>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 8265

:2010

(1)

目  次

ページ

1

  適用範囲

1

1.1

  適用する圧力容器

1

1.2

  圧力容器の範囲

1

2

  引用規格

2

3

  用語及び定義

5

4

  材料

6

4.1

  一般

6

4.2

  鉄鋼材料

7

4.3

  材料の許容応力

8

4.4

  材料の諸特性

9

5

  設計

9

5.1

  一般

9

5.2

  胴及び鏡板

11

5.3

  ふた板

15

5.4

  ボルト締めフランジ

15

5.5

  穴

15

5.6

  管板

15

5.7

  ステーによって支える平鏡板

15

5.8

  伸縮継手

15

6

  溶接

16

6.1

  一般

16

6.2

  溶接継手効率

32

6.3

  突合せ溶接

32

6.4

  プラグ溶接

35

6.5

  胴と管板又は平鏡板との溶接による取付け

35

6.6

  強め輪の溶接

36

6.7

  熱処理

37

6.8

  溶接士

37

7

  製作

37

7.1

  一般

37

7.2

  胴の直径法真円度

37

7.3

  鏡板の製作公差

40

7.4

  ステーの取付け

40

8

  試験及び検査

41

8.1

  突合せ溶接継手の機械試験

41


B 8265

:2010  目次

(2)

ページ

8.2

  溶接継手の非破壊試験

43

8.3

  非破壊試験の方法及び結果の判定基準

44

8.4

  非破壊試験の再試験

45

8.5

  耐圧試験

46

8.6

  漏れ試験

47

8.7

  最終検査

47

9

  安全装置

47

9.1

  一般

47

9.2

  計測用装置

47

10

  表示及び適合性評価

47

10.1

  表示

47

10.2

  適合性評価

47

附属書 A(規定)JIS B 8285 の附属書 に示す 番号と ASME の 番号との対応

48

附属書 B(規定)材料の許容引張応力

49

附属書 C(規定)特定材料

96

附属書 D(規定)材料の機械的性質及び物理的性質

105

附属書 E(規定)圧力容器の胴及び鏡板

121

附属書 F(規定)圧力容器の穴補強

175

附属書 G(規定)圧力容器のボルト締めフランジ

191

附属書 H(規定)全面形非金属ガスケットを用いる全面座フランジ

210

附属書 I(規定)金属面接触フランジ

214

附属書 J(規定)リバースフランジ

231

附属書 K(規定)圧力容器の管板

235

附属書 L(規定)圧力容器のふた板

240

附属書 M(規定)圧力容器のステーによって支える板

246

附属書 N(規定)圧力容器の伸縮継手

250

附属書 O(規定)圧力容器の溶接継手の機械試験

253

附属書 P(規定)圧力容器の耐圧試験

256

附属書 Q(規定)円筒胴のリガメント効率

258

附属書 R

263

附属書 S(規定)溶接後熱処理

264


B 8265

:2010

(3)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人日本規格

協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査

会の審議を経て,厚生労働大臣及び経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって JIS B 8265:2008 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。厚生労働大臣,経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の

特許出願及び実用新案権にかかわる確認について,責任はもたない。

この規格の一部の図・表で

  マークの付いているものは,アメリカ機械学会(The American Society of

Mechanical Engineers)によるアメリカ機械学会ボイラ圧力容器規格(ASME Boiler and Pressure Vessel Code

c  2004)から引用した資料であり,同学会 Codes & Standards Department の文書による承諾を得ている。

ASME から事前に文書による承諾を得ない限り,これら資料を翻訳又は複製してはならない。

“The figures and tables marked with

 in this standard, were adapted from the ASME Boiler and Pressure Vessel

Code 2004  ○

c    by The American Society of Mechanical Engineers with the written consent of the ASME Code &

Standards Department. No additional translation or reproduction may be made of these materials without the prior

written consent of ASME.”


B 8265

:2010  目次

(4)

白      紙


日本工業規格

JIS

 B

8265

:2010

圧力容器の構造−一般事項

Construction of pressure vessel-General principles

1

適用範囲

1.1

適用する圧力容器

この規格は,設計圧力 30 MPa 未満の圧力容器の構造及び取付物について規定する。

ここで,圧力容器とは,圧力を保持する容器,圧力を発生する流体を内蔵する容器,又は外圧を保持す

る容器(以下,圧力容器という。

)をいう。ただし,次の a)∼f)  の圧力容器には適用しない。

注記  圧力とは,特に明記されていない限り,ゲージ圧力を示す。

a)

他の日本工業規格

1)

  に規定する圧力容器

b)

非金属製の圧力容器

c)

原子力関係の圧力容器

d)

リベット構造及びろう付構造の圧力容器

e)

直火を受ける圧力容器

f)

特殊な構造

2)

  又は特殊用途

3)

  の圧力容器

1)

  例を,次に示す。

例 1  JIS B 8267  圧力容器の設計

例 2  JIS B 8266  圧力容器の構造−特定規格

例 3  JIS B 8201  陸用鋼製ボイラ−構造

例 4  JIS B 8240  冷凍用圧力容器の構造

例 5  JIS B 8241  継目なし鋼製高圧ガス容器

例 6  JIS B 8248  円筒形多層圧力容器

例 7  JIS B 8501  鋼製石油貯槽の構造(全溶接製)

2)

  複雑な形状をした圧力容器,低温平底円筒形の貯槽,メンブレン構造の貯槽など。

3)

  油圧機,水圧機,ポンプ,圧縮機,タービン,内燃機関,水圧シリンダ,気圧シリンダなど

の回転機,又は往復機の圧力部。

1.2

圧力容器の範囲

1.2.1

圧力容器の範囲は,圧力容器本体[胴,鏡板,直結する管台(ノズル)など]

,及び次の a)∼c)  に

示す部分とする。

a)

配管との接続部において

1)

溶接継手に対しては,最初の周継手まで(溶接継手は含まない。

2)

ねじ継手に対しては,最初のねじ継手まで。

3)

ボルト締めフランジ継手に対しては,最初のフランジ面まで。

b)

取付物を耐圧部に直接溶接する場合は,溶接継手まで。


2

B 8265

:2010

c)

マンホール,ハンドホールなどの圧力を受けるふた板まで(溶接継手,ボルト,ナット及びガスケッ

トを含む。

1.2.2

バルブを圧力容器の範囲とすることができる。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。

)は適用しない。

JIS B 0190:2010

  圧力容器の構造に関する共通用語

JIS B 2220:2004

  鋼製管フランジ

JIS B 2239:2004

  鋳鉄製管フランジ

JIS B 2240:2006

  銅合金製管フランジ

JIS B 2241:2006

  アルミニウム合金製管フランジ

JIS B 2290:1998

  真空装置用フランジ

JIS B 8210:2009

  蒸気用及びガス用ばね安全弁

JIS B 8226:2000

  破裂板式安全装置

JIS B 8266:2006

  圧力容器の構造−特定規格

JIS B 8285:2010

  圧力容器の溶接施工方法の確認試験

JIS G 0404:2010

  鋼材の一般受渡し条件

JIS G 0581:1999

  鋳鋼品の放射線透過試験方法

JIS G 0582:2004

  鋼管の超音波探傷検査方法

JIS G 0801:2008

  圧力容器用鋼板の超音波探傷検査方法

JIS G 3101:2010

  一般構造用圧延鋼材

JIS G 3103:2007

  ボイラ及び圧力容器用炭素鋼及びモリブデン鋼鋼板

JIS G 3106:2008

  溶接構造用圧延鋼材

JIS G 3114:2008

  溶接構造用耐候性熱間圧延鋼材

JIS G 3115:2010

  圧力容器用鋼板

JIS G 3116:2010

  高圧ガス容器用鋼板及び鋼帯

JIS G 3118:2010

  中・常温圧力容器用炭素鋼鋼板

JIS G 3119:2007

  ボイラ及び圧力容器用マンガンモリブデン鋼及びマンガンモリブデンニッケル鋼鋼

JIS G 3120:2009

  圧力容器用調質型マンガンモリブデン鋼及びマンガンモリブデンニッケル鋼鋼板

JIS G 3126:2009

  低温圧力容器用炭素鋼鋼板

JIS G 3127:2005

  低温圧力容器用ニッケル鋼鋼板

JIS G 3131:2010

  熱間圧延軟鋼板及び鋼帯

JIS G 3201:2008

  炭素鋼鍛鋼品

JIS G 3202:2008

  圧力容器用炭素鋼鍛鋼品

JIS G 3203:2008

  高温圧力容器用合金鋼鍛鋼品

JIS G 3204:2008

  圧力容器用調質型合金鋼鍛鋼品

JIS G 3205:2008

  低温圧力容器用鍛鋼品

JIS G 3206:2008

  高温圧力容器用高強度クロムモリブデン鋼鍛鋼品


3

B 8265

:2010

JIS G 3214:2009

  圧力容器用ステンレス鋼鍛鋼品

JIS G 3452:2010

  配管用炭素鋼鋼管

JIS G 3454:2007

  圧力配管用炭素鋼鋼管

JIS G 3455:2005

  高圧配管用炭素鋼鋼管

JIS G 3456:2010

  高温配管用炭素鋼鋼管

JIS G 3457:2005

  配管用アーク溶接炭素鋼鋼管

JIS G 3458:2005

  配管用合金鋼鋼管

JIS G 3459:2004

  配管用ステンレス鋼管

JIS G 3460:2006

  低温配管用鋼管

JIS G 3461:2005

  ボイラ・熱交換器用炭素鋼鋼管

JIS G 3462:2009

  ボイラ・熱交換器用合金鋼鋼管

JIS G 3463:2006

  ボイラ・熱交換器用ステンレス鋼鋼管

JIS G 3464:2006

  低温熱交換器用鋼管

JIS G 3467:2006

  加熱炉用鋼管

JIS G 3468:2004

  配管用溶接大径ステンレス鋼管

JIS G 3601:2002

  ステンレスクラッド鋼

JIS G 3602:2004

  ニッケル及びニッケル合金クラッド鋼

JIS G 3603:2005

  チタンクラッド鋼

JIS G 3604:2004

  銅及び銅合金クラッド鋼

JIS G 4051:2009

  機械構造用炭素鋼鋼材

JIS G 4053:2008

  機械構造用合金鋼鋼材

JIS G 4107:2010

  高温用合金鋼ボルト材

JIS G 4108:2010

  特殊用途合金鋼ボルト用棒鋼

JIS G 4109:2008

  ボイラ及び圧力容器用クロムモリブデン鋼鋼板

JIS G 4110:2008

  高温圧力容器用高強度クロムモリブデン鋼及びクロムモリブデンバナジウム鋼鋼板

JIS G 4303:2005

  ステンレス鋼棒

JIS G 4304:2010

  熱間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯

JIS G 4305:2010

  冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯

JIS G 4311:2007

  耐熱鋼棒

JIS G 4312:1991

  耐熱鋼板

JIS G 4901:2008

  耐食耐熱超合金棒

JIS G 4902:1991

  耐食耐熱超合金板

JIS G 4903:2008

  配管用継目無ニッケルクロム鉄合金管

JIS G 4904:2008

  熱交換器用継目無ニッケルクロム鉄合金管

JIS G 5101:1991

  炭素鋼鋳鋼品

JIS G 5102:1991

  溶接構造用鋳鋼品

JIS G 5111:1991

  構造用高張力炭素鋼及び低合金鋼鋳鋼品

JIS G 5121:2003

  ステンレス鋼鋳鋼品

JIS G 5122:2003

  耐熱鋼及び耐熱合金鋳造品

JIS G 5131:2008

  高マンガン鋼鋳鋼品


4

B 8265

:2010

JIS G 5151:1991

  高温高圧用鋳鋼品

JIS G 5152:1991

  低温高圧用鋳鋼品

JIS G 5201:1991

  溶接構造用遠心力鋳鋼管

JIS G 5202:1991

  高温高圧用遠心力鋳鋼管

JIS G 5526:1998

  ダクタイル鋳鉄管

JIS G 5527:1998

  ダクタイル鋳鉄異形管

JIS H 3100:2006

  銅及び銅合金の板並びに条

JIS H 3250:2010

  銅及び銅合金の棒

JIS H 3300:2009

  銅及び銅合金の継目無管

JIS H 3320:2006

  銅及び銅合金の溶接管

JIS H 4000:2006

  アルミニウム及びアルミニウム合金の板及び条

JIS H 4040:2006

  アルミニウム及びアルミニウム合金の棒及び線

JIS H 4080:2006

  アルミニウム及びアルミニウム合金継目無管

JIS H 4090:2006

  アルミニウム及びアルミニウム合金溶接管

JIS H 4100:2006

  アルミニウム及びアルミニウム合金の押出形材

JIS H 4140:1988

  アルミニウム及びアルミニウム合金鍛造品

JIS H 4301:2009

  鉛板及び硬鉛板

JIS H 4311:2006

  一般工業用鉛及び鉛合金管

JIS H 4551:2000

  ニッケル及びニッケル合金板及び条

JIS H 4552:2000

  ニッケル及びニッケル合金継目無管

JIS H 4553:1999

  ニッケル及びニッケル合金棒

JIS H 4600:2007

  チタン及びチタン合金−板及び条

JIS H 4630:2007

  チタン及びチタン合金−継目無管

JIS H 4631:2006

  熱交換器用チタン管及びチタン合金管

JIS H 4635:2006

  チタン及びチタン合金の溶接管

JIS H 4650:2007

  チタン及びチタン合金−棒

JIS H 5120:2009

  銅及び銅合金鋳物

JIS H 5121:2009

  銅合金連続鋳造鋳物

JIS H 5202:2010

  アルミニウム合金鋳物

JIS H 5302:2006

  アルミニウム合金ダイカスト

JIS Z 2242:2005

  金属材料のシャルピー衝撃試験方法

JIS Z 2305:2001

  非破壊試験−技術者の資格及び認証

JIS Z 2320-1:2007

  非破壊試験−磁粉探傷試験−第 1 部:一般通則

JIS Z 2320-2:2007

  非破壊試験−磁粉探傷試験−第 2 部:検出媒体

JIS Z 2320-3:2007

  非破壊試験−磁粉探傷試験−第 3 部:装置

JIS Z 2343-1:2001

  非破壊試験−浸透探傷試験−第 1 部:一般通則:浸透探傷試験方法及び浸透指示

模様の分類

JIS Z 3060:2002

  鋼溶接部の超音波探傷試験方法

JIS Z 3080:1995

  アルミニウムの突合せ溶接部の超音波斜角探傷試験方法

JIS Z 3081:1994

  アルミニウム管溶接部の超音波斜角探傷試験方法


5

B 8265

:2010

JIS Z 3082:1995

  アルミニウムの T 形溶接部の超音波探傷試験方法

JIS Z 3104:1995

  鋼溶接継手の放射線透過試験方法

JIS Z 3105:2003

  アルミニウム溶接継手の放射線透過試験方法

JIS Z 3106:2001

  ステンレス鋼溶接継手の放射線透過試験方法

JIS Z 3107:2008

  チタン溶接部の放射線透過試験方法

JIS Z 3121:1993

  突合せ溶接継手の引張試験方法

JIS Z 3122:1990

  突合せ溶接継手の曲げ試験方法

JIS Z 3801:1997

  手溶接技術検定における試験方法及び判定基準

ISO 3183:2007

  Petroleum and natural gas industries−Steel pipe for pipeline transportation systems

ASME B16.5:1996

  管フランジ及びフランジ式管継手

ASME B16.9:1993

  配管用鋼製突合せ溶接式管継手

ASME B16.11:1991

  配管用鋼製差込み溶接式及びねじ込み式管継手

ASME B16.15:1985

  青銅鋳物製ねじ込み式管継手

ASME B16.24:1991

  銅合金鋳物製管フランジ及びフランジ式管継手

ASME B16.28:1986

  配管用鋼製突合せ溶接式 90 度及び 180 度ショートエルボ

ASME B16.47:1996

  大口径鋼製管フランジ(NPS26 から NPS60 まで)

ASME Section II:1998

(1998Addenda を含む。

)ボイラ及び圧力容器規格−材料

ASME Section VIII Division 1:1998

(1998Addenda を含む。

)ボイラ及び圧力容器規格−圧力容器の製作

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0190 によるほか,次による。

3.1

計算厚さ

強度計算上必要とする厚さ。

3.2

厚さ

呼び厚さ及び実際の厚さの総称。

3.3

呼び厚さ

胴,板,管などの厚さの呼び寸法。

3.4

耐圧部分

圧力容器のうち,内面又は外面に 0 MPa を超える圧力を保持する部分及び圧力によって生じる荷重を受

ける強度部材の部分。ただし,次の a)  及び b)  に示す部分を除く。

a)

容器の内部にあって圧力の保持の目的に直接供されない部分(邪魔板,ガイドパイプなど。

b)

耐圧部分に施工されるライニング,めっきなどの強度部材以外の部分。

3.5

設計温度

圧力容器を使用し得る最高及び最低の耐圧部分の金属温度として,開始時,運転時,停止時,異常時,

環境などを考慮して設定する温度。


6

B 8265

:2010

3.6

設計圧力

圧力容器を使用し得る最高圧力(大気圧以下の場合には,最低圧力)

。ただし,熱交換器などの一つの圧

力容器の中に仕切られた複数の圧力室があり,いずれかが大気圧以下の場合には,設計圧力は差圧の最大

値とする。また,複数の圧力室を配管で連結し,配管中に弁類がない場合には,設計圧力は差圧としても

よい。

3.7

炭素鋼

JIS B 8285

表 A.1 に示す P 番号 1 に対応する種類の記号の鋼及びこれらに類する鋼。

なお,

4.1 c)

に規定する特定材料の P 番号及びグループ番号は,

ASME

(The American Society of Mechanical

Engineers)Section II の Part D(1998 年度版で 1998 年 Addenda までを含む。以下同じ。)の規定に従うこ

ととし,JIS B 8285 

表 A.1 は“ASME Section II の Part D”と読み替える(以下同じ。)。JIS B 8285 の表

A.1

に示す P 番号と ASME の P 番号との対応を,この規格の

表 A.1 に示す。

3.8

低合金鋼

JIS B 8285

表 A.1 に示す P 番号 3,4,5(P 番号 5 は,特定材料では P 番号 5A,5B 及び 5C をいう。),

9A 及び 9B に対応する種類の記号の鋼及びこれらに類する鋼。

3.9

ステンレス鋼

JIS B 8285

表 A.1 に示す P 番号 6,7,8A 及び 8B に対応する種類の記号の鋼及びこれらに類する鋼。

4

材料

4.1

一般

圧力容器に使用する材料は,規格材料,同等材料及び特定材料とし,材料一般は,次の a)∼d)  による。

a)

規格材料  規格材料とは,表 B.1,表 B.2,表 B.3 及び表 B.4 に示す材料をいう。

b)

同等材料  同等材料とは,次の 1)∼4)  のいずれかに適合する材料をいう。

1)

規格材料と化学的成分及び機械的性質が同等で,板厚の範囲が異なる材料。ただし,

表 B.1,表 B.2

表 B.3 及び表 B.4 で板厚の範囲の制限が示されている場合には,規格材料の板厚の範囲内だけで同

等材料を用いることができる。

2)

規格材料と化学的成分及び機械的性質が同等で,製造方法又は形状が異なる材料(例えば,鍛造品

と鋼板の違いをいう。

3)

規格材料と化学的成分及び機械的性質が同等で,引用規格の改正年度が異なる材料。

4)

規格材料と化学的成分,機械的性質,試験方法及び試験片採取方法が同等で,規格材料と試験結果

が同等な材料。

c)

特定材料  特定材料とは,次の 1)  及び 2)  の材料をいう。

1)  ASME Section VIII Division 1

(1998 年度版で 1998Addenda までを含む。以下同じ。

)の Part UCS,

Part UNF,Part UHA,Part UCL 及び Part UHT に規定する材料で,次の 1.1)∼1.3)  の条件のすべてを

満足する材料。

1.1)

表 C.1∼表 C.14 に示す材料。

1.2) Part

UG の UG23 に示す許容応力表における材料の引張強さの最小値及び降伏点の最小値を保証値


7

B 8265

:2010

として満足する材料。

1.3)

各 Part の規定文に示す材料の使用制限を満足する材料。

2)

次の 2.1)∼2.7)  に示す規格の管フランジ及び管継手に使用する材料は,

規格に示す ASTM

(American

Society for Testing and Materials)規格の材料で,材料に関する注記及び要求規定を満足し,かつ,表

C.1

表 C.14 に示す材料。この場合,表 C.1∼表 C.13 の材料番号の ASME 規格の記号(SA)は,

ASTM

規格の記号(A)に読み替える。

2.1)  ASME B16.5:1996

  管フランジ及びフランジ式管継手

2.2)  ASME B16.9:1993

  配管用鋼製突合せ溶接式管継手

2.3)  ASME B16.11:1991

  配管用鋼製差込み溶接式及びねじ込み式管継手

2.4)  ASME B16.15:1985

  青銅鋳物製ねじ込み式管継手

2.5)  ASME B16.24:1991

  銅合金鋳物製管フランジ及びフランジ式管継手

2.6)  ASME B16.28:1986

  配管用鋼製突合せ溶接式 90 度及び 180 度ショートエルボ

2.7)  ASME B16.47:1996

  大口径鋼製管フランジ(NPS26 から NPS60 まで)

d)

材料の使用温度範囲  材料の使用温度範囲は,次の 1)  及び 2)  による。ここで,低温使用限界は,別

途定められている規定

4)

による。

4)

  別途定められている規定とは,適用法規又はその他の規格に定める規定をいう。

1)

母材の使用温度範囲  次の 1.1)  又は 1.2)  の使用温度範囲。

1.1)

規格材料及び同等材料は,

表 B.1,表 B.2,表 B.3 及び表 B.4 に示す許容引張応力の使用温度範囲。

1.2)

特定材料は,ASME Section II Part D Table 1A 又は Table 1B の VIII-1 の欄で規定する高温使用限界

を適用する使用温度範囲。

2)

クラッド鋼の使用温度範囲  次の 2.1)  又は 2.2)  の使用温度範囲。

2.1)

合わせ材を強度に算入する場合は,母材又は合わせ材のいずれか低い高温使用限界を適用する使

用温度範囲。

2.2)

合わせ材を強度に算入しない場合は,母材の許容引張応力の使用温度範囲。

4.2

鉄鋼材料

4.2.1

材料の使用制限

材料の使用制限は,次の a)  及び b)  による。

a)

使用制限一般  0.35 %(溶鋼分析値)を超える炭素を含有している材料の場合は,溶接構造に使用し

てはならない。

b)

表 B.1 及び表 B.2 に示す材料の使用制限  表 B.1 及び表 B.2 に示す材料及びこれらの同等材料の使用

制限は,次の 1)  及び 2)  による。

1)  JIS G 3106

(SM400A,SM490A 及び SM490YA を除く。

)及び JIS G 3114(SMA400AW,SMA400AP,

SMA490AW 及び SMA490AP を除く。)の材料は,設計圧力が 3 MPa を超える胴,鏡板及びこれら

に類する部分に使用してはならない。

2)  JIS G 3101

(SS330 及び SS400)

JIS G 3106(SM400A,SM490A 及び SM490YA)

JIS G 3114

(SMA400AW,SMA400AP,SMA490AW 及び SMA490AP)及び JIS G 3457 の材料は,次の 2.1)∼

2.4)

に示す耐圧部分に使用してはならない。

2.1)

設計圧力が 1.6 MPa を超える胴,鏡板及びこれらに類する部分。

2.2)

設計圧力が 1 MPa を超える耐圧部分のうちで,長手溶接継手がある胴及び溶接継手がある鏡板。

2.3)

溶接継手の母材の厚さが 16 mm を超える胴,鏡板及びこれらに類する部分。


8

B 8265

:2010

2.4)

致死的物質又は毒性物質の保有を目的とする胴,鏡板及びこれらに類する部分。

3)  JIS G 3452

の材料は,次の 3.1)∼3.3)  に示す耐圧部分に使用してはならない。

3.1)

設計圧力が 1 MPa を超える耐圧部分。

3.2)

設計温度が 0  ℃未満又は 100  ℃を超える耐圧部分。ただし,圧縮空気,水蒸気又は水を保有する

場合は 200  ℃まで,設計圧力が 0.2 MPa 未満の流体を保有する場合は 350  ℃まで使用できる。

3.3)

致死的物質,毒性物質又は設計圧力が 0.2 MPa を超える液化ガスを保有する耐圧部分。

4.3

材料の許容応力

4.3.1

許容引張応力

設計温度における材料の許容引張応力は,次の a)∼f)  による。

a)

鉄鋼材料の許容引張応力は,

表 B.1 及び表 B.2 に示す。

b)

非鉄金属材料の許容引張応力は,

表 B.3 に示す。

c)

ボルト材料の許容引張応力は,

表 B.4 に示す。

d)

表 B.1,表 B.2,表 B.3 及び表 B.4 において,40  ℃未満の温度における材料の許容引張応力は,40  ℃

以下の欄の値とする。

e)

設計温度における同等材料の許容引張応力は,化学的成分及び機械的性質が同等な規格材料の許容引

張応力とする。

f)

設計温度における特定材料の許容引張応力は,次の 1)  及び 2)  による。

1)

許容引張応力は,ASME Section II Part D に規定する値(単位:ksi)に 6.89 を乗じて得た値の有効

数字 3 けたまでの値[有効数字 4 けた以下の値を切り捨てた値(単位:N/mm

2

]とする。この場合

に,温度は,°F を℃に換算した値の小数点以下 1 けたを四捨五入した値とする。

2)

−29  ℃(−20 °F)未満における許容引張応力は,−29  ℃における許容引張応力の値とする。

4.3.2

許容せん断応力

設計温度における材料の許容せん断応力は,許容引張応力の 0.8 倍とする。

4.3.3

許容圧縮応力

設計温度における材料の許容圧縮応力は,許容引張応力又は許容座屈応力のいずれか小さい値とする。

ここで,許容座屈応力は,次の a)  又は b)  による。

a)

円筒胴

)

/

004

.

0

1

(

3

.

0

y

m

cr

σ

σ

E

D

Et

+

=

ここに,

D

m

胴の平均直径(

mm

E: 設計温度における材料の縦弾性係数(

N/mm

2

t: 胴の計算厚さ(

mm

σ

cr

許容座屈応力(

N/mm

2

σ

y

設計温度における材料の降伏点又は

0.2 %

耐力(

N/mm

2

b

)

管  次の条件式を満足する場合には 1

)

,満足しない場合には 2

)

に示す式による。

条件式

i

kl

E

y

2

2

σ

π

ここに,

a: 管の断面積(mm

2

I: 管の断面二次モーメント(mm

4

i: 管の断面二次半径(mm)


9

B 8265

:2010

a

I

i

/

=

k

管の支持方法による係数で,次の表の左欄に示す支持方法
に対応して,右欄に示す値。

管板間で支持する場合 0.6

管板とバッフル間で支持する場合

0.8

バッフル間で支持する場合 1.0

l

管の支持長さ(

mm

E

及び

σ

y

は,

a)

による。

1)

2

2

cr

2

=

i

kl

E

π

σ

2)





=

y

2

y

cr

2

2

1

2

σ

π

σ

σ

E

i

kl

ここに,  Eiklσ

cr

及び σ

y

は,

a

)  及び

b

)  による。

4.3.4

許容曲げ応力

設計温度における材料の許容曲げ応力は,許容引張応力の値の 1.5 倍とする。ただし,別途定められて

いる規定がある場合は,それによる。

4.4

材料の諸特性

設計温度における材料の諸特性は,次の

a

)∼

g

)  による。

a

)  材料の各温度における縦弾性係数は,

表 D.1

に示す。

b

)  材料の線膨張係数は,

表 D.2

に示す。

c

)  炭素鋼及び低合金鋼の降伏点又は 0.2 %耐力は,

表 D.3

に示す。

d

)  ステンレス鋼の降伏点又は 0.2 %耐力は,

表 D.4

に示す。

e

)  ステンレス鋳鋼の降伏点又は 0.2 %耐力は,

表 D.5

に示す。

f

)  ニッケルクロム鉄合金の降伏点又は 0.2 %耐力は,

表 D.6

に示す。

g

)  非鉄金属材料の各温度における降伏点又は 0.2 %耐力は,

表 D.7

に示す。

5

設計

5.1

一般

5.1.1

設計で使用する寸法

圧力容器の設計で使用する寸法は,腐れ代を除いた状態の寸法を示す。

5.1.2

荷重

設計で考慮すべき荷重には,圧力(内圧又は外圧)に加え,必要に応じて次の荷重を含める。

a

)  自重及び内部流体による荷重

b

)  圧力容器に直接取り付ける配管,附属品などによる荷重

c

)  風,積雪及び地震荷重

d

)  熱(温度)による荷重

e

)  繰返し荷重及び動的荷重


10

B 8265

:2010

f

)  取扱い,輸送,据付けなどによる荷重

5.1.3

最小制限厚さ

耐圧部分の最小制限厚さは,次の

a

)  又は

b

)

に示す厚さとする。ただし,ベローズ形伸縮継手,二重管

式熱交換器の呼び径 150A 以下の内管と外管,及び多管式熱交換器の呼び径 150A 以下の伝熱管には適用し

ない。

a

)

炭素鋼又は低合金鋼

  2.5 mm 以上(腐食又は壊食のおそれがある場合には,3.5 mm 以上。

b

)

ステンレス鋼,ニッケルクロム鉄合金

JIS B 8285

の表 A.1 に示す 番号 43 及び 45

及び非鉄金属

1.5 mm 以上(腐食又は壊食のおそれがある場合には,2.5 mm 以上。)。

c

)  圧力容器の耐圧部分に使用する材料に腐食又は壊食が予測される場合には,適切な腐れ代を設定する。

5.1.4

クラッド鋼

クラッド鋼は,次の

a

)  に示す式によって,合わせ材を強度に算入できる。ただし,クラッド鋼は,次

b

)  に示す規格材料とする。

a

)  合わせ材を強度に算入する場合のクラッド鋼の許容引張応力は,次の式による。

c

b

c

c

b

b

a

t

t

t

t

+

+

=

σ

σ

σ

ここに,

t

b

母材の厚さ(mm)

t

c

合わせ材の厚さ(mm)

σ

a

設計温度におけるクラッド鋼の許容引張応力(N/mm

2

σ

b

設計温度における母材の許容引張応力(N/mm

2

σ

c

設計温度における合わせ材の許容引張応力(N/mm

2

b

)  クラッド鋼は,次の

1

)∼

7

)  に示す規格材料とする。ただし,

5

)∼

7

)  に示すクラッド鋼で合わせ材を

強度に算入する場合には,せん断強さ試験を実施する。

1

)

JIS G 3601

の 1 種

2

)

JIS G 3602

の 1 種

3

)

JIS G 3603

の 1 種

4

)

JIS G 3604

の 1 種

5

)

ASME

Section II

  の SA-263

6

)

ASME

Section II

の SA-264

7

)

ASME Section II

の SA-265

c

)

肉盛溶接

  肉盛溶接部の品質が合わせ材と同等以上の場合には,肉盛溶接部を合わせ材とみなすこと

ができる。

5.1.5

圧力容器に設ける穴

圧力容器に設ける穴は,次の

a

)∼

c

)  による。

a

)  圧力容器には,検査,修理,清掃などに供する穴を設ける。ただし,次の

1

)∼

5

)  に示す圧力容器は,

穴を設けなくてよい。

1

)  胴の内径が 300 mm 以下の圧力容器。

2

)  胴の内径が 500 mm 以下で,外径 40 mm 以上の取り外すことのできる管を 2 個以上設ける圧力容器。

3

)  鏡板,ふた板などを取り外すことができて,鏡板,ふた板などの大きさが

b

)  に示す穴の大きさ以

上の圧力容器。

4

)  気密な構造が要求される圧力容器で,腐食又は壊食のおそれがなく,外径 40 mm 以上の取り外すこ

とのできる管を 2 個以上設ける圧力容器。


11

B 8265

:2010

5

)  熱交換器などで,構造,形状又は用途の関係で,検査,修理,清掃などに供する穴を設ける必要が

ない圧力容器。

b

)

a

)  の穴の数及び寸法は,胴の内径に対応して,次の

1

)∼

3

)  による。

1

)

胴の内径が 300 mm を超え,500 mm 以下の場合

  長径 75 mm 以上,短径 50 mm 以上のだ円形,又

は直径 75 mm 以上の円形の穴を 2 個以上設ける。

2

)

胴の内径が 500 mm を超え,1 000 mm 以下の場合

  長径 375 mm 以上,短径 275 mm 以上のだ円形,

直径 375 mm 以上の円形,又は長径 400 mm 以上,短径 250 mm 以上の長円形の穴(だ円形,円形及

び長円形の穴を以下,マンホールという。

)を 1 個以上設ける。ただし,長径 90 mm 以上,短径 70

mm 以上のだ円形,又は直径 90 mm 以上の円形の穴を 2 個以上設ける場合は,マンホールを設けな

くてもよい。

3

)

胴の内径が 1 000 mm を超える場合

2

)  に示すマンホールを 1 個以上設ける。

c

)  必要がある場合には,ドレン及びベントの穴を設ける。

5.2

胴及び鏡板

5.2.1

内圧を保持する胴

内圧を保持する胴は,次の

a

)∼

d

)  による。

a

)

円筒胴

  円筒胴の計算厚さは,

E.2.2

による。

b

)

球形胴

  球形胴の計算厚さは,

E.2.3

による。

c

)

円すい胴

  円すい胴の形状は,

図 1

に示す。円すい胴の計算厚さは,

E.2.4

による。

d

)

曲げ加工管

  曲げ加工管の計算厚さは,

E.5

による。


12

B 8265

:2010

図中の記号の意味は,E.2.1 による。

図 1

円すい胴の形状

5.2.2

内圧を保持する鏡板

内圧を保持し,ステーによって支えない鏡板は,次の

a

)∼

g

)  による。

a

)  鏡板の形状は,

図 2

に示す。


13

B 8265

:2010

図中の記号の意味は,E.2.1 及び E.3.1 による。

鏡板の形状の制限は,

附属書 の規定による。

図 2

鏡板の形状

b

)  鏡板の一般事項は,次の

1

)∼

3

)  による。

1

)  フランジ部を設ける鏡板[

図 2

a

)∼

c

)  及び

e

)  参照]のフランジ部の計算厚さは,同じ内径の円

筒胴の計算式[

5.2.1 a

)  参照]による。

2

)  円筒胴に鏡板を溶接する場合に必要なフランジ部の長さは,

図 3

に示す長さとする。

3

)  鏡板と厚さの異なる円筒胴との接合は,

6.3.2

による。

c

)  全半球形鏡板[

図 2 a

)  参照]の計算厚さは,

E.3.2

による。

d

)  皿形鏡板[

図 2 b

)  参照]の計算厚さは,

E.3.3

による。

e

)  半だ円形鏡板[

図 2 c

)  参照]の計算厚さは,

E.3.4

による。

f

)  円すい形鏡板[

図 2 d

)  又は

図 2 e

)  参照]の計算厚さは,

E.3.5

による。

g

)  溶接又はねじ込みによって取り付け,ステーによって支えない平鏡板(平板)の計算厚さは,

E.3.6

による。


14

B 8265

:2010

単位  mm

図中の記号の意味は,次による。

t

h

:鏡板の呼び厚さ(mm)    t

s

:胴の呼び厚さ(mm)    d:プラグ溶接の穴底の径(mm)

a)

  テーパを必要としない場合。

b)

  6.3.2 の規定によってテーパを必要とする場合。

c)

  6.3.2 の規定によって全半球形鏡板を胴に取り付ける場合は,次による。

1)

  t

s

又は t

h

≦9.5 mm

2)

  t

s

と t

h

との厚さの差≦2.5 mm

図 3

鏡板フランジ部の必要長さ

5.2.3

外圧を保持する胴

外圧を保持する胴の計算厚さは,次の

a

)∼

c

)  による。


15

B 8265

:2010

a

)  円筒胴の計算厚さは,

E.4.2

による。

b

)  球形胴の計算厚さは,

E.4.3

による。

c

)  円すい胴の計算厚さは,

E.4.4

による。

5.2.4

外圧を保持する鏡板

外圧を保持する鏡板の計算厚さは,次の

a

)∼

d

)  による。

a

)  全半球形鏡板の計算厚さは,

E.4.5 a

)  による。

b

)  皿形鏡板の計算厚さは,

E.4.5 b

)  による。

c

)  半だ円形鏡板の計算厚さは,

E.4.5 c

)  による。

d

)  円すい形鏡板の計算厚さは,

E.4.5 d

)  による。

5.2.5

外圧を保持する胴の補強

外圧を保持する胴の強め材は,次の

a

)  及び

b

)  による。

a

)  円筒胴の強め輪は,

E.4.6

による。

b

)  円筒胴と円すい胴との継手部の強め材,及び円筒胴と円すい形鏡板との継手部の強め材は,

E.4.7

によ

る。

5.2.6

円筒胴のリガメント効率

円筒胴のリガメント効率は,

附属書 Q

による。

5.3

ふた板

ふた板は,次の

a

)∼

c

)  による。

a

)  ボルト締め平ふた板は,

L.3

による。

b

)  はめ込み形円形平ふた板は,

L.4

による。

c

)  フランジ付皿形ふた板は,

L.5

による。

5.4

ボルト締めフランジ

ボルト締めフランジの構造は,次の

a

)

及び

b

)  による。

a

)

JIS B 2220

付表 6

に示す薄形フランジを除く。

JIS B 2239

JIS B 2240

JIS B 2241

JIS B 2290

ASME B16.5

ASME B16.24

及び

ASME B16.47

又はこれらと同等以上の規格のフランジを使用できる。

ただし,材料は,箇条

4

の規定による。

b

)

a

)  に示す規格フランジを使用しない場合には,フランジの応力計算方法は,

附属書 G

J

による。

5.5

耐圧部分に設ける穴は,次の

a

)∼

c

)  による。

a

)

穴の形状,寸法及び補強

  穴の形状,寸法及び補強は,

附属書 F

による。

b

)

溶接継手又は近傍の穴

  溶接継手又は近傍の穴は,

F.12

による。

c

)

管台取付部

  管台及び強め材を取り付ける溶接継手の強度は,

F.13

による。

5.6

管板

管板は,熱交換器,凝縮器などの圧力容器の構造に対応し,次の

a

)  又は

b

)  による。

a

)

ステーによって支えない管板

  ステーによって支えない管板は,

附属書 K

による。

b

)

ステーによって支える管板

  ステーによって支える管板は,

附属書 M

による。

5.7

ステーによって支える平鏡板

ステーによって支える平鏡板は,

附属書 M

による。

5.8

伸縮継手

伸縮継手は,

附属書 N

による。


16

B 8265

:2010

6

溶接

6.1

一般

6.1.1

溶接継手

圧力容器の溶接継手は,次の

a

)  及び

b

)  による。

a

)  溶接継手の引張強さは,母材の材料規格に規定する引張強さの最小値(異材継手の場合は,いずれか

小さい値)以上とする。ただし,アルミニウム及びアルミニウム合金,銅及び銅合金,チタン及びチ

タン合金,又は 9 %ニッケル鋼を母材とする場合には,溶接継手の許容引張応力として母材の許容引

張応力以下の値を使用できる。その場合には,溶接継手の引張強さは,

8.1.2 a

)

  2

)  の溶接継手の許容

引張応力の 4 倍の値以上であればよい。

b

)  溶接継手は,溶込みが十分で,割れがなく,かつ,有害なアンダカット,オーバラップ,クレータ,

スラグ巻込み,ブローホール,ジグ跡などがないように製作する。

6.1.2

溶接の方法

溶接を行う場合は,溶接の方法,母材の種類,溶接材料の種類,予熱の温度,熱処理の方法,シールド

ガスの種類などに対応し,

JIS B 8285

又は別途定められている規定によってあらかじめ確認された溶接施

工方法による。

6.1.3

溶接継手の位置による分類

耐圧部分の溶接継手は,継手の位置によって,次の A,B,C 及び D に分類する。代表的な例を

図 4

示す。

図 4

溶接継手の位置による分類

a

)

分類 A

  次の

1

)∼

3

)  に示す溶接継手は,分類 A の継手とする。

1

)  円筒胴,円すい胴,管台,連結圧力室などの長手継手

注記

  連結圧力室とは,圧力容器の胴又は鏡板と交差して容器に附属する圧力室で,例えば,サ

ンプ,ドームをいう。

2

)  球形胴,鏡板,平鏡板又はふた板の溶接継手

3

)  全半球形鏡板を円筒胴,円すい胴,管台又は連結圧力室に取り付ける周継手

b

)

分類 B

  次の

1

)  及び

2

)  に示す溶接継手は,分類 B の継手とする。

1

)  円筒胴,円すい胴,管台,連結圧力室などの周継手で,円すい胴の大径端又は小径端において,円

筒胴又は管台を接合する溶接継手を含む。

2

)  全半球形鏡板以外の鏡板を円筒胴,円すい胴,管台又は連結圧力室に取り付ける周継手


17

B 8265

:2010

注記

  胴,鏡板などに管台又は連結圧力室を取り付けるためのハブがあり,突合せ溶接する継手

は,分類 B とする[

図 7 e

)  参照]。

c

)

分類 C

  次に示す溶接継手は,分類 C の継手とする。

フランジ,スタブエンド,管板又は平鏡板を円筒胴,円すい胴,鏡板,管台又は連結圧力室に取り

付ける周継手

d

)

分類 D

  次の

1

)  及び

2

)  に示す溶接継手は,分類 D の継手とする。

1

)  管台又は連結圧力室を円筒胴,球形胴,円すい胴,鏡板,平鏡板又はふた板に取り付ける溶接継手

2

)  管台を連結圧力室に取り付ける溶接継手

6.1.4

溶接継手の形式及び使用範囲

溶接継手の形式及び使用範囲は,

表 1

による。また,溶接継手の取付けを

図 5

図 12

に示す。

表 1

溶接継手の形式及び使用範囲

継手の形式

使用範囲

B−1 継手  完全溶込みの突合せ両側溶接継手,又はこれと同

等以上の突合せ片側溶接継手(

注記参照)[図 

a)

図 6 a)  及び図 12 a)  の 1)∼4)  参照]。

分類 A∼分類 D のすべての継手。

B−2 継手  裏当てを用いる突合せ片側溶接継手で,裏当てを

残す継手。裏当ては連続したもので,切れ目は突
合せ溶接する。

なお,

図 の b)  及び c)  に示す突合せ溶接は,

B−2 継手とする。

せぎり溶接を除き,分類 A∼分類 D のすべての継

手。

なお,

図 5 c)  に示すせぎり溶接は,分類 B 及び

分類 C の継手だけに用いる。

B−3 継手  B−1 継手及び B−2 継手以外の裏当てを用いない

突合せ片側溶接継手。

呼び厚さが 16 mm 以下で外径が 610 mm 以下の分

類 A∼分類 C の周継手。

L−1 継手  両側全厚すみ肉重ね溶接継手。

呼び厚さが 10 mm 以下の分類 A,又は呼び厚さが
16 mm 以下の分類 B 及び分類 C の継手。

なお,板の重ねは,内側の板の呼び厚さの 4 倍

以上(最小 25 mm)とする。ただし,胴と鏡板と
の取付けの重ね継手は,

図 5 d)  に示す。

L−2 継手  プラグ溶接を行う片側全厚すみ肉重ね溶接継手

図 5 e)  参照]。

呼び厚さが 12 mm 以下で外径が 610 mm 以下の胴
に,全半球形鏡板以外の鏡板を取り付ける分類 B

の周継手。

なお,プラグ溶接の中心から板の端までの距離

はプラグの穴径の 1.5 倍以上とする。

L−3 継手  プラグ溶接を行わない片側全厚すみ肉重ね溶接継

手[

図 5 f)  参照]。

1)

外圧を保持する場合,呼び厚さが 16 mm 以下

の胴に鏡板を取り付ける分類 A 及び分類 B の

周継手[

図 5 f-3)  参照]。

2)

計算厚さ 6 mm 以下で内径 610 mm 以下の胴に

鏡板を取り付ける分類 A 及び分類 B の周継手

図 の f-1)及び f-2)  参照]。

FP 継手

完全溶込みの開先溶接で二つの部材を L 形又は T

形に互いに直角に接合するすみ角部の溶接継手

図 の b-1)∼b-3),図 8,図 9,図 11 の a-1),b-1),

c-1)

図 12 a)  の 5)∼8)及び図 12 b) 1)  参照。この

うち,

図 6 b-2) 2-2)  及び図 は FW 継手との併用

を示す。

分類 C 及び分類 D のすべての溶接継手。

なお,FP 継手は,FW 継手と併用してもよい。


18

B 8265

:2010

表 1

溶接継手の形式及び使用範囲

続き

継手の形式

使用範囲

PP 継手

部分溶込みの開先溶接で二つの部材を L 形又は T

形に互いに直角に接合するすみ角部の溶接継手

図 10 a)  の 2),4)∼9),図 10 b)  の 1)∼3),図 11 

c-2)

e),

図 12 a)  の 9-1),9-2),10-1),10-2),11-1),

11-2)

図 12 b)  の 2) 2-3),2-4),3-1),3-2),4-1),

4-2)

5-1)及び 5-2)  参照。このうち,

図 10 a)  の

2)

4)∼9),

図 11 c-2),図 12 a)  の 9-1),9-2),図

12 b)

の 2) 2-3),2-4),3-1),3-2)  は FW 継手との

併用を示す。

分類 C 及び分類 D の溶接継手。

なお,PP 継手は,FW 継手と併用してもよい。

FW 継手

溶接断面がほぼ三角形のもので,二つの面をほぼ

直角に互いに接合するすみ肉溶接継手[

図 6 b-4),

図 10 a)  の 1),3),10),11),b) 4),図 11 の a-2),
b-2)

d),

図 12 b)  の 2) 2-1),2-2)  参照。]。ただし,

L−1 継手,L−2 継手及び L−3 継手に規定するも
のを除く。

分類 C 及び分類 D の溶接継手。

注記  完全溶込みの突合せ両側溶接継手と同等以上の突合せ片側溶接継手とは,次の a)  及び b)  をいう。

a)

裏波溶接,融合インサートなどを用いる方法によって十分な溶込みが得られ,裏側の滑らかな突合せ片
側溶接継手。ただし,融合インサートが残っていてはならない。

b)

裏当てを用いて溶接した後,これを除去し,母材と同一面に仕上げた突合せ片側溶接継手。

6.1.5

隣接する長手継手間の距離

2 個以上の胴を組み立てる場合,隣接する胴のそれぞれの長手継手の中心間の距離は,母材の厚いほう

の呼び厚さの 5 倍以上とする。ただし,長手継手を周継手との交差部から 100 mm の長さについて放射線

透過試験を行い,判定基準を満足する場合には,この制限は受けないが,長手継手と周継手とが交差する

溶接は避けなければならない。


19

B 8265

:2010

単位  mm

図中の記号の意味は,次による。

t

h

:鏡板の呼び厚さ(mm)

t

s

:胴の呼び厚さ(mm)

d:プラグ溶接の穴底の径(mm)

a)

  6.3.2 の規定によってテーパを必要としない場合。

b)

  6.3.2 の規定によってテーパを必要とする場合。

c)

  B−2 継手で裏当てを用いる場合。

d)

  c)  の胴との突合せ溶接は,鏡板をはめ込んだ後に行う。また,全半球形鏡板を胴に取り付ける場合は,次によ

る。

1)

  t

s

又は t

h

≦9.5 mm

2)

  t

s

と t

h

との厚さの差≦2.5 mm

図 5

胴と鏡板との取付け

B

1L継手


20

B 8265

:2010

単位  mm

図中の記号の意味は,次による。

t

s

  :胴の呼び厚さ(mm)

t

:管板又は平鏡板の計算厚さ(mm)

r

:管板又は平鏡板のすみの丸みの半径(mm)

et

f

 :図に示す寸法(mm)

厚さの異なる部材の溶接は,6.3.2 による。

a)

  胴とハブ付管板又は平鏡板との突合せ溶接による取付け(B1B及び B継手) 

図中の記号の意味は,次による。

t

s

  :胴の呼び厚さ(mm)

t

c

  :すみ角部溶接ののど厚(mm)で,1.4t

r

又は 0.7t

s

のいずれか小さい値以上とする。

t

r

:胴又は管台の計算厚さ(mm)

b-1)

  両側溶接の完全溶込みの開先溶接による取付け(FP 継手) 

図 6

胴と管板又は平鏡板との取付け


21

B 8265

:2010

単位  mm

図中の記号の意味は,次による。

t

s

及び は,a)  による。

t

c

及び t

r

は,b-1)  による。

t

p

  :t

s

又は 6 mm のいずれか小さい値以上

1)

で t

s

<1.25t

r

  の場合は,b-1) 1-1)  とする。

b-2)

  片側溶接の完全溶込みの開先溶接による取付け(FP 継手) 

ab≧2t

s

t

c

は 0.7t

s

又は 1.4t

r

のいずれか小さい値以上とする。

図中の記号の意味は,次による。

t

s

及び は,a)  による。

t

c

及び t

r

は,b-1)  による。

b-3)

  胴とボルト締めフランジ付管板との片側溶接の完全溶込みの開先溶接による取付け(FP 継手) 

図 6

胴と管板又は平鏡板との取付け

続き


22

B 8265

:2010

単位  mm

4)

においては,ab≧2t

s

t

c

は 0.7t

s

又は 1.4t

r

のいずれか小さい値以上とする。

図中の記号の意味は,次による。

t

s

及び は,a)  による。

t

c

は,b-1)  による。ただし,1)  及び 2)  は 0.7t

s

以上とする。

b-4)

  すみ肉溶接による取付け(FW 継手) 

b)

  胴と管板又は平鏡板との取付け(FP 及び FW 継手) 

図 6

胴と管板又は平鏡板との取付け

続き


23

B 8265

:2010

単位  mm

図中の記号の意味は,次による。

t

:胴又は鏡板の呼び厚さ(mm)

t

n

  :管台の呼び厚さ(mm)

t

m

  :すみ肉,片面 V 形又は J 形開先で溶接される部材の薄い方の厚さ又は

  19 mm のいずれか小さい値

r

1

  :0.25又は 19 mm のいずれか小さい値以上

r

2

  :19 mm 以上

図 7

管台などの突合せ溶接による取付け

B

継手


24

B 8265

:2010

単位  mm

図中の記号の意味は,次による。

t

:胴又は鏡板の呼び厚さ(mm)

t

n

  :管台などの呼び厚さ(mm)

t

c

  :すみ肉溶接ののど厚(mm)で,6 mm 又は 0.7t

n

の小さい値以上

r

1

  :1/8 tr

1

≦1/2t

r

2

  :19 mm 以上

r

4

  :6 mm 以上

a)

  裏当てを残してもよい。

図 8

管台などの完全溶込み溶接による取付け

FP

継手


25

B 8265

:2010

単位  mm

図中の記号の意味は,次による。

t

:胴又は鏡板の呼び厚さ(mm)

t

n

  :ノズルなどの呼び厚さ(mm)

t

e

  :強め材の呼び厚さ(mm)

t

1

t

c

t

w

:すみ肉溶接ののど厚(mm)

t

1

は,0.5 t

m

 mm とする。

t

m

は,すみ肉,レ形開先又は片面 J 形開先で溶接される部材の薄いほうの厚さ,又は 19 mm

のいずれか小さい値とする。

t

c

は,6 mm 又は 0.7t

m

のいずれか小さい値以上とする。

a)

  裏当てを使用した場合は,溶接後除去しなくてもよい。

図 9

強め材付管台などの完全溶込み溶接とすみ肉溶接とを併用した取付け

FP

継手+FW 継手


26

B 8265

:2010

単位  mm

 

a)

  両側溶接による取付け 

図 10

管台などの部分溶込み溶接

PP

継手

及びすみ肉溶接

FW

継手

による取付け

図中の記号の意味は,次による。

t

:胴又は鏡板の呼び厚さ(mm)

t

e

  :強め材の呼び厚さ(mm)

t

n

  :管台などの呼び厚さ(mm)

t

1

t

2

t

c

t

w

:すみ肉溶接ののど厚(mm)

1)

4)  において,

t

1

t

2

≧1.25t

m

ここに,t

1

及び t

2

は,6 mm 又は 0.7t

m

のいずれか小さい値以上と

する。

t

m

は,すみ肉,レ形開先又は片面 J 形開先で溶接される部材の

薄いほうの厚さ,又は 19 mm のいずれか小さい値とする

t

c

は,6 mm 又は 0.7t

m

のいずれか小さい値以上とする。


27

B 8265

:2010

単位  mm

図中の記号の意味は,次による。

t

n

  :管台などの呼び厚さ(mm)

t

c

  :すみ肉溶接ののど厚で,6 mm 又は 0.7t

m

の小さい値以上

r

1

  :1/8 tr

1

≦1/2t

は管台外径と穴内径との半径方向の最大すき間で,次による。

a)

荷重を受けない場合,G=最大 3 mm

b)

荷重を受ける場合,

D

o

≦25 mm の場合

G=0.13 mm

25 mm<D

o

≦100 mm の場合

G=0.25 mm

100 mm<D

o

≦170 mm の場合  :G=0.38 mm

管の呼び径は,6B 以下とする。

穴補強の計算において 3)  又は 4)  の場合に差し込む管は補強の一部に算入しない。

b)

  片側溶接による取付け 

図 10

管台などの部分溶込み溶接

PP

継手

及びすみ肉溶接

FW

継手

による取付け

続き


28

B 8265

:2010

単位  mm

図中の記号の意味は,次による。

t

:胴又は鏡板の呼び厚さ(mm)

t

e

  :管継手のフランジ部の厚さ(mm)

t

c

t

1

t

2

t

3

及び t

w

:すみ肉溶接ののど厚(mm)

t

m

  :すみ肉,レ形開先又は片面 J 形開先で溶接される部材の薄いほうの厚さ,

  又は 19 mm のいずれか小さい値

t

c

t

1

t

2

及び t

3

は,次による。

t

c

  :6 mm 又は 0.7 t

m

のいずれか小さい値以上とする。

t

1

及び t

2

:6 mm 又は 0.7 t

m

のいずれか小さい値以上とする。

t

3

  :0.5 t

m

以上とする。

図 11

内ねじ付管継手の取付け


29

B 8265

:2010

単位  mm

図中の記号の意味は,次による。

r

:すみの丸みで 0.25g

0

以上(mm)

。ただし,4.5 mm 以上とする。

t

n

  :胴又は管台の呼び厚さ(mm)

c

t

n

又は t

x

のいずれか小さい値以上(mm)

t

x

  :一体形フランジとして計算する場合は 2g

0

(mm)

。ただし,6 mm 以上とする。

h

:ハブの長さ(mm)

g

0

  :ハブ先端の厚さ又は t

n

(mm)

g

1

  :フランジ背面のハブの厚さ(mm)

a)

  一体形フランジ 

図 12

胴又は管台とフランジとの取付け


30

B 8265

:2010

単位  mm

図中の記号の意味は,次による。

c

t

n

又は t

x

のいずれか小さい値(mm)

t

n

  :胴又は管台の呼び厚さ

t

x

  :一体形フランジとして計算する場合は 2g

0

(mm)

。ただし,6 mm 以上とする。

g

0

  :ハブ先端の厚さ又は t

n

(mm)

a)

  一体形フランジ(続き) 

図中の記号の意味は,次による。

c

t

n

又は t

x

のいずれか小さい値(mm)

t

n

  :胴又は管台の呼び厚さ

t

x

  :内圧に対する胴又は管台の計算厚さの 2 倍(mm)。ただし,6 mm 以上とする。

a)

  ラップ(t

1

)と胴又は管台(t

n

)との完全溶込み溶接を行うため,t

1

又は t

n

の全厚にわたっ

て溶接してよい。ガスケットの当たり面は機械仕上げをする。

1)

  ラップジョイント形フランジ 

b)

  ルーズ形フランジ 

図 12

胴又は管台とフランジとの取付け

続き


31

B 8265

:2010

単位  mm

図中の記号の意味は,次による。

c

t

n

又は t

x

のいずれか小さい値(mm)

t

n

  :胴又は管台の呼び厚さ

t

x

  :内圧に対する胴又は管台の計算厚さの 2 倍(mm)。ただし,6 mm 以上とする。

2)

  差込み形フランジ 

b)

  ルーズ形フランジ(続き) 

図 12

胴又は管台とフランジとの取付け

続き


32

B 8265

:2010

6.2

溶接継手効率

溶接継手効率(η)は,継手の種類及び放射線透過試験の区分によって,次の

a

)∼

c

)  による。

a

)  突合せ溶接部について,100 %放射線透過試験を行う B−1 継手及び B−2 継手の η は,

表 2

a

)  欄の

値以下とする。

b

) 20

%放射線透過試験を行う B−1 継手及び B−2 継手の η は,

表 2

b

)  欄の値以下とする。

c

)  放射線透過試験なしの場合,B−1 継手,B−2 継手,B−3 継手,L−1 継手,L−2 継手及び L−3 継

手の η は,

表 2

  の

c

)  欄の値以下とする。

表 2

溶接継手効率

η

継手の形式

溶接継手効率(η

放射線透過試験の割合

a) 100 %

b) 20 %

c)

なし

B−1 1.00 0.95 0.70 
B−2 0.90 0.85 0.65 
B−3

− 0.60

L−1

− 0.55

L−2

− 0.50

L−3

− 0.45

6.3

突合せ溶接

6.3.1

突合せ溶接継手端面の食違い

突合せ溶接継手端面の食違いは,

6.1.3

の溶接継手の位置による分類に対応して

表 3

に示す許容値以下と

する。

表 3

突合せ溶接継手端面の食違いの許容値

薄いほうの母材の呼び厚さ t

mm

食違いの許容値

溶接継手の位置による分類

分類 A

分類 B

              t≦50

t /4(最大 3.5 mm)

t /4(最大 5.0 mm)

          50<t

t /16(最大 9.0 mm)

t /8(最大 19 mm)

6.3.2

厚さが異なる部材の突合せ溶接継手

厚さが異なる部材の突合せ溶接継手は,次の

a

)∼

d

)  による。

なお,

a

)∼

d

)  は,円筒胴又は球形胴の厚さの異なる母材の突合せ溶接継手におけるテーパ部及び鏡板の

分類 A の継手におけるテーパ部にも適用する。ただし,突合せ溶接フランジのハブのテーパには適用しな

い。

a

)  端面の食違いが,薄いほうの母材の呼び厚さ の 1/4 又は 3.5 mm のいずれか小さい値を超える場合に

は,

図 13

によってテーパ部を設ける。テーパを必要とする長さは,片側面における厚さの差の 3 倍以

上とする。

b

)  溶接継手の一部又はすべてをテーパの一部とすることができる。

c

)  テーパ部を厚いほうの母材を削って形成する場合,テーパ部の最小厚さは,計算厚さ以上とする。

d

)  厚さの異なる胴と鏡板との突合せ溶接継手は,

a

)∼

c

)  によるほか,次の

1

)∼

3

)  による。


33

B 8265

:2010

1

)

図 14

による。

2

)  鏡板が胴よりも厚く,かつ,テーパが必要な場合[

図 14

c

)  及び

d

)  参照]は,テーパ部がタン

ジェントラインを越えないようにする。

3

)  胴と鏡板とのそれぞれの厚さの中心線の食違いは,胴と鏡板との呼び厚さの差の 1/2 以下とする。

a)

及び b)  は周継手の例を示す。

テーパは,外面又は内面のいずれでもよい。

テーパ部を必要とする長さ のうちに溶接継手を含めてもよい。

図中の記号の意味は,次による。

l

:テーパ部を必要とする長さ(mm)

Y  :片側面における厚さの差(mm)

図 13

厚さの異なる部材の突合せ溶接継手の例

図 14

厚さの異なる胴と鏡板との突合せ溶接継手


34

B 8265

:2010

c)

及び d)  のテーパは,外面又は内面のいずれでもよい。

テーパ部を必要とする長さ のうちに溶接継手を含めてもよい。 
図中の記号の意味は,次による。

l

:テーパ部を必要とする長さ(mm)

t

s

:胴の呼び厚さ(mm)

t

h

:鏡板の呼び厚さ(mm)

Y

:片側面における厚さの差(mm)

図 14

厚さの異なる胴と鏡板との突合せ溶接継手

続き

6.3.3

余盛の高さ及び仕上げ

突合せ溶接継手は,溶接開先が完全に溶接金属で埋められる必要があるが,溶接表面は隣接する母材の

表面より低くならないように余盛を付けてもよい。

なお,溶接表面は溶接状態のままでもよいが,放射線透過試験などの非破壊試験で正しい評価が得られ

るように,粗いビード波形,急激な隆起,谷部などがない形状とする。ただし,放射線透過試験を実施す

る場合の余盛高さ及び仕上げは,次の

a

)  及び

b

)  による。

a

)  余盛の高さは,母材の呼び厚さ(母材の厚さが異なる場合にあっては,薄いほうの厚さ)の区分に応

じ,

表 4

及び

表 5

に示す値以下とする。

表 4

余盛の高さ

アルミニウム及びアルミニウム合金以外の場合

単位  mm

母材の呼び厚さ  t

余盛の高さ

t≦12 1.5

12<t≦25 2.5 
25<t≦50 3.0 
50<t≦100 4.0

100<t 5.0


35

B 8265

:2010

表 5

余盛の高さ

アルミニウム及びアルミニウム合金の場合

単位  mm

母材の呼び厚さ  t

余盛の高さ

t≦6 2.0

6<t≦15 3.5

15<t≦25 5.0 
25<t 7.0

b

)

仕上げ

  溶接継手の止端は,母材の表面と段が付かないように滑らかに仕上げる。

6.4

プラグ溶接

プラグ溶接を

6.1.4

の L−2 継手に用いる場合は,次の

a

)∼

e

)  による。

a

)  プラグ溶接は,それぞれのプラグ溶接部が荷重を均等に分担するように配置する。プラグ溶接部の分

担荷重の合計は,全荷重の 30 %以下とする。

b

)  プラグ溶接の穴径は,t+6 mm 以上で,2t+6 mm 以下とする。ここに,は穴のある板又は取付部材

の呼び厚さ(mm)である。

c

)  部材の呼び厚さが 8 mm 以下の場合は,プラグ溶接の穴は完全に溶接金属で埋める。呼び厚さが 8 mm

を超える場合は,呼び厚さの 1/2 又は穴径の 1/3 のいずれか大きい値の厚さまで穴を溶接金属で埋め

る。ただし,穴埋めした溶接部の厚さは 8 mm 以上とする。

d

) 1 個のプラグ溶接部が分担する荷重は,次の式による。

(

)

2

a

6

63

.

0

=

d

P

σ

ここに,

d: 穴の径(mm)

P: 1 個のプラグ溶接部の分担する荷重(N)

σ

a

設計温度における材料の許容引張応力(N/mm

2

e

)  プラグ溶接を行う場合は,穴底周辺の溶接を最初に行う。

6.5

胴と管板又は平鏡板との溶接による取付け

胴と管板又は平鏡板との溶接による取付けは,次の

a

)∼

c

)  による。

a

)  胴と管板又は平鏡板との溶接による取付けは,

図 6

に示す。また,鍛造板又は圧延板を材料とする管

板又は平鏡板の溶接継手では,管板又は平鏡板の厚さが 13 mm 以上の場合に,

図 6

図 b-1

)  の

1-1

),

2

)  及び

図 b-2

)  の

1

),

2-1

),

2-2

)  参照]に示す管板又は平鏡板の開先面について,溶接前に磁粉探傷

試験又は浸透探傷試験を行う。さらに,切断面のうちで溶接に供さない部分及び

図 6

図 b-1

)  の

1-1

),

1-2

),

2

),

図 b-2

)  の

1

),

2-1

),

2-2

),

3

)  及び

図 b-4

)

 3

)  参照]に示す管板又は平鏡板の周縁部について,

溶接後に磁粉探傷試験又は浸透探傷試験を行う。ただし,圧力による荷重の 80 %以上が管,ステーな

どで支えられる場合には,溶接前後の磁粉探傷試験又は浸透探傷試験は行わなくてもよい。

b

)  ハブ付き管板又はハブ付き平鏡板のハブの部分は,次の

1

)  又は

2

)  の製造方法に対応した機械試験を

行い,判定基準を満足しなければならない。

なお,

図 6 a

)  の

1

)∼

4

)  に示すハブ部の近接によってハブの軸に平行に採取する。

1

)  一体で鍛造する場合及び鍛造材から機械加工する場合は,ハブ部の近傍から引張試験片を 1 個採取

して引張試験を行い,引張強さ,降伏点(又は耐力)及び伸びが材料規格に規定する最小値以上で

ある。

2

)  板から機械加工する場合は,ハブ部の近傍から引張試験片を 2 個(1 個は圧延時の板幅の中心で板

厚の 1/3 の位置から,もう 1 個は周方向に 90 度回転した位置から採取する。

)採取して引張試験を


36

B 8265

:2010

行い,引張強さ及び降伏点(又は耐力)が材料規格の最小値以上で,かつ,絞りが 30 %以上(材料

規格の最小値が 30 %を超える場合には,最小値以上)である。

c

)  ハブ付き管板又はハブ付き平鏡板のハブの部分(板から機械加工する場合に限る。)は,ハブの半径方

向及び軸方向の 2 方向からハブ部の全体積について

JIS G 0801

に従って超音波探傷試験を行い,次の

1

)  及び

2

)  の判定基準を満足しなければならない。

1

)  対比試験片の底面エコーの 60 %より大きい底面エコーの損失を伴う欠陥指示がない。

2

)  対比試験片の底面エコーの 40 %より大きいが,底面エコーの損失が 40 %以下である。

6.6

強め輪の溶接

外圧を保持する円筒胴,

円すい胴及び円筒胴と円すい胴との接続部に強め輪を溶接で取り付ける場合は,

強め輪の全周を片側から行う完全溶込み溶接又は強め輪の両側に行う溶接とする。ただし,強め輪の両側

を溶接する場合には,次の

a

)  及び

b

)  による。

a

)  強め輪を胴に接触させて溶接する。

b

)  連続溶接又は断続溶接とする。ただし,断続溶接で取り付ける場合には,溶接金属部の長さの合計は

胴の外周の 1/2(胴の内側に強め輪を取り付ける場合は,1/3)以上,かつ,

a

)  に隣接する溶接金属部

間の間隔は,

図 15

に示すように胴の厚さの 8 倍(胴の内側に強め輪を取り付ける場合は 12 倍)以下

とする。また,片側を連続溶接,他方の側を断続溶接で取り付ける場合には,

図 15 a

)

 3

)  による。

単位  mm

a)

  胴の外側に強め輪を取り付ける場合    S≦8t

胴の内側に強め輪を取り付ける場合    S≦12t

b)

  3)  の場合の t

w

は,25 mm 以下とする。

a)

  断続溶接を行う場合の溶接間隔 

図 15

強め輪の溶接方法


37

B 8265

:2010

図 15 a) 3)  を用いる場合は,又は t

w

は,25 mm 以下とする。

b)

  溶接形状 

図 15

強め輪の溶接方法

続き

6.7

熱処理

溶接継手は,

附属書 S

の規定に従って溶接後熱処理を行う。

6.8

溶接士

溶接士は,法規によって定められた試験,

JIS Z 3801

の試験又はその他の試験によって一定の水準の技

量が確認された有資格者とする。また,溶接に従事した溶接士は,確認できるように記録する。

7

製作

7.1

一般

a

)  圧力容器に使用する材料は,材料試験成績書(ミルシート)と照合できる方法によって,圧力容器の

完成時点でも識別ができるように管理する。

b

)  製作は,材料の特性を損なわない適切な方法によって行う。

なお,圧力容器の製作過程で材料の機械的性質が損なわれる場合には,製作終了後に回復のための

処置を行う。

c

)  材料の切断,成形などの加工は,材料の特性を損なわず,かつ,使用上有害な欠陥を生じない方法に

よって行う。

なお,加工によって材料の特性を損なうか又は有害な欠陥が生じる場合には,回復又は除去の処置

を行う。

7.2

胴の直径法真円度

7.2.1

一般

胴の直径法真円度は,次の

7.2.2

及び

7.2.3

による。

7.2.2

内圧を保持する胴の直径法真円度

内圧を保持する胴の直径法真円度は,次の

a

)∼

c

)  による。


38

B 8265

:2010

a

)  胴の軸に垂直な断面での設計図に記載された公差なしの内径(以下,内径という。)に対する最大内径

と最小内径との差は,すべての断面において,その断面における内径の 1 %以下の値とする(

図 16

照)

。ここで,直径は内径又は外径で測定してよい。

b

)  断面が胴に設けた穴を通る場合,又は断面から穴の中心までの距離が穴の内径寸法以内である場合は,

a

)  においてその断面における内径の 1 %に穴の内径の 2 %を加えた値以下とする。

直径法真円度=最大内径−最小内径(mm)

図 16

胴の直径法真円度

c

)  重ね長手継手のある胴の場合には,

a

)  において,

a

)  から求まる直径法真円度(

図 16

参照)に胴の呼

び厚さ(mm)を加えた値以下,

b

)  において,

b

)  から求まる直径法真円度に胴の呼び厚さを加えた値

以下とする(

図 17

参照)

直径法真円度=最大内径−最小内径(mm)

図 17

重ね長手継手のある胴の直径法真円度

7.2.3

外圧を保持する胴の偏差

外圧を保持する胴の軸に垂直なすべての断面における偏差は,

7.2.2 a

)  によるほか,次の

a

)∼

c

)  による。

a

)  真円に対する(+)又は(−)の偏差の許容値(mm)は,

図 18

で得られる の値(重ね長手継手の

ある胴の場合は,に胴の呼び厚さを加えた値)とする。

なお,

図 18

において,曲線群の上側領域は e=1.0 t,下側領域は e=0.20 とする。

b

)  真円に対する偏差の計測方法の例を,

図 19

に示す。測定位置は胴の内面又は外面とし,溶接継手など

の局所的に厚さが異なる箇所では測定しない。

c

)  厚さの異なる断面においては,最も薄い胴の呼び厚さを用いる。


39

B 8265

:2010

図中の記号の意味は,次による。

D

o

:円筒胴及び球形胴の場合は胴の外径,円すい胴の場合は次の a)∼c)  の値(mm)

a)

大径端部  D

o

D

L

b)

小径端部  D

o

D

s

c)

円すい部  D

o

D

x

L:胴の設計長さで,円筒胴は E.4 に規定する値,球形胴は 0.5D

o

の値,円すい胴は次の a)∼c)  の値(mm)

a)

大径端部  LL

e

b)

小径端部  LL

e

(D

L

/D

s

)

c)

大径端部と小径端部との間の外径 D

x

の任意の位置  LL

e

(D

L

/D

x

)

ここに,L

e

=0.5L(1+D

s

/D

L

)

t:胴の呼び厚さから腐れ代を除いた厚さ(mm)。ただし,円すい胴の場合は,tcosθ とする。

ここに,D

L

D

s

及び θ は E.4.1 の記号の意味に従い,D

x

は円すい部の測定位置での外径を表す。

注記  中間の値は,補間によって求める。

図 18

外圧を保持する胴の真円に対する偏差の許容値 e 

真円に対する(+)又は(−)の偏差は,図に示すように弓形の型板を用いて胴の内側又

は外側から半径方向に計測する。

真円に対する偏差の計測に用いる型板の弦の長さは,

図 20 に示す弧の長さの 2 倍にとる。

図 19

真円に対する偏差の計測方法の例


40

B 8265

:2010

図中の記号の意味は,

図 18 による。

注記  中間の値は,補間によって求める。

図 20

真円に対する偏差を計測するための最大弧長

7.3

鏡板の製作公差

鏡板の製作公差は,次の

a

)∼

d

)  による。

a

)  内圧を保持する端部に丸みのある円すい形,全半球形,皿形又は半だ円形の鏡板の内面は,丸みの半

径に沿って正規の形状とのすき間を内側及び外側で測定し,規定の寸法から の±1.25 %の公差とす

る。ここに,は鏡板を取り付ける胴の設計内径である。また,鏡板のすみの丸みの半径は,設計寸

法以上とする。

b

)  外圧を保持する全半球形,皿形又は半だ円形の鏡板で球の一部になっている部分には,

a

)  に加え

7.2.3

も適用する。ただし,L/D

o

=0.5 とする。

c

)

a

)  及び

b

)  によるすき間の測定は,母材の内外面で行い,溶接継手などで行わない。

d

)  鏡板の端部の円筒部の真円度は,

7.2

による。

7.4

ステーの取付け

ステーの取付けは,次の

a

)∼

h

)  による。

a

)  板にステーとしての棒を溶接によって取り付ける場合は,

図 21 a

)∼

d

)  による。ただし,

図 21 b

)  に

よる場合には,ステーの軸に平行にせん断力の作用する溶接面の面積は,ステーの必要最小断面積の

1.25 倍以上とする。

b

)  ステーを板にねじ込みで貫通させて取り付ける場合は,次の

1

)∼

4

)  のいずれかの方法による。

1

)  二つ以上のねじ山を板面から出して,ねじ山をかしめる。


41

B 8265

:2010

2

)  ステー径の 1.3 倍以上の頭部を付し,頭部が板面上で荷重を支える。

3

)  板の外面にナットを取り付ける。

4

)  板の内外面に座金なしでナットを取り付ける。

c

)  板又は胴にねじ穴の付いた板(円形又は長方形)を溶接によって取り付け,これらにねじ構造の棒を

ステーとして取り付ける場合は,

図 21 e

)  による。

d

)  ステー径の 1.3 倍以上の頭部を付したステーをテーパかん合によって取り付け,頭部が板面上で荷重

を支える方法による。

e

)  ステーボルトを用い,板の内外面にナットを取り付け,外面だけに座金を取り付ける方法による。

f

)  斜めステーの鏡板の内面への取付けは,すみ肉溶接によって行わない。

g

)  斜めステーを胴の内面にすみ肉溶接によって取り付ける場合は,ステーの溶接される部分の断面積及

び胴の軸に平行に測ったすみ肉ののど部の断面積は,ステーの必要断面積の 1.25 倍以上とする。

h

)  ガセットを斜めステーとして,平鏡板の内面に溶接によって取り付ける場合は,K 形又はレ形の全周

溶接とする。

単位  mm

図中の記号の意味は,次による。

    d:ステーの直径(mm) 
    t:板の呼び厚さ(mm)

図 21

ステーとしての棒の溶接による取付け

8

試験及び検査

8.1

突合せ溶接継手の機械試験

8.1.1

機械試験の要否

機械試験は,突合せ溶接継手の場合に要求する。


42

B 8265

:2010

8.1.2

機械試験の方法及び結果の判定基準

機械試験の方法及び結果の判定基準は,

附属書 O

及び次の

a

)∼

d

)  によるか,又は別途定められている

規定による。

a

)

継手引張試験

  継手引張試験の結果の判定基準は,次の

1

)∼

3

)  による。

1

)  試験結果の引張強さは,母材の材料規格に規定する引張強さの最小値(異材継手の場合は,低いほ

うの値)以上とする。ただし,試験片が母材で破断した場合,得られた引張強さが母材の材料規格

に規定する引張強さの最小値の 95 %以上で,かつ,溶接継手に有害な割れなどがなければ,試験結

果は合格とする。

2

)  アルミニウム及びアルミニウム合金,銅及び銅合金,チタン及びチタン合金,又は 9 %ニッケル鋼

を母材とする場合には,溶接継手の許容引張応力として母材の許容引張応力以下の値を使用できる。

その場合は,試験結果の引張強さが溶接継手の許容引張応力の 4 倍の値以上であれば合格とする。

ただし,試験片が母材で破断した場合,引張強さが母材の材料規格に規定する引張強さの最小値の

95 %以上で,かつ,溶接継手に有害な割れなどがなければ,試験結果は合格とする。

3

)  継手引張試験を分割して行った場合は,すべての試験結果が

1

)  又は

2

)  の判定基準を満足しなけれ

ばならない。

b

)

曲げ試験

  曲げ試験の結果,溶接金属の外側に,次の

1

)∼

3

)  に示す割れ及びブローホールがなければ

合格とする。

1

)  長さ 3 mm を超える割れ(へりのかどに生じる割れを除く。)

2

)  長さ 3 mm 以下で合計長さが 7 mm を超える複数の割れ

3

)  合計個数が 10 個を超える割れ及びブローホール

c

)

衝撃試験

  衝撃試験は,次による。

1

)

試験片の形状及び寸法

  衝撃試験片の形状及び寸法は,

JIS Z 2242

に規定する V ノッチ試験片とす

る。

2

)

試験方法

衝撃試験方法は,

JIS Z 2242

による。熱影響部の衝撃試験において,組み合わせる母材

の種類が許容引張応力表において,母材の区分及びグループ番号が異なる場合は,それぞれの母材

の熱影響部から各 3 個の試験片を採取する。母材の厚さが薄く,標準の試験片が採取できない場合

は,

表 7

によるサブサイズの試験片とする。

3

)

衝撃試験温度

衝撃試験温度は,別途定められている規定による。

4

)

衝撃試験の吸収エネルギー

鉄鋼材料の衝撃試験の吸収エネルギーは,母材の材料規格に規定する

引張強さの最小値に応じ,

表 6

に規定する値以上とする。サブサイズの試験片の場合の吸収エネル

ギーは,

表 6

に示す値に,

表 7

に示す係数を乗じた値とする。

表 6

吸収エネルギー

母材の引張強さの最小値 σ

u

N/mm

2

吸収エネルギー  J

3 個の平均値

1 個の最小値

σ

u

≦450 18  14

450<

σ

u

≦520 20  16

520<

σ

u

≦660 27  20

660<

σ

u

 27

27


43

B 8265

:2010

表 7

サブサイズ試験片の幅寸法及び係数

母材の厚さ t  mm

試験片の幅寸法

a)

  mm

係数

8.5≦t<12 10×7.5 0.75

6≦t<8.5 10×5 0.50

t<6 10×2.5 0.25

a)

  中間値の係数は,補間によって求める。

d

)

再試験

  再試験は,次の

1

)∼

3

)  による。

1

)  継手引張試験結果の判定基準を満足しなかった場合で,溶接継手で破断し,かつ,試験結果の引張

強さが母材の材料規格に規定する引張強さの最小値の 90 %以上であれば,再試験を行うことができ

る。再試験は,2 個(分割試験の場合は,2 組とする。

)の試験片を作製し,すべての試験結果が

a

)

の判定基準を満足しなければならない。

2

)  曲げ試験結果の判定基準を満足しなかった場合で,原因が溶接継手の有害な割れなどでなければ,

再試験を行うことができる。再試験は,判定基準を満足しなかった場合のそれぞれについて 2 倍の

個数の試験片を作製し,すべての試験片が

b

)  の判定基準を満足しなければならない。

3

)  衝撃試験の判定基準を満足しなかった場合で,3 個の試験片の吸収エネルギーの平均値及び 2 個の

試験片の吸収エネルギーの最小値がそれぞれ

c

)

  4

)  に示す値以上であれば,再試験を行うことがで

きる。

再試験は,

判定基準を満足しなかった場合のそれぞれについて 2 倍の個数の試験片を作製し,

すべての試験片が

c

)

の規定を満足しなければならない。

8.2

溶接継手の非破壊試験

溶接継手の非破壊試験は,次の

a

)∼

d

)  によるほか,別途定められている規定による。

a

)

放射線透過試験

  放射線透過試験は,次の

1

)  及び

2

)  に示す溶接継手について行う。

1

)

B

継手及び B継手

  放射線透過試験の割合は,

表 2

に従って 100 %,20 %又はなしのいずれ

かとする。ただし,B−1 継手又は B−2 継手のうちで,分類 A∼D に用いる次の

1.1

)∼

1.14

)  に示す

溶接継手(呼び径 250A 以下で,厚さが 29 mm 以下の管台の分類 B 及び分類 C の継手を除く。

)は,

100 %放射線透過試験を行う。

なお,放射線透過試験を行うことが困難な溶接継手は,超音波探傷試験に代えることができる。

1.1

)  厚さが 38 mm を超える炭素鋼の溶接継手。ただし,低温で使用する炭素鋼の場合には,19 mm を

超える厚さとする。

1.2

)  厚さが 25 mm を超える低合金鋼の溶接継手。ただし,低温で使用する低合金鋼の場合には,19 mm

を超える厚さとする。

1.3

)  マルテンサイト系ステンレス鋼,フェライト系ステンレス鋼及びオーステナイト・フェライト系

ステンレス鋼の溶接継手。ただし,厚さが 38 mm 以下で,オーステナイト系の溶接棒を使用する

場合は除く。

1.4

)  厚さが 38 mm を超えるオーステナイト系ステンレス鋼の溶接継手

1.5

)  厚さが 13 mm を超える 2.5 %ニッケル鋼及び 3.5 %ニッケル鋼の溶接継手

1.6

)  厚さが 8 mm を超える低温で使用する 9 %ニッケル鋼の溶接継手

1.7

)  厚さが 13 mm を超えるアルミニウム及びアルミニウム合金の溶接継手

1.8

)  厚さが 25 mm を超える銅及び銅合金の溶接継手

1.9

)  厚さが 10 mm を超えるニッケル及びニッケル合金の溶接継手


44

B 8265

:2010

1.10

)  チタン及びチタン合金の溶接継手

1.11

)  ジルコニウム及びジルコニウム合金の溶接継手

1.12

)

JIS G 3115

JIS G 3120

JIS G 3126

JIS G 3127

の材料[

表 B.1

ak)

  に示す許容引張応力の値

を用いた材料に限る。

]及び特定材料の SA-533 の溶接継手

1.13

)  気圧試験を行う圧力容器に用いる溶接継手

1.14

)  致死的物質又は毒性物質を保有する圧力容器に用いる溶接継手

2

)

1

)  に示す以外の溶接継手は,全長の 20 %以上(溶接継手が交差する部分がある場合は,交差する

部分を含む。

)の放射線透過試験を行う。ただし,放射線透過試験を行わないことを前提として設計

した溶接継手及び外圧だけを保持する溶接継手は,放射線透過試験を行わなくてもよい。

b

)

超音波探傷試験

  超音波探傷試験は,次の

1

)  及び

2

)  に示す溶接継手について行う。ただし,超音波

探傷試験を行うのが困難な溶接継手は,超音波探傷試験を行わなくてもよい。

1

)

a

)

 1

)  に示す溶接継手で,放射線透過試験が困難な溶接継手

2

)  圧力容器を最終的に閉鎖する溶接継手

c

)

磁粉探傷試験

  磁粉探傷試験は,次の

1

)  及び

2

)  に示す溶接継手について行う。

なお,非磁性の溶接継手又は磁粉探傷試験を行うことが困難な溶接継手は,浸透探傷試験に代える

ことができる。

1

)  低温に用いる炭素鋼又は低合金鋼

2

)

a

)

 1.14

)  に示す溶接継手で,開口部,管台,強め材などを取り付ける溶接継手

d

)

浸透探傷試験

  浸透探傷試験は,

c

)  の磁粉探傷試験に規定する溶接継手について行う。

8.3

非破壊試験の方法及び結果の判定基準

溶接部,切断面,ジグ跡などの検査に適用する非破壊試験の方法及び結果の判定基準は,次の

a

)∼

d

)  に

よるか,又は別途定められている規定による。

a

)

放射線透過試験

放射線透過試験の方法及び結果の判定基準は,次の

1

)  及び

2

)  による。

1

)

試験の方法

  炭素鋼及び低合金鋼は

JIS Z 3104

アルミニウム及びアルミニウム合金は

JIS Z 3105

ステンレス鋼,ニッケルクロム鉄合金,9 %ニッケル鋼などは

JIS Z 3106

,チタン及びチタン合金は

JIS Z 3107

による。

2

)

判定基準

  100 %及び 20 %の放射線透過試験の結果の判定基準は,

JIS Z 3104

JIS Z 3107

の 1 類又

は 2 類とするか,又は別途定められている規定による。

b

)

超音波探傷試験

  超音波探傷試験の方法及び結果の判定基準は,次の

1

)  及び

2

)  による。

1

)

試験の方法

  炭素鋼及び低合金鋼は

JIS Z 3060

,アルミニウム及びアルミニウム合金は

JIS Z 3080

JIS Z 3082

,その他の材料は

JIS Z 3060

による。

2

)

判定基準

  超音波探傷試験の判定基準は,

JIS Z 3060

及び

JIS Z 3080

JIS Z 3082

の 1 類又は 2 類

とするか,又は別途定められている規定による。

c

)

磁粉探傷試験

  磁粉探傷試験の方法及び結果の判定基準は,次の

1

)  及び

2

)  による。

1

)

試験の方法

  磁粉探傷試験の方法は,

JIS Z 2320-1

JIS Z 2320-3

による。

2

)

判定基準

  磁粉探傷試験の判定基準は,次の

2.1

)∼

2.4

)  のすべてを満足するか,又は別途定められ

ている規定による。

2.1

)  表面に割れによる磁粉模様がない。

2.2

)  線状磁粉模様の最大長さが 4 mm 以下である。

2.3

)  円形状磁粉模様の最大長径が 4 mm 以下である。


45

B 8265

:2010

2.4

)  分散磁粉模様については,面積 2 500 mm

2

内において磁粉模様の種類及び大きさに対応して,

表 8

に示す点数の総和が 12 点以下である。

表 8

磁粉探傷試験における分散磁粉模様の判定基準

磁粉模様

最大長さ又は最大長径が

2 mm 以下の磁粉模様

最大長さ又は最大長径が

2 mm を超え 4 mm 以下の磁粉模様

線状磁粉模様

3 点

6 点

円形状磁粉模様

1 点

2 点

d

)

浸透探傷試験

  浸透探傷試験の方法及び結果の判定基準は,次による。

1

)

試験の方法

  浸透探傷試験の方法は,

JIS Z 2343-1

による。

2

)

判定基準

  浸透探傷試験の判定基準は,次の

2.1

)∼

2.4

)  のすべてを満足するか,又は別途定められ

ている規定による。

2.1

)  表面に割れによる浸透指示模様がない。

2.2

)  線状浸透指示模様の最大長さが 4 mm 以下である。

2.3

)  円形状浸透指示模様の最大長径が 4 mm 以下である。

2.4

)  分散浸透指示模様については,面積 2 500 mm

2

内において浸透指示模様の種類及び大きさに対応し

て,

表 9

に示す点数の総和が 12 点以下である。

表 9

浸透探傷試験における分散浸透指示模様の判定基準

浸透指示模様

最大長さ又は最大長径が

2 mm 以下の浸透指示模様

最大長さ又は最大長径が

2 mm を超え 4 mm 以下の浸透指示模様

線状浸透指示模様

3 点

6 点

円形状浸透指示模様

1 点

2 点

e

)

非破壊試験員

  非破壊試験員は,

JIS Z 2305

に基づく有資格者又はこれと同等と認められる規格に基

づく有資格者とする。

8.4

非破壊試験の再試験

放射線透過試験などの非破壊試験の判定基準で不合格となった場合は,次の

a

)  及び

b

)  によって補修を

行い,再試験を行うことができる。

a

)  放射線透過試験を行い,不合格の場合は次の

1

)  及び

2

)  による。

1

) 100

%放射線透過試験を行った場合は,不合格の原因となった有害な割れなどを完全に除去して再

溶接し,その部分について再び放射線透過試験を行い,合格しなければならない。

2

) 20

%放射線透過試験を行った場合は,不合格の箇所に隣接する 2 か所,又は溶接継手

5)

,継手部分

6)

  若しくは継手群

7)

  の優先順位で任意の 2 か所について,次の

2.1

)  及び

2.2

)  の要領によって放射

線透過試験を行う。ただし,この試験を省略して直ちに溶接継手,継手部分又は継手群の全長につ

いて 100 %放射線透過試験を行ってもよい。

5)

  溶接継手とは,20 %放射線透過試験で不合格の箇所の継手をいう。

6)

  継手部分とは,長手継手と周継手が交差する部分をいう。

7)

  継手群とは,長手継手,周継手及び長手継手と周継手との交差する部分の全体をいう。


46

B 8265

:2010

2.1

)

2

)  の 2 か所の両方が放射線透過試験を行った結果,合格した場合は,溶接継手,継手部分又は継

手群は,最初の放射線透過試験の結果が不合格の箇所の有害な割れなどを完全に除去して再溶接

し,その部分について再び放射線透過試験を行って合格すれば,放射線透過試験に合格とみなす。

2.2

)

2

)  の 2 か所のうち少なくとも 1 か所が放射線透過試験を行った結果,不合格の場合は,溶接継手,

継手部分又は継手群は,全長について不合格とし,溶接をやり直す。ただし,溶接継手,継手部

分又は継手群の全長について 100 %放射線透過試験を行い,不合格のすべての箇所の有害な割れ

などを完全に除去して再溶接し,再び放射線透過試験を行ってすべての箇所が合格すれば,溶接

をやり直さなくてもよい。

b

)  放射線透過試験以外の非破壊試験(超音波探傷試験,磁粉探傷試験及び浸透探傷試験)で有害な割れ

などが検出されて不合格となった場合は,有害な割れなどを完全に除去して再溶接し,それぞれの非

破壊試験を行い,合格しなければならない。

8.5

耐圧試験

圧力容器の耐圧試験は,次の

a

)∼

c

)  による。

a

)

一般

  耐圧試験に関する一般事項は,次の

1

)∼

5

)  による。

1

)  圧力容器は,完成後,

附属書 P

によって耐圧試験を行う。耐圧試験によって,圧力容器に局部的な

膨張,伸びなどの異状が生じない場合に,合格とする。

なお,オーステナイト系ステンレス鋼以外の鉄鋼材料の圧力容器は,ぜい性破壊のおそれのない

温度(金属温度)以上で耐圧試験を行う。

2

)  耐圧試験後,耐圧部の主要な部分に溶接補修をした場合は,耐圧試験を再度行う。

3

)  複数の圧力室で構成されている圧力容器の耐圧試験は,次の

3.1

)∼

3.3

)  による。

3.1

)  それぞれの圧力室が独立して操作される場合は,別個の圧力容器として取り扱い,一方の耐圧試

験を行う場合は他方は空としておく。

3.2

)  それぞれの圧力室が,最大差圧で設計する共通部材をもつ場合で,かつ,差圧が隣接する圧力室

の高いほうの圧力より小さい場合,共通部材は,最大差圧を設計圧力として次の

b

)  又は

c

)  によ

って求まる耐圧試験圧力で試験する。

3.3

)

3.2

)  の共通部材の試験後,隣接する圧力室を同時に耐圧試験する。この場合,圧力室間の差圧を

共通部材の試験に用いた圧力に制限する。

4

)  鉛ライニング,亜鉛めっき又は非金属材料によって,ライニング又はコーティングする圧力容器の

耐圧試験は,通常,ライニング又はコーティング施工前に行う。

5

)  外圧を保持する圧力容器は,通常,外圧試験を行う。ただし,構造上,外圧試験が実施できない場

合は,次の

b

)  又は

c

)  の規定における設計圧力を,設計外圧と読み替えて求まる耐圧試験圧力で,

内圧による耐圧試験を実施する。

b

)

水圧試験圧力

  水圧試験圧力は,次による。





a

t

t

1.5

σ

σ

P

P

ここに,

P: 設計圧力(MPa)

P

t

水圧試験圧力(MPa)

σ

a

設計温度における材料の許容引張応力(N/mm

2

σ

t

水圧試験温度における材料の許容引張応力(N/mm

2

σ

t

/σ

a

: 温度補正の比で,構成材料が複数の場合には,それらのうち

の最小値


47

B 8265

:2010

ただし,温度補正の要否及び詳細は,別途定められている規定によることができる。

c

)

気圧試験圧力

P.2 b

)  の場合には,気圧試験による耐圧試験を行うことができる。ただし,気圧試験

圧力は,

b

)  の係数を 1.25 とする。

8.6

漏れ試験

圧力容器は,

8.5

の耐圧試験に合格した後,液体漏れ試験,気体漏れ試験又は気密試験の漏れ試験を行う

ことができる。ただし,漏れ試験は,別途定められている規定による。

8.7

最終検査

圧力容器の最終検査は,次の

a

)  及び

b

)  による。

a

)

材料確認検査

  使用する材料は,材料製造業者が発行する材料検査成績書(ミルシート)を入手し,

材料規格に適合していることを確認する。

b

)

目視検査及び記録の照合

  目視検査の実施及び試験結果の記録の照合によって,最終検査の結果を確

認する。

9

安全装置

9.1

一般

圧力容器又は圧力容器を含む系には,

過圧防止のための安全装置を取り付ける。

取り付ける安全装置は,

JIS B 8210

JIS B 8226

又はこれらと同等以上の規格による。

9.2

計測用装置

温度制限,圧力制限,モニタリング装置などの安全措置用の計測装置は,使用目的に合わせて設計する。

10

表示及び適合性評価

10.1

表示

圧力容器は,外面の見やすい場所に明りょうで,かつ,消えないように次の項目などを直接刻印するか,

又は用途に適する金属製の板に打刻,鋳出しなどの方法によって表示し,溶接,ろう付けなどによって取

り付ける。

a

)  適用規格(検査機関)

b

)  設計圧力

c

)  設計温度

d

)  内容積

e

)  製造年月

f

)  製造業者名又はその略称

g

)  識別番号又は管理番号

10.2

適合性評価

圧力容器の製造業者は,圧力容器を製造する場合には,適切な品質管理システムのもとで行わなければ

ならない。


48

B 8265

:2010

附属書 A

規定)

JIS B 8285

の附属書 A に示す P 番号と ASME の P 番号との対応

この附属書は,

JIS B 8285

附属書 A

に示す P 番号と

ASME

の P 番号との対応について規定する。

表 A.1

JIS B 8285

の附属書 に示す 番号と ASME の 番号との対応

母材の種類

JIS B 8285

附属書 による P 番号

ASME Section II Part D

による P 番号

(1) P 番号 1 グループ番号 1,2 及び 3 P 番号 1 グループ番号 1,2 及び 3 
(2) P 番号 3 グループ番号 1,2 及び 3 P 番号 3 グループ番号 1,2 及び 3 
(3) P 番号 4 グループ番号 1 及び 2 P 番号 4 グループ番号 1 及び 2 
(4)

P 番号 5B グループ番号 2

(5) P 番号 5 グループ番号 1,2 及び 3 P 番号 5A グループ番号 1

P 番号 5B グループ番号 1 
P 番号 5C グループ番号 1

(6) P 番号 6 P 番号 6 グループ番号 1,2 及び 3 
(7) P 番号 7 P 番号 7 グループ番号 1 及び 2 
(8) P 番号 8A P 番号 8 グループ番号 1 及び 2 
(9) P 番号 8B P 番号 10H グループ番号 1 
(10) P 番号 9A P 番号 9A グループ番号 1 
(11) P 番号 9B P 番号 9B グループ番号 1 
(12) P 番号 11A P 番号 11A グループ番号 1 
(13)

JIS G 4901

JIS G 4902JIS G 4903 及び JIS 

G 4904

の 種 類 の 記 号 が NCF800 及 び

NCF800H の鋼(圧力容器の設計温度が 540  ℃
以上である場合に限る。

特定材料の UNS 番号が N08800,N08810 及び
N08811 の材料(圧力容器の設計温度が 540  ℃
以上である場合に限る。


49

B 8265

:2010

附属書 B

規定)

材料の許容引張応力

この附属書は,圧力容器に使用する材料の許容引張応力について規定する。


表 B.1−鉄鋼材料の許容引張応力(JIS のあるもの)

種類

記号

標準成分(%)

規定最小

引張強さ

N/mm

2

母材の

区分

グルー

プ番号

外 圧 チ

ャ ー ト

番号

製造

方法

各温度(℃)における許容引張応力  N/mm

2

記号

∼40

75 100 125 150 175 200 225 250 275 300 325 350 375 400 425 450 475 500 525 550 575 600 625 650 675 700 725 750 775 800

JIS G 3101 SS330

SS400

330 
400


1


1


2

82

100

82

100

82

100

82

100

82

100

82

100

82

100

82

100

82

100

82

100

82

100

82

100

82

100

SS330 
SS400

JIS G 3103  SB410

SB450 
SB480 
SB450M 
SB480M

0.5Mo 
0.5Mo

410 
450 
480 
450 
480





3





2





3

a),aj)

a),aj)

a),aj)

b),aj)

b),aj)

103
112
121
112
121

103
112
121
112
121

103
112
121
112
121

103
112
121
112
121

103
112
121
112
121

103
112
121
112
121

103
112
121
112
121

103
112
121
112
121

103
112
121
112
121

103 
112 
121 
112 
121

103 
112 
121 
112 
121

103 
112 
121 
112 
121

102

111
119

112
121

98

105
113
112
121

89
95

101
112
121

75
80
84

109
120

62
63
67

106
118

46
46
51
97

101

32
32
34
70
70

22
22
22
44
44

17
17
17
33
33

SB410 
SB450 
SB480 
SB450M 
SB480M

JIS G 3106 SM400A

SM400B 
SM400C

400 
400 
400



1



1

1,2
1,2

2

ae)

ae)

100
100
100

100
100
100

100
100
100

100
100
100

100
100
100

100
100
100

100
100
100

100
100
100

100
100
100

100 
100 
100

100 
100 
100

100 
100 
100

100
100
100

SM400A 
SM400B 
SM400C

SM490A 
SM490B 
SM490C

490 
490 
490



1



2



3

122
122
122

122
122
122

122
122
122

122
122
122

122
122
122

122
122
122

122
122
122

122
122
122

122
122
122

122 
122 
122

122 
122 
122

122 
122 
122

122
122
122

SM490A 
SM490B 
SM490C

SM490YA 
SM490YB

490 
490


1


2


3

122
122

122
122

122
122

122
122

122
122

122
122

122
122

122
122

122
122

122 
122

122 
122

122 
122

122
122

SM490YA 
SM490YB

SM520B 
SM520C

520 
520


1


2


3

130
130

130
130

130
130

130
130

130
130

130
130

130
130

130
130

130
130

130 
130

130 
130

130 
130

130
130

SM520B 
SM520C

SM570

570 1 3 3

142 142 142 142 142 142 142 142 142 142 142 142 142 − − − − − − − − − − − − − − − − − − SM570

JIS G 3114 SMA400AW

SMA400AP 
SMA400BW
SMA400BP 
SMA400CW
SMA400CP

0.6Cr-0.4Cu-Ni 
0.4Cr-0.3Cu 
0.6Cr-0.4Cu-Ni 
0.4Cr-0.3Cu 
0.6Cr-0.4Cu-Ni 
0.4Cr-0.3Cu

400 
400 
400 
400 
400 
400

1,2
1,2
1,2
1,2


2

ae)

ae)

ae)

ae)

100
100
100
100
100
100

100
100
100
100
100
100

100
100
100
100
100
100

100
100
100
100
100
100

100
100
100
100
100
100

100
100
100
100
100
100

100
100
100
100
100
100

100
100
100
100
100
100

100
100
100
100
100
100

100 
100 
100 
100 
100 
100

100 
100 
100 
100 
100 
100

100 
100 
100 
100 
100 
100

100
100
100
100
100
100

SMA400AW 
SMA400AP 
SMA400BW 
SMA400BP 
SMA400CW 
SMA400CP

SMA490AW
SMA490AP 
SMA490BW
SMA490BP 
SMA490CW
SMA490CP

0.6Cr-0.4Cu-Ni 
0.4Cr-0.3Cu 
0.6Cr-0.4Cu-Ni 
0.4Cr-0.3Cu 
0.6Cr-0.4Cu-Ni 
0.4Cr-0.3Cu

490 
490 
490 
490 
490 
490






3

122
122
122
122
122
122

122
122
122
122
122
122

122
122
122
122
122
122

122
122
122
122
122
122

122
122
122
122
122
122

122
122
122
122
122
122

122
122
122
122
122
122

122
122
122
122
122
122

122
122
122
122
122
122

122 
122 
122 
122 
122 
122

122 
122 
122 
122 
122 
122

122 
122 
122 
122 
122 
122

122
122
122
122
122
122

SMA490AW 
SMA490AP 
SMA490BW 
SMA490BP 
SMA490CW 
SMA490CP

SMA570W 
SMA570P

0.6Cr-0.4Cu-Ni 
0.4Cr-0.3Cu

570 
570

142
142

142
142

142
142

142
142

142
142

142
142

142
142

142
142

142
142

142 
142

142 
142

142 
142

142
142

SMA570W 
SMA570P

JIS G 3115  SPV235

− 400

1

1

1,2

ae)

100 100 100 100 100 100 100 100 100 100 100 100 100 − − − − − − − − − − − − − − − − − − SPV235

SPV315

490 1 2 3

ak),al)

122
142

122
142

122
132

122
130

122
127

122
127

122
126

122
126

122
126

122 
126

122 
126

122 
126

122
126

SPV315

SPV355

− 520

1

2

3,4

af)

af),ak),al)

130
160

130
155

130
151

130
147

130
143

130
143

130
143

130
143

130
143

130 
143

130 
143

130 
143

130
143

SPV355

SPV410

550 1 2 3

138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 − − − − − − − − − − − − − − − − − − SPV410

SPV450

− 570

1

3

3,4

af)

af),ak),al)

142
182

142
177

142
173

142
169

142
163

142
163

142
163

142
163

142
163

142 
163

142 
163

142 
163

142
163

SPV450

SPV490

610 1 3 3

ak),al)

152
195

152
189

152
185

152
179

152
175

152
175

152
175

152
175

152
175

152 
175

152 
175

152 
175

152
175

SPV490

50

B 8265


2010


表 B.1−鉄鋼材料の許容引張応力(JIS のあるもの)(続き)

種類

記号

標準成分(%)

規定最小

引張強さ

N/mm

2

母材の

区分

グルー

プ番号

外 圧 チ

ャ ー ト

番号

製造

方法

各温度(℃)における許容引張応力  N/mm

2

記号

∼40

75 100 125 150 175 200 225 250 275 300 325 350 375 400 425 450 475 500 525 550 575 600 625 650 675 700 725 750 775 800

JIS G 3116

SG255 
SG295 
SG325 
SG365

400 
440 
490 
540




1




2




3

100
110
122
135

100
110
122
135

100
110
122
135

SG255 
SG295 
SG325 
SG365

JIS G 3118

SGV410
SGV450
SGV480

410 
450 
480



1



2



3

a)

a)

a) 

103
112
121

103
112
121

103
112
121

103
112
121

103
112
121

103
112
121

103
112
121

103
112
121

103
112
121

103 
112 
121

103 
112 
121

103 
112 
121

102

111
119

98

105
113

89
95

101

75
80
84

62
63
67

46
46
51

36
32
34

22
22
22

SGV410 
SGV450 
SGV480

JIS G 3119

SBV1A 
SBV1B

Mn-0.5Mo 
Mn-0.5Mo

520 
550


3


3


5

aj)

130
138

130
138

130
138

130
138

130
138

130
138

130
138

130
138

130
138

130 
138

130 
138

130 
138

130
138

129
138

126
135

122
130

117
124

100
102

70
70

44
44

33

SBV1A 
SBV1B

SBV2

Mn-0.5Mo-0.5Ni  550 3 3 5

aj)

138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 135 130 124 102 70 44 33 − − − − − − − − − − SBV2

SBV3

Mn-0.5Mo-0.5Ni  550 3 3 5

aj)

138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 135 130 124 102 70 44 33 − − − − − − − − − − SBV3

JIS G 3120  SQV1A

Mn-0.5Mo

550 3 3 3

aj)

138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 132 118 98 77 55 43 − − − − − − − − − − SQV1A

SQV1B

Mn-0.5Mo

620 3 3 3

ak)

155
198

155
192

155
187

155
182

155
178

155
178

155
178

155
178

155
178

155 
178

155 
178

155 
178

155
178

155

151

146

SQV1B

SQV2A

Mn-0.5Mo-0.5Ni  550 3 3 3

138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 132 − − − − − − − − − − − − − − − SQV2A

SQV2B

Mn-0.5Mo-0.5Ni  620 3 3 3

ak)

155
198

155
192

155
187

155
182

155
178

155
178

155
178

155
178

155
178

155 
178

155 
178

155 
178

155
178

155

151

146

SQV2B

SQV3A

Mn-0.5Mo-0.75Ni 550 3 3 3

138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 132 − − − − − − − − − − − − − − − SQV3A

SQV3B

Mn-0.5Mo-0.75Ni 620 3 3 3

ak)

155
198

155
192

155
187

155
182

155
178

155
178

155
178

155
178

155
178

155 
178

155 
178

155 
178

155
178

155

151

146

SQV3B

JIS G 3126 SLA235A

SLA235B

400 
400


1


1


2

100
100

100
100

100
100

100
100

100
100

100
100

100
100

100
100

100
100

100 
100

100 
100

100 
100

100
100

SLA235A 
SLA235B

SLA325A

440 1 1 3

ak)

110
140

110
136

110
133

110
129

110
126

110
126

110
126

110
126

110
126

110 
126

110 
126

110 
126

110
126

SLA325A

SLA325B

440 1 1 3

ak)

110
140

110
136

110
133

110
129

110
126

110
126

110
126

110
126

110
126

110 
126

110 
126

110 
126

110
126

SLA325B

SLA365

490 1 2 3

ak)

122
156

122
156

122
151

122
148

122
144

122
140

122
140

122
140

122
140

122 
140

122 
140

122 
140

122
140

SLA365

SLA410

520 1 2 3

130 130 130 130 130 130 130 130 130 130 130 130 130 − − − − − − − − − − − − − − − − − − SLA410

51

B 8265


2010


表 B.1−鉄鋼材料の許容引張応力(JIS のあるもの)(続き)

種類

記号

標準成分(%)

規定最小

引張強さ

N/mm

2

母材の

区分

グルー

プ番号

外 圧 チ

ャ ー ト

番号

製造

方法

各温度(℃)における許容引張応力  N/mm

2

記号

∼40

75 100 125 150 175 200 225 250 275 300 325 350 375 400 425 450 475 500 525 550 575 600 625 650 675 700 725 750 775 800

JIS G 3127 SL2N255

2.25Ni

450

9A

− 2 −

ak)

112
115

112

112

112

112

112

112

112

112

112

112

112

111

105

95

80

65

49

36

24

SL2N255

SL3N255 3.5Ni

450  9B − 2 −

ak)

112
115

112

112

112

112

112

112

112

112

112

112

112

111

105

95

80

65

49

36

24

SL3N255

SL3N275 3.5Ni

480  9B − 3 −

ak)

121
124

121

121

121

121

121

121

121

121

121

121

121

119

113

101

84

67

50

36

24

SL3N275

SL3N440 3.5Ni

540  9B −

ak)

135
173

135
169

135
164

135
160

135
155

135
155

135
155

SL3N440

SL5N590 5Ni

690  9B −

d) 172 172 172 172 172 172 172

−  −  −

− SL5N590

SL9N520 9Ni

690 11A

c)

d)

ak),am)

164
172
220

161
169
213

153
160
208

202

197

197

197

SL9N520

SL9N590 9Ni

690 11A

c)

d)

ak)

163
172
220

160
169
213

152
160
208

202

197

197

197

SL9N590

JIS G 3131 SPHC

SPHD 
SPHE

270 
270 
270

68
68
68

68
68
68

68
68
68

SPHC 
SPHD 
SPHE

52

B 8265


2010


表 B.1−鉄鋼材料の許容引張応力(JIS のあるもの)(続き)

種類

記号

標準成分(%)

規定最小

引張強さ

N/mm

2

母材の

区分

グルー

プ番号

外 圧 チ

ャ ー ト

番号

製造

方法

各温度(℃)における許容引張応力  N/mm

2

記号

∼40

75 100 125 150 175 200 225 250 275 300 325 350 375 400 425 450 475 500 525 550 575 600 625 650 675 700 725 750 775 800

JIS G 3201 SF340A

340 1 1 1

v)

85 85 85 85 85 85 85 85 85 85 85 85 85 79 75 64 51 − − − − − − − − − − − − − − SF340A

SF390A

390 1 1 1

a),v),aj)

98
98

98
98

98
98

98
98

98
98

98
98

98
98

98
98

98
98

98 
98

98 
98

98 
98

98
98

93

84

73

56

49

36

24

18

SF390A

SF440A

440 1 1 2

a),v),aj)

110
110

110
110

110
110

110
110

110
110

110
110

110
110

110
110

110
110

110 
110

110 
110

110 
110

110
110

104

94

81

57

49

36

24

18

SF440A

SF490A

490 1 2 2

a),v),aj)

121
121

121
121

121
121

121
121

121
121

121
121

121
121

121
121

121
121

121 
121

121 
121

121 
121

119
119

113

101

84

69

51

34

22

17

SF490A

JIS G 3202 SFVC1

410 1 1 2

a)

103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 102 98 89 75 62 46 32 22 − − − − − − − − − − − SFVC1

SFVC2A

490 1 2 2

a)

121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 119 113 101 84 67 51 34 22 − − − − − − − − − − − SFVC2A

SFVC2B

490 1 2 2

a)

121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 119 113 101 84 67 51 34 22 − − − − − − − − − − − SFVC2B

JIS G 3203

SFVAF1 0.5Mo

480 3 2 3

121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 118 101 70 44 − − − − − − − − − − − SFVAF1

SFVAF2 0.5Cr-0.5Mo

480 3 2 3

121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 118 83 51 − − − − − − − − − − − SFVAF2

SFVAF12

1Cr-0.5Mo

480 4 1 3

121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 118 114 91 63 41 27 18 12

8 − − − − − − SFVAF12

SFVAF11A

1.25Cr-0.5Mo-0.75Si 480 4 1 3

121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 118 101 75 53 37 26 18 12

8 − − − − − − SFVAF11A

SFVAF11B

1.25Cr-0.5Mo-0.75Si 520 4 1 3

130 130 130 130 130 130 130 130 130 130 130 130 130 130 130 130 127 114 88 61 40 27 19 12

8 − − − − − − SFVAF11B

SFVAF22A

2.25Cr-1Mo

410 5 1 2

103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 100 95 81 64 48 35 24 16 10 − − − − − − SFVAF22A

SFVAF22B

2.25Cr-1Mo

520 5 1 3

130 130 129 128 126 125 124 124 124 123 123 122 122 120 119 117 114 110 90 65 46 31 20 13

8 − − − − − − SFVAF22B

SFVAF21A

3Cr-1Mo

410 5 1 2

103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 102 100 96 92 85 69 55 44 34 25 17 10 − − − − − − SFVAF21A

SFVAF21B

3Cr-1Mo

520 5 1 3

130 130 129 128 126 125 124 124 124 123 123 122 122 120 119 117 114 96 74 55 41 30 21 15

9 − − − − − − SFVAF21B

SFVAF5A

5Cr-0.5Mo

410 5 1 2

ad)

103 103 103 101 100 100 99 99 99 99 98 97 96 94 91 88 84 77 62 47 35 26 18 12

7 − − − − − − SFVAF5A

SFVAF5B

5Cr-0.5Mo

480 5 2 3

ad)

121 121 120 119 117 117 116 116 116 115 114 113 112 110 106 103 98 80 62 47 35 26 18 12

7 − − − − − − SFVAF5B

SFVAF5C

5Cr-0.5Mo

550 5 2 3

ad)

138 138 137 136 134 133 132 132 132 132 131 130 128 125 121 117 102 81 62 47 35 26 18 12

7 − − − − − − SFVAF5C

SFVAF5D

5Cr-0.5Mo

620 5 2 3

ad)

155 155 154 152 150 150 149 149 149 148 147 146 143 141 136 132 104 81 62 47 35 26 18 12

7 − − − − − − SFVAF5D

SFVAF9 9Cr-1Mo

590 5 2 3

147 146 146 144 142 141 141 141 141 140 139 138 135 133 129 125 119 113 89 62 44 30 21 14 10 − − − − − − SFVAF9

JIS G 3204

SFVQ1A 0.5Ni-0.5Mo-V

550 3 3 5

138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 132 − − − − − − − − − − − − − − − SFVQ1A

SFVQ1B 0.5Ni-0.5Mo-V

620 3 3 3

155 155 155 155 155 155 155 155 155 155 155 155 155 − − − − − − − − − − − − − − − − − − SFVQ1B

SFVQ2A 0.75Ni-0.3Cr-0.5Mo-V

550 3 3 5

138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 138 132 − − − − − − − − − − − − − − − SFVQ2A

SFVQ2B 0.75Ni-0.3Cr-0.5Mo-V

620 3 3 3

155 155 155 155 155 155 155 155 155 155 155 155 155 − − − − − − − − − − − − − − − − − − SFVQ2B

SFVQ3 3.5Ni-1.75Cr-0.5Mo-V

620 3 3

155 155 155 155 155 154 154 153 153 152 151 150  − − − − − − − − − − − − − − − − − − − SFVQ3

JIS G 3205 SFL1

440 1 1 2

110 110 110 110 110 110 110 110 110 110 110 110 108 98 89 76 57 39 25 15 − − − − − − − − − − − SFL1

SFL2

490 1 2 2

121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 119 113 101 84 67 51 34 22 − − − − − − − − − − − SFL2

SFL3 3.5Ni

490

9B

− 2 −

121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 − − − − − − − − − − − − − − − − − − SFL3

JIS G 3206

SFVCMF22B 2.25Cr-1Mo

580 5 1 3

147 147 147 147 147 147 146 145 144 143 142 141 139 136 128 126 123 − − − − − − − − − − − − − − SFVCMF22B

SFVCMF22V 2.25Cr-1Mo-0.3V  580 5 1 3

147 147 147 147 147 147 147 147 147 146 144 142 139 137 134 131 127 123 − − − − − − − − − − − − − SFVCMF22V

SFVCMF3V

3Cr-1Mo-0.25V

580 5 1 3

147 147 146 143 141 139 137 135 134 133 132 131 130 129 127 126 124 121 − − − − − − − − − − − − − SFVCMF3V

53

B 8265


2010


表 B.1−鉄鋼材料の許容引張応力(JIS のあるもの)(続き)

種類

記号

標準成分(%)

規定最小

引張強さ

N/mm

2

母材の

区分

グルー

プ番号

外 圧 チ

ャ ー ト

番号

製造

方法

各温度(℃)における許容引張応力  N/mm

2

記号

∼40

75 100 125 150 175 200 225 250 275 300 325 350 375 400 425 450 475 500 525 550 575 600 625 650 675 700 725 750 775 800

JIS G 3214 SUSF304

18Cr-8Ni

520

8A

− 6 −

g),h)

g),h),i)

129
129

120
125

114
122

108
118

103
114

100
113

96

112

93

111

90

110

87

110

85

110

83

110

82

110

81

109

79

107

77

105

76

103

75

102

74

100

72
98

71
92

69
79

64
64

52
52

42
42

33
33

27
27

21
21

17
17

14
14

11
11

SUSF304

480 8A − 6 − g),h),w)

g),h),i),w)

120
120

117
117

113
114

108
110

103
107

100
106

96

104

93

103

90

102

87

102

85

102

83

102

82

102

81

102

79

101

77

101

76

100

75
98

74
97

72
95

71
91

69
79

64
64

52
52

42
42

33
33

27
27

21
21

17
17

14
14

11
11

SUSF304H 18Cr-8Ni

520  8A  − 6 −

i)

129
129

120
125

114
122

108
118

103
114

100
113

96

112

93

111

90

110

87

110

85

110

83

110

82

110

81

109

79

107

77

105

76

103

75

102

74

100

72
98

71
92

69
79

64
64

52
52

42
42

33
33

27
27

21
21

17
17

14
14

11
11

SUSF304H

480 8A − 6 − w)

i),w)

120
120

117
117

113
114

108
110

103
107

100
106

96

104

93

103

90

102

87

102

85

102

83

102

82

102

81

102

79

101

77

101

76

100

75
98

74
97

72
95

71
91

69
79

64
64

52
52

42
42

33
33

27
27

21
21

17
17

14
14

11
11

SUSF304L 18Cr-8Ni

極低 C

480 8A − 8 −

i)

114
115

104
114

97

113

93

109

88

105

85

104

81

102

79

101

76

100

74 
99

72 
97

71 
96

69
94

69
93

68
92

67
90

66
88

64
84

63
73

58
60

49
49

41
41

33
33

27
27

22
22

SUSF304L

450 8A − 8 − w)

i),w)

112
112

103
108

97

105

93

101

88
98

85
96

81
94

79
93

76
93

74 
92

72 
91

71 
91

69
90

69
90

68
90

67
89

66
88

64
84

63
73

58
60

49
49

41
41

33
33

27
27

22
22

SUSF304N 18Cr-8Ni-N

550  8A  − 6 − g),h)

g),h),i)

138
138

134
138

130
137

122
134

115
131

110
129

104
127

101
125

97

123

95

122

94

120

91

120

89

119

87

118

86

116

85

115

84

113

82

110

80

108

78

105

77
96

73
79

64
64

52
52

42
42

SUSF304N

SUSF310 25Cr-20Ni

520  8A − 7 − g),h)

g),h),i)

129
129

124
128

120
126

115
124

111

121

108
121

105
120

102
120

100
120

97

120

96

120

94

120

93

120

92

120

90

119

89

117

88

115

87

113

85

111

76
87

60
60

44
44

32
32

24
24

17
17

11
11

6
6

4
4

3
3

2
2

2
2

SUSF310

SUSF316 16Cr-12Ni-2Mo

520  8A − 7 − g),h)

g),h),i)

129
130

125
130

120
129

114
128

107
127

103
126

99

125

96

125

93

124

90

122

88

119

86

117

84

114

83

112

82

111

81

110

80

108

79

108

79

107

78

106

78

105

77
98

74
81

65
65

50
50

39
39

30
30

23
23

18
18

14
14

11
11

SUSF316

480 8A − 7 − g),h),w)

g),h),i),w)

121
121

121
121

119
120

113
119

107
118

103
117

99

116

96

116

93

116

90

116

88

116

86

116

84

114

83

112

82

111

81

110

80

108

79

108

79

107

78

105

78

101

77
94

74
81

65
65

50
50

39
39

30
30

23
23

18
18

14
14

11
11

SUSF316H 16Cr-12Ni-2Mo

520  8A  − 7 −

i)

129
130

125
130

120
129

114
128

107
127

103
126

99

125

96

125

93

124

90

122

88

119

86

117

84

114

83

112

82

111

81

110

80

108

79

108

79

107

78

106

78

105

77
98

74
81

65
65

50
50

39
39

30
30

23
23

18
18

14
14

11
11

SUSF316H

480 8A − 7 − w)

i),w)

121
121

121
121

119
120

113
119

107
118

103
117

99

116

96

116

93

116

90

116

88

116

86

116

84

114

83

112

82

111

81

110

80

108

79

108

79

107

78

105

78

105

77
98

74
81

65
65

50
50

39
39

30
30

23
23

18
18

14
14

11
11

SUSF316L 16Cr-12Ni-2Mo

極低 C

480 8A − 9 −

i)

114
115

103
115

96

115

92

112

87

110

84

109

81

108

79

106

76

103

74

101

73 
98

71 
96

70
95

69
93

68
91

66
90

65
88

SUSF316L

450 8A − 9 − w)

i),w)

112
112

102
110

96

108

92

105

87

102

84

101

81

100

79
99

76
99

74 
98

73 
97

71 
96

70
95

69
93

68
91

66
90

65
88

SUSF316N 16Cr-12Ni-2Mo-N

550  8A  − 7 − g),h)

g),h),i)

138
138

138
138

137
137

134
135

131
132

126
131

122
130

119
129

115
128

112 
128

109 
128

107 
128

104
128

102
128

100
128

98

127

96

126

95

125

94

123

92

121

90

115

88

101

81
81

65
65

50
50

SUSF316N

SUSF317 18Cr-13Ni-3Mo

520  8A − 7 − g),h)

g),h),i)

129
130

125
130

120
129

114
128

107
127

103
126

99

125

96

125

93

124

90

122

88

119

86

117

84

114

83

112

82

111

81

110

80

108

79

108

79

107

78

106

78

105

77
98

74
81

65
65

50
50

39
39

30
30

23
23

18
18

14
14

11
11

SUSF317

SUSF317L 18Cr-13Ni-3Mo

480  8A  − 9 −

i)

114
115

103
115

96

115

92

112

87

110

84

109

81

108

79

106

76

103

74

101

73 
98

71 
96

70
95

69
93

68
91

66
90

65
88

SUSF317L

450 8A − 9 − w)

i),w)

112
112

102
110

96

108

92

105

87

102

84

101

81

100

79
99

76
99

74 
98

73 
97

71 
96

70
95

69
93

68
91

66
90

65
88

SUSF321 18Cr-10Ni-Ti

520  8A − 7 − g),h)

g),h),i)

129
129

125
125

122
122

118
118

114
115

110
114

106
113

103
113

100
113

97

113

95

113

93

113

91

113

89

113

88

113

86

113

86

113

85

113

84

113

83

107

75
87

60
60

44
44

33
33

25
25

18
18

13
13

9
9

6
6

4
4

3
3

SUSF321

480 8A − 7 − g),h),w)

g),h),i),w)

120
120

117
117

114
114

111
111

108
108

107
107

106
106

103
105

100
105

97

105

95

105

93

105

91

105

89

105

88

105

86

105

86

105

85

105

84

105

83

104

75
87

60
60

44
44

33
33

25
25

18
18

13
13

9
9

6
6

4
4

3
3

54

B 8265


2010


表 B.1−鉄鋼材料の許容引張応力(JIS のあるもの)(続き)

種類

記号

標準成分(%)

規定最小

引張強さ

N/mm

2

母材の

区分

グルー

プ番号

外 圧 チ

ャ ー ト

番号

製造

方法

各温度(℃)における許容引張応力  N/mm

2

記号

∼40

75 100 125 150 175 200 225 250 275 300 325 350 375 400 425 450 475 500 525 550 575 600 625 650 675 700 725 750 775 800

JIS G 3214 SUSF321H

18Cr-10Ni-Ti

520

8A

− 7 −

i)

129
129

125
125

122
122

118
118

114
115

110
114

106
113

103
113

100
113

97

113

95

113

93

113

91

113

89

113

88

113

86

113

86

113

85

113

84

113

83

111

82
99

75
77

59
59

46
46

37
37

29
29

23
23

18
18

15
15

12
12

9
9

SUSF321H

480 8A − 7 − w)

i),w)

120
120

117
117

114
114

111
111

108
108

107
107

106
106

103
105

100
105

97

105

95

105

93

105

91

105

89

105

88

105

86

105

86

105

85

105

84

105

77

104

71
93

67
75

58
59

46
46

37
37

29
29

23
23

18
18

15
15

12
12

9
9

SUSF347 18Cr-10Ni-Nb

520  8A − 7 − g),h)

g),h),i)

129
129

125
125

122
122

118
118

113
113

110
110

107
107

106
106

104
104

102 
103

100 
103

98

102

97

102

95

101

94

101

94

101

93

101

93

101

93

101

92

100

88
92

76
76

58
58

40
40

30
30

23
23

16
16

12
12

9
9

7
7

6
6

SUSF347

480 8A − 7 − g),h),w)

g),h),i),w)

120
120

117
117

114
114

110
110

106
106

103
103

100
100

99
99

97
97

96 
96

96 
96

96 
96

95
95

94
94

94
94

94
94

93
94

93
94

93
94

92
93

89
89

76
76

58
58

40
40

30
30

23
23

16
16

12
12

9
9

7
7

6
6

SUSF347H 18Cr-10Ni-Nb

520  8A  − 7 −

i)

129
129

125
125

122
122

118
118

113
113

110
110

107
107

106
106

104
104

102 
103

100 
103

98

102

97

102

95

101

94

101

94

101

93

101

93

101

93

101

92

100

92
98

91
96

87
88

70
70

54
54

42
42

32
32

24
24

19
19

15
15

11
11

SUSF347H

480 8A − 7 − w)

i),w)

120
120

117
117

114
114

110
110

106
106

103
103

100
100

99
99

97
97

96 
96

96 
96

96 
96

95
95

94
94

94
94

94
94

93
94

93
94

93
94

92
93

92
92

90
90

85
85

70
70

54
54

42
42

32
32

24
24

19
19

15
15

11
11

SUSF410B 13Cr

590

6  − 2 −

147 142 139 137 135 133 131 129 126 124 123 121 119 117 114 109 101 89 69 52 38 27 18 12

7 − − − − − − SUSF410B

SUSF410A 13Cr

480

6  − 2 −

120 117 114 112 111 109 107 106 104 102 101 100  98 97 94 89 84 78 68 53 − − − − − − − − − − − SUSF410A

JIS G 3452 SGP

290 1 1 1 E

B

e),as),at)

e),as),at)

62
47

62
47

62
47

62
47

62
47

62
47

62
47

62
47

62
47

62 
47

62 
47

62 
47

62
47

SGP

JIS G 3454 STPG370

370 1 1 2 S

E

− 92

78

92
78

92
78

92
78

92
78

92
78

92
78

92
78

92
78

92 
78

92 
78

92 
78

92
78

STPG370

STPG410

410 1 1 2 S

E

− 103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

102

87

98
83

89
75

75
64

62
53

46
39

STPG410

JIS G 3455 STS370

370 1 1 2 S

92 92 92 92 92 92 92 92 92 92 92 92 92 − − − − − − − − − − − − − − − − − − STS370

STS410

410 1 1 2 S

103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 102 98 89 75 62 46 32 22 − − − − − − − − − − − STS410

STS480

480 1 2 3 S

121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 119 113 101 84 67 51 34 22 − − − − − − − − − − − STS480

JIS G 3456 STPT370

370 1 1 2 S

E

a)

a)

92
78

92
78

92
78

92
78

92
78

92
78

92
78

92
78

92
78

92 
78

92 
78

92 
78

92
78

89
76

80
68

70
60

56
48

47
40

36
31

24
20

18
15

STPT370

STPT410

410 1 1 2 S

E

a),aj)

a),aj)

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

102

87

98
83

89
75

75
64

62
53

46
39

32
27

22
19

17
14

STPT410

STPT480

480 1 2 3 S

a)

121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 121 119 113 101 84 67 51 34 22 − − − − − − − − − − − STPT480

JIS G 3457 STPY400

400 1 1 2 A

f)

ar)

70

100

70

70

70

70

70

70

70

70

70

70

70

70

STPY400

JIS G 3458

STPA12 0.5Mo

380 3 1 1 S

b),aj)

95 95 95 95 95 95 95 95 95 95 95 95 95 95 95 93 91 88 68 44 33 − − − − − − − − − − STPA12

STPA20 0.5Cr-0.5Mo

410 3 1 1 S

aj)

103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 102 99 97 95 75 51 43 − − − − − − − − − − STPA20

STPA22 1Cr-0.5Mo

410 4 1 1 S

103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 101 98 85 63 41 27 18 12

8 − − − − − − STPA22

STPA23 1.25Cr-0.5Mo-0.75Si 410 4 1 1 S

103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 102 99 97 94 75 53 37 26 18 12

8 − − − − − − STPA23

STPA24 2.25Cr-1Mo

410 5 1 1 S

103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 100 95 81 64 48 35 24 16 10 − − − − − − STPA24s

STPA25 5Cr-0.5Mo

410 5 2 1 S

103 103 103 101 100 100 99 99 99 99 98 97 96 94 91 88 84 77 62 47 35 26 18 12

7 − − − − − − STPA25

STPA26 9Cr-1Mo

410 5 2 1 S

103 103 103 101 100 100 99 99 99 99 98 97 96 94 91 88 84 80 75 61 44 30 21 14 10 − − − − − − STPA26

55

B 8265


2010


表 B.1−鉄鋼材料の許容引張応力(JIS のあるもの)(続き)

種類

記号

標準成分(%)

規定最小

引張強さ

N/mm

2

母材の

区分

グルー

プ番号

外 圧 チ

ャ ー ト

番号

製造

方法

各温度(℃)における許容引張応力  N/mm

2

記号

∼40

75 100 125 150 175 200 225 250 275 300 325 350 375 400 425 450 475 500 525 550 575 600 625 650 675 700 725 750 775 800

JIS G 3459 SUS304TP

18Cr-8Ni

520

8A

− 6 S

g),h)

g),h),i)

129
129

120
125

114
122

108
118

103
114

100
113

96

112

93

111

90

110

87

110

85

110

83

110

82

110

81

109

79

107

77

105

76

103

75

102

74

100

72
98

71
92

69
79

64
64

52
52

42
42

33
33

27
27

21
21

17
17

14
14

11
11

SUS304TP

g),h),j)

g),h),i),j)

110
110

102
106

97

103

92

100

88
97

85
96

81
95

79
94

77
93

75 
93

72 
93

71 
93

70
93

69
93

67
91

66
89

65
88

64
87

63
85

61
83

60
78

59
67

54
54

44
44

36
36

28
28

23
23

18
18

14
14

12
12

9
9

SUS304HTP 18Cr-8Ni 520

8A

− 6 S

i)

129
129

120
125

114
122

108
118

103
114

100
113

96

112

93

111

90

110

87

110

85

110

83

110

82

110

81

109

79

107

77

105

76

103

75

102

74

100

72
98

71
92

69
79

64
64

52
52

42
42

33
33

27
27

21
21

17
17

14
14

11
11

SUS304HTP

W

i) 

110
110

102
106

97

104

92

100

88
97

85
96

82
95

79
94

77
94

74 
94

72 
94

71 
94

70
94

69
93

67
91

65
89

65
88

64
87

63
85

61
83

60
78

59
67

54
54

44
44

36
36

28
28

23
23

18
18

14
14

12
12

9
9

SUS304LTP 18Cr-8Ni

極低 C

480 8A − 8 S

i)

114
115

104
114

97

113

93

109

88

105

85

104

81

102

79

101

76

100

74 
99

72 
97

71 
96

69
94

69
93

68
92

67
90

66
88

64
84

63
73

58
60

49
49

41
41

33
33

27
27

22
22

SUS304LTP

j)

i),j)

97
98

88
97

82
96

79
93

75
89

72
88

69
87

67
86

65
85

63 
84

61 
82

60 
82

59
80

59
79

58
78

57
77

56
75

55
71

54
62

49
51

42
42

35
35

28
28

23
23

19
19

SUS309TP 23Cr-12Ni

520  8A  − 7 S

g),h)

g),h),i)

129
130

124
130

120
130

115
129

111

129

108
128

105
126

102
125

98

124

97

123

96

121

95

120

94

119

93

118

92

116

90

114

89

111

88

108

87

105

77
85

60
60

44
44

32
32

24
24

17
17

11
11

6
6

4
4

3
3

2
2

2
2

SUS309TP

g),h),j)

g),h),i),j)

110
110

106
110

102
110

98

110

94

110

92

109

89

108

86

107

84

105

82

104

82

103

81

102

80

101

79

100

78
99

77
97

76
95

75
92

74
89

65
72

51
51

37
37

28
28

20
20

14
14

9
9

5
5

3
3

3
3

2
2

2
2

SUS309STP 23Cr-12Ni

520

8A  − 7 S

g),h)

g),h),i)

129
130

124
130

120
130

115
129

111

129

108
128

105
126

102
125

98

124

97

123

96

121

95

120

94

119

93

118

92

116

90

114

89

111

88

108

87

105

77
85

60
60

44
44

32
32

24
24

17
17

11
11

6
6

4
4

3
3

2
2

2
2

SUS309STP

g),h),j)

g),h),i),j)

110
110

106
110

102
110

98

110

94

110

92

109

89

108

86

107

84

105

82

104

82

103

81

102

80

101

79

100

78
99

77
97

76
95

75
92

74
89

65
72

51
51

37
37

28
28

20
20

14
14

9
9

5
5

3
3

3
3

2
2

2
2

SUS310TP 25Cr-20Ni

520  8A  − 7 S

g),h)

g),h),i)

129
130

124
128

120
126

115
124

111

121

108
121

105
120

102
120

100
120

97

120

96

120

94

120

93

120

92

120

90

119

89

117

88

115

87

113

85

111

76
87

60
60

44
44

32
32

24
24

17
17

11
11

6
6

4
4

3
3

2
2

2
2

SUS310TP

g),h),j)

g),h),i),j)

106
110

105
109

102
107

98

105

94

103

92

103

89

102

87

102

85

102

83

102

81

102

80

102

79

102

78

102

77

101

76

100

75
98

73
96

73
94

65
74

51
51

37
37

28
28

20
20

14
14

9
9

5
5

3
3

3
3

2
2

2
2

SUS310STP 25Cr-20Ni

520

8A  − 7 S

g),h)

g),h),i)

129
130

124
128

120
126

115
124

111

121

108
121

105
120

102
120

100
120

97

120

96

120

94

120

93

120

92

120

90

119

89

117

88

115

87

113

85

111

76
87

60
60

44
44

32
32

24
24

17
17

11
11

6
6

4
4

3
3

2
2

2
2

SUS310STP

g),h),j)

g),h),i),j)

110
110

106
108

102
107

98

105

94

103

92

103

89

102

87

102

85

102

83

102

81

102

80

102

79

102

78

102

77

101

76

100

75
98

73
96

73
94

65
74

51
51

37
37

28
28

20
20

14
14

9
9

5
5

3
3

3
3

2
2

2
2

SUS316TP 16Cr-12Ni-2Mo

520  8A  − 7 S

g),h)

g),h),i)

129
130

125
130

120
129

114
128

107
127

103
126

99

125

96

125

93

124

90

122

88

119

86

117

84

114

83

112

82

111

81

110

80

108

79

108

79

107

78

106

78

105

77
98

74
81

65
65

50
50

39
39

30
30

23
23

18
18

14
14

11
11

SUS316TP

g),h),j)

g),h),i),j)

110
110

106
110

102
110

97

109

92

108

88

107

85

106

82

106

79

106

77

104

75

102

73 
99

72
97

71
96

70
94

68
93

68
93

68
91

67
91

67
90

66
89

65
83

63
69

55
55

43
43

33
33

25
25

20
20

15
15

12
12

9
9

SUS316HTP 16Cr-12Ni-2Mo 520

8A

− 7 S

i)

129
130

125
130

120
129

114
128

107
127

103
126

99

125

96

125

93

124

90

122

88

119

86

117

84

114

83

112

82

111

81

110

80

108

79

108

79

107

78

106

78

105

77
98

74
81

65
65

50
50

39
39

30
30

23
23

18
18

14
14

11
11

SUS316HTP

j)

i),j)

110
110

106
110

102
110

97

109

91

108

88

107

84

106

82

106

79

105

77

104

75

101

73 
99

71
97

71
95

70
94

69
94

68
92

67
91

67
91

66
90

66
89

65
83

63
69

55
55

43
43

33
33

26
26

20
20

16
16

12
12

9
9

SUS316LTP 16Cr-12Ni-2Mo

極低 C

480 8A − 9 S

i)

114
115

103
115

96

115

92

112

87

110

84

109

81

108

79

106

76

103

74

101

73 
98

71 
96

70
95

69
93

68
91

66
90

65
88

SUS316LTP

j)

i),j)

97
98

88
98

82
97

78
96

74
94

71
93

69
92

67
90

65
88

63 
86

62 
83

60 
82

60
80

58
79

57
77

56
77

55
75

SUS317TP 18Cr-12Ni-3.5Mo

520  8A  − 7 S

g),h)

g),h),i)

129
130

125
130

120
129

114
128

107
127

103
126

99

125

96

125

93

124

90

122

88

119

86

117

84

114

83

112

82

111

81

110

80

108

79

108

79

107

78

106

78

105

77
98

74
81

65
65

50
50

39
39

30
30

23
23

18
18

14
14

11
11

SUS317TP

g),h),j)

g),h),i),j)

110
110

106
110

102
110

97

109

92

108

88

107

85

106

82

106

79

106

77

104

75

102

73 
99

72
97

71
96

70
94

68
93

68
93

68
91

67
91

67
90

66
89

65
83

63
69

55
55

43
43

33
33

25
25

20
20

15
15

12
12

9
9

56

B 8265


2010


表 B.1−鉄鋼材料の許容引張応力(JIS のあるもの)(続き)

種類

記号

標準成分(%)

規定最小

引張強さ

N/mm

2

母材の

区分

グルー

プ番号

外 圧 チ

ャ ー ト

番号

製造

方法

各温度(℃)における許容引張応力  N/mm

2

記号

∼40

75 100 125 150 175 200 225 250 275 300 325 350 375 400 425 450 475 500 525 550 575 600 625 650 675 700 725 750 775 800

JIS G 3459 SUS317LTP  18Cr-12Ni-3.5Mo

極低 C

480 8A − 9 S

i)

114
115

103
115

96

115

92

112

87

110

84

109

81

108

79

106

76

103

74

101

73 
98

71 
96

70
95

69
93

68
91

66
90

65
88

SUS317LTP

j)

i),j)

97
98

88
98

82
98

78
95

74
94

71
93

69
92

67
90

65
88

63 
86

62 
83

60 
82

60
81

58
79

57
77

56
77

55
75

SUS321TP 18Cr-10Ni-Ti

520  8A  − 7 S

g),h)

g),h),i)

129
129

125
125

122
122

118
118

114
115

110
114

106
113

103
113

100
113

97

113

95

113

93

113

91

113

89

113

88

113

86

113

86

113

85

113

84

113

83

103

75
82

60
60

44
44

33
33

25
25

18
18

13
13

9
9

6
6

4
4

3
3

SUS321TP

g),h),j)

g),h),i),j)

110
110

106
106

103
103

100
101

96
98

93
97

90
96

88
96

85
96

83 
96

81 
96

79 
96

77
96

76
96

75
96

73
96

73
96

72
96

71
96

71
94

64
77

51
51

38
38

28
28

21
21

16
16

11
11

7
7

5
5

4
4

2
2

SUS321HTP 18Cr-10Ni-Ti 520

8A

− 7 S

i)

129
129

125
125

122
122

118
118

114
115

110
114

106
113

103
113

100
113

97

113

95

113

93

113

91

113

89

113

88

113

86

113

86

113

85

113

84

113

83

111

82
99

75
77

59
59

46
46

37
37

29
29

23
23

18
18

15
15

12
12

9
9

SUS321HTP

j)

i),j)

110
110

106
106

104
104

100
100

97
98

94
97

90
96

88
96

85
96

82 
96

81 
96

79 
96

77
96

76
96

75
96

73
96

73
96

72
96

71
95

71
94

68
64

61
54

50
50

39
39

31
31

25
25

20
20

15
15

13
13

10
10

8
8

SUS347TP 18Cr-10Ni-Nb

520  8A  − 7 S

g),h)

g),h),i)

129
129

125
125

122
122

118
118

113
113

110
110

107
107

106
106

104
104

102 
103

100 
103

98

102

97

102

95

101

94

101

94

101

93

101

93

101

93

101

92

100

88
92

76
76

58
58

40
40

30
30

23
23

16
16

12
12

9
9

7
7

6
6

SUS347TP

g),h),j)

g),h),i),j)

110
110

107
107

104
104

100
100

96
96

94
94

91
91

90
90

89
89

87 
88

85 
88

84 
87

82
87

81
86

80
86

80
86

79
86

79
86

79
86

79
85

75
79

65
65

49
49

35
35

26
26

20
20

14
14

10
10

8
8

6
6

5
5

SUS347HTP 18Cr-10Ni-Nb 520

8A

− 7 S

i)

129
129

125
125

122
122

118
118

113
113

110
110

107
107

106
106

104
104

102 
103

100 
103

98

102

97

102

95

101

94

101

94

101

93

101

93

101

93

101

92

100

92
98

91
96

87
88

70
70

54
54

42
42

32
32

24
24

19
19

15
15

11
11

SUS347HTP

j)

i),j)

110
110

106
106

104
104

100
100

96
96

94
94

91
91

90
90

88
88

87 
88

85 
88

83 
87

82
87

81
86

80
86

80
86

79
86

79
86

79
86

78
85

78
84

77
82

74
75

60
60

46
46

36
36

27
27

20
20

16
16

13
13

10
10

SUS329J1TP 25Cr-4Ni-2Mo 590

8B

− 7 S

W

148
126

148
126

142
121

140
119

137
116

135
115

132
112

131

111

130
110

129 
110

127 
108

127 
107

127
104

126
102

126

99

SUS329J1TP

SUS836LTP 21Cr-24Ni-6Mo

520

8A  −

S

W

129
110

114

97

104

89

97
83

77
65

SUS836LTP

SUS890LTP 21Cr-25Ni-Mo

490

8A  −

S

W

122
104

118
100

114

97

109

92

104

88

100

85

96
81

92
78

89
76

86 
73

84 
71

82 
70

80
68

SUS890LTP

JIS G 3460 STPL380

380 1 1 2 S

E

95
81

95
81

95
81

95
81

95
81

95
81

95
81

95
81

95
81

95 
81

95 
81

95 
81

94
81

STPL380

STPL450 3.5Ni

450  9B − 2 S

112 112 112 112 112 112 112 112 112 112 112 112 − − − − − − − − − − − − − − − − − − − STPL450

STPL690 9Ni

690 11A

S

− 172 169 160 −

−  −  −

− STPL690

JIS G 3461 STB340

340 1 1 1

S,E

E

a),ab),aj)

a),aj)

85
72

85
72

85
72

85
72

85
72

85
72

85
72

85
72

85
72

85 
72

85 
72

85 
72

85
72

82
70

76
65

66
56

53
45

49
42

36
31

24
20

18
15

STB340

STB410

410 1 1 2

S,E

E

a),ab),aj)

a),aj)

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

102

87

98
83

89
76

75
64

62
53

46
39

32
27

22
19

17
14

STB410

STB510

510 1 2 3

S,E

E

ab)

128
109

128
109

128
109

128
109

128
109

128
109

128
109

128
109

128
109

128 
109

128 
109

128 
109

128
109

128
109

115

98

98
83

69
59

STB510

57

B 8265


2010


表 B.1−鉄鋼材料の許容引張応力(JIS のあるもの)(続き)

種類

記号

標準成分(%)

規定最小

引張強さ

N/mm

2

母材の

区分

グルー

プ番号

外 圧 チ

ャ ー ト

番号

製造

方法

各温度(℃)における許容引張応力  N/mm

2

記号

∼40

75 100 125 150 175 200 225 250 275 300 325 350 375 400 425 450 475 500 525 550 575 600 625 650 675 700 725 750 775 800

JIS G 3462

STBA12 0.5Mo

380 3 1 1

S,E

E

b),ab),aj)

b),aj)

95
81

95
81

95
81

95
81

95
81

95
81

95
81

95
81

95
81

95 
81

95 
81

95 
81

95
81

95
81

95
81

93
79

91
78

88
75

68
58

44
37

33
28

STBA12

STBA13 0.5Mo

410 3 1 1

S,E

E

b),ab),aj)

b),aj)

102

87

102

87

102

87

102

87

102

87

102

87

102

87

102

87

102

87

102

87

102

87

102

87

102

87

102

87

102

87

100

85

95
81

88
75

69
59

44
37

33
28

STBA13

STBA20 0.5Cr-0.5Mo

410 3 1 1

S,E

E

ab),aj)

aj) 

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

102

87

99
84

97
82

95
81

75
64

51
43

41
35

STBA20

STBA22 1Cr-0.5Mo

410 4 1 1

S,E

E

ab)

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

103

88

101

86

98
83

85
72

63
54

41
34

27
23

18
15

12
10

8
5

STBA22

STBA23 1.25Cr-0.5Mo-0.75Si 410 4 1 1 S

103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 102 99 99 94 75 53 37 26 18 12

8 − − − − − − STBA23

STBA24 2.25Cr-1Mo

410 5 1 1 S

103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 103 100 95 81 64 48 35 24 16 10 − − − − − − STBA24

STBA25 5Cr-0.5Mo

410 5 2 1 S

103 103 103 101 100 100 99 99 99 99 98 97 96 94 91 88 84 77 62 47 35 26 18 12

7 − − − − − − STBA25

STBA26 9Cr-1Mo

410 5 2 1 S

103 103 103 101 100 100 99 99 99 99 98 97 96 94 91 88 84 80 75 61 44 30 21 14 10 − − − − − − STBA26

JIS G 3463 SUS304TB

18Cr-8Ni

520

8A

− 6 S

g),h)

g),h),i)

129
129

120
125

114
122

108
118

103
114

100
113

96

112

93

111

90

110

87

110

85

110

83

110

82

110

81

109

79

107

77

105

76

103

75

102

74

100

72
98

71
92

69
79

64
64

52
52

42
42

33
33

27
27

21
21

17
17

14
14

11
11

SUS304TB

g),h),j)

g),h),i),j)

110
110

98

106

91

103

87

100

83
97

79
96

76
95

74
94

72
93

70 
93

68 
93

67 
93

66
93

65
93

63
91

62
89

61
88

60
87

59
85

58
83

57
78

54
67

50
54

44
44

36
36

28
28

23
23

18
18

15
15

12
12

10
10

SUS304HTB 18Cr-8Ni 520

8A

− 6 S

i)

129
129

120
125

114
122

108
118

103
114

100
113

96

112

93

111

90

110

87

110

85

110

83

110

82

110

81

109

79

107

77

105

76

103

75

102

74

100

72
98

71
92

69
79

64
64

52
52

42
42

33
33

27
27

21
21

17
17

14
14

11
11

SUS304HTB

W

i)

110
110

102
106

97

104

92

100

88
97

85
96

82
95

79
94

77
94

77 
94

72 
94

71 
94

70
94

69
93

67
91

65
89

65
88

64
87

63
85

61
83

60
78

59
67

54
54

44
44

36
36

28
28

23
23

18
18

14
14

12
12

9
9

SUS304LTB

18Cr-8Ni

極低 C

480 8A − 8 S

i)

114
115

104
114

97

113

93

109

88

105

85

104

81

102

79

101

76

100

74 
99

72 
97

71 
96

69
94

69
93

68
92

67
90

66
88

64
84

63
73

58
60

49
49

41
41

33
33

27
27

22
22

SUS304LTB

j)

i),j)

97
98

89
97

83
96

79
93

75
90

72
88

69
86

67
86

65
85

63 
84

61 
83

60 
82

59
80

58
79

57
78

57
77

56
75

55
71

54
62

49
51

42
42

35
35

28
28

23
23

19
19

SUS309TB 23Cr-12Ni

520  8A  − 7 S

g),h)

g),h),i)

129
130

124
130

120
130

115
129

111

129

108
128

105
126

102
125

98

124

97

123

96

121

95

120

94

119

93

118

92

116

90

114

89

111

88

108

87

105

77
85

60
60

44
44

32
32

24
24

17
17

11
11

6
6

4
4

3
3

2
2

2
2

SUS309TB

g),h),j)

g),h),i),j)

110
110

106
110

102
110

98

110

94

110

92

109

89

108

86

107

84

105

82

104

82

103

81

102

80

101

79

100

78
99

77
97

76
95

75
92

74
89

65
72

51
51

37
37

28
28

20
20

14
14

9
9

5
5

3
3

3
3

2
2

2
2

SUS309STB

23Cr-12Ni 520

8A

− 7 S

g),h)

g),h),i)

129
130

124
130

120
130

115
129

111

129

108
128

105
126

102
125

98

124

97

122

96

121

95

120

94

119

93

118

92

116

90

114

89

111

88

108

87

105

77
85

60
60

44
44

32
32

24
24

17
17

11
11

6
6

4
4

3
3

2
2

2
2

SUS309STB

g),h),j)

g),h),i),j)

110
110

105
110

102
110

98

110

94

110

92

109

89

107

87

106

83

105

82

104

82

103

81

102

80

101

79

100

78
99

77
97

76
94

75
92

74
89

65
72

51
51

37
37

28
28

20
20

14
14

9
9

5
5

3
3

3
3

2
2

2
2

SUS310TB 25Cr-20Ni

520  8A  − 7 S

g),h)

g),h),i)

129
130

124
128

120
126

115
124

111

121

108
121

105
120

102
120

100
120

97

120

96

120

94

120

93

120

92

120

90

119

89

117

88

115

87

113

85

111

76
87

60
60

44
44

32
32

24
24

17
17

11
11

6
6

4
4

3
3

2
2

2
2

SUS310TB

g),h),j)

g),h),i),j)

110
110

106
108

102
107

98

105

94

103

92

103

89

102

87

102

85

102

83

102

81

102

80

102

79

102

78

102

77

101

76

100

75
98

73
96

73
94

65
74

51
51

37
37

28
28

20
20

14
14

9
9

5
5

3
3

3
3

2
2

2
2

SUS310STB

25Cr-20Ni 520

8A

− 7 S

g),h)

g),h),i)

129
130

124
128

120
126

115
124

111

121

108
121

105
120

102
120

100
120

97

120

96

120

94

120

93

120

92

120

90

119

89

117

88

115

87

113

85

111

76
87

60
60

44
44

32
32

24
24

17
17

11
11

6
6

4
4

3
3

2
2

2
2

SUS310STB

g),h),j)

g),h),i),j)

110
110

106
108

102
107

98

105

94

103

92

103

89

102

87

102

85

102

83

102

81

102

80

102

79

102

78

102

77

101

76

100

75
98

73
96

73
94

65
74

51
51

37
37

28
28

20
20

14
14

9
9

5
5

3
3

3
3

2
2

2
2

58

B 8265


2010


表 B.1−鉄鋼材料の許容引張応力(JIS のあるもの)(続き)

種類

記号

標準成分(%)

規定最小

引張強さ

N/mm

2

母材の

区分

グルー

プ番号

外 圧 チ

ャ ー ト

番号

製造

方法

各温度(℃)における許容引張応力  N/mm

2

記号

∼40

75 100 125 150 175 200 225 250 275 300 325 350 375 400 425 450 475 500 525 550 575 600 625 650 675 700 725 750 775 800

JIS G 3463 SUS316TB

16Cr-12Ni-2Mo

520

8A

− 7 S

g),h)

g),h),i)

129
130

125
130

120
129

114
128

107
127

103
126

99

125

96

125

93

124

90

122

88

119

86

117

84

114

83

112

82

111

81

110

80

108

79

108

79

107

78

106

78

105

77
98

74
81

65
65

50
50

39
39

30
30

23
23

18
18

14
14

11
11

SUS316TB

g),h),j)

g),h),i),j)

110
110

106
110

102
110

97

109

92

108

88

107

85

106

82

106

79

106

77

104

75

102

73 
99

72
97

71
96

70
94

68
93

68
93

68
91

67
91

67
90

66
89

65
83

63
69

55
55

43
43

33
33

25
25

20
20

15
15

12
12

9
9

SUS316HTB 16Cr-12Ni-2Mo 520

8A

− 7 S

i)

129
130

125
130

120
129

114
128

107
127

103
126

99

125

96

125

93

124

90

122

88

119

86

117

84

114

83

112

82

111

81

110

80

108

79

108

79

107

78

106

78

105

77
98

74
81

65
65

50
50

39
39

30
30

23
23

18
18

14
14

11
11

SUS316HTB

j)

i),j)

110
110

106
110

102
110

97

109

92

108

88

107

85

106

82

106

79

106

77

104

75

102

73 
99

72
97

71
96

70
94

69
93

68
93

68
91

67
91

67
90

66
89

65
83

63
69

55
55

43
43

33
33

25
25

20
20

16
16

12
12

9
9

SUS316LTB

16Cr-12Ni-2Mo

極低 C

480 8A − 9 S

i)

114
115

103
115

96

115

92

112

87

110

84

109

81

108

79

106

76

103

74

101

73 
98

71 
96

70
95

69
93

68
91

66
90

65
88

SUS316LTB

j)

i),j)

97
98

88
98

82
97

78
96

74
94

72
93

69
92

67
90

65
88

63 
86

62 
83

60 
82

60
80

58
79

57
77

56
77

55
75

SUS317TB 18Cr-12Ni-3.5Mo

520  8A  − 7 S

g),h)

g),h),i)

130
130

125
130

120
129

114
128

107
127

103
126

99

125

96

125

93

124

90

122

88

119

86

117

84

114

83

112

82

111

81

110

80

108

79

108

79

107

78

106

78

105

77
98

74
81

65
65

50
50

39
39

30
30

23
23

18
18

14
14

11
11

SUS317TB

g),h),j)

g),h),i),j)

110
110

106
110

102
110

97

109

92

108

88

107

85

106

82

106

79

106

77

104

75

102

73 
99

72
97

71
96

70
94

68
93

68
93

68
91

67
91

67
90

66
89

65
83

63
69

55
55

43
43

33
33

25
25

20
20

15
15

12
12

9
9

SUS317LTB

18Cr-12Ni-3.5Mo

極低 C

480 8A − 9 S

i)

114
115

103
115

96

115

92

112

87

110

84

109

81

108

79

106

76

103

74

101

73 
98

71 
96

70
95

69
93

68
91

66
90

65
88

SUS317LTB

j)

i),j)

97
98

88
98

82
98

78
95

74
94

71
93

69
92

67
90

65
88

63 
86

62 
83

60 
82

60
81

58
79

57
77

56
77

55
75

SUS321TB 18Cr-10Ni-Ti

520  8A  − 7 S

g),h)

g),h),i)

129
129

125
125

122
122

118
118

114
115

110
114

106
113

103
113

100
113

97

113

95

113

93

113

91

113

89

113

88

113

86

113

86

113

85

113

84

113

83

107

75
87

60
60

44
44

33
33

25
25

18
18

13
13

9
9

6
6

4
4

3
3

SUS321TB

g),h)

g),h),i)

110
110

106
106

103
103

100
101

96
98

93
97

90
96

88
96

85
96

83 
96

81 
96

79 
96

77
96

76
96

74
96

73
96

73
96

72
96

71
95

71
94

64
77

51
51

38
38

28
28

21
21

16
16

11
11

8
8

6
6

4
4

2
2

SUS321HTB 18Cr-10Ni-Ti 520

8A

− 7 S

i)

129
129

125
125

122
122

118
118

114
115

110
114

106
113

103
113

100
113

97

113

95

113

93

113

91

113

89

113

88

113

86

113

86

113

85

113

84

113

83

111

82
99

75
77

59
59

46
46

37
37

29
29

23
23

18
18

15
15

12
12

9
9

SUS321HTB

j)

i),j)

110
110

106
106

104
104

100
100

97
98

94
97

90
96

88
96

85
96

82 
96

81 
96

79 
96

77
96

76
96

75
96

73
96

73
96

72
96

71
95

71
94

68
84

61
65

50
50

39
39

31
31

25
25

20
20

15
15

13
13

10
10

8
8

SUS347TB 18Cr-10Ni-Nb

520  8A  − 7 S

g),h)

g),h),i)

129
129

125
125

122
122

118
118

113
113

110
110

107
107

106
106

104
104

102 
103

100 
103

98

102

97

102

95

101

94

101

94

101

93

101

93

101

93

101

92

100

88
92

76
76

58
58

40
40

30
30

23
23

16
16

12
12

9
9

7
7

6
6

SUS347TB

g),h)

g),h),i)

110
110

107
107

104
104

100
100

96
96

94
94

91
91

90
90

89
89

87 
88

85 
88

84 
87

82
87

81
86

80
86

80
86

79
86

79
86

79
86

79
85

75
79

65
65

49
49

35
35

26
26

20
20

14
14

10
10

8
8

6
6

5
5

SUS347HTB 18Cr-10Ni-Nb 520

8A

− 7 S

i)

129
129

125
125

122
122

118
118

113
113

110
110

107
107

106
106

104
104

102 
103

100 
103

98

102

97

102

95

101

94

101

94

101

93

101

93

101

93

101

92

100

92
98

91
96

87
88

70
70

54
54

42
42

32
32

24
24

19
19

15
15

11
11

SUS347HTB

W

i)

110
110

106
106

104
104

100
100

96
96

94
94

91
91

90
90

88
88

87 
88

85 
88

83 
87

82
87

81
86

80
86

80
86

79
86

79
86

79
86

78
85

78
84

77
82

74
75

60
60

46
46

36
36

27
27

20
20

16
16

13
13

10
10

SUS329J1TB 25Cr-4Ni-Mo 590

8B

− 7 S

W

148
126

148
126

142
121

140
119

137
116

135
115

132
112

131

111

130
110

129 
110

127 
108

127 
107

127
104

126
102

126

99

SUS329J1TB

SUS329J4LT
B

25Cr-6.5Ni-3Mo-W-Cu
-N-極低 C

620 8B −

− 155 155 154 152 150 147 145 143 141 140

140

−  −

− SUS329J4LTB

SUS405TB 12Cr-Al

410

7  − 2 S

W

k)

k)

103

88

100

85

98
84

97
83

95
81

94
80

92
78

91
77

89
76

88 
75

86 
74

85 
73

84
72

83
71

81
68

77
65

72
61

68
58

61
52

42
35

SUS405TB

SUS410TB 13Cr

410

6  − 2 S

W

103

88

100

85

98
84

97
82

95
81

94
79

92
78

91
77

89
76

88 
75

86 
73

85 
72

84
71

83
71

81
69

77
65

72
61

68
58

61
53

50
43

38
32

27
22

18
15

12

9

7
6

SUS410TB

59

B 8265


2010


表 B.1−鉄鋼材料の許容引張応力(JIS のあるもの)(続き)

種類

記号

標準成分(%)

規定最小

引張強さ

N/mm

2

母材の

区分

グルー

プ番号

外 圧 チ

ャ ー ト

番号

製造

方法

各温度(℃)における許容引張応力  N/mm

2

記号

∼40

75 100 125 150 175 200 225 250 275 300 325 350 375 400 425 450 475 500 525 550 575 600 625 650 675 700 725 750 775 800

JIS G 3463 SUS430TB

17Cr

410

7

− 7 S

W

k)

k)

103

88

100

85

98
84

97
83

95
81

94
80

92
78

91
77

89
76

88 
75

86 
74

85 
73

84
72

83
71

81
68

77
65

72
61

68
58

62
52

51
43

39
33

28
24

21
17

16
13

12
10

SUS430TB

SUS836LTB

21Cr-24Ni-6Mo 520

8A

S

W

129
110

114

99

104

89

98
83

77
65

SUS836LTB

SUS890LTB

21Cr-25Ni-Mo 490

8A

S

W

122
104

118
100

114

97

109

92

104

88

100

85

96
81

92
78

89
76

86 
73

84 
71

82 
70

80
68

SUS890LTB

JIS G 3464 STBL380

380 1 1 2

S,E

E

ab)

95
81

95
81

95
81

95
81

95
81

95
81

95
81

95
81

95
81

95 
81

95 
81

95 
81

STBL380

STBL450 3.5Ni

450  9B −

S

112 112 112 112 112 112 112 112 112 112 112 112 − − − − − − − − − − − − − − − − − − − STBL450

STBL690 9Ni

690 11A

S

− 172 169 160 −

−  −  −

− STBL690

種類

記号

標準成分

(%)

規定最小

引張強さ

N/mm

2

母材

区分

グル

ープ

番号

外圧チ

ャート

番号

製造

方法

各温度(℃)における許容引張応力  N/mm

2

記号

∼40 75 100 125 150 175 200 225 250 275 300 325 350 375 400 425 450 475 500 525 550 575 600 625 650 675 700 725 750 775 800 815 825 850 875 900 925 950 975 985

JIS G 3467  STF410

− 410

1

1

2

S

− − − − − − − − − − − 102 102 102 102 93 74 57 42 30 25 − − − − − − − − − − − − − − − − − − − STF410

STFA12 0.5Mo

380  3 1  1  S

− − − − − − − − − − −

95 95 95 95 95 95 95 86 53 32 20 14 − − − − − − − − − − − − − − − − − STFA12

STFA24 2.25Cr-1Mo

410  5 1  1  S

− − − − − − − − − − − 102 102 102 102 102 102 102  96 71 53 39 29 21 12 − − − − − − − − − − − − − − − STFA24

STFA25 5Cr-0.5Mo

410  5 2  1  S

− − − − − − − − − − − 102 102 102 102 102 102 100  75 56 42 31 24 18 13 − − − − − − − − − − − − − − − STFA25

STFA26 9Cr-1Mo

410  5 2  1  S

− − − − − − − − − − − 102 102 102 102 102

101 96 91 76 53 37 26 19 13

9

6 − − − − − − − − − − − − − STFA26

SUS304TF 18Cr-8Ni

520  8A  − 6  S

g),h)

− − − − − − − − − − − 114 112 110 108 106  104  102  100 98 96 95 80 64 52 41 33 27 22 18 14 12 − − − − − − − − SUS304TF

SUS304HTF 18Cr-8Ni 520

8A

− 6  S

− − − − − − − − − − − 114 112 110 108 106  104  102  100 98 96 95 80 64 52 41 33 27 22 18 14 12 − − − − − − − − SUS304HTF

SUS316TF 16Cr-12Ni-2Mo  520  8A  − 7  S

g),h)

− − − − − − − − − − − 117 115 113 111 110  108  107  106 105 104 103 102 83 64 49 37 28 22 17 13 11 − − − − − − − − SUS316TF

SUS316HTF 16Cr-12Ni-2Mo 520  8A − 7  S

− − − − − − − − − − − 117 115 113 111 110  108  107  106 105 104 103 102 83 64 49 37 28 22 17 13 11 − − − − − − − − SUS316HTF

SUS321TF 18Cr-10Ni-Ti

520  8A  − 7  S

g),h)

− − − − − − − − − − − 112 110 108 107 106 105 105 105 104 98 74 55 41 31 24 18 13 10

7

6

5 − − − − − − − − SUS321TF

SUS321HTF 18Cr-10Ni-Ti 520

8A

− 7  S

− − − − − − − − − − − 112 110 108 107 106  105  105  105 105 104 92 73 57 45 36 28 23 18 14 11 10 − − − − − − − − SUS321HTF

SUS347TF 18Cr-10Ni-Nb

520  8A  − 7  S

g),h)

− − − − − − − − − − − 128 128 127 127 126 126 126 126 126 126 126 114 87 67 52 39 30 24 18 14 12 − − − − − − − − SUS347TF

SUS347HTF 18Cr-10Ni-Nb 520 8A

− 7  S

− − − − − − − − − − − 128 128 127 127 126 126 126 126 126 126 126 114 87 67 52 39 30 24 18 14 12 − − − − − − − − SUS347HTF

NCF800HTF 21Cr-32Ni 450

45

− 34  S

− − − − − − − − − − − 128 128 128 128 127 127 126 125 123 120 108 84 65 61 50 41 33 27 23 19 17 15 12 10

8

7

6

5

4 NCF800HTF

60

B 8265


2010


表 B.1−鉄鋼材料の許容引張応力(JIS のあるもの)(続き)

種類

記号

標準成分(%)

規定最小

引張強さ

N/mm

2

母材の

区分

グルー

プ番号

外 圧 チ

ャ ー ト

番号

製造

方法

各温度(℃)における許容引張応力  N/mm

2

記号

∼40

75 100 125 150 175 200 225 250 275 300 325 350 375 400 425 450 475 500 525 550 575 600 625 650 675 700 725 750 775 800

JIS G 3468 SUS304TPY

18Cr-8Ni

520

8A

− 6 W

g),h),aa)

g),h),i),aa)

90
90

80
87

75
84

71
82

68
80

65
78

62
78

61
77

59
76

57 
76

56 
76

55
76

54
76

53
76

52
75

51
73

50
72

50
71

48
70

48
68

47
64

45
55

41
44

36
36

29
30

23
23

19
19

15
15

12
12

10
10

8
8

SUS304TPY

SUS304LTPY 18Cr-8Ni

極低 C

480 8A − 8 W aa)

i),aa)

80
80

73
80

68
79

65
76

62
74

59
72

57
71

55
71

53
70

52 
69

51 
68

49
67

48
66

48
65

47
64

47
63

46
62

45
59

44
51

41
42

34
34

28
28

23
23

19
19

15
15

SUS304LTPY

SUS309STPY 23Cr-12Ni 520

8A

− 7 W

g),h),aa)

g),h),i),aa)

90
90

87
90

84
90

80
90

77
90

75
89

73
88

71
87

69
86

67 
85

67 
84

66
84

66
83

65
82

64
81

63
80

62
78

62
75

61
73

53
59

42
42

30
30

23
23

16
16

11
11

7
7

4
4

2
2

2
2

2
2

2
2

SUS309STPY

SUS310STPY 25Cr-20Ni 520

8A

− 7 W

g),h),aa)

g),h),i),aa)

90
90

87
89

84
88

80
86

77
84

75
84

73
84

71
84

70
84

68 
84

66 
84

66
84

65
84

64
84

63
83

62
82

62
80

60
79

60
79

53
77

42
42

30
30

23
23

16
16

11
11

7
7

4
4

2
2

2
2

2
2

2
2

SUS310STPY

SUS316TPY 16Cr-12Ni

2Mo

520 8A − 7 W g),h),aa)

g),h),i),aa)

90
90

87
90

84
90

80
89

75
89

72
88

70
87

67
87

65
87

63 
85

62 
84

60
81

59
80

58
79

57
77

56
76

56
76

56
75

55
75

55
74

54
73

53
68

52
57

45
45

35
35

27
27

21
21

16
16

12
12

10
10

8
7

SUS316TPY

SUS316LTPY 16Cr-12Ni-2Mo

極低 C

480 8A − 9 W aa)

i),aa)

80
80

72
80

67
80

64
79

61
77

59
76

57
75

55
74

53
72

52 
71

51 
68

49
67

49
66

48
65

48
63

47
63

44
60

SUS316LTPY

SUS317TPY 18Cr-13Ni-3Mo 520

8A

− 7 W

g),h),aa)

g),h),i),aa)

91
91

87
91

84
91

80
90

76
89

72
88

70
87

68
87

65
87

63 
86

62 
84

60
82

59
80

58
79

58
77

56
77

56
77

56
75

55
75

55
74

54
73

54
68

52
57

45
45

35
35

27
27

21
21

16
16

12
12

10
10

7
7

SUS317TPY

SUS321TPY 18Cr-10Ni-Ti 520

8A

− 7 W

g),h),aa)

g),h),i),aa)

90
90

87
87

84
84

82
83

79
80

76
79

74
79

72
79

70
79

68 
79

66 
79

65
79

63
79

62
79

61
79

60
79

60
79

59
79

58
78

58
77

52
63

42
42

31
31

23
23

17
17

13
13

9
9

7
7

5
5

3
3

2
2

SUS321TPY

SUS347TPY 18Cr-10Ni-Nb 520

8A

− 7 W

g),h),aa)

g),h),i),aa)

90
90

88
88

85
85

82
82

79
79

77
78

75
75

74
74

73
73

71 
72

70 
72

69
71

67
71

66
71

66
71

66
71

65
71

65
71

65
71

65
70

62
65

53
53

40
40

29
29

21
21

16
16

11
11

8
8

7
7

5
5

4
4

SUS347TPY

JIS G 4051 S10C

− 1 1 1

l),ag),ah) 78

78 78 78 78 78 78 78 78 78

78

78 78 76 71 61 50 − − − − − − − − − − − − − − S10C

S12C,S15C

− 1 1 2

l),ag),ah)

l),ag),ah)

92
78

92
78

92
78

92
78

92
78

92
78

92
78

92
78

92
78

92 
78

92 
78

92
78

92
78

89
76

80
71

70
61

56
50

S12C,S15C

S17C,S20C

− 1 1 2

l),ag),ah)

l),ag),ah)

100

92

100

92

100

92

100

92

100

92

100

92

100

92

100

92

100

92

100

92

100

92

100

92

100

92

95
89

86
80

75
70

57
56

S17C,S20C

S22C,S25C

− 1 1 3

l),ag),ah)

l),ag),ah)

110
100

110
100

110
100

110
100

110
100

110
100

110
100

110
100

110
100

110 
100

110 
100

110
100

110
100

104

96

94
86

79
75

57
57

S22C,S25C

S28C,S30C

− 1 1 3

l),ag),ah)

l),ag),ah)

118
110

118
110

118
110

118
110

118
110

118
110

118
110

118
110

118
110

118 
110

118 
110

118
110

118
110

110
101

99
91

82
79

58
57

S28C,S30C

S33C,S35C

− 1 2 3

l),ag),ah),am)

l),ag),ah),am)

128
118

128
118

128
118

128
118

128
118

128
118

128
118

128
118

128
118

128 
118

128 
118

128
118

128
118

S33C,S35C

JIS G 4053 SMn420

SMn433 
SMn438 
SMn443 
SMnC420 
SMnC443

1.35Mn 
1.35Mn 
1.50Mn 
1.50Mn 
Mn-0.5Cr 
Mn-0.5Cr

l)

l)

l)

l)

l)

l)

172
172
185
195
208
232

172
172
185
195
208
232

172
172
185
195
208
232

172
172
185
195
208
232

172
172
185
195
208
232

172
172
185
195
208
232

172
172
185
195
208
232

172
172
185
195
208
232

172
172
185
195
208
232

172 
172 
185 
195 
208 
232

172 
172 
185 
195 
208 
232

172
172
185
195
208
232

172
172
185
195
208
232

SMn420 
SMn433 
SMn438 
SMn443 
SMnC420 
SMnC443

SCr430 
SCr435 
SCr440 
SCr445

0.3C-1Cr 
0.35C-1Cr 
0.4C-1Cr 
0.45C-1Cr

l)

l)

l)

l)

195
220
232
245

195
220
232
245

195
220
232
245

195
220
232
245

195
220
232
245

195
220
232
245

195
220
232
245

195
220
232
245

195
220
232
245

195 
220 
232 
245

195 
220 
232 
245

195
220
232
245

195
220
232
245

195
220
232
245

195
220
232
245

SCr430 
SCr435 
SCr440 
SCr445

SCM430 
SCM432 
SCM435 
SCM440 
SCM445

1.1Cr-0.23Mo 
1.25Cr-0.23Mo 
1.1Cr-0.23Mo 
1.1Cr-0.23Mo 
1.1Cr-0.23Mo

l)

l)

l)

l)

l)

208
220
232
245
258

208
220
232
245
258

208
220
232
245
258

208
220
232
245
258

208
220
232
245
258

208
220
232
245
258

208
220
232
245
258

208
220
232
245
258

208
220
232
245
258

208 
220 
232 
245 
258

208 
220 
232 
245 
258

208
220
232
245
258

208
220
232
245
258

208
220
232
245
258

208
220
232
245
258

SCM430 
SCM432 
SCM435 
SCM440 
SCM445

61

B 8265


2010


表 B.1−鉄鋼材料の許容引張応力(JIS のあるもの)(続き)

種類

記号

標準成分(%)

規定最小

引張強さ

N/mm

2

母材の

区分

グルー

プ番号

外 圧 チ

ャ ー ト

番号

製造

方法

各温度(℃)における許容引張応力  N/mm

2

記号

∼40

75 100 125 150 175 200 225 250 275 300 325 350 375 400 425 450 475 500 525 550 575 600 625 650 675 700 725 750 775 800

JIS G 4053 SNC236

SNC631 
SNC836

1.25Ni-0.7Cr 
2.75Ni-0.8Cr 
3.25Ni-0.8Cr

l)

l)

l)

185
208
232

185
208
232

185
208
232

185
208
232

185
208
232

185
208
232

185
208
232

185
208
232

185
208
232

185 
208 
232

185 
208 
232

185
208
232

185
208
232

SNC236 
SNC631 
SNC836

SNCM240 
SNCM431 
SNCM439 
SNCM447 
SNCM625 
SNCM630

0.55Ni-0.5Cr-0.23Mo 
1.8Ni-0.8Cr-0.23Mo 
1.8Ni-0.8Cr-0.23Mo 
1.8Ni-0.8Cr-0.23Mo 
3.25Ni-1.25Cr-0.23Mo 
3.0Ni-3Cr-0.5Mo

l)

l)

l)

l)

l)

l)

220
208
245
258
232
270

220
208
245
258
232
270

220
208
245
258
232
270

220
208
245
258
232
270

220
208
245
258
232
270

220
208
245
258
232
270

220
208
245
258
232
270

220
208
245
258
232
270

220
208
245
258
232
270

220 
208 
245 
258 
232 
270

220 
208 
245 
258 
232 
270

220
208
245
258
232
270

220
208
245
258
232
270

SNCM240 
SNCM431 
SNCM439 
SNCM447 
SNCM625 
SNCM630

SACM645 1.5Cr-0.23Mo-1Al

l) 208 208 208 208 208 208 208 208 208 208

208

208 208 − − − − − − − − − − − − − − − − − − SACM645

JIS G 4109 SCMV1

0.5Cr-0.5Mo

380 
480

3 1

2


3

m),aj)

n),aj)

95

121

95

121

95

121

95

121

95

121

95

121

95

121

95

121

95

121

95

121

95

121

95

121

95

120

95

120

95

120

95

120

93

120

89

118

72
83

51
51

41
41

SCMV1

SCMV2 1Cr-0.5Mo

380 
450

4 1 2

3

m)

n)

95

112

95

112

95

112

95

112

95

112

95

112

95

112

95

112

95

112

95

112

95

112

95

112

95

112

95

112

95

112

95

112

93

109

90

106

82
88

63
63

41
41

27
27

18
18

12
12

8
8

SCMV2

SCMV3 1.25Cr

0.5Mo-0.75Si

410 
520

4 1 2

3

m)

n)

103
130

103
130

103
130

103
130

103
130

103
130

103
130

103
130

103
130

103 
130

103 
130

103
130

103
130

103
130

103
130

103
130

101
127

96

103

75
75

53
53

37
37

26
26

18
18

12
12

8
8

SCMV3

SCMV4 2.25Cr-1Mo

410 
520

5 1 2

3

m)

n)

103
130

103
130

103
129

103
128

103
126

103
125

103
124

103
124

103
124

103 
123

103 
123

103
122

103
122

103
120

103
119

103
117

100
114

95

110

81
90

64
65

48
46

35
31

24
20

16
13

10

8

SCMV4

SCMV5 3Cr-1Mo

410 
520

5 1 2

3

m)

n)

103
130

103
130

103
129

103
128

103
126

103
125

103
124

103
124

103
124

103 
123

103 
123

103
122

103
122

102
120

100
119

96

117

92

114

85
96

69
74

55
55

44
41

34
30

25
21

17
15

10

9

SCMV5

SCMV6 5Cr-0.5Mo

410 
520

5 2 2

3

m)

n)

103
130

103
129

103
129

101
127

100
125

100
125

99

124

99

124

99

124

99

124

98

123

97

121

96

119

94

117

91

114

88

111

84

105

77
83

62
62

47
47

35
35

26
26

18
18

12
12

7
7

SCMV6

JIS G 4110 SCMQ4E

2.25Cr-1Mo

580

5

3

3

− 147 147 147 147 147 147 146 145 144 143

142

141 139 136 128 126 123 − − − − − − − − − − − − − − SCMQ4E

SCMQ4V 2.25Cr-1Mo

580  5  3  3 −

− 147 147 147 147 147 147 147 147 147 146

144

142 139 137 134 131 127 123 − − − − − − − − − − − − − SCMQ4V

SCMQ5V 3Cr-1Mo

580  5  3  3 −

− 147 147 146 143 141 139 137 135 134 133

132

131 130 129 127 126 124 121 − − − − − − − − − − − − − SCMQ5V

62

B 8265


2010


表 B.1−鉄鋼材料の許容引張応力(JIS のあるもの)(続き)

種類

記号

標準成分(%)

規定最小

引張強さ

N/mm

2

母材の

区分

グルー

プ番号

外 圧 チ

ャ ー ト

番号

製造

方法

各温度(℃)における許容引張応力  N/mm

2

記号

∼40

75 100 125 150 175 200 225 250 275 300 325 350 375 400 425 450 475 500 525 550 575 600 625 650 675 700 725 750 775 800

JIS G 4303 

JIS G 4304 

JIS G 4305

SUS302 18Cr-8Ni

520 8A

i)

129
129

120
125

114
122

108
118

103
114

100
113

96

112

93

111

90

110

87

110

85

110

83

110

82

110

81

109

79

107

105

SUS302

SUS304 18Cr-8Ni

520 8A

− 6 −

g),h),ah)

g),h),i),ah)

129
129

120
125

114
122

108
118

103
114

100
113

96

112

93

111

90

110

87

110

85

110

83

110

82

110

81

109

79

107

77

105

76

103

75

102

74

100

72
98

71
92

69
79

64
64

52
52

42
42

33
33

27
27

21
21

17
17

14
14

11
11

SUS304

SUS304L 18Cr-8Ni

極低 C

480 8A − 8 − ah)

i),ah)

114
115

104
114

97

113

93

109

88

105

85

104

81

102

79

101

76

100

74 
99

72 
97

71
96

69
94

69
93

68
92

67
90

66
88

64
84

63
73

58
60

49
49

41
41

33
33

27
27

22
22

SUS304L

SUS309S 23Cr-12Ni

520  8A − 7 − g),h),ah)

g),h),i),ah)

129
130

124
130

120
130

115
129

111

129

108
128

105
126

102
125

98

124

97

123

96

121

95

120

94

119

93

118

92

116

90

114

89

111

88

108

87

105

77
85

60
60

44
44

32
32

24
24

17
17

11
11

6
6

4
4

3
3

2
2

2
2

SUS309S

SUS310S 25Cr-20Ni

520  8A − 7 − g),h),ah)

g),h),i),ah)

129
130

124
128

120
126

115
124

111

121

108
121

105
120

102
120

100
120

97

120

96

120

94

120

93

120

92

120

90

119

89

117

88

115

87

113

85

111

76
87

60
60

44
44

32
32

24
24

17
17

11
11

6
6

4
4

3
3

2
2

2
2

SUS310S

SUS316 16Cr-12Ni-2Mo

520 8A

− 7 −

g),h),ah)

g),h),i),ah)

129
130

125
130

120
129

114
128

107
127

103
126

99

125

96

125

93

124

90

122

88

119

86

117

84

114

83

112

82

111

81

110

80

108

79

108

79

107

78

106

78

105

77
98

74
81

65
65

50
50

39
39

30
30

23
23

18
18

14
14

11
11

SUS316

SUS316L 16Cr-12Ni-2Mo

極低 C

480 8A − 9 − ah)

i),ah)

114
115

103
115

96

115

92

112

87

110

84

109

81

108

79

106

76

103

74

101

73 
98

71
96

70
95

69
93

68
91

66
90

65
88

SUS316L

SUS316J1 16Cr-12Ni-2Mo-2Cu  520  8A  − 7 − g),h),ah)

g),h),i),ah)

130
130

125
130

120
129

114
128

109
127

103
126

99

125

96

125

93

124

90

122

88

119

86

117

84

114

83

112

82

111

81

110

80

108

SUS316J1

SUS316J1L 16Cr-12Ni-2Mo-2Cu

極低 C

480 8A − 9 − ah)

i),ah)

117
117

103
115

96

115

92

112

87

110

84

109

81

108

79

106

76

103

74

100

73 
98

71
96

70
95

69
93

68
91

66
90

65
88

SUS316J1L

SUS316Ti 16Cr-12Ni-2Mo-Ti

520  −

− 7 −

g),h),ap)

g),h),i),ap)

129
130

125
130

120
129

114
128

107
127

103
126

99

125

96

125

93

124

90

122

88

119

86

117

84

114

83

112

82

111

81

110

80

108

79

108

79

107

78

106

78

105

77
98

74
81

65
65

50
50

39
39

30
30

23
23

18
18

14
14

11
11

SUS316Ti

SUS317 18Cr-13Ni-3Mo

520 8A

− 7 −

g),h)

g),h),i)

129
130

125
130

120
129

114
128

107
127

103
126

99

125

96

125

93

124

90

122

88

119

86

117

84

114

83

112

82

111

81

110

80

108

79

108

79

107

78

106

78

105

77
98

74
81

65
65

50
50

39
39

30
30

23
23

18
18

14
14

11
11

SUS317

SUS317L 18Cr-13Ni-3Mo

極低 C

480 8A − 9 − ah)

i),ah)

114
115

103
115

96

115

92

112

87

110

84

109

81

108

79

106

76

103

74

101

73 
98

71
96

70
95

69
93

68
91

66
90

65
88

SUS317L

SUS321 18Cr-10Ni-Ti

520 8A

− 7 −

g),h),ah)

g),h),i),ah)

129
129

125
125

122
122

118
118

114
115

110
114

106
113

103
113

100
113

97

113

95

113

93

113

91

113

89

113

88

113

86

113

86

113

85

113

84

113

83

111

75
91

60
60

44
44

33
33

25
25

18
18

13
13

9
9

6
6

4
4

3
3

SUS321

SUS347 18Cr-10Ni-Nb

520 8A

− 7 −

g),h),ah)

g),h),i),ah)

129
129

125
125

122
122

118
118

113
113

110
110

107
107

106
106

104
104

102 
103

100 
103

98

102

97

102

95

101

94

101

94

101

93

101

93

101

93

101

92

100

88
92

76
76

58
58

40
40

30
30

23
23

16
16

12
12

9
9

7
7

6
6

SUS347

SUS329J1 25Cr-4Ni-2Mo

590  8B  − 7 − ah) 148 148 142 140 137 135 132 131 130 −  −  −  − − − − − − − − − − − − − − − − − − − SUS329J1

SUS329J3L 23Cr-5.5Ni-3Mo-N- 極

低 C

620 8B −

ah) 155 155 154 152 150 147 145 143 141 140

140

−  −

− SUS329J3L

SUS329J4L 25Cr-6.5Ni-3Mo-W-Cu

-N-極低 C

620 8B −

ah) 155 155 154 152 150 147 145 143 141 140

140

−  −

− SUS329J4L

SUS405 12Cr-Al

410 7 − 2 − k),ah)

103 100 98 97 95 94 92 91 89 88 86 85 84 83 81 77 72 68 61 42 − − − − − − − − − − − SUS405

SUS410 13Cr

440 6 − 2 − ah)

110 109 106 105 103 101 100 98 96 95 94 93 91 90 87 83 79 74 65 52 38 27 18 12

7 − − − − − − SUS410

SUS410S 13Cr

410  6  − 2 − ah),ap)

103 100 98 97 95 94 92 91 89 88 86 85 84 83 81 77 72 68 61 50 38 27 18 12

7 − − − − − − SUS410S

SUS429 15Cr

450 7 −

k),ah),ap)

112 109 106 105 103 101 100 98 96 95 94 93 91 90 87 83 79 74 67 53 39 28 21 16 12 − − − − − − SUS429

SUS430 17Cr

450 7 − 7 − k),ah)

112 109 106 105 103 101 100 98 96 95 94 93 91 90 87 83 79 74 67 53 39 28 21 16 12 − − − − − − SUS430

SUS434 17Cr-1Mo

450 7 −

ah)

112 109 106 105 103 101 100 98 96 95 93 92 91 90 87 83 − − − − − − − − − − − − − − − SUS434

SUS630 17Cr-4Ni-4Cu

930 6 −

ao),au),av),

aw)

232 232 232 232 232 229 227 224 222 220 219 217 − − − − − − − − − − − − − − − − − − − SUS630

SUS836L 21Cr-24Ni-6Mo

520  8A −

ao) 129 114 104

97 77 − − − − −  −  −  − − − − − − − − − − − − − − − − − − − SUS836L

SUS890L 21Cr-25Ni-Mo

490  8A −

ao)

122 118 114 109 104 100 96 92 89 86 84 82 80 − − − − − − − − − − − − − − − − − − SUS890L

63

B 8265


2010


表 B.1−鉄鋼材料の許容引張応力(JIS のあるもの)(続き)

種類

記号

標準成分(%)

規定最小

引張強さ

N/mm

2

母材

の区

グル

ープ

番号

外 圧 チ

ャ ー ト

番号

各温度(℃)における許容引張応力  N/mm

2

記号

∼40 75 100 125 150 175 200 225 250 275 300 325 350 375 400 425 450 475 500 525 550 575 600 625 650 675 700 725 750 775 800 825 850 875 900

JIS G 4311 

JIS G 4312

SUH21 18Cr-3Al

440  7  −

− aq) 110 − − − − − − − − − −  −  − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − SUH21

SUH309 23Cr-12Ni 560

8A

− aq) 140 − − − − − − − − − −  −  − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − SUH309

SUH310 25Cr-20Ni 590

8A

− aq) 148 − − − − − − − − − −  −  − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − SUH310

SUH330 16Cr-35Ni 560

45

− aq) 140 − − − − − − − − − −  −  − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − SUH330

SUH409 11Cr-Ti 360

7

− aq) 90 − − − − − − − − − −  −  − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − SUH409

SUH446 27Cr 510

7

− aq) 128 − − − − − − − − − −  −  − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − SUH446

SUH661 21Ni-18Co-22Cr-30Fe-3Mo-3W 690  −

− ax)

i),ax)

172
172

172
172

171
172

165
170

159
169

153
166

148
164

144
162

142
160

137 
159

135 
158

132 
157

130
156

129
155

127
154

126
154

124
153

123
152

122
151

120
149

119
148

118
146

117
137

113
113

93
93

76
76

63
63

52
52

43
43

34
34

28
28

23
23

18
18

14
14

11
11

SUH661

SUS304

18Cr-8Ni 520

8A

6

− g),h),ah)

g),h),i),ah)

129
129

120
125

114
122

108
118

103
114

100
113

96

112

93

111

90

110

87

110

85

110

83

110

82

110

81

109

79

107

77

105

76

103

75

102

74

100

72
98

71
92

69
79

64
64

52
52

42
42

33
33

27
27

21
21

17
17

14
14

11
11

SUS304

SUS309S 23Cr-12Ni 520

8A

7

− g),h),ah)

g),h),i),ah)

129
130

124
130

120
130

115
129

111

129

108
128

105
126

102
125

98

124

97

123

96

121

95

120

94

119

93

118

92

116

90

114

89

111

88

108

87

105

77
85

60
60

44
44

32
32

24
24

17
17

11
11

6
6

4
4

3
3

2
2

2
2

SUS309S

SUS310S 25Cr-20Ni 520

8A

7

− g),h),ah)

g),h),i),ah)

129
130

124
128

120
126

115
124

111

121

108
121

105
120

102
120

100
120

97

120

96

120

94

120

93

120

92

120

90

119

89

117

88

115

87

113

85

111

76
87

60
60

44
44

32
32

24
24

17
17

11
11

6
6

4
4

3
3

2
2

2
2

SUS310S

SUS316

16Cr-12Ni-2Mo 520

8A

7

− g),h),ah)

g),h),i),ah)

129
130

125
130

120
129

114
128

107
127

103
126

99

125

96

125

93

124

90

122

88

119

86

117

84

114

83

112

82

111

81

110

80

108

79

108

79

107

78

106

78

105

77
98

74
81

65
65

50
50

39
39

30
30

23
23

18
18

14
14

11
11

SUS316

SUS316Ti 16Cr-12Ni-2Mo-Ti 520

7

− g),h),ah),aq)

g),h),i),ah),aq)

129
130

125
130

120
129

114
128

107
127

103
126

99

125

96

125

93

124

90

122

88

119

86

117

84

114

83

112

82

111

81

110

80

108

79

108

79

107

78

106

78

105

77
98

74
81

65
65

50
50

39
39

30
30

23
23

18
18

14
14

11
11

SUS316Ti

SUS317

18Cr-13Ni-3Mo 520

8A

7

− g),h)

g),h),i)

129
130

125
130

120
129

114
128

107
127

103
126

99

125

96

125

93

124

90

122

88

119

86

117

84

114

83

112

82

111

81

110

80

108

79

108

79

107

78

106

78

105

77
98

74
81

65
65

50
50

39
39

30
30

23
23

18
18

14
14

11
11

SUS317

SUS321

18Cr-10Ni-Ti 520

8A

7

− g),h),ah)

g),h),i),ah)

129
129

125
125

122
122

118
118

114
115

11