>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 8363

:2015

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義  

2

4

  種類 

3

4.1

  継手の種類  

3

4.2

  附属金具の種類  

3

5

  性能 

4

5.1

  耐圧性  

4

5.2

  締付けトルク  

4

6

  寸法 

5

6.1

  継手の寸法  

5

6.2

  附属金具の寸法  

5

6.3

  ねじの寸法及び寸法許容差  

5

7

  外観 

6

8

  表面処理  

6

9

  材料 

6

10

  試験方法  

6

10.1

  寸法の測定  

6

10.2

  ねじ精度の測定  

6

10.3

  耐圧試験  

6

10.4

  締付けトルク試験  

7

10.5

  塩水噴霧試験  

7

11

  検査  

7

11.1

  一般事項  

7

11.2

  形式検査  

7

11.3

  受渡検査  

7

12

  保管及び包装  

8

12.1

  一般事項  

8

12.2

  防せい処理  

8

12.3

  保管場所  

8

13

  製品の呼び方  

8

14

  表示  

8

14.1

  製品  

8

14.2

  包装  

8


B 8363

:2015

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本ホース金具工

業会(JHCA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正す

べきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS B 8363:2009 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 B

8363

:2015

液圧用ホースアセンブリの継手金具及び附属金具

End fittings and adapters for hydraulic hose assemblies

序文 

この規格は,1983 年に制定され,その後 5 回の改正を経て今日に至っている。前回の改正は 2009 年に

行われたが,その後,次の日本工業規格の制定及び改正に伴い,これらの規格との整合性を考慮し,改正

した日本工業規格である。

JIS B 8360

  液圧用の鋼線又は繊維補強ゴムホースアセンブリ

JIS K 6349

  液圧用の鋼線又は繊維補強ゴムホース

なお,対応国際規格は現時点で制定されていない。

適用範囲 

この規格は,鋼線又は繊維で補強した液圧用ホース及び継手金具(以下,継手という。

)によって構成す

る液圧用のホースアセンブリ(以下,ホースアセンブリという。

)の継手及び附属金具について規定する。

適用流体は,通常,作動油 HH,HL,HM,HR 及び HV である。

注記  ISO 6743-4 では,作動油の HH,HL,HM,HR 及び HV を,次のとおり定義している。

HH

:無添加鉱物油

HL

:HH にさび止め剤と酸化防止剤とを配合したもの

HM

:HL に耐摩耗性を付加したもの

HR

:HL の粘度指数を向上したもの

HV

:HM の粘度指数を向上したもの

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0202

  管用平行ねじ

JIS B 0203

  管用テーパねじ

JIS B 0205-4

  一般用メートルねじ−第 4 部:基準寸法

JIS B 0208

  ユニファイ細目ねじ

JIS B 0209-2

  一般用メートルねじ−公差−第 2 部:一般用おねじ及びめねじの許容限界寸法−中(は

めあい区分)

JIS B 0212

  ユニファイ細目ねじの許容限界寸法及び公差

JIS B 0251

  メートルねじ用限界ゲージ

JIS B 0253

  管用テーパねじゲージ


2

B 8363

:2015

JIS B 0254

  管用平行ねじゲージ

JIS B 0255

  ユニファイねじ用限界ゲージ

JIS B 0405

  普通公差−第 1 部:個々に公差の指示がない長さ寸法及び角度寸法に対する公差

JIS B 1051

  炭素鋼及び合金鋼製締結用部品の機械的性質−強度区分を規定したボルト,小ねじ及び

植込みボルト−並目ねじ及び細目ねじ

JIS B 1052-2

  炭素鋼及び合金鋼製締結用部品の機械的性質−第 2 部:強度区分を規定したナット−並

目ねじ及び細目ねじ

JIS B 1180

  六角ボルト

JIS B 1181

  六角ナット

JIS B 2291

  油圧用 21 MPa 管フランジ

JIS B 2401-1

  O リング−第 1 部:O リング

JIS B 8360

  液圧用の鋼線又は繊維補強ゴムホースアセンブリ

JIS B 8362

  液圧用繊維補強樹脂ホースアセンブリ

JIS B 8364

  液圧用繊維補強ゴムホースアセンブリ

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

JIS G 4051

  機械構造用炭素鋼鋼材

JIS H 8610

  電気亜鉛めっき

JIS H 8625

  電気亜鉛めっき及び電気カドミウムめっき上のクロメート皮膜

JIS K 2213

  タービン油

JIS Z 2371

  塩水噴霧試験方法

JIS Z 8703

  試験場所の標準状態

ISO 68-2

,ISO general-purpose screw threads−Basic profile−Part 2: Inch screw threads

ISO 263

,ISO inch screw threads−General plan and selection for screws, bolts and nuts−Diameter range 0.06

to 6 in

ISO 5864

,ISO inch screw threads−Allowances and tolerances

ISO 6162-1

,Hydraulic fluid power−Flange connections with split or one-piece flange clamps and metric or

inch screws

−Part 1: Flange connectors, ports and mounting surfaces for use at pressures of 3.5 MPa (35

bar) to 35 MPa (350 bar), DN 13 to DN 127

ISO 6162-2

,Hydraulic fluid power−Flange connections with split or one-piece flange clamps and metric or

inch screws

−Part 2: Flange connectors, ports and mounting surfaces for use at a pressure of 42 MPa (420

bar), DN 13 to DN 76

ISO 8434-3

,Metallic tube connections for fluid power and general use−Part 3: O-ring face seal connectors

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

3.1 

最高使用圧力(maximum working pressure)

ホースアセンブリを連続して用いることができる最高圧力。通常,過渡的に生じた衝撃圧力も含む。


3

B 8363

:2015

種類 

4.1 

継手の種類 

継手の種類は,形状によって

表 のとおり区分する。

表 1−継手の種類 

継手の種類

記号

ねじ継手

管用テーパおねじ継手

R

1

管用平行おねじ継手

G

2

管用平行めねじおすシートユニオン継手

ストレート

C

3

45

°ベンド

ショート

4C-S

4

ミディアム

4C-M

90

°ベンド

ショート

9C-S

ミディアム

9C-M

UNF

めねじフラットフェイスシールユニ

オン継手

ストレート

ORFS

5

45

°ベンド

ショート

4ORFS-S

ミディアム

4ORFS-M

90

°ベンド

ショート

9ORFS-S

ミディアム

9ORFS-M

ロング

9ORFS-L

管用平行おねじ O リングシール継手

GO

6

管用平行めねじめすシートユニオン継手

F

a)

7

メートルおねじ継手

M

a)

8

メートルめねじおすシートユニオン継手

MC

a)

9

UNF

めねじ 37°めすシートユニオン継手

UF

a)

10

フランジ継手

フランジヘッド継手  タイプ I

ストレート

S

11

45

°ベンド

4S

90

°ベンド

9S

フランジヘッド継手  タイプ II

ストレート

H

12

45

°ベンド

4H

90

°ベンド

9H

フランジヘッド継手  タイプ III

ストレート

HD

45

°ベンド

4HD

90

°ベンド

9HD

21 MPa

管フランジ継手  タイプ I

FA

13

21 MPa

管フランジ継手  タイプ II

FL

21 MPa

管フランジ継手  タイプ III

FF

a)

  F

,M,MC 及び UF は,使用しないのが望ましい。

4.2 

附属金具の種類 

附属金具の種類は,形状及びねじによって

表 のとおりとする。


4

B 8363

:2015

表 2−附属金具の種類 

附属金具の種類

記号

形状

ねじ

一端(機器側)

他端(継手側)

ストレート

管用テーパおねじ

管用平行おねじめすシート A2

14

ストレート

管用テーパおねじ

管用平行めねじおすシートユニオン A3 15

ストレート

管用平行おねじ O リングシール UNF おねじ O リングフェイスシール A4  16

ストレート

管用テーパおねじ

管用平行おねじおすシート

A1

a)

 17

90

°エルボ

管用テーパおねじ

管用平行おねじめすシート E2

18

90

°エルボ

管用テーパおねじ

管用平行おねじおすシート

E1

a)

 19

45

°エルボ

管用テーパおねじ

管用平行おねじめすシート E4

20

45

°エルボ

管用テーパおねじ

管用平行おねじおすシート

E3

a)

 21

フランジヘッド継手タイプ I 用割フランジ CF1

22

フランジヘッド継手タイプ II 及びタイプ III 用割フランジ CF2

23

a)

 A1

,E1 及び E3 は,使用しないのが望ましい。

性能 

5.1 

耐圧性 

5.1.1 

継手の耐圧性 

継手の耐圧性は,JIS B 8360JIS B 8362 及び JIS B 8364 に規定する耐圧試験を行ったとき,漏れその

他の異常があってはならない。ただし,継手は,

表 の最高使用圧力を超えて使用してはならない。

表 3−継手の最高使用圧力 

単位  MPa

継手の記号

継手の呼び径

ボルトの

強度区分

5  6  8

10

12

16

19

25

32

38

51 63 76

R

,G,C,F

a)

,M

a)

,MC

a)

, 35  28

21

17

11

4C-S

,4C-M,9C-S,9C-M

− 35 −

35 28

21

17

11

GO

− 35 −

35 28

21

17

11

UF

a)

 35

28

21

ORFS

,4ORFS-S,4ORFS-M,

9ORFS-S

,9ORFS-M,9ORFS-L

− 42 −

42 35

25

21

S

− 35

35 25

21

14

10.9

4S

,9S

− 10.9

H

,4H,9H

35

− 10.9

HD

,4HD,9HD

− 42

42

− 10.9

FA

,FL,FF

− 21

8.8

注記  ボルトの強度区分は,JIS B 1051 による。 

a)

  F

,M,MC 及び UF は,使用しないのが望ましい。

5.1.2 

附属金具の耐圧性 

附属金具の耐圧性は,接続する継手の最高使用圧力を超えて使用してはならない。

5.2 

締付けトルク 

管用ねじを適用するユニオン継手及びユニオンアダプタは,

表 に規定する締付けトルクの 1.5 倍の試

験トルクによって,10.4 の方法で試験したとき破損,有害な変形などがなく,ユニオン部からの漏れ,そ


5

B 8363

:2015

の他の異常があってはならない。

なお,ユニオン継手,ユニオンアダプタ及びボルトは,

表 の締付けトルクを超えて使用してはならな

い。

表 4−継手の締付けトルク 

単位  N・m

継手の記号

継手の呼び径

5  6  8  10

12

16

19

25

32 38 51 63

76

R

,G,C,F

a)

,M

a)

,MC

a)

, 25

34

64

132

196

225

255

316

4C-S

,4C-M,9C-S,9C-M

− 25

34

64

132 196

225

255

316

GO

− 25

34

64

132 196

225

255

UF

a)

 25

34

64

132

196

ORFS

,4ORFS-S,4ORFS-M,

9ORFS-S

,9ORFS-M,9ORFS-L

25 30

40

55

60

90

125

170

200

S

,4S,9S

(割フランジ CF1)

タイプ 1 
(メートルねじ)

− 32

70 130

295

タイプ 2

(ユニファイねじ)

− 32

60 92

150  295

H

,4H,9H,HD,

4HD

,9HD

(割フランジ CF2)

タイプ 1

(メートルねじ)

− 32

70

130 295

550

タイプ 2

(ユニファイねじ)

− 32

60

92

150 295 450

FA

,FL,FF

− 40

65

190

380

550

− ORFS,4ORFS-S,4ORFS-M,9ORFS-S,9ORFS-M 及び 9ORFS-L の締付けトルクは,ISO 8434-3 による。

−  S,4S 及び 9S の締付けトルクは,ISO 6162-1 による。

−  H,4H,9H,HD,4HD 及び 9HD の締付けトルクは,ISO 6162-2 による。

−  使用条件又は使用方法が過酷な場合には,受渡当事者間の協定が必要である。 
注記  S,4S,9S,H,4H,9H,HD,4HD,9HD,FA,FL 及び FF は,ボルトの締付けトルクである。 

a)

  F

,M,MC 及び UF は,使用しないのが望ましい。

寸法 

6.1 

継手の寸法 

継手の寸法は,

図 1∼図 13 による。

6.2 

附属金具の寸法 

附属金具の寸法は,

図 14∼図 23 による。

6.3 

ねじの寸法及び寸法許容差 

ねじの寸法及び寸法許容差は,

表 による。

表 5−ねじの寸法及び寸法許容差 

ねじの種類

寸法及び寸法許容差

管用テーパねじ

JIS B 0203

による。

管用平行ねじ

JIS B 0202

による。おねじは B 級による。

一般用メートルねじ

JIS B 0205-4

JIS B 0209-2 のおねじは 6g,めねじは 6H による。

ユニファイ細目ねじ

JIS B 0208

JIS B 0212 の 2B,ISO 68-2ISO 263ISO 5864 及び

ISO 8434-3

による。


6

B 8363

:2015

外観 

継手及び附属金具には,割れ,使用上有害なきず,巣,異常な変形などの欠点があってはならない。

表面処理 

継手及び附属金具には,一般に JIS H 8610 及び JIS H 8625 に規定する Ep-Fe/Zn5/CM1B 又は

Ep-Fe/Zn[2]/CM1B

のめっき及びクロメート皮膜又はこれと同等以上の防せい処理を施さなければならな

い。

耐食試験は,10.5 によって行い,赤さびの発生があってはならない。かしめのため,めっきの保護皮膜

が除去された箇所及び作動油の種類によって選択されるその他の防せい処理については,受渡当事者間の

協定による。

材料 

継手及び附属金具の材料は,一般に

表 によって箇条 を満足するものとする。ただし,加工法などに

よってその他の材料を使用する場合でも箇条 を満足するものとする。

表 6−継手及び附属金具の材料 

継手及び附属金具

材料

継手の本体部

(六角部,芯管及び管状部)

JIS G 4051

の S15C 又は引張強さ 370 N/mm

2

以上の強度をもつ

鋼材又は鋼管とする。

附属金具の本体部

ユニオンナット

JIS G 4051

の S20C 又は引張強さ 400 N/mm

2

以上の材料とする。

フランジヘッド部

JIS G 3101

の SS400 及び JIS G 4051 の S20C 又は引張強さ 400

N/mm

2

以上の材料とする。

継手の外筒部

JIS G 4051

の S10C 又は引張強さ 310 N/mm

2

以上の材料とする。

10 

試験方法 

10.1 

寸法の測定 

寸法の測定は,直接測定又はゲージによって行う。

10.2 

ねじ精度の測定 

ねじ精度の測定は,

表 に示すねじ用限界ゲージ又はこれと同等以上の精度をもつ検査器具によって行

う。

表 7−ねじ用限界ゲージ 

ねじの種類

ねじ用限界ゲージ

管用テーパねじ

JIS B 0253

による。

管用平行ねじ

JIS B 0254

による。おねじは B 級用による。

一般用メートルねじ

JIS B 0251

のおねじは 6g ねじ用,めねじは 6H ねじ用による。

ユニファイ細目ねじ

JIS B 0255

の 2 級ねじ用による。

10.3 

耐圧試験 

10.3.1 

継手の耐圧試験 

継手の耐圧試験は,JIS B 8360JIS B 8362 及び JIS B 8364 に規定する耐圧試験方法による。


7

B 8363

:2015

10.3.2 

附属金具の耐圧試験 

附属金具の耐圧試験は,常温

1)

の雰囲気において,接続する継手の最高使用圧力の 2 倍の試験圧力まで

水又は油で 30∼60 秒間加圧した後,漏れ,その他の異常の有無を調べる。

1)

 20

±15  ℃(JIS Z 8703 に規定する温度 15 級)とする。

10.4 

締付けトルク試験 

ユニオン継手及びユニオンアダプタの締付けトルク試験は,次による。

a)

試料に,ねじ部に油

2)

を塗布した試験用アダプタ

3)

を取り付け,適切なトルクレンチで,

表 に規定

する締付けトルクの 1.5 倍の試験トルクまで締め付けた後,緩める。これを 5 回繰り返し,ユニオン

ナットが手で容易に回ることを確認し,また,継手各部の破損,有害な変形,その他の異常の有無を

調べる。

2)

塗布する油は,JIS K 2213 に規定する 2 種の ISO VG 46 又はこれに準じる鉱物性作動油とす

る。

3)

試験用アダプタの形状及び寸法は,附属金具に準じたものであり,その材料は JIS G 4051 

S25C

又はこれと同等以上の品質をもつものとする。

b)  a)

の後,10.3 の試験を行う。

10.5 

塩水噴霧試験 

塩水噴霧試験は,JIS Z 2371 又はそれに準じた方法によって 72 時間実施し,継手及び附属金具の素地金

属(ただし,かしめのために保護皮膜が除去された箇所,及び流路の内孔部は除く。

)の赤さび発生の有無

を調べる。

11 

検査 

11.1 

一般事項 

継手及び附属金具の検査は,形式検査,受渡検査に区分し,箇条 10 によって試験を行い,箇条 5∼箇条

8

に適合しなければならない。箇条 10 及び箇条 5∼箇条 に規定しない項目について検査する場合の試験

方法及び要求性能は,受渡当事者間の協定による。

11.2 

形式検査 

形式検査は,次に示す項目について,全ての性能値を満足しなければならない。

形式検査は,新規の設計をしたとき,又は製造方法若しくは材料を変更したときに,実施しなければな

らない。

a)

外観

b)

表面処理

c)

寸法

d)

耐圧試験

e)

締付けトルク

11.3 

受渡検査 

受渡検査は,形式検査に合格し,性能の確認された継手及び附属金具と同種類のものについて,次の各

項目の検査を行い,箇条 及び箇条 の規定に適合しなければならない。

a)

外観

b)

寸法

検査は,外観については全数検査とし,寸法については抜取検査とする。


8

B 8363

:2015

なお,抜取方式については,受渡当事者間の協定による。

12 

保管及び包装 

12.1 

一般事項 

継手及び附属金具は,包装に際して内部を清浄にし,ちり,ほこりなどが入らないような防じん処置を

施さなければならない。

12.2 

防せい処理 

長期間保管する場合,継手及び附属金具には,防せい油,防せい紙などで適切な処置を施すことが望ま

しい。

12.3 

保管場所 

直射日光を避け,−10  ℃∼+40  ℃程度の温度で,有害なガスのない乾燥した屋内の場所を選び,油,

薬品が付着しないようにする。

13 

製品の呼び方 

継手及び附属金具の呼び方は,規格番号,継手及び附属金具の記号並びに呼び径による。

例  JIS B 8363 4C-S-6

14 

表示 

14.1 

製品 

継手及び附属金具には,次の事項を表示しなければならない。

a)

製造者名又はその記号

14.2 

包装 

継手及び附属金具の包装には,次の事項を表示しなければならない。

a)

継手及び附属金具の記号(

例  4C-S)

b)

継手及び附属金具の呼び径(

例  呼び径 6)

c)

製造者名又はその記号(

例  XXX)


9

B 8363

:2015

単位  mm

呼び径

ねじ

(最小)

±0.5

(最小)

(最小)

(最大)

(参考)

S

 5

R

1

/

4

 9.71

13

 6

 2.5

 60

17

(19)

0

−0.27

19.6

(21.9)

 6

R

1

/

4

 9.71

13

 6

 3.5

 60

0

−0.33

 8

R

3

/

8

10.05

15

 6

 5.0

 70

19

(22)

21.9

(25.4)

10 R

3

/

8

10.05

15

 6

 5.5

 70

12 R

1

/

2

13.16

18

 8

 8.0

 80

22

(27)

25.4

(31.2)

16 R

3

/

4

 14.53  20

10  11.5

90 30

(36)

34.6

(41.6)

19 R

3

/

4

 14.53  20

10  14.0  105

0

−0.39

25 R1

16.79

22 10 19.5

110

36

(41)

41.6

(47.3)

32 R1

1

/

4

 19.10  25

13  25.0  145  46

(50)

53.1

(57.7)

38 R1

1

/

2

 19.10  25

14  31.0  155  50

(55)

57.7

(63.5)

0

−0.46

51 R2

23.38

29 17 41.0

175

65

(70)

75.0

(80.8)

注記  括弧内の寸法は,なるべく使用しないことが望ましい。

図 1−管用テーパおねじ継手(R 


10

B 8363

:2015

単位  mm

呼び径

ねじ

(最小)

(最小)

K M 

±0.5

(最小)

(最大)

(参考)

S

 5

G

1

/

4

B

 6

 2.5

9.5

±0.28

13 10

60

17

(19)

0

−0.27

19.6

(21.9)

 6

G

1

/

4

B

 6

 3.5

9.5

±0.28

13 10

60

0

−0.33

 8

G

3

/

8

B

 6

 5.0

12.5

±0.35

15 12

70

19

(22)

21.9

(25.4)

10 G

3

/

8

B

 6

 5.5

12.5

±0.35

15 12

70

12 G

1

/

2

B

 8

 8.0

16.0

±0.35

18 15

80

22

(27)

25.4

(31.2)

16 G

3

/

4

B 10  11.5

21.5

±0.4

20 17

90

30

(36)

34.6

(41.6)

19 G

3

/

4

B 10  14.0

21.5

±0.4

20 17 105

0

−0.39

25 G1B 10 19.5

27.5

±0.4

22 18 110

36

(41)

41.6

(47.3)

32 G1

1

/

4

B 13  25.0

36.5

±0.5

25 20 145

46

(50)

53.1

(57.7)

38 G1

1

/

2

B 14  31.0

42.0

±0.5

25 21 155

50

(55)

57.7

(63.5)

0

−0.46

51 G2B 17 41.0

54.0

±0.6

29 24 175

65

(70)

75.0

(80.8)

注記 1  ねじの逃げ溝はなくてもよい。 
注記 2  括弧内の寸法は,なるべく使用しないことが望ましい。

図 2−管用平行おねじ継手(G 


11

B 8363

:2015

単位  mm

呼び径

ねじ

(最小)

I P 

(最小)

±0.5

(最大)

(参考)

S

 5

G

1

/

4

2.5

7.5

±0.28

 8

 6.0

 60

19

0

−0.33

21.9

 6

G

1

/

4

3.5

7.5

±0.28

 8

 6.0

 60

 8

G

3

/

8

5.0

10.0

±0.28

10

 7.0

 65

22

25.4

10 G

3

/

8

5.5

10.0

±0.28

10

 7.0

 65

12 G

1

/

2

8.0

13.0

±0.35

11

 9.0

 75

27

31.2

16 G

3

/

4

 11.5

19.0

±0.4

12 10.0

90

36

0

−0.39

41.6

19 G

3

/

4

 14.0

19.0

±0.4

12 10.0 100

25 G1 19.5

25.0

±0.4

13 12.0 105

41

47.3

32 G1

1

/

4

 25.0

32.0

±0.5

15 12.5 135

50

57.7

38 G1

1

/

2

 31.0

38.0

±0.5

15 12.5 145

55

60

0

−0.46

63.5

69.3

51 G2 41.0

49.0

±0.5

18 15.0 165

70

80.8

注記  ナットの形状は一例であって詳細を規定するものではない。

図 3−管用平行めねじおすシートユニオン継手(C 


12

B 8363

:2015

単位  mm

呼び径

ねじ

(参考)

d

I P 

(最小)

±0.5

(参考)

S

 6

G

1

/

4

3.5

7.5

±0.28

 8

 6.0

19

0

−0.33

21.9

10 G

3

/

8

5.5

10.0

±0.28

10

7.0

22

25.4

12 G

1

/

2

8.0

13.0

±0.35

11

9.0

27

31.2

16 G

3

/

4

 11.5

19.0

±0.4

12 10.0

36

0

−0.39

41.6

19 G

3

/

4

 14.0

19.0

±0.4

12 10.0

25 G1 19.5

25.0

±0.4

13 12.0

41

47.3

32 G1

1

/

4

 25.0

32.0

±0.5

15 12.5

50

57.7

38 G1

1

/

2

 31.0

38.0

±0.5

15 12.5

55

60

0

−0.46

63.5

69.3

51 G2 41.0

49.0

±0.5

18 15.0

70

80.8

注記  ナットの形状は一例であって詳細を規定するものではない。

a)

  継手の種類及び寸法 

図 4−管用平行めねじおすシートユニオン継手(4C-S4C-M9C-S9C-M 


13

B 8363

:2015

1)

  45°継手(4C 2)  90°継手(9C 

単位  mm

呼び径 4C-S

4C-M

9C-S

9C-M

L

1

 

(最大)

M

1

 

±3

L

1

 

(最大)

M

1

 

±3

L

2

 

(最大)

M

2

 

±3

L

2

 

(最大)

M

2

 

±3

 6

 85

17

 85

24

 70

 27

 70

 37

10

 95

18

 95

25

 75

 30

 75

 39

12  130 22 130 29 100

44 100

52

16  120 23 120 30 115

55 115

63

19  135 27 135 34 130

60 130

69

25  145 31 145 38 135

67 135

80

32  175 35 175 42 165

81 165 100

38  220 42 220 51 200

91 200 106

51  260 61 260 72 225 112 225 153

b)

  継手の種類及び寸法 

図 4−管用平行めねじおすシートユニオン継手(4C-S4C-M9C-S9C-M)(続き) 


14

B 8363

:2015

1)

  ORFS 2)  ORFS(参考) 3)  4ORFS-S4ORFS-M 4)  9ORFS-S9ORFS-M9ORFS-L 

単位  mm

呼び径

ねじ

d

1

 

(最大)

d

2

 

(最小)

T H

1

 ORFS

4ORFS-S

4ORFS-M

9ORFS-S 9ORFS-M 9ORFS-L

L

1

(最大)

(参考)

L

2

 

(最大)

L

3

 

(最大)

M

1

±3

L

3

 

(最大)

M

1

±3

L

4

 

(最大)

M

2

±3

L

4

 

(最大)

M

2

±3

L

4

 

(最大)

M

2

±3

 6

9

/

16

-18UNF

 6.1

 3.5

6.6

∼9.0 19

(17)

0

−0.33

80

70

90 10 100 20

90 21

90 32

90

46

10

11

/

16

-16UN

 7.7

 5.5

7.0

∼10.0

22

88

78  100 11 110 21 100 23 100 38 100

54

12

13

/

16

-16UN

10.8

8.0 8.6

∼11.5

27

(24)

100

90  110 15 120 25 110 29 110 41 110

64

16 1-14UNS 14.1 11.5

10.5

∼13.5

32

(30)

110

95  120 16 130 26 120 32 120 53 120

70

19 1

3

/

16

-12UN

17.2 14.0

11.5

∼14.5

36

0

−0.39

115  100  125 21 135 29 125 48 125 58 125

96

25 1

7

/

16

-12UN

21.9 19.5

11.5

∼15.0

41

120  105  135 24 145 33 135 56 135 67 135 114

32 1

11

/

16

-12UN

28.3 25.0

12.5

∼15.5

50

0

−0.46

140  125  170 25 180 37 170 64 170 77 170 129

38 2-12UN 36.2

31.0

12.5

∼15.5

60

(55)

170  150  200 33 210 43 200 79 200 91 200 141

図 5UNF めねじフラットフェイスシールユニオン継手(ORFS4ORFS-S4ORFS-M9ORFS-S9ORFS-M9ORFS-L 

14

B 8363


2015


15

B 8363

:2015

単位  mm

呼び径

ねじ

(最小)

(最小)

±0.1

(最大)

(最小)

(最大)

(最小)

(最大)

(参考)

S

(参考)

O

リング

a)

JIS B 2401-1

 6

G

1

/

4

B

 6

 3.5

11.0

12

1.5

0.4

18.5

 60

19

0

−0.33

21.9 P11

10 G

3

/

8

B

 6

 5.0

14.0

12

2.0

0.4

21.5

 70

22

25.4

P14

12 G

1

/

2

B

 8

 8.0

18.0

16

2.5

0.4

26.5

 80

27

31.2

P18

16 G

3

/

4

B 10 11.5

23.0 17  3.5 0.7 35.0

90

36

0

−0.39

41.6 P22.4

19 G

3

/

4

B 10 14.0

23.0 17  3.5 0.7 35.0

105

36

41.6  P22.4

25 G1B 10 19.5

29.0 21 3.5 0.7

40.0

110

41

47.3  P29

32 G1

1

/

4

B 13  25.0 38.0  21  3.5  0.7 49.0

145

50

57.7

P38

38 G1

1

/

2

B 14  31.0 44.0  21  3.5  0.7 58.5

155

60

0

−0.46

69.3 P44

a)

  O

リングは,JIS B 2401-1 の運動用 O リングによる。

b)

相手ポートの形状・寸法は,JIS B 2351-1 

附属書 付表 7(平行ねじ形式の継手取付端部及びポートの形状・

寸法)の O 形(O リングシール方法)を参考とした。

単位  mm

呼び径 ねじ

l

3

(最小)

l

4

(最大)

l

5

(最小)

l

6

+0.4

0

d

2

±0.3

d

3

+0.1

0

 6

G

1

/

4

12 1.5 18

2.5

24

15.6

10 G

3

/

8

12 2  18

2.5

28

18.6

12 G

1

/

2

16 2.5 24

2.5

34

22.6

16 G

3

/

4

17 2.5 25

3.5

45

29.8

19 G

3

/

4

17 2.5 25

3.5

45

29.8

25 G1

21  2.5  30 3.5 51

35.8

32 G1

1

/

4

21.4 2.5  30  3.5 62

44.8

38 G1

1

/

2

21.4 2.5  30  3.5 68

50.8

相手ポートの形状・寸法

b)

図 6−管用平行おねじ リングシール継手(GO 

z

z

B部拡大図

A部拡大図

L

z


16

B 8363

:2015

単位  mm

呼び径

ねじ

(最小)

K P 

(最小)

±0.5

(最大)

(参考)

S

 5

G

1

/

4

2.5

9.5

±0.28

 8

 9.0

 60

19

0

−0.33

21.9

 6

G

1

/

4

3.5

9.5

±0.28

 8

 9.0

 60

 8

G

3

/

8

5.0

12.5

±0.35

10 10.0

65

22

25.4

10 G

3

/

8

5.5

12.5

±0.35

10 10.0

65

12 G

1

/

2

8.0

16.0

±0.35

11 12.0

70

27

31.2

16 G

3

/

4

 11.5

21.5

±0.4

12 13.0

80

36 0

−0.39

41.6

19 G

3

/

4

 14.0

21.5

±0.4

12 13.0

95

25 G1

19.5

27.5

±0.4

13 15.0 100

41

47.3

32 G1

1

/

4

 25.0 36.5

±0.5

15 15.5 130

50

57.7

38 G1

1

/

2

 31.0 42.0

±0.5

15 16.5 140

55

60

0

−0.46

63.5

69.3

51 G2

41.0

54.0

±0.6

18 18.0 160

70

80.8

注記  ナットの形状は一例であって詳細を規定するものではない。

図 7−管用平行めねじめすシートユニオン継手(F 

z

L


17

B 8363

:2015

単位  mm

呼び径

ねじ

(最小)

(最小)

K M 

±0.5

(最小)

(最大)

(参考)

S

 5

M14

×1.5

 6

 2.5

9.5

±0.28

13 10

60

17

(19)

0

−0.27

19.6

(21.9)

 6

M14

×1.5

 6

 3.5

9.5

±0.28

13 10

60

0

−0.33

 8

M18

×1.5

 8

 5.0

12.5

±0.35

15 12

70

22

(24)

25.4

(27.7)

10 M18

×1.5

 8

 5.5

12.5

±0.35

15 12

70

12 M22

×1.5

 8

 8.0

16.0

±0.35

18 15

80

24

(27)

27.7

(31.2)

16 M27

×2 10

11.5

21.5

±0.4

20 17

90

30

(36)

34.6

(41.6)

19 M27

×2 10

14.0

21.5

±0.4

20 17 105

0

−0.39

25 M33

×2 10

19.5

27.5

±0.4

22 18 110

36

(41)

41.6

(47.3)

32 M42

×2 13

25.0

36.5

±0.5

25 20 145

46

(50)

53.1

(57.7)

38 M50

×2 14

31.0

42.0

±0.5

25 21 155

55

(60)

0

−0.46

63.5

(69.3)

51 M60

×2 17

41.0

54.0

±0.6

29 24 175

65

(70)

75.0

(80.8)

注記 1  ねじの逃げ溝はなくてもよい。 
注記 2  括弧内の寸法は,なるべく使用しないことが望ましい。

図 8−メートルおねじ継手(M 

L

z


18

B 8363

:2015

単位  mm

呼び径

ねじ

(最小)

I P 

(最小)

±0.5

(最大)

(参考)

S

 5

M14

×1.5

2.5 7.5

±0.28

 8

 6.0

 60

19

22

0

−0.33

21.9

25.4

 6

M14

×1.5

3.5 7.5

±0.28

 8

 6.0

 60

 8

M18

×1.5

5.0 10.0

±0.28

10

 7.0

 65

24

27.7

10 M18

×1.5

5.5 10.0

±0.28

10

 7.0

 65

12 M22

×1.5

8.0 13.0

±0.35

11

 9.0

 75

27

30

31.2

34.6

16 M27

×2 11.5

19.0

±0.4

12 10.0

90

36 0

−0.39

41.6

19 M27

×2 14.0

19.0

±0.4

12 10.0 100

25 M33

×2 19.5

25.0

±0.4

13 12.0 105

41

47.3

32 M42

×2 25.0

32.0

±0.5

15 12.5 135

50

57.7

38 M50

×2 31.0

38.0

±0.5

15 12.5 145

60 0

−0.46

69.3

51 M60

×2 41.0

49.0

±0.5

18 15.0 165

70

80.8

注記  ナットの形状は一例であって詳細を規定するものではない。

図 9−メートルめねじおすシートユニオン継手(MC 

L

z


19

B 8363

:2015

単位  mm

呼び径

ねじ

(最小)

K P 

(最小)

±0.5

(最大)

(参考)

S

 5

7

/

16

-20UNF-2B

2.5  7.5

±0.28

 8

 8.7

 60

14

(14.2)

0

−0.27

16.2

(16.4)

 6

7

/

16

-20UNF-2B

3.5  7.5

±0.28

 8

 8.7

 60

1

/

2

-20UNF-2B

3.5  9.0

±0.28

 8

 9.5

 60

19

(15.9)

0

−0.33

21.9

(18.4)

9

/

16

-18UNF-2B

3.5  11.1

±0.28

 8

 9.5

 60

19

(17.5)

21.9

(20.2)

 8

1

/

2

-20UNF-2B

5.0  9.0

±0.28

10

 9.5

 65

19

(15.9)

21.9

(18.4)

9

/

16

-18UNF-2B

5.0  11.1

±0.28

10

 9.5

 65

19

(17.5)

21.9

(20.2)

10

9

/

16

-18UNF-2B

5.5  11.1

±0.28

10

 9.5

 65

3

/

4

-16UNF-2B

5.5  14.5

±0.35 10  10.7

65  24

(22.2)

27.7

(25.6)

12

3

/

4

-16UNF-2B

8.0  14.5

±0.35 11  10.7

70

7

/

8

-14UNF-2B

8.0  17.3

±0.35 11  12.7

70  27

(25.4)

31.2

(29.3)

16

7

/

8

-14UNF-2B 11.5  17.3

±0.35 12  12.7

80

1

1

/

16

-12UN-2B 11.5  21.6

±0.4 12 14.3

80 36

(31.8)

0

−0.39

41.6

(36.7)

19 1

1

/

16

-12UN-2B 14.0  21.6

±0.4 12 14.3

95

25 1

5

/

16

-12UN-2B 19.5  25.4

±0.4 13 15.1 100 41

(38.1)

47.3

(44.0)

注記 1  ねじの逃げ溝はなくてもよい。 
注記 2  括弧内の寸法は,なるべく使用しないことが望ましい。

図 10UNF めねじ 37°めすシートユニオン継手(UF 


20

B 8363

:2015

呼び径

±0.25

B C 

(最大)

d

1

(最大)

(参考)

d

2

(最大)

(参考)

F

±0.15

(参考)O リング

JIS B 2401-1

シリーズ F

呼び番号

N M 

12 30.20

25.53

∼25.40 14  13

8.0 24  13  6.8  210 18.64

3.53

19 38.10

31.88

∼31.75 21  19 14.0 32  14  6.8  214 24.99

3.53

25 44.45

39.75

∼39.62 27  25 19.5 38  14  8.0  219 32.92

3.53

32 50.80

44.58

∼44.45 33  32 25.0 43  14  8.0  222 37.69

3.53

38 60.35

53.98

∼53.72 40  38 31.0 50  16  8.0  225 47.22

3.53

51 71.40

63.50

∼63.25 52  51 41.0 62  16  9.6  228 56.74

3.53

63 84.10

76.33

∼76.07 65  64 52.0 74  18  9.6  232 69.44

3.53

76 101.60

92.08

∼91.82 78  76 64.0 90  19  9.6  237 85.32

3.53

a)

  フランジヘッド部の寸法 

図 11−フランジヘッド継手  タイプ IS4S9S 

φd

1

(

φd

2

)

z

z


21

B 8363

:2015

1)

  ストレート継手(S 2)  45°継手(4S 

3)

  90°継手(9S 

単位  mm

呼び径 S

4S

9S

L

1

 

(最大)

L

2

 

(最大)

M

1

 

±3

L

3

 

(最大)

M

2

 

±3

12 100 105 22 100

41

19 140 145 25 140

54

25 150 175 27 170

62

32 175 205 29 200

67

38 200 240 36 230

79

51 240 290 51 280 114

63 220

76 230

b)

  継手の種類及び寸法 

図 11−フランジヘッド継手  タイプ IS4S9S)(続き) 

L

1

L

2

L

3


22

B 8363

:2015

呼び径

±0.25

B C 

(最大)

d

1

(最大)

(参考)

d

2

(最大)

(参考)

F

±0.15

(参考)O リング

JIS B 2401-1

シリーズ F

呼び番号

N M 

12 31.75

25.53

∼25.40

14

13

 8.0

24

14

 7.8

210

18.64

3.53

19 41.30

31.88

∼31.75 21  19  14.0  32  18

8.8  214 24.99

3.53

25 47.65

39.75

∼39.62 27  25  19.5  38  21

9.5  219 32.92

3.53

32 54.00

44.58

∼44.45 33  32  25.0  44  25  10.3  222 37.69

3.53

38 63.50

53.98

∼53.72 40  38  31.0  51  30  12.6  225 47.22

3.53

51 79.40

63.50

∼63.25 52  51  41.0  67  38  12.6  228 56.74

3.53

a)

  フランジヘッド部の寸法 

図 12−フランジヘッド継手  タイプ IIH4H9H),タイプ IIIHD4HD9HD 

φd

1

(

φd

2

)

z

z


23

B 8363

:2015

1)

  ストレート継手(HHD 2)  45°継手(4H4HD 

3)

  90°継手(9H9HD 

単位  mm

呼び径 H

4H

9H

HD

4HD

9HD

(参考)

L

1

(参考)

L

2

M

1

 

±3

(参考)

L

3

M

2

 

±3

(参考)

L

1

(参考)

L

2

M

1

 

±3

(参考)

L

3

M

2

 

±3

12 100 105 21 100

42

19 140 145 28 140

58

25 150 175 32 170

67

32 175 220 37 200

78 175 220 50 200 100

38 205 250 46 230

93 205 250 60 230 120

51 260 290 67 290 136 260 300 80 290 160

b)

  継手の種類及び寸法 

図 12−フランジヘッド継手  タイプ IIH4H9H),タイプ IIIHD4HD9HD)(続き) 

L

1

L

2

L

3


24

B 8363

:2015

1)

  タイプ IFA

a)

2)

  タイプ IIFL 

図 1321 MPa 管フランジ継手  タイプ IFA),タイプ IIFL),タイプ IIIFF 

24

B 8363


2015


25

B 8363

:2015

単位  mm

3)

  タイプ IIIFF 

呼び径

フラ

ンジ

呼び径

A A’ 

(最大)

B C 

(最小)

d

1

 

±0.1

d

2

c)

d

3

c)

(最小)

F L

1

 

(最大)

L

2

 

(最大)

L

3

 

(最大)

(参考)

ボルト

b)

JIS B 1180

(六角ボルト)

O

リング

JIS B 2401-1 

(固定用)

16 15

63

±1

 67

 40

±0.2

22

0

−1

11.5 30

16  11

38 22

0

−1

110 120 110

M10

G25

19

20

 68

 72

 45

22

14.0

35

20

11

 43

22

130

130

130

M10

G30

25 25

80

±1.2

 85

 53

28

0

−1.5

19.5 40

25  13

50 28

0

−1.5

150 150 150

M12

G35

32

32

 90

 95

 63

28

25.0

45

31.5

13

 55

28

170

180

170

M12

G40

38 40

100

±1.5 106

70

±0.4

36

0

−2

31.0 55

37.5

18

65 36

0

−2

190 200 190

M16

G50

51

50

112

118

 80

36

41.0

65

47.5

18

 75

36

220

250

220

M16

G60

63 65

140

±2  148

100

45

50.0 80

60  22

90

45

230 270 230

M20

G75

76  80 155

163

112

45

60.0 90

71  24

100

45

250 300 250

M22

G85

a)

タイプ I(FA)のフランジは,JIS B 2291 の 2.(種類)の SHA による。

b)

ボルトの寸法は JIS B 1180,ナットの寸法は JIS B 1181 による。また,ボルトの強度区分は JIS B 1051 の 8.8 以上,ナットの強度区分は JIS B 1052-2 の強度区分

6

以上とする。

c)

許容差の規定がない寸法の許容差は,JIS B 0405 の記号 c(粗級)による。

図 1321 MPa 管フランジ継手  タイプ IFA),タイプ IIFL),タイプ IIIFF)(続き) 

25

B 8363


2015


26

B 8363

:2015

単位  mm

呼び径  ねじ

(R)

ねじ

(G)

L A 

(最小)

±0.5

D K 

±0.5

(最小)

(参考)

S

 6

R

1

/

4

G

1

/

4

B 34

±1.0   9.71

13

 5.0

±0.5

9.5

±0.28

13 10 17

(19)

0

−0.27

19.6

(21.9)

0

−0.33

10 R

3

/

8

G

3

/

8

B 38

10.05  15

8.0

12.5

±0.35

15 12 19

(22)

21.9

(25.4)

12 R

1

/

2

G

1

/

2

B 46

13.16  18  11.0

16.0

±0.35

18 15 22

(27)

25.4

(31.2)

19 R

3

/

4

G

3

/

4

B 52

14.53  20  16.0

21.5

±0.4

20 17 30

(36)

0

−0.39

34.6

(41.6)

25 R1

G1B

56

16.79

22

22.0

27.5

±0.4

22 18 36

(41)

41.6

(47.3)

32 R1

1

/

4

 G1

1

/

4

B 64

±1.5 19.10  25  28.0

+0.5

−1.0

36.5

±0.5

25 20 46

(50)

53.1

(57.7)

38 R1

1

/

2

 G1

1

/

2

B 65

19.10

25  34.0

42.0

±0.5

25 21 50

(55)

57.7

(63.5)

0

−0.46

51 R2

G2B

76

23.38

29

46.0

54.0

±0.6

29 24 65

(70)

75.0

(80.8)

注記 1  ねじの逃げ溝はなくてもよい。 
注記 2  括弧内の寸法は,なるべく使用しないことが望ましい。

図 14−管用テーパおねじ−管用平行おねじめすシートストレートアダプタ(A2 

z


27

B 8363

:2015

単位  mm

呼び径  ねじ

(R)

ねじ

(G)

L A 

(最小)

±0.5

(最小)

D I 

(最小)

±0.5

H

1

(参考)

S

1

H

2

(参考)

S

2

 6

R

1

/

4

G

1

/

4

 39

±1.5   9.71

13

 6

 5.0

±0.5  7.5±0.28

 8

 6.0

17

(19)

0

−0.27

19.6

(21.9)

19 0

−0.33

21.9

0

−0.33

10 R

3

/

8

G

3

/

8

  42

10.05

15

 6

 8.0

10.0

±0.28

10

7.0

19

(22)

21.9

(25.4)

22 25.4

12 R

1

/

2

G

1

/

2

 49

13.16  18

8  11.0

13.0

±0.35

11

9.0

22

(27)

25.4

(31.2)

27 31.2

19 R

3

/

4

G

3

/

4

 56

14.53  20

10  16.0

19.0

±0.4

12 10.0

30

(36)

0

−0.39

34.6

(41.6)

36 0

−0.39

41.6

25 R1 G1

61

16.79

22 10

22.0

25.0

±0.4

13 12.0

36

(41)

41.6

(47.3)

41 47.3

32 R1

1

/

4

 G1

1

/

4

 69

±2.0 19.10  25

13  28.0

+0.5

−1.0

32.0

±0.5

15 12.5

46

(50)

53.1

(57.7)

50 57.7

38 R1

1

/

2

 G1

1

/

2

 72

19.10  25

14  34.0

38.0

±0.5

15 12.5

50

(55)

57.7

(63.5)

55

60

0

−0.46

63.5

69.3

0

−0.46

51 R2 G2

82

23.38

29 17

46.0

49.0

±0.5

18 15.0

65

(70)

75.0

(80.8)

70 80.8

注記 

ナットの形状は一例であって詳細を規定するものではない。

注記 2

括弧内の寸法は,なるべく使用しないことが望ましい。

図 15−管用テーパおねじ−管用平行めねじおすシートユニオンストレートアダプタ(A3 


28

B 8363

:2015

単位  mm

呼び径

ねじ

(G)

ねじ

(UN)

L A

±0.4

C D  d 

 6

G

1

/

4

B

9

/

16

-18UNF 30

±1.0

12

10 2.4

±0.3

11

±0.08 4.5±0.1

10 G

3

/

8

B

11

/

16

-16UN 33

12

11  2.8

±0.4

12.6

±0.08 6.5±0.2

12 G

1

/

2

B

13

/

16

-16UN 39

16

13  2.8

±0.4

15.77

±0.08 9.5±0.2

16 G

3

/

4

B

1-14UNS 44.5

17

15.5

3.1

±0.4

19

±0.08 12.5±0.2

19 G

3

/

4

B

1

3

/

16

-12UN 46

17

17  3.7

±0.5

22.17

±0.1 15.5±0.2

25 G1B

1

7

/

16

-12UN 51.5

±1.5

21

17.5

3.7

±0.5

26.87

±0.1 20.5±0.2

32 G1

1

/

4

B

1

11

/

16

-12UN 53.5

21

17.5

3.7

±0.5

33.25

±0.13 26±0.3

38 G1

1

/

2

B

2-12UN 56.5

21

17.5

3.7

±0.5

41.17

±0.13 32±0.3

呼び径

E F 

(最大)

参考(O リング)

ねじ(G)

JIS B 2401-1

(シリーズ P)

ねじ(UN)

JIS B 2401-1 

(シリーズ F)

 6

12.25

±0.15 18.5  0.4  19

0

−0.33

 P11

011

10 15.1

±0.25 21.5  0.4  22

 P14

012

12 18.25

±0.25 26.5  0.4  27

 P18

014

16 22.6

±0.4 35.0  0.7 36

0

−0.39

 P22.4

016

19 27

±0.4 35.0 0.7 36

P22.4

018

25 33.35

±0.4 40.0  0.7  41

 P29

021

32 39.7

±0.4 49.0  0.7 50

P38

025

38 47.65

±0.4 58.5  0.7  60

0

−0.46

 P44

029

注記 UN 側ねじの逃げ溝はなくてもよい。

図 16−管用平行おねじ リングシール−UNF おねじ リングフェイスシールストレートアダプタ(A4 


29

B 8363

:2015

単位  mm

呼び径  ねじ

(R)

ねじ

(G)

L A 

(最小)

±0.5

D E 

±0.5

(最小)

(最小)

I J H 

(参考)

S

 6

R

1

/

4

G

1

/

4

B 37

±1.0   9.71

13   5.0

±0.5

16

4.5

7.0

7.5

±0.28

11.0

2

.

0

5

.

0

+

 17

(19)

0

−0.27

19.6

(21.9)

0

−0.33

10 R

3

/

8

G

3

/

8

B  41

10.05

15   8.0

18

4.5

 9.0

10.0

±0.28

14.0

2

.

0

5

.

0

+

 19

(22)

21.9

(25.4)

12 R

1

/

2

G

1

/

2

B 48

13.16  18 11.0

20

5.5  10.0

13.0

±0.35

18.0

2

.

0

5

.

0

+

 22

(27)

25.4

(31.2)

19 R

3

/

4

G

3

/

4

B 54

14.53  20 16.0

22

5.5  12.0

19.0

±0.4

23.5

2

.

0

5

.

0

+

 30

(36)

0

−0.39

34.6

(41.6)

25 R1 G1B

58

16.79

22

22.0

24

5.5 13.0

25.0

±0.4

29.5

2

.

0

5

.

0

+

 36

(41)

41.6

(47.3)

32 R1

1

/

4

 G1

1

/

4

B 66

±1.5 19.10  25  28.0 +0.5

−1.0

27

7.0 15.0

32.0

±0.5

38.0

2

.

0

8

.

0

+

 46

(50)

53.1

(57.7)

38 R1

1

/

2

 G1

1

/

2

B 67

19.10  25  34.0

27

7.0

15.0

38.0

±0.5

44.0

2

.

0

8

.

0

+

 50

(55)

57.7

(63.5)

0

−0.46

51 R2 G2B

77

23.38

29

46.0

30

7.5 17.0

49.0

±0.5

55.0

2

.

0

8

.

0

+

 65

(70)

75.0

(80.8)

注記 1  ねじの逃げ溝はなくてもよい。 
注記 2  括弧内の寸法は,なるべく使用しないことが望ましい。

図 17−管用テーパおねじ−管用平行おねじおすシートストレートアダプタ(A1 

z


30

B 8363

:2015

単位  mm

呼び径  ねじ

(R)

ねじ

(G)

L

1

(最小)

±0.5

L

3

D K 

±0.5

±0.5

 6

R

1

/

4

G

1

/

4

B 26

±1.0

9.71  17  22

±1.0

 5.0

±0.5

 9.5

±0.28 13  10 17

0

−1.0

10 R

3

/

8

G

3

/

8

B 30

10.05  20  25

8.0

12.5

±0.35 15  12 19

0

−1.5

12 R

1

/

2

G

1

/

2

B 36

13.16  24  30

11.0

16.0

±0.35 18  15 24

19 R

3

/

4

G

3

/

4

B 43

14.53  28  35

16.0

21.5

±0.4 20  17 30

25 R1

G1B

50

16.79

32

40

22.0

27.5

±0.4 22  18 36

0

−2.0

32 R1

1

/

4

 G1

1

/

4

B 58

±1.5 19.10  35  48

±1.5

28.0

+0.5

−1.0

36.5

±0.5 25  20 46

38 R1

1

/

2

 G1

1

/

2

B 63

19.10

38  50

34.0

42.0

±0.5 25  21 50

51 R2

G2B

75

23.38

42

62

46.0

54.0

±0.6 29  24 65

注記  ねじの逃げ溝はなくてもよい。

図 18−管用テーパおねじ−管用平行おねじめすシート 90°エルボアダプタ(E2 

z


31

B 8363

:2015

単位  mm

呼び

ねじ

(R)

ねじ

(G)

L

1

(最小)

±0.5

L

2

D E 

±0.5

(最小)

(最小)

I J 

 6

R

1

/

4

G

1

/

4

B 26

±1.0  9.71  17  25 ±1.0  5.0 ±0.5

16

4.5

7.0

7.5

±0.28 11.0

2

.

0

5

.

0

+

17

0

−1.0

10 R

3

/

8

G

3

/

8

B  30

10.05  20  28

 8.0

18

4.5

 9.0

10.0

±0.28 14.0

2

.

0

5

.

0

+

19

0

−1.5

12 R

1

/

2

G

1

/

2

B 36

13.16  24  32

11.0

20

5.5

10.0

13.0

±0.35 18.0

2

.

0

5

.

0

+

24

19 R

3

/

4

G

3

/

4

B 43

14.53  28  37

16.0

22

5.5

12.0

19.0

±0.4 23.5

2

.

0

5

.

0

+

30

25 R1  G1B

50

16.79 32 42

22.0

24

5.5  13.0

25.0

±0.4 29.5

2

.

0

5

.

0

+

36

0

−2.0

32 R1

1

/

4

 G1

1

/

4

B 58

±1.5 19.10 35 50 ±1.5 28.0 +0.5

−1.0

27

7.0 15.0

32.0

±0.5 38.0

2

.

0

8

.

0

+

46

38 R1

1

/

2

 G1

1

/

2

B 63

19.10  38  52

34.0

27

7.0

15.0

38.0

±0.5 44.0

2

.

0

8

.

0

+

50

51 R2  G2B

75

23.38 42 63

46.0

30

7.5  17.0

49.0

±0.5 55.0

2

.

0

8

.

0

+

65

注記  ねじの逃げ溝はなくてもよい。

図 19−管用テーパおねじ−管用平行おねじおすシート 90°エルボアダプタ(E1 

z


32

B 8363

:2015

単位  mm

呼び

ねじ

(R)

ねじ

(G)

L

4

(最小)

±0.5

L

6

D K 

±0.5

±0.5

 6

R

1

/

4

G

1

/

4

B 19

±1.0

9.71  13  19

±1.0

 5.0

±0.5

9.5

±0.28 13 10 17

0

−1.0

10 R

3

/

8

G

3

/

8

B 22

10.05  15  22

8.0

12.5

±0.35 15  12 19

0

−1.5

12 R

1

/

2

G

1

/

2

B 26

13.16  18  26

11.0

16.0

±0.35 18  15 24

19 R

3

/

4

G

3

/

4

B 30

14.53  20  30

16.0

21.5

±0.4 20 17 30

25 R1 G1B 34

16.79 22

34

22.0

27.5

±0.4 22 18 36

0

−2.0

32 R1

1

/

4

 G1

1

/

4

B 40

±1.5 19.10  25  40

±1.5

28.0

+0.5

−1.0

36.5

±0.5 25 20 46

38 R1

1

/

2

 G1

1

/

2

B 41

19.10  25  41

34.0

42.0

±0.5 25 21 50

51 R2 G2B 50

23.38 29

50

46.0

54.0

±0.6 29 24 65

注記  ねじの逃げ溝はなくてもよい。

図 20−管用テーパおねじ−管用平行おねじめすシート 45°エルボアダプタ(E4 

z


33

B 8363

:2015

単位  mm

呼び

ねじ

(R)

ねじ

(G)

L

4

(最小)

±0.5

L

5

D E 

±0.5

(最小)

(最小)

I J 

 6

R

1

/

4

G

1

/

4

 19

±1.0

 9.71

13  22

±1.0

 5.0

±0.5

16

4.5

7.0

7.5

±0.28 11.0

2

.

0

5

.

0

+

 17

0

−1.0

10 R

3

/

8

G

3

/

8

B 22

10.05  15  25

8.0

18

4.5

9.0

10.0

±0.28 14.0

2

.

0

5

.

0

+

 19

12 R

1

/

2

G

1

/

2

B 26

13.16  18  28

11.0

20

5.5

10.0

13.0

±0.35 18.0

2

.

0

5

.

0

+

 24

0

−1.5

19 R

3

/

4

G

3

/

4

B 30

14.53  20  32

16.0

22

5.5

12.0

19.0

±0.4 23.5

2

.

0

5

.

0

+

 30

25 R1 G1B

34

16.79 22

36

22.0

24

5.5  13.0

25.0

±0.4 29.5

2

.

0

5

.

0

+

 36

0

−2.0

32 R1

1

/

4

 G1

1

/

4

B 40

±1.5

19.10 25 42

±1.5

28.0

+0.5

−1.0

27

7.0 15.0

32.0

±0.5 38.0

2

.

0

8

.

0

+

 46

38 R1

1

/

2

 G1

1

/

2

B 41

19.10

25  43

34.0

27

7.0

15.0

38.0

±0.5 44.0

2

.

0

8

.

0

+

 50

51 R2 G2B

50

23.38 29

51

46.0

30

7.5  17.0

49.0

±0.5 55.0

2

.

0

8

.

0

+

 65

注記  ねじの逃げ溝はなくてもよい。

図 21−管用テーパおねじ−管用平行おねじおすシート 45°エルボアダプタ(E3 

z


34

B 8363

:2015

単位  mm

呼び径

±0.25

±0.15

±0.25

O P 

±0.8

±0.25

最大

最小

12 30.95  6.2  24.25  54.9  53.1  21.8

38.1

19 38.90

32.15  65.8  64.3  24.9

47.6

25 45.25  7.5  38.5

70.6  69.1  28.2

52.4

32 51.60

43.7

80.3  78.5  35.3

58.7

38 61.10

50.8

94.5  93.0  40.1

69.9

51 72.25  9.0  62.75  103.1  100.1  47.2

77.8

63 84.95

74.95  115.8  112.8  53.1

88.9

76 102.40

90.95  136.7  133.4

64.3

106.4

呼び径

±0.4

(参考)

±0.15

±0.5

±0.8

±0.25

±0.25

タイプ 1

タイプ 2

12 7.9  8.0  8.9  8.9 12.7 19.0 19.05  8.75

19 10.2  8.5  10.6  10.6  14.2  22.5 23.80 11.10

25 10.2

15.8  24.0 26.20 13.10

32 14.2  10.5

12.0  14.2  22.5 29.35 15.10

38 17.0  12.0  13.3

13.5

13.3

13.5

15.8 25.5 34.95 17.85

51 20.6

26.0 38.90 21.45

63 24.4  12.5

19.1  38.0 44.45 25.40

76 30.0  14.0  16.7  16.7  22.4 41.0 53.20 30.95

呼び径

d

1

0

−1.5

タイプ 1

タイプ 2

d

2

L

1

ねじ長さ

L

2

最小

d

2

L

1

ねじ長さ

L

2

最小

12 13.0

M8

25

16

5/16-18UNC

32

20

19 19.2  M10

30

18 3/8-16UNC 32

22

25 25.6  M10

30

18 3/8-16UNC 32

22

32 32.0  M10

30

18

7/16-14UNC

38

25

38 38.2  M12

35

23 1/2-13UNC 38

27

51 51.0  M12

35

23 1/2-13UNC 38

27

63 63.5  M12

40

23 1/2-13UNC 44

27

76 76.2  M16

50

30 5/8-11UNC 44

30

図 22−フランジヘッド継手タイプ 用割フランジ(CF1 


35

B 8363

:2015

単位  mm

呼び径

±0.25

±0.15

±0.25

O P 

±0.8

±0.25

最大

最小

12 32.50

7.2  24.65

57.2  55.6  22.6

40.5

19 42.00

8.2  32.50

72.1  70.6  29.0

50.8

25 48.40

9.0  38.85

81.8  80.3  33.8

57.2

32 54.75

9.8  44.45

96.0  94.5  37.4

66.7

38

64.25 12.1 51.55 114.3 111.3 46.5  79.4

51 80.15

67.55  134.9  131.8  55.9

96.8

呼び径

±0.4

(参考)

T

±0.15

±0.5

±0.8

±0.25

±0.25

タイプ 1

タイプ 2

12 8.1  8

8.9  8.9 15.7 22.5 20.25 9.1

19

10.9 10.5 10.6 10.6 19.1 28.5 25.4 11.9

25 13

12

13.3  12.0  23.9  33.5  28.6  13.9

32 15

14

13.3  26.9  38  33.35 15.9

38 17.3  17

16.7  16.7  30.2  43  39.7  18.25

51 21.3  18

20.6  20.6  36.6  52.5  48.4  22.25

呼び径

d

1

0

−1.5

タイプ 1

タイプ 2

d

2

L

1

ねじ長さ

L

2

最小

d

2

L

1

ねじ長さ

L

2

最小

12 13

M8

30

16

5/16-18UNC

32

21

19  19.2

M10

35

18 3/8-16UNC 38

24

25 25.6  M12

45

23

7/16-14UNC

44

27

32  32

M12

45

23 1/2-13UNC 44

25

38 38.2  M16

55

27 5/8-11UNC 57

35

51  51

M20

70

35 3/4-10UNC 70

38

図 23−フランジヘッド継手タイプ II 及びタイプ III 用割フランジ(CF2 


36

B 8363

:2015

参考文献 

JIS B 2351-1

  油圧・空気圧用及び一般用途用金属製管継手−第 1 部:24°くい込み式管継手

ISO 6743-4

,Lubricants, industrial oils and related products (class L)−Classification−Part 4: Family H

(Hydraulic systems)