>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

8806

-1992

クレーン用鋳鋼製車輪

及び鍛鋼製車輪

Cast steel wheels and wrought steel wheels for cranes

1.

適用範囲  この規格は,クレーンに用いる両つば付車輪について規定する。

備考  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS B 0136

  クレーン用語(その 2  クレーンの性能及び構造)

JIS B 0405

  普通公差−第 1 部:個々に公差の指示がない長さ寸法及び角度寸法に対する公差

2.

用語の定義  この規格に用いる主な用語の定義は,JIS B 0136 によるほか次による。

(1)

軸固定式クレーン用車輪  車輪と軸との間に軸受を設け,軸を固定して使用する車輪(図 参照)。

図 1  軸固定式クレーン用車輪の例

(2)

軸回転式クレーン用車輪  軸の両側に軸受を設け,軸を回転して使用する車輪(図 参照)。


2

B 8806-1992

図 2  軸回転式クレーン用車輪の例

3.

種類及び記号  クレーン用車輪の種類及び記号は,表 による。

表 1  クレーン用車輪の種類及び記号

車輪の種類

車輪の記号

レールの種類

 15kg

レール

22kg

レール

30kg

レール

37kg, 40kgN, 50kg,

50 kgN

及び 60 kg レール

73kg

クレーンレール

100kg

クレーンレール

軸固定式クレーン用車輪

FL FS FR

FM

FC

FH

軸回転式クレーン用車輪

RL RS RR

RM

RC

RH

備考  車輪の種類とレールの種類によって記号を区分している。

4.

寸法  寸法は,付表 及び付表 による。

5.

材料  車輪の材料の引張強さ及び伸びは,表 による。

表 2  車輪の材料の引張強さ及び伸び

材料

引張強さ N/mm

2

伸び %

鋳鋼 C

590

以上 16 以上

鍛鋼 W

760

以上

8

以上

6.

検査  検査は,寸法及び材料について行い,4.及び 5.の規定に適合しなければならない。

7.

製品の呼び方  製品の呼び方は,規格番号,呼び及び材料による。

例  JIS B 8806    F L 200-W

8.

表示  製品には,見やすい箇所に,次の事項を表示する。

(1)

呼び及び材料

例  F L 200-W

(2)

製造年月又は製造番号

(3)

製造業者名又はその略号


3

B 8806-1992

付表 1  軸固定式クレーン用車輪寸法

単位 mm

呼び

踏み面

D

w

ボス部

つば部

レール

(参考)

基準寸法  許容差

l

d

B

v

FL200 200

±0.13 63

224

140

100

16

FL250 250

±0.13 63

224

160

100

16

FL315 315

±0.16 63

224

180

100

16

FL355 355

±0.16 63

250

200

100

16

FL400 400

±0.16 63

250

224

100

16

FL450 450

±0.16 63

250

250

100

16

15kg

軽レール

FS200 200

±0.13 71

224

150

112

16

FS250 250

±0.13 71

224

170

112

16

FS315 315

±0.16 71

224

190

112

16

FS355 355

±0.16 71

250

212

112

16

FS400 400

±0.16 71

250

236

112

16

FS450 450

±0.16 71

250

265

112

16

22kg

軽レール

FR315 315

±0.16 80

280

236

125

20

FR355 355

±0.16 80

280

250

125

20

FR400 400

±0.16 80

280

265

125

20

FR450 450

±0.16 80

315

280

125

20

FR500 500

±0.16 80

315

300

125

20

30kg

普通レール

FR560 560

±0.20 80

315

315

125

20

FR630 630

±0.20 80

315

335

125

20

FR710 710

±0.20 80

315

355

125

20

FR800 800

±0.20 80

315

375

125

20

FR900 900

±0.20 80

315

400

125

20

30kg

普通レール


4

B 8806-1992

単位 mm

呼び

踏み面

D

w

ボス部

つば部

レール

(参考)

基準寸法  許容差

l

d

B

v

FM315 315

±0.16 90

280

250

136

20

FM355 355

±0.16 90

280

265

136

20

FM400 400

±0.16 90

280

280

136

20

FM450 450

±0.16 90

315

300

136

20

FM500 500

±0.16 90

315

315

136

20

FM560 560

±0.20 90

315

335

136

20

FM630 630

±0.20 90

315

355

136

20

FM710 710

±0.20 90

315

375

136

20

FM800 800

±0.20 90

315

400

136

20

FM900 900

±0.20 90

315

425

136

20

37kg, 40kgN, 50kg,

50kgN

及び 60kg 普通レ

ール

FC500 500

±0.16 125

400

350

180

25

FC560 560

±0.20 125

400

370

180

25

FC630 630

±0.20 125

450

370

180

25

FC710 710

±0.20 125

450

515

180

25

FC800 800

±0.20 125

450

515

180

25

FC900 900

±0.20 125

450

545

180

25

FC1 000

1 000

±0.20 125

450

545

180

25

73kg

クレーンレール

FH560 560

±0.20 145

400

370

214

25

FH630 630

±0.20 145

450

370

214

25

FH710 710

±0.20 145

450

515

214

25

FH800 800

±0.20 145

450

515

214

25

FH900 900

±0.20 145

450

545

214

25

FH1 000

1 000

±0.20 145

450

545

214

25

100kg

クレーンレール

備考1.  許容差の規定がない部分の加工精度は,削り加工の場合は JIS B 0405の公差

等級 c とする。

2.

つば部には,原則として

10

1

のこう配を付ける。

3.

参考として示すレールのうち,軽レールは JIS E 1103,普通レールは JIS E 

1101

の規定による。


5

B 8806-1992

付表 2  軸回転式クレーン用車輪寸法

単位 mm

呼び

踏み面

D

w

ボス部

つば部

レール

(参考)

基準寸法  許容差

l

d

B

v

RL200 200

±0.13 63

100

100

16

RL250 250

±0.13 63

100

100

16

RL315 315

±0.16 63

125

150

100

16

RL355 355

±0.16 63

125

180

100

16

RL400 400

±0.16 63

125

180

100

16

RL450 450

±0.16 63

125

180

100

16

15kg

軽レール

RS200 200

±0.13 71

125

112

16

RS250 250

±0.13 71

125

112

16

RS315 315

±0.16 71

125

150

112

16

RS355 355

±0.16 71

125

180

112

16

RS400 400

±0.16 71

125

180

112

16

RS450 450

±0.16 71

125

180

112

16

22kg

軽レール

RR315 315

±0.16 80

145

180

125

20

RR355 355

±0.16 80

145

180

125

20

RR400 400

±0.16 80

200

245

125

20

RR450 450

±0.16 80

200

245

125

20

RR500 500

±0.16 80

200

245

125

20

RR560 560

±0.20 80

200

245

125

20

30kg

普通レール

RR630 630

±0.20 80

200

260

125

20

RR710 710

±0.20 80

200

260

125

20

RR800 800

±0.20 80

200

300

125

20

RR900 900

±0.20 80

200

300

125

20

30kg

普通レール


6

B 8806-1992

単位 mm

呼び

踏み面

D

w

ボス部

つば部

レール

(参考)

基準寸法  許容差

l

d

B

v

RM315 315

±0.16 90

145

200

136

20

RM355 355

±0.16 90

145

200

136

20

RM400 400

±0.16 90

200

260

136

20

RM450 450

±0.16 90

200

260

136

20

RM500 500

±0.16 90

200

260

136

20

RM560 560

±0.20 90

200

260

136

20

RM630 630

±0.20 90

200

280

136

20

RM710 710

±0.20 90

200

280

136

20

RM800 800

±0.20 90

200

300

136

20

RM900 900

±0.20 90

200

300

136

20

37kg, 40kgN, 50kg,

50kgN

及び 60kg 普通レ

ール

RC500 500

±0.16 125

200

260

180

25

RC560 560

±0.20 125

200

280

180

25

RC630 630

±0.20 125

200

280

180

25

RC710 710

±0.20 125

200

330

180

25

RC800 800

±0.20 125

200

330

180

25

RC900 900

±0.20 125

200

360

180

25

RC1 000

1 000

±0.20 125

200

360

180

25

73kg

クレーンレール

RH560 560

±0.20 145

245

300

214

25

RH630 630

±0.20 145

245

300

214

25

RH710 710

±0.20 145

245

330

214

25

RH800 800

±0.20 145

245

330

214

25

RH900 900

±0.20 145

245

360

214

25

RH1 000

1 000

±0.20 145

245

360

214

25

100kg

クレーンレール

備考1.  許容差の規定がない部分の加工精度は,削り加工の場合は JIS B 0405の公差

等級 c とする。

2.

つば部には,原則として

10

1

のこう配を付ける。

3.

参考として示すレールのうち,軽レールは JIS E 1103,普通レールは JIS E 

1101

の規定による。

関連規格  JIS E 1101  普通レール

JIS E 1103

  軽レール


7

B 8806-1992

JIS B 8806

改正原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(本委員会)

(委員長)

宮  川  松  男

長岡技術科学大学名誉教授

(委員)

喜  田  勝治郎

通商産業省機械情報産業局産業機械課

伊  東      厚

工業技術院標準部運輸航空規格室

梅  井      勲

労働省労働基準局安全衛生部

吉  田  由  治

運輸省港湾局技術課

湯  浅  定  司

社団法人日本クレーン協会

西  原      浩

川崎製鐵株式会社千葉製鉄所

渡  辺  則  夫

日本冶金工業株式会社川崎製造所

加  藤      寛

日産ディーゼル工業株式会社生産技術部

小  杉  友  男

電源開発株式会社工務部

小  川  忠  良

株式会社新潟鉄工所横浜工場

森  本  展  弘

三井造船株式会社玉野事業所

力  石  明  徳

株式会社日立製作所機電事業本部

大  庭  忠  政

石川島播磨重工業株式会社運搬機設計部

馬場井  宏  至

住友重機械工業株式会社搬送物流システム事業部

石  垣  粂  典

株式会社大倉製作所機械設計課

津  村  一  雄

住友金属工業株式会社製鋼所

大  野      宏

株式会社大野機械製作所営業技術部

(事務局)

加  藤      宏

社団法人日本産業機械工業会

(上記以外の分科会委員)

高  橋  信  人

株式会社日本起重機製作所

芝  本  正  富

川鉄鉄構工業株式会社産業機械事業部

迫  田  国  昭

三菱重工業株式会社運搬機設計課

滝  沢  茂  樹

三井造船株式会社物流・運搬機事業部

桑  原  貞  雄

日立機電工業株式会社佐野工場

備考  ○印は,分科会委員