>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 8210

:2009

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義 

2

4

  記号及び単位 

6

5

  構造

6

5.1

  構造一般 

6

5.2

  接続端

7

5.3

  ばね

11

5.4

  寸法

12

5.5

  非破壊試験 

12

6

  外観

13

7

  材料

13

7.1

  一般

13

7.2

  材料の使用制限

14

7.3

  材料の許容引張応力

14

8

  性能

14

8.1

  耐圧性

14

8.2

  密閉性

15

8.3

  弁座気密性 

15

8.4

  作動性能 

15

8.5

  流量性能 

15

8.6

  作動状態 

15

9

  形式試験

15

9.1

  一般

15

9.2

  作動特性試験 

15

9.3

  流量特性試験 

15

10

  製品試験 

15

10.1

  水圧試験 

15

10.2

  気圧試験 

17

10.3

  密閉性能試験 

17

10.4

  常温補正試験圧力の設定 

17

10.5

  作動性能試験 

18

10.6

  弁座気密性試験

19

10.7

  作動状態 

21


B 8210

:2009

(2)

ページ

11

  検査 

22

11.1

  検査の項目及び適用事項 

22

11.2

  検査成績表 

23

12

  製品の呼び方 

23

13

  表示及び封印 

23

13.1

  本体への表示 

23

13.2

  銘板への表示 

24

13.3

  封印

24

附属書 A(規定)形式試験

25

附属書 B(規定)データ集

31

附属書 C(参考)安全弁のサイズの決め方 

54

附属書 JA(規定)安全弁の公称吹出し量の算定方法

60

附属書 JB(規定)マレアブル鉄鋳造品

66

附属書 JC(規定)ダクタイル鉄鋳造品

67

附属書 JD(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

72


B 8210

:2009

(3)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本ボイ

ラ協会(JBA)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの

申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,厚生労働大臣及び経済産業大臣が改正した日本工業規格

である。

これによって,JIS B 8210:1994 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。厚生労働大臣,経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,

このような特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確

認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 B

8210

:2009

蒸気用及びガス用ばね安全弁

Safety devices for protection against excessive pressure-

Direct spring loaded safety valves for steam and gas service

序文 

この規格は,2004 年に第 2 版として発行された ISO 4126-1 及び 2004 年に第 1 版として発行された ISO 

4126-7

を基に作成した日本工業規格であるが,我が国の実情に合わせるため,技術的内容を変更して作成

した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JD に示す。

適用範囲 

この規格は,円筒コイルばねによる直動式の蒸気用ばね安全弁及びガス用ばね安全弁(以下,特に蒸気

用又はガス用の用途の区別を必要としない場合は,単に安全弁という。

)について規定する。ただし,次に

示すものは含まない。

a)

液体の圧力を開放するために供するもの。

b)

設定圧力 0.1 MPa 未満又は 42.9 MPa を超えるもの。

c)

車両用など特殊構造のもの。

d)

圧力調整に用いるアンローダに類するもの。

e)

弁座口の径が 15 mm 未満のもの。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 4126-1:2004

,Safety devices for protection against excessive pressure−Part 1: Safety valves

ISO 4126-7:2004

,Safety devices for protection against excessive pressure−Part 7: Common data

(全体評価:MOD)

なお,対応の程度を表す記号(MOD)は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,修正していることを示

す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0100

  バルブ用語

JIS B 0203

  管用テーパねじ

注記  対応国際規格:ISO 7-1,Pipe threads where pressure-tight joints are made on the threads−Part 1:

Dimensions, tolerances and designation (MOD)


2

B 8210

:2009

JIS B 0403

  鋳造品−寸法公差方式及び削り代方式

JIS B 0405

  普通公差−第 1 部:個々に公差の指示がない長さ寸法及び角度寸法に対する公差

JIS B 2220

  鋼製管フランジ

JIS B 2239

  鋳鉄製管フランジ

JIS B 2240

  銅合金製管フランジ

JIS B 2704

  圧縮及び引張コイルばね−設計・性能試験方法

JIS B 8201

  陸用鋼製ボイラ−構造

JIS B 8225

  安全弁−吹出し係数測定方法

JIS B 8240

  冷凍用圧力容器の構造

JIS B 8265

  圧力容器の構造−一般事項

JIS B 8602

  冷媒用管フランジ

JIS G 0581

  鋳鋼品の放射線透過試験方法

JIS G 1211

  鉄及び鋼−炭素定量方法

JIS G 1212

  鉄及び鋼−けい素定量方法

JIS G 1214

  鉄及び鋼−りん定量方法

JIS G 1253

  鉄及び鋼−スパーク放電発光分光分析方法

JIS G 5501

  ねずみ鋳鉄品

JIS G 5502

  球状黒鉛鋳鉄品

JIS G 5705

  可鍛鋳鉄品

JIS H 5120

  銅及び銅合金鋳物

JIS H 5121

  銅合金連続鋳造鋳物

JIS Z 2201

  金属材料引張試験片

JIS Z 2241

  金属材料引張試験方法

JIS Z 2242

  金属材料のシャルピー衝撃試験方法

JIS Z 2243

  ブリネル硬さ試験−試験方法

JIS Z 2343-1

  非破壊試験−浸透探傷試験−第 1 部:一般通則:浸透探傷試験方法及び浸透指示模様の

分類

JIS Z 2611

  金属材料の光電測光法による発光分光分析方法通則

JIS Z 3104

  鋼溶接継手の放射線透過試験方法

JIS Z 3106

  ステンレス鋼溶接継手の放射線透過試験方法

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0100 によるほか,次による。

3.1

安全弁(safety valve)

使用する流体のエネルギー以外のエネルギーの助けを借りることなく,あらかじめ設定した安全な圧力

を超えることを防止するため,自動的に所定量の流体を放出し,正常な使用圧力状態に回復した後,再び

閉止して,それ以上の流体を放出しないように設計した弁。

注記  弁は,設定圧力を超えて圧力が増加したとき,ポップ作動(急開作動)又は比例開動作(リニ

ア特性は必要でない)のいずれかの特性を示す。


3

B 8210

:2009

3.1.1

ばね安全弁(direct spring loaded safety valve)

弁体下面にかかる流体圧力による押上げ力を機械的な直接荷重として,ばねを用いて制御する安全弁。

3.1.2

揚程式安全弁(lift safety valve)

安全弁のリフトが弁座口の径の 1/40 以上 1/4 未満で,弁体が開いたときの流路面積の中で弁座流路面積

(カーテン面積)が最小となる安全弁。

3.1.3

全量式安全弁(full bore safety valve)

弁座流路面積が弁体と弁座との当たり面から,下部におけるノズルのど部の面積より十分大きなものと

なるようなリフトが得られる安全弁。

3.2

圧力(pressure)

面に垂直に作用する単位面積当たりの力。この規格で使用する圧力の単位は,MPa(bar)とする。この

場合,ゲージ圧力又は絶対圧力の適切なものを用いる。

注記 1

bar

=10

5

 Pa

3.2.1

設定圧力(set pressure)

動作条件下にある安全弁が開き始めるあらかじめ設定された圧力。弁の作動特性によって,吹出し圧力

又は吹始め圧力を設定圧力とする。

注記  この圧力は所定の使用条件において,弁を開かせようとする圧力の力と弁体を弁座に押しつけ

ておこうとする力とが釣り合ったときの弁入口で測定されるゲージ圧力である。

3.2.2

吹始め圧力(start to discharge pressure; start to leak pressure)

入口側の圧力が増加して,出口側で流体の微量な流出が検知されるときの入口側の圧力。

注記  この場合の微量な流出とは,蒸気用は目視又は聴音によって検知されるときの流出,ガス用は

吹始め圧力の許容範囲内において,聴音,出口開口部に張った石けん水の膜などによって明確

に検知されるときの流出であって,弁座漏れによる流出ではない。

3.2.3

吹出し圧力(opening pressure; popping pressure)

安全弁がポッピングするときの入口側の圧力。

注記 1  ポッピング圧力ともいう。

注記 2  ポッピング(popping)とは,安全弁のリフトが瞬間的に増大し,内部の流体を吹出す動作。

3.2.4

吹止まり圧力(closing pressure; reseating pressure)

入口側の圧力が減少して弁体が弁座と再接触するとき,すなわちリフトがゼロとなったときの入口側の

圧力。

注記  再着座圧力ともいう。


4

B 8210

:2009

3.2.5

吹下り(blow down)

吹出し圧力又は吹始め圧力と吹止まり圧力との差をいい,実数値(MPa)又は設定圧力の百分率で表す。

3.2.6

超過圧力(over pressure)

安全弁の設定圧力を超える圧力増加分。

製造業者の規定するリフトに達する圧力増加分をいう。

通常は,

設定圧力の百分率で表す。

注記  この超過圧力は,安全弁の吹出し量を認定するときに用いる。

3.2.7

許容超過圧力(allowable over pressure)

安全弁の設定圧力を超えて許容される超過圧力。

3.2.8

最高許容圧力(maximum allowable pressure)

圧力装置製造業者の規定する機器の最高設計圧力。

3.2.9

常温補正試験圧力(ばね設定圧力)[cold differential test pressure (CDTP)]

試験台で安全弁の試験を行うときに設定する圧力(弁入口静圧)で,背圧及び/又は温度などの使用状

態に対する補正を行ったもの。

3.2.10

背圧(back pressure)

安全弁の出口側の圧力。

注記  累積背圧と既存背圧の二つがある。

3.2.11

累積背圧(built-up back pressure)

安全弁が吹き出したとき,出口側の流れによって発生する安全弁の出口側の圧力。

3.2.12

既存背圧(superimposed back pressure)

安全弁が吹き出す前に,既に出口側に存在する圧力で,他の供給源から安全弁の出口側に導入される圧

力。

3.2.13

バランスベローズ(balanced bellows)

安全弁の設定圧力に対する既存背圧の影響を最小限に止めるために設けるベローズ装置。

3.3

吹出し係数(coefficient of discharge)

試験によって求めた実際の吹出し量と,計算によって求めた理論吹出し量との比。

3.4

公称降格吹出し係数(certified derated coefficient of discharge)

公称吹出し量を計算するときに用いる吹出し係数であって,吹出し係数と降格係数との積で表した値。

降格係数は,公称降格吹出し係数と吹出し係数との比で,通常 0.9 とする。


5

B 8210

:2009

3.5

公称吹出し量決定圧力(flow rating pressure; relieving pressure)

安全弁の公称吹出し量を算出する場合の入口側の圧力で,設定圧力と許容超過圧力との和。

3.6

理論吹出し量(theoretical discharge capacity)

安全弁の流路面積に等しい断面積をもつ理論的理想ノズルを流れる質量単位,又は容積単位で表す計算

流量。

3.7

公称吹出し量(certified capacity; rated relieving capacity)

個々の安全弁に対して保証する吹出し量で,次のいずれかによる。

a)

測定された吹出し量×降格係数

b)

理論吹出し量×吹出し係数×降格係数

c)

理論吹出し量×公称降格吹出し係数

d)

附属書 JA の規定によって決定される吹出し量。

3.8

リフト(lift)

閉弁位置から,安全弁吹出し中の開弁位置までの弁体の軸方向の移動量。

3.9

定格リフト(rated lift)

公称吹出し量が得られる設計上のリフト。

3.10

弁座口の径(seat diameter)

弁体と弁座との当たり面の内径(

図 JA.1 参照)。

3.11

のど部の径(throat diameter; bore diameter)

流体取入口から弁座面に至るノズルの最狭部分の内径(

図 JA.1 参照)。

3.12

のど部の面積(throat area; bore area)

のど部の径による流路面積。

3.13

弁座流路面積(カーテン面積)(seat flow area; curtain area)

弁体のリフトによって得られる弁体と弁座面との間の円筒状又は円すい状開口部の流路面積。

3.14

吹出し面積(flow area)

安全弁を通過する流量を決定する部分の流路面積で,公称吹出し量の計算に用いる面積(

図 JA.1 参照)。

3.15

呼び径(nominal size)

安全弁の大きさを表すための呼び寸法。

注記  安全弁の呼び径は,入口側の呼び径とし,一般に JIS B 2001 に規定する呼び径を準用する。


6

B 8210

:2009

記号及び単位 

記号及び単位は,次による。

A:  吹出し面積

(mm

2

C:  等エントロピ指数による係数

K

b

:  亜臨界流れに対する理論流量補正係数

K

d

:  吹出し係数

1)

K

dr

:  公称降格吹出し係数(K

d

×0.9)

1)

K

dr

':  降格吹出し係数

1)

K

v

:  粘度補正係数

k:  等エントロピ指数

M:  分子量

(kg/kmol)

n:  試験数

p

o

:  吹出し量決定圧力

(MPa abs 又は bar abs)

p

b

:  背圧

(MPa abs 又は bar abs  )

p

c

:  臨界圧力

(MPa abs 又は bar abs)

Q

m

:  公称吹出し量

(kg/h)

q

m

:  単位面積当たりの理論流量

[kg/(h・mm

2

)

q'

m

:  試験結果から得た単位面積当たりの吹出し量

[kg/(h・mm

2

)

R:  一般ガス定数

[J/(mol・K)]

T

o

:  吹出し温度

(K)

T

c

:  臨界温度

(K)

μ:  粘度

(Pa・s)

ν:  実際吹出し量決定圧力及び温度における比容積

(m

3

/kg

χ:  弁入口の実際吹出し量決定圧力及び温度における湿り蒸気の乾き度

2)

Z:  実際吹出し量決定圧力及び温度における圧縮係数

1)

  K

d

K

dr

及び K

dr

'は,0.xxx のように表す。

2)

  χ

は,0.xx とする。

構造 

5.1 

構造一般 

構造一般は,次による。

a)

確実な作動性及び弁座気密性を確保するために,可動部を案内するガイド機構を備えていなければな

らない。

b)

安全弁の弁座は,弁本体と一体になっていない場合には,運転中に緩まないように強固に固定しなけ

ればならない。

c)

必要吹出し量に適合するようにリフトをリフト制限によって減じる安全弁の場合,リフト制限機構は

弁リフトだけを制限するものであって,弁の作動性能を低下させるものであってはならない。リフト

制限機構が,調整可能なものであれば,調整機能を機械的にロックし,封印できるように設計しなけ

ればならない。リフト制限機構は製造業者によって取り付けられ,封印されなければならない。弁リ


7

B 8210

:2009

フトは,制限されない場合のリフトの 30  %又は 1.0 mm のいずれか大きい値以下に制限されてはなら

ない。

d)

安全弁のすべての外部調整装置には,安全弁がみだりに調整されることを防止できる方法,又は不適

切な調整が行われたことが判別できるような方法で,ロック及び/又は封印を施さなければならない。

e)

毒性及び可燃性流体用の安全弁は,外気への漏出を防止するため,密閉ボンネット形にする。また,

平衡形でボンネットにベントホールが設けられている場合は,安全な場所まで導き処理されなければ

ならない。

f)

安全弁本体の吹出し側には,ドレン抜きなど,液体の滞留を防止する手段を講じなければならない。

g)

ガイド及び弁体・弁体ホルダ・弁棒のような互いにしゅう動する表面は,耐食性をもち,かつ,摩耗

又はかじりを最小限にとどめるような材料としなければならない。

h)

摩擦力によって弁性能に悪影響を与えるおそれのあるシール部品を採用してはならない。

i)

要求があれば,揚弁レバーを設けなければならない。

なお,この装置は,設定圧力の 75  %以上の圧力のとき手動によって弁体を揚げられるもので,手

を放したとき弁体が閉止の位置に戻るものでなければならない。

j)

設定圧力が 3 MPa を超える蒸気,又は温度が 235  ℃を超える流体に使用する安全弁は,ばねが吹出し

流体に直接さらされないようにしなければならない。

k)

ねじ込み形安全弁は,取付けのとき,スパナをかける面がなければならない。

l)

弁体と弁座との当たり面の弁軸に対する傾きは,45 度(円すい座)又は 90 度(平面座)とすること

が望ましい。

5.2 

接続端 

接続端は,次による。

a)

安全弁の接続端に使用するねじ継手のねじは,JIS B 0203 による。また,フランジ継手のフランジは,

JIS B 2220

JIS B 2239 及び JIS B 2240 によるほか,次による。

1)

蒸気ボイラ用全量式の場合,接続フランジの形状・寸法は,

表 によるか,又は同等以上の強度を

もつ形状・寸法とする。

2)

ボイラ用以外の全量式又は揚程式の場合(含むガス用)で,吹出し時の反動力の面から,フランジ

の強度を増す必要がある場合は,フランジの厚さを増すか,及び/又は大きい呼び径の寸法によっ

てもよい。

3)

冷凍装置用の場合は,JIS B 8602 による。

4)

上記 1)  及び 2)  の場合,材料は,7.2 によるほかは,JIS B 2220 又は JIS B 2239 の規定を準用する。

b)  a)

に規定する以外の接続端は,受渡当事者間の協定による。


8

B 8210

:2009

表 1−蒸気ボイラ用全量式の場合の接続フランジの形状・寸法

単位  mm

フランジ

ボルト穴

フランジの呼び圧力

(記号)

呼び径

D

t(最小)

f

g

c

h

ボルトの

ねじの呼び

20

25

125

135

18

20

1

2

67

76

90

100

4

4

19

19

M 16

M 16

32

40

140

155

20

20

2

2

81

96

105

120

4

8

19

19

M 16

M 16

50

65

175

200

22

24

2

2

116

132

140

160

8

8

19

23

M 16

M 20

80

(90)

210

225

24

26

2

2

145

160

170

185

8

8

23

23

M 20

M 20

100 270 26  2  195 225  8  25

M

22

125

150

305

350

28

30

2

2

230

275

260

305

12

12

25

25

M 22

M 22

10 K

200 430 34  2  345 380 12  27

M

24

20

25

125

135

20

20

1

2

67

76

90

100

4

4

19

19

M 16

M 16

32

40

140

155

22

22

2

2

81

96

105

120

4

8

19

19

M 16

M 16

50

65

175

200

24

26

2

2

116

132

140

160

8

8

19

23

M 16

M 20

80

(90)

210

225

28

28

2

2

145

160

170

185

8

8

23

23

M 20

M 20

100 270 30  2  195 225  8  25

M

22

125

150

305

350

32

34

2

2

230

275

260

305

12

12

25

25

M 22

M 22

16 K

200 430 38  2  345 380 12  27

M

24

20

25

130

140

20

22

1

2

70

80

95

105

4

4

19

19

M 16

M 16

32

40

160

165

22

22

2

2

90

105

120

130

4

8

23

19

M 20

M 16

50

65

200

210

26

28

2

2

130

140

160

170

8

8

23

23

M 16

M 20

80

(90)

230

240

30

32

2

2

150

160

185

195

8

8

25

25

M 22

M 22

100 275 36  2  195 230  8  25

M

22

125

150

325

370

38

42

2

2

235

280

275

320

12

12

27

27

M 24

M 24

20 K

200 450 48  2  345 390 12  33

M

30

×3


9

B 8210

:2009

表 1−蒸気ボイラ用全量式の場合の接続フランジの形状・寸法(続き)

単位  mm

フランジ

ボルト穴

フランジの呼び圧力

(記号)

呼び径

D

t(最小)

f

g

c

h

ボルトの

ねじの呼び

20

25

130

140

22

24

1

2

70

80

95

105

4

4

19

19

M 16

M 16

32

40

160

165

24

26

2

2

90

105

120

130

4

8

23

19

M 20

M 16

50

65

200

210

30

32

2

2

130

140

160

170

8

8

23

23

M 20

M 20

80

(90)

230

250

34

36

2

2

150

165

185

205

8

8

25

25

M 22

M 22

100 300 40  2  200 250  8  27

M

24

125

150

355

405

44

50

2

2

240

290

295

345

12

12

33

33

M 30

×3

M 30

×3

30 K

200 475 56  2  355 410 12  33

M

30

×3

20

25

140

150

27

30

1

2

70

80

100

110

4

4

23

23

M 20

M 20

32

40

175

185

32

34

2

2

90

105

130

145

4

8

25

23

M 22

M 20

50

65

220

230

38

40

2

2

130

140

175

185

8

8

25

25

M 22

M 22

80

(90)

255

270

42

44

2

2

150

165

205

220

8

8

27

27

M 24

M 24

100 325 50  2  200 265  8  33

M

30

×3

125

150

365

425

54

60

2

2

240

290

305

360

12

12

33

33

M 30

×3

M 30

×3

40 K

200 500 68  2  355 430 12  39

M

36

×3

注記  括弧内の呼び径は,なるべく使用しないことが望ましい。


10

B 8210

:2009

c)

接続端の設計は,形式にかかわらず,安全弁入口における外部接続管又はスタブ接続の最小流路面積

は,弁入口接続端の通過面積(入口部分)以上でなければならない[

図 1 a)参照]。安全弁出口におけ

る外部接続管の断面積は,めねじによる外部接続の弁を除き,弁出口の最小流路面積以上でなければ

ならない[

図 1 b)  及び図 1 c)  参照]。

1

安全弁入口

2

安全弁の作動性能が確保できる内径

a)

入口

1

安全弁

2

管の呼び径は,弁出口の呼びと同じである。

注記  附属書 における試験中の弁出口管は,適切でなければならない。

b)

出口

1

安全弁

注記  附属書 における試験に弁出口管は,不要である。

c)

出口

図 1−弁出入口の設計


11

B 8210

:2009

d)

蒸気用全量式安全弁で,設定圧力 2.0 MPa 以下の場合に限り接続端におねじを使用することができる。

その場合の接続ねじは,

表 による。

表 2−蒸気用全量式安全弁の呼び径に対応するねじの呼び

安全弁の呼び径  管用テーパねじの呼び(JIS B 0203 参照)

20 R1

25 R1

1

/

4

32 R1

1

/

2

40 R2

50 R2

1

/

2

5.3 

ばね 

安全弁のばねは,次による。

a)

表面に有害な肌荒れ,きず,その他の欠陥があってはならない。

b)

コイル端部の形状は,クローズドエンドとし,3/4 巻以上,ばねの軸線に直角及び平滑に研削加工又

はテーパ加工されていなければならない。

c)

座巻の数は,各一巻以上とする。

d)

試験荷重又は密着荷重を 3 回加え,これを取り除いて 10 分後の自由高さの減少率が,0.5  %以下でな

ければならない。

e)

ばねの特性及び寸法の許容差は,

表 及び図 による。

表 3−ばねの特性及び寸法の許容差

項目

許容差

自由高さ(H

0

自由高さの±1  %又は±0.5 mm のうち,絶対値の大きい方

コイル内径又は外径

コイルの平均径の±1  %又は±0.4 mm のうち,絶対値の大きい方

コイル外側面の傾き(e) 0.02×H

0

(1.15°)

a)

以下又は 0.5 mm のうち,大きい方

ピッチの不同

ばね密着時までの全たわみの 80  %を圧縮した場合,両端部を除い
てコイルが接してはならない。

定格(設定圧力相当)荷
重時のたわみ

±5  %又は±0.5 mm のうち,絶対値の大きい方

a)

括弧内の数値は,傾きの角度を示す。

図 2−コイル外側面の傾きの測定

f)

使用最大たわみ設計値は,設定時のたわみの 1.1 倍に定格リフトを加えた値とし,その値は,ばね密


12

B 8210

:2009

着時までの全たわみの 80  %以下でなければならない。

g)

使用最大たわみ時のねじり応力の設計値は,試験荷重時の許容ねじり応力の 80  %以下とする。

なお,試験荷重時の許容ねじり応力の値は,JIS B 2704 による。

5.4 

寸法 

安全弁の各部の寸法許容差は,次による。

a)

機械加工部の寸法で,特に規定がない部分及び鋳放し品の寸法許容差は,

表 による。

表 4−寸法許容差

部位

寸法許容差

フランジ部

JIS B 2220

及び JIS B 2239 参照。

青銅品

15
10


%  又は 0.5 mm のうち,絶対値の大きい方

鋳鉄品

JIS B 0403

附属書 に規定する並級とする。

鋳放し厚さ

鋳鋼品

JIS B 0403

附属書 に規定する中級又は並級とする。

機械加工部

JIS B 0405

に規定する中級又は粗級とする。

b)

のど部の径及び弁座口の径は,基準寸法以上とする。

c)

安全弁の面間寸法及び直角度の許容差は,

表 及び図 による。

表 5−面間寸法及び直角度の許容差

安全弁の呼び径

面間寸法 mm

直角度 α  分

 100

以下

±1.5

±30

100

を超え 250 以下

±3.0

±20

250

を超えるもの

±3.0

±15

図 3−安全弁の面間寸法及び直角度

5.5 

非破壊試験 

5.5.1 

一般 

安全弁の非破壊試験は,次による。ただし,この非破壊試験の実施は,受渡当事者間の協定による。

5.5.2 

溶接形安全弁の入口側突合せ溶接継手の開先部(鋳鋼の場合) 

a)  JIS G 0581

によって放射線透過試験を行い,分類 1 類に合格しなければならない。ただし,開先部の

透過写真の有効範囲は,突合せ端面から管の厚さの 1.5 倍又は 50 mm のいずれか小さい範囲とする。


13

B 8210

:2009

ただし,構造などの関係でこの規定によれない場合は,受渡当事者間の協定による。

b)

開先部は,仕上げ後 JIS Z 2343-1 によって浸透探傷試験を行い,次の各項に適合しなければならない。

1)

割れがない。

2)

欠陥が認められる最も不利な場所における任意の 38 mm×152 mm 以下の長方形又は直径が 89 mm

以下の円内に 6 個を超える線状欠陥の集団がない。

3) 19

mm

以下の厚さに対しては 6 mm より長く,19 mm を超え 57 mm までの厚さに対しては長さが厚

さの 1/3 より大きく,57 mm 以上の肉厚に対しては 19 mm より長い線状欠陥がない(長い方の欠陥

の長さに等しい間隔以上で,互いに分離された直線上に並んだ JIS Z 2343-1 に規定する浸透指示模

様は,合格とする。

4)

線状欠陥以外の欠陥については,2.3 mm 以上のものがない。

5.5.3 

溶接形安全弁の入口側突合せ溶接継手の開先部(鍛造又は圧延材料の場合) 

5.5.2 b)

による。

5.5.4 

フランジ形安全弁の入口側フランジ付根部(鋳造の場合) 

低クロムモリブデン鋼の鋳造品又は設定圧力 11 MPa 以上の鋳鋼製安全弁の入口側フランジ付根部は,

JIS G 0581

によって放射線透過試験を行い,肉厚 20 mm 以下は分類 1 類に,厚さ 20 mm を超えるものは

分類 2 類に合格しなければならない。

5.5.5 

弁座取付溶接部 

弁座を弁箱に溶接して取り付ける場合の溶接開先面及び溶接後の溶接部は,5.5.2 b)  による。

5.5.6 

弁座と弁体との当たり面 

弁座と弁体との当たり面は,JIS Z 2343-1 によって浸透探傷試験を行い,割れ,その他の有害な欠陥が

あってはならない。

5.5.7 

入口側耐圧部分の突合せ溶接部 

入口側耐圧部分の突合せ溶接部は,JIS Z 3104 又は JIS Z 3106 によって放射線透過試験を行う。溶接部

は,分類 2 類に合格しなければならない。ただし,構造などの関係でこの規定によれない場合は,受渡当

事者間の協定による。

外観 

安全弁の外観は,組立て後の製品について目視によって行い,次の項目を満足しなければならない。

a)

鋳造品は,有害な鋳巣,鋳ばり,砂焼付き,砂かみ,割れなどがあってはならない。

b)

鍛造品には,割れ,かぶり,せぎりきずなどがあってはならない。

c)

機械加工面には,有害なきず,仕上げ程度の不同などがあってはならない。

d)

寸法の指定がないかど部及び隅部には,適切な面取り,丸みなどが付いていなければならない。

e)

表示が正しくされていなければならない。

f)

安全弁の調整箇所には,封印がなされていなければならない。

材料 

7.1 

一般 

耐圧強度を必要とする外殻構造部の材料は,蒸気用では JIS B 8201,及びガス用では JIS B 8265 による。

ただし,これらの規格に規定されていない材料を用いる場合には,受渡当事者間の協定による。


14

B 8210

:2009

7.2 

材料の使用制限 

7.2.1 

蒸気用安全弁 

蒸気用安全弁の場合は,次による。

a)  JIS G 5501

に規定するねずみ鋳鉄品,JIS G 5705 に規定する黒心可鍛鋳鉄品及びパーライト可鍛鋳鉄

品,

附属書 JB に規定するマレアブル鉄鋳造品,及び附属書 JC に規定するダクタイル鉄鋳造品は,次

の安全弁の耐圧部に用いてはならない。

1)

設定圧力が,1.6 MPa を超える安全弁。ただし,黒心可鍛鋳鉄品,マレアブル鉄鋳造品及びダクタ

イル鉄鋳造品は,2.4 MPa を超える安全弁。

2)

流体の温度が 230  ℃を超える安全弁。ただし,黒心可鍛鋳鉄品,マレアブル鉄鋳造品及びダクタイ

ル鉄鋳造品は,350  ℃を超える安全弁。

b)  JIS H 5120

及び JIS H 5121 に規定する青銅鋳物の 2 種,3 種,6 種及び 7 種は,温度が 225  ℃を超え

る安全弁に使用してはならない。その他の銅合金はその材質に応じ,これに準じて使用の可否を決定

する。

c)

その他の材料の温度制限は,JIS B 8201 による。

7.2.2 

ガス用安全弁 

ガス用安全弁の場合は,次による。

a)  JIS G 5501

に規定するねずみ鋳鉄品,ガスが毒性ガス又は可燃性ガスに使用される安全弁及び設定圧

力が 0.2 MPa 以上の安全弁並びに温度が 0  ℃未満又は 250  ℃を超える安全弁の耐圧部に使用してはな

らない。

b)  JIS G 5502

に規定する球状黒鉛鋳鉄品,並びに JIS G 5705 に規定する可鍛鋳鉄品は,毒性ガス又は可

燃性ガスに使用される安全弁であって設定圧力が 0.2 MPa 以上の安全弁,及び毒性ガス及び可燃性ガ

ス以外のガスに使用される安全弁であって設定圧力が 1.6 MPa を超える安全弁,並びに流体の温度が

0

℃未満又は 250  ℃を超える安全弁の耐圧部に使用してはならない。

c)

附属書 JB 及び附属書 JC に規定するマレアブル鉄鋳造品及びダクタイル鉄鋳造品は,ガス名がホスゲ

ン,シアン化水素など毒性の強いガスに使用される安全弁及びこれ以外のガスであって設定圧力が 2.4

MPa

を超える安全弁,並びに流体の温度が−5  ℃未満又は 350  ℃を超える安全弁の耐圧部に使用して

はならない。

d)

その他の材料の場合の温度制限は,JIS B 8265 による。

7.3 

材料の許容引張応力 

材料の許容引張応力は,次による。

a)

材料の許容引張応力は,蒸気用安全弁に対しては JIS B 8201,及びガス用安全弁に対しては JIS B 8265

に規定する値による。ただし,冷凍装置用と指定されたばね安全弁に対しては,JIS B 8240 に規定す

る値による。

b)  a)

に規定されていない材料の許容引張応力は,受渡当事者間の協定による。

性能 

8.1 

耐圧性 

安全弁の耐圧部は,10.1 又は 10.2 によって試験を行ったとき,各部に変形,漏れなどの異常があっては

ならない。


15

B 8210

:2009

8.2 

密閉性 

安全弁の密閉性は,10.3 によって試験を行ったとき,漏れがあってはならない。

8.3 

弁座気密性 

弁座の気密性は,10.6 によって試験を行ったとき,弁座の漏れが許容量以下でなければならない。

8.4 

作動性能 

作動性能は,次のいずれかによる。

a)

形式試験において,

附属書 によって試験を行ったときは,A.2.2 a)  及び b)  の規定,受渡当事者間

の協定によって試験を行ったときは,協定に定められた規定を満足しなければならない。

b)

製品試験において,10.5 によって試験を行ったときは,10.5.210.5.5 の規定を満足しなければならな

い。

8.5 

流量性能 

安全弁は,9.3 によって試験を行い,所定の公称吹出し量が得られるものでなければならない。

8.6 

作動状態 

安全弁の作動は,10.7 によって試験を行ったとき,確実で安定したものでなければならない。

形式試験 

9.1 

一般 

形式試験(type test)とは,安全弁の作動特性及び流量特性を,設計,圧力範囲,サイズなどを代表する

供試弁によって決定する試験をいう。

安全弁の作動特性試験及び流量特性試験は,それぞれ 9.2 及び 9.3 による。

注記  作動特性及び流量特性は,弁の形式によって定まる作動性能及び流量性能における特有の性質

をいう。

9.2 

作動特性試験 

作動特性を決定する試験の方法は,

附属書 による。附属書 以外の方法による場合は,受渡当事者間

の協定による。

9.3 

流量特性試験 

流量特性を決定する試験の方法は,

附属書 による。ただし,これによらない場合は,附属書 JA によ

る。

注記  附属書 において算定された単位面積当たりの吹出し量に基づいた公称吹出し量の算定方法

を,

附属書 に示す。

10 

製品試験 

10.1 

水圧試験 

10.1.1 

一般 

次の a)e)  の条件をすべて満たす場合は,弁本体の水圧試験と同等の有効性をもつ試験(例えば,統計

的サンプリングによる設計証明試験など)に替えてもよい。また,a)b)  及び e)  の条件の弁で,圧力が

f)

及び g)  の場合,及び材料が h)  の場合にも同様に代替試験に替えてもよい。

a)

ねじ接続端

b)

入口直径が最大 32 mm

c)

破裂圧力と設計圧力との比が 8  以上


16

B 8210

:2009

d)

設計圧力が 4 MPa (40 bar)以下

e)

非危険流体に使用するもの

f)

設計圧力が 4 MPa (40 bar)を超え

g)

破裂圧力と設計圧力との比が 10 倍以上

h)

材料が圧延又は鍛造された鋼材

臨時に取り付ける配管,接続部,ふたなどは,試験圧力に耐える適切で安全なものとする。

臨時に溶接取り付けされた仮取付金具類は,注意深く除去し,溶接こん(痕)は,母材表面と同一面ま

で研削仕上げを行う。研削仕上げ後,磁粉探傷試験又は浸透深傷試験によって試験する。

10.1.2 

水圧試験圧力 

a)

入口側  弁本体の弁入口から弁座面までの部分は,製造業者が決定した設計最高圧力の 1.5  倍の圧力

で試験する。

b)

出口側  弁本体の弁出口側は,製造業者が決定した設計最高背圧の 1.5  倍で水圧試験を実施する。た

だし,背圧がゼロ又はその指定がない場合は,出口側の耐圧試験を行う必要はない。

10.1.3 

保持時間 

試験圧力は,呼び径に応じて,弁のすべての表面及び接続部の目視試験を行うのに必要な時間だけの十

分な時間加圧状態を維持しなければならない。ただし,

表 に規定する保持時間を下回ってはならない。

弁座の出口側の試験については,10.1.2 b)  に規定する圧力及び出口径に基づき加圧保持時間を決める。

表 6−水圧試験の最小保持時間

圧力

≦4 MPa

>4 MPa

≦6.3 MPa

>6.3 MPa

呼び径

最小保持時間(分)

50

以下 2

2

3

50

を超え 65 以下 2

2

4

65

を超え 80 以下 2

3

4

80

を超え 100 以下 2

4

5

100

を超え 125 以下 2

4

6

125

を超え 150 以下 2

5

7

150

を超え 200 以下 3

5

9

200

を超え 250 以下 3

6

11

250

を超え 300 以下 4

7

13

300

を超え 350 以下 4

8

15

350

を超え 400 以下 4

9

17

400

を超え 450 以下 4

9

19

450

を超え 500 以下 5

10

22

500

を超え 600 以下 5

12

24

呼び径が 600 を超える場合の最小保持時間は,受渡当事者間の協定による。

10.1.4 

安全に対する要求事項 

水圧試験時の安全に対する要求事項は,次の a)d)  による。

a)

試験媒体として通常,水を使用する。他の試験液体を使用する場合には,別途注意が必要である。

b)

弁本体内部に空気が封じ込められないように十分換気する。


17

B 8210

:2009

c)

水圧試験を受ける安全弁の該当部分にぜい(脆)性破壊を起こすおそれのある材料を使用している場

合,安全弁又はその該当部分,及び試験媒体の両方を材料の遷移温度以上の適切な温度に維持し,破

壊が起こるのを防止しなければならない。

d)

試験中の安全弁又は受圧部分には,例えば,ハンマーテストなどの方法による場合にも,衝撃荷重を

与えてはならない。

10.2 

気圧試験 

10.2.1 

適用と保持時間 

空気又は他の適切なガスを用いて行う気圧試験は,次の a)  及び b)  の条件の場合,受渡当事者間の協定

によって正規の弁本体の水圧試験に替えて実施することができる。

a)

液体を満たすことが実用的でない設計及び構造の安全弁

b)

安全弁の使用に当たって微量の水分の残留も許されない安全弁

試験圧力と保持時間は,それぞれ 10.1.2 及び 10.1.3 の規定に従う。

10.2.2 

安全に対する要求事項 

空気圧試験における危険性については,次の a)c)  によって,適切な予防手段を取らなければならない。

a)

弁の重大な破裂が加圧中のある段階で起こった場合,相当なエネルギーが放出されることになる。し

たがって,昇圧中は何人もその作業区域に立ち入ってはならない(例えば,同じ圧力の場合で,空気

は同容積の水の 200  倍のエネルギーを保有している)

b)

試験状態におけるぜい(脆)性破壊の危険性については,設計段階での厳密な評価を行わなければな

らない。また,空気圧試験を受ける安全弁の材料選定は,試験中のぜい(脆)性破壊の危険を避ける

ようにしなければならない。このため,あらゆる部品の遷移温度と試験中の金属温度との間には,適

切な差を設ける必要がある。

c)

高圧貯槽から引いてテスト弁を加圧する場合,減圧差が大きいとガス温度が下がるという事実に注意

を払う必要がある。

10.3 

密閉性能試験 

10.3.1 

入口側 

安全弁の入口側の密閉性は,目視によって確認し,10.1.2 a)  と同時に判定する。

10.3.2 

出口側 

安全弁の出口側の密閉性は,目視によって確認し,次による。

a)

背圧の指定がある場合:背圧の指定がある場合の安全弁の出口側の密閉性は,10.1.2 b)  と同時に判定

する。

b)

密閉形安全弁で背圧の指定がない場合:密閉形安全弁で背圧の指定がない場合は,出口側の背圧がか

かる部分に 0.2 MPa の空気又はその他のガス圧を加える。

なお,試験保持時間は,10.1.3 の規定に従う。

注記  密閉形安全弁の定義は,JIS B 0100 を参照。

10.4 

常温補正試験圧力の設定 

安全弁の作動性能を試験する際は,試験時と実使用時の温度の相違,背圧の影響などを考慮し,試験に

使用する流体における常温補正試験圧力を設定する。空気又は他のガスを試験媒体に使用した常温補正試

験圧力の設定は、水圧試験を実施した後に行わなければならない。


18

B 8210

:2009

10.5 

作動性能試験 

10.5.1 

一般 

製品試験として行う作動性能試験の方法は,10.5.210.5.5 による。ただし,作動特性を

附属書 によっ

て確認している場合は,省略することができる。

10.5.2 

吹始め圧力 

安全弁の入口側圧力を増加させ,出口側で流体の微量な流出を検知したときの入口側の圧力(吹始め圧

力)を測定する。吹始め圧力は,次による。

a)

蒸気用の場合  蒸気用安全弁の吹始め圧力については,規定しない。

b)

ガス用の場合  ガス用安全弁の吹始め圧力の許容差は,設定圧力に対して±5  %(ただし,最小±0.025

MPa

)とする。ただし,設定圧力を超えることを許されない場合の許容差は,+側を−側に加えるこ

ととする。

注記  ガス用の場合,設定圧力は一般に吹始め圧力とする。

10.5.3 

吹出し圧力(ポッピング圧力) 

安全弁の入口側圧力を増加させ,安全弁をポッピングするときの入口側の圧力(吹出し圧力)を測定す

る。吹出し圧力は,次による。

a)

蒸気用の場合  蒸気用安全弁の吹出し圧力の許容差は,表 による。ただし,設定圧力を超えること

を許されない場合の許容差は,+側を−側に加える。

表 7−蒸気用安全弁の吹出し圧力の許容差

単位  MPa

設定圧力

許容差

0.5

未満

±0.015

 0.5

以上 2.3 未満

±(設定圧力の 3  %)

 2.3

以上 7.0 未満

±0.07

7.0

以上

±(設定圧力の 1  %)

−  蒸気用の場合,設定圧力は一般に吹出し圧力とする。
−  ボイラ以外の蒸気用安全弁の吹出し圧力の許容差は,

設定圧力の±3  %(最小値±0.015 MPa)とする。

b)

ガス用の場合  ガス用の安全弁の吹出し圧力の許容範囲は,吹始め圧力の 1.1 倍未満とする。ただし,

吹出し圧力で設定する場合の吹出し圧力の許容差は,設定圧力の±3  %(最小値±0.015 MPa)とする。

ただし,設定圧力を超えることを許されない場合の許容差は,+側を−側に加える。

10.5.4 

吹下り 

安全弁の入口側圧力を増加させ,安全弁をポッピングさせた後,入口側の圧力を減じ,弁体と弁座とを

再接触したときの入口側の圧力(吹下り)を測定する。吹下りは,次による。

a)

蒸気用の場合  蒸気用安全弁の吹下りは,表 による。ただし,貫流ボイラ,再熱器,配管などに使

用する蒸気用安全弁の吹出し圧力が 0.3 MPa を超える場合の吹下りは,設定圧力の 10  %以下とする

ことができる。


19

B 8210

:2009

表 8−蒸気用安全弁の吹下り

単位  MPa

設定圧力

吹下り

0.4

以下 0.03

0.4

を超えるもの

設定圧力の 7  %(4  %)以下

−  蒸気用の吹下りは,一般に吹出し圧力と吹止まり圧力との差とする。

−  受渡当事者間の協定によって,括弧内の数字とすることができる。

b)

ガス用の場合  ガス用安全弁の吹下りは,表 による。

表 9−ガス用安全弁の吹下り

単位  MPa

吹下り

設定圧力

メタルシート形

ソフトシート形

0.2

以下 0.03 以下 0.05 以下

0.2

を超えるもの

設定圧力の 15  %以下

設定圧力の 25  %以下

−  ガス用の吹下りは,一般に吹始め圧力と吹止まり圧力との差とする。ただし,

吹出し圧力で設定する場合は,吹出し圧力と吹止まり圧力との差とする。

−  ソフトシート形及びメタルシート形の定義は,JIS B 0100 を参照。

10.5.5 

リフト 

安全弁の入口側圧力を増加させ,安全弁をポッピングさせ,閉弁位置から安全弁吹き出し中の開弁位置

までの軸方向の移動量(リフト)を測定する。リフトは,表示された定格リフト以上でなければならない。

10.6 

弁座気密性試験 

10.6.1 

一般 

安全弁の弁座気密性は,10.6.2 又は 10.6.3 による。ただし,試験要領及び漏れ量の基準をこの規定によ

らない場合は,受渡当事者間の協定による。

10.6.2 

蒸気用安全弁 

蒸気用安全弁では,吹出し圧力の測定を行った後,入口側圧力を下げ再び設定圧力の 90  %の値又は吹

出し圧力から吹下りの最大値を減じた圧力のいずれか低い方の値まで圧力を加えたとき,出口側からの漏

れを目視又は聴音によって検出する。漏れがあってはならない。

蒸気用安全弁に対して空気又は不活性ガスを用いて弁座気密性試験を行う場合は,10.6.3 b)  による。

10.6.3 

ガス用安全弁 

ガス用安全弁では,吹始め圧力及び吹出し圧力の測定を行った後,入口側圧力を下げ,再び設定圧力の

90

%の値又は吹始め圧力から吹下りの最大値を減じた圧力のいずれか低い方の値まで圧力を加えたとき

の弁座漏れを検出する。漏れの検出法及び弁座の許容漏れ量は,次による。

a)

ソフトシート形  ソフトシート形の弁座漏れは,目視又は聴音によって検出した結果,漏れがあって

はならない。

b)

メタルシート形  メタルシート形の弁座漏れは,図 に示す検査装置によって測定し,漏れ量は発生

する 1 分間当たりの気泡の数とする。気泡の数を数える前に加える圧力の保持時間を

表 10 に示す。

弁座の許容漏れ量(許容される気泡の数の最大値)は,7 MPa 以下の設定圧力に対しては

表 11 に示す気

泡の数を,また,7 MPa を超える設定圧力に対しては

図 に示す気泡の数を超えてはならない。


20

B 8210

:2009

注記  ソフトシート形及びメタルシート形の定義は,JIS B 0100 を参照。

単位  mm

外径 8 mm,内径 6 mm の管の端面は,管の中心線に対して直角で平滑に切断されており,水面

下 13 mm の深さにあって,水面に平行でなければならない。

管の端部以外の安全弁の出口側の各開放部分(ふた,ドレン抜き,通気穴など)及び各接合部

分は,気泡の数を数える前に,密閉されていなければならない。その密閉性は,石けん水又はそ
れと同等の方法による気密試験によって確認する。ただし,安全弁が組み立てられた後,出口側

の密閉性試験が実施されているものについては,石けん水による気密試験は除外される。

ふた板には,安全弁が不慮のポッピングをした場合に,危険が伴わないような試験設備とする。

図 4−弁座漏れ試験装置

表 10−気泡の数を数える前の圧力保持時間

安全弁の呼び径

圧力保持時間(分)

50

以下

1

以上

65

,80 及び 100

2

以上

125

以上

5

以上

表 11−設定圧力 7 MPa 以下のガス用安全弁の場合のメタルシート形の許容漏れ量

許容漏れ量

安全弁の形式

呼び径

気泡の数/分

換算漏れ量(cm

3

/min

50

以下 40

11.80

非平衡形

65

以上 20

5.90

50

以下 50

14.75

平衡形

65

以上 30

8.85

注記  非平衡形及び平衡形の定義は,JIS B 0100 を参照。


21

B 8210

:2009

図 5−設定圧力 7 MPa を超える場合のガス用安全弁メタルシート形の許容漏れ量

10.7 

作動状態 

安全弁の作動状態は,9.2 の作動特性試験時に確認する。


22

B 8210

:2009

11 

検査 

11.1 

検査の項目及び適用事項 

安全弁に対する検査の項目及び適用事項は,

表 12 による。

注記  ここでいう検査とは,製品検査をいう。

表 12−安全弁の検査の項目及び適用条項

検査の項目

適用条項

a)

構造一般

b)

接続端

c)

ばね

d)

寸法

e)

非破壊試験

f)

外観

g)

材料

h)

耐圧性

i)

密閉性

j)

弁座気密性

k)

作動性能

−  吹始め圧力

−  吹出し圧力 
−  吹下り 
−  リフト

l)

作動状態

5.1

構造一般

5.2

接続端

5.3

ばね

5.4

寸法

5.5

非破壊試験

6

外観

7

材料

8.1

耐圧性

8.2

密閉性

8.3

弁座気密性

8.4

作動性能

8.6

作動状態 

−  検査の項目 k)  及び l)  における検査流体は,次による。

a)

蒸気用安全弁は,蒸気を用いて行う。ただし,安全弁の呼び径又は設定圧力が製造業者の

検査設備の能力を超える場合は空気,窒素などの不活性ガスを用いてもよい。

b)

ガス用安全弁は空気,窒素などの不活性ガスを用いて行う。ただし,k)  のうちのリフトの
検査は,蒸気で行ってもよい。この場合,できる限り使用条件に近い蒸気を用いて行う。

−  k)  のうち,吹下り及びリフト,並びに l)  は,検査が製造業者の検査設備の能力を超える場合

で,必要があれば受渡当事者間の協定によって現地検査によるか,又は検査設備の能力に適
した同一設計系列の安全弁の呼び径及び設定圧力で検査を行ってもよい。

附属書 及び附属書 JA による流量性能試験は,製品検査では実施しない。


23

B 8210

:2009

11.2 

検査成績表 

安全弁の検査成績表の様式例を,

表 13 に示す。表中,*印の項目は必ず記載するものとし,その他の項

目は,受渡当事者間の協定によって定める。

表 13−安全弁検査成績表

製造業者名

所在地

電話番号

製造番号 *

弁番号

添付図面

製品の呼び方

用途

呼び径

呼び圧力

設定圧力

* *MPa

*MPa

定格リフト

のど部の径(全量式の場合)

吹出し面積

*mm

*mm

*mm

2

公称吹出し量

吹出し量決定圧力

流体の温度

安全弁の仕様

*kg/h

MPa

*

吹始め圧力

a)

吹出し圧力

許容範囲

実測値

許容範囲

実測値

*MPa

*MPa

*MPa *MPa

吹止まり圧力(参考値)

実測値

弁座気密性

b)

性能

MPa

*

弁箱

弁体

判定

弁座

ばね

検査の結果

材料

入口側

出口側

判定

水圧試験

*MPa

*MPa

総合判定

検査場所

検査年月日

検査責任者

                                                              印

a)

ガス用安全弁に限る。

b)

ばね設定圧力,背圧などを記入する。

12 

製品の呼び方 

安全弁の呼び方は,規格番号の後に製造業者の形式番号(記号)を付ける。

13 

表示及び封印 

13.1 

本体への表示 

安全弁の本体への表示は,本体又は本体に確実に取り付けた銘板上に行わなければならない。また,最

小限,次に示す事項はすべての安全弁に表示しなければならない。

a)

製造業者の名称又は商標

b)

呼び径(入口)

c)

本体(耐圧部)材料


24

B 8210

:2009

d)

入口側及び出口側の接続が同一寸法又は同一呼び圧力の場合,流れ方向を示す矢印

13.2 

銘板への表示 

銘板には最小限,次の事項を表示し,安全弁に確実に取り付けなければならない。

a)

製造業者の名称又は商標

b)

呼び径(入口)

c)

設定圧力    MPa

d)

製造番号及び弁番号。ただし,弁番号は,受渡当事者間の協定による。

e)

製造業者の形式番号

f)

流体の種類(ガス:G,蒸気:S)を示した公称吹出し量。ただし,流体種類を示す記号は,前後いず

れに付けてもよい。

g)

製造年又はその略号。ただし,製造番号などで製造年が識別できる場合には省略してよい。

h)

吹出し面積    mm

2

i)

定格リフトの値(mm)及びそのときの超過圧力を例えば,設定圧力のパーセンテージで表示する。

例 3 %:15 mm,10  %:8 mm

13.3 

封印 

すべての外部調整部分には,封印を施さなければならない。

参考文献  JIS B 2001  バルブの呼び径及び口径


25

B 8210

:2009

附属書 A

(規定) 
形式試験

A.1 

記号及び単位 

記号及び単位は,次による。

C:  等エントロピ指数による係数

K

b

:  亜臨界流れに対する理論流量補正係数

K

d

:  吹出し係数

1)

K

dr

:  公称降格吹出し係数(K

d

×0.9)

1)

k:  等エントロピ指数

M:  分子量

(kg/kmol)

n:  試験数

p

o

:  吹出し量決定圧力

(MPa abs 又は bar abs)

p

b

:  背圧

(MPa abs 又は bar abs)

q

m

:  単位面積当たりの理論流量

[kg/(h・mm

2

)

q'

m

:  試験結果から得た単位面積当たりの吹出し量

[kg/(h・mm

2

)

R:  一般ガス定数

[J/(mol・K)]

T

o

:  吹出し温度

(K)

v:  実際吹出し量決定圧力及び温度における比容積

(m

3

/kg

Z:  実際吹出し量決定圧力及び温度における圧縮係数

1)

  K

d

及び K

dr

は,0.xxx のように表す。

A.2 

形式試験 

A.2.1 

一般 

安全弁の作動及び流量特性は,A.2 による形式試験によって決定しなければならない。

a)

適用  A.2.1 b)f)  は,円筒コイルばねによる直動式安全弁に定義される安全装置の形式について適

用する。

b)

試験  作動特性を決定する試験については A.2.2 に従って,流量特性を決定する試験については,A.2.3

に従って実施する。これらの試験を別個に実施する場合は,流量に影響を及ぼす部品は完全に弁に組

み込まれていなくてはならない。試験要領,試験装置及び機器は,背圧を受ける状態での吹出し時の

作動特性及び吹出し容量を確立できるものでなければならない。

c)

試験の目的  試験の目的は,所定の作動条件の下での,安全弁の開弁前,吹出し中及び閉弁時におけ

る作動特性を決定することである。例として,次に示す。

1)

設定圧力

2)

超過圧力

3)

吹止まり圧力

4)

作動の再現性

5)

視覚,聴覚などによって,決定される安全弁の機械的特性で,一例として次のようなものがある。


26

B 8210

:2009

−  再閉止が満足にできる。

−  チャタリング,フラッタリング,かじり又は弁に有害な振動の有無。

6)

超過圧力時のリフト

d)

試験の手順  試験は,作動特性及び流量特性を確定できる適切なデータを採取できるものでなければ

ならない

。図 1 b)  に示すように出口に管を内ねじ接合される弁は,試験のとき,適切な厚さをもち,

少なくとも管径の 5 倍以上の長さの管をねじ込んだ状態で実施しなければならない。

e)

試験から計算される結果  理論吹出し量は,適用に応じて A.3.3 又は A.3.4 に従って計算し,この値と,

吹出し量決定圧力における実吹出し量の値とを用いて,A.3.1 に従って安全弁の吹出し係数を算出する。

f)

設計変更  安全弁に流路,リフト又は作動特性に影響を及ぼす設計変更が行われた場合,この附属書

に従って新たに試験を実施しなければならない。

A.2.2 

作動特性を決定する試験 

a)

一般要求事項  作動特性を決定する場合の設定圧力は,使用するばねの設計最低圧力及び設計最高圧

力としなければならない。空気その他のガス用安全弁は,過熱度 10  ℃以上の過熱蒸気,空気又はそ

の他の物性値が明確なガスを用いて試験を行わなければならない。蒸気用の安全弁は蒸気,空気又は

その他の物性値が明らかなガスを用いて試験を実施しなければならない。

これらの特性に適用される許容差及び限界値は,次による。

1)

設定圧力  設定圧力の±3  %又は±0.015 MPa のいずれか大きい方

2)

リフト  製造業者の示す規定値を下回らないものとする。

3)

超過圧力  製造業者の示す規定値とするが,設定圧力の 10  %又は 0.01 MPa のいずれか大きい方を

超えない値。

4)

吹下り  製造業者の示す規定値より大きくない値で,次の範囲内とする。

圧縮性流体    最小:2  %[A.2.2 a) 6)  の比例特性をもつ安全弁には適用しない。

              最大:15  %又は 0.03 MPa のいずれか大きい方

5)

リフト制限機構付き弁の超過圧力及び吹下りは,全開リフト弁と同様の許容差及び限界値とする。

6)

比例特性をもつ弁の超過圧力及び吹下りは,製造業者で規定した最小から最大までの種々のリフト

において立証され,かつ,安定していなければならない。弁リフト対超過圧力の特性曲線を作成し

なければならない。

b)

安全弁のオープニング特性  製造業者は,すべての安全弁についてリフト特性を特定しなければなら

ない。

c)

試験装置  試験に使用する圧力計測器具は,誤差が全指度の 0.6  %を超えないものとする。ブルドン

管式のアナログ圧力計の場合,スケール(指度)は,正確な圧力の読みを得るため,次のとおり選定

しなければならない。

−  最小使用圧力が最大目盛の 35  %以上とする。

−  最大使用圧力が最大目盛の 75  %以下でなければならない。

d)

供試弁  供試弁は,次による。

1)

供試弁は作動特性が要求されるものに対し,設計,圧力及びサイズの範囲を代表するものでなけれ

ばならない。弁入口面積と流路面積との比及び流路面積と出口面積との比が考慮されなければなら

ない。

2)

サイズの範囲が 7 サイズ以上の場合,3 サイズについて試験を行う。6 サイズ以下の場合,2 サイズ

に減じることができる。サイズの範囲が広がって,先に実施した試験ではサイズの範囲に対応しな


27

B 8210

:2009

くなった場合,改めて必要な数の試験を行わなければならない。

3)

試験は,各サイズの弁ごとに明らかに異なる 3 個のばねを使用して実施する。この場合,1 個の弁

に 3 個の異なるばねを取り付けるか,同一サイズの 3 個の弁にそれぞれ異なる圧力設定を行って実

施するかいずれでもよい。各試験は作動の再現性を確立し,合格であることを確認するために最低

3

回ずつ実施する。

4)  1

サイズであるが,広い圧力範囲をもつ弁の場合,その弁が使用される圧力範囲に対応する 4 種の

異なるばねを使用して試験を行う。

5)

サイズの範囲によって十分に対応できないものは,

流路径がオリジナルの流路径の 0.2 倍又は 50 mm

のいずれか大きいものをもつ縮尺モデルを使用する。

6)

モデル弁の流路のすべての寸法は,実際の弁の寸法と完全に一致した縮尺モデルとする。

7)

試験流体によって負荷がかかる可動部分の寸法は,縮尺モデルでなければならない。

8)

バランスべローズの場合,有効面積だけは縮尺してもよい。

−  有効面積は,推力計算の基準となるベローズの面積(ピストン面積)とする。

−  モデル弁(ばね+べローズ)の合計ばね定数は,それが影響する場合,実際の弁の合計ばね定数

に比例させなければならない。

−  モデル弁流路の全表面の表面粗さは,少なくとも実際の弁の表面粗さより小さくなっていてはな

らない。

−  試験の実施前に,モデル弁が上記に従っていることを確認しなければならない。

A.2.3 

流量特性を決定する試験 

a)

試験要求事項  作動特性試験を実施して合格となった後であれば,流量特性試験においては,試験流

体として蒸気,空気又は物性値の明確な他のガス体を用いてもよい。吹出し量を求める場合には,弁

体を作動特性試験によって決定されたリフトに固定して実施するものとする[A.2.2 a) 2)  参照]

b)

供試弁  供試弁は,作動特性試験に使用された弁と同一のもの又は同等のものを使用しなければなら

ない[A.2.2 d)  参照]

c)

試験要領  試験要領は,次による。

1)

試験条件  A.2.2 a) 2)  で決定されたリフトにリフト制限する部品を固定してもよい。試験は,ばね

あり,又はばねなしで実施できる。流路にばねが設けられる場合の試験は,ばねを装着して実施す

る。

調整リング付きの場合,リング位置によって吹出し係数が変わらないことを確認するため,種々

の圧力で試験を行わなければならない。

2)

試験弁の数量  試験は,サイズの範囲が 7 サイズ以上の設計形式については,3 サイズに対してそ

れぞれ異なる 3 圧力(合計 9 試験)

,6 サイズ以下のものについては,2 サイズに対してそれぞれ 3

圧力(合計 6 試験)を実施しなければならない。

サイズの範囲が 6 以下から 7 以上に拡大された場合,改めて,3 サイズ(合計 9 試験)の試験を

実施しなければならない。

新規の又は特別設計の安全弁で,1 サイズだけであるが,広い圧力範囲をもつ弁が製造されるも

のについては,その弁が使用される圧力範囲を対応するか,試験装置の能力の範囲内にある 4 種類

の異なる圧力で試験を実施しなければならない。

3)

リフト制限機構付き弁  リフト制限機構付き弁の容量は,全開リフトのときの流量特性を決める試

験の直後又は後で決めることができる。


28

B 8210

:2009

リフト制限された弁又は比例特性をもつ弁の場合,吹出し係数対弁リフトの特性曲線を作成しな

ければならない。

4)

試験圧力の値  ばねが組み込まれた弁の流量試験は,大気背圧での作動特性を決定するときに適用

した設定圧力+超過圧力で実施しなければならない。

ばねなしの弁及び A.2.3 c) 1)  によってリフトを制限する部品を固定した弁の試験は,絶対背圧と

絶対吹出し圧との比を 0.25 より小さい圧力まで下げて行うことができる。

圧力比が 0.25 未満の 3 種類の試験は,その後,大気背圧で行う。

絶対背圧と絶対吹出し圧との比が,0.25 より大きい場合の吹出し係数は,この比に大きく影響さ

れる。したがって,絶対背圧と絶対吹出し圧との比に対する吹出し係数の曲線又は表を得るための

試験は,圧力比 0.25 と要求される最大の圧力比との間で行わなければならない。この曲線は,圧力

比が 0.25 より小さい範囲まで広げて差し支えない。

この曲線は,どのような設定圧力及び超過圧力においても,吹出し係数を確立できるものでなけ

ればならない。また,背圧を受ける状態での吹出し係数の確立にも用いなければならない。

5)

流量特性試験における許容差  流量特性試験について記載されているすべての方法において,すべ

ての試験結果は,算術平均において±5  %の範囲内になければならない。

試験時にこれらの許容差に入らない場合,絶対背圧と絶対吹出し圧との比(背圧比)が 0.25 より

大きい領域での背圧比対吹出し係数の曲線は,この比率に対する吹出し係数の最小値を結んで求め,

その求めたものが,試験された弁のサイズの範囲に対して認められる。

d)

試験中の調整  試験中に弁の調整を行ってはならない。試験条件を変更した後は,流量,温度及び圧

力が安定状態に達するまで,十分に時間を置いた後,計器の読取りを行わなければならない。

e)

記録及び試験成績  試験記録には試験の目的のとおりに,すべての観察結果,計測,計器の読み,計

器の校正記録を含めていなければならない。試験記録の原本は,試験を実施した試験者が保管する。

すべての試験記録の写しは,各試験関係者に配布する。訂正及び訂正された測定値は,試験記録の中

に別個に記載しなければならない。

製造業者又は製造業者に認定された代理者は,最後の安全弁が製造された後,10 年間,試験記録及

び追加された測定値の写しを保管しなければならない。

f)

流量試験装置  流量試験装置は,実際の試験における測定値が±2  %の精度をもつように設計され,

操作されなければならない。

A.2.4 

吹出し係数の決定 

吹出し係数の決定については,A.3.1 を参照する。

A.2.5 

吹出し係数の認定 

安全弁の公称降格吹出し係数 K

dr

は,次の式によって算出する。

なお,試験によって決定された吹出し係数 K

d

の 90  %以下としなければならない。

K

dr

=0.9 K

d

この吹出し係数又は公称降格吹出し係数とも,流量特性試験(A.2.3 参照)を実施したときの超過圧力よ

り高い超過圧力における吹出し量計算には使用してよいが,低い超過圧力の場合は使用してはならない。

A.3 

安全弁の吹出し能力の決定 

A.3.1 

吹出し係数の決定 

吹出し係数 K

d

は,次の式によって算出する。


29

B 8210

:2009

n

q

q

K

n

⎟⎟

⎜⎜

=

1

m

m

d

'

A.3.2 

臨界及び亜臨界流れ 

安全弁の流路のようなオリフィスを通過するガス又はベーパの流れは,臨界流れに達するまで下流側圧

力が臨界圧まで低下するに従って増加する。下流側圧力がそれ以上低下しても,もはや増加しない。

臨界流れは,次の条件において起きる。

( )

1

o

b

1

2

+

k

k

k

p

p

亜臨界流れは,次の条件において起きる。

( )

1

o

b

1

2

+

k

k

k

p

p

A.3.3 

臨界流れにおける吹出し量 

a)

蒸気の吹出し量

  蒸気の吹出し量は,次の式によって算出する。

・  圧力単位が MPa の場合は,

ν

o

m

8

911

.

0

p

C

q

=

ここに,

10

10

3

314

.

8

10

10

8

911

.

0

×

=

×

=

R

・  圧力単位が bar の場合は,

ν

o

m

3

288

.

0

p

C

q

=

ここに,

10

3

314

.

8

10

3

288

.

0

=

=

R

この式は,乾き飽和蒸気及び過熱蒸気に適用する。乾き飽和蒸気とは,最低乾き度 98  %をいう。

ここに,は吹出し時の等エントロピ指数による係数

)

1

/(

)

1

(

)

1

(

2

948

.

3

+

⎟⎟

⎜⎜

+

=

k

k

k

k

C

ここに,

R

×

=

5

10

600

3

948

.

3

C

を決定するための

k

の値は,安全弁入口における実際吹出し状態を基に,

表 B.2

から求めなけれ

ばならない。

b)

臨界流れ状態における各種ガスの吹出し量

  臨界流れ状態における各種ガスの吹出し量は,次の式に

よって算出する。

圧力単位が

MPa

の場合は,

ν

o

o

o

m

8

911

.

0

10

p

C

ZT

M

C

p

q

=

=


30

B 8210

:2009

)

1

/(

)

1

(

)

1

(

2

948

.

3

+

⎟⎟

⎜⎜

+

=

k

k

k

k

C

表 B.2

の丸めた数値参照)

圧力単位が

bar

の場合は,

ν

o

o

o

m

3

288

.

0

p

C

ZT

M

C

p

q

=

=

ここに,

10

3

314

.

8

10

3

288

.

0

=

=

R

A.3.4 

亜臨界流れにおける各種ガスの吹出し量 

亜臨界流れにおける各種ガスの吹出し量は,次の式によって算出する。

圧力単位が

MPa

の場合は,

ν

o

b

o

b

o

m

8

911

.

0

10

p

CK

ZT

M

CK

p

q

=

=

圧力単位が

bar

の場合は,

ν

o

b

o

b

o

m

3

288

.

0

p

CK

ZT

M

CK

p

q

=

=

( )

)

1

/(

)

1

(

/

)

1

(

o

b

/

2

o

b

b

1

2

1

2

+

+

+



⎟⎟

⎜⎜

⎟⎟

⎜⎜

=

k

k

k

k

k

k

k

p

p

p

p

k

k

K


31

B 8210

:2009

附属書 B

(規定) 
データ集

序文 

この附属書は,

附属書 A

又は

附属書 C

において用いられる等エントロピ指数(k

,等エントロピ指数に

よる係数(C

,亜臨界流れに対する理論流量補正係数(K

b

,実際吹出し量決定圧力及び温度における圧

縮係数(Z

,粘度補正係数(K

v

)などの数値について規定する。

B.1 

蒸気データ 

蒸気データは,

表 B.1

による。

B.2 

等エントロピ指数による係数 

等エントロピ指数による係数は,

表 B.2

による。

B.3 

亜臨界流れに対する理論流量補正係数 

亜臨界流れに対する理論流量補正係数は,

表 B.3

による。

B.4 

ガスの性質 

ガスの性質は,

表 B.4

による。

B.5 

実際吹出し量決定圧力及び温度における圧縮係数 

実際吹出し量決定圧力及び温度における圧縮係数は,

図 B.1

による。

B.6 

粘度補正係数 

粘度補正係数は,

図 B.2

による。


32

B 8210

:2009

表 B.1

蒸気データ

圧力:0.1∼1.4 MPa

温度:飽和温度∼220  ℃

圧力

(MPa a.)

飽和 
温度

(

℃)

飽和 
蒸気

温度

(

℃) 

100 110

120

130

140

150

160

170

180 190 200 210

220

1.6940

1.6960 1.7440 1.7930 1.8410 1.8890 1.9360 1.9640 2.0310 2.0780 2.1250 2.1720 2.2190 2.2660

1.135

1.1350 1.1350 1.2266 1.3150 1.3150 1.3145 1.3140 1.3140 1.3130 1.3120 1.3110 1.3095 1.3085

0.1 99.63

2.509

2.509 2.509

2.581

2.645

2.645

2.645

2.644

2.644

2.644 2.643 2.642 2.641

2.640

0.8854

-

-

-

0.8854 0.9349 0.9595 0.9840 1.0083 1.0325 1.0565 1.0804 1.1042 1.1280

1.140

- - -

1.1400 1.2037 1.2690 1.3120 1.3120 1.3120

1.3110

1.3100

1.3095 1.3085

0.2 120.23

2.513

-

-

-

2.513

2.563

2.612

6.643

2.643

2.643 2.642 2.641 2.610

2.640

0.6056

- - - -

0.6167 0.6337 0.6506 0.6672 0.6837

0.7001

0.7164

0.7325 0.7486

1.141

- - - -

1.1380 1.1741 1.2300 1.3105 1.3100

1.3100

1.3095

1.3085 1.3080

0.3 133.54

2.514

- - - -

2.512

2.540

2.608

2.641

2.641

2.641

2.641

2.640

2.640

0.4622

- - - - -

0.4707 0.4837 0.4966 0.5093

0.5218

0.5343

0.5466 0.5589

1.142

- - - - -

1.1370 1.1857 1.2620 1.3090

1.3110

1.3185

1.3070 1.3060

0.4 143.62

2.515

- - - - -

2.511

2.549

2.607

2.641

2.642

2.647

2.639

2.639

0.3747

- - - - - -

0.3835 0.3941 0.4045

0.4148

0.4250

0.435

0.445

1.143

- - - - - -

1.1365 1.1929 1.2620

1.3070

1.3070

1.3060 1.3055

0.5 151.84

2.516

- - - - - -

2.511

2.555

2.607

2.639

2.639

2.639

2.638

0.3155

- - - - - -

0.3165 0.3257 0.3346

0.3434

0.3520

0.3606 0.3690

1.144

- - - - - -

1.1360 1.1480 1.2510

1.3050

1.3050

1.3050 1.3050

0.6 158.84

2.517

- - - - - -

2.510

2.520

2.599

2.638

2.638

2.638

2.638

0.2727

- - - - - - -

0.2767 0.2846

0.2923

0.2999

0.3074 0.3147

1.143

- - - - - - -

1.1370 1.1769

1.2560

1.3040

1.3040 1.3040

0.7 164.96

2.516

- - - - - - -

2.511

2.543

2.602

2.637

2.637

2.637

0.2403

- - - - - - - -

0.2471

0.2540

0.2608

0.2675 0.2740

1.142

- - - - - - - -

1.137

1.1982

1.2610

1.3020 1.3020

0.8 170.41

2.515

- - - - - - - -

2.511

2.559

2.606

2.636

2.636

0.2148

- - - - - - - -

0.2178

0.2241

0.2303

0.2364 0.2423

1.141

- - - - - - - -

1.139

1.1754

1.2540

1.3010 1.3015

0.9 175.36

2.514

- - - - - - - -

2.513

2.541

2.601

2.635

2.635

0.1943

- - - - - - - -

0.1944

0.2002

0.2059

0.2115 0.2169

1.140

- - - - - - - -

1.140

1.1413

1.2480

1.3010 1.3010

1.0 179.88

2.513

- - - - - - - -

2.513

2.514

2.597

2.635

2.635

0.1774

- - - - - - - - -

0.1806

0.1859

0.1911 0.1961

1.139

- - - - - - - - -

1.139

1.1814

1.2530 1.3005

1.1 184.07

2.513

- - - - - - - - -

2.513

2.546

2.600

2.635

0.1632

- - - - - - - - -

0.1642

0.1692

0.1741 0.1788

1.138

- - - - - - - - -

1.138

1.1565

1.2490 1.3000

1.2 187.96

2.512

- - - - - - - - -

2.512

2.527

2.597

2.634

0.1511

- - - - - - - - - -

0.1551

0.1597 0.1641

1.137

- - - - - - - - - -

1.137

1.1922 1.2580

1.3 191.6

2.511

- - - - - - - - - -

2.511

2.554

2.604

0.1407

- - - - - - - - - -

0.1429

0.1473 0.1515

1.136

- - - - - - - - - -

1.135

1.1743 1.2530

1.4 195

2.510

- - - - - - - - - -

2.509

2.541

2.600

注記  圧力及び温度の中間値は,比例法によって計算する。


33

B 8210

:2009

表 B.1

蒸気データ(続き)

圧力:0.1∼1.4 MPa

温度:230  ℃∼370  ℃

圧力

(MPa a.)

温度

(℃)

230 240

250 260 270

280

290

300

310

320

330

340 350 360 370

2.513 2.359

2.406 2.453 2.499

2.546

2.592

2.639

2.865

2.732

2.788

2.824 2.871 2.917 2.964

1.3085 1.3070 1.3060 1.3045 1.3030 1.3020 1.3010 1.3000 1.2990 1.2980 1.2970 1.2955 1.2945 1.2930 1.2905

0.1

2.540 2.639

2.639 2.638 2.636

2.636

2.635

2.634

2.634

2.633

2.632

2.631 2.630 2.629 2.628

1.0964 1.1189 1.1414 1.1638 1.1862 1.2086 1.2309 1.2532 1.2755 1.2977 1.3199 1.3422 1.3644 1.3866 1.4087

1.308  1.3065 1.3040 1.3040 1.3030 1.3015 1.3050 1.2990 1.2990 1.2990 1.2960 1.2940 1.2925 1.2910 1.2910

0.2

2.640 2.639

2.637 2.637 2.636

2.635

2.638

2.634

2.634

2.634

2.631

2.630 2.629 2.628 2.628

0.7646 0.7805 0.7964 0.8123 0.8281 0.8438 0.8596 0.8753 0.8910 0.9066 0.9223 0.9397 0.9535 0.9691 0.9847

1.3065 1.3045 1.3045 1.3040 1.3025 1.3010 1.3000 1.3000 1.2985 1.2980 1.2960 1.2950 1.2935 1.2920 1.2910

0.3

2.639 2.638

2.638 2.637 2.636

2.635

2.634

2.634

2.633

2.633

2.631

2.631 2.630 2.629 2.628

0.5710 0.5831 0.5942 0.6072 0.6192 0.6311 0.6430 0.6549 0.6667 0.6785 0.6903 0.7021 0.7139 0.7256 0.7373

1.3050 1.3075 1.3060 1.3050 1.3045 1.3020 1.3000 1.2995 1.2985 1.2975 1.2950 1.2940 1.2935 1.2920 1.2910

0.4

2.638 2.640

2.639 2.638 2.638

2.636

2.634

2.634

2.633

2.633

2.631

2.630 2.630 2.629 2.628

0.4548 0.4647 0.4744 0.4841 0.4938 0.5034 0.5130 0.5226 0.5321 0.5416 0.5511 0.5606 0.5701 0.5795 0.5889

1.3050 1.3030 1.3025 1.3025 1.3015 1.3015 1.3000 1.2990 1.2980 1.2965 1.2960 1.2945 1.2935 1.2910 1.2910

0.5

2.638 2.636

2.636 2.636 2.635

2.635

2.634

2.634

2.633

2.632

2.631

2.630 2.630 2.629 2.629

0.3774 0.3857 0.3939 0.4021 0.4102 0.4183 0.4264 0.4344 0.4424 0.4504 0.4583 0.4663 0.4742 0.4821 0.4900

1.3040 1.3040 1.3030 1.3020 1.3010 1.3005 1.3000 1.2990 1.2980 1.2970 1.2950 1.2935 1.2930 1.2920 1.2910

0.6

2.637 2.637

2.636 2.636 2.635

2.635

2.634

2.634

2.633

2.632

2.631

2.630 2.629 2.629 2.628

0.3220 0.3292 0.3364 0.3435 0.3505 0.3575 0.3645 0.3714 0.3783 0.3852 0.3920 0.3989 0.4057 0.4125 0.4193

1.3030 1.3025 1.3020 1.3015 1.3010 1.3000 1.2995 1.2990 1.2980 1.2960 1.2950 1.2940 1.2930 1.2915 1.2905

0.7

2.636 2.636

2.636 2.635 2.635

2.634

2.634

2.634

2.633

2.631

2.631

2.630 2.629 2.628 2.628

0.2805 0.2869 0.2932 0.2995 0.3057 0.3119 0.3108 0.3241 0.3302 0.3363 0.3423 0.3483 0.3543 0.3603 0.3663

1.3020 1.3020 1.3015 1.3010 1.3005 1.3000 1.2995 1.2985 1.2975 1.2960 1.2950 1.2935 1.2930 1.2915 1.2905

0.8

2.636 2.636

2.635 2.635 2.635

2.634

2.634

2.633

2.633

2.631

2.631

2.630 2.629 2.628 2.628

0.2482 0.2539 0.2596 0.2653 0.2709 0.2764 0.2819 0.2874 0.2928 0.2983 0.3037 0.3090 0.3144 0.3197 0.3251

1.3015 1.3010 1.3010 1.3005 1.3000 1.2995 1.2990 1.2985 1.2970 1.2955 1.2945 1.2930 1.2920 1.2910 1.2900

0.9

2.635 2.635

2.635 2.635 2.634

2.634

2.634

2.633

2.632

2.631

2.630

2.929 2.629 2.628 2.627

0.2223 0.2276 0.2327 0.2379 0.2430 0.2480 0.2530 0.2580 0.2629 0.2678 0.2727 0.2776 0.2824 0.2873 0.2921

1.3010 1.3010 1.3007 1.3005 1.3000 1.2995 1.2990 1.2980 1.2970 1.2960 1.2945 1.2935 1.2920 1.2910 1.2900

1.0

2.635 2.635

2.635 2.635 2.634

2.634

2.634

2.633

2.632

2.631

2.630

2.630 2.628 2.628 2.627

0.2011 0.2060 0.2107 0.2155 0.2201 0.2248 0.2294 0.2339 0.2384 0.2429 0.2474 0.2518 0.2563 0.2607 0.2651

1.3005 1.3005 1.3005 1.3000 1.2995 1.2990 1.2985 1.2970 1.2960 1.2950 1.2940 1.2930 1.2920 1.2910 1.2900

1.1

2.635 2.635

2.635 2.634 2.634

2.634

2.633

2.632

2.631

2.631

2.630

2.629 2.629 2.628 2.627

0.1834 0.1879 0.1924 0.1968 0.2011 0.2054 0.2096 0.2139 0.2180 0.2222 0.2263 0.2304 0.2345 0.2386 0.2426

1.3000 1.3000 1.3000 1.3000 1.2995 1.2990 1.2980 1.2970 1.2960 1.2950 1.2940 1.2925 1.2920 1.2910 1.2900

1.2

2.634 2.634

2.634 2.634 2.634

2.634

2.633

2.632

2.631

2.631

2.630

2.629 2.629 2.628 2.627

0.1685 0.1727 0.1769 0.1810 0.1850 0.1890 0.1930 0.1969 0.2008 0.2046 0.2084 0.2123 0.2160 0.2198 0.2236

1.3000 1.3000 1.3000 1.2995 1.2990 1.2980 1.2970 1.2965 1.2950 1.2940 1.2930 1.2920 1.2915 1.2905 1.2900

1.3

2.634 2.634

2.634 2.634 2.634

2.633

2.632

2.631

2.631

2.630

2.629

2.629 2.628 2.628 2.627

0.1556 0.1596 0.1635 0.1674 0.1712 0.1749 0.1787 0.1823 0.1860 0.1896 0.1931 0.1967 0.2002 0.2038 0.2073

1.3000 1.2995 1.2990 1.2990 1.2980 1.2980 1.2970 1.2960 1.2950 1.2945 1.2930 1.2920 1.2910 1.2905 1.2895

1.4

2.634 2.634

2.634 2.634 2.633

2.633

2.632

2.631

2.631

2.630

2.629

2.629 2.628 2.628 2.627

注記  圧力及び温度の中間値は,比例法によって計算する。


34

B 8210

:2009

表 B.1

蒸気データ(続き)

圧力:0.1∼1.4 MPa

温度:380  ℃∼520  ℃

圧力

(MPa a.)

温度

(℃)

380 390

400 410 420

430

440

450

460

470

480

490 500 510 520

3.0100 3.0560 3.1020 3.1490 3.1950 3.2410 3.2880 3.3340 3.3800 3.4270 3.4730 3.5190 3.5650 3.6120 3.6580

1.2905 1.2905 1.2880 1.2870 1.2855 1.2845 1.2830 1.2820 1.2810 1.2800 1.2788 1.2775  1.276  1.275  1.274

0.1

2.628 2.628

2.626 2.625 2.624

2.623

2.622

2.621

2.621

2.620

2.619

2.618 2.617 2.616 2.616

1.4309 1.4531 1.4752 1.4973 1.5195 1.5416 1.5637 1.5858 1.6079 1.6300 1.6521 1.6742 1.6963 1.7184 1.7404

1.2900 1.2895 1.2880 1.2870 1.2855 1.2845 1.2835 1.2825 1.2810 1.2785 1.2785 1.2775 1.2770 1.2750 1.2740

0.2

2.627 2.627

2.626 2.625 2.624

2.623

2.623

2.622

2.621

2.619

2.618

2.618 2.618 2.616 2.616

1.0003 1.0158 1.0314 1.0469 1.0625 1.0780 1.0938 1.0900 1.1245 1.1401 1.1556 1.1710 1.1865 1.2020 1.2175

1.2900 1.2890 1.2880 1.2880 1.2845 1.2840 1.2840 1.2824 1.2810 1.2796 1.2783 1.2777 1.2745 1.2750 1.2740

0.3

2.627 2.626

2.626 2.626 2.623

2.623

2.623

2.622

2.621

2.620

2.619

2.618 2.616 2.616 2.616

0.7491 0.7608 0.7725 0.7842 0.7959 0.8076 0.8192 0.8309 0.8426 0.8542 0.8659 0.8775 0.8892 0.9008 0.9125

1.2840 1.2840 1.2880 1.2870 1.2855 1.2845 1.2830 1.2820 1.2810 1.2795 1.2783 1.2775 1.2770 1.2750 1.2750

0.4

2.623 2.623

2.626 2.625 2.624

2.623

2.622

2.621

2.621

2.620

2.619

2.618 2.618 2.616 2.616

0.5984 0.6078 0.6172 0.6266 0.6359 0.6453 0.6547 0.6640 0.6734 0.6828 0.6921 0.7014 0.7108 0.7201 0.7294

1.2900 1.2890 1.2875 1.2860 1.2850 1.2845 1.2830 1.2820 1.2810 1.2790 1.2783 1.2775 1.2765 1.2750 1.2740

0.5

2.627 2.626

2.625 2.624 2.624

2.623

2.622

2.621

2.621

2.619

2.619

2.618 2.617 2.616 2.616

0.4979 0.5057 0.5136 0.5214 0.5293 0.5371 0.5450 0.5528 0.5605 0.5684 0.5762 0.5840 0.5918 0.5996 0.6074

1.2900 1.2890 1.2875 1.2860 1.2850 1.2840 1.2830 1.2820 1.2805 1.2790 1.2783 1.2775 1.2760 1.2750 1.2740

0.6

2.627 2.626

2.625 2.624 2.624

2.623

2.622

2.621

2.620

2.619

2.619

2.618 2.617 2.616 2.616

0.4261 0.4329 0.4396 0.4464 0.4531 0.4599 0.4666 0.4733 0.4801 0.4868 0.4935 0.5002 0.5069 0.5136 0.5203

1.2900 1.2880 1.2875 1.2860 1.2850 1.2840 1.2830 1.2820 1.2805 1.2790 1.2783 1.2772 1.2760 1.2750 1.2740

0.7

2.627 2.626

2.625 2.624 2.624

2.623

2.622

2.621

2.620

2.619

2.619

2.618 2.617 2.616 2.616

0.3723 0.3782 0.3842 0.3901 0.3960 0.4019 0.4078 0.4137 0.4196 0.4255 0.4314 0.4373 0.4432 0.4490 0.4549

1.2895 1.2880 1.2870 1.2860 1.2850 1.2840 1.2830 1.2820 1.2805 1.2790 1.2783 1.2775 1.2760 1.2750 1.2740

0.8

2.627 2.626

2.625 2.624 2.624

2.623

2.622

2.621

2.620

2.619

2.619

2.618 2.617 2.616 2.616

0.3304 0.3357 0.3410 0.3463 0.3516 0.3569 0.3621 0.3674 0.3726 0.3779 0.3821 0.3884 0.3936 0.3988 0.4041

1.2895 1.2880 1.2870 1.2860 1.2850 1.2840 1.2825 1.2815 1.2800 1.2790 1.2783 1.2770 1.2760 1.2750 1.2740

0.9

2.627 2.626

2.625 2.624 2.624

2.623

2.622

2.621

2.620

2.619

2.619

2.619 2.617 2.616 2.616

0.2969 0.3017 0.3065 0.3113 0.3160 0.3208 0.3256 0.3303 0.3350 0.3398 0.3445 0.3492 0.3540 0.3587 0.3634

1.2880 1.2880 1.2870 1.2860 1.2850 1.2835 1.2825 1.2815 1.2800 1.2790 1.2780 1.2770 1.2760 1.2750 1.2740

0.10

2.626 2.626

2.625 2.624 2.624

2.623

2.622

2.621

2.620

2.619

2.619

2.619 2.617 2.616 2.616

0.2694 0.2739 0.2782 0.2826 0.2870 0.2913 0.2956 0.3000 0.3043 0.3086 0.3129 0.3172 0.3215 0.3258 0.3301

1.2890 1.2880 1.2870 1.2855 1.2850 1.2840 1.2825 1.2820 1.2800 1.2790 1.2780 1.2770 1.2760 1.2750 1.2735

0.11

2.626 2.626

2.625 2.624 2.624

2.623

2.622

2.621

2.620

2.619

2.619

2.618 2.617 2.616 2.615

0.2467 0.2507 0.2547 0.2587 0.2627 0.2667 0.2707 0.2747 0.2787 0.2826 0.2866 0.2905 0.2945 0.2984 0.3024

1.2890 1.2880 1.2870 1.2885 1.2845 1.2835 1.2850 1.2810 1.2800 1.2790 1.2780 1.2770 1.2760 1.2750 1.2740

0.12

2.626 2.626

2.625 2.624 2.623

2.622

2.622

2.621

2.620

2.619

2.619

2.618 2.617 2.616 2.615

0.2273 0.2311 0.2348 0.2385 0.2422 0.2459 0.2496 0.2533 0.2570 0.2606 0.2643 0.2680 0.2716 0.2753 0.2789

1.2890 1.2880 1.2870 1.2850 1.2845 1.2830 1.2825 1.2810 1.2800 1.2790 1.2780 1.2770 1.2760 1.2750 1.2740

0.13

2.626 2.626

2.625 2.624 2.623

2.622

2.622

2.621

2.620

2.619

2.619

2.618 2.617 2.616 2.615

0.2108 0.2142 0.2177 0.2212 0.2246 0.2281 0.2315 0.2349 0.2384 0.2418 0.2452 0.2486 0.2520 0.2554 0.2588

1.2880 1.2875 1.2865 1.2850 1.2840 1.2830 1.2823 1.2810 1.2800 1.2785 1.2780 1.2770 1.2760 1.2750 1.2375

0.14

2.626 2.626

2.625 2.624 2.623

2.622

2.621

2.621

2.620

2.619

2.619

2.618 2.617 2.616 2.615

注記  圧力及び温度の中間値は,比例法によって計算する。


35

B 8210

:2009

表 B.1

蒸気データ(続き)

圧力:0.1∼1.4 MPa

温度:530  ℃∼600  ℃

圧力

(MPa a.)

温度

(℃)

530

540

550

560

570

580

590

600

3.7040 3.7500 3.7970 3.8430 3.8890 3.9350 3.9810 4.0280

1.2720 1.2720 1.2710 1.2700 1.2690 1.2680 1.2670 1.2660

0.1

2.615

2.614

2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610

1.7625 1.7846 1.8066 1.9202 1.9434 1.9666 1.9897 2.0129

1.2730 1.2720 1.2710 1.2700 1.2690 1.2680 1.2680 1.2670

0.2

2.615

2.614

2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.611

1.2330 1.2485 1.2639 1.2794 1.2949 1.3103 1.3258 1.3412

1.2730 1.2720 1.2710 1.2700 1.2690 1.2680 1.2670 1.2670

0.3

2.615

2.614

2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.617

0.9241 0.9357 0.9474 0.9590 0.9706 0.9822 0.9938 1.0054

1.2730 1.2720 1.2710 1.2700 1.2690 1.2680 1.2670 1.2660

0.4

2.615

2.614

2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610

0.7388 0.7481 0.7574 0.7667 0.7760 0.7853 0.7946 0.8093

1.2730 1.2720 1.2710 1.2695 1.2690 1.2680 1.2670 1.2660

0.5

2.615

2.614

2.613

2.612

2.612

2.611

2.611

2.610

0.6152 0.6230 0.6308 0.6386 0.6463 0.6541 0.6619 0.6696

1.2730 1.2720 1.2705 1.2695 1.2690 1.2680 1.2670 1.2660

0.6

2.615

2.614

2.613

2.612

2.612

2.611

2.611

2.610

0.5207 0.5336 0.5403 0.5470 0.5537 0.5603 0.5670 0.5737

1.2730 1.2720 1.2705 1.2695 1.2690 1.2680 1.2670 1.2660

0.7

2.615

2.614

2.613

2.612

2.612

2.611

2.611

2.610

0.4608 0.4666 0.4725 0.4783 0.4842 0.4900 0.4959 0.5017

1.2730 1.2720 1.2705 1.2695 1.2690 1.2680 1.2670 1.2660

0.8

2.615

2.614

2.613

2.612

2.612

2.611

2.611

2.610

0.4093 0.4145 0.4197 0.4249 0.4301 0.4354 0.4406 0.4458

1.2730 1.2720 1.2705 1.2965 1.2690 1.2680 1.2670 1.2660

0.9

2.615

2.614

2.613

2.612

2.612

2.611

2.611

2.610

0.3681 0.3728 0.3775 0.3822 0.3869 0.3916 0.3963 0.4010

1.2730 1.2720 1.2705 1.2695 1.2685 1.2680 1.2670 1.2660

1.0

2.615

2.614

2.613

2.612

2.612

2.611

2.611

2.610

0.3344 0.3387 0.3430 0.3473 0.3515 0.3558 0.3601 0.3643

1.2725 1.2720 1.2705 1.2695 1.2680 1.2680 1.2660 1.2660

1.1

2.615

2.614

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610

2.610

0.3063 0.3103 0.3142 0.3181 0.3221 0.3260 0.3299 0.3380

1.2725 1.2715 1.2700 1.2695 1.2680 1.2680 1.2670 1.2660

1.2

2.615

2.614

2.613

2.612

2.611

2.611

2.611

2.610

0.2826 0.2862 0.2898 0.2935 0.2971 0.3007 0.3044 0.3080

1.2725 1.2715 1.2700 1.2695 1.2680 1.2670 1.2670 1.2660

1.3

2.615

2.614

2.613

2.612

2.611

2.611

2.611

2.610

0.2622 0.2656

0.269

0.2724 0.2757 0.2791 0.2825 0.2859

1.2725 1.2720 1.2700 1.2695 1.2680 1.2670 1.2660 1.2650

1.4

2.615

2.614

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610

2.609

注記  圧力及び温度の中間値は,比例法によって計算する。


36

B 8210

:2009

表 B.1

蒸気データ(続き)

圧力:1.5∼3.2 MPa

温度:飽和温度∼320  ℃

圧力

(MPa a.)

飽和 
温度

(℃)

飽和 
蒸気

温度

(℃)

200 210

220

230

240

250

260

270

280 290 300 310

320

0.1317

0.1317 0.1317 0.1406 0.1445 0.1483 0.1520 0.1556 0.1592 0.1628 0.1663 0.1697 0.1731 0.1765

1.135

1.133  1.133

1.3136 1.2970 1.2980 1.2980 1.2975 1.2980 1.2970 1.2965 1.2960 1.2950 1.2940

1.5 198.3

2.509

2.508 2.508

2.644

2.632

2.633

2.633

2.633

2.633

2.632 2.632 2.631 2.631

2.630

0.1237

-

0.1237 0.1310 0.1347 0.1383 0.1419 0.1453 0.1487 0.1521 0.1554 0.1587 0.1619 0.1651

1.134

-

1.133

1.1894 1.2550 1.2975 1.2970 1.2970 1.2960 1.2970 1.2960 1.2955 1.2945

1.294

1.6 201.4

2.509

-

2.508

2.552

2.602

2.633

2.632

2.632

2.631

2.632 2.631 2.631 2.630

2.630

0.1166

-

0.1166 0.1225 0.1261 0.1296 0.1329 0.1362 0.1395 0.1427 0.1458 0.1489 0.1520 0.1550

1.133

- 1.1315 1.1745 1.2500 1.2960 1.2960 1.2970

1.296

1.296

1.2950

1.2950

1.2940 1.2930

1.7 204.3

2.508

-

2.507

2.541

2.598

2.631

2.631

2.632

2.631

2.631 2.631 2.631 2.630

2.629

0.1103

-

0.1103 0.1150 0.1184 0.1217 0.1250 0.1282 0.1313 0.1343 0.1373 0.1402 0.1432 0.1460

1.132

-

1.1305 1.1513 1.2322 1.2950 1.2960 1.2960 1.2960 1.2960 1.2960 1.2940 1.2935 1.2930

1.8 207.1

2.507

-

2.506

2.522

2.585

2.631

2.631

2.631

2.631

2.631 2.631 2.630 2.630

2.629

0.1047

-

0.1047 0.1047 0.1115 0.1147 0.1179 0.1209 0.1239 0.1268 0.1297 0.1325 0.1353 0.1380

1.131

-

1.1300 1.1300 1.2133 1.2950 1.2960 1.2950 1.2950 1.2950 1.2940 1.2940 1.2935 1.2920

1.9 209.8

2.506

-

2.505

2.505

2.571

2.631

2.631

2.631

2.631

2.631 2.630 2.630 2.630

2.629

0.0995

-

-

0.0995 0.1053 0.1084 0.1114 0.1144 0.1172 0.1200 0.1228 0.1255 0.1282 0.1308

1.130

-

-

1.1295 1.1801 1.2500 1.2940 1.2940 1.2940 1.2940 1.2940 1.2930 1.2930 1.2920

2.0 212.4

2.505

-

-

2.505

2.545

2.598

2.630

2.630

2.630

2.630 2.630 2.629 2.629

2.629

0.0949

- -

0.0949 0.0997 0.1027 0.1056 0.1085 0.1112 0.1139

0.1166

0.1192

0.1217 0.1243

1.129

- -

1.1270 1.1672 1.2460

1.293

1.2935 1.2940 1.2935

1.293

1.293

1.2930 1.2920

2.1 214.9

2.504

-

-

2.503

2.535

2.595

2.629

2.628

2.628

2.628 2.629 2.629 2.629

2.629

0.0907

- -

0.0907 0.0946 0.9075 0.1004 0.1031 0.1058 0.1084

0.1109

0.1134

0.1159 0.1183

1.128

-

-

1.1270 1.1410 1.2410 1.2915 1.2930 1.2930 1.2935 1.2930 1.2925 1.2920 1.2915

2.2 217.2

2.504

-

-

2.503

2.514

2.591

2.628

2.629

2.629

2.628 2.629 2.629 2.629

2.628

0.0868

-

-

0.0868 0.0868 0.0928 0.0955 0.0982 0.1008 0.1033 0.1058 0.1082 0.1106 0.1129

1.127

-

-

1.1240 1.1240 1.2094 1.2915 1.2920 1.2925 1.2925 1.2925 1.2920 1.2915 1.2915

2.3 219.6

2.503

-

-

2.500

2.500

2.568

2.628

2.629

2.629

2.629 2.629 2.629 2.628

2.628

0.0832

-

-

-

0.0832 0.0884 0.0911 0.0937 0.0962 0.0986 0.1010 0.1034 0.1057 0.1079

1.126

-

-

-

1.1230 1.1793 1.2480 1.2920 1.2925 1.2925 1.2925 1.2920 1.2915 1.2910

2.4 221.8

2.502

-

-

-

2.500

2.544

2.597

2.629

2.629

2.629 2.629 2.629 2.628

2.628

0.0769

-

-

-

0.0769 0.0806 0.0832 0.0857 0.0881 0.0904 0.0926 0.0948 0.0970 0.0991

1.123

-

-

-

1.1215 1.1556 1.2410 1.2905 1.2910 1.2915 1.2915 1.2920 1.2910 1.2905

2.6 226

2.500

-

-

-

2.500

2.526

2.591

2.628

2.628

2.628 2.628 2.629 2.628

2.628

0.0714

- - - -

0.0714 0.0764 0.0788 0.0811 0.0811

0.0833

0.0854

0.0875 0.0896

1.121

- - - -

1.1200 1.1837 1.2480 1.2910 1.2910

1.2910

1.2910

1.2915 1.2905

2.8 230.1

2.498

- - - -

2.497

2.548

2.597

2.628

2.628

2.628

2.628

2.628

2.628

0.0666

- - - -

0.0666 0.0706 0.0728 0.0750 0.0771

0.0792

0.0812

0.0831 0.0850

1.118

- - - -

1.1180 1.1665 1.2420 1.2900 1.2900

1.2900

1.2905

1.2906

1.290

3.0 233.8

2.496

- - - -

2.496

2.534

2.592

2.627

2.627

2.627

2.628

2.628

2.627

0.0624

- - - -

0.0624 0.0654

2.51

0.0676 0.0697 0.0717 0.0737 0.0756 0.0775 0.0793

1.116

- - - -

1.1180 1.1414

1.235

1.2880 1.2890

1.2890

1.290

1.2895 1.2900

3.2 237.5

2.494

- - - -

2.496

2.514

2.587

2.626

2.626

2.626

2.627

2.629

2.627

注記  圧力及び温度の中間値は,比例法によって計算する。


37

B 8210

:2009

表 B.1

蒸気データ(続き)

圧力:1.5∼3.2 MPa

温度:330  ℃∼470  ℃

圧力

(MPa a.)

温度

(℃)

330 340

350 360 370

380

390

400

410

420

430

440 450 460 470

0.1799 0.1832 0.1865 0.1898 0.1931 0.1964 0.1997 0.2029 0.2062 0.2094 0.2126 0.2158 0.2191 0.2223 0.2255

1.2930 1.2920 1.2910 1.2900 1.2890 1.2880 1.2875 1.2870 1.2850 1.2845 1.2830 1.2820 1.2810 1.2800 1.2785

1.5

2.629 2.629

2.628 2.627 2.626

2.626

2.625

2.625

2.624

2.623

2.622

2.621 2.621 2.620 2.619

0.1683 0.1714 0.1745 0.1777 0.1808 0.1838 0.1869 0.1900 0.1930 0.1961 0.1991 0.2021 0.2051 0.2082 0.2112

1.2930 1.2920 1.2910 1.2900 1.2895 1.2890 1.2875 1.2865 1.2850 1.2840 1.2830 1.2820 1.2810 1.2795 1.2783

1.6

2.629 2.629

2.628 2.627 2.625

2.625

2.625

2.625

2.624

2.623

2.622

2.621 2.621 2.620 2.619

0.1580 0.1610 0.1640 0.1669 0.1698 0.1728 0.1757 0.1785 0.1814 0.1843 0.1872 0.1900 0.1929 0.1957 0.1986

1.2920 1.2915 1.2910 1.2900 1.2890 1.2890 1.2870 1.2860 1.2850 1.2840 1.2830 1.2820 1.2810 1.2800 1.2785

1.7

2.629 2.628

2.628 2.627 2.626

2.626

2.625

2.624

2.624

2.623

2.622

2.621 2.621 2.620 2.619

0.1489 0.1517 0.1546 0.1573 0.1601 0.1629 0.1656 0.1684 0.1711 0.1738 0.1766 0.1793 0.1820 0.1847 0.1873

1.2920 1.2910 1.2905 1.2900 1.2885 1.2880 1.2870 1.2860 1.2850 1.2840 1.2830 1.2820 1.2810 1.2795 1.2785

1.8

2.629 2.628

2.628 2.627 2.626

2.625

2.625

2.624

2.624

2.623

2.622

2.621 2.621 2.620 2.619

0.1408 0.1435 0.1461 0.1488 0.1514 0.1541 0.1567 0.1593 0.1619 0.1645 0.1671 0.1696 0.1722 0.1748 0.1773

1.2915 1.2910 1.2905 1.2900 1.2890 1.2875 1.2870 1.2860 1.2840 1.2840 1.2830 1.2820 1.2805 1.2795 1.2785

1.9

2.628 2.628

2.628 2.627 2.626

2.625

2.625

2.624

2.623

2.623

2.622

2.621 2.620 2.620 2.619

0.1334 0.1360 0.1386 0.1411 0.1436 0.1461 0.1486 0.1511 0.1536 0.1561 0.1585 0.1610 0.1634 0.1659 0.1683

1.2915 1.2910 1.2900 1.2900 1.2885 1.2875 1.2870 1.2860 1.2845 1.2840 1.2826 1.2820 1.2805 1.2795 1.2785

2.0

2.628 2.628

2.627 2.627 2.626

2.625

2.625

2.624

2.623

2.623

2.622

2.621 2.620 2.620 2.619

0.1268 0.1293 0.1317 0.1341 0.1366 0.1390 0.1414 0.1437 0.1461 0.1485 0.1508 0.1531 0.1555 0.1578 0.1601

1.2915 1.2910 1.2900 1.2895 1.2885 1.2880 1.2870 1.2855 1.2845 1.2840 1.2825 1.2820 1.2805 1.2795 1.2783

2.1

2.628 2.628

2.627 2.627 2.626

2.626

2.625

2.624

2.623

2.623

2.622

2.621 2.620 2.620 2.619

0.1207 0.1231 0.1255 0.1278 0.1301 0.1314 0.1347 0.1370 0.1393 0.1415 0.1438 0.1460 0.1483 0.1505 0.1527

1.2910 1.2905 1.2900 1.2895 1.2880 1.2875 1.2870 1.2855 1.2845 1.2835 1.2825 1.2820 1.2805 1.2790 1.2783

2.2

2.628 2.628

2.627 2.627 2.626

2.625

2.625

2.624

2.623

2.623

2.622

2.621 2.620 2.619 2.619

0.1152 0.1175 0.1198 0.1330 0.1243 0.1265 0.1287 0.1309 0.1330 0.1352 0.1374 0.1395 0.1417 0.1438 0.1459

1.2910 1.2905 1.2900 1.2890 1.2880 1.2875 1.2860 1.2850 1.2845 1.2835 1.2825 1.2820 1.2800 1.2790 1.2783

2.3

2.628 2.628

2.627 2.626 2.626

2.625

2.624

2.624

2.623

2.623

2.622

2.621 2.620 2.619 2.619

0.1102 0.1124 0.1146 0.1167 0.1189 0.1210 0.1231 0.1252 0.1273 0.1294 0.1315 0.1336 0.1356 0.1377 0.1397

1.2910 1.2905 1.2895 1.2890 1.2880 1.2870 1.2865 1.2850 1.2845 1.2835 1.2835 1.2825 1.2815 1.2805 1.2783

2.4

2.628 2.628

2.627 2.626 2.626

2.625

2.624

2.624

2.623

2.623

2.623

2.622 2.621 2.620 2.619

0.1012 0.1033 0.1053 0.1073 0.1093 0.1113 0.1133 0.1153 0.1172 0.1192 0.1211 0.1230 0.1249 0.1268 0.1287

1.2905 1.2900 1.2895 1.2895 1.2880 1.2870 1.2960 1.2850 1.2845 1.2830 1.2820 1.2810 1.2800 1.2875 1.2872

2.6

2.628 2.627

2.627 2.627 2.626

2.625

2.624

2.624

2.623

2.622

2.621

2.621 2.620 2.619 2.619

0.0935 0.0955 0.0974 0.0993 0.1012 0.1030 0.1049 0.1067 0.1085 0.1104 0.1122 0.1140 0.1157 0.1175 0.1193

1.2900 1.2895 1.2890 1.2880 1.2875 1.2865 1.2855 1.2845 1.2840 1.2830 1.2820 1.2810 1.2800 1.2790 1.2780

2.8

2.627 2.627

2.626 2.626 2.625

2.625

2.624

2.623

2.623

2.622

2.621

2.621 2.620 2.619 2.619

0.0869 0.0887 0.0905 0.0923 0.0941 0.0958 0.0976 0.0993 0.1010 0.1027 0.1044 0.1061 0.1078 0.1095 0.1111

1.2895 1.2890 1.2880 1.2880 1.2870 1.2865 1.2855 1.2845 1.2840 1.2830 1.2820 1.2810 1.2800 1.2790 1.2780

3.0

2.627 2.626

2.626 2.626 2.625

2.625

2.624

2.623

2.623

2.622

2.621

2.621 2.620 2.619 2.619

0.0810 0.0828 0.0845 0.0862 0.0879 0.0896 0.0912 0.0928 0.0945 0.0961 0.0977 0.0993 0.1008 0.1024 0.1040

1.2885 1.2885 1.2880 1.2880 1.2870 1.2860 1.2850 1.2845 1.2835 1.2825 1.2820 1.2805 1.2795 1.2785 1.2780

3.2

2.626 2.626

2.626 2.626 2.625

2.624

2.624

2.623

2.623

2.622

2.621

2.621 2.620 2.619 2.619

注記  圧力及び温度の中間値は,比例法によって計算する。


38

B 8210

:2009

表 B.1

蒸気データ(続き)

圧力:1.5∼3.2 MPa

温度:480  ℃∼600  ℃

圧力

(MPa a.)

温度

(℃)

480 490

500 510 520

530

540

550

560

570

580

590  600

0.2287 0.2318 0.2350 0.2382 0.2414 0.2446 0.2477 0.2509 0.2540 0.2572 0.2604

0.2635  0.2667

1.2780 1.2770 1.2760 1.2745 1.2730 1.2725 1.2720 1.2700 1.2695 1.2685 1.2670

1.2650  1.2650

1.5

2.619 2.618

2.617 2.616 2.615

2.615

2.614

2.613

2.612

2.611

2.611

2.609  2.609

0.2142 0.2172 0.2202 0.2231 0.2261 0.2291 0.2321 0.2351 0.2380 0.2410 0.2440

0.2469  0.2499

1.2780 1.2765 1.2760 1.2745 1.2735 1.2725 1.2715 1.2700 1.2690 1.2680 1.2670

1.2650  1.2640

1.6

2.619 2.617

2.617 2.616 2.615

2.615

2.614

2.613

2.612

2.611

2.611

2.609  2.608

0.2014 0.2042 0.2070 0.2099 0.2127 0.2155 0.2183 0.2211 0.2239 0.2267 0.2295

0.2323  0.2351

1.2780 1.2760 1.2755 1.2745 1.2745 1.2725 1.2710 1.2700 1.2700 1.2680 1.2680

1.2670  1.2660

1.7

2.619 2.617

2.617 2.616 2.615

2.615

2.613

2.613

2.613

2.611

2.611

2.611  2.610

0.1900 0.1927 0.1954 0.1980 0.2007 0.2034 0.2060 0.2087 0.2113 0.2140 0.2166

0.2193  0.2219

1.2775 1.2765 1.2755 1.2745 1.2730 1.2720 1.2710 1.2700 1.2690 1.2680 1.2680

1.2670  1.2660

1.8

2.618 2.617

2.617 2.616 2.615

2.614

2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.611  2.610

0.1799 0.1824 0.1849 0.1875 0.1900 0.1925 0.1951 0.1976 0.2001 0.2026 0.2051

0.2076  0.2101

1.2775 1.2760 1.2755 1.2745 1.2730 1.2720 1.2710 1.2700 1.2690 1.2680 1.2680

1.2670  1.2660

1.9

2.618 2.617

2.617 2.616 2.615

2.614

2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.611  2.610

0.1707 0.1731 0.1756 0.1780 0.1804 0.1828 0.1852 0.1876 0.1900 0.1924 0.1947

0.1971  0.1995

1.2775 1.2760 1.2745 1.2745 1.2730 1.2725 1.2710 1.2700 1.2690 1.2680 1.2670

1.2660  1.2650

2.0

2.618 2.617

2.616 2.616 2.615

2.615

2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610  2.609

0.16244 0.16475 0.16706 0.16936 0.17165 0.17695 0.17624 0.17853 0.18081 0.18309 0.18536 0.18764  0.18991

1.2775 1.2765 1.2750 1.2745 1.2730 1.2723 1.2710 1.2700 1.2690 1.2680 1.2670

1.2660  1.2650

2.1

2.618 2.617

2.616 2.616 2.615

2.614

2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610  2.609

0.15492 0.15713 0.15934 0.16154 0.16373 0.16593 0.16812 0.17030 0.17249 0.17457 0.17684 0.17901  0.18119

1.2775 1.2765 1.2750 1.2745 1.2730 1.2730 1.2710 1.2700 1.2690 1.2680 1.2670

1.2660  1.2650

2.2

2.618 2.617

2.616 2.616 2.615

2.615

2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610  2.609

0.14805 0.15017 0.15228 0.15439 0.15650 0.15860 0.16070 0.16280 0.16489 0.16698 0.16906 0.17114  0.17322

1.2775 1.2765 1.2750 1.2745 1.2730 1.2725 1.2715 1.2700 1.2690 1.2680 1.2675

1.2670  1.2650

2.3

2.618 2.617

2.616 2.616 2.615

2.615

2.614

2.613

2.612

2.611

2.611

2.611  2.609

0.14175 0.14379 0.14582 0.14785 0.14987 0.15189 0.15390 0.15591 0.15792 0.15993 0.16193 0.16393  0.16592

1.2775 1.2765 1.2750 1.2740 1.2730 1.2720 1.2710 1.2700 1.2690 1.2680 1.2670

1.2660  1.2650

2.4

2.618 2.617

2.616 2.616 2.615

2.614

2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610  2.609

0.13061 0.13250 0.13438 0.13626 0.13814 0.14001 0.14187 0.14374 0.14560 0.14745 0.14931 0.15116  0.15301

1.2775 1.2760 1.2750 1.2740 1.2730 1.2720 1.2710 1.2700 1.2690 1.2680 1.2670

1.2660  1.2650

2.6

2.618 2.617

2.616 2.616 2.615

2.614

2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610  2.609

0.12106 0.12282 0.12458 0.12633 0.12808 0.12982 0.13156 0.13330 0.13503 0.13676 0.13849 0.174022 0.14194

1.2770 1.2760 1.2750 1.2740 1.2730 1.2720 1.2720 1.2700 1.2690 1.2680 1.2680

1.2660  1.2660

2.8

2.618 2.617

2.616 2.616 2.615

2.614

2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610  2.609

0.11278 0.11443 0.11608 0.11772 0.11936 0.12100 0.12263 0.12426 0.12588 0.12750 0.12912 0.13073  0.13234

1.2770 1.2760 1.2750 1.2740 1.2730 1.2720 1.2710 1.2700 1.2690 1.2680 1.2670

1.2660  1.2650

3.0

2.618 2.617

2.616 2.616 2.615

2.614

2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610  2.609

0.10554 0.10709 0.10865 0.11019 0.11174 0.11328 0.11481 0.11634 0.11787 0.11939 0.12091 0.12243  0.12395

1.2770 1.2760 1.2750 1.2740 1.2728 1.2720 1.2710 1.2700 1.2690 1.2680 1.2670

1.2660  1.2650

3.2

2.618 2.617

2.616 2.615 2.615

2.614

2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610  2.609

注記  圧力及び温度の中間値は,比例法によって計算する。


39

B 8210

:2009

表 B.1

蒸気データ(続き)

圧力:3.4∼6.0 MPa

温度:飽和温度∼360  ℃

圧力

(MPa a.)

飽和 
温度

(℃)

飽和 
蒸気

温度

(℃)

250 260

270

280

290

300

310

320

330 340 350 360

0.0587

0.0587 0.06305 0.0650 0.0670 0.0688 0.0707 0.0725 0.0742 0.0759 0.0776 0.0792 0.0808

1.113

1.1120 1.1744 1.2430 1.2880 1.2900 1.2900 1.2900 1.2900 1.2900 1.2890 1.2880 1.2880

3.4 240.9

2.492

2.491 2.541

2.593

2.625

2.627

2.627

2.627

2.627

2.627 2.626 2.626 2.626

0.0554

0.0554 0.0588 0.0608 0.0627 0.0645 0.0663 0.0680 0.0697 0.0713 0.0729 0.0745 0.0760

1.111

1.1090 1.1490 1.2180 1.2870 1.2875 1.2875 1.2880 1.2880 1.2880 1.2875 1.2870 1.2870

3.6 244.2

2.490

2.488 2.521

2.574

2.625

2.625

2.625

2.625

2.626

2.626 2.625 2.625 2.625

0.0524

0.0524 0.0551 0.0570 0.0589 0.0607 0.0624 0.0640 0.0656 0.0672 0.0688 0.0703 0.0717

1.108

1.1060 1.1274 1.2067 1.2860 1.2870 1.2870 1.2870 1.2870 1.2870 1.2865 1.2870 1.2860

3.8 247.3

2.487

2.486 2.503

2.566

2.624

2.625

2.625

2.625

2.625

2.625 2.625 2.625 2.624

0.0498

-

0.0498 0.0536 0.0554 0.0572 0.0588 0.0604 0.0620 0.0635 0.0650 0.0665 0.0679

1.106

-

1.1050 1.1436 1.2400 1.2855 1.2860 1.2870 1.2865 1.2870 1.2865 1.2865 1.2855

4.0 250.3

2.485

-

2.485

2.516

2.591

2.324

2.624

2.625

2.625

2.625 2.625 2.625 2.624

0.0473

-

0.0473 0.0505 0.0523 0.0540 0.0556 0.0572 0.0587 0.0602 0.0616 0.0630 0.0644

1.103

-

1.1000 1.1725 1.2790 1.2850 1.2855 1.2885 1.2870 1.2855 1.2855 1.2855 1.2855

4.2 253.2

2.483

-

2.481

2.539

2.619

2.624

2.624

2.624

2.624

2.624 2.624 2.624 2.624

0.0451

-

0.0451 0.0477 0.0495 0.0511 0.0527 0.0542 0.0557 0.0571 0.0585 0.0599 0.0612

1.100

-

1.0960 1.1265 1.2048 1.2830 1.2850 1.2850 1.2855 1.2855 1.2855 1.2855 1.2855

4.4 256.1

2.481

-

2.477

2.502

2.564

2.622

2.624

2.624

2.624

2.624 2.624 2.624 2.624

0.0430

-

0.0430 0.0451 0.0469 0.0485 0.0500 0.0515 0.0530 0.0543 0.0557 0.0570 0.0583

1.098

-

1.0940 1.1046 1.1933 1.2820 1.2840 1.2845 1.2850 1.2850 1.2850 1.2850 1.2850

4.6 258.8

2.479

-

2.476

2.485

2.555

2.621

2.623

2.624

2.624

2.624 2.624 2.624 2.624

0.0412

-

-

0.0412 0.0444 0.0461 0.0476 0.0490 0.0504 0.0518 0.0531 0.0544 0.0566

1.095

-

-

1.0940 1.1587 1.2340 1.2825 1.2840 1.2840 1.2840 1.2840 1.2840 1.2840

4.8 261.4

2.477

-

-

2.476

2.528

2.585

2.622

2.623

2.623

2.623 2.622 2.622 2.623

0.0394

-

-

0.0394 0.0422 0.0438 0.0453 0.0467 0.0481 0.0494 0.0507 0.0519 0.0532

1.093

-

-

1.0900 1.1650 1.2880 1.2810 1.2825 1.2830 1.2835 1.2845 1.2850 1.2850

5.0 263.9

2.475

-

-

2.472

2.533

2.626

2.621

2.622

2.622

2.623 2.623 2.624 2.624

0.0378

-

-

0.0378 0.04016 0.0417 0.0432 0.0446 0.0460 0.0472 0.0485 0.0497 0.0501

1.090

-

-

1.0860 1.1157 1.1980 1.2805 1.2820 1.2825 1.2830 1.2830 1.2840 1.2850

5.2 266.4

2.473

-

-

2.469

2.494

2.559

2.621

2.621

2.622

2.622 2.622 2.623 2.624

0.0363

-

-

0.0363 0.0382 0.0398 0.0413 0.0426 0.0440 0.0452 0.0464 0.0476 0.0488

1.088

-

-

1.0830 1.0942 1.1871 1.2800 1.2800 1.2820 1.2825 1.2830 1.2830 1.2830

5.4 268.8

2.470

-

-

2.467

2.476

2.550

2.620

2.620

2.621

2.622 2.622 2.622 2.622

0.0350

-

-

-

0.0350 0.0380 0.0394 0.0408 0.0421 0.0433 0.0445 0.0457 0.0468

1.085

-

-

-

1.0810 1.1507 1.2290 1.2800 1.2815 1.2820 1.2830 1.2825 1.2825

5.6 271.1

2.468

-

-

-

2.465

2.772

2.582

2.620

2.621

2.621 2.622 2.622 2.622

0.0337

-

-

-

0.0337 0.0363 0.0377 0.0391 0.0404 0.0416 0.0428 0.0439 0.0450

1.082

-

-

-

1.080

1.1373 1.2240 1.2783 1.2800 1.2810 1.2820 1.2820 1.2820

5.8 273.4

2.466

-

-

-

2.464

2.511

2.579

2.619

2.620

2.621 2.621 2.621 2.621

0.0324

- - -

0.0324 0.0347 0.0361 0.0375 0.0387 0.0400

0.0411

0.0422

0.0433

1.081

-

-

-

1.0750 1.1117 1.1950 1.2783 1.2800 1.2805 1.2815 1.2820 1.2820

6.0 275.6

2.465

-

-

-

2.460

2.490

2.557

2.919

2.620

2.620 2.621 2.623 2.621

注記  圧力及び温度の中間値は,比例法によって計算する。


40

B 8210

:2009

表 B.1

蒸気データ(続き)

圧力:3.4∼6.0 MPa

温度:370  ℃∼490  ℃

圧力

(MPa a.)

温度

(℃)

370 380

390 400 410

420

430

440

450

460 470 480 490

0.08242 0.08400 0.08556 0.08711

0.08865

0.09017

0.09169

0.09319

0.09469

0.09618 0.09915 0.10062 0.10209

1.2875 1.2860 1.2850 1.2845

1.2835

1.2825

1.2820

1.2805

1.2795

1.2785 1.2775 1.2760 1.2750

3.4

2.625 2.624 2.624 2.623 2.623

2.622

2.621

2.624

2.620

2.619 2.618 2.618 2.617

0.07755 0.07906 0.08055 0.08202

0.08049

0.08494

0.08638

0.08781

0.08924

0.09065 0.09206 0.09347 0.09486

1.2870 1.2850 1.2850 1.2840

1.2830

1.2820

1.2810

1.2800

1.2795

1.2783 1.2768 1.2765 1.2760

3.6

2.625 2.624 2.624 2.622 2.622

2.621

2.621

2.620

2.620

2.619 2.618 2.618 2.617

0.07320 0.07464 0.07606 0.07747

0.07887

0.08025

0.08163

0.08300

0.08435

0.08570 0.08705 0.08838 0.08971

1.2855 1.2850 1.2845 1.2835

1.2830

1.2820

1.2810

1.2800

1.2790

1.2783 1.2775 1.2775 1.2755

3.8

2.624 2.624 2.623 2.623 2.622

2.621

2.621

2.620

2.619

2.619 2.618 2.618 2.617

0.06927 0.07066 0.07202 0.07338

0.07471

0.07604

0.07735

0.07866

0.07996

0.08125 0.08253 0.08381 0.08508

1.2855 1.2850 1.2845 1.2835

1.2830

1.2820

1.2810

1.2800

1.2790

1.2783 1.2775 1.2765 1.2755

4.0

2.624 2.624 2.623 2.623 2.622

2.621

2.621

2.620

2.619

2.619 2.618 2.617 2.617

0.06572 0.06706 0.06837 0.06967

0.07095

0.07222

0.07349

0.07474

0.07598

0.07722 0.07844 0.07967 0.08088

1.2850 1.2845 1.2840 1.2830

1.2825

1.2820

1.2810

1.2800

1.2790

1.2782 1.2775 1.2765 1.2755

4.2

2.624 2.623 2.622 2.622 2.622

2.621

2.621

2.620

2.619

2.619 2.618 2.617 2.617

0.06249 0.06378 0.06504 0.06630

0.06753

0.06876

0.06997

0.07117

0.07236

0.07355 0.07473 0.07590 0.07707

1.2850 1.2845 1.2840 1.2830

1.2825

1.2815

1.2805

1.2800

1.2790

1.2782 1.2770 1.2765 1.2755

4.4

2.624 2.623 2.622 2.622 2.622

2.621

2.620

2.620

2.619

2.619 2.618 2.617 2.617

0.05954 0.06079 0.06201 0.06321

0.06441

0.06559

0.06676

0.06791

0.06906

0.07020 0.07134 0.07247 0.07359

1.2850 1.2840 1.2830 1.2828

1.2825

1.2815

1.2805

1.2800

1.2790

1.2780 1.2770 1.2765 1.2750

4.6

2.624 2.623 2.622 2.622 2.622

2.621

2.620

2.620

2.619

2.619 2.618 2.617 2.615

0.05684 0.05804 0.05922 0.06039

0.06154

0.06268

0.06381

0.06493

0.06604

0.06714 0.06823 0.06931 0.07039

1.2840 1.2840 1.2830 1.2825

1.2820

1.2815

1.2795

1.2795

1.2790

1.2780 1.2770 1.2765 1.2750

4.8

2.623 2.623 2.622 2.622 2.621

2.621

2.620

2.620

2.619

2.619 2.618 2.617 2.616

0.05435 0.05551 0.05666 0.05779

0.05891

0.06001

0.06110

0.06222

0.06325

0.06431 0.06537 0.06642 0.06746

1.12838 1.2830 1.2830 1.2823

1.2815

1.2810

1.2800

1.2790

1.2786

1.2780 1.2770 1.2765 1.2750

5.0

2.623 2.622 2.622 2.622 2.621

2.621

2.620

2.619

2.619

2.619 2.618 2.617 2.616

0.05204 0.05318 0.05429 0.05539

0.05647

0.05754

0.05860

0.05964

0.06068

0.6171  0.06273 0.06374 0.06475

1.2830 1.2830 1.2828 1.2825

1.2815

1.2810

1.2800

1.2790

1.2786

1.2780 1.2770 1.2765 1.2750

5.2

2.622 2.622 2.622 2.622 2.621

2.621

2.620

2.619

2.619

2.619 2.618 2.617 2.616

0.04991 0.05102 0.05210 0.05317

0.05422

0.05525

0.05628

0.05729

0.05830

0.05929 0.06028 0.06126 0.06224

1.2827 1.2820 1.2825 1.2820

1.2815

1.2805

1.2800

1.2790

1.2786

1.2780 1.2770 1.2765 1.2750

5.4

2.622 2.621 2.622 2.621 2.621

2.620

2.619

2.619

2.619

2.619 2.618 2.617 2.616

0.04793 0.04701 0.05006 0.05110

0.05212

0.05313

0.05413

0.05511

0.05609

0.05705 0.05801 0.05896 0.06990

1.2823 1.2830 1.2830 1.2820

1.2820

1.2805

1.2800

1.2790

1.2783

1.2775 1.2770 1.2760  1.275

5.6

2.622 2.622 2.622 2.621 2.621

2.620

2.620

2.619

2.621

2.618 2.618 2.617 2.616

0.04608 0.04713 0.04816 0.04918

0.05017

0.05115

0.05212

0.05308

0.05403

0.05496 0.05589 0.05682 0.06773

1.2820 1.2820 1.2820 1.2820

1.2820

1.2806

1.2795

1.2790

1.2783

1.2775 1.2770 1.2760 1.2750

5.8

2.621 2.621 2.621 2.621 2.621

2.620

2.620

2.619

2.621

2.618 2.618 2.617 2.616

0.04436 0.04539 0.04639 0.04738

0.04835

0.04931

0.05025

0.05118

0.05211

0.05302 0.05392 0.05482 0.05571

1.2820 1.2820 1.2820 1.2820

1.2820

1.2805

1.2795

1.2790

1.2783

1.2775 1.2700  12760  1.2750

6.0

2.621 2.621 2.621 2.621 2.621

2.620

2.620

2.619

2.621

2.618 2.618 2.617 2.616

注記  圧力及び温度の中間値は,比例法によって計算する。


41

B 8210

:2009

表 B.1

蒸気データ(続き)

圧力:3.4∼6.0 MPa

温度:500  ℃∼600  ℃

圧力

(MPa a.)

温度

(℃)

500 510

520 530 540

550

560

570

580

590 600

0.10209 0.10355 0.10501 0.10646

0.10791

0.10936

0.11080

0.11224

0.11368

0.11511 0.11654

1.2750 1.2740 1.2730 1.2720

1.2710

1.2700

1.2690

1.2680

1.2670

1.2660 1.2650

3.4

2.616 2.616 2.615 2.614 2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610 2.609

0.09626 0.09764 0.09903 0.10040

0.10178

0.10315

0.10452

0.10588

0.10724

0.10860 0.10996

1.2750 1.2740 1.2730 1.2720

1.2710

1.2690

1.2690

1.2680

1.2670

1.2660 1.2650

3.6

2.616 2.616 2.615 2.614 2.613

2.612

2.612

2.611

2.611

2.610 2.609

0.09104 0.09236 0.09367 0.09499

0.09629

0.09760

0.09890

0.10019

0.10149

0.10278 0.10406

1.2745 1.2735 1.2725 1.2720

1.2710

1.2700

1.2690

1.2680

1.2670

1.2660 1.2650

3.8

2.616 2.615 2.615 2.614 2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610 2.609

0.08634 0.08760 0.0886 0.09011

0.09135

0.29260

0.09384

0.09507

0.09631

0.09754 0.09876

1.2745 1.2735 1.2725 1.2720

1.2710

1.2700

1.2690

1.2680

1.2670

1.2660 1.2650

4.0

2.616 2.615 2.615 2.614 2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610 2.609

0.08209 0.08330 0.08450 0.08569

0.08689

0.08807

0.08926

0.09044

0.09162

0.09279 0.09397

1.2745 1.2735 1.2725 1.2720

1.2710

1.2700

1.2690

1.2680

1.2670

1.2660 1.2650

4.2

2.616 2.615 2.615 2.614 2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610 2.609

0.07823 0.07938 0.08054 0.08168

0.08282

0.08396

0.08510

0.08623

0.08736

0.08848 0.08960

1.2745 1.2735 1.2725 1.2720

1.2710

1.2700

1.2690

1.2680

1.2670

1.2660 1.2650

4.4

2.616 2.615 2.615 2.614 2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610 2.609

0.07470 0.07581 0.07692 0.07802

0.07912

0.08021

0.08130

0.08238

0.08347

0.08455 0.08562

1.2745 1.2735 1.2725 1.2720

1.2708

1.2700

1.2690

1.2680

1.2670

1.2660 1.2650

4.6

2.616 2.615 2.615 2.614 2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610 2.609

0.07147 0.07254 0.07360 0.07466

0.07572

0.07677

0.07782

0.07886

0.07990

0.08094 0.08197

1.2745 1.2735 1.2725 1.2720

1.2708

1.2700

1.2690

1.2680

1.2670

1.2660 1.2650

4.8

2.616 2.615 2.615 2.614 2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610 2.609

0.06849 0.06952 0.07055 0.07157

0.07259

0.07360

0.07461

0.07562

0.07662

0.07762 0.07862

1.2743 1.2735 1.2726 1.2720

1.2708

1.2700

1.2690

1.2680

1.2670

1.2660 1.2650

5.0

2.616 2.615 2.615 2.614 2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610 2.609

0.06575 0.06674 0.06773 0.06872

0.06970

0.07068

0.07165

0.07262

0.07359

0.07455 0.07552

1.2743 1.2735 1.2726 1.2720

1.2708

1.2700

1.2690

1.2680

1.2670

1.2660 1.2650

5.2

2.616 2.615 2.615 2.614 2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610 2.609

0.06320 0.06417 0.06513 0.06608

0.06703

0.06797

0.06891

0.06985

0.07079

0.07172 0.07265

1.2743 1.2735 1.2726 1.2720

1.2708

1.2700

1.2690

1.2680

1.2670

1.2660 1.2650

5.4

2.616 2.615 2.615 2.614 2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610 2.609

0.06084 0.06178 0.06270 0.06363

0.06455

0.06546

0.06637

0.06728

0.06818

0.06908 0.06998

1.2743 1.2735 1.2726 1.2720

1.2708

1.2700

1.2690

1.2680

1.2670

1.2660 1.2650

5.6

2.616 2.615 2.615 2.614 2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610 2.609

0.05864 0.05955 0.06045 0.06134

0.06223

0.06312

0.06400

0.06488

0.06576

0.06663 0.06750

1.2743 1.2735 1.2726 1.2720

1.2708

1.2700

1.2690

1.2680

1.2670

1.2660 1.2650

5.8

2.616 2.615 2.615 2.614 2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610 2.609

0.05659 0.05747 0.05834 0.05921

0.06008

0.06094

0.06179

0.06265

0.06349

0.06434 0.06518

1.2743 1.2735 1.2726 1.2720

1.2708

1.2700

1.2690

1.2680

1.2670

1.2660 1.2650

6.0

2.616 2.615 2.615 2.614 2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

2.610 2.609

注記  圧力及び温度の中間値は,比例法によって計算する。


42

B 8210

:2009

表 B.1

蒸気データ(続き)

圧力:6.2∼11.5 MPa

温度:飽和温度∼380  ℃

圧力

(MPa a.)

飽和 
温度

(℃)

飽和 
蒸気

温度

(℃)

280 290

300

310

320

330

340

350 360 370

380

0.03130

0.03130 0.03323

0.03465

0.03598

0.03722

0.03841

0.03955

0.04065 0.04171 0.04274

0.04375

1.077

1.070  1.0913

1.1842

1.2770

1.2783

1.2800

1.2805

1.2815 1.2820 1.2820

1.2820

6.2 277.7

2.462

2.456 2.474

2.548

2.618

2.619

2.620

2.620

2.621 2.621 2.621

2.621

0.03023

0.03023 0.03182

0.03324

0.03456

0.03580

0.03697

0.03809

0.03917 0.04021 0.04221

0.04318

1.073

1.070  1.0720

1.1735

1.275

1.2770

1.2800

1.280

1.2830 1.2810 1.2810

1.2815

6.4 279.8

2.458

2.456 2.457

2.540

2.616

2.618

2.620

2.620

2.622 2.621 2.621

2.621

0.02922

-

0.02922

0.03191

0.03322

0.03445

0.03561

0.03672

0.03778 0.03881 0.03980

0.04077

1.069

-

1.069

1.1618

1.2750

1.2760

1.2783

1.2785

1.2800 1.2805 1.2810

1.2810

6.6 281.8

2.455

-

2.455

2.531

2.616

2.617

2.619

2.619

2.620 2.620 2.621

2.621

0.02827

-

0.02827

0.03065

0.03196

0.03318

0.03433

0.03542

0.03647 0.03748 0.03846

0.03941

1.066

-

1.068

1.1468

1.2740

1.2760

1.2780

1.2785

1.2800 1.2800 1.2805

1.2805

6.8 283.8

2.452

-

2.454

2.519

2.616

2.617

2.619

2.619

2.620 2.620 2.620

2.620

0.02737

-

-

0.02737

0.03076

0.03198

0.03312

0.03420

0.03523 0.03623 0.03719

0.03812

1.062

-

-

1.065

1.1882

1.2750

1.2770

1.2783

1.2795 1.2800 1.2805

1.2805

7.0 285.8

2.449

-

-

2.451

2.551

2.616

2.618

2.619

2.620 2.620 2.620

2.620

0.02495

-

-

0.02495

0.02752

0.02873

0.02985

0.03090

0.03190 0.03286 0.03378

0.03467

1.050

-

-

1.068

1.1623

1.2720

1.2740

1.2760

1.2770 1.2785 1.2795

1.2783

7.6 291.4

2.439

-

-

2.445

2.531

2.614

2.616

2.617

2.618 2.619 2.620

2.619

0.0235

-

-

0.0235

0.02560

0.02681

0.02792

0.02896

0.02995 0.03088 0.03178

0.03265

1.043

-

-

1.050

1.1233

1.2700

1.2725

1.2745

1.2765 1.2783 1.2785

1.2790

8.0 295

2.432

-

-

2.439

2.500

2.613

2.616

2.616

2.617 2.619 2.619

2.619

0.0216

-

-

0.0216

0.0216

0.02424

0.02535

0.02638

0.02734 0.02826 0.02913

0.02997

1.031

-

-

1.048

1.048

1.1584

1.2700

1.27251

1.2740 1.2760 1.2783

1.2783

8.6 300.1

2.422

-

-

2.439

2.439

2.528

2.613

2.616

2.616 2.617 2.619

2.619

0.02050

- - -

0.02050

0.02269

0.02381

0.02484

0.02579

0.02669

0.02755

0.02837

1.023

- - -

1.043

1.1333

1.2680

1.2710

1.2730

1.2750

1.2765

1.2780

9.0 303.3

2.415

- - -

2.433

2.508

2.611

2.613

2.615

2.616

2.617

2.619

0.01897

- - - -

0.01897

0.02171

0.02274

0.02369

0.02458

0.0242

0.02622

1.012

- - - -

1.020

1.1588

1.2690

1.2725

1.2740

1.2755

1.2765

9.6 308

2.405

- - - -

2.412

2.528

2.612

2.615

2.616

2.617

2.619

0.01897

- - - -

0.01897

0.02042

0.02147

0.02242

0.02331

0.02414

0.02493

1.004

- - - -

1.020

1.1375

1.2680

1.2710

1.2730

1.2750

1.2760

10.0 311

2.398

- - - -

2.412

2.511

2.611

2.613

2.615

2.616

2.617

0.01698

- - - -

0.01698

0.01894

0.02000

0.02096

0.02184

0.02266

0.02344

0.996

- - - -

1.000

1.0929

1.2650

1.2690

1.2725

1.2770

1.2758

10.5 314.6

2.391

- - - -

2.395

2.475

2.609

2.612

2.615

2.618

2.617

0.01601

- - - -

0.01601

0.01755

0.01864

0.01961

0.02049

0.02131

0.02208

0.987

- - - -

0.990

1.0139

1.1394

1.2650

1.2700

1.2730

1.2765

11.0 318.1

2.383

- - - -

2.386

2.407

2.513

2.609

2.613

2.615

2.619

0.01511

- - - - -

0.01511

0.01738

0.01836

0.01926

0.02007

0.02084

0.979

- - - - -

0.980

1.1118

1.2650

1.2700

1.2720

1.2745

11.5 321.4

2.375

- - - - -

2.376

2.490

2.609

2.613

2.614

2.616

注記  圧力及び温度の中間値は,比例法によって計算する。


43

B 8210

:2009

表 B.1

蒸気データ(続き)

圧力:6.2∼11.5 MPa

温度:390  ℃∼500  ℃

圧力

(MPa a.)

温度

(℃)

390 400 410 420 430

440

450

460

470

480 490 500

0.04473 0.04570 0.04664 0.04758

0.04850

0.04941

0.05030

0.05119

0.05207

0.05295 0.05381 0.05467

1.2820 1.2810 1.2805 1.2800

1.2795

1.2790

1.2783

1.2775

1.2770

1.2760 1.2750 1.2743

6.2

2.621 2.621 2.620 2.620 2.620

2.619

2.621

2.618

2.618

2.617 2.616 2.616

0.04218 0.04412 0.04505 0.04596

0.04685

0.04774

0.04862

0.04948 0.055034 0.05119 0.05203 0.05287

1.2810 1.2810 1.2805 1.2800

1.2795

1.2785

1.2780

1.2770

1.2765

1.2760 1.2750 1.2745

6.4

2.621 2.621 2.620 2.620 2.620

2.619

2.619

2.618

2.617

2.617 2.616 2.616

0.04171 0.04264 0.04354 0.04443

0.04351

0.04618

0.04703

0.04788

0.04871

0.04954 0.05036 0.05118

1.2810 1.2805 1.2805 1.2795

1.2795

1.2785

1.2780

1.2773

1.2765

1.2760 1.2750 1.2740

6.6

2.621 2.620 2.620 2.620 2.620

2.619

2.619

2.618

2.618

2.617 2.616 2.616

0.04033 0.04124 0.04213 0.04300

0.04386

0.04470

0.04554

0.04636

0.04718

0.04799 0.04879 0.04959

1.2805 1.2805 1.2800 1.2796

1.2790

1.2785

1.2780

1.2780

1.2770

1.2760 1.2750 1.2740

6.8

2.620 2.620 2.620 2.620 2.619

2.619

2.619

2.619

2.618

2.617 2.616 2.616

0.03903 0.03992 0.04079 0.04165

0.04249

0.04331

0.04413

0.04494

0.04574

0.04653 0.04731 0.04809

1.2805 1.2800 1.2800 1.2795

1.2790

1.2783

1.2783

1.2775

1.2765

1.2760 1.2750 1.2743

7.0

2.620 2.620 2.620 2.620 2.619

2.619

2.619

2.618

2.618

2.617 2.616 2.616

0.03554 0.03638 0.03720 0.03801

0.03880

0.03958

0.04035

0.04111

0.04186

0.04260 0.044333 0.04406

1.2795 1.2800 1.2795 1.2790

1.2788

1.2783

1.2780

1.2775

1.2766

1.2760 1.2750 1.2743

7.6

2.620 2.620 2.620 2.619 2.619

2.619

2.619

2.618

2.618

2.617 2.616 2.616

0.03349 0.03421 0.03511 0.03589

0.03665

0.03740

0.03814

0.03887

0.3959

0.04030 00.04101 0.04170

1.2795 1.2795 1.2795 1.2790

1.2784

1.2783

1.2775

1.2775

1.2766

1.2762 1.2750 1.2745

8.0

2.620 2.620 2.620 2.619 2.619

2.619

2.618

2.618

2.618

2.617 2.615 2.615

0.03078 0.03156 0.03232 0.03307

0.03380

.0.03451

0.03522

0.03591

0.03659

0.03726 0.03793 0.03859

1.2785 1.2790 1.2790 1.2790

1.2785

1.2780

1.2770

1.2773

1.2766

1.2760 1.2705 1.2695

8.6

2.619 2.619 2.619 2.619 2.619

2.619

2.618

2.618

2.618

2.617 2.613 2.612

0.02916 0.02993 0.03067 0.03140

0.03211

0.03280

0.03348

0.03415

0.03481

0.03546 0.03610 0.03674

1.2783 1.2785 1.2795 1.2790

1.2785

1.2780

1.2775

1.2770

1.2765

1.2760 1.2750 1.2750

9.0

2.619 2.619 2.620 2.619 2.619

2.619

2.618

2.618

2.617

2.617 2.616 2.616

0.02699 0.02773 0.02845 0.02915

0.02983

0.03049

0.03114

0.03179

0.03241

0.03304 0.03365 0.03425

1.2780 1.2783 1.2783 1.2785

1.2783

1.2780

1.2775

1.2770

1.2770

1.2765 1.2755 1.2750

9.6

2.619 2.619 2.619 2.619 2.619

2.619

2.618

2.618

2.618

2.617 2.617 2.616

0.02568 0.02641 0.02711 0.02779

0.02846

0.02911

0.02974

0.03036

0.03098

0.03158 0.03217 0.03276

1.2765 1.2765 1.2783 1.2785

1.2780

1.2780

1.2775

1.2775

1.2765

1.2760 1.2755 1.2750

10.0

2.619 2.619 2.619 2.619 2.619

2.619

2.618

2.618

2.617

2.617 2.617 2.616

0.02418 0.02489 0.02558 0.02624

0.02689

0.02752

0.02814

0.02874

0.02933

0.02992 0.03049 0.03105

1.2765 1.2790 1.2790 1.2785

1.2782

1.2780

1.2775

1.2765

1.2765

1.2760 1.2755 1.2755

10.5

2.619 2.619 2.619 2.619 2.619

2.619

2.618

2.617

2.617

2.617 2.617 2.617

0.02281 0.02351 0.02418 0.02483

0.02546

0.02608

0.02668

0.02726

0.02784

0.02840 0.02896 0.02950

1.2758 1.2790 1.2792 1.2785

1.2780

1.2783

1.2780

1.2765

1.2765

1.2760 1.2755 1.2755

11.0

1.617 2.619 2.619 2.619 2.619

2.619

2.619

2.617

2.617

2.617 2.617 2.617

0.02156 0.02225 0.02291 0.02354

0.02416

0.02476

0.02534

0.02591

0.02647

0.02702 0.02756 0.02809

1.2755 1.2765 1.2785 1.2783

1.2790

1.2783

1.2783

1.2780

1.2765

1.2765 1.2765 1.2760

11.5

2.617 2.617 2.619 2.619 2.619

2.619

2.619

2.619

2.619

2.617 2.617 2.617

注記  圧力及び温度の中間値は,比例法によって計算する。


44

B 8210

:2009

表 B.1

蒸気データ(続き)

圧力:6.2∼11.5 MPa

温度:510  ℃∼600  ℃

圧力

(MPa a.)

温度

(℃)

510 520

530 540 550

560

570

580

590

600

0.05553 0.05637 0.05722 0.05806

0.05889

0.05973

0.06055

0.06138

0.06220

0.06302

1.2735 1.2726 1.2720 1.2708

1.2700

1.2690

1.2680

1.2670

1.2660

1.2650

6.2

2.615 2.615 2.614 2.613 2.613

2.612

2.611

2.611

2.611

2.609

0.05370 0.05453 0.05535 0.05617

0.05698

0.05779

0.05859

0.05939

0.06019

0.06099

1.2735 1.2725 1.2720 1.2700

1.2700

1.2690

1.2683

1.2680

1.2660

1.2650

6.4

2.615 2.615 2.614 2.613 2.613

2.612

2.611

2.611

2.610

2.609

0.05199 0.05279 0.05359 0.05439

0.05518

0.05597

0.05675

0.05753

0.05831

0.05908

1.2735 1.2725 1.2720 1.2710

1.2700

1.2690

1.2680

1.2680

1.2660

1.2650

6.6

2.615 2.615 2.614 2.613 2.613

2.612

2.611

2.611

2.610

2.609

0.05038 0.05116 0.05194 0.05272

0.05349

0.05425

0.05501

0.05577

0.05653

0.05728

1.2735 1.2727 1.2720 1.2710

1.2700

1.2690

1.2690

1.2670

1.2665

1.2650

6.8

2.615 2.615 2.614 2.613 2.613

2.612

2.612

2.611

2.610

2.609

0.04886 0.04962 0.05038 0.05114

0.05189

0.05226

0.05338

0.05412

0.05486

0.05559

1.2735 1.2730 1.2717 1.2710

1.2700

1.2690

1.2690

1.2670

1.2665

1.2650

7.0

2.615 2.615 2.614 2.613 2.613

2.612

2.612

2.611

2.610

2.609

0.04478 0.04549 0.04620 0.04690

0.04860

0.04830

0.04899

0.04968

0.05036

0.05105

1.2735 1.2730 1.2720 1.2710

1.2700

1.2695

1.2680

1.2680

1.2660

1.2650

7.6

2.615 2.615 2.614 2.613 2.613

2.612

2.611

2.611

2.610

2.609

0.04239 0.04308 0.04376 0.04443

0.04510

0.04577

0.04643

0.04709

0.04774

0.04839

1.2735 1.2730 1.2720 1.2713

1.2705

1.2695

1.2695

1.2680

1.2660

1.2650

8.0

2.615 2.615 2.614 2.614 2.613

2.612

2.612

2.611

2.610

2.609

0.03942 0.03988 0.04052 0.04116

0.04179

0.04241

0.04304

0.04365

0.04427

0.04488

1.2740 1.2730 1.2720 1.2715

1.2705

1.2695

1.2690

1.2680

1.2660

1.2650

8.6

2.616 2.615 2.614 2.614 2.613

2.612

2.612

2.611

2.610

2.609

0.03736 0.03799 0.03860 0.03922

0.03982

0.04042

0.04102

0.04162

0.04221

0.04280

1.2745 1.2730 1.2723 1.2715

1.2710

1.2700

1.2690

1.2680

1.2660

1.2660

9.0

2.616 2.615 2.614 2.614 2.613

2.613

2.612

2.611

2.610

2.610

0.03485 0.03544 0.03603 0.03661

0.03718

0.03775

0.03832

0.03888

0.03944

0.04000

1.2745 1.2740 1.2730 1.2720

1.2710

1.2700

1.2695

1.2690

1.2670

1.2670

9.6

2.616 2.616 2.615 2.614 2.613

2.613

2.612

2.612

2.611

2.611

0.03334 0.03391 0.03448 0.03504

0.03560

0.03615

0.03670

0.03724

0.03778

0.03832

1.2645 1.2740 1.2730 1.2720

1.2715

1.2705

1.2700

1.2695

1.2680

1.2670

10.0

2.616 2.616 2.615 2.614 2.614

2.613

2.613

2.612

2.611

2.611

0.03161 0.03216 0.03271 0.03325

0.03379

0.03432

0.03484

0.03537

0.03589

0.03640

1.2750 1.2745 1.2735 1.2725

1.2715

1.2720

1.2700

1.2695

1.2690

1.2670

10.5

2.616 2.616 2.615 2.615 2.614

2.614

2.613

2.612

2.612

2.611

0.03004 0.03058 0.03110 0.03162

0.03214

0.03265

0.03316

0.03366

0.03416

0.03466

1.2750 1.2745 1.2740 1.2725

1.2725

1.2730

1.2710

1.2700

1.2690

1.2670

11.0

2.616 2.616 2.616 2.615 2.615

2.615

2.613

2.613

2.612

2.611

0.02861 0.02912 0.02963 0.03014

0.03064

0.03113

0.03162

0.03210

0.03258

0.03306

1.2755 1.2750 1.2740 1.2735

1.2750

1.2730

1.2715

1.2700

1.2695

1.2680

11.5

2.617 2.616 2.616 2.615 2.616

2.615

2.614

2.613

2.612

2.611

注記  圧力及び温度の中間値は,比例法によって計算する。


45

B 8210

:2009

表 B.1

蒸気データ(続き)

圧力:12.0∼18.5 MPa

温度:飽和温度∼420  ℃

圧力

(MPa a.)

飽和 
温度

(℃)

飽和 
蒸気

温度

(℃)

 

330 340

350

360

370

380

390

400 410 420

0.01428

0.01428 0.01619

0.01721

0.01811

0.01893

0.01969

0.02041

0.02108 0.02173 0.02236

0.970

0.980  1.0777

1.2620

1.2680

1.2715

1.2740

1.2745

1.2765 1.2790 1.2780

12.0 324.7

2.367

2.376 2.462

2.609

2.611

2.614

2.616

2.616

2.617 2.619 2.619

0.01351

0.01351 0.01508

0.01612

0.01704

0.01787

0.01863

0.01934

0.02001 0.002065 0.02126

0.962

0.965 0.995

1.1304

1.2660

1.2710

1.2725

1.2800

1.277 1.2780

1.2790

12.5 327.8

2.359

2.363 2.390

2.506

2.610

2.613

2.615

2.620

2.618 2.619 2.619

0.01280

-

0.01280

0.01510

0.01504

0.01688

0.01764

0.01835

0.01902 0.01965 0.02025

0.953

-

0.960

1.1606

1.2650

1.2710

1.2725

1.2750

1.2765 1.2783 1.2790

13.0 330.8

2.352

-

2.358

2.530

2.609

2.613

2.615

2.616

2.617 2.619 2.619

0.01213

-

0.01213

0.01413

0.01510

0.01595

0.01672

0.01743

0.01809 0.01872 0.01931

0.945

-

0.950

1.0717

1.2680

1.2700

1.2725

1.2750

1.2770 1.2780 1.2795

13.5 333.8

2.344

-

2.349

2.457

2.611

2.613

2.615

2.616

2.618 2.619 2.620

0.01150

-

0.01150

0.01321

0.01421

0.01508

0.01586

0.01657

0.01723 0.01785 0.01844

0.936

-

0.940

0.988

1.1284

1.2690

1.2725

1.2750

1.2775 1.2780 1.2795

14.0 336.6

2.335

-

2.339

2.384

2.504

2.612

2.613

2.616

2.618 2.619 2.620

0.01090

-

0.01090

0.01232

0.01337

0.01426

0.01505

0.01576

0.01642 0.01704 0.01762

0.928

-

0.925

0.935

1.1018

1.2685

1.2720

1.2800

1.2785 1.2795 1.2800

14.5 339.4

2.327

-

2.325

2.335

2.482

2.612

2.614

2.620

2.619 2.620 2.620

0.01034

- -

0.01034

0.01256

0.01348

0.01428

0.01500

0.01566

0.01628

0.1686

0.919

-

-

0.920

1.0736

1.2680

1.2720

1.2750

1.2783 1.2800 1.2810

15.0 342.1

2.319

-

-

2.320

2.459

2.611

2.614

2.616

2.619 2.620 2.621

0.00981

-

-

0.00981

0.01179

0.01274

0.01356

0.01429

0.01495 0.01556 0.01614

0.905

-

-

0.910

1.0321

1.2670

1.2720

1.2750

1.2783 1.2800 1.2815

15.5 344.8

2.306

-

-

2.310

2.423

2.611

2.614

2.616

2.619 2.620 2.621

0.009308

- - -

0.009308 0.01203

0.01287

0.01361

0.01427

0.01489

0.01546

0.891

- - -

0.890

1.1037

1.2720

1.2750

1.2770

1.2820

1.2840

16.0 347.3

2.292

- - -

2.291

2.484

2.614

2.616

2.618

2.621

2.623

0.009308

- - -

0.009308 0.01135

0.01222

0.01297

0.01364

0.01425

0.01483

0.877

- - -

0.890

0.877

1.2730

1.2760

1.2800

1.2830

1.2850

16.5 349.8

2.278

- - -

2.291

2.278

2.615

2.617

2.620

2.622

2.624

0.008371

- - -

0.008371 0.01069

0.01159

0.01235

0.01303

0.01365

0.01423

0.863

- - -

0.870

0.873

1.2730

1.2785

1.2800

1.2850

1.2850

17.0 352.3

2.264

- - -

2.271

2.274

2.615

2.619

2.620

2.624

2.624

0.007926

- - - -

0.007926 0.01099

0.01177

0.01246

0.01308

0.01366

0.850

- - - -

0.850

1.1097

1.2783

1.2820

1.2860

1.2880

17.5 354.6

2.250

- - - -

2.251

2.489

2.619

2.621

2.624

2.626

0.007498

- - - -

0.007498 0.01040

0.01121

0.01191

0.01254

0.01311

0.836

- - - -

0.840

1.0887

1.2800

1.2830

1.2870

1.2880

18.0 357

2.236

- - - -

2.240

2.471

2.620

2.622

2.625

2.626

0.007083

- - - -

0.007083 0.009844 0.01068

0.01139

0.01202

0.01260

0.822

- - - -

0.830

1.0637

1.2800

1.2850

1.2890

1.2880

18.5 359.2

2.221

- - - -

2.230

2.450

2.620

2.624

2.626

2.626

注記  圧力及び温度の中間値は,比例法によって計算する。


46

B 8210

:2009

表 B.1

蒸気データ(続き)

圧力:12.0∼18.5 MPa

温度:430  ℃∼540  ℃

圧力

(MPa a.)

温度

(℃)

430 440

450 460 470

480

490

500

510

520 530 540

0.02296 0.02355 0.02412 0.02467

0.02522

0.02575

0.02627

0.02679

0.02729

0.02779 0.02829 0.02877

1.2790 1.2790 1.2785 1.2783

1.2780

1.2780

1.2770

1.2765

1.2760

1.2750 1.2740 1.2735

12.0

2.619 2.619 2.619 2.619 2.619

2.619

2.618

2.617

2.617

2.616 2.616 2.615

0.02186 0.02243 0.02299 0.02353

0.02406

0.02485

0.02509

0.02559

0.02608

0.02657 0.02705 0.02752

1.2792 1.2790 1.2795 1.2790

1.2783

1.2780

1.2770

1.2770

1.2765

1.2760 1.2750 1.2745

12.5

2.619 2.619 2.620 2.619 2.619

2.619

2.618

2.618

2.617

2.617 2.616 2.616

0.02083 0.02140 0.02194 0.02247

0.02299

0.02350

0.02400

0.02440

0.02496

0.02544 0.02590 0.02636

1.2795 1.2800 1.2795 1.2795

1.2795

1.2780

1.2782

1.2773

1.2770

1.2765 1.2755 1.2750

13.0

2.620 2.620 2.620 2.620 2.620

2.619

2.619

2.619

2.618

2.617 2.617 2.616

0.01989 0.02044 0.02098 0.02150

0.02200

0.02250

0.02298

0.02346

0.02393

0.02439 0.02484 0.02529

1.2795 1.2800 1.2795 1.2800

1.2800

1.2790

1.2783

1.2783

1.2770

1.2766 1.2766 1.2766

13.5

2.620 2.620 2.620 2.620 2.620

2.619

2.619

2.619

2.618

2.618 2.618 2.616

0.01900 0.01955 0.02008 0.02059

0.02108

0.02157

0.02204

0.02251

0.02297

0.02342 0.02386 0.02429

1.2800 1.2810 1.2820 1.2800

1.2800

1.2800

1.2790

1.2745

1.2780

1.2780 1.2766 1.2755

14.0

2.620 2.621 2.621 2.620 2.620

2.620

2.619

2.616

2.619

2.619 2.618 2.617

0.01818 0.01872 0.01924 0.01974

0.02023

0.02070

0.02117

0.02162

0.02207

0.02251 0.02294 0.02337

1.2810 1.2820 1.2820 1.2810

1.2810

1.2800

1.2790

1.2790

1.2785

1.2780 1.2780 1.2770

14.5

2.621 2.621 2.621 2.621 2.621

2.620

2.619

2.619

2.619

2.619 2.619 2.619

0.01741 0.01794 0.01845 0.01895

0.01943

0.01989

0.02035

0.02080

0.02123

0.02166 0.02208 0.02250

1.2820 1.2830 1.2830 1.2820

1.2820

1.2815

1.2800

1.2800

1.2790

1.2783 1.2783 1.2770

15.0

2.621 2.622 2.622 2.621 2.621

2.621

2.620

2.620

2.619

2.619 2.619 2.618

0.01669 0.01721 0.01772 0.01820

0.01868

0.01913

0.01958

0.02002

0.02045

0.02087 0.02128 0.02169

1.2830 1.2850 1.2840 1.2840

1.2830

1.2820

1.2810

1.2805

1.2800

1.2783 1.2783 1.2783

15.5

2.622 2.624 2.623 2.623 2.622

2.621

2.621

2.620

2.620

2.619 2.619 2.619

0.01601 0.01653 0.01703 0.01751

0.01797

0.01842

0.01886

0.01929

0.01971

0.02013 0.02053 0.02093

1.2850 1.2860 1.2860 1.2850

1.2850

1.2820

1.2830

1.2820

1.2800

1.2790 1.2780 1.2790

16.0

2.624 2.624 2.624 2.624 2.624

2.621

2.622

2.621

2.620

2.619 2.619 2.619

0.01537 0.01588 0.01638 0.01685

0.01731

0.01775

0.01819

0.01861

0.01902

0.01943 0.01982 0.02021

1.2860 1.2860 1.2870 1.2860

1.2860

1.2840

1.2840

1.2830

1.2820

1.2820 1.2810 1.2790

16.5

2.624 2.624 2.625 2.624 2.624

2.623

2.623

2.622

2.621

2.621 2.621 2.619

0.01476 0.01527 0.01576 0.01623

0.01668

0.01712

0.01755

0.01797

0.01837

0.01877 0.01916 0.01954

1.2880 1.2870 1.2870 1.2870

1.2870

1.2850

1.2860

1.2850

1.2830

1.2820 1.2820 1.2810

17.0

2.626 2.625 2.625 2.625 2.625

2.624

2.624

2.624

2.622

2.621 2.621 2.621

0.01419 0.01470 0.01518 0.01565

0.01610

0.01653

0.01695

0.01736

0.01776

0.01851 0.01853 0.01891

1.2880 1.2880 1.2890 1.2880

1.2880

1.2870

1.2860

1.2850

1.2860

1.2840 1.2840 1.2810

17.5

2.626 2.626 2.626 2.626 2.626

2.625

2.624

2.624

2.624

2.622 2.622 2.621

0.01365 0.01416 0.01464 0.01510

0.01554

0.01597

0.01638

0.01678

0.01718

0.01756 0.01794 0.01831

1.2890 1.2890 1.2890 1.2890

1.2890

1.2880

1.2870

1.2870

1.2870

1.2850 1.2840 1.2830

18.0

2.626 2.626 2.626 2.626 1.626

1.626

1.625

2.625

2.624

2.624 2.623 2.622

0.01314 0.01364 0.01412 0.01457

0.01501

0.01543

0.01584

0.01624

0.01663

0.01701 0.01738 0.01774

1.2890 1.2890 1.2895 1.2895

1.2895

1.2895

1.2880

1.2870

1.2860

1.2860 1.2860 1.2850

18.5

2.626 2.626 2.627 2.627 2.627

2.627

2.626

2.625

2.624

2.624 2.624 2.624

注記  圧力及び温度の中間値は,比例法によって計算する。


47

B 8210

:2009

表 B.1

蒸気データ(続き) 

圧力:12.0∼18.5 MPa

温度:550  ℃∼600  ℃

圧力

(MPa a.)

温度

(℃)

550

560

570

580

590

600

0.02926

0.02973

0.03021

0.03068

0.03114

0.03160

1.2730

1.2730

1.2720

1.2710

1.2700

1.2685

12.0

2.615

2.615

2.614

2.613

2.613

2.612

0.02799

0.02845

0.02891

0.02936

0.02981

0.03026

1.2730

1.2730

1.2740

1.2720

1.2700

1.2695

12.5

2.615

2.615

2.616

2.614

2.613

2.612

0.02682

0.02727

0.02771

0.02815

0.02859

0.02902

1.2745

1.2735

1.2730

1.2720

1.2710

1.2700

13.0

2.616

2.615

2.615

2.614

2.613

2.613

0.02573

0.02617

0.02660

0.02703

0.02745

0.02787

1.2745

1.2745

1.2800

1.2770

1.2720

1.2700

13.5

2.616

2.616

2.620

2.618

2.614

2.613

0.02472

0.02515

0.02557

0.02598

0.02640

0.02680

1.2750

1.2745

1.2740

1.2760

1.2716

1.2715

14.0

2.616

2.616

2.616

2.617

2.614

2.614

0.02378

0.02420

0.02461

0.02501

0.02541

0.02581

1.2760

1.2750

1.2745

1.2740

1.2725

1.2720

14.5

2.617

2.616

2.616

2.616

2.615

2.614

0.02291

0.02331

0.02371

0.02411

0.02450

0.02488

1.2800

1.2760

1.2750

1.2745

1.2730

1.2700

15.0

2.620

2.617

2.616

2.616

2.615

2.613

0.02209

0.02248

0.02287

0.02326

0.02364

0.02402

1.2770

1.2765

1.2755

1.2750

1.2745

1.2730

15.5

2.618

2.618

2.617

2.616

2.616

2.615

0.02132

0.02171

0.02209

0.02246

0.02284

0.02320

1.2780

1.2780

1.2770

1.2750

1.2750

1.2740

16.0

2.619

2.619

2.618

2.616

2.616

2.616

0.02060

0.02098

0.02135

0.02172

0.02208

0.02244

1.2780

1.2780

1.2770

1.2750

1.2750

1.2740

16.5

2.619

2.619

2.618

2.616

2.616

2.616

0.01992

0.02029

0.02065

0.02101

0.02137

0.02172

1.2790

1.2780

1.2780

1.2770

1.2750

1.2740

17.0

2.619

2.619

2.619

2.618

2.616

2.616

0.01928

0.01964

0.02000

0.02035

0.02070

0.02104

1.2800

1.2800

1.2780

1.2780

1.2760

1.2750

17.5

2.620

2.620

2.619

2.619

2.617

2.616

0.01867

0.01903

0.01938

0.01972

0.02007

0.02040

1.2820

1.2800

1.2790

1.2790

1.2770

1.2760

18.0

2.621

2.620

2.619

2.619

2.618

2.617

0.01810

0.01845

0.01879

0.01913

0.01947

0.01980

1.2820

1.2810

1.2820

1.2800

1.2780

1.2770

18.5

2.621

2.621

2.621

2.620

2.619

2.618

注記  圧力及び温度の中間値は,比例法によって計算する。


48

B 8210

:2009

表 B.1

蒸気データ(続き)

圧力:19.0∼22.0 MPa

温度:飽和温度∼600  ℃

圧力

(MPa a.)

飽和 
温度

(℃)

飽和 
蒸気

温度

(℃)

370 380

390

400

410

420

430

440 450 460

470

0.006677

0.006677

0.009230 0.01016

0.01089

0.01153

0.01211

0.01265

0.01315 0.01362 0.01408

0.01451

0.808

0.820  1.0332

1.2820

1.2870

1.2900

1.2900

1.2900

1.2900 1.2900 1.2900

1.2900

19.0 361.43

2.206

2.219 2.424

2.612

2.625

2.627

2.627

2.627

2.627 2.627 2.627

2.627

0.006278

0.006278

0.008767 0.009663 0.01041

0.01106

0.01164

0.01218

0.01268 0.01315 0.01360

0.01403

0.794

0.800  0.989

1.2840

1.2890

1.2900

1.2940

1.2930

1.2920 1.2920 1.2900

1.2930

19.5 363.59

2.191

2.198 2.385

2.623

2.626

2.627

2.630

2.629

2.629 2.629 2.627

2.629

0.005877

0.005877

0.008246 0.009181 0.009947 0.01061

0.01120

0.01174

0.01224 0.01271 0.01315

0.01358

0.780

0.795  0.9432

1.2880

1.2910

1.2950

1.2950

1.2940

1.2950 1.2960 1.2940

1.2940

20.0 365.70

2.176

2.193 2.342

2.626

2.628

2.631

2.630

2.630

2.631 2.631 2.630

2.630

0.005023

- 0.005023 0.008257 0.009071 0.009758 0.01036

0.01090

0.01141

0.01187

0.01232

0.01274

0.760

-

0.755

1.0265

1.2980

1.2990

1.2990

1.3000

1.3000 1.2990 1.2990

1.2990

21.0 369.78

2.154

-

2.148

2.418

2.633

2.634

2.634

2.634

2.634 2.634 2.634

2.634

0.003728

- 0.003728 0.007377 0.008251 0.008969 0.009588 0.01014

0.01064

0.01111 0.01155

0.01197

0.730

-

0.690

1.0688

1.3010

1.3030

1.3060

1.3040

1.3080 1.3050 1.3020

1.3000

22.0 273.69

2.120

-

2.072

2.455

2.635

2.636

2.639

2.637

2.640 2.638 2.636

2.634

圧力

(MPa a.)

温度

(℃)

480 490

500 510 520

530

540

550

560

570 580 590 600

0.01493 0.01533 0.01573 0.01611

0.01648

0.01685

0.01720

0.01755

0.01790

0.01824 0.01857 0.01890 0.01922

1.2910 1.2890 1.2890 1.2870

1.2870

1.2860

1.2840

1.2830

1.2830

1.2820 1.2810 1.2800 1.2780

19.0

2.628 2.626 1.626 1.627 2.625

2.624

2.623

2.622

2.622

2.621 2.621 2.620 2.619

0.01445 0.01485 0.01524 0.01561

0.01598

0.01634

0.01669

0.01704

0.01738

0.01771 0.01804 0.01836 0.01868

1.2930 1.2900 1.2890 1.2890

1.2880

1.2880

1.2870

1.2850

1.2840

1.2830 1.2840 1.2820 1.2780

19.5

2.629 2.627 2.629 2.626 2.626

2.626

2.625

2.624

2.623

2.622 2.623 2.621 2.619

0.01399 0.01439 0.01477 0.01514

0.01551

0.01586

0.01621

0.01655

0.01688

0.01721 0.01753  0.1785  0.01816

1.2940 1.2910 1.2900 1.2900

1.2880

1.2880

1.2880

1.2860

1.2850

1.2850 1.2840 1.2830 1.2800

20.0

2.630 2.628 2.627 2.627 2.626

1.626

1.626

2.624

2.624

2.624 2.623 2.622 2.620

0.01314 0.01353 0.01391 0.01427

0.01463

0.01497

0.01531

0.01564

0.01596

0.01628 0.01659 0.01690 0.01720

1.2980 1.2950 1.2950 1.2930

1.2900

1.2900

1.2900

1.2890

1.2830

1.2870 1.2860 1.2850 1.2840

21.0

2.626 2.631 2.634 2.629 2.627

2.627

2.627

2.626

2.622

2.625 2.624 2.624 2.623

0.01237 0.01275 0.01312 0.01348

0.01382

0.01416

0.01449

0.01481

0.01512

0.01543 0.01574 0.01603 0.01633

1.3000 1.2990 1.2980 1.2960

1.2950

1.2920

1.2910

1.2900

1.2880

1.2880 1.2880 1.2870 1.2850

22.0

2.634 2.634 2.632 2.631 2.631

2.629

2.628

2.627

2.626

2.626 2.626 2.625 2.624

注記  圧力及び温度の中間値は,比例法によって計算する。


49

B 8210

:2009

表 B.2

等エントロピ指数による係数(C

k C k C k C k C k C k C k C k C k C 

0.40 1.647

0.60 1.957 0.80 2.198

1.00 2.401

1.20 2.560

1.40 2.703

1.60 2.829

1.80 2.940

2.00 3.039

0.41 1.665

0.61 1.971 0.81 2.209

1.01 2.404

1.21 2.568

1.41 2.710

1.61 2.843

1.81 2.945

2.01 3.044

0.42 1.682

0.62 1.984 0.82 2.219

1.02 2.412

1.22 2.570

1.42 2.717

1.62 2.840

1.82 2.950

2.02 3.049

0.43 1.700

0.63 1.997 0.83 2.230

1.03 2.421

1.23 2.583

1.43 2.723

1.63 2.846

1.83 2.955

2.03 3.053

0.44 1.717

0.64 2.010 0.84 2.240

1.04 2.430

1.24 2.591

1.44 2.730

1.64 2.852

1.84 2.960

2.04 3.058

0.45 1.733

0.65 2.023 0.85 2.251

1.05 2.439

1.25 2.598

1.45 2.736

1.65 2.858

1.85 2.965

2.05 3.063

0.46 1.750

0.66 2.035 0.86 2.261

1.06 2.447

1.26 2.605

1.46 2.743

1.66 2.863

1.86 2.971

2.06 3.067

0.47 1.766

0.67 2.048 0.87 2.271

1.07 2.456

1.27 2.613

1.47 2.749

1.67 2.869

1.87 2.976

2.07 3.072

0.48 1.782

0.68 2.060 0.88 2.281

1.08 2.464

1.28 2.620

1.48 2.755

1.68 2.874

1.88 2.981

2.08 3.076

0.49 1.798

0.69 2.072 0.89 2.291

1.09 2.472

1.29 2.627

1.49 2.762

1.69 2.880

1.89 2.986

2.09 3.081

0.50 1.813

0.70 2.084 0.90 2.301

1.10 2.481

1.30 2.634

1.50 2.768

1.70 2.886

1.90 2.991

2.10 3.085

0.51 1.829

0.71 2.096 0.91 2.311

1.11 2.489

1.31 2.641

1.51 2.774

1.71 2.891

1.91 2.996

2.11 3.090

0.52 1.844

0.72 2.108 0.92 2.320

1.12 2.497

1.32 2.649

1.52 2.780

1.72 2.897

1.92 3.001

2.12 3.094

0.53 1.858

0.73 2.120 0.93 2.330

1.13 2.505

1.33 2.656

1.53 2.786

1.73 2.902

1.93 3.006

2.13 3.099

0.54 1.873

0.74 2.131 0.94 2.339

1.14 2.513

1.34 2.663

1.54 2.793

1.74 2.908

1.94 3.010

2.14 3.103

0.55 1.888

0.75 2.143 0.95 2.349

1.15 2.521

1.35 2.669

1.55 2.799

1.75 2.913

1.95 3.015

2.15 3.107

0.56 1.902

0.76 2.154 0.96 2.358

1.16 2.529

1.36 2.676

1.56 2.805

1.76 2.918

1.96 3.020

2.16 3.112

0.57 1.916

0.77 2.165 0.97 2.367

1.17 2.537

1.37 2.683

1.57 2.811 1.77 2.924

1.97 3.025

2.17 3.116

0.58 1.930

0.78 2.170 0.98 2.376

1.18 2.545

1.38 2.690

1.58 2.817

1.78 2.929

1.98 3.030

2.18 3.121

0.59 1.944

0.79 2.187 0.99 2.386

1.19 2.553

1.39 2.697

1.59 2.823

1.79 2.934

1.99 3.034

2.19 3.125

 2.20

3.129

49

B 8210


20
09


50

B 8210

:2009

表 B.3

亜臨界流れに対する理論流量補正係数  (K

b

)

k> 0.4 0.5 0.6 0.7 0.8 0.9 1.001

1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 1.9 2.0 2.1 2.2

k

p

b

/p

o

p

b

/p

o

0.45

- - - - - - - - - - - - - - - -

1.000

0.999

0.999

0.45

0.50

- - - - - - - - - - - -

1.000

0.999

0.998

0.996

0.994

0.992

0.989

0.50

0.55

- - - - - - - - -

1.000

0.999

0.997

0.994

0.991

0.987

0.983

0.979

0.975

0.971

0.55

0.60

- - - - - -

1.000

0.999

0.997

0.993

0.989

0.983

0.978

0.972

0.967

0.961

0.955

0.950

0.945

0.60

0.65

- - - -

0.999

0.999

0.995

0.989

0.982

0.974

0.967

0.959

0.951

0.944

0.936

0.929

0.922

0.915

0.909

0.65

0.70

-

-

0.999 0.999 0.993

0.985

0.975

0.964

0.953

0.943

0.932 0.922

0.913

0.903

0.895

0.886

0.879

0.871

0.864

0.70

0.75

-

1.000

0.995 0.983 0.968

0.953

0.938

0.923

0.909

0.896

0.884 0.872

0.861

0.851

0.841

0.832

0.824

0.815

0.808

0.75

0.80  0.999

0.985

0.965 0.942 0.921

0.900

0.881

0.864

0.847

0.833

0.819 0.806

0.794

0.783

0.773

0.764

0.755

0.747

0.739

0.80

0.82  0.992

0.970

0.944 0.918 0.894

0.672

0.852

0.833

0.817

0.801

0.787 0.774

0.763

0.752

0.741

0.732

0.723

0.715

0.707

0.82

0.84  0.979

0.948

0.917 0.888 0.862

0.839

0.818

0.799

0.782

0.766

0.752 0.739

0.727

0.716

0.706

0.697

0.688

0.680

0.672

0.84

0.86  0.957

0.919

0.884 0.852 0.825

0.800

0.779

0.759

0.742

0.727

0.712 0.700

0.688

0.677

0.677

0.658

0.649

0.641

0.634

0.86

0.88  0.924

0.881

0.842 0.809 0.780

0.755

0.733

0.714

0.697

0.682

0.668 0.655

0.644

0.633

0.624

0.615

0.606

0.599

0.592

0.88

0.90  0.880

0.831

0.791 0.757 0.728

0.703

0.681

0.662

0.645

0.631

0.617 0.605

0.594

0.584

0.575

0.566

0.558

0.551

0.544

0.90

0.92  0.820

0.769

0.727 0.693 0.664

0.640

0.619

0.601

0.585

0.571

0.559 0.547

0.537

0.527

0.519

0.511

0.504

0.497

0.490

0.92

0.94  0.739

0.687

0.647 0.614 0.587

0.565

0.545

0.528

0.514

0.501

0.489 0.479

0.470

0.461

0.453

0.446

0.440

0.434

0.428

0.94

0.96  0.628

0.579

0.542 0.513 0.489

0.469

0.452

0.438

0.425

0.414

0.404 0.395

0.387

0.380

0.373

0.367

0.362

0.357

0.352

0.96

0.98  0.462

0.422

0.393 0.371 0.353

0.337

0.325

0.314

0.305

0.296

0.289 0.282

0.277

0.271

0.266

0.262

0.258

0.254

0.251

0.98

1.00  0.000

0.000

0.000 0.000 0.000

0.000

0.000

0.000

0.000

0.000

0.000 0.000

0.000

0.000

0.000

0.000

0.000

0.000

0.000

1.00

50

B 8210


20
09


51

B 8210

:2009

表 B.4

ガスの性質

ガス名称

化学式

分子量 M(kg/kmol) 1.013 bar a,15  ℃における

等エントロピ指数 k

臨界圧力 p

c

(bar a.)

臨界温度 T

c

(K)

臨界圧力比

アセチレン

C

2

H

2

26.02 1.26 62.82

309.15

0.553

空気

28.96 1.40 37.69

132.45

0.528

アンモニア NH

3

 17.03

1.31

112.98

405.55

0.544

アルゴン

A

(又は Ar)

39.91 1.66 48.64

151.15

0.488

ノルマルブタン

C

4

H

10

58.08 1.11 36.48

426.15

0.583

二酸化炭素 CO

2

44.00 1.30 73.97

304.25

0.546

一酸化炭素 CO

28.00 1.40 35.46

134.15

0.528

塩素 Cl

2

 70.91

1.35

77.11

417.15

0.537

クロルフルオルメタン(R22) CHClF

2

86.47 1.18 49.14

370.15

0.568

エタン

C

2

H

6

30.05 1.22 49.45

305.25

0.561

エチレン

C

2

H

4

28.03 1.25 51.57

282.85

0.555

水素

H

2

2.015 1.41 12.97

33.25

0.527

塩化水素  HCl

36.46 1.41 82.68

324.55

0.527

硫化水素

H

2

S

34.08 1.32 90.08

373.55

0.542

イソブタン CH(CH

3

)

3

58.08 1.11 37.49

407.15

0.583

メタン CH

4

16.03 1.31 46.41

190.65

0.544

塩化メチル CH

3

Cl

50.48 1.28 66.47

416.25

0.549

窒素

N

2

28.02 1.40 33.94

126.05

0.528

亜酸化窒素

N

2

O

44.02 1.30 72.65

309.65

0.546

酸素

O

2

32.00 1.40 50.36

154.35

0.528

プロパン

C

3

H

8

44.06 1.13 43.57

368.75

0.579

プロピレン

C

3

H

6

42.05 1.15 46.60

365.45

0.574

二酸化硫黄 SO

2

64.07 1.29 78.73

430.35

0.548

51

B 8210


20
09


52

B 8210

:2009

注記  Z:圧縮係数,P

r

:対臨界圧力比

図 B.1

圧縮係数(Z

52

B 8210


20
09


53

B 8210

:2009

注記  K

v

:粘度補正係数,R

e

:レイノルズ数

図 B.2

粘度補正係数(K

v

53

B 8210


20
09


54

B 8210

:2009

附属書 C 
(参考)

安全弁のサイズの決め方

序文 

この附属書は,

附属書 A

に基づいて吹出し係数が決定された安全弁の各種流体に対する公称吹出し量の

算定方法及びサイズの決め方の例を示すものであって,規定の一部ではない。

C.1 

記号及び単位 

記号及び単位は,

A.1

及び次による。

A:  吹出し面積

(mm

2

K

v

:  粘度補正係数

p

c

:  臨界圧力

(MPa abs 又は bar abs)

Q

m

:  公称吹出し量

(kg/h)

T

c

:  臨界温度

(K)

μ:  粘度

(Pa・s)

χ:  弁入口の実際吹出し量決定圧力及び温度における湿り蒸気の乾き度

1)

1)

  χ

は,0.xx とする。

C.2 

一般 

流量特性試験を実施したときの超過圧力より高い超過圧力における吹出し量計算は認められるが,低い

超過圧力の場合は認められない。

流量測定試験時において,試験背圧時にあって臨界流れ状態で公称吹出し係数を確立した安全弁は,高

背圧条件下では,同じ吹出し係数を使用できない場合がある。

C.3 

ガス又はベーパ逃し用安全弁 

一般にベーパ(vapor)といわれる物質の間に相違を設けない。用語の“ガス”は,ガスとベーパ(vapor)

の双方を指すものとして用いる。

あらゆるガスに対する吹出し量を計算するために,面積と吹出し係数は一定であると仮定して,

A.3

計算式を使用しなければならない。

C.4 

吹出し量の計算 

吹出し量の計算に使用する計算式は,吹き出す流体の種類によって次に示すように使い分ける。

注記

容量計算例については,

C.5

を参照。

a)

臨界流れにおける(飽和又は過熱)蒸気の容量計算

  臨界流れにおける(飽和又は過熱)蒸気の容量

計算は,次の式によって算出する。

圧力単位が MPa の場合は,

ν

o

dr

m

8

911

.

0

p

CAK

Q

=


55

B 8210

:2009

圧力単位が bar の場合は,

ν

o

dr

m

3

288

.

0

p

CAK

Q

=

b)

湿り蒸気の容量計算

  湿り蒸気(乾き度 90  %以上の均質な湿り蒸気)の容量計算は,次の式によっ

て算出する。

圧力単位が MPa の場合は,

χ

ν

o

dr

m

8

911

.

0

p

CAK

Q

=

圧力単位が

bar

の場合は,

χ

ν

o

dr

m

3

288

.

0

p

CAK

Q

=

c)

ガス体の容量計算

  ガス体の容量計算は,次の式によって算出する。

1)

臨界流れにおけるガス体の容量計算

圧力単位が

MPa

の場合は,

ν

o

dr

o

dr

o

m

8

911

.

0

10

p

CAK

ZT

M

CAK

p

Q

=

=

ν

o

dr

m

o

dr

o

m

8

911

.

0

10

p

CK

Q

ZT

M

CK

p

Q

A

=

=

圧力単位が

bar

の場合は,

ν

o

dr

o

dr

o

m

3

288

.

0

p

CAK

ZT

M

CAK

p

Q

=

=

ν

o

dr

m

o

dr

o

m

3

288

.

0

p

CK

Q

ZT

M

CK

p

Q

A

=

=

2)

亜臨界流れにおけるガス体の容量計算

圧力単位が MPa の場合は,

ν

o

b

dr

o

b

dr

o

m

8

911

.

0

10

p

K

CAK

ZT

M

K

CAK

p

Q

=

=

圧力単位が bar の場合は,

ν

o

b

dr

o

b

dr

o

m

3

288

.

0

p

K

CAK

ZT

M

K

CAK

p

Q

=

=

A.3.4

の式及び

表 B.3

参照。

d)

液体の容量計算

  液体の容量計算は,次の式によって算出する。

圧力単位が MPa の場合は,

ν

b

o

v

dr

m

2

091

.

5

p

p

A

K

K

Q

=

圧力単位が bar の場合は,


56

B 8210

:2009

ν

b

o

v

dr

m

61

.

1

p

p

A

K

K

Q

=

e)

非フラッシング液(レイノルズ数≧80 000 の乱流域における)の吹出し量

  非フラッシング液(レイ

ノルズ数≧80 000 の乱流域における)の吹出し量は,次の式によって算出する。

圧力単位が MPa の場合は,

=

ν

b

o

m

2

091

.

5

p

p

q

ここに,

10

10

10

2

600

3

2

091

.

5

5

×

=

圧力単位が bar の場合は,

=

ν

b

o

m

61

.

1

p

p

q

ここに,

5

10

10

2

600

3

61

.

1

=

C.5 

各種流体に対するサイズの決め方の例 

C.5.1 

臨界流れにおけるガス体の容量計算 

K

dr

が 5  %超過圧力で定められている弁で,吹出し圧力の超過が 10  %又はそれ以上のときの例

最高許容圧力 PS が 5.5 MPa(55 bar)ゲージ圧の窒素ガスを保有する容器に用いられる安全弁の流路面

積の計算

  安全弁の 5  %超過圧力時の公称降格吹出し係数(K

dr

)=0.87

  ガスの分子量(M)=28.02

  ガスの等エントロピ指数(k)=1.40

  ガスの吹出し温度  =20  ℃

  要求されるガスの流量(Q

m

)=18 000 kg/h

  安全弁の設定圧力  =5.5 MPa(55 bar)

  安全弁の背圧  大気圧

  T

o

=20+273=293 K

  p

o

=[5.5×1.10]+0.101=6.151 MPa(61.51 bar)abs

  よって,

)

1

/(

o

b

1

2

+

k

k

k

p

p

のゆえに流れは臨界

  必要面積

  圧力の単位が MPa の場合は,

o

dr

o

m

10

ZT

M

CK

p

Q

A

=

  圧力の単位が bar の場合は,

o

dr

o

m

ZT

M

CK

p

Q

A

=


57

B 8210

:2009

7

.

2

1

4

.

1

2

4

.

1

948

.

3

)

1

4

.

1

/(

)

1

4

.

1

(

=

+

×

=

+

C

圧縮係数は,公表されたデータによる。

次に,関係する計算を示す。

  対臨界圧力比

c

o

r

p

p

p

=

  ここに,p

c

は臨界圧力=3.394 MPa(33.94 bar)abs(熱力学ハンドブックから)

  対臨界温度比

c

o

r

T

T

T

=

ここに,T

c

は臨界温度=126.05 K(熱力学ハンドブックから)

  p

r

=6.151/3.394=1.81

  T

r

=293/126.05=2.32

  Z=0.975(

図 B.1

圧力単位が MPa の場合は,

78

.

397

293

975

.

0

02

.

28

87

.

0

7

.

2

151

.

6

10

000

18

=

×

×

×

×

×

=

A

 mm

2

圧力単位が bar の場合は,

78

.

397

293

975

.

0

02

.

28

87

.

0

7

.

2

51

.

61

000

18

=

×

×

×

×

=

A

 mm

2

C.5.2 

亜臨界流れにおけるガス体の容量計算 

背圧が大気圧から 3.6 MPa(36 bar)ゲージ圧に増加する場合で,前述の計算例(すなわち臨界流れ)の

条件を使用して,公称降格吹出し係数を 0.8 とした場合の必要流路面積の計算

( )

1

o

b

1

2

⎥⎦

⎢⎣

+

>

k

k

k

p

p

のゆえに流れは亜臨界

  ここに,

(

)

602

.

0

101

.

0

1

.

1

5

.

5

101

.

0

6

.

3

o

b

=

+

×

+

=

p

p

圧力単位が

MPa

の場合は,

o

b

dr

o

m

10

ZT

M

K

CK

p

Q

A

=

圧力単位が

bar

の場合は,

o

b

dr

o

m

ZT

M

K

CK

p

Q

A

=


58

B 8210

:2009

  ここに,

( )

( )

( ) ( )

988

.

0

1

2

1

2

1

1

1

o

b

2

o

b

b

=

⎥⎦

⎢⎣

+



=

+

+

k

k

k

k

k

k

k

p

p

p

p

k

k

K

圧力単位が

MPa

の場合は,

(

)

84

.

437

293

975

.

0

02

.

28

988

.

0

8

.

0

7

.

2

151

.

6

10

000

18

=

×

×

×

×

×

×

=

A

mm

2

圧力単位が

bar

の場合は,

(

)

84

.

437

293

975

.

0

02

.

28

988

.

0

8

.

0

7

.

2

51

.

61

000

18

=

×

×

×

×

×

=

A

mm

2

C.5.3 

液体の容量計算 

例題

次に示す条件で油の吹出しに必要な安全弁の流路面積の計算

  安全弁の

10

%超過圧力時の公称降格吹出し係数(K

dr

)=

0.65

10

%超過圧力時で要求される油の流量(Q

m

)=

45 000 kg/h

  比容積(v)=

0.001 075 27 m

3

/kg

1/

比重

  粘度(μ)=

0.5 Pas

  安全弁の設定圧力  =

3.0 MPa

30 bar

)ゲージ圧

  背圧  =

0.3 MPa

3 bar

)ゲージ圧

適用する式

圧力単位が

MPa

の場合は,

v

p

p

A

K

K

Q

b

o

v

dr

m

2

091

.

5

=

圧力単位が

bar

の場合は,

v

p

p

A

K

K

Q

b

o

v

dr

m

61

.

1

=

粘性がないと仮定した(すなわち粘性を無視する)流体の流路面積の計算  K

v

1

圧力単位が

MPa

の場合は,

b

o

dr

m

2

091

.

5

p

p

v

K

Q

A

⎟⎟

⎜⎜

=

(

)

[

]

(

)

0

.

3

101

.

0

3

.

0

101

.

0

100

/

10

1

0

.

3

b

o

=

+

+

+

×

=

− p

p

MPa

44

.

257

0

.

3

27

075

001

.

0

65

.

0

2

091

.

5

000

45

=

⎟⎟

⎜⎜

×

=

A

mm

2

圧力単位が

bar

の場合は,

b

o

dr

m

61

.

1

p

p

v

K

Q

A

⎟⎟

⎜⎜

=


59

B 8210

:2009

(

)

[

]

(

)

30

01

.

1

0

.

3

01

.

1

100

/

10

1

30

b

o

=

+

+

+

×

=

− p

p

bar

44

.

257

30

27

075

001

.

0

65

.

0

61

.

1

000

45

=

×

=

A

mm

2

a)

次の大きなオリフィス A'を選択したとき,この場合:A'

380 mm

2

として粘性補正係数の最小値を得

ることができる。

68

.

0

380

43

.

257

vm

=

=

K

b)

与えられた流量及び選択したオリフィスからレイノルズ数(

R

e

)を計算する。

A

Q

R

⎟⎟

⎜⎜

=

π

μ

4

6

.

3

m

e

447

1

380

4

5

.

0

6

.

3

000

45

=

×

×

×

=

π

図 B.2 のグラフから

K

v

0.92

0.68

c)

もし,上記の計算例で

K

vm

K

v

であれば,選択した面積は与えられた流量を十分吹き出すことができ

る。満足しない場合は,上記 a)

及び b)

を繰り返す。


60

B 8210

:2009

附属書 JA

(規定)

安全弁の公称吹出し量の算定方法

JA.1 

蒸気に対する公称吹出し量 

蒸気に対する公称吹出し量は,次による。

a)

JIS B 8225

又はこれと同等と認められる方法によって定められた吹出し係数に基づいて計算する場合

は,次の式

(JA.1)

によって求める。

Q

m

=5.25 C'K

dr

AP  (JA.1)

ここに,

Q

m

公称吹出し量(

kg/h

A

吹出し面積(

mm

2

図 JA.1 参照)

P

公称吹出し量決定圧力の絶対圧力(

MPa

ボイラ用の場合,

(設定圧力×

1.03

0.101

,又は(設定圧力

0.015

0.101

)のいずれか大きい方。圧力容器用の場合,

(設

定圧力×

1.1

0.101

,又は(設定圧力+

0.020

0.101

)のいず

れか大きい方。ただし,許容超過圧力に指定のある場合は,
その値による。

K

dr

公称降格吹出し係数(=測定値×

0.9

C'

蒸気の性質による係数で

表 JA.1 による。

b)

吹出し係数の測定をしない場合には,式

(JA.1)

中の

K

dr

の代わりに

図 JA.2 から求められる

K

dr

'

の値を用

いて,公称吹出し量を計算する。この場合,全量式安全弁は,次の条件にあてはまるものとし,

K

dr

'

0.777

とする。

D

s

1.15

×

d

t

πD

s

L

1.05

×

A

弁の入口及び管台の通路の面積≧

1.7

×

A

ここに,

D

s

弁座口の径(

mm

d

t

のど部の径(

mm

A

吹出し面積(

mm

2

L

弁のリフト(

mm

(全量式)

(円すい座)

(平面座)

2

t

4

sin

d

A

DL

A

DL

A

π

θ

π

π

=

=

=

ここに,

A

吹出し面積(

mm

2

D

弁座口の径(

mm

L

リフト(

mm

θ

吹出し部の弁軸に対する角度

sin 45

°=

0.707


61

B 8210

:2009

平面座で d

s

d

t

の場合

D

d

s

平面座で d

s

の場合

D

d

円すい座で d

s

の場合

D

d

平面座で d

s

の場合

D

d

s

円すい座で d

s

の場合

D

d

s

d

d

t

d

s

d

i

弁体側弁座面の内径(mm) 
のど部の径(mm)

弁座面の内径(mm) 
流体取入口の径

図 JA.1−吹出し面積及び弁座口の径


62

B 8210

:2009

L:リフト(mm) 
D:弁座口の径(mm)

図 JA.2−降格吹出し係数 K

dr

'

62

B 8210


20
09


63

B 8210

:2009

表 JA.1−蒸気の性質による係数(C'

0.5

1.004 0.994 0.971 0.950 0.931 0.912 0.895 0.879 0.863 0.848 0.834 0.821 0.808 0.796 0.784 0.773 0.763 0.752 0.742 0.733 0.724 0.715 0.706 0.698 0.690 0.682 0.675

1

0.986 0.980 0.982 0.960 0.938 0.919 0.900 0.883 0.867 0.852 0.837 0.824 0.810 0.798 0.786 0.775 0.764 0.753 0.743 0.734 0.725 0.716 0.707 0.699 0.691 0.683 0.675

1.5

0.976 0.975 0.969 0.969 0.946 0.825 0.906 0.888 0.871 0.855 0.843 0.826 0.813 0.800 0.788 0.777 0.765 0.755 0.745 0.735 0.726 0.717 0.708 0.699 0.691 0.684 0.676

2

0.971

0.966 0.963 0.955 0.932 0.912 0.893 0.875 0.859 0.844 0.829 0.815 0.802 0.790 0.778 0.767 0.756 0.746 0.736 0.727 0.717 0.709 0.700 0.692 0.684 0.676

2.5

0.968

0.960 0.965 0.940 0.918 0.898 0.880 0.863 0.847 0.832 0.818 0.805 0.792 0.780 0.769 0.758 0.747 0.737 0.728 0.718 0.709 0.701 0.693 0.685 0.677

3

0.966

0.961 0.956 0.948 0.925 0.904 0.884 0.867 0.850 0.835 0.821 0.807 0.794 0.782 0.770 0.759 0.748 0.738 0.729 0.719 0.710 0.702 0.693 0.685 0.678

4

0.964

0.957 0.953 0.939 0.915 0.895 0.875 0.857 0.841 0.826 0.811 0.798 0.785 0.773 0.762 0.751 0.741 0.731 0.721 0.712 0.703 0.695 0.687 0.679

5

0.965

0.955 0.952 0.929 0.905 0.884 0.865 0.847 0.831 0.816 0.802 0.789 0.776 0.765 0.753 0.743 0.733 0.723 0.714 0.705 0.696 0.688 0.680

6

0.968

0.962 0.953 0.943 0.917 0.893 0.873 0.854 0.837 0.821 0.807 0.793 0.780 0.768 0.756 0.745 0.735 0.725 0.715 0.706 0.698 0.689 0.681

7

0.971

0.959 0.954 0.930 0.904 0.881 0.861 0.843 0.826 0.811 0.797 0.783 0.771 0.759 0.748 0.737 0.727 0.717 0.708 0.699 0.690 0.682

8

0.975

0.968 0.956 0.944 0.915 0.890 0.869 0.849 0.832 0.816 0.801 0.787 0.774 0.762 0.750 0.739 0.729 0.719 0.709 0.701 0.691 0.683

9

0.980

0.963 0.960 0.927 0.900 0.877 0.856 0.837 0.820 0.805 0.791 0.777 0.765 0.753 0.741 0.731 0.721 0.711 0.702 0.693 0.685

10

0.987

0.972 0.962 0.941 0.911 0.885 0.863 0.843 0.825 0.809 0.794 0.780 0.767 0.755 0.744 0.733 0.723 0.713 0.703 0.695 0.686

12

1.000

0.977 0.973 0.935 0.904 0.878 0.856 0.836 0.818 0.802 0.787 0.773 0.761 0.748 0.737 0.726 0.716 0.707 0.697 0.688

14

1.019

1.005 0.982 0.964 0.926 0.896 0.870 0.848 0.828 0.811 0.795 0.780 0.766 0.753 0.741 0.730 0.720 0.710 0.700 0.691

16

1.039

1.005 1.001 0.952 0.916 0.886 0.861 0.839 0.820 0.802 0.786 0.772 0.758 0.746 0.734 0.723 0.713 0.703 0.694

18

1.068

1.044 1.007 0.977 0.933 0.903 0.875 0.851 0.829 0.811 0.793 0.778 0.764 0.751 0.738 0.727 0.716 0.706 0.696

20

1.100

1.036 1.011 0.958 0.917 0.890 0.863 0.840 0.819 0.801 0.785 0.769 0.756 0.743 0.731 0.720 0.709 0.699

22

1.136

1.081 1.038 0.989 0.937 0.903 0.877 0.851 0.828 0.809 0.791 0.775 0.761 0.747 0.735 0.723 0.712 0.702

24

1.068 1.024 0.963 0.919 0.888 0.863 0.839 0.817 0.798 0.783 0.767 0.752 0.740 0.727 0.716 0.705

26

1.116 1.065 0.989 0.940 0.902 0.873 0.849 0.827 0.805 0.787 0.772 0.757 0.742 0.731 0.719 0.708

28

1.185 1.105 1.022 0.962 0.917 0.886 0.856 0.834 0.813 0.794 0.777 0.762 0.748 0.734 0.721 0.711

30

1.142 1.059 0.986 0.936 0.898 0.869 0.841 0.821 0.800 0.782 0.764 0.752 0.737 0.725 0.714

32

1.180 1.103 1.015 0.956 0.912 0.880 0.852 0.827 0.807 0.788 0.771 0.754 0.743 0.728 0.715

34

1.154 1.042 0.974 0.928 0.891 0.862 0.837 0.813 0.793 0.776 0.758 0.747 0.730 0.719

36

1.210 1.075 0.998 0.946 0.903 0.872 0.844 0.819 0.800 0.781 0.762 0.749 0.735 0.724

38

1.112 1.023 0.961 0.918 0.881 0.852 0.826 0.805 0.786 0.766 0.751 0.740 0.725

40

1.152 1.047 0.980 0.933 0.892 0.861 0.834 0.810 0.790 0.770 0.755 0.743 0.726

42

1.075 1.001 0.947 0.906 0.871 0.841 0.817 0.795 0.775 0.759 0.746 0.729

44

1.104 1.021 0.961 0.918 0.881 0.849 0.823 0.802 0.781 0.763 0.750 0.733

46

1.135 1.045 0.978 0.928 0.893 0.857 0.831 0.807 0.787 0.767 0.755 0.741

660

680

700

飽和
温度

580

600

620

640

500

520

560

420

440

460

480

360

380

400

540

絶対
圧力

MPa

温度  ℃

200

220

240

260

280

300

320

340

注記 1  この表の圧力・温度の中間値は,比例法によって計算する。 
注記 2  絶対圧力は,吹出し量決定圧力の絶対値とする。

63

B 8210


20
09


64

B 8210

:2009

JA.2 

ガス用に対する公称吹出し量 

ガス用に対する公称吹出し量は,次による。

a)

JIS B 8225

又はこれと同等と認められる方法によって定められた吹出し係数に基づいて計算する場合

は,次の式

(JA.2)

によって求める。

ZT

M

AK

P

C''K

Q

b

1

dr

m

=

 (JA.2)

ここに,

Q

m

公称吹出し量(

kg/h

C''

断熱指数(

k

)による係数で,次の式によって求める。

1

1

1

2

48

.

39

+

+

=

k

k

k

k

C''

断熱指数(

k

)が不明の場合は

k

1.001

として,

C''

23.96

なる。

K

b

背圧補正係数

1

1

2

1

2

+

>

k

k

k

P

P

の場合

⎟⎟

⎜⎜

⎟⎟

⎜⎜

=

+

k

k

k

P

P

P

P

k

k

C''

K

1

1

2

2

1

2

b

)

1

(

83

.

55

1

1

2

1

2

+

k

k

k

P

P

の場合

K

b

1.0

とする。

P

2

背圧の絶対圧力(

MPa

P

1

公称吹出し量決定圧力の絶対圧力(

MPa

P

1

=(設定圧力×

1.1

0.101

,又は(設定圧力+

0.020

0.101

のいずれか大きい方。ただし,許容超過圧力に指定がある場
合は,その値による。

A

吹出し面積(

mm

2

図 JA.1 参照)

M

ガスの分子量(

kg/kmol

Z

図 JA.3 による圧縮係数,不明の場合は

Z

1.0

とする。

T

公称吹出し量決定圧力におけるガスの絶対温度(

K

K

dr

公称降格吹出し係数(=測定値×

0.9

b)

公称吹出し係数を測定しない場合には,式

(JA.2)

K

dr

の代わりに

図 JA.2 から求められる

K

dr

'

の値を用

いて公称吹出し量を計算する。この場合,全量式安全弁の条件は,JA.1 b)によるものとし,

K

dr

'

0.777

とする。


65

B 8210

:2009

図 JA.3−圧縮係数


66

B 8210

:2009

附属書 JB

(規定)

マレアブル鉄鋳造品

序文 

この附属書は,マレアブル鉄鋳造品(以下,鋳造品という。

)について規定する。

JB.1 

製造 

鋳造品は,白銑鋳物として鋳造後,主として黒鉛化を目的とした熱処理を行って製造する。鋳造品は,

溶接,ろう付けなどによる補修を行ってはならない。

JB.2 

品質 

鋳造品は,JIS G 5705 の 7.(機械的性質)の

表 に規定する

FCMB34-10

又は

FCMB35-10S

を,また,

外観は JIS G 5705 の 5.(外観)を満足するとともに,JB.3 に規定する衝撃値を満足しなければならない。

なお,衝撃試験片は,試験片に加工できる供試材から採取することができる。

JB.3 

衝撃試験 

衝撃試験片は,JIS Z 2242 

V

ノッチ試験片とする。

試験方法は,JIS Z 2242 による。

試験温度は,

23

℃±

5

℃とする。ただし,−

10

℃を超える低温で使用する場合は,その最低使用温度

以下とし,その試験温度を製品に刻印する。

シャルピー吸収エネルギーは,

3

個の平均値

15 J

以上,最低値

13 J

以上でなければならない。


67

B 8210

:2009

附属書 JC

(規定)

ダクタイル鉄鋳造品

序文 

この附属書は,ダクタイル鉄鋳造品(以下,鋳造品という。

)について規定する。

JC.1 

製造 

溶解及び黒鉛の球状化は,製品品質に悪影響を与えない方法で,鋳造は鋳造品の各部に均一な機械的性

質を与えるように,また,熱処理は,鋳造品が均一なフェライト相になるように行う。

JC.2 

製品 

鋳造品は,鋳巣,き裂,鋳砂の焼付き,及びその他の有害な欠陥がなく,その表面は滑らかであり,か

つ,その品質は,JC.3 の規定を満足しなければならない。

鋳造品は,溶接,ろう付けなどによる補修を行ってはならない。

JC.3 

品質 

JC.3.1 

化学成分 

鋳造品の化学成分は,JC.6.1 によって試験を行い,

表 JC.1 の規定に合格しなければならない。

表 JC.1−鋳造品の化学成分

成分

規格値

注記

試験方法

合計炭素 3.00

%以上

試料は,ドリルの切粉からは採用しない。

けい素 2.50

%以下

りん 0.08

%以下

ただし,りんを 0.01  %低くするごとに,けい素を 0.08  %ずつ増す
ことができるが,この場合,けい素は 2.75  %を超えてはならない。

JC.6.1

の分析

試験による。

JC.3.2 

機械的性質 

鋳造品の機械的性質は,JC.6.2JC.6.3 及び JC.6.4 によって試験を行い,

表 JC.2 の規定に合格しなけれ

ばならない。

表 JC.2−鋳造品の機械的性質

項目

規格値

供試材

試験片及び試験方法

引張強さ 412

N/mm

2

以上

0.2

%耐力 275

N/mm

2

以上

伸び率 18

%以上

JC.4

による。

JC.6.2

の引張試験による。

ブリネル硬さ 143 以上 187 以下

a)

JC.4

による。

JC.6.3

の硬さ試験による。

シャルピー吸収エネルギー値

3

個の平均値 15 J 以上

最低値      13 J 以上

JC.4

による。

JC.6.4

の衝撃試験による。

a)

硬さ試験の結果が許容範囲を外れた場合は,JC.3.3 及び

表 JC.2 の引張強さを満足していれば,

特別採用とすることができる。


68

B 8210

:2009

JC.3.3 

顕微鏡組織 

鋳造品の顕微鏡組織における黒鉛の形状は,

図 JC.1 に示す

A

形及び

B

形とする。また,黒鉛の球状化

率は,

90

%以上でなければならない。

なお,試験の方法は,JC.6.5 による。

A

 

B

 

図 JC.1−鋳造品の顕微鏡組織

JC.4 

供試材 

供試材は,次による。

a)

試験片を採取する供試材は,黒鉛球状化処理のとりべごとに,その最終溶湯から最終壁厚

38 mm

の適

正な鋳型を用いて鋳造する(製品の鋳造後,速やかに行う。

。供試材は,鋳造品と同一炉で同時に熱

処理を行う。

b)

供試材には,鋳造品と対比できる標識を付ける。

c)

引張試験,硬さ試験及び衝撃試験に用いる試験片は,

Y

ブロックから採取する。

Y

ブロックの形状・

寸法は,鋳造品の肉厚によって

図 JC.2 及び表 JC.3 による。


69

B 8210

:2009

単位  mm

図 JC.2ブロックの形状・寸法

表 JC.3ブロックの寸法

単位  mm

鋳造品の肉厚

13

未満 13∼38 38 を超えるもの

a)

約 13

約 25

約 75

約 40

約 50

約 100

約 50

約 75

約 125

約 100

約 150

約 175

約 175

約 175

約 200

a)

肉厚 38 mm を超えるものの寸法は,参考値である。

d)

顕微鏡組織試験に用いる試験片は,

図 JC.3 に示す鋳型を用いて作った供試材から採取するか,又は鋳

造品に付けたテストラグによる。

単位  mm

図 JC.3−顕微鏡組織試験片鋳造鋳型


70

B 8210

:2009

JC.5 

試験回数及び再試験 

引張試験,硬さ試験及び衝撃試験は,黒鉛球状化処理のとりべごとに作成した

Y

ブロック供試材につい

1

回ずつ行う。

顕微鏡組織試験は,特に指定のない限り JC.6.2 の規定による引張試験の代わりに行うことができる。顕

微鏡組織試験を適用する場合は,とりべごとに

1

回行う。ただし,この場合の引張試験は,各自の溶解及

び熱処理ごとに

1

回行う。

引張試験片に鋳造上又は機械加工上の欠陥があるときは,同一

Y

ブロック供試材,又は同一とりべ,同

一熱処理のほかの

Y

ブロック供試材から採取した試験片で再試験を行うことができる。

試験片が不合格となったときは,不合格となった試験項目について,更に

2

回の試験を行うことができ

る。この場合,いずれかの試験の結果が不合格となったときは,この鋳造品を不合格とする。

JC.6 

試験方法 

JC.6.1 

分析試験 

鋳造品の成分分析は,JIS G 1211JIS G 1212 及び JIS G 1214 によるか,又は JIS G 1253 及び JIS Z 2611

による。

JC.6.2 

引張試験 

引張試験片は,JIS Z 2201 

4

号試験片又は

図 JC.4 の形状・寸法とする。図 JC.2 に示す

Y

ブロックの

A

寸法が

13 mm

未満の場合は,

図 JC.4 の試験片とする。

引張試験方法は,JIS Z 2241 による。

単位  mm

R=9.5 以上

図 JC.4−引張試験片の形状・寸法

JC.6.3 

硬さ試験 

硬さ試験片及び試験方法は,JIS Z 2243 による。試験荷重は,

29.42 kN

とする。

JC.6.4 

衝撃試験 

衝撃試験片は,JIS Z 2242 

V

ノッチ試験片とする。

試験方法は,JIS Z 2242 による。

試験温度は,

23

℃±

5

℃とする。ただし,−

10

℃を超える低温で使用する場合は,その最低使用温度

以下とし,その試験温度を製品に刻印する。


71

B 8210

:2009

JC.6.5 

顕微鏡組織試験 

顕微鏡組織試験を適用する場合,

顕微鏡組織における黒鉛の球状化率の算定は,

倍率

100

倍の視野中で,

図 JC.1 に示す

A

形のように球状化している黒鉛の数を,

図 JC.5 に示す球状化していない黒鉛の数も含め

た全体の黒鉛の数で除した百分率で示す。

引張試験の代わりに行う顕微鏡組織試験では,その写真を鋳造品と対比できる標識を付けて保存しなけ

ればならない。

図 JC.5−鋳造品の顕微鏡組織


72

B 8210

:2009

附属書 JD

(参考)

JIS

と対応する国際規格との対比表

JIS B 8210:2009

  蒸気用及びガス用ばね安全弁

ISO 4126-1:2004

,Safety devices for protection against excessive pressure−Part 1: Safety

valves

ISO 4126-7:2004

, Safety devices for protection against excessive pressure − Part 7:

Common data

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご
との評価及びその内容

箇条番号 
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規
格番号

箇条
番号

内容

箇条ごと
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

円 筒 コ イ ル ば ね に

よ る 直 動 式 の 蒸 気
用 ば ね 安 全 弁 及 び
ガ ス 用 ば ね 安 全 弁

の用語,設計,試験
検査,表示などを規
定。

1

流体ごとに設計された

安全弁に対する一般的
な要求事項について規
定。ISO 規格は円筒コイ

ルばねによる直動式に
限定されていない。

変更

JIS

では円筒コイルばねによる直

動式に限定した。

おもり式,てことおもり式は,現状

日本国内において設定圧力 0.1 MPa
以上の安全弁にはあまり使用されて
いないこと,また,各要求事項,特

に試験検査の規定を満足させること
が困難であることなどから,円筒コ
イルばねによる直動式と限定した。

a)

液 体 の 圧 力 を 開

放 す る た め に 供 す

る も の は , 適 用 除
外。

1

流体を制限していない。 変更

JIS

では液体用安全弁については

適用除外とした。

適用範囲では,従来どおり液体用安
全弁を適用除外とし,そのサイジン

グ例について,附属書 C に示した。
液体用安全弁については,ISO 規格
はもとより ASME など他の規格では

規定されているため,将来的には適
用範囲に含めることを検討する。

b)

設定圧力 0.1 MPa

未満又は 42.9 MPa
を超えるものは,適
用除外。

1 0.1

bar

gauge

(0.01 MPa)

以上の設定圧力で使用
される安全弁に適用。

変更

JIS

では 0.1 MPa 未満又は 42.9

MPa

を超えるものを適用除外とし

た。また,ISO 規格では設定圧力
の上限値を定めていない。

各要求事項,特に試験検査の規定を

満足させることが困難なことから,
設定圧力 0.1 MPa 未満及び 42.9 MPa
を超えるものは適用除外とした。

1

適用範囲

c)

車 両 用 な ど 特 殊

構造のものは,適用

除外。

ISO 

4126-1 

1

ISO

規格では除外され

ていない。

追加

JIS

では車両用など特殊構造のも

のは適用除外とした。

特殊 構 造 のも の は 適用 除 外 とし た
が,将来的には適用範囲に含めるこ

とを検討する。

72

B 821

0


2

009


73

B 8210

:2009

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご
との評価及びその内容

箇条番号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規
格番号

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

d)

圧 力 調 整 に 用 い

る ア ン ロ ー ダ に 類
するものは,適用除
外。

1

ISO

規格では除外され

ていない。

追加

JIS

では圧力調整に用いるアンロ

ーダに類するものは適用除外とし
た。

特殊 構 造 のも の は 適用 除 外 とし た

が,将来的には適用範囲に含めるこ
とを検討する。

1

適用範囲

(続き)

e)

弁座口の径が 15

mm

未満のものは,

適用除外。

1

流路径 6 mm 以上をもつ
安全弁に適用。

変更

JIS

と ISO 規格とではサイズの制

限が異なる。

JIS

はその制定の経緯がボイラ用安

全弁であったことから,サイズの下
限値を 15 mm とした。

弁座口径 15 mm 未満の小口径の場
合,経験/実績から“吹下り”に関
する 規 定 を満 足 す るこ と が でき な

い。

2

引用規格

3.1.2

揚程式安全弁

追加

JIS

固有の揚程式安全弁の定義を

規定した。

寸法 に よ る形 式 の 定義 と し て従 来

JIS

を引用した。

3.1.3

全量式安全弁

追加

JIS

固有の全量式安全弁の定義を

規定した。

寸法 に よ る形 式 の 定義 と し て従 来

JIS

を引用した。

3.2

圧力 3.2

変更

JIS

では圧力の定義付けを行うと

ともに,圧力単位を MPa とした。

国内計量法による SI 単位。

3.2.1

設定圧力 3.2.1

追加

JIS

では作動特性によって,吹出

し圧力又は吹始め圧力を設定圧力
とすることを定義(ISO 規格には
吹出し圧力及び吹始め圧力の規定

がない。

従来 JIS を引用した。

3.2.2

吹始め圧力

追加

JIS

では吹始め圧力の定義を規定

した。

従来 JIS を引用した。

3.2.3

吹出し圧力

追加

JIS

では吹出し圧力の定義を規定

した。

従来 JIS を引用した。

3

用語及び

定義

3.2.4

吹止まり圧力

ISO 

4126-1 

3.2.4

JIS

とほぼ同じ。

追加

JIS

では注記で“再着座圧力とも

いう。

”を追加した。

国内の実情に合わせた。

73

B 821

0


2

009


74

B 8210

:2009

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご
との評価及びその内容

箇条番号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規
格番号

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

3.2.5

吹下り 3.2.10

・圧力単位が bar である。

・“設定圧力と吹止まり
圧力との差”と定義され
ている。

変更

JIS では圧力単位を MPa とした。

JIS では“吹出し圧力又は吹始
め圧力と吹止まり圧力との差”と
した。

・国内計量法による SI 単位。

・設定圧力は,厳密には吹出し圧力
又は吹始め圧力に一致するとは限ら
ないので,従来 JIS を引用した。

3.2.6

超過圧力 3.2.3

JIS

とほぼ同じ。

追加

JIS

では単位を追加した。

参考のため追加した。

3.2.7

許容超過圧力

追加

JIS

では許容超過圧力の定義を追

加した。

従来 JIS を引用した。

3.2.8

最高許容圧力 3.2.2

JIS

とほぼ同じ。

追加

定義中,ISO 規格では“製造業者”
としているが,JIS では“圧力装

置製造業者”とした。

安全弁の製造業者を意味するもので
はないことを明確に示した。

3.2.10

背圧

追加

JIS

では背圧の定義を追加した。

従来 JIS を引用した。

3.4

公称降格吹出し

係数

追加

JIS

では公称降格吹出し係数の定

義を追加した。

従来 JIS を一部訂正して引用した。

3.5

公称吹出し量決

定圧力

追加

JIS

では公称吹出し量決定圧力の

定義を追加した。

従来 JIS を引用した。

3.7

公称吹出し量 3.6.3

公称吹出し量の定義

追加

JIS

では面積法による計算を追加

した。

国内に認定された流量測定装置がな

いため,従来 JIS を引用し面積法に
よる計算も可とした。国内での流量
測定装置の設置,吹出し係数の認定

など,別途検討を行う。

3.9

定格リフト

追加

JIS

では定格リフトの定義を追加

した。

従来 JIS を引用した。

3.10

弁座口の径

追加

JIS

では弁座口の径の定義を追加

した。

従来 JIS を引用した。

3.11

のど部の径

追加

JIS

ではのど部の径の定義を追加

した。

従来 JIS を引用した。

3.12

のど部の面積

追加

JIS

ではのど部の面積の定義を追

加した。

従来 JIS を引用した。

3

用語及び

定義(続き)

3.13

弁座流路面積

ISO 

4126-1 

追加

JIS

では弁座流路面積の定義を追

加した。

従来 JIS を引用した。

74

B 821

0


2

009


75

B 8210

:2009

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご
との評価及びその内容

箇条番号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規
格番号

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

3.14

吹出し面積 3.4

吹出し面積の定義

追加

ISO

規格では,のど部の面積のこ

とであるが,JIS では形式によっ
てカーテン面積を意味する。

ISO

規格では実流量を測定すること

を前提としているため,入口とシー
トとの間の最小面積を吹出し面積と
しているが,国内には認定された流

量測定装置がないため,カーテン面
積も可とした。国内での流量測定装
置の設置,吹出し係数の測定など,

別途検討を行う。

3

用語及び

定義(続き)

3.15

呼び径 3.7

呼び径の定義

変更

ISO

規格では EN ISO 6708 による

こととなっているが,JIS では JIS 

B 2001

を準用することを注記に記

述した。

従来 JIS を引用した。

4

記号及び

単位

記 号 及 び 単 位 の 説

4

JIS

とほぼ同じ。

追加

JIS

では“降格吹出し係数 K

dr

'”を

追加した。

国内に認定された流量測定装置がな
いため,附属書 JA において,従来

JIS

を引用し面積法による計算も可

としたことから追加した。

5.1

構 造 一

安 全 弁 の 構 造 に 関
する要求事項

ISO 

4126-1 

5.1.7

5.1.8

5.1.12

・弁体の設計応力につい

て EN 規格を引用。

・バランスベローズが破

損した場合であっても,

保護される装置の最高
許容圧力の 1.1 倍を超え
ない範囲で,その公称吹

出し量を放出する要求。

・どの部位が破損又は故

障しても阻害されるこ

となく十分な吹出し量
を得られるような構造
であることを要求。

削除

JIS

では削除。

・弁体の設計応力については,7.3(材

料の許容引張応力)の規定が適用さ

れる。 
・ベント穴より大きい開口部が発生
した場合,ピッチ乱れ時など,ベロ

ーズの破損状況などによってはリフ
トが得られず,規定の容量を満足で
きない可能性がある。

・仮に弁棒が曲がるような外力を受
ければ,十分なリフトが得られなく
なる可能性がある。

75

B 821

0


2

009


76

B 8210

:2009

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご
との評価及びその内容

箇条番号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規
格番号

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

d)

規 定 の 作 動 性 能

を 維 持 す る た め の
調 整 装 置 に 関 す る
要求

5.1.4

無資格者による不適正

な調整を防止するため
の措置を規定。

変更

JIS

では,

“安全弁がみだりに調整

されることを防止できる方法”と
した。

国内においては,無資格者の定義が

不明確である。

f)

液 体 の 滞 留 防 止

措置に関する要求

5.1.6

JIS

とほぼ同じ。

追加

JIS

では,液体の滞留を防止する

手段として“ドレン抜きなど”を
例示した。

従来 JIS を引用した。

i)

蒸 気 用 安 全 弁 の

強 制 開 動 作 を さ せ

る装置の設置要求

5.1.11

規定されている場合は,
揚弁レバーを設ける要

求。

追加

JIS

では手動で開閉できる圧力の

規定などを追加した。

従来 JIS を引用した。

j)

高 温 の 吹 出 し 流

体 に ば ね が 直 接 さ

ら さ れ る こ と を 防
止する構造要求

追加

JIS

では追加規定した。

ばねは,一定の温度を上回ると“へ
たり”を生じ自由長さが減少する可

能性がある。ばね特性をより健全に
維持するための規定として必要であ
ることから,従来 JIS を引用した。

k)

ね じ 込 み 形 安 全

弁 の 取 付 け 時 に 必

要 な ス パ ナ 装 着 面
を設ける構造要求

追加

JIS

では追加規定した。

メンテナンス時の利便性に関し必要
な規定であるため,従来 JIS を引用

した。

5.1

構 造 一

般(続き)

l)

弁 軸 に 対 す る 弁

体,弁座シート面の
角度の推奨

追加

JIS

では追加規定した。

品 質管 理 上 有効 で あ るた め 追 加し

た。

a)

接 続 端 に 用 い る

継手に関する規定

5.2.1

・継手に関する規定とし

て EN 規格などを引用。

変更

追加

JIS では EN 規格を該当する JIS

に変更。 
JIS では安全弁作動時の反動力

に対応したフランジを用いること
を追加。

・該当 JIS を引用。

・全量式安全弁の場合,吹出し時の

反動力が大きいため,一般フランジ
より 1 サイズ上の規定とした。従来

JIS

を引用。

5.2

接続端

b) a)

以外の継手を

使 用 す る 場 合 の 規

ISO 

4126-1 

追加

JIS

では,海外規格フランジなど

を用いる場合は,受渡当事者間の
協定によることを追加規定した。

国内における使用実態を考慮した。

76

B 821

0


2

009


77

B 8210

:2009

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご
との評価及びその内容

箇条番号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規
格番号

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

5.2

接続端

(続き)

d)

入 口 側 接 続 端 に

お ね じ を 使 用 で き
る場合の構造要求

ISO 

4126-1 

追加

JIS

では追加規定した。

安全弁作動時の反動力に対応した制

限 要求 で あ り必 要 な 規定 で あ るた
め,従来 JIS を引用した。

a)

表面状態の規定

追加

JIS

では追加規定した。

品 質管 理 上 有効 で あ るた め 追 加し

た。

b)

形 状 に 関 す る 規

4.4.4

JIS

とほぼ同じ。

変更

ISO

規格から先端部の厚み,座面

の傾きの規定を削除した。

JIS

では削除した先端部の厚さ,傾

きは解説で記載する。

c)

座 巻 に 関 す る 規

追加

JIS

では追加規定した。

品 質管 理 上 有効 で あ るた め 追 加し
た。

d)

寸 法 に 関 す る 規

4.6.1

JIS

とほぼ同じ。

追加

JIS

では荷重を加えた後の放置時

間を追加規定した。

減少率 1.0  %から ISO 規格に数値を
一致させるため,0.5  %とより小さ

い規定値を採用した。

e)

許 容 差 に 関 す る

規定

追加

JIS

では追加規定した。

品 質管 理 上 有効 で あ るた め 追 加し
た。

f)

計 画 た わ み に 関

する規定

追加

JIS

では追加規定した。

品 質管 理 上 有効 で あ るた め 追 加し
た。

5.3

ばね

g)

計 画 応 力 に 関 す

る規定

ISO 

4126-7 

追加

JIS

では追加規定した。

品 質管 理 上 有効 で あ るた め 追 加し
た。

5.4

寸法

各 部 の 寸 法 許 容 差
に関する規定

追加

JIS

では従来から使用されている

寸法許容差の規定を追加した。

品 質管 理 上 有効 で あ るた め 追 加し
た。

5.5

非 破 壊

試験

非 破 壊 試 験 に 関 す

る規定

追加

JIS

では従来から行われている非

破壊 試験 に 関す る規 定 を追 加し
た。

品質管理上の観点から必要と考えら

れるため,従来 JIS を引用した。

6

外観

外観に関する規定

ISO 

4126-1

追加

JIS

では従来から使用されている

検査項目を追加規定した。

品質管理上有効であるため,従来 JIS
を引用した。

7

材料

外 殻 構 造 部 の 材 料

に関する規定

ISO 

4126-1

4126-7 

5.4

3

ASTM

材,EN 材を規定。 変更

JIS

を引用するように変更した。

国内の材料事情を考慮した。

8.2

密閉性

10.3

密閉

性能試験

密 閉 性 に 関 す る 規

ISO 

4126-1 

追加

JIS

では従来から耐圧性の確認と

同時に行っていた密閉性に関する
規定を追加した。

品質管理上の観点から必要と考えら
れるため,従来 JIS を引用した。

77

B 821

0


2

009


78

B 8210

:2009

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご
との評価及びその内容

箇条番号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規
格番号

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

8.3

弁 座 気

密性

10.6

弁座気

密性試験

弁 座 気 密 性 に 関 す

る規定

6.6

弁座漏れ試験を実施す

ることを規定。

追加

ISO

規格では弁座漏れ試験を行う

ことを規定しているが,詳細規定
として従来 JIS の規定を追加し
た。

品質管理上の観点から必要と考えら

れるため,従来 JIS を引用した。

8.4

作 動 性

作 動 性 能 に 関 す る
性能規定

7.2

作動性能を決定するた
めの試験

選択

ISO

規格における規定を附属書 A

に,従来 JIS の規定を 10.5 にそれ
ぞれ規定し,そのいずれかを選択

できることとした。

国内バルブ製造業界の実情として,

ISO

規格に合致した試験装置をもっ

ている事業場はなく,従って作動性

能及び流量特性については,従来 JIS
に基づいた規定によっても差し支え
ないものとした。

なお,当該試験装置については,近
い将来,例えば公的検査機関を設置
し試験を行い,証明書などを発行で

きる状況が待たれる。

8.5

流 量 性

流 量 性 能 に 関 す る

性能規定

7.3

9

流量性能を決定するた

めの試験

選択

ISO

規格における規定を附属書 A

及び附属書 C に,従来 JIS の規定
を附属書 JA にそれぞれ規定し,
そのいずれかを選択できることと

した。

同上

8.6

作 動 状

10.7

作動

状態

作 動 状 態 に 関 す る
規定

追加

JIS

では作動性に関する規定を追

加した。

品質管理上の観点から必要と考えら
れるため,従来 JIS を引用した。

9.2

作 動 特

性試験

形 式 試 験 の 中 の 作
動 特 性 試 験 に 係 る
規定

ISO 

4126-1

7.2

作動特性を決定するた
めの試験

追加

ISO

規格以外の方法による場合

は,受渡当事者間の協定によるこ
とができることを追加した。

10.5

によって製品試験の中で作動性

能試験を行う場合,形式試験の場合
は,受渡当事者間の協定によって試

験の要否,方法を定めてよいことと
した。

78

B 821

0


2

009


79

B 8210

:2009

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご
との評価及びその内容

箇条番号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規
格番号

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

9.3

流 量 特

性試験

形 式 試 験 の 中 の 流

量 特 性 試 験 に 係 る
規定

7.3

流量特性を決定するた

めの試験

選択

ISO

規格における規定を附属書 A

に,従来 JIS の規定を附属書 JA に
それぞれ規定し,そのいずれかを
選択できることとした。

8.5

(流量性能)に同じ。

10.1.2

水圧

試験圧力

水 圧 試 験 圧 力 に 関
する規定

6.3.1

JIS

とほぼ同じ。

追加

JIS

では背圧がない場合の免除規

定を追加した。

品 質管 理 上 有効 で あ るた め 追 加し
た。

10.1.3

保持

時間

水 圧 試 験 の 保 持 時

6.3.2

呼び径 600 までの水圧
試験の保持時間に関す
る規定

追加

JIS

では,呼び径 600 を超える場

合は,受渡当事者間の協定によっ
て保持時間を決定できることを追

加した。

JIS B 2001

では,600 を超える呼び径

が規定されており,

実際に呼び径 600

を超える安全弁が製作されているこ

となどから追加規定した。

10.1.4

安全

に対する要

求事項

耐 圧 試 験 時 の 安 全
に対する要求事項

6.3.4

JIS

とほぼ同じ。

追加

JIS

ではぜい性破壊を防止するた

めの適切な温度を材料の遷移温度

以上とし,明確に規定した。

品 質管 理 上 有効 で あ るた め 追 加し
た。

10.3

密閉

性能試験

密 閉 性 能 に 係 る 規

追加

JIS

では製品試験における密閉性

能試験を追加した。

従来 JIS を引用した。

10.5

作動

性能試験

製 品 試 験 の 中 の 作
動 性 能 試 験 に 係 る

規定

追加

JIS

では製品試験における作動性

能試験の規定を追加した。ただし,

附属書 A によって前もって形式試
験時に実施していれば省略するこ
とができる。

従来 JIS を引用した。

11.1

検査

の項目及び

適用事項

製 品 検 査 の 項 目 及
び 適 用 事 項 に つ い

て規定

追加

JIS

では製品検査項目及び適用事

項を 明確 に する ため 別 途規 定し

た。

品 質管 理 上 有効 で あ るた め 追 加し
た。

11.2

検査

成績表

検 査 成 績 表 に 記 載
すべき項目を規定

追加

JIS

では製造業者が作成する検査

成績表に記載すべき項目を追加規

定した。

品 質管 理 上 有効 で あ るた め 追 加し
た。

12

製 品 の

呼び方

安 全 弁 の 呼 び 方 に

関する規定

ISO 

4126-1

追加

JIS

では従来から使用されている

安全弁の呼び方に関する規定を追
加した。

国内事情を考慮し,従来 JIS を引用

した。

79

B 821

0


2

009


80

B 8210

:2009

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご
との評価及びその内容

箇条番号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規
格番号

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

13.1

本体

への表示

安 全 弁 本 体 へ の 表

示 方 法 及 び 表 示 項
目について規定

10.1

JIS

とほぼ同じ。

変更

JIS では,表示項目の一つであ

る本体材料について,耐圧部の材
料であることを明確にした。 
JIS では,“呼び径”及び“製造

業者の名称又は商標”については,

13.2

に規定することとした。

・耐圧部材料であることを明確にす

る こと に よ って 統 一 的な 記 載 とな
る。 
・強制法規との関係による。

13.2

銘板

への表示

銘 板 へ の 表 示 項 目

について規定

10.2

JIS

とほぼ同じ。

・銘板の取付位置を弁箱

としている。

・圧力単位が bar である。

・公称降格吹出し係数を

表示項目に挙げている。

変更

JIS

では,

・銘板の取付位置を安全弁とした。

・圧力単位を MPa とした。 
・公称降格係数ではなく,公称吹

出し量の表示とした。

“製造業者の名称又は商標”

,“呼

び径”

,“製造番号及び弁番号”及

び“製造年又はその略号”につい
て規定した。

国内事情に合わせた。

附属書 JA 
(規定)

安 全 弁 の 公 称 吹 出
し量の算定方法

選択

JIS

では ISO 規格に規定される方

法のほかに,従来から使用されて
いる算式を追加規定し,そのいず

れかを選択できるようにした。

国内バルブ製造業界の実情として,

ISO

規格に合致した試験装置をもっ

ている事業場はなく,従って作動性

能及び流量性能については,従来 JIS
に基づいた規定によっても差し支え
ないものとした。

なお,当該試験装置については,近
い将来,例えば公的検査機関を設置
し試験を行い,証明書などを発行で

きる状況が待たれる。

附属書 JB 
(規定)

マ レ ア ブ ル 鉄 鋳 造
品に関する規定

追加

JIS

では,7.2 に規定されているマ

レアブル鉄鋳造品の規定を附属書

に追加規定した。

ほかの JIS において規定がなく,引
用することができない。

附属書 JC

(規定)

ダ ク タ イ ル 鉄 鋳 造

ISO 

4126-1

追加

JIS

では,7.2 に規定されているダ

クタイル鉄鋳造品の規定を附属書
に追加規定した。

ほかの JIS において規定がなく,引

用することができない。

80

B 821

0


2

009


81

B 8210

:2009

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 4126-1:2004,ISO 4126-7:2004,MOD

被引用法規

労働安全衛生法,高圧ガス保安法,電気事業法,ガス事業法

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。 

−  削除 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

−  追加 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

−  変更 国際規格の規定内容を変更している。

−  選択 国際規格の規定内容とは異なる規定内容を追加し,それらのいずれかを選択するとしている。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。 

−  MOD  国際規格を修正している。 

81

B 821

0


2

009