>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

8261

-1995

液化石油ガス用ゴムホースアセンブリ

Hose assemblies for liquefied petroleum gas

1.

適用範囲  この規格は,液化石油ガス(以下,LP ガスという。)に使用するゴムホースアセンブリ(以

下,ホースアセンブリという。

)について規定する。

備考1.  この規格の引用規格は,付表1に示す。

2.

この規格の中で {  }  を付けて示してある数値及び単位は,従来単位によるものであって,

参考として示したものである。

2.

種類及び記号

2.1

ホースアセンブリの種類及び呼び記号  ホースアセンブリの種類及び呼び記号は,最高使用圧力,

使用温度範囲,使用する LP ガス用ゴムホース(以下,ホースという。

,使用する継手,及び使用する附

属金具によって

表 のように区分する。

なお,ホースは,JIS K 6347 による。

表 1  ホースアセンブリの種類

種類

最高

使用圧力

MPa

{kgf/cm

2

}

使 用 温 度 範

ホ ー ス の 種

使 用 す る 継

手の記号

表 によ

る)

使 用 す る 附

属 金 具 の 記

表 によ

る)

備考

(主要用途)

一般設備用高圧ホース

アセンブリ

H 2.12

{21.6}

−25∼+40

H O

1

, D, G, M,

T

K, Y, C

1

, C

2

一般家庭用などの LP ガス

容器から調整器までの高圧

配管部に使用するもの

自動車用高圧ホースア

センブリ

A

−30∼+60

A O

2

, M, T

自動車の充てん口から LP

ガス容器又は LP ガス容器

から調整器までの高圧配管

部に使用するもの

一般用 P

−25∼+40

P M,

T, F

− LP ガスプラント内の高圧ガ

ス設備及びタンク自動車,

スタンド,その他工業用の

高圧配管部に使用するもの

プラント用

高圧ホース

アセンブリ

導通用 PE

P

で導線入り

のもの

種類 P と同様に用いるもの

で静電気除去を必要とする

もの

低圧ホースアセンブリ HL  0.20

{2.0}

HL

MU,

T

J

一般家庭用などの調整器か

ら屋外の低圧配管部までに

使用するもの


2

B 8261-1995

2.2

継手  継手は,形状によって表 の 8 種類とする。

表 2  継手の種類

継手の形状

付図 継手の記号

備考

O

リングシール

(溝球状)

1

O

1

継手シート面の球状溝で O リングを用いるもの

O

リングシール

(溝角状)

2

O

2

継手シート面の角状溝で O リングを用いるもの

スパナ締め充てん口
おねじ付き継手

金属シール

3 D

継手シール部が金属のもの

ハンドル締め充てん口おねじ付き継手

4 G

継手シート面に角リングを用いるもの

メートルおねじ継手

5 M

メートルおねじのもの

管用テーパおねじ継手

6 T

管用テーパおねじのもの

メートルめねじユニオン継手

7 MU

シート面にパッキンを用いるもの

フランジ継手

8 F

フランジ付きのもの

2.3

附属金具  附属金具は,接続用アダプタ(以下,アダプタという。)と逆止め弁付調整器取付金具(以

下,取付金具という。

)とし,形状によって

表 の 5 種類とする。

表 3  附属金具の種類

附属金具の形状

付図

附属金具
の記号

備考

充てん口めねじ付きアダプタ

  9

K

一方充てん口めねじ W22.5 山 14 左付き 
他方 R

1

/

4

めねじ付き

充てん口めねじ付き三方アダプタ

10

Y

一方充てん口めねじ W22.5 山 14 左付き 
他二方は R

1

/

4

めねじ付き



おすおすアダプタ

11

J

一方 R

1

/

2

おねじ付き

他方 M18×1.5 おねじ付き

又は M24×1.5 おねじ付き

片側用

12

C

1

差圧によりガスの流れを切り替えるバルブをもち
片側にホースアセンブリを取り付けるもの



両側用

13

C

2

片側用と同じもので,両側にホースアセンブリを
取り付けるもの


3

B 8261-1995

3.

性能

3.1

ホースアセンブリの性能  ホースアセンブリの性能は,10.110.8 によって試験し,表 4.1∼表 4.4

の規定に適合しなければならない。

表 4.1  種類 H

項目

性能

主な試験条件

適用項目

気密

漏れ,その他の異常がないこと。 2.12MPa

{21.6kgf/cm

2

} 1

分間

10.1

保証耐圧力  漏れ,その他の異常がないこと。 3.6MPa

{36.7kgf/cm

2

} 1

分間

10.2

耐圧性

破壊圧力

継手の離脱,ホースの破裂などの異常が

ないこと。

9.0MPa {92kgf/cm

2

}

以上

加圧速さ毎分 49MPa {500kgf/cm

2

}

以下

10.3

低温曲げ

折れ,ひび割れ,その他の異常がないこ

と。

−25℃,5 時間 
表 の最小曲げ半径で 180°曲げる。

耐低温性

気密

漏れ,その他の異常がないこと。

低温曲げ試験後

2.12MPa {21.6kgf/cm

2

} 1

分間

10.4

オゾン劣化  き裂の発生,その他の異常がないこと。 0.50 体積 ppm,40℃,96 時間

表 の最小曲げ半径で曲げる。

耐候性

気密

漏れ,その他の異常がないこと。

オゾン劣化試験後

2.12MPa {21.6kgf/cm

2

} 1

分間

10.5

引張り

継手及び附属金具の離脱,ホースの破断
などの異常がないこと。

981N {100kgf} 5

分間

引張強さ

気密

漏れ,その他の異常がないこと。

引張試験後

2.12MPa {21.6kgf/cm

2

} 1

分間

10.6

取付金具をもつもの

1.5kg

の鋼球を 1m から落下させる。

衝撃

継手及び附属金具の破損などの異常が

ないこと。

取付金具をもたないもの

2m

から落下させる。

耐衝撃性

気密

漏れ,その他の異常がないこと。

衝撃試験後

2.12MPa {21.6kgf/cm

2

} 1

分間

10.7

表 4.2  種類 A

項目

性能

主な試験条件

適用項目

気密

漏れ,その他の異常がないこと。 2.12MPa

{21.6kgf/cm

2

} 1

分間

10.1

保証耐圧力  漏れ,その他の異常がないこと。 3.6MPa

{36.7kgf/cm

2

} 1

分間

10.2

耐圧性

破壊圧力

継手の離脱,ホースの破裂などの異常が
ないこと。

9.0MPa {92kgf/cm

2

}

以上

加圧速さ毎分 49MPa {500kgf/cm

2

}

以下

10.3

低温曲げ

折れ,ひび割れ,その他の異常がないこ

と。

−30℃,5 時間 
表 の最小曲げ半径で 180°曲げる。

耐低温性

気密

漏れ,その他の異常がないこと。

低温曲げ試験後

2.12MPa {21.6kgf/cm

2

} 1

分間

10.4

オゾン劣化  き裂の発生,その他の異常がないこと。 0.50 体積 ppm,40℃,96 時間

表 の最小曲げ半径で曲げる。

耐候性

気密

漏れ,その他の異常がないこと。

オゾン劣化試験後

2.12MPa {21.6kgf/cm

2

} 1

分間

10.5

引張り

継手の離脱,ホースの破断などの異常が
ないこと。

981N {100kgf} 5

分間

引張強さ

気密

漏れ,その他の異常がないこと。

引張試験後

2.12MPa {21.6kgf/cm

2

} 1

分間

10.6

耐振性

振動

漏れ,その他の異常がないこと。

振幅 2∼4mm,2 000 回/分

2.12MPa {21.6kgf/cm

2

} 4

時間

10.8


4

B 8261-1995

表 4.3  種類 及び PE

項目

性能

主な試験条件

適用項目

気密

漏れ,その他の異常がないこと。 2.12MPa

{21.6kgf/cm

2

} 1

分間

10.1

保証耐圧力  漏れ,その他の異常がないこと。 3.6MPa

{36.7kgf/cm

2

} 1

分間

10.2

耐圧性

破壊圧力

継手の離脱,ホースの破裂などの異常が

ないこと。

9.0MPa {92kgf/cm

2

}

以上

加圧速さ毎分 49MPa {500kgf/cm

2

}

以下

10.3

低温曲げ

折れ,ひび割れ,その他の異常がないこ

と。

−25℃,5 時間

呼び19 以下

表 の最小曲げ半径で180°曲げ

呼び25∼50

表 の最小曲げ半径で90°曲げ

耐低温性

気密

漏れ,その他の異常がないこと。

低温曲げ試験後

2.12MPa {21.6kgf/cm

2

} 1

分間

10.4

オゾン劣化  き裂の発生,その他の異常がないこと。 呼び 12 以下だけ,0.50 体積 ppm,40℃,

96

時間

表 の最小曲げ半径で曲げる。

耐候性

気密

漏れ,その他の異常がないこと。

オゾン劣化試験後

2.12MPa {21.6kgf/cm

2

} 1

分間

10.5

引張り

継手の離脱,ホースの破断などの異常が

ないこと。

呼び 12 以下だけ,

981N {100kgf} 5

分間

引張強さ

気密

漏れ,その他の異常がないこと。

引張試験後

2.12MPa {21.6kgf/cm

2

} 1

分間

10.6

導通性

導通

導通すること。 4.5V で点灯

10.9

備考1.  種類 PE のホースアセンブリの引張試験は,受渡当事者間の協定による。

2.

導通試験は,種類 PE のホースアセンブリについてだけ行う。

表 4.4  種類 HL

項目

性能

主な試験条件

適用項目

気密

漏れ,その他の異常がないこと。 0.3MPa

{3.0kgf/cm

2

} 1

分間

10.1

耐圧性

保証耐圧力  漏れ,その他の異常がないこと。 0.8MPa

{8.2kgf/cm

2

} 1

分間

10.2

低温曲げ

折れ,ひび割れ,その他の異常がないこ
と。

−25℃,5 時間 
表 の最小曲げ半径で 180°曲げる。

耐低温性

気密

漏れ,その他の異常がないこと。

低温曲げ試験後

0.3MPa {3.0kgf/cm

2

} 1

分間

10.4

オゾン劣化  き裂の発生,その他の異常がないこと。 0.50 体積 ppm,40℃,96 時間

表 の最小曲げ半径で曲げる。

耐候性

気密

漏れ,その他の異常がないこと。

オゾン劣化試験後

0.3MPa {3.0kgf/cm

2

} 1

分間

10.5

引張り

継手及び附属金具の離脱,ホースの破断

などの異常がないこと。

981N {100kgf} 5

分間

引張強さ

気密

漏れ,その他の異常がないこと。

引張試験後

0.3MPa {3.0kgf/cm

2

} 1

分間

10.6

衝撃

継手及び附属金具の破損などの異常がな
いこと。

1.5kg

の鋼球を 1m から落下させる。

耐衝撃性

気密

漏れ,その他の異常がないこと。

衝撃試験後

0.3MPa {3.0kgf/cm

2

} 1

分間

10.7


5

B 8261-1995

3.2

取付金具の弁体及びホースを除くゴム部品などの性能  取付金具の弁体及びホースを除くゴム部品,

ガスケットなど(以下,ゴム部品などという。

)の性能は,10.10

10.13 によって試験し,表 の規定に適

合しなければならない。

表 5  弁体及びゴム部品など

項目

性能

主な試験条件

適用項目

弁体の作動性

弁体の作動

漏れがなく作動すること。 100∼70kPa {1∼0.7kgf/cm

2

}

の差圧

10.10

弁体の耐久性

弁体の耐久

漏れがないこと。 100∼70kPa {1∼0.7kgf/cm

2

}

ガスの繰返し加圧,360 回

10.11

弁体の耐寒性

弁体の耐寒

漏れがなく作動すること。

−25℃,30 分間

1.53MPa {15.6kgf/cm

2

}

加圧

10.12

ゴム部品など
の耐 LP ガス性

ゴム部品など
の耐 LP ガス

ぜい化,膨潤,軟化などの異常
がないこと。

LP

ガス混合液,24 時間

−20℃及び 40℃

10.13

4.

構造  ホースアセンブリの構造は,ホースに継手を取り付けて一体にしたもの,又はホースに継手及

び附属金具を取り付けて一体にしたもので構成する。

また,ホースアセンブリは各部からの漏れ,継手及び附属金具の離脱などの欠点がなく,LP ガスの装置,

回路の配管用として,十分な機能を有するものとする。

なお,種類 PE のホースアセンブリは,導線を挿入したホースを用い,継手と導通したものとする。

5.

寸法

5.1

ホースアセンブリの呼び及びねじ,フランジの呼び  ホースアセンブリの呼びは,ホースの呼びに

より,ねじ,及びフランジの呼びは

表 による。

表 6  ホースアセンブリの呼び及びねじ,フランジの呼び

種類

ホースアセンブリ
の呼び

充てん口ねじ

管用テーパねじの
呼び

メートルねじの呼び

フランジの呼び

    5

H

    6

(M14

×1.5)

  6

(M14

×1.5)

    9

R

1

/

4

(M18

×1.5)

A

 12

W22.5

山14左

R

1

/

2

 (M22

×1.5)

    6

R

1

/

4

 M14

×1.5

    9

R

3

/

8

 M18

×1.5

 12

R

1

/

2

 M22

×1.5

15

 15

 19

R

3

/

4

 M27

×2

20

 25

R1

M33

×2

25

 38

R1

1

/

2

 M50

×2

40

 50

R2

M60

×2

50

 75

R3

M90

×2

80

P, PE

100 R4

M115

×2 100

 10

M18

×1.5

HL

 12

R

1

/

2

M24

×1.5

適用項目

5.5

5.6

5.7

5.8

備考  (  )  内のメートルねじの呼びは,推奨寸法とする。


6

B 8261-1995

5.2

ホースアセンブリの長さの許容差  ホースアセンブリの長さの許容差は,表 による。ただし,ホ

ースアセンブリの長さとは,一方の継手又は附属金具の先端から,他方の継手又は附属金具の先端までの

長さとする。

表 7  ホースアセンブリの長さの許容差

単位 mm

ホースアセンブリの長さ

許容差

+20

 1

200

未満

−10

+30

1 200

以上

2 000

未満

−15

+50

2 000

以上

3 000

未満

−30

+2 (%)

3 000

以上

−1 (%)

5.3

継手の寸法  継手の寸法は,付図 1による。

5.4

附属金具の寸法  附属金具の寸法は,付図 913 による。

5.5

充てん口ねじの寸法及び寸法許容差  充てん口ねじの寸法及び寸法許容差は,JIS B 8246 の附属書

に規定するガス充てん口ねじによる。

5.6

管用テーパねじの寸法及び寸法許容差  管用テーパねじの寸法及び寸法許容差は,JIS B 0203 によ

る。

5.7

メートルねじの寸法及び寸法許容差  メートルねじの寸法は,JIS B 0207 により,寸法許容差は,

JIS B 0211

のおねじは 6g,めねじは 6H とする。

5.8

フランジの寸法及び寸法許容差  フランジの寸法は,JIS B 2220 の呼び圧力 20K により,寸法許容

差は,JIS B 2203 による。

5.9

継手の内径  継手の内径は,表 による。

表 8  継手の内径

種類

ホースアセンブリ
の呼び

内径(最小)

mm

  5

 2.5

  6

 3.5

  9

 6.0

 12

 8.5

 15

11.0

 19

14.0

 25

19.0

 38

30.0

 50

41.0

 75

63.0

H, A, P, PE

100 85.0

 10

 7.5

HL

 12

10.0

6.

最小曲げ半径  ホースアセンブリの最小曲げ半径は,表 による。ただし,最小曲げ半径は,ホース

の内側で測定する。


7

B 8261-1995

表 9  最小曲げ半径

ホースアセンブリの呼び

最小曲げ半径

mm

  5

 90

  6

110

  9

140

 10

140

 12

170

 15

210

 19

240

 25

350

 38

450

 50

650

 75

950

100

  1 200

7.

材料

7.1

継手の材料  継手の材料は,表 10 に示すもの,又は使用上これらと同等の品質をもつものとする。

表 10  継手の材料

継手の記号

部品名

材料

六角ナット

O

1

, O

2

, D

ニップル

JIS H 3250

の C3604BD

手締めハンドル及びそのねじ

JIS H 3250

の C3604BD

手締めハンドルのハンドル部

JIS H 5301

の ZDC2,又は

JIS H 5302

の ADC12

G

ニップル

JIS H 3250

の C3604BD

M M

ねじ付きニップル

T R

ねじ付きニップル

ユニオンナット

MU

ニップル

JIS H 3250

の C3604BD,

JIS G 3101

の SS400,又は

JIS G 4804

の SUM22

フランジ

JIS B 2220

の呼び圧力 20K による

F

ニツプル

JIS B 3454

の STPG370 又は

JIS G 3101

の SS400

共通

外筒

JIS G 3454

の STPG370,

JIS G 3101

の SS400 又は

JIS G 3141

の SPCD

7.2

附属金具の材料  附属金具の材料は,表 11 に示すもの,又は使用上これらと同等以上の品質をもつ

ものとする。


8

B 8261-1995

表 11  附属金具の材料

附属金具の記号

部品名

材料

K

Y

J

JIS H 3250

の C3604BD

JIS G 3101

の SS400,又は

JIS G 4804

の SUM22

本体

JIS H 3250

の C3771BD

ニップル

C

1

六角ナット

JIS H 3250

の C3604BD

C

2

本体

JIS H 3250

の C3771BD

7.3

ゴム部品などの材料  ゴム部品などの材料は,表 12 による。

表 12  ゴム部品などの材料

部品名

材料

O

リング

角リング

合成ゴム

ガスケット

石綿ジョイントシート又は合成ゴム

8.

外観  ホースアセンブリの外観は,次による。

(1)

ホースには,きず,き裂,気泡その他使用上有害な欠点があってはならない。

(2)

継手及び附属金具の当たり面は,きずなどがあってはならない。

(3)

フランジの連結面には,溶接による有害な泡,巣などの欠点があってはならない。

(4)

外筒には,材料きず,締め割れなどの有害な欠点があってはならない。

(5)  O

リング,角リング,バルブ,ガスケットなどのシール部品の仕上げは,良好で,きず,き裂その他

有害な欠点があってはならない。

9.

表面処理  腐食のおそれがある継手及び附属金具には,めっき,塗装又はその他適当なさび止め処理

を施さなければならない。

めっきを施す場合は,

原則として JIS H 8610 による 1 種 B2 級

(Ep−Fe/Zn 5/CM 1 又は Ep−Fe/Zn [2-C 1])

以上とする。

10.

試験方法

10.1

気密試験  気密試験は,ホースアセンブリに,空気又は不活性ガスで,表 13 に規定する気密試験圧

力を加え,1 分間が経過した後,漏れその他の異常の有無を調べる。

なお,この試験中試料の一端は自由にする。

表 13  気密試験圧力

種類

気密試験圧力

MPa {kgf/cm

2

}

H, A, P, PE

2.12 {21.6}

HL 0.3

{3.0}

10.2

保証耐圧力試験  保証耐圧力試験は,10.1 の試験に合格した試料に,水又は油で表 14 に規定する試

験圧力を加え,1 分間が経過した後,漏れその他の異常の有無を調べる。

なお,この試験中試料の一端は自由にする。


9

B 8261-1995

表 14  試験圧力

種類

試験圧力

MPa {kgf/cm

2

}

H, A, P, PE

3.6 {36.7}

HL 0.8

{8.2}

10.3

破壊圧力試験  破壊圧力試験は,次による。

(1)

種類 H,A,P 及び PE のホースアセンブリについて行う。

試料は,10.2 の試験に合格したものとする。

(2)

試料の長さは,ホースの自由長さ(

1

)300mm

以上とする。

(

1

)

ホースの自由長さとは,ホースアセンブリのホースの露出部の長さで,継手及び附属金具を含

まない。

(3)

試験は,試料に水又は油で毎分 49MPa {500kgf/cm

2

}

以下の速さで,9.0MPa {92kgf/cm

2

}

の破壊試験圧

力を加え,継手の離脱,ホースの破裂などの異常の有無を調べる。

なお,この試験中試料は,水平に取付け一端は自由にする。

10.4

低温曲げ試験  低温曲げ試験は,ホースアセンブリの呼び 50 以下についてだけ行い,次による。

(1)

試料の長さは,ホースアセンブリの呼び 19 以下は式(1),呼び 25∼50 は式(2)によって算出したホース

の自由長さ以上とする。

a

D

R

l

2

2

+

+

=

π

 (1)

a

D

R

l

2

2

2

+

+

=

π

 (2)

ここに,

l

:  ホースの自由長さ (mm)

R

表 の最小曲げ半径 (mm)

D

:  ホースの外径 (mm)

a

:  ホースの補助長さ(

2

)

 (mm)

表 15 による。

(

2

)

ホースの補助長さとは,曲げ試験に必要な継手取付部側ホ

ース端部からの余裕長さ(

1,図2の a)をいう。

表 15  ホースの補助長さ

ホ ー ス ア セ ン ブ
リの呼び

a

mm

ホ ー ス ア セ ン ブ
リの呼び

a

mm

5 50 15  80

6 50 19  90

9 60 25 105

10 60 38 140

12 70 50 160

(2)

試験は,

表 16 に規定する温度の低温槽に,5 時間放置した後,ホースアセンブリの呼び 19 以下の試

料は

図 1,呼び 25∼50 の試料は図 に示す方法によって,表 の最小曲げ半径となるように,8∼12

秒間で,両側にそれぞれ 1 回曲げ,折れ,ひび割れなどの異常の有無を調べる。

なお,試料を低温槽から取り出して行う場合は,取り出してから試験完了までの時間を 12 秒以内と

する。


10

B 8261-1995

表 16  低温曲げ試験温度

種類

試験温度

H, P, PE, HL

−25

5

0

A

−30

5

0

図 1

図 2

(3)

  (2)

の試験の後,試料を常温にもどし,10.1 の試験を行う。

10.5

オゾン劣化試験  オゾン劣化試験は,ホースアセンブリの呼び 12 以下についてだけ行うものとし,

次による。

(1)

試料の長さは,10.4(1)の式(1)によって算出したホースの自由長さ以上とする。

(2)

試験は,JIS K 6301 の 16.3 に規定された試験装置によって行う。

オゾン濃度 0.50±0.05 体積 ppm,温度 40±2℃に保持された試験槽で,試料を

表 に規定する最小

曲げ半径に曲げて 96 時間暴露した後,ホースの外面層のき裂その他の異常の有無を調べる。

(3)

  (2)

の試験の後,10.1 の試験を行う。

10.6

引張試験  引張試験は,ホースアセンブリの呼び 12 以下についてだけ行い,次による。

(1)

試料の長さは,ホースの自由長さ 300mm 以上とする。

(2)

試験は,試料の継手又は附属金具の一端を固定し,他端に 981N {100kgf} の力を加え,5 分間経過し

た後,継手又は附属金具の離脱,破損,ホースの破断などの異常の有無を調べる。

(3)

  (2)

の試験の後,10.1 の試験を行う。

10.7

衝撃試験  衝撃試験は,次による。

(1)

種類 H 及び HL のホースアセンブリについて行う。

(2)

種類 H で附属金具 C

1

を用いるもの,及び種類 HL のホースアセンブリは,試料の附属金具の先端を固

定し,その附属金具の他端に質量 1.5kg の鋼球を 1m の高さから落下させて衝撃を加え,継手及び附

属金具の破損,使用上有害な変形などの異常の有無を調べる。

(3)

種類 H で附属金具 C

2

を用いるホースアセンブリは,試料の継手の外筒を固定し,質量 1.5kg の鋼球を

1m

の高さから取付金具の中央部に落下させて衝撃を加え,継手及び附属金具の破損,使用上有害な

変形などの異常の有無を調べる。

(4)

種類 H で取付金具を用いないホースアセンブリは,試料を 2m の高さから継手又はアダプタを下にし

てコンクリート床面に落下させて衝撃を加え,継手及びアダプタの破損,使用上有害な変形などの異


11

B 8261-1995

常の有無を調べる。

(5)

  (2)

(3)又は(4)の試験の後,各々の試料に 10.1 の試験を行う。

10.8

振動試験  振動試験は,次による。

(1)

種類 A のホースアセンブリについてだけ行う。

(2)

試料の長さは,600

0

15

+

mm

とする。

(3)

試料は,

図 に示す方法で試験装置に取り付けた試料に,空気又は不活性ガスで 2.12MPa {21.6kgf/cm

2

}

の内圧を加え,全振幅 2∼4mm,振動速さ毎分 2 000 回で上下振動を 4 時間続けた後,漏れ,その他

の異常の有無を調べる。

図 3

10.9

導通試験  導通試験は,次による。

(1)

種類 PE のホースアセンブリについてだけ行う。

(2)

試験は,試料の両端の継手に 4.5V の乾電池と,4.0V,0.3A の電球を接続し,電球の点灯の有無によ

り導通を調べる。

10.10

弁体の作動試験  弁体の作動試験は,取付金具の調整器に取り付ける側の出口に盲栓をして,一端

に空気又は不活性ガスで 100kPa {1kgf/cm

2

}

の圧力を加え,その圧力を徐々に 70kPa {0.7kgf/cm

2

}

まで下げ

たとき,逆止め弁からの漏れの有無を調べる。他端も同様とする。

10.11

弁体の耐久試験  弁体の耐久試験は,取付金具の試料に 70kPa {0.7kgf/cm

2

}

以上 100kPa {1kgf/cm

2

}

以下の圧力の空気又は不活性ガスを 2∼3 秒間送入し,その送入を止める操作を両端から交互に加える。こ

れを 360 回繰り返した後,さらに 10.10 の試験を行い,逆止め弁からの漏れの有無を調べる。

10.12

弁体の耐寒試験  弁体の耐寒試験は,取付金具を,−25

5

0

℃の低温槽に,30 分間放置した後,空気

又は不活性ガスで 1.53MPa {15.6kgf/cm

2

}

の圧力を加え,1 分間経過した後,逆止め弁に漏れ,その他の異

常がなく正常に作動することを調べる。

なお,試料を低温槽から取り出して気密圧力を加える場合は,取り出してから試験完了までの時間を 10

分間以内とする。

10.13

ゴム部品などの耐 LP ガス試験  ゴム部品などの耐 LP ガス試験は,ゴム部品などを次の組成の LP

ガスの混合液の中に−20

5

0

℃,及び 40

0

5

℃で 24 時間,それぞれ浸せきした後,直ちにデシケータ中に入

れ,約 40 分間室温で放置し,30 分間以内に試料のぜい化,膨潤,軟化などの異常の有無を調べる。


12

B 8261-1995

混合液の標準質量割合:  プロパン 70%

プロピレン 25%

ブタジエン

5%

11.

検査  検査は,外観については,全数,その他の項目及び数量については,受渡当事者間の協定によ

る。

12.

製品の呼び方  ホースアセンブリの呼び方は,規格番号又は規格名称,種類の呼び記号,ホースアセ

ンブリの呼び,ホースアセンブリの長さ及び継手又は附属金具による。

備考  継手又は附属金具の記号は,両端共に継手の場合は,継手の記号で表し,継手に附属金具が取り付けてあ

る場合は,附属金具の記号で表す。 

13.

表示

13.1

製品の表示  ホースアセンブリの継手,取付金具,及び表示用の金属リングには刻印又は,その他

容易に消えない方法で次の事項を表示する。

(1)

種類又はその呼び記号

(2)

製造年月又はその略号

(3)

製造業者名又はその略号

(4)

取付金具には C の記号

13.2

包装の表示  包装には,次の事項を表示する。

(1)

規格名称

(2)

種類又はその呼び記号

(3)

製造年月又はその略号

(4)

製造業者名又はその略号


13

B 8261-1995

付表 1  引用規格

JIS B 0203

  管用テーパねじ

JIS B 0207

  メートル細目ねじ

JIS B 0211

  メートル細目ねじの許容限界寸法及び公差

JIS B 2203

  管フランジの寸法許容差

JIS B 2220

  鋼製溶接式フランジ

JIS B 2401

  O リング

JIS B 8246

  高圧ガス容器用弁

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

JIS G 3141

  冷間圧延鋼板及び鋼帯

JIS G 3454

  圧力配管用炭素鋼鋼管

JIS G 4804

  硫黄及び硫黄複合快削鋼鋼材

JIS H 3250

  銅及び銅合金棒

JIS H 5301

  亜鉛合金ダイカスト

JIS H 5302

  アルミニウム合金ダイカスト

JIS H 8610

  電気亜鉛めっき

JIS K 6301

  加硫ゴム物理試験方法

JIS K 6347

  液化石油ガス用ゴムホース(LPG ホース)


14

B 8261-1995

付図 1  スパナ締め充てん口おねじ付き継手 O

1

用)

備考1.  ニップルと六角ナットとのすきまは,0.5以下とする。

2.  O

リングの形状・寸法は,JIS B 2401 の P10A による。

3.  (

  )  内寸法は当分の間使用してもよい。


15

B 8261-1995

付図 2  スパナ締め充てん口おねじ付き継手 O

2

用)

備考1.  六角ナットの形状・寸法は,付図1による。

2.  O

リングの形状・寸法は,JIS B 2401 の P10 による。


16

B 8261-1995

付図 3  スパナ締め充てん口おねじ付き継手 D用)

備考  六角ナットの形状・寸法は,付図 による。


17

B 8261-1995

付図 4  ハンドル締め充てん口おねじ付き継手 G用)

備考1.  手締めハンドルとニップルとのすきまは,0.5以下とする。

2.

手締めハンドルのハンドルの形状は,一例であって,形状の詳細を規制するものでは
ない。


18

B 8261-1995

付図 5  メートルおねじ継手 M

単位 mm

記号−呼び

M

ねじの呼び

a

(最小)

b

(最小)

c

(最小)

B

17

25

.

0

0

M-6

M14

×1.5

11 13  7

19

35

.

0

0

19

M-9

M18

×1.5

12 15  9

22

35

.

0

0

24

M-12

M22

×1.5

14 17 10

27

35

.

0

0

32

M-19

M27

×2

16 19 12

36

4

.

0

0

36

M-25

M33

×2

17 21 13

41

4

.

0

0

55

M-38

M50

×2

19 23 15

60

0.45

0

65

M-50

M60

×2

21 25 20

70

0.45

0

100

M-75

M90

×2

26 31 25

105

55

.

0

0

120

55

.

0

0

M-100

M115

×2

30 35 28

130

65

.

0

0

備考  M ねじの逃げ溝は,なくてもよい。


19

B 8261-1995

付図 6  管用テーパおねじ継手 T

単位 mm

記号−呼び

R

ねじの呼び

a

(最小)

b

(最小)

c

(最小)

B

17

25

.

0

0

T-6

1

/

4

 9.71

12

 7

19

35

.

0

0

19

T-9

3

/

8

 10.05 15

9

22

35

.

0

0

22

24

T-12

1

/

2

 13.16 18  10

27

35

.

0

0

32

T-19

3

/

4

 14.53 19  12

36

4

.

0

0

36

T-25 1

16.79

21

13

41

4

.

0

0

50

4

.

0

0

T-38 1

1

/

2

 19.10  23  15

55

0.45

0

65

T-50 2

23.38

28

20

70

0.45

0

100

T-75 3

29.84

35

25

105

55

.

0

0

120

55

.

0

0

T-100 4

35.80

41

28

130

65

.

0

0


20

B 8261-1995

付図 7  メートルめねじユニオン継手 MUHL 用)

備考  ユニオンナットの M ねじは,逃げ溝をつけてもよい。


21

B 8261-1995

付図 8  フランジ継手 FP. PE 用)


22

B 8261-1995

付図 9  充てん口めねじ付きアダプタ K用)

付図 10  充てん口めねじ付き三方アダプタ Y用)

備考  この図の形状は,一例であって,形状の詳細を規制するものではない。


23

B 8261-1995

付図 11  おすおすアダプタ JHL 用)

記号−呼び

M

ねじの呼び

a

(最小)

b

(最小)

d

1

d

2

B

J-10

M18

×1.5

 9

12

 7.5

10.5

22 
24

35

.

0

0

J-12 M24

×1.5 11

14

12.0  14.5

27

35

.

0

0

備考  M ねじの逃げ溝は,つけてもよい。

付図 12  取付金具片側用 C

1

用)

備考1.  六角ナット,ニップル,O リングの形状・寸法は,付図1による。

2.

この図の形状,本体内部の構造は,一例であって形状,構造の詳細を規制するものではない。

付図 13  取付金具両側用 C

2

用)


24

B 8261-1995

備考  この図の形状,本体内部の構造は,一例であって形状,構造の詳細を規制するものではない。


25

B 8261-1995

一般機械部会  LPG ホースアセンブリ専門委員会  構成表(昭和 55 年 1 月 1 日改正のとき)

氏名

所属

(委員会長)

堀  内  忠  夫

高圧ガス保安協会

村  田  輝  史

通商産業省機械情報産業局

柴  田  幹  夫

通商産業省立地公害局

香  田      昭

資源エネルギー庁公益事業部

仲井真  弘  多

工業技術院標準部

丹  野  博  實

財団法人化学品検査協会

鈴  木  健  一

財団法人日本エルピーガス機器検査協会

田  口  孝  一

エービーシーカップリング工業株式会社

松  木  嘉  徳

ブリジストンインペリアル株式会社横浜工場

小  川  弘  恭

横浜エイロクイップ株式会社

丸  茂  和  雄

株式会社桂精機製作所

今  里      伀

株式会社十川ゴム製造所技術部

永  田  吉  彦

東北ゴム株式会社

築  地  成一郎

矢崎計器株式会社ガス機器開発部

藤  森  俊  彦

丸善エンジニアリング株式会社千葉営業所

井  上  昌  彦

トヨタ自動車工業株式会社ボデー設計部

山  下  純  男

日産自動車株式会社設計管理部

金  子  良  雄

日本 LP ガス連合会

吉  川  市太郎

日本オートガス株式会社

上  田  正  英

日本ホース金具工業会

(事務局)

横  溝  眞一郎

工業技術院標準部機械規格課

岡  部  康  恒

工業技術院標準部機械規格課

(事務局)

稲  橋  一  行

工業技術院標準部機械規格課(平成 7 年 2 月 1 日改正のとき)

鈴  木  俊  吾

工業技術院標準部機械規格課(平成 7 年 2 月 1 日改正のとき)