>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義  

1

4

  ロッドエンドタイプの識別記号  

2

4.1

  基準点及び文字記号  

2

4.1.1

  一般  

2

4.1.2

  プレンロッドエンド  

2

4.1.3

  ピンロッドエンド  

2

4.1.4

  めねじロッドエンド  

2

4.1.5

  おねじロッドエンド  

3

4.1.6

  スパナ掛け付きロッドエンド又はフックレンチ穴付きロッドエンド  

4

4.1.7

  フランジ形ロッドエンド  

5

4.2

  識別記号  

5

5

  シリンダの取付寸法,最大寸法及び附属金具寸法の識別文字記号  

5

5.1

  一般  

5

5.2

  文字 Z  

6

5.3

  文字 U  

6

5.4

  文字 WX及び Z  

6

5.5

  記号  

6

5.6

  寸法表示  

6

6

  取付形式の識別記号  

8

6.1

  一般  

8

6.2

  取付形式  

8

6.3

  シリンダ取付形式に関わる取付寸法及びシリンダ最大寸法の文字記号  

10

7

  附属金具の識別記号  

35

7.1

  一般  

35

7.2

  附属金具形式  

36

7.3

  附属金具の寸法に与える文字記号 

36

8

  角形シリンダ及び丸形シリンダのポート位置の指定  

42

9

  規格準拠表示  

44


B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般社団法人日本

フルードパワー工業会(JFPA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本

工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本

工業規格である。

これによって,JIS B 8366-5:2006 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS B 8366

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS B 8366-1

  油圧・空気圧システム及び機器−油圧・空気圧システム及び機器−シリンダ−構成要素

及び識別記号−第 1 部:シリンダ内径及びピストンロッド径

JIS B 8366-2

  油圧・空気圧システム及び機器−油圧・空気圧システム及び機器−シリンダ−構成要素

及び識別記号−第 2 部:呼び圧力

JIS B 8366-3

  油圧・空気圧システム及び機器−油圧・空気圧システム及び機器−シリンダ−構成要素

及び識別記号−第 3 部:標準ピストンストローク

JIS B 8366-4

  油圧・空気圧システム及び機器−油圧・空気圧システム及び機器−シリンダ−構成要素

及び識別記号−第 4 部:ピストンロッド先端ねじ寸法及び形状

JIS B 8366-5

  油圧・空気圧システム及び機器−油圧・空気圧システム及び機器−シリンダ−構成要素

及び識別記号−第 5 部:識別記号


日本工業規格

JIS

 B

8366-5

:2015

(ISO 6099

:2009

)

油圧・空気圧システム及び機器−シリンダ−

構成要素及び識別記号−第 5 部:識別記号

Fluid power systems and components-Cylinders-

Elements and identification code-

Part 5: Identification code for mounting dimensions and mounting types

序文 

この規格は,2009 年に第 4 版として発行された ISO 6099 を基に,技術的内容及び構成を変更すること

なく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある参考事項は,対応国際規格にはない事項である。

適用範囲 

この規格は,油圧及び空気圧シリンダの取付寸法及び取付形式に与える識別記号を定めるシステムにつ

いて規定する。この規格には,次の内容が含まれる。

a)

寸法に与える文字記号

b)

シリンダ附属金具形式に与える識別記号

c)

シリンダ取付形式に与える識別記号

この規格は,油圧・空気圧シリンダに関する全ての取付形式及びその附属金具形式について標準化し一

覧表として示したものではない。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 6099:2009

,Fluid power systems and components−Cylinders−Identification code for mounting

dimensions and mounting types

(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“一致している”こ

とを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。この引用

規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0142

  油圧・空気圧システム及び機器−用語

注記  対応国際規格:ISO 5598:2008,Fluid power systems and components−Vocabulary(MOD)

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0142 による。


2

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

ロッドエンドタイプの識別記号 

4.1 

基準点及び文字記号 

4.1.1 

一般 

4.1.1.1 

第 基準点 

シリンダの軸方向の寸法は,どのような取付寸法でも全てのシリンダに共通な理論的基準点(TRP)

(以

下,基準点という。

)から,決定する。この基準点は,シリンダに発生する力がピストンロッド(以下,ロ

ッドという。

)から連結する部材に移る理論的な点である。この基準点(TRP)を第 1 基準点という。

4.1.1.2 

第 基準点 

両ロッドシリンダには,直接第 1 基準点に与えられた文字記号 ZM++の実値によって,第 2 基準点を

定める。

4.1.2 

プレンロッドエンド 

プレンロッドエンドの基準点は,ロッド先端面でロッド中心線上の点とする(

図 参照)。

図 1RPEx:プレンロッドエンド 

4.1.3 

ピンロッドエンド 

ピンロッドエンドの基準点は,連結ピン穴中心線とロッド中心線との交点とする(

図 参照)。

図 2RPRx:ピンロッドエンド 

4.1.4 

めねじロッドエンド 

めねじロッドエンドの基準点は,ロッド先端面でロッド中心線上の点とする(

図 参照)。

図 3RTFx:めねじロッドエンド 


3

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

4.1.5 

おねじロッドエンド 

おねじロッドエンドの基準点は,ロッドの肩の位置でロッド中心線上の点とする(

図 参照)。

図 4RTMx:おねじロッドエンド 


4

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

4.1.6 

スパナ掛け付きロッドエンド又はフックレンチ穴付きロッドエンド 

スパナ掛け付きロッドエンド又はフックレンチ穴付きロッドエンドの基準点は,ロッド先端面でロッド

中心線上の点とする(

図 参照)。

RTM1

RTM2

RTF1

a)

任意とする。

図 5−スパナ掛け付きロッドエンド又はフックレンチ穴付きロッドエンド 


5

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

4.1.7 

フランジ形ロッドエンド 

フランジ形ロッドエンドの基準点は,ロッドフランジ端面の位置でロッド中心線上の点(

図 6)か,又

は溝の肩の位置でロッド中心線上の点(

図 7)のいずれかとする。

図 6RFEx:ロッドフランジ端面に基準点があるフランジ形ロッドエンド 

図 7RFSx:溝の肩に基準点があるフランジ形ロッドエンド 

4.2 

識別記号 

ロッドエンドタイプの識別記号は,

表 による。

表 1−識別記号 

識別記号

説明

RTMx

おねじロッドエンド

RTFx

めねじロッドエンド

RPEx

プレンロッドエンド

RPRx

ピンロッドエンド

RFEx

ロッドフランジ端面に基準点があるフランジ形ロッドエンド

RFSx

溝の肩に基準点があるフランジ形ロッドエンド

x x

はスパナ掛け付きかフックレンチ穴付きかを定める。

0

=なし

1

=スパナ掛け付き

2

=フックレンチ穴付き

シリンダの取付寸法,最大寸法及び附属金具寸法の識別文字記号 

5.1 

一般 

シリンダの取付寸法,最大寸法及び附属金具寸法を識別するための記号は,一つ又は二つの文字で,該


6

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

当する場合には,一つ又は二つの文字と“+”

“++”

,又は“+/”とで構成する。

これらの文字の意味を,5.25.5 に示す。

5.2 

文字 Z 

Z

で始まる 2 文字の記号は,ロッド中心線方向の最大寸法を示す。

5.3 

文字 U 

U

で始まる 2 文字の記号は,ロッド中心線に対して直角に交わる平面の幅方向の最大寸法を示す。

5.4 

文字 WX及び Z 

W

X及び で始まる 2 文字の記号は,基準点から取付部の基準となる位置までの寸法を示す。

5.5 

記号 

文字の後に来る記号+は,ストロークを加算することを意味する。

ZJ

+:ZJ+ストローク

文字の後に来る記号++は,ストロークの 2 倍を加算することを意味する。

ZM

++:ZM+2 ストローク

文字の後に来る記号+/は,ストロークの 1/2 倍を加算することを意味する。

XV

+/:XV+1/2 ストローク

5.6 

寸法表示 

シリンダ本体の寸法表示は,

図 による。


7

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

a)

図 を参照。

図 8−シリンダ本体の寸法表示 


8

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

取付形式の識別記号 

6.1 

一般 

シリンダ取付形式の識別記号は,二つ又は三つの文字,及び数字によって構成する。

M

    F1

取付形式を示す文字記号

取付形式の種類:フランジ形(形式 1)

M

  D

F2

取付形式を示す文字記号        取付形式の種類:

両ロッドを示す文字記号    フランジ形(形式 2)

上記識別記号の取付形式の種類“F”の位置に置かれる文字記号の種類は,次のとおりとする。

文字記号:取付形式 

B

:本体

E

:キャップ又はロッドカバー

F

:フランジ(取付金具分離形)

P

:揺動

R

:カバーねじ

S

:フート

T

:トラニオン

X

:スタッド又はタイロッド

6.2 

取付形式 

この規格で規定する取付形式は,

表 の識別記号を使用する。

表 2−取付形式 

識別記号

取付形式

図番

MB1

角形本体通しボルト取付形式

図 

MDB1

角形本体通しボルト取付形式(両ロッド)

図 10 

MB2

丸形本体通しボルト取付形式

図 11 

MDB2

丸形本体通しボルト取付形式(両ロッド)

図 12 

ME5

長方形ロッドカバー取付形式

図 13 

MDE5

長方形ロッドカバー取付形式(両ロッド)

図 14 

ME6

長方形キャップ取付形式

図 15 

ME7

丸形ロッドカバー取付形式

図 16 

MDE7

丸形ロッドカバー取付形式(両ロッド)

図 17 

ME8

丸形キャップ取付形式

図 18 

ME9

角形ロッドカバー取付形式

図 19 

MDE9

角形ロッドカバー取付形式(両ロッド)

図 20 

ME10

角形キャップ取付形式

図 21 

ME11

角形ロッドカバー取付形式

図 22 

MDE11

角形ロッドカバー取付形式(両ロッド)

図 23 

ME12

角形キャップ取付形式

図 24

MF1

ロッド側長方形フランジ取付形式

図 25 

MDF1

ロッド側長方形フランジ取付形式(両ロッド)

図 26 

MF2

キャップ側長方形フランジ取付形式

図 27 


9

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 2−取付形式(続き) 

識別記号

取付形式

図番

MF3

ロッド側丸形フランジ取付形式

図 28 

MDF3

ロッド側丸形フランジ取付形式(両ロッド)

図 29 

MF4

キャップ側丸形フランジ取付形式

図 30 

MF5

ロッド側角形フランジ取付形式

図 31 

MDF5

ロッド側角形フランジ取付形式(両ロッド)

図 32 

MF6

キャップ側角形フランジ取付形式

図 33 

MF7

ロッド側丸形フランジ取付形式(はめ込み部案内付)

図 34 

MDF7

ロッド側丸形フランジ取付形式(はめ込み部案内付)

(両ロッド)

図 35 

MF8

ロッド側長方形フランジ取付形式(取付けボルト穴 2 個)

図 36 

MP1

キャップクレビス取付形式

図 37 

MP2

キャップ側分離クレビス取付形式

図 38 

MP3

キャップアイ取付形式

図 39 

MP4

キャップ側分離アイ取付形式

図 40 

MP5

キャップスフェリカルアイ取付形式

図 41 

MP6

キャップ側分離スフェリカルアイ取付形式

図 42 

MP7

ロッド側分離クレビス取付形式

図 43 

MR3

ロッド側ねじカバー取付形式

図 44 

MDR3

ロッド側ねじカバー取付形式(両ロッド)

図 45 

MR4

キャップ側ねじカバー取付形式

図 46 

MS1

軸方向フート取付形式

図 47 

MDS1

軸方向フート取付形式(両ロッド)

図 48 

MS2

軸直角方向フート取付形式

図 49 

MDS2

軸直角方向フート取付形式(両ロッド)

図 50

MS3

ロッド側フート取付形式

図 51 

MT1

ロッドカバートラニオン取付形式

図 52 

MDT1

ロッドカバートラニオン取付形式(両ロッド)

図 53 

MT2

キャップトラニオン取付形式

図 54 

MT4

中間トラニオン取付形式

図 55 

MDT4

中間トラニオン取付形式(両ロッド)

図 56 

MT5

ロッド側分離トラニオン取付形式

図 57 

MT6

キャップ側分離トラニオン取付形式

図 58 

MX1

両側スタッド又はタイロッド取付形式

図 59 

MDX1

両側スタッド又はタイロッド取付形式(両ロッド)

図 60 

MX2

キャップ側スタッド又はタイロッド取付形式

図 61

MDX2

キャップ側スタッド又はタイロッド取付形式(両ロッド)

図 62 

MX3

ロッド側スタッド又はタイロッド取付形式

図 63

MX4

両側 2 本スタッド又は 2 本タイロッド取付形式

図 64 

MDX4

両側 2 本スタッド又は 2 本タイロッド取付形式(両ロッド)

図 65 

MX5

ロッド側タップ取付形式

図 66 

MDX5

ロッド側タップ取付形式(両ロッド)

図 67 

MX6

キャップ側タップ取付形式

図 68 

MX7

ロッド側タップ,キャップ側スタッド又はタイロッド取付形式

図 69 

MDX7

ロッド側タップ,キャップ側スタッド又はタイロッド取付形式

(両ロッド)

図 70 

MX8

ロッド側,キャップ側共にタップ取付形式

図 71 

MDX8

ロッド側,キャップ側共にタップ取付形式(両ロッド)

図 72 


10

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

6.3 

シリンダ取付形式に関わる取付寸法及びシリンダ最大寸法の文字記号 

シリンダ取付寸法に関わる取付寸法及びシリンダ最大寸法の文字記号は

図 9∼図 72 に,文字記号と寸法

表示の位置との関係は

表 に示す。

図 9MB1−角形本体通しボルト取付形式 

図 10MDB1−角形本体通しボルト取付形式(両ロッド) 

図 11MB2−丸形本体通しボルト取付形式 


11

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 12MDB2−丸形本体通しボルト取付形式(両ロッド) 

図 13ME5−長方形ロッドカバー取付形式 


12

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 14MDE5−長方形ロッドカバー取付形式(両ロッド) 

図 15ME6−長方形キャップ取付形式 


13

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 16ME7−丸形ロッドカバー取付形式 

図 17MDE7−丸形ロッドカバー取付形式(両ロッド) 


14

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 18ME8−丸形キャップ取付形式 

図 19ME9−角形ロッドカバー取付形式 

図 20MDE9−角形ロッドカバー取付形式(両ロッド) 


15

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 21ME10−角形キャップ取付形式 

図 22ME11−角形ロッドカバー取付形式 


16

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 23MDE11−角形ロッドカバー取付形式(両ロッド) 

図 24ME12−角形キャップ取付形式 


17

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 25MF1−ロッド側長方形フランジ取付形式 

図 26MDF1−ロッド側長方形フランジ取付形式(両ロッド) 


18

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 27MF2−キャップ側長方形フランジ取付形式 

図 28MF3−ロッド側丸形フランジ取付形式 


19

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 29MDF3−ロッド側丸形フランジ取付形式(両ロッド) 

図 30MF4−キャップ側丸形フランジ取付形式 


20

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 31MF5−ロッド側角形フランジ取付形式 

図 32MDF5−ロッド側角形フランジ取付形式(両ロッド) 


21

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 33MF6−キャップ側角形フランジ取付形式 

図 34MF7−ロッド側丸形フランジ取付形式(はめ込み部案内付) 


22

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 35MDF7−ロッド側丸形フランジ取付形式(はめ込み部案内付)(両ロッド) 

図 36MF8−ロッド側長方形フランジ取付形式(取付ボルト穴 個) 

図 37MP1−キャップクレビス取付形式 


23

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 38MP2−キャップ側分離クレビス取付形式 

図 39MP3−キャップアイ取付形式 

図 40MP4−キャップ側分離アイ取付形式 


24

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 41MP5−キャップスフェリカルアイ取付形式 

図 42MP6−キャップ側分離スフェリカルアイ取付形式 

図 43MP7−ロッド側分離クレビス取付形式 


25

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 44MR3−ロッド側ねじカバー取付形式 

図 45MDR3−ロッド側ねじカバー取付形式(両ロッド) 

図 46MR4−キャップ側ねじカバー取付形式 


26

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 47MS1−軸方向フート取付形式 

図 48MDS1−軸方向フート取付形式(両ロッド) 


27

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 49MS2−軸直角方向フート取付形式 

図 50MDS2−軸直角方向フート取付形式(両ロッド) 


28

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 51MS3−ロッド側フート取付形式 

図 52MT1−ロッドカバートラニオン取付形式 

図 53MDT1−ロッドカバートラニオン取付形式(両ロッド) 


29

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 54MT2−キャップトラニオン取付形式 

図 55MT4−中間トラニオン取付形式 

図 56MDT4−中間トラニオン取付形式(両ロッド) 


30

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 57MT5−ロッド側分離トラニオン取付形式 

図 58MT6−キャップ側分離トラニオン取付形式 

図 59MX1−両側スタッド又はタイロッド取付形式 


31

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 60MDX1−両側スタッド又はタイロッド取付形式(両ロッド) 

図 61MX2−キャップ側スタッド又はタイロッド取付形式 

図 62MDX2−キャップ側スタッド又はタイロッド取付形式(両ロッド) 


32

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 63MX3−ロッド側スタッド又はタイロッド取付形式 

図 64MX4−両側 本スタッド又は 本タイロッド取付形式 

図 65MDX4−両側 本スタッド又は 本タイロッド取付形式(両ロッド) 


33

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 66MX5−ロッド側タップ取付形式 

図 67MDX5−ロッド側タップ取付形式(両ロッド) 

図 68MX6−キャップ側タップ取付形式 


34

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 69MX7−ロッド側タップ,キャップ側スタッド又はタイロッド取付形式 

図 70MDX7−ロッド側タップ,キャップ側スタッド又はタイロッド取付形式(両ロッド) 

図 71MX8−ロッド側,キャップ側共にタップ取付形式 


35

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 72MDX8−ロッド側,キャップ側共にタップ取付形式(両ロッド) 

附属金具の識別記号 

7.1 

一般 

附属金具の識別記号は,二つの文字及び数字によって構成する。

   

A

P2

附属金具を表す記号  附属金具の形式[

(めねじ)ロッドクレビス]


36

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

7.2 

附属金具形式 

附属金具形式は,

表 による。

表 3−附属金具形式 

識別記号

名称

図番

割ピ

ン形

-S

a)

止め

輪形

-R

a)

ロッ

キン
グプ

レー

ト形

-L

a)

キー

溝付

-K

a)

セ ン

タ 穴

-H

a)

AA4

プレン用ピン

図 84
図 86
図 90

-S -R -L

AA6

スフェリカル用ピン

図 85
図 87
図 88

-S -R -L

AB2

直立アイブラケット

図 77 

-K

AB3

傾斜クレビスブラケット(プレンアイ用)

図 79 

-L

-K

-H

AB4

直立クレビスブラケット(プレンアイ用)

図 78 

-L

-K

-H

AB5

傾斜クレビスブラケット(スフェリカルアイ用)

図 81 

-L

-K

-H

AB6

直立クレビスブラケット(スフェリカルアイ用)

図 80 

-L

-K

-H

AB7

傾斜アイブラケット

図 91 

-K

AF3

(めねじ)ロッドフランジ

図 82 

AL6

ピン用ロッキングプレート

図 89 

AP2

(めねじ)ロッドクレビス

図 74 

-L

AP4

(めねじ)プレンロッドアイ

図 75 

AP6

(めねじ)スフェリカルロッドアイ

図 76 

AT4

トラニオンブラケット

図 83 

a)

図 73 を参照。

例 AB4-L-K:キー溝付ロッキングプレート形直立クレビスブラケット

7.3 

附属金具の寸法に与える文字記号 

附属金具の寸法に与える文字記号は,

図 73∼図 91 に示す。

a)

  取付面にセンタ穴付-H b)  キー溝付-K 

図 73−附属金具のためのオプション機能 


37

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

c)

  ロッキングプレート-L のための取付ねじ穴 

図 73−附属金具のためのオプション機能(続き) 

図 74AP2−(めねじ)ロッドクレビス 

図 75AP4−(めねじ)プレンロッドアイ 


38

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 76AP6−(めねじ)スフェリカルロッドアイ 

図 77AB2−直立アイブラケット 


39

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 78AB4−直立クレビスブラケット(プレンアイ用) 

図 79AB3−傾斜クレビスブラケット(プレンアイ用) 


40

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 80AB6−直立クレビスブラケット(スフェリカルアイ用) 

図 81AB5−傾斜クレビスブラケット(スフェリカルアイ用) 


41

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 82AF3−(めねじ)ロッドフランジ 

図 83AT4−トラニオンブラケット 

図 84AA4-S−プレン用ピン,割ピン形 

図 85AA6-S−スフェリカル用ピン,割ピン形 

図 86AA4-R−プレン用ピン,止め輪形 

図 87AA6-R−スフェリカル用ピン,止め輪形 


42

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

図 88AA6-L−スフェリカル用ピン, 

ロッキングプレート形 

1

は締付ボルト

図 89AL6−ピン用ロッキングプレート 

図 90AA4-L−プレン用ピン, 

ロッキングプレート形 

図 91AB7−傾斜アイブラケット 

角形シリンダ及び丸形シリンダのポート位置の指定 

ポート位置は,シリンダのロッド側及びキャップ側に対して指定する。

a)

角形シリンダには,

図 92 に示すように,ポート位置 1 からポート位置 4 まで選択することができる。


43

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

例  ポート位置の指定例 
    ポート位置 1

ポート配置面

図 92−角形シリンダのポート位置 


44

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

b)

丸形シリンダには,

図 93 に示すように,垂直方向及び水平方向のポート位置,又は垂直方向と水平方

向との間のポート位置を選択することができる。

例  ポート位置の指定例 
    1 と 2 との間のポート位置

図 93−丸形シリンダのポート位置 

規格準拠表示 

この規格に従っていることを,試験報告書,カタログ及び販売資料に記載する場合は,次の文言を用い

る。

“識別記号は,JIS B 8366-5(油圧・空気圧システム及び機器−シリンダ−構成要素及び識別記号−第 5

部:識別記号)に準拠する。


45

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表 

記号

寸法表示の位置

A

ロッド先端ねじ(ロッドエンド寸法)

B

ロッド側シリンダ本体はめ込み部の案内外径(本体寸法−MB1−MDB1−MB2−MDB2−ME5

−MDE5−ME7−MDE7−ME9−MDE9−ME11−MDE11)

C

D

円形シリンダカバーの外径寸法(本体寸法−MB2−MDB2)

E

角形シリンダカバーの外辺寸法

(本体寸法−MB1−MDB1−ME5−MDE5−ME6−MF1−MDF1−MF2)

F

リテナープレートの厚さ(本体寸法−ME5−MDE5−ME7−MDE7−ME9−MDE9−ME11−

MDE11

G

ロッドカバーの厚さ(ME5−MDE5−ME7−MDE7−ME9−MDE9−ME11−MDE11)

H

ポート E に必要なカバーの増加寸法(本体寸法−MB1−MDB1−MB2−MDB2)

J

キャップカバーの厚さ(ME6−ME8−ME10−ME12)

K

L

揺動に必要な回転半径(MP1−MP2−MP3−MP4−MP7)

M

N

ロッドアイとロッドクレビス本体との幅寸法(AP4−AP6)

O

P

R

取付ボルト穴の中心間寸法(AB2−ME5−MDE5−ME6−MF1−MDF1−MF2−MF5−MDF5−

MF6

−ME11−MDE11−ME12)

S

T

クレビスブラケットの中心寸法(AB4−AB6)

図 73

U

V

W TRP

a)

から取付面までの寸法(MF1−MDF1−MF8)

X

Y TRP

とロッド側ポートとの間の寸法(本体寸法)

Z

揺動角度(AP6−MP5−MP6)

a)

 TRP

は 4.1.1.1 で定義している。


46

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表(続き) 

2

番目の記号文字

A

寸法表示の位置

AA

スタッド又はタイロッド配置の中心直径(参考)(MX1−MDX1−MX2−MDX2−MX3−MX4
−MDX4−MX5−MDX5−MX6−MX7−MDX7−MX8−MDX8)

BA

キャップ側ガイド部の外径寸法(本体寸法−MF2−MF4)

CA TRP

に接する位置から揺動軸中心までの寸法(AP4)

DA

取付ボルト頭部の座ぐり直径(AF3)

EA

アイブラケットリブの厚さ(AB7)

FA

GA

HA

JA

KA

タイロッドナットの沈み深さ寸法(本体寸法)

LA

MA

ロッドフランジの外径寸法(ロッドエンド)

NA

OA

PA

RA

取付ボルト穴の中心間寸法(AB7)

SA

ストローク方向取付穴の中心間寸法(MS1)

TA

ストローク方向取付ボルト穴の中心間寸法(AB5−AB6)

UA

VA

キャップ側ガイド部の長さ(本体寸法)

WA

XA TRP

からキャップ側取付穴ボルト中心までの寸法(MS1)

YA

ZA


47

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表(続き) 

2

番目の記号文字

B

寸法表示の位置

AB

取付ボルトの穴径(MS1−MDS1−MS3)

BB

スタッド又はタイロッドの長さ(MX1−MDX1−MX2−MDX2−MX3−MX4−MDX4−MX7−

MDX7

CB

クレビスの溝幅寸法(MP1−MP2−MP7)

DB

ロッキングプレート取付ボルトの穴径(AL6)

EB

取付ボルト頭部の座ぐり直径(AB7)

FB

取付ボルトの穴径(MB1−MDB1−MB2−MDB2−ME5−MDE5−ME6−ME7−MDE7−ME8−

ME9

−MDE9−ME10−ME11−MDE11−ME12−MF1−MDF1−MF2−MF3−MDF3−MF4−

MF5

−MDF5−MF6−MF7−MDF7−MF8)

GB

HB

取付ボルトの穴径(AB2−AB3−AB4−AB5−AB6−AB7−AF3−AT4)

JB

KB

ナットの高さ(本体寸法)

LB

MB

ロッド先端の溝直径(ロッドエンド)

NB

OB

PB

RB

取付ボルト穴のピッチ寸法(MS2−MDS2)

SB

取付ボルトの穴径(MS2−MDS2)

TB

取付ボルト穴の中心間寸法(AB4)

UB

クレビスの最大幅寸法(MP1−MP2−MP7)

VB

WB TRP

から取付面までの寸法(MF7−MDF7)

XB

揺動軸受穴中心からキー溝までの長さ(AB3−AB5−AB7)

図 73

YB

ZB TRP

からキャップ側の外端までの寸法(本体寸法−MS2)


48

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表(続き) 

2

番目の記号文字

C

寸法表示の位置

AC

BC

CC

DC

クレビスブラケットのロッキングプレートの溝深さ(AA4-L−AA6-L)

EC

FC

取付ボルト穴の中心円直径(MF3−MDF3−MF4−MF7−MDF7)

GC

HC

JC

KC

キーの溝深さ(MS2−MDS2−AB3−AB5−AB7−AT4)

図 73

LC

MC

NC

OC

PC

RC

取付ボルト穴の中心間寸法(AB4)

SC

TC

トラニオンベースの面間寸法(MT1−MDT1−MT2)

UC

フランジの外径(MF3−MDF3−MF4−MF7−MDF7)

VC

フランジガイド部の長さ(MF7−MDF7)

WC TRP

から取付面までの寸法(MF3−MDF3)

XC TRP

から揺動軸中心までの寸法(MP1−MP3)

YC

ZC


49

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表(続き) 

2

番目の記号文字

D

寸法表示の位置

AD

トラニオンベースの寸法(MT4−MDT4−MT5−MT6)

BD

CD

揺動軸受の穴径(MP1−MP2−MP3−MP4−MP7)

DD

本体取付タップ,スタッド又はタイロッドのねじ径(MX1−MDX1−MX2−MDX2−MX3−MX4

−MDX4−MX7−MDX7)

ED

FD

取付ボルト穴の中心円直径(ME7−MDE7−ME8−MB2−MDB2)

GD

HD

JD

KD

LD

MD

ND

OD

リテナープレートはめ込み部の案内外径(ME5−MDE5−ME7−MDE7−ME9−MDE9−ME11

−MDE11)

PD

RD

リテナープレートの外径(ME5−MDE5−ME7−MDE7−ME9−MDE9−ME11−MDE11)

SD

割ピン用の穴径(AA4-S−AA6-S)

TD

トラニオンピンの外径(MT1−MDT1−MT2−MT4−MDT4−MT5−MT6)

UD

ブラケットベースの対辺寸法(AB2)

VD

リテナープレートから出たガイド部の長さ(本体寸法−MB1−MDB1−MB2−MDB2−ME5−

MDE5

−ME7−MDE7−ME9−MDE9−ME11−MDE11)

WD

ロッド先端フックレンチ用の穴径

XD TRP

から揺動軸中心までの寸法(MP2−MP4)

YD

ZD


50

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表(続き) 

2

番目の記号文字

E

寸法表示の位置

AE

ロッド先端の溝幅(ロッドエンド)

BE

本体のねじ径(MR3−MDR3−MR4)

CE TRP

から揺動軸中心までの寸法(AP2)

DE

EE

ポートねじ(タップ−本体寸法)

FE

取付ボルト穴の中心円直径(AF3)

GE

HE

JE

KE

取付ボルト頭の座ぐり深さ(AF3)

LE

軸心からクレビス溝底までの寸法(AB2−AB3−AB4−AP2−AP4)

ME

フランジの厚さ(MF5−MDF5−MF6)

NE

ロッドフランジの厚さ(AF3)

OE

PE

RE

取付ボルト穴の中心間寸法(AB5−AB6)

SE

TE

取付ボルト穴の中心間寸法(AB7)

UE

丸形カバーフランジの外形(ME7−MDE7−ME8)

VE

ガイド部を含むリテナプレートの厚み(本体寸法−VE=VD+F)

WE TRP

から取付面までの寸法(MF5−MDF5)

XE

YE

ZE


51

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表(続き) 

2

番目の記号文字

F

寸法表示の位置

AF

ロッド先端めねじの深さ(ロッドエンド)

BF

本体ねじの長さ(MR3−MDR3−MR4)

CF

スフェリカル用ピンに対する軸受の穴径(AB5−AB6)

DF

EF

最大揺動半径(AP6)

FF

ポートの寸法(フランジ−本体寸法)

GF

HF

JF

フランジの厚さ(MF8)

KF

めねじロッドエンドのねじ径(ロッドエンド)

LF

最大揺動半径(AP6)

MF

フランジの厚さ(MF1−MDF1−MF2)

NF

フランジの厚さ(MF3−MDF3−MF4−MF7−MDF7)

OF

ボルト座面から取付面までの寸法(AB7)

PF

RF

取付ボルト穴の中心間寸法(AB3)

SF

スパナ掛の幅寸法(ロッドエンド)

TF

取付ボルト穴の中心間寸法(ME11−MDE11−ME12−MF1−MDF1−MF2−MF5−MDF5−MF6

−MF8)

UF

カバーフランジの最大寸法(MF1−MDF1−MF2−MF5−MDF5−MF6−MF8)

VF

WF TRP

からロッド側取付面までの寸法(本体寸法−MB1−MDB1−MB2−MDB2−ME5−MDE5−

ME7

−MDE7−ME9−MDE9−ME11−MDE11−MR3−MDR3)

XF

YF

ZF TRP

からキャップ側取付面までの寸法(MF2)


52

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表(続き) 

2

番目の記号文字

G

寸法表示の位置

AG TRP

からロッドエンドの溝の肩までの寸法(本体寸法)

BG

本体取付タップの深さ(MX5−MDX5−MX6−MX7−MDX7−MX8−MDX8)

CG

スフェリカルアイはめあい部の幅寸法(AB5−AB6)

DG

クレビスブラケットリブ内面の幅寸法(AB5)

EG

FG

揺動軸中心から取付穴までの寸法(AB3)

GG

HG

JG

KG

LG

揺動軸中心からクレビス溝底までの寸法(AB6)

MG

NG

OG

PG

RG

取付ボルト穴の中心間寸法(AB3)

SG

ロッキングプレート締付ねじ用ねじの深さ(AL6)

TG

本体取付タップ,スタッド又はタイロッドの中心間寸法(MX1−MDX1−MX2−MDX2−MX3

−MX4−MDX4−MX5−MDX5−MX6−MX7−MDX7−MX8−MDX8)

UG

角形カバーフランジの最大寸法(ME9−MDE9−ME10−ME11−MDE11−ME12)

VG

WG

ロッド先端フックレンチ用の穴深さ(ロッドエンド)

XG TRP

からトラニオン軸中心までの寸法(MT1−MDT1)

YG

ZG

取付面から TRP のないロッドの肩の位置までの寸法

(MDE5−MDE7−MDE9−MDE11−MDR3)


53

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表(続き) 

2

番目の記号文字

H

寸法表示の位置

AH

中心線の高さ(MS1−MDS1)

BH

CH TRP

から揺動軸中心までの寸法(AP6)

DH

EH

シリンダの高さ(MS2−MDS2)

FH

GH

HH

JH

KH

LH

フート取付面からシリンダの中心線までの高さ(MS2−MDS2−MS3)

MH

NH

トラニオンブラケットの厚さ(AT4)

OH

シリンダの中心線からポート面までの高さ(本体寸法)

PH

取付面から揺動軸中心までの高さ(AB7)

RH

SH

TH

取付ボルト穴の中心間寸法(AT4)

UH

ブラケットベースの最大寸法(AB4)

VH

WH TRP

から取付面までの寸法(本体寸法−MX1−MDX1−MX3−MX4−MDX4−MX5−MDX5−

MX7

−MDX7−MX8−MDX8)

XH TRP

からトラニオン軸中心までの寸法(MT5)

YH

ZH TRP

からキャップ側フランジ取付面までの寸法(MF6)


54

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表(続き) 

2

番目の記号文字

J

寸法表示の位置

AJ

BJ

CJ

DJ

EJ

FJ

GJ

HJ

JJ

KJ

LJ

揺動軸中心からクレビス溝底までの寸法(AB5)

MJ

NJ

OJ

PJ

ポートの位置間寸法(本体寸法)

RJ

SJ

TJ

UJ

ブラケットベースの最大寸法(AB5−AB6)

VJ

WJ

XJ TRP

からトラニオン軸中心までの寸法(MT2)

YJ

ZJ TRP

からキャップ端面までの寸法(本体寸法−MB1−MB2−ME6−ME8−ME10−ME12−MR4

−MX1−MX2−MX4−MX6−MX7−MX8)


55

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表(続き) 

2

番目の記号文字

K

寸法表示の位置

AK

BK

CK

揺動軸の軸受内径(AB2−AB3−AB4−AB7−AP2−AP4)

DK

スフェリカル用ピンの径(AA6-L−AA4-L−AL6)

EK

プレン用ピンの径(AA4-S-R)

FK

取付面からトラニオン軸中心までの高さ(AT4)

GK

ロッキングプレート取付ボルトのねじ径(

図 73

HK

JK

スフェリカル用ピンの径(AA6-S-R)

KK

おねじ又はめねじの径寸法(ロッドエンド−AP2−AP4−AP6−AF3)

LK

MK

NK

OK

PK

ポート間の寸法(本体寸法)

RK

ピボットピンの溝幅(AA4-R−AA6-R)

SK

ロッキングプレートの厚さ(AL6)

TK

分離形トラニオンの厚さ(MT4−MDT4−MT5−MT6)

UK

ブラケットベースの最大寸法(AB3−AB5−AB6)

VK

WK TRP

からロッド先端フックレンチ用の穴中心までの寸法(ロッドエンド)

XK

YK

ZK TRP

からキャップ側端面までの寸法(本体寸法−MDB1−MDB2)


56

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表(続き) 

2

番目の記号文字

L

寸法表示の位置

AL

シリンダの内径寸法(本体寸法)

BL

CL

クレビスリブ外側の幅寸法(AB3−AB4−AP2)

DL

分離形球面軸受の取付面から揺動軸心までの寸法(MP6)

EL

抜止めピンの中心間寸法(AA4-S-R)

FL

分離形クレビスの取付面から揺動軸心までの寸法(MP2−MP4−MP7−AB2−AB3−AB4)

GL

揺動軸心と取付ボルト穴の中心間距離(AB5−AB7)

HL

ロッキングプレートの溝幅寸法(AA6-L−AA4-L)

JL

スパナ掛の長さ(AA6-L−AA4-L)

KL

端面からロッキングプレート溝端面までの寸法(AA6-L−AA4-L)

LL

ML

ブレン用ピンの全長(AA4-S-R)

NL

スフェリカル用ピンの全長(AA6-S-R)

OL

ロッキングプレート形プレン用ピンの全長(AA4-L)

PL

キャップ側ポート位置からキャップ側端面までの寸法(本体寸法)

RL

SL

スフェリカル用ピンの全長(AA6-L)

TL

トラニオンピンの長さ(MT1−MDT1−MT2−MT4−MDT4−MT5−MT6)

UL

ブラケットベース最大長さ(AB7−AT4)

VL

ガイド部の長さ(ME5−MDE5−ME7−MDE7−ME9−MDE9−ME11−MDE11)

WL

ロッドエンドの 2 面幅の長さ(ロッドエンド)

XL TRP

からトラニオン軸中心までの寸法(MT6)

YL

ロッキングプレートの長さ(AL6)

ZL


57

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表(続き) 

2

番目の記号文字

M

寸法表示の位置

AM

BM

CM

クレビス内側の幅寸法(AB3−AB4−AP2)

DM

EM

アイの幅寸法(AB2−AB7−AP4)

FM

クレビスブラケット(スフェリカルアイ用)の取付面から揺動軸中心までの高さ(AB5−AB6)

GM

HM

JM

KM

LM

MM

ロッドの径,d(本体寸法)

NM

OM

PM

キャップ側ポートからキャップ側端面までの寸法(本体寸法)

RM

SM

ストローク方向の取付ボルト穴の中心間寸法(MDS1)

TM

トラニオンベースの面間寸法(MT4−MDT4−MT5−MT6)

UM

トラニオンの端面間寸法(MT4−MDT4−MT5−MT6)

VM

WM

XM TRP

から基準取付ボルト穴までの寸法(MDS1)

YM

ZM TRP

から反対側ロッドの肩部端面までの寸法(本体寸法−MDB1−MDB2−MDE5−MDE7−

MDE9

−MDE11−MDF1−MDF3−MDF5−MDF7−MDR3−MDS1−MDS2−MDT1−MDT4−

MDX1

−MDX2−MDX4−MDX5−MDX7−MDX8)


58

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表(続き) 

2

番目の記号文字

N

寸法表示の位置

AN

BN

CN

スフェリカルアイの軸受内径(AP6)

DN

EN

スフェリカルアイの軸受幅寸法(AP6)

FN

トラニオンブラケットの最大高さ(AT4)

GN

HN

JN

KN

LN

MN

NN

ON

PN

RN

SN

TN

ブラケットの幅寸法(AT4)

UN

VN

WN

XN TRP

から揺動軸中心までの寸法(MP6)

YN

ZN

取付面から TRP のないロッドの肩端面までの寸法(MDF3)


59

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表(続き) 

2

番目の記号文字

O

寸法表示の位置

AO

取付ボルト穴からフート先端までの寸法(MS1−MDS1−MS2−MDS2−MS3)

BO

CO

キーの溝幅寸法(MS2−MDS2−AB3−AB5−AB7−AT4)

図 73

DO

EO

FO

GO

HO

JO

取付面からロッキングプレート用ボルト穴までの寸法(

図 73

KO

端面からロッキングプレート用ボルト穴までの寸法(

図 73

LO

揺動軸中心からブラケットベース端面までの寸法(AB5)

MO

NO

OO

PO

RO

SO

TO

取付ボルト穴の中心間寸法(MB1−MDB1−ME5−MDE5−ME6)

UO

長方形ロッドカバーの最大寸法(ME5−MDE5−ME6)

VO

WO

XO TRP

から揺動軸中心までの寸法(MP5)

YO

ZO TRP

から取付面までの寸法(MDX1−MDX2−MDX4−MDX7−MDX8)


60

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表(続き) 

2

番目の記号文字

P

寸法表示の位置

AP

取付ボルト穴からフート端面までの寸法(MS2−MDS2)

BP

CP

クレビスリブ外側の幅寸法(AB5−AB6)

DP

EP

アイの幅寸法(MP5−MP6)

FP

GP

HP

JP

取付面からロッキングプレート用ボルト穴までの寸法(

図 73

KP

揺動軸中心からロッキングプレート用ボルト穴までの寸法(

図 73

LP

MP

NP

OP

PP

RP

SP

TP

UP

ロッドフランジの外径(AF3)

VP

WP

XP

YP

ZP TRP

からロッド側フランジ取付面までの寸法(MF4)


61

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表(続き) 

2

番目の記号文字

R

寸法表示の位置

AR

キャップ側フートの取付穴から内側端面までの寸法(MS2−MDS2)

BR

傾斜アイブラケットの最大揺動半径(AB7)

CR

トラニオンブラケットの軸受内径(AT4)

DR

ER

ロッドクレビス及びアイの最大揺動半径(AP2−AP4)

FR

GR

HR

JR

KR

LR

MR

シリンダクレビス及びアイの最大揺動半径(MP1−MP2−MP3−MP4−MP7−AB2−AB3−

AB4

NR

OR

PR

RR

SR

クレビスブラケット(スフェリカルアイ用)の最大揺動半径(AB5−AB6)

TR

取付ボルト穴の中心間寸法(MS1−MDS1−MS3)

UR

ブラケットベースの最大寸法(MF8−AB4−AB7)

VR

WR

XR

トラニオン軸から TRP のないロッドの肩端面までの寸法(MDT1)

YR

ZR

取付面から TRP のないロッドの肩端面までの寸法(MDF1)


62

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表(続き) 

2

番目の記号文字

S

寸法表示の位置

AS

フランジ形ロッドエンドのフランジの長さ(ロッドエンド)

BS

CS

スペーサリングの外径(AB5)

DS

ES

抜止めピン穴の中心間寸法(AA6-S−AA6-R)

FS

トラニオンブラケットの基準端面から取付ボルト穴中心までの寸法(AT4)

GS

HS

JS

KS

LS

MS

キャップスフェリカルアイの最大揺動半径(MP5−MP6)

NS

OS

PS

RS

SS

ストローク方向取付ボルト穴の中心間寸法(MS2−MDS2)

TS

取付ボルト穴の中心間寸法(MS2−MDS2)

US

取付脚外側端面間の最大寸法(MS2−MDS2−MS3)

VS

WS TRP

からロッド側取付面までの寸法(

図 8

XS TRP

からロッド側取付ボルト穴中心までの寸法(MS2−MDS2−MS3)

YS

ZS

取付面から TRP のないロッドの肩端面までの寸法(MDF7)


63

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表(続き) 

2

番目の記号文字

T

寸法表示の位置

AT

フートの厚さ(MS1−MDS1)

BT

傾斜アイブラケットのリブ厚さ(AB7)

CT

DT

ET

FT

GT

HT

JT

KT

LT

ブラケット側の最大揺動半径(MP5−MP6)

MT

NT

OT

PT

RT

本体取付タップのねじ径(MX5−MDX5−MX6−MX7−MDX7−MX8−MDX8)

ST

フートの厚さ(MS2−MDS2)

TT

UT

トラニオン軸の両端間寸法(MT1−MDT1−MT2)

VT

WT

XT

取付ボルト穴の中心間寸法(AL6)

図 73

YT

ZT


64

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表(続き) 

2

番目の記号文字

U

寸法表示の位置

AU

シリンダ端面から取付ボルト穴中心までの寸法(MS1−MDS1−MS2−MDS2−MS3)

BU

ロッキングプレートの幅寸法(AL6)

CU

揺動軸中心から 2 本の取付ボルト穴中心までの寸法(AL6)

図 73

DU

EU

スフェリカルロッドアイのリブの幅寸法(AP6)

FU

GU

HU

JU

KU

LU

MU

NU

OU

PU

RU

SU

TU

UU

VU

WU

XU

YU

ZU

取付面から TRP のないロッドの肩端面までの寸法(MDF5)


65

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表(続き) 

2

番目の記号文字

V

寸法表示の位置

AV

ロッドクレビスのめねじの長さ寸法(AP2−AP4−AP6)

BV

取付フランジのはめ込み部の案内外径(MF7−MDF7)

CV

揺動軸中心から先端までの寸法(AP2−AP4)

DV

EV

FV

GV

HV

JV

KV

ロッキングナットの 2 面幅寸法(MR3−MDR3−MR4)

LV

MV

NV

OV

PV

RV

SV

TV

取付ボルト穴の中心間寸法(ME9−MDE9−ME10)

UV

トラニオンベースの最大寸法(MT4−MDT4−MT5−MT6)

VV

WV

XV TRP

からトラニオン軸中心までの寸法(MT4−MDT4)

YV

ZV

ロッキングプレート形ピンの 2 面幅寸法(AA4-L−AA6-L)


66

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表(続き) 

2

番目の記号文字

W

寸法表示の位置

AW

BW

CW

DW

EW

キャップアイの幅寸法(MP3−MP4)

FW

GW

HW

JW

KW

ロッキングナットの厚さ(MR3−MDR3−MR4)

LW

MW

NW

OW

PW

RW

SW

TW

UW

トラニオン軸の端面間寸法(MT4−MDT4−MT5−MT6)

VW

WW

XW TRP

から揺動軸中心までの寸法(MP7)

YW

ZW


67

B 8366-5

:2015 (ISO 6099:2009)

表 4−文字記号一覧表(続き) 

2

番目の記号文字

X

寸法表示の位置

AX

BX

CX

スフェリカルアイの軸受内径(MP6−MP5)

DX

EX

スフェリカルアイの幅寸法(MP5−MP6)

FX

GX

HX

JX

KX

LX

MX

NX

OX

PX

RX

SX

TX

UX

傾斜クレビスブラケットベースの最大長さ(AB3)

VX

WX

XX

YX

ZX

ロッキングプレート形ピンの面取長さ(AA4-L−AA6-L)