>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

B 8366-2 : 2000(ISO 3322 : 1985)

  解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS B 8366-2 : 2000

  油圧・空気圧システム及び機器−

シリンダ−構成要素及び識別記号−第 2 部:呼び圧力

ISO  3322  : 1987

  油圧・空気圧システム及び機器−シリンダ−

呼び圧力

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内

(II)

国 際 規 格 番

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由・対策

(1)

適用範囲

油圧・空気圧シリ
ン ダ に 使 用 す る
呼び圧力。

ISO 3322 

○ JIS と同じ。 ≡

(2)

引用規格

JIS 1

種類を引用。

 ISO 3322 

○ ISO 規格 2 種

類を引用。

= 油圧・空気圧

シ ス テ ム 全

般 の 呼 び 圧
力 の 規 定 を
引用。

(3)

単位

圧力単位は MPa。
必 要 と す る と き

は bar を採用。

ISO 3322 

○ 使用圧力

単位は bar。

= 圧力を bar で

規定。

SI

単位に変更。

(4)

呼び圧力 11 種類の圧力を

規定。

ISO 3322 

○ JIS と同じ

(5)

規 格 適 合 表

JIS B 8366-2 
よって決定した”

ことの表示。

○ JIS と同じ。 = “ ISO  3322

に よ っ て 決

定した”こと
の表示。

備考1.  対比項目(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。