>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 8042-5 : 2001

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本内燃機関連合会 (JICEF) /財団法人日

本規格協会 (JSA) から工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調

査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。これによって JIS B 8042: 1994 は廃止

され,JIS B 8042-1

-2-3-5-7-8 に置き換えられる。

制定に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 3977 : 1991 (Gas turbines−

Procurement)

にパート制を適用して改正した ISO/DIS 3977-5.2 (Gas turbines−Procurement−Part 5 :

Applications for petroleum and natural gas industries)

を基礎として用いた。

JIS B 8042-5

には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS B 8042

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

B

8042-1

  第 1 部:一般事項及び定義

JIS

B

8042-2

  第 2 部:比較基準条件及び定格

JIS

B

8042-3

  第 3 部:設計要求事項

JIS

B

8042-5

  第 5 部:用途石油及び天然ガス工業用

JIS

B

8042-7

  第 7 部:技術情報

JIS

B

8042-8

  第 8 部:検査,試験,据付及び完成

なお,原国際規格 ISO 3977 の規格群は,さらに次の部によって構成される。

−Part 4 : Fuels and environment

−Part 6 : Combined cycles

−Part 9 : Reliability, availability, maintainability and safety


B 8042-5 : 2001

(1) 

目次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

2

3.

  定義

2

4.

  石油及び天然ガス産業用ガスタービンに対する要求事項

2

4.1

  比較条件及び定格

2

4.2

  設計仕様

3

4.3

  燃料及び環境

4

4.4

  技術情報

4

4.5

  検査,試験,据付け及び完成

4

4.6

  信頼性,稼動性,保全性及び安全性

4

附属書(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表

5


日本工業規格

JIS

 B

8042-5

: 2001

ガスタービン−調達仕様−

第 5 部:用途−石油及び天然ガス工業用

Gas turbines

−Procurement−

Part 5 : Applications for petroleum and natural gas industries

序文  この規格は,2000 年に発行された ISO/DIS 3977-5.2 (Gas turbines−Procurement−Part 5 : Applications

for petroleum and natural gas industries)

を翻訳し,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。変更の一覧表

をその説明を付けて,

附属書に示す。

備考  この国際規格を用いるに当たっては,より詳細な又は異なった仕様が必要となり得ることに注

意することが望ましい。この規格は,それぞれの用途において,この規格に対する代案の機器

又はエンジニアリング上の解決策を供給者が提案したり,購入者がそれを受諾したりすること

を妨げるものではない。このことは,技術の革新及び発展が行われている分野に特に適用され

るべきことであろう。供給者が代案を提案した場合には,供給者は,この規格との違いを明確

にし,詳細を明示することが望ましい。

1.

適用範囲  JIS B 8042 の各部は,ガスタービン及び関連補機,又はコンバインドサイクルプラントを

購入者(

1

)

が製造業者(

2

)

から調達しようとするときに必要な,主として技術的な情報に関する基準となる指

針について規定する。

(

1

)

ガスタービンなどの使用者又は購入の責任をもつ契約者。

(

2

)

ガスタービンなどの製造業者又は供給の責任をもつ契約者。

JIS B 8042

の各部は,異なった環境への要求及び完全性への要求に調和した見積書を提出するための基

本的事項を規定する。JIS B 8042 の各部は,可能な場合に,これらの要求事項に適合しているかどうかを

確認するための基準を規定する。JIS B 8042 の各部は,当該設備に適用される国又は地方の法規制に優先

するものではない。

JIS B 8042

の各部は,通常の燃焼系統をもつ開放サイクルガスタービンプラント及び非助燃式のコンバ

インドサイクルプラントに適用し,また,密閉サイクル及び半密閉サイクルガスタービンプラントにも準

用できる。

なお,適切な修正を加えることによって,次のものに適用してもよい。

a)

フリーピストンガス発生機又は特殊な熱源(例えば,化学プロセス,過給ボイラの火炉,原子炉)を

用いるガスタービン。

b)

助燃式コンバインドサイクル,再燃式コンバインドサイクルプラント,その他のコンバインドサイク

ルプラント(例えば,コージェネレーションプラント)


2

B 8042-5 : 2001

ただし,航空機,建設機械,農・工業用トラクタ及び自動車を駆動するために用いるガスタービンには

適用しない。

この規格は,石油及び天然ガスの掘削,生産,精製及びパイプラインによる輸送に用いるパッケージ形

ガスタービンの設計,材料,製作,検査,試験及び出荷準備に対する仕様を規定し,推奨事項を示す。こ

の規格は,購入者が行うコンバインドサイクル用のガスタービンを含むガスタービン及びガスタービンシ

ステム,並びにその補助装置の,パッケージャからの調達に適用する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO/DIS 3977-5.2, Gas turbines

−Procurement−Part 5 : Applications for petroleum and natural gas

industries (MOD)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0128

  火力発電用語−ガスタービン及び附属装置

JIS B 8042-1

  ガスタービン−調達仕様−第 1 部:一般事項及び定義

備考  ISO 3977-1 : 1997, Gas turbines−Procurement−Part 1 : General introduction and definition からの

引用事項は,この規格の該当項目と同等である。

JIS B 8042-2

  ガスタービン−調達仕様−第 2 部:比較基準条件及び定格

備考  ISO 3977-2 : 1997, Gas turbines−Procurement−Part 2 : Standard reference conditions and ratings

からの引用事項は,この規格の該当項目と同等である。

JIS B 8042-3

  ガスタービン−調達仕様−第 3 部:設計要求事項

備考  ISO 3977-3 : 2000, Gas turbines−Procurement−Part 3 : Design requirement からの引用事項は,

この規格の該当項目と同等である。

JIS B 8042-7

  ガスタービン−調達仕様−第 7 部:技術情報

備考  ISO 3977-7 : 2001, Gas turbines−Procurement−Part 7 : Technical information からの引用事項は,

この規格の該当項目と同等である。

JIS B 8042-8

  ガスタービン−調達仕様−第 8 部:検査,試験,据付及び完成

備考  ISO 3977-8 : 2001, Gas turbines−Procurement−Part 8 : Inspection, testing, installation and

commissioning

からの引用事項は,この規格の該当項目と同等である。

ISO/DIS 3977-4

  Gas turbines−Procurement−Part 4 : Fuels and environment

ISO 3977-9

  Gas turbines−Procurement−Part 9 : Reliability, availability, maintainability and safety

3.

定義  この規格には,JIS B 0128JIS B 8042-1JIS B 8042-2JIS B 8042-3ISO/DIS 3977-4JIS B 

8042-8

及び ISO 3977-9 に規定する用語及び定義を適用する。

4.

石油及び天然ガス産業用ガスタービンに対する要求事項

4.1

比較条件及び定格  ガスタービンの比較基準条件は,JIS B 8042-2 の定義による。

パッケージャは,JIS B 8042-2 に定義する運転モードに関する標準定格を明示する。同時にパッケージ

ャは,設備の指定現地条件及びそのプラントを稼動させようとする運転モードに対して,JIS B 8042-2 


3

B 8042-5 : 2001

規定する現地定格出力を明示する。

4.2

設計仕様

4.2.1

基本仕様  ガスタービン及びガスタービン装置の調達に対する最少限度の基本的な仕様は,JIS B 

8042-3

に規定する。JIS B 8042-3 は,同様に調達に当たっての指針と技術情報を示す。

購入者は,JIS B 8042-3 のデータシートに現地条件のデータを提示し,パッケージの指定現地運転点(複

数も可)を提示する。

パッケージャは,JIS B 8042-3 に規定するように,購入者の配管図,ダクト図及び基礎図を照査しコメ

ントする。

運転上の要求事項については,JIS B 8042-3 による。

使用上の要求事項については,JIS B 8042-3 による。

回転機械装置に対する要求事項については,JIS B 8042-3 による。

他の装置に対する要求事項については,JIS B 8042-3 による。

振動及び動力学については,JIS B 8042-3 による。

4.2.2

パッケージ及び附属装置  パッケージング及び附属装置については,JIS B 8042-3 による。

パッケージャは,パッケージャが供給すべき最少限度のものとして JIS B 8042-3 に規定する機器を供給

する。これ以外のいかなる機器も,必要であれば購入者が指定し,パッケージャの供給範囲に含める。こ

の装置は,実施可能な限りパッケージとして組み立てる。

補助装置には,次がある。

a)

起動装置

b)

据付装置

c)

エンクロージャ及び防火装置

d)

吸気装置

e)

配管系統

f)

給油装置

g)

燃料装置

h)

電気系統

i)

排気装置

j)

被駆動機(圧縮機,ポンプ,発電機)

k)

軸封装置

4.2.3

制御装置及び計装  制御装置及び保護装置並びに関連する計装は,JIS B 8042-3 による。起動,負

荷上昇及び停止について考慮する。

次はすべて JIS B 8042-3 による。

−  換気及びパージ装置

−  燃料,速度及び排気排出物制御装置

−  過速度防止装置及び保安装置

−  圧縮機洗浄装置

−  制御装置

−  制御盤の据付け

−  操作性及び故障診断

−  データ通信


4

B 8042-5 : 2001

4.3

燃料及び環境  燃料及びそのガスタービン装置の調達との関係に対する購入者及びパッケージャの

責任については,ISO 3977-4 による。

4.4

技術情報  見積り及びプロジェクトの契約段階でパッケージャが提出すべき情報については,JIS B 

8042-7

による。

購入者は,データシート及び JIS B 8042-7 の“パッケージャ提出図書仕様”の記載欄にすべて記入する。

購入者は,JIS B 8042-7 に従って“性能データ”を提示する。

パッケージャは,JIS B 8042-7 に従って“見積書及び契約図書”を提出する。

4.5

検査,試験,据付け及び完成  検査,試験,据付け及び完成(据付完了以降引渡しに至るまでの諸

工事の総称。コミッショニングともいう。

)については,JIS B 8042-8 による。JIS B 8042-8 は,パッケー

ジャの製品と用途との整合を確認するシステム及び手続きの基本を規定し,受渡当事者間の責任分担につ

いても概説する。

保管準備及び出荷準備については,JIS B 8042-8 による。

4.6

信頼性,稼動性,保全性及び安全性  ガスタービン製造業者,パッケージャ,購入者,使用者,コ

ンサルタント,規制当局などの間の,信頼性,稼動性,保全性及び安全性に関する情報の交換については,

ISO 3977-9

による。


5

B 8042-5 : 2001

附属書(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS B 8042-5 : 2001

  ガスタービン−調達仕様−第 5 部:用途−石油

及び天然ガス工業用

ISO/DIS 3977-5.2 : 2000

  ガスタービン−調達

仕様−第 5 部:石油及び天然ガス産業用途

(I)JIS

の規定 (III)国際規格の規定 (IV)JIS と国際規格との技術

的差異の項目ごとの評価及

びその内容

表示箇所:本体,附属書 
表示方法:側線及び点線

の下線

項目

番号

内容

(II)

国 際 規 格

番号

項目

番号

内容

項目ごと

の評価

技術的差異の内容

(V)JIS

と国際規

格との技術的差

異の理由及び今
後の対策

1.

適用範囲

ガスタービン又
はコンバインド

サイクルプラン
トを調達すると
きに必要な技術

的な指針の規定
第 5 部は,石油
及び天然ガス産

業用途ガスター
ビンの調達につ
いての規定

ISO/DIS 

3977-5.2

1.

第 5 部は,石油
及び天然ガス産

業用途ガスター
ビンの調達につ
いての規定

MOD

/追加

明確化のために,
第 1 部にある各

パ ー ト 共 通 な 適
用 範 囲 も 記 載 し
た。

明確化のためで,
実 質 的 に は 国 際

規 格 か ら の 変 更
はない。

2.

引用規格

引用規格の規定

JIS B 0128

ほか

 2.

引用規格の規定

ISO 11086

ほか

MOD

変更

用語規格の ISO 

11086

を JIS B 

0128

に変えた。

ISO

を JIS に変

えた。対応規格

ではないが実質
的 な 差 異 は な
い。

3.

定義

用語の定義に引
用する規格

 3.

JIS

に同じ IDT −

4.

要求事項

ガスタービンに
対する要求事項
及び該当引用規

格条項の規定

 4.

JIS

に同じ IDT −

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

− IDT ……………………技術的差異がない。 
− MOD/変更……………国際規格の規定内容を変更している。 
− MOD/追加……………国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

2.  JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

− MOD……………………国際規格を修正している。 


6

B 8042-5 : 2001

JIS B 8042

(ガスタービン−調達仕様)原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

田  中  英  穂

東京大学(名誉教授)

(主査)

青  木  千  明

日本内燃機関連合会(ISO 対策内燃機関委員会委員長)

(幹事)

安  田  耕  二

株式会社日立製作所火力・水力事業部

(副幹事)

毛  利  幸  雄

株式会社新潟鉄工所原動機カンパニー

(委員)

有  賀  一  郎

千葉工業大学工学部

川  口      修

慶應義塾大学理工学部

高  田  浩  之

東京大学(名誉教授)

中  川  良  治

日本コージェネレーションセンター調査部

橋  本      進

財団法人日本規格協会技術部

濱          純

経済産業省産業技術総合研究所機械技術研究所エネルギ

ー部

平  岡  克  英

国土交通省船舶技術研究所機関動力部

保  科  幸  雄

社団法人日本内燃力発電設備協会技術部

深  山  勝  範

日本コージェネレーションセンター調査部

磯  部  信  一

三井造船株式会社機械システム事業本部

加  藤      剛

日立造船株式会社技術開発本部技術研究所

河  田      修

株式会社富士電機ガスタービン研究所

渋  谷  幸  生

株式会社東芝火力プラント技術部

鈴  木  章  夫

石川島播磨重工業株式会社ガスタービンプラント事業部

永  井  勝  史

川崎重工業株式会社ガスタービン開発センター

野  口  英  隆

ヤンマーディーゼル株式会社ガスタービン開発部

福  泉  靖  史

三菱重工業株式会社原動機事業本部タービン技術部

明  翫  市  郎

富士電機株式会社富士・シーメンス・エネルギーシステ

ム推進本部

浦  野  稔  之

東京電力株式会社火力部

北  川  秀  一

日揮株式会社エンジニアリング本部回転機械部

桑  野      理

関西電力株式会社火力事業本部

小  松  泰  幸

昭和シェル石油株式会社研究開発部

佐  藤  穎  生

社団法人火力原子力発電技術協会調査局

佐  藤  幹  夫

財団法人電力中央研究所横須賀研究所プラント熱工学部

庄  司  不二雄

東京ガス株式会社エネルギー技術部

高  木      一

電気事業連合会工務部

高  西  一  光

関西電力株式会社火力事業本部

半  田      進

社団法人火力原子力発電技術協会調査局

藤  本      洋

大阪ガス株式会社営業技術部

三  賢  憲  治

東電設計株式会社海外事業本部

森      直  司

電気事業連合会工務部

森      雅  晶

東京ガス株式会社エネルギー技術部

(関係者)

福  田      実

財団法人日本規格協会技術部

池  田  忠  司

富士電機株式会社富士・シーメンス・エネルギーシステ

ム推進本部

三  井  功  雄

株式会社日立製作所火力・水力事業部

(事務局)

上  原  由  美

日本内燃機関連合会

備考  ○印は,分科会委員を兼ねる。