>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 8319

:2003

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本産業

機械工業会(JSIM)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきと

の申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS B 8319:1995 は改正され,この規格に置き換えられる。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS B 8319

には,次に示す附属書がある。

附属書 1(規定)スタフィングボックスの寸法

附属書 2(参考)ポンプの呼び要目及び主要寸法

附属書 3(参考)吐出し異径管の長さ


B 8319

:2003

目  次

ページ

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  定義

2

4.

  大きさ及び種類

2

4.1

  大きさ

2

4.2

  種類

2

5.

  性能

2

5.1

  規定吐出し量

2

5.2

  全揚程

3

5.3

  最大吸込全ヘッド

3

5.4

  ポンプ効率

3

5.5

  性能の許容幅

3

6.

  構造

3

6.1

  一般

3

6.2

  本体

3

6.3

  羽根車

4

6.4

  案内羽根

4

6.5

  主軸

4

6.6

  軸受及び軸受ハウジング

4

6.7

  軸方向スラスト釣合い装置

4

6.8

  その他の部分

5

7.

  寸法及びはめあい

5

7.1

  ポンプの外形寸法

5

7.2

  本体

5

7.3

  羽根車

5

7.4

  案内羽根

6

7.5

  主軸の直径

6

7.6

  主軸及び回転体の振れ

6

7.7

  すべり軸受の有効長さ

6

7.8

  スリーブの最小厚さ

6

7.9

  バランスディスクの摩耗しろ

6

7.10

  軸継手

6

7.11

  キーの寸法

7

7.12

  羽根車とライナリングなどとのすき間

7

7.13

  各部のはめあい

7


B 8319

:2003  目次

(3) 

ページ

7.14

  その他

7

8.

  外観

7

9.

  材料

8

10.

  付属品

8

11.

  試験方法

8

12.

  表示

9

13.

  提出書類

9

附属書 1(規定)スタフィングボックスの寸法

15

附属書 2(参考)ポンプの呼び要目及び主要寸法

16

附属書 3(参考)吐出し異径管の長さ

20

 


日本工業規格

JIS

 B

8319

:2003

小形多段遠心ポンプ

Small size multi-stage centrifugal pumps

1.

適用範囲  この規格は,0∼40  ℃の清水を取り扱う片吸込形で最高使用圧力 2.75 MPa までに使用する

吸込口径(

1

)50

∼200 mm,段数(

2

)2

∼15 段の一般用小形多段遠心ポンプ(

3

)

(以下,ポンプという。

)で,共

通ベース上で,50 Hz 又は 60 Hz の 2 極又は 4 極三相誘導電動機とたわみ軸継手によって直結されるもの

について規定する。

注(

1

)

フランジの呼び径で表す。

(

2

)

羽根車の数。

(

3

)

ディフューザポンプ及び渦巻ポンプ。

備考  このポンプを 0∼40  ℃以外の温度に適用する場合には,製造業者は,その温度の限界を明らか

にする。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0131

  ターボポンプ用語

JIS B 0202

  管用平行ねじ

JIS B 0203

  管用テーパねじ

JIS B 0401-2

  寸法公差及びはめあいの方式−第 2 部:穴及び軸の公差等級並びに寸法許容差の表

JIS B 0902

  駆動機及び被駆動機−軸高さ

JIS B 0903

  円筒軸端

JIS B 0905

  回転機械−剛性ロータの釣合い良さ

JIS B 1301

  キー及びキー溝

JIS B 1514

  転がり軸受−精度

JIS B 1521

  深溝玉軸受

JIS B 1522

  アンギュラ玉軸受

JIS B 1523

  自動調心玉軸受

JIS B 1533

  円筒ころ軸受

JIS B 1566

  転がり軸受の取付関係寸法及びはめあい

JIS B 2238

  鋼製管フランジ通則

JIS B 2239

  鋳鉄製管フランジ通則

JIS B 2405

  メカニカルシール通則

JIS B 8301

  遠心ポンプ,斜流ポンプ及び軸流ポンプ−試験方法

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材


2

B 8319

:2003

JIS G 4051

  機械構造用炭素鋼鋼材

JIS G 4303

  ステンレス鋼棒

JIS G 4305

  冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯

JIS G 5121

  ステンレス鋼鋳鋼品

JIS G 5501

  ねずみ鋳鉄品

JIS H 3250

  銅及び銅合金棒

JIS H 5120

  銅及び銅合金鋳物

JIS H 5401

  ホワイトメタル

3.

定義  この規格で用いるポンプの主な用語の定義は,JIS B 0131 による。

4.

大きさ及び種類

4.1

大きさ  大きさは,表 に示す吸込口径及び吐出し口径並びに段数によって表す。  ただし,吸込口

径と吐出し口径とが等しいものでは,一つの口径及び段数で表す。

例 100×80 mm 3 段,100 mm 3 段

  1  吸込口径及び吐出し口径

単位  mm

口径 40(

4

)

,50,65,80,100,125,150,200

注(

4

)

吐出し口径だけに用いる。

4.2

種類  種類は,大きさ並びに電動機の極数(2 極又は 4 極)及び周波数(50Hz 又は 60Hz)による。

ただし,電動機の極数と吸込口径との関係は,一般に

表 による。

  2  電動機の極数と吸込口径

吸込口径

(mm)

50 65 80 100

125

150

200

電動機の極数

2

4

5.

性能

5.1

規定吐出し量(

5

)

  規定吐出し量は,吸込口径に対し,

表 の範囲内とする。

注(

5

)

一般には,受渡当事者間の契約値とするが,この規格では 12.  の表示値とする。

  3  吐出し量範囲

単位  m

3

/min

吸込口径 (mm)

50

65

80

100

125

150

200

吐出し量範囲

50

Hz

2

極 0.32 以下 0.20∼0.63

0.40

∼1.25

0.80

∼2.5

1.6

∼5.0

4

極 0.16 以下 0.10∼0.32

0.20

∼0.63

0.40

∼1.25

0.80

∼2.5

1.6

∼5.0 3.15∼10.0

60

Hz

2

極   0.40 以下 0.25∼0.80   0.50∼1.60

1.0

∼3.15

2.0

∼6.3

4

極 0.20 以下 0.12∼0.40   0.25∼0.80

0.50

∼1.60

1.0

∼3.15

2.0

∼6.3    4.0 ∼12.5


3

B 8319

:2003

5.2

全揚程  規定吐出し量に対する全揚程の標準範囲は,付図 及び付図 による。

備考  この規格で用いる全揚程及びヘッドは,単位質量当たりの流体エネルギーすなわち比エネルギ

ーを,重力加速度 9.80 m/s

2

で除した量で示してある。

5.3

最大吸込全ヘッド  最大吸込全ヘッドは,表 の規定吐出し量において NPSH 基準面[JIS B 8301

の 3.1.24(NPSH)による。

]に換算した吸込全ヘッド(

6

)

表 のとおりとし,その状態で異状がなく運転でき

るものとする。

注(

6

)

吸込口真空計の読みに相当するヘッドを,NPSH 基準面に換算した値から,真空計取出し穴位

置の断面における速度ヘッドを減じたもの。

例  吸込口真空計の読みに相当する吸込ヘッドが 6 m 及び真空計取出し穴位置の断面における速度が

4.4 m/s

,すなわち,速度ヘッドが 1 m の場合には,吸込全ヘッドは 5 m である。

  4  最大吸込全ヘッド

単位 m

吸込口径(mm) 50

65

80 100  125 150 200

最大吸込全ヘッド

50 Hz

2

極 6  6  5.5  2.5  (-2)(

7

)

4

極 6  6  6

6

6

5.5

3

60 Hz

2

極 6  5.5  3  (-1)(

7

) (-8)(

7

)

4

極 6  6  6

6

5.5

3  (-1)(

7

)

注(

7

)

括弧内のマイナス表示は,押込を意味し,その数値は,最小押込全ヘッドを示す。

5.4

ポンプ効率  ポンプ効率の最高値は,その吐出し量における付図 の A 効率以上とする。

また,規定吐出し量におけるポンプ効率は,

付図 の B 効率以上とする。

5.5

性能の許容幅  性能の許容幅は,JIS B 8301 の 6.3(性能の許容幅)による。

6.

構造

6.1

一般  ポンプは,付図 及び付図 に示すような構造であって,本体,羽根車,案内羽根(ディフ

ューザポンプの場合)

,主軸,軸受,軸方向スラスト釣合い装置などによって構成する。

備考  付図 及び付図 は,部品名称の説明図であって,ポンプの構造を規定するものではない。

6.2

本体  本体は,次による。

a)

本体は,吸込ケーシング,中間ケーシング及び吐出しケーシングからなり,それらをいんろうで組み

合わせ,締付ボルトによって締め付ける形で,吸込口は水平で,吐出し口は,上向きとする。

b)

フランジは,JIS B 2238 若しくは JIS B 2239 の 2.1(フランジの種類)の呼び圧力 10K,20K

,又は JIS 

B 2238

若しくは JIS B 2239 

附属書の PN10∼PN40 による。

なお,これらを超える呼び圧力のフランジを使用してもよい。ただし,この場合には,溶接形の相

フランジを附属する。

c)

本体の軸心の高さは,JIS B 0902 によることが望ましい。

d)

ドレン抜き穴は全ケーシングに,圧力取出し穴は吸込及び吐出しケーシングに,空気抜き穴及び呼び

水用穴は,いずれかのケーシングに設ける。これらの穴のねじは,JIS B 0202 による。ただし,プラ

グ及び管を付ける箇所は,JIS B 0203 によってもよい。


4

B 8319

:2003

e)

羽根車とポンプ本体との間の水漏れ部には,ライナリングを設ける。ライナリング及びブシュ類は,

打込み又はねじ止めとし,運転中に回ってはならない。ただし,ブシュ類のうち,中間ブシュは,設

けなくてもよい。

f)

軸封には,パッキン又はメカニカルシールを用いる。

g)

スタフィングボックス内が運転中,

大気圧以下になるおそれのある場合で,

パッキン使用の場合には、

スタフィングボックスに封水リングを設けて封水し,また,メカニカルシール使用の場合には,その

メカニカルシールに適した対策を施す。

h)

パッキンは,角形又は成形を用い,パッキンの挿入本数は 3 本以上とし,その合わせ目は交互とする。

i)

パッキン押さえをケーシングから遠ざける場合に,パッキン押さえがパッキン押さえボルトから外れ,

パッキンの取替えが容易な構造とする。

6.3

羽根車  羽根車は,次による。

a)

羽根車(試験用軸を含む。

)の釣合い良さは,JIS B 0905 の“釣合い良さ G 6.3”とする。ただし,羽

根車(試験用軸を含む。

)の質量が 2kg 以下の場合には“釣合い良さ G 16”でもよい。また,組み立

てられた回転部について,動バランスをとる必要がある場合の釣合い良さは,JIS B 0905 の“釣合い

良さ G 6.3”とする。

b)

羽根車の外径,滑り部,ハブの軸穴及びハブの両端面には機械加工を施すことが望ましい。

6.4

案内羽根  案内羽根は,次による。

a)

案内羽根の羽根数は,羽根車の羽根数と 1 以外の公約数があってはならない。

b)

案内羽根をケーシングに取り付けるものは,ねじ,ノック,その他の方法によって止め,運転中緩ま

ないものとする。

6.5

主軸  主軸は,次による。

a)

主軸のねじは,ナットが始動時に緩まない方向とするか,座金,その他の方法でナットの回り止めを

施す。

b)

主軸には,水切り溝,水切りつば,その他適当な方法で,水が軸受ハウジング内に入らないようにす

る。

6.6

軸受及び軸受ハウジング  軸受及び軸受ハウジングは,次による。

a)

軸受は,ポンプ本体の両側に設け,すべり軸受又は JIS B 1521JIS B 1522JIS B 1523 若しくは JIS 

B 1533

の転がり軸受を使用する。すべり軸受の場合には,油潤滑,転がりの軸受の場合には,グリー

ス又は油潤滑とする。

b)

転がり軸受の寿命は,許容運転範囲内で基本定格寿命(L

10

,10 000 時間以上とする。

c)

軸受ハウジングは,運転中に油やグリースが,流出又は飛散しないものとする。

油潤滑の場合には,外部から油面計により,油面を点検できるものとするか又は運転中油面を一定

に保つ装置を設けるものとし,油抜き穴を設ける。オイルリングを使用する場合には,オイルリング

ののぞき穴を設ける。

グリース潤滑の場合には,グリースの詰め過ぎを防止するために,グリース供給穴を付けないこと

が望ましい。

d)

スタフィングボックスからの漏れ水が,軸受ハウジング内に入らないように,軸受ハウジングの取付

部には,水抜き穴及びあふれ穴を設ける。

6.7

軸方向スラスト釣合い装置  軸方向スラスト釣合い装置は,次による。

a)

軸方向スラストは,バランスディスク,バランスピストン,バランスホールなどの方法によって,釣


5

B 8319

:2003

り合わせる構造とする。

b)

バランスディスクを備えるポンプでは,バランスディスクの摩耗しろを指示する装置を備え,その他

のものでは,軸方向の移動を玉軸受で安全確実に支える構造とする。

c)

バランスディスク又はバランスピストンを備えるポンプでは,軸方向スラスト釣合いのため,バラン

ス室から放流される水を導くバランスパイプを備える構造とする。バランスパイプは,一般に吸込ケ

ーシングに接続する方式とする。

なお,バランスパイプには,コック類を付けてはならない。

d)

バランスホールによるポンプでは,吐出し側パッキンにかかる圧力は,パッキンの許容圧力以下とす

る。

6.8

その他の部分  その他の部分は,次による。

a)

ポンプの回転方向は,電動機側から見て,一般に時計回りとする。

b)

ポンプの足は,ポンプ本体が安定するように,吸込,吐出しケーシング及び必要に応じ中間ケーシン

グに設け,取付ボルトは 4 本とする。また,共通ベースの基礎ボルトは,4 本以上とする。

c)

締付ボルトは,十分な太さとし,水圧試験でケーシングのいんろう部に水漏れがあってはならない。

d)

軸とスリーブとの間から外部へ水漏れがあってはならない。

e)

共通ベースの座は,ポンプ側,電動機側とも,それぞれ同一平面とする。直結に際し,やむを得ない

場合には,いずれかに厚さ同一のライナを挿入してもよい。

f)

共通ベースの座の大きさは,それに取り付けるポンプ又は電動機の足の大きさより小さくしないこと

が望ましい。

g)

軸継手には,外側に軸継手ガードを設ける。

7.

寸法及びはめあい

7.1

ポンプの外形寸法  ポンプの外形寸法は,附属書 を参考にするのがよい。

7.2

本体  本体は,次による。

a)

ポンプの呼び径に対する実口径は,

表 による。

  5  実口径

単位    mm

呼び径

40 50 65 80 100

125

150

200

実口径 40±3 50±3 65±4 80±4 100±4 125±4 150±5 200±5

b)

圧力のかかるケーシング類は,その部分にかかる最高使用圧力の下で,圧力を保持するのに適切で変

形を限界以内に押える厚さとする。

c)

フランジの厚さの許容差は,+15  %,−5  %とする。

d)

スタフィングボックスの寸法は,

附属書 による。

7.3

羽根車  羽根車の最小厚さは,表 による。ただし,羽根の入口及び出口の先端の厚さは,任意と

する。 
 
 
 


6

B 8319

:2003

  6  羽根車の最小厚さ

単位    mm

羽根車の外径

最小厚さ

鋳物

ステンレス鋼板

両側板

羽根

                  200

以下 2.5  2.0

0.8

200

を超えるもの 3.0  2.5

1.2

7.4

案内羽根  案内羽根の最小厚さは,表 による。ただし,羽根の入口及び出口の先端の厚さは,任

意とする。

  7  案内羽根の最小厚さ

単位    mm

羽根車の外径

最小厚さ

鋳物

ステンレス鋼板

                  200

以下 2.0

0.8

200

を超えるもの 2.5

1.2

7.5

主軸の直径  主軸の直径は,次の式で算出した値以上とする。

3

n

P

k

d

=

ここに,  d(

8

)

:  主軸の直径(mm)

P

:  軸動力(kW)

n

:  回転速度(min

-1

k

:  材料による係数で,次の式による。

3

125

σ

σ

S30C

=

k

ここに, σ

S30C

: S30C の引張強さ(470 MPa)

σ: その材料の引張強さ(MPa)

JIS G 4051

の S30C の場合  k=125

JIS G 4303

の SUS 403 の場合  k=116

なお,軸端の寸法は,JIS B 0903 によることが望ましい。

注(

8

)

動力伝達に関係がある部分の直径で,動力伝達に関係ない部分は,これより細くてもよい。

7.6

主軸及び回転体の振れ  主軸外周部の振れに問題がないことを確認する。また,主軸に羽根車,ス

リーブなどを取り付けてナットで締め付けた状態で,羽根車滑り部などの機械加工面の外周部の振れに問

題のないことを確認することが望ましい。

7.7

すべり軸受の有効長さ  すべり軸受の有効長さは,軸径の 0.8 倍以上とする。

7.8

スリーブの最小厚さ  スリーブの最小厚さは,2 mm とする。

7.9

バランスディスクの摩耗しろ  バランスディスクの摩耗しろは,一般に 1∼3 mm とする。

7.10

軸継手  軸継手は,次による。

a)

軸継手は,たわみ軸継手とする。

b)

フランジ形たわみ軸継手を使用する場合には,運転中の継手間のすき間は,3∼5 mm とすることが望

ましい。バランスディスクを備えるものでは,摩耗しろを考慮し,摩耗後も,運転中の継手間のすき

間は,最小 1 mm のすき間を保てるようにする。

c)

軸継手の取付精度については,主軸に取り付けた状態での外径の振れを 0.05 mm 以下,面の振れを直


7

B 8319

:2003

径 100 mm につき 0.04 mm 以下とする。ただし,面の振れの最大値は 0.10 mm とする。

7.11

キーの寸法  キーの寸法は,JIS B 1301 による。ただし,軸継手以外のキーの寸法は,これによら

なくてもよい。

7.12

羽根車とライナリングなどとのすき間  羽根車とライナリング及びブシュ類の回転部分と固定部分

とのすき間は,停止中,運転中を問わず,焼き付き,かじり付き,異常摩耗などを生じないように,適切

なすき間寸法及び材料の組合せの選定をしなければならない。

7.13

各部のはめあい  各部のはめあいは,表 又はこれに準じる等級とする。

  8  各部のはめあい

はめあい箇所

はめあい

はめあい箇所

はめあい

羽根車と主軸 H7/g6  ポンプ本体のいんろう部 H7/g6

スリーブと主軸

ポンプ本体と軸受ハウジング

バランスディスク又は

バランスピストンと主軸

軸受ハウジングとすべり軸受(

10

)

H7/js7

又は H7/h7

すべり軸受と主軸 H7/e7

軸受ハウジングと転がり軸受(

11

)

軸受ハウジング側 / ―:

H7/

−又は JS7/  ―

軸継手と主軸(

9

) H7/js6

, H7/k6 又は

H7/m6

転がり軸受(

11

)

と主軸

―  /主軸側:

― / js6 又は― / k6

注(

9

)

軸端の直径寸法とその許容差の組合せは,JIS B 0903 による。

(

10

)

軸受ハウジングとすべり軸受とのはめあいを H7/h7 にする場合には,すべり軸受が回らないよ

うに回り止めを施す。

(

11

)

転がり軸受の精度は,JIS B 1514 に規定する 0 級とする。

備考1.  はめあいは,JIS B 0401-2 による。ただし,転がり軸受のはめあいは,JIS B 1566 による。

2.

はめあいは,穴基準とするが,軸基準にしてもよい。この場合の寸法許容差は,穴基準に準

じる。

7.14

その他  バランスディスクを使用するポンプの回転部分は,軸方向に 5 mm 以上動いてはならない。

なお,

メカニカルシールを用いるポンプの場合には,

メカニカルシールの性能に影響しない範囲とする。

8.

外観  外観は,次による。

a)

鋳造品は,目視によって,内外面とも滑らかで,き裂,有害な鋳巣,偏肉などの欠点があってはなら

ない。

b)

軸受ハウジングは,油漏れがあってはならない。

c)

ポンプ本体内部には,さび止め塗装,ポンプ及び共通ベース外部には,仕上塗装を施す。ただし,SCS

13

又は SUS 304 は除く。

d)

主軸,軸継手などの加工面は,油脂,塗装,その他の方法によって,さび止めを施す。

 
 
 
 
 
 


8

B 8319

:2003

9.

材料  各部に使用する材料は,表 又は品質がこれと同等以上のものとする。

  9  材料

部品名

材料

ポンプ本体

JIS G 5501

の FC200, FC250 (

12

)

,  JIS G 4305 の SUS304,  JIS G 5121 の SCS13

羽根車

JIS H 5120

の CAC406,  JIS G 5501 の FC150(

13

)

,  JIS G 4305 の SUS304

又は JIS G 4303 の SUS304,JIS G 5121 の SCS13

案内羽根

JIS H 5120

の CAC406,  JIS G 5501 の FC150 又は JIS G 4305 の SUS304

軸受ハウジング

JIS G 5501

の FC150

すべり軸受

JIS H 5120

の CAC406 又は JIS G 5501 の FC150 に JIS H 5401 の WJ6 裏張り

バランスディスク又は

バランスピストン

JIS H 5120

の CAC406 又は JIS G 5501 の FC150

バランスシート

JIS H 5120

の CAC406, CAC202 又は JIS G 5501 の FC200(

13

)

主軸

JIS G 4051

の S30C 又は JIS G 4303 の SUS403, SUS304

キー

JIS G 4051

の S45C 又は JIS G 4303 の SUS403, SUS304

ライナリング及びブシュ類

JIS H 5120

の CAC406, CAC202 又は JIS G 5501 の FC150(

13

)

JIS G 4303

の SUS304

スリーブ

JIS H 5120

の CAC406,  JIS G 5501 の FC150(

13

)

又は JIS G 4303 の SUS403

主軸ナット

JIS H 5120

の CAC406, CAC202,  JIS G 3101 の SS400(

13

)

JIS H 3250

の C3604BE, C3604BD 又は JIS G 4303 の SUS403, SUS304

パッキン押さえ

JIS H 5120

の CAC406,

 CAC202

JIS G 5501

の FC150 又は JIS G 4303 の SUS403

パッキン押さえボルト・ナット

JIS H 3250

の C3604BE, C3604BD,  JIS H 5120 の CAC202,  JIS G 3101 

SS400(

13

)

(さび止め処理を施したもの)又は JIS G 4303 の SUS403

呼び水じょうご(必要な場合)

JIS G 5501

の FC150, JIS G 3101 の SS400 又は合成樹脂

コック類(必要な場合)

JIS H 5120

の CAC406, CAC202 又は JIS H 3250 の C3604BE, C3604BD

共通ベース

JIS G 5501

の FC150 又は JIS G 3101 の SS400

軸継手

JIS G 5501

の FC200 又は JIS G 4051 の S25C

締付ボルト及びナット

JIS G 3101

の SS400

注(

12

)  JIS B 2238

若しくは JIS B 2239 の呼び圧力 20K,PN25 又は PN40 のフランジの場合。

(

13

)

これらの材料を使用する場合には,受渡当事者間の協定による。

10.

  附属品  ポンプには,表 10 に示す附属品を付ける。

 10  附属品

品名

数量

品名

数量

プラグ

1

呼び水じょうご及び呼び水コック(必要な場合)

1

軸継手

1

空気抜きコック(必要な場合)

1

軸継手ガード

1

ドレン抜きコック(必要な場合)

1

共通ベース

1

相フランジ(

14

1

基礎ボルト 
(必要な場合)

1

注(

14

)  JIS B 2238

若しくは JIS B 2239 の呼び圧力 10K,20K 又は PN10∼PN40 のフランジ以外の場合

に付ける。

11.

試験方法  試験方法は,JIS B 8301 による。

なお,運転状態及び耐水圧の試験は,JIS B 8301 の 5.1.2(付加的なチェック)及び JIS B 8301

附属書 2

(運転状態,耐水圧及び最小吐出し量における温度上昇)によって行い,確認するのがよい。ただし,各

耐圧部品の水圧試験圧力は,運転時においてその部品に加わる最高圧力の 1.5 倍以上とする。


9

B 8319

:2003

備考  同時に製作された同一機種で同一仕様の多数のポンプを試験する場合には,10 台又はその端数

に対し,1 台の試験を行い,ほかは規定全揚程における吐出し量,ポンプ効率,軸動力及び運

転状態を試験する運転試験だけを行えばよい。この場合,基準性能に対する許容幅は,吐出し

量で±5  %,軸動力で+5  %とする。

12.

表示  表示は,次による。

ポンプには,銘板及び回転方向を示す矢印を付ける。銘板には,大きさ(吸込口径及び吐出し口径並び

に段数)

,吐出し量,全揚程(全揚程の代わりに吐出し圧力を記入する場合には,圧力の単位に MPa を用

いる。

,回転速度(

15

)

,製造業者名,製造番号及び製造年又はその略号を記入する。

銘板に記入する吐出し量及び全揚程は,受渡当事者間の契約値とするが,5.4 に規定する B 効率に合格

するポンプの最小吐出し量とそのときの全揚程及び最大吐出し量とそのときの全揚程とを記入して,2 点

表示としてもよい。ただし,この場合の最小吐出し量と最大吐出し量は,

表 の範囲を超えてはならない。

2

点表示の銘板には,回転速度及び所要電動機の定格出力を記入する。

注(

15

)

回転速度は,ポンプの回転速度とするが,電動機の同期回転速度としてもよい。

13.

提出書類  注文者に提出する書類は,次による。

ポンプには,試験合格証,ポンプの性能曲線又は機種の基準となる代表性能曲線及び取扱説明書を付け

る。

備考  ポンプの性能曲線には,連続運転ができる範囲又は条件,例えば,連続運転ができる最小吐出

し量,必要 NPSH 曲線などを明示することが望ましい。

関連規格  ISO 9908:1993    Technical specifications for centrifugal pumps−Class III


10

B 8319

:2003

備考

図中の吐出し量及び全揚程の枠は,

表 に示す三相誘導電動機と直結する場合の全揚程の標準範

囲を示す。二点鎖線で示す動力は,駆動電動機の定格出力を参考として示したものである。

付図  1  性能図表(50 Hz)


11

B 8319

:2003

備考

図中の吐出し量及び全揚程の枠は,

表 に示す三相誘導電動機と直結する場合の全揚程の標準範

囲を示す。二点鎖線で示す動力は,駆動電動機の定格出力を参考として示したものである。

付図  2  性能図表(60 Hz)


12

B 8319

:2003

 
 

吐出し量  m

3

/min

0.08

0.1

0.15

0.2

0.3

0.4

0.5

0.6

0.8

1.0

1.5

2

3

4 5 6 8 10

15

A

効率

%  32 37 44 48 53.5

57 59 60.5 63.5 65.5 68.5 70.5 73 74 74.5

75 75.5

76 76.5

B

効率

%  26 30.5

36 39.5

44 46.5 48.5 49.5 52 53.5 56 58 60 60.5

61 61.5

62 62.5 63

付図  3  ポンプ効率


13

B 8319

:2003

付図  4  ディフューザ形の一例

番号

名称

番号

名称

番号

名称

番号

名称

1

吸込ケーシング 11

バランス室カバー

21

呼び水じょうご

及びコック

30

ころ軸受

2

吐出しケーシング

12

スリーブ 31

主軸ナット

3

中間ケーシング 13

パッキン押さえ 22

空気抜きコック 32

キー

4

羽根車 14

水切りつば 23

ドレン抜きプラグ

33

締付ボルト

5

案内羽根 15

軸受ハウジング 24

パッキン 34

取付ボルト

6

ライナリング 16

すべり軸受 25

共通ベース 35

封水管

7

中間ブシュ 17

軸受カバー 26

基礎ボトル 36

バランスパイプ

8

バランスブシュ 18

オイルリング 27

軸継手 37

ネックブシュ

9

バランスシート 19

封水リング 28

軸継手ボルト

10

バランスディスク

20

主軸 29

玉軸受

13

B 8319


2003


14

B 8319

:2003

付図  5  渦巻形の一例

番号

名称

番号

名称

番号

名称

番号

名称

番号

名称

番号

名称

2

吐 出 し ケ ー シ ン

7

中間ブシュ 11

バランス室カバー

15

軸受ハウジング 24

パッキン 32

キー

3

中間ケーシング 8

バランスブシュ 12

スリーブ 17

軸受カバー 29

玉軸受 38

バランスリング

4

羽根車 9

バランスシート 13

パッキン押さえ 19

封水リング 30

ころ軸受 39

バランスピストン

6

ライナリング 10

バランスディスク 14

水切りつば 20

主軸 31

主軸ナット

14

B 8319


2003


15

B 8319

:2003

附属書 1(規定)スタフィングボックスの寸法

1.

適用範囲  この附属書は,パッキン及びメカニカルシールのためのスタフィングボックスの寸法につ

いて規定する。

備考  この附属書に示す寸法は,JIS B 2405 の 5.2 試験装置と同等である。

2.

スタフィングボックスの寸法  スタフィングボックスの寸法は,附属書 表 による。

附属書   1  スタフィングボックスの寸法

Φ

d

3

Φ

d

1

Φ

d

Φ

d

1

Φ

d

2

Φ

d

3

Φ

d

1

Φ

d

2

単位  mm

寸法

寸法

d

1

(

2

)

d

2

(

2

)

d

3

最小値

(

3

)

d

4

最小値

d

1

(

2

)

d

2

(

2

)

d

3

最小値

(

3

)

d

4

最小値

18 22 34 38 50 55 70 75

20 24 36 40 53 58 73 83

22 26 38 42 55 60 75 85

24 28 40 44

58(

1

) 63  83  88

25 30 41 46 60 65 85 90

28 33 44 49

63(

1

) 68  88  93

30 35 46 51 65 70 90 95

32(

1

)

38 48 58

68(

1

)

− 93 −

33 38 49 58 70 75 95 104

35 40 51 60 75 80 104

109

38 43 58 63 80 85 109

114

40 45 60 65 85 90 114

119

43 48 63 68 90 95 119

124

45 50 65 70 95 100

124

129

48 53 68 73 100

105

129

134

注(

1

)

これらの寸法系列はなるべく用いない。

(

2

)  d

1

及び d

2

寸法の公差域クラスは h6 とする。段付きバランスメカニカルシールの d

1

寸法に

は適用しない。

(

3

)

パッキンの場合には,H11 の公差域クラスとする。

スリーブ付き若しくはなし

のパッキン,又はアンバラン

スメカニカルシール

短いスリーブ付き又はなし

の段付きバランスメカニカ

ルシール

スリーブ付きの段付きバラン

スメカニカルシール

Φ

d

4

Φ

d

3

Φ

d

1

Φ

d

2

Φ

d

1

Φ

d

4

Φ

d

2

Φ

d

1


16

B 8319

:2003

附属書 2(参考)ポンプの呼び要目及び主要寸法

この附属書は,小形多段遠心ポンプの呼び要目及び主要寸法について参考として示すものであって,規

定の一部ではない。

ポンプの呼び要目は,

附属書 表 に,ポンプの主要寸法は,附属書 表 による。

附属書   1  ポンプの呼び要目

50 Hz

機種

番号

(

1

)

吸込
口径

(

2

)

吐出

口径

呼び要目

吐出し量 Q

全揚程 m(

3

)

段数

 mm

mm

m

3

/h m

3

/min

2 3 4

5  6  7 8

9 10

11

12

13

14

15

2

 

A

B

C

D

E

 50

 65

 80

100

125

 40

 50

 65

 80

100

  12.5

  25

  50

 100

 200

 0.21

 0.42

 0.83

 1.67

 3.33

 63

 80

100

126

224

 94.5

120

150

189

126

160

200

250

 157.5

 200

 250

189

240

220.5


250




− 

− 

− 


− 

4

 

A

B

C

D

E

F

G

 50

 65

 80

100

125

150

200

 40

 50

 65

 80

100

125

150

      6.3

  12.5

  25

  50

 100

 200

 400

  0.10

  0.21

  0.42

  0.83

  1.67

  3.33

  6.67

 16

 20

 25

 32

 50

 80

126

 24

 30

 37.5

 48

 75

120

189

    32

    40

    50

    64

 100

 160

250

 40

 50

 62.5

 80

125

200

48

60

75

96

150

240

    56

    70

  87.5

 112

 175

 64

 80

100

128

200

    72

    90

 112.5

 144

 225

80

100

125

160

250

88

110

137.5

176

− 

96

120

150

192

− 

 104

 130

 162.5

 208

− 

112

140

175

224


120

150

187.5

240

− 


17

B 8319

:2003

附属書   1  ポンプの呼び要目(続き)

60 Hz

機種

番号

(

1

)

吸込
口径

(

2

)

吐出

口径

呼び要目

吐出し量 Q

全揚程 m(

3

)

段数

mm mm m

3

/h m

3

/min

2 3 4

5  6  7 8

9 10

11 12

13

14

15

2

 

A

B

C

D

E

 50

 65

 80

100

125

 40

 50

 65

 80

100

 15

 30

 60

120

240

 0.25

 0.5

 1

 2

 4

 90

112

142

180

250

135

168

213

250

180

224

250

225

250

− 

250

− 

− 


− 


− 

− 

− 

− 



4

 

A

B

C

D

E

F

G

 50

 65

 80

100

125

150

200

 40

 50

 65

 80

100

125

150

      7.5

  15

  30

  60

 120

 240

 480

  0.12

  0.25

    0.5

    1

    2

    4

    8

 22.5

 28

 36

 45

 71

112

180

 33.8

 42

 54

 67.5

106.5

168

250

    45

    56

    72

    90

 142

 224

 56.2

 70

 90

112.5

177.5

− 

  67.5

  84

 108

 135

 213

− 

  78.8

  98

 126

 157.5

 248.5

− 

 90

112

144

180


 101

 126

 162

 202.5

− 

112.5

140

180

225


 124

 154

 198

 247.5

− 

135

168

216

− 

146

182

234

− 

158

196

250


168

210



注(

1

)

吸込口フランジは,JIS B 2238 若しくは JIS B 2239 の呼び圧力 10K 又は PN10,PN16 による。

(

2

)

吐出し口フランジは,

最高使用圧力が 1.4 MPa 以下の場合には JIS B 2238 若しくは JIS B 2239 の呼び圧力 10K,

又は PN10,PN16 とし,2.75 MPa 以下の場合には,呼び圧力 20 K 又は PN16∼PN40 とする。

(

3

)

全揚程 は概略値である。


18

B 8319

:2003

附属書   2  ポンプの主要寸法

1 形(主としてディフューザ形)

単位  mm

機種

番号

吸込

口径

吐出

口径

主要寸法

最大

最大

最大

取付け

ボルト

参考

Ds(

1

)  Dd(

2

)  Cs(

4

)

Cd C(

5

)

R P PB

d(

6

)

l(

6

)

M 2E

N  F  S  Dc

1A

1B

1C

1D

 50

 65

 80

100

 40

 50

 65

 80

160

180

200

225

160

180

200

225

125

140

160

180

250

280

300

355

 50

 55

 60

 65

225

250

265

280

 25

 30

 35

 40

 60

 80

 80

110

300

335

375

425

250

280

315

355

 50

 50

 55

 55

30

30

30

30

M12

M12

M16

M16

 225

 250

 280

 315

1E

1F

1G

125

150

200

100

125

150

280

355

450

280

355

450

225

280

355

375

425

450

 80

100

125

315

335

375

 50

 60

 70

110

140

140

450

560

710

355

450

560

 60

 75

 90

35

40

45

M16

M20

M24

 400

 500

 630

単位  mm

機種

番号

吸込

口径

吐出し

口径

段数

Ds(

1

)  Dd(

2

)

2 3 4 5 6 7 8 9 10

11 12

13 14 15

1A

1B

1C

1D

 50

 65

 80

100

 40

 50

 65

 80

130

150

160

175

180

205

220

240

230

260

280

305

280

315

340

370

330

370

400

435

380

425

460

500

430

480

520

565

480

535

580

630

530

590

640

695

580

645

700

760

630

700

760

825

680

755

820

890

730

810

880

955

 780

 865

 940

1 020

1E

1F

1G

125

150

200

100

125

150

220

275

325

300

375

450

380

475

575

460

575

700

540

675

620

775

700

− 

780

− 

860


940

− 

− 

− 

− 



19

B 8319

:2003

附属書   2  ポンプの主要寸法(続き)

2

形(主として渦巻形)

単位  mm

機種

番号

吸込

口径

吐出

口径

主要寸法

最大

最大

最大

取付け

ボルト

参考

Ds(

1

)  Dd(

2

)  Cs(

4

)

Cd C(

5

)

R P PB

d(

6

)

l(

6

)

M 2E

N  F  S  Dc

2A

2B

2C

2D

 50

 65

 80

100

 40

 50

 65

 80

180

200

225

250

180

200

225

250

140

160

180

200

250

280

300

355

 55

 60

 65

 75

225

250

265

280

 25

 30

 35

 40

 60

 80

 80

110

335

375

425

475

280

315

355

400

 50

 50

 55

 55

30

30

30

30

M12

M12

M16

M16

 250

 280

 315

 355

2E

2F

2G

125

150

200

100

125

150

315

400

500

315

400

500

250

315

400

375

425

450

 90

110

135

315

335

375

 50

 60

 70

110

140

140

500

630

800

400

500

630

 60

 75

 90

35

40

45

M16

M20

M24

 450

 560

 710

単位  mm

機種

番号

吸込

口径

吐出し

口径

段数

Ds(

1

)  Dd(

2

)

2 3 4 5 6 7 8 9 10

11

12

13 14 15

2A

2B

2C

2D

 50

 65

 80

100

 40

 50

 65

 80

140

160

170

190

195

220

235

265

250

280

300

340

305

340

365

415

360

400

430

490

415

460

495

565

470

520

560

640

525

580

625

715

580

640

690

790

 635

 700

 755

 865

690

760

820

940

 745

 820

 885

1 015

 800

 880

 950

1 090

 855

 940

1 015

1 165

2E

2F

2G

125

150

200

100

125

150

240

290

345

330

400

480

420

510

615

510

620

750

600

730

690

840

780

− 

870

− 

960


1 050


− 

− 

− 


注(

16

)

吸込口は,電動機側から見て右方向とする。

(

17

)

軸心の高さは,JIS B 0902 による。

(

18

)

軸端の寸法は,JIS B 0903 による。


20

B 8319

:2003

附属書 3(参考)吐出し異径管の長さ

この附属書は,吐出し異径管の長さについて参考として示すものであって,規定の一部ではない。

ポンプの吐出し口に付ける異径管の長さは,

附属書 表 による。

附属書   1  吐出し異径管の長さ

単位  mm

ポンプの吐出し口径

配管側口径

異径管の長さ

 40

 50

 65

 80

100

160

225

 50

 65

 80

100

125

180

250

 65

 80

100

125

125

200

280

 80

100

125

150

140

225

315

100

125

150

200

160

250

450

125

150

200

250

160

355

560

150

200

250

300

250

450

630