>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 8375-1

:2007  (ISO 5599-1:2001)

(1)

目  次

ページ

序文

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義

2

4

  インタフェース取付面の要求寸法及び公差

2

5

  ポート及び開口部の識別

2

6

  規格準拠表示

3


B 8375-1

:2007  (ISO 5599-1:2001)

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本フル

ードパワー工業会(JFPA)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正

すべきとの申出があり,

日本工業標準調査会の審議を経て,

経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS B 8375-1:2000 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案又は出願公開後の実用新案登録出願に抵

触する可能性があることに注意を喚起する。

経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,

このような特許権,

出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任はもた

ない。

JIS B 8375

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

B

8375-1

  第 1 部:電気コネクタなしインタフェース取付面

JIS

B

8375-2

  第 2 部:電気コネクタ付きインタフェース取付面

JIS

B

8375-3

  第 3 部:弁機能伝達用コード体系


日本工業規格

JIS

 B

8375-1

:2007

(ISO 5599-1

:2001

)

空気圧用 5 ポート方向制御弁−

第 1 部:電気コネクタなしインタフェース取付面

Pneumatic fluid power

−Five-port directional control valves−

Part 1: Mounting interface surfaces without electrical connector

序文

この規格は,2001 年に第 3 版として発行された ISO 5599-1 を基に,技術的内容及び対応国際規格の構

成を変更することなく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある注記は,対応国際規格にはない事項である。

1

適用範囲

この規格は,最高使用圧力 1.6 MPa の空気圧用 5 ポート方向制御弁の電気コネクタのないインタフェー

ス取付面(以下,インタフェース取付面という。

)について規定する。

−  インタフェース取付面の寸法及び公差

−  ポートの識別

−  制御機構の作動結果の識別

ただし,インタフェースの機能的特性には適用しない。

注記 1  この規格でいうインタフェース取付面とは,ボディ及びベース間においてベース側の取付面

を表す。

注記 2  この規格は,インタフェース取付面の特性について規定するものであるが,その特性にかか

わる規定は,設計の目標値を示すものであり,この規格によって適合性評価を行うことは意

図していない。

注記 3  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 5599-1:2001

,Pneumatic fluid power−Five-port directional control valves−Part 1: Mounting

interface surfaces without electrical connector (IDT)

なお,対応の程度を表す記号(IDT)は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,一致していることを示

す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0021

  製品の幾何特性仕様(GPS)−幾何公差表示方式−形状,姿勢,位置及び振れの公差表示方

注記  対応国際規格:ISO/DIS 1101:1996,Geometrical product specifications (GPS)−Geometrical


2

B 8375-1

:2007  (ISO 5599-1:2001)

tolerancing

−Tolerances of form, orientation, location and run-out (IDT)

JIS B 0031

  製品の幾何特性仕様(GPS)−表面性状の図示方法

注記  対応国際規格:ISO 1302:2002,Geometrical Product Specifications (GPS)−Indication of surface

texture in technical product documentation (IDT)

JIS B 0142

  油圧及び空気圧用語

注記  対応国際規格:ISO 5598:1985,Fluid power systems and components−Vocabulary (NEQ)

JIS B 0601

  製品の幾何特性仕様(GPS)−表面性状:輪郭曲線方式−用語,定義及び表面性状パラメー

注記  対応国際規格:ISO 4287:1997,Geometrical Product Specifications (GPS)−Surface texture: Profile

method

−Terms,definitions and surface texture parameters (IDT)

JIS B 8380

  空気圧用制御弁及び他機器のポート及び制御機構の識別

注記  対応国際規格:ISO 11727:1999,Pneumatic fluid power−Identification of ports and control

mechanisms of control valves and other components (IDT)

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0142 による。

4

インタフェース取付面の要求寸法及び公差

4.1

インタフェース取付面のサイズ 1,サイズ 2 及びサイズ 3 の寸法は,

図 及び表 による。

4.2

インタフェース取付面のサイズ 4,サイズ 5 及びサイズ 6 の寸法は,

図 及び表 による。

4.3

インタフェース取付面の形状,位置の主な寸法及び公差は,

図 3,図 及び表 による。

4.4

インタフェース取付面の公差は,次による。

−  表面粗さ:Ra  1.6

µm(JIS B 0031 及び JIS B 0601 参照)

−  平面度公差:100 mm につき 0.1 mm(JIS B 0021 参照)

 

4.5

インタフェース取付面に規定した開口部以外の開口部は,その取付面にあってはならない。また,

インタフェース取付面に規定したすべての流路は,ベースに設けたポートに接続できなければならない。

5

ポート及び開口部の識別

5.1

インタフェース取付面の開口部及びこれらの開口部に連通するポートの識別は,次による(

図 

照)

−  ポート“1”

“2”

“3”

“4”及び“5”は,主要な流路とする。

−  ポート“12”及び“14”は,駆動用流路とする。

注記  外部パイロットを単一で供給する場合には,ポート 14 を使用するとよい。

5.2

単動バルブのノーマル位置は,

図 に示すように,制御機構 12 によって切り換えられた状態である。

5.3

圧力信号がポート 12 に供給されたとき,ポート 1 はポート 2 へ(ポート 4 はポート 5 へ)接続され,

圧力信号がポート 14 に供給されたとき,ポート 1 はポート 4 へ(ポート 2 はポート 3 へ)接続する(

図 6

及び JIS B 8380 参照)

5.4

ベース上のポート 2∼5 と制御機構 12 及び制御機構 14 との関連付けを,

図 及び図 に示す。

0.1 / 100


3

B 8375-1

:2007 (ISO 5599-1:2001)

5.5

ポート識別に対する追加のオプションは,JIS B 8380 に適合しなければならない。

6

規格準拠表示

インタフェース取付面には,この規格に従っている場合,試験報告書,製品の添付文書及び販売資料に,

次の表示をする。

“インタフェース取付寸法は,JIS B 8375-1  空気圧用 5 ポート方向制御弁−第 1 部:電気コネクタなし

インタフェース取付面に準拠する。


4

B 8375-1

:2007  (ISO 5599-1:2001)

取付面を含み,幅 Y,長さが最低 4 L

1

の平面には,取付ボルト以外のものは通さない構造とする。

図 1−取付面−サイズ 1,サイズ 及びサイズ 3

表 1−取付面の寸法−サイズ 1,サイズ 及びサイズ 3

単位  mm

A B D G

a)

G

1

L

1

L

T

P R

T

b)

W

X X

1

Y

c)

サイズ

 

 

 

 

 

最小 最小

 

最大

 

最小

 

 

 

幅 溝部

の面積

mm

2

1  4.5 9 14 3 13.5

32.5

65

8.5

2.5

M5

×0.8

38

16.5 11.25 43

70

2 7

12

19

3

14.5

40.5

81

10

3

M6

×1

50

22

13.5 56

143

3 10

16

24 4

17.5

53

106

13

4

M8

×1.25

64

29

16.5 71

269

a)

幅 の開口部最小深さは,と等しくする。

b)

ベース最小ねじ深さは,ボルト径 の 2 倍とする(

図 4,断面 X−X 参照)。

c)

  Y

は並列ブロック上にあり,同サイズのインタフェース取付面の連続軸間最小距離を示す。


5

B 8375-1

:2007 (ISO 5599-1:2001)

取付面を含み,幅 Y,長さが 4L

2

の平面には,取付ボルト以外のものは通さない構造とする。

図 2−取付面−サイズ 4,サイズ 及びサイズ 6

表 2−取付面の寸法−サイズ 4,サイズ 及びサイズ 6

単位  mm

A B D 

G

a)

G

1

L

1

L

2

b)

L

T

P R

T

c)

W

X X

1

Y

d)

サイズ

 

 

 

 

 

最小  最小 最小

 

最大

 

最小

 

 

 

幅 溝部

の面積

mm

2

4 13

20

29 4

20.5

64.5

77.5

142

15.5

4

M8

×1.25

74

36.5 21  82

438

5 17

25

34 5

25.5

79.5

91.5

171

19

5

M10

×1.5

88

42 26.5 97

652

6 20

30

44 5

29.5

95

105

200

22.5

5

M10

×1.5

108

50.5 32  119  924

a)

幅 の開口部最小深さは,と等しくする。

b)

サイズ 4,5 及び 6 は,オプションの電気コネクタに対応するため,L

2

は L

1

と同じではない。

c)

ベース最小ねじ深さは,ボルト径 の 2 倍とする(

図 4,断面 X−X 参照)。

d)

  Y

は並列ブロック上にあり,同サイズのインタフェース取付面の連続軸間最小距離を示す。


6

B 8375-1

:2007  (ISO 5599-1:2001)

a)

角部 R 10 か所

b)

角部 R 4 か所

c)

開口部 5 か所

d)

開口部 2 か所

e)

開口部 3 か所

図 3−インタフェースの寸法及びその公差


7

B 8375-1

:2007 (ISO 5599-1:2001)

図 4−取付面の主要な流路及び駆動用流路の識別並びにその位置の公差


8

B 8375-1

:2007  (ISO 5599-1:2001)

表 3−形状並びに位置の寸法及びその公差

単位  mm

サイズ

1 2 3 4 5 6

4.5 7  10 13 17 20

9  12 16 20 25 30

14 19 24 29 34 44

G

a)

3 3 4 4 5 5

G

1

13.5 14.5 17.5 20.5 25.5 29.5

8.5 10  13 15.5 19 22.5

T

b)

 M5

×0.8 M6×1 M8×1.25 M8×1.25 M10×1.5 M10×1.5

16.5 22  29 36.5 42 50.5

X

1

 11.25  13.5  16.5

21

26.5

32

寸法

d

c)

25 32 40 50 63 80

a

c)

 0.8

0.8

1

1

1.4

1.4

公差

e

c)

0.2 0.2 0.3 0.4 0.5 0.5

開口部面積  mm

2

70  143 269 438 652 924

a)

幅 の開口部最小深さは,と等しくする。

b)

ベース最小ねじ深さは,ボルト径 の 2 倍とする(

図 4,断面 X−X 参照)。

c)

  a

図 の輪郭度公差,は図 の突出公差域,は図 の位置度公差を示す。

図 5−単動バルブのノーマル位置

図 6−パイロット制御でのポート間情報