術研究所

伊佐山  建  志

通商産業省機械情報産業局

伊  東      厚

工業技術院標準部

梅  井      勲

労働省労働基準局

湯  浅  定  司

社団法人日本クレーン協会

守  屋  奉  明

三菱自動車工業株式会社

宮  原      堅

大成建設株式会社

渡  辺  庚  一

日本鋼管株式会社

竹  中  泰  彦

株式会社日通総合研究所

原  田  昇  一

株式会社日立製作所

加  藤  健二郎

湯浅商事株式会社

平  野  末  吉

日本ワイヤロープロック加工協同組合

廣  瀬      彰

泉陽株式会社

林      貞  男

東京製綱株式会社

佐  藤  敏  郎

株式会社テザック

早  崎  清  志

神鋼鋼線工業株式会社

柴  田      実

興国鋼線索株式会社

森  野  嘉  一

株式会社森野帆布船具工業所

(事務局)

加  藤      宏

社団法人日本産業機械工業会

備考  ○印は,分科会委員も兼ねる。

文責(委員長)金  武  典  夫