>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 8037-8 : 1998

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が制定した日

本工業規格である。これによって JIS B 8032-1993(ピストンリング通則)は廃止され,JIS B 8032-113 :

1998

(内燃機関−小径ピストンリング−)

JIS B 8037-18 : 1998(内燃機関−大径ピストンリング−)及

び JIS B 8038 : 1998(往復動油圧シリンダ用ピストンリング)によって置き換えられる。

今回の制定では,国際規格との整合を図ることに重点を置き,

対応国際規格の規定内容をすべて採用し,

さらに,JIS として必要な規定内容を追加した。また,JIS Z 8301(規格票の様式)が 1996 年 7 月に改正

されたのに伴い,それに従って規格票の様式も変更した。

JIS B 8032

は,次に示す 13 部によって構成され,これらに“内燃機関−小径ピストンリング−”という

共通の規格名称を用いた。

JIS

B

8032

  内燃機関−小径ピストンリング−

第 1 部:用語 
第 2 部:測定方法 
第 3 部:材料 
第 4 部:仕様の一般規定 
第 5 部:要求品質 
第 6 部:レクタンギュラリング 
第 7 部:薄幅レクタンギュラリング 
第 8 部:スクレーパリング 
第 9 部:キーストンリング 
第 10 部:ハーフキーストンリング 
第 11 部:オイルコントロールリング 
第 12 部:コイルエキスパンダ付きオイルコントロールリング 
第 13 部:スチール組合せオイルコントロールリング

JIS B 8037

は,次に示す 8 部によって構成され,これらに“内燃機関−大径ピストンリング−”という

共通の規格名称を用いた。

JIS

B

8037

  内燃機関−大径ピストンリング−

第 1 部:用語 
第 2 部:測定方法 
第 3 部:材料 
第 4 部:仕様の一般規定 
第 5 部:要求品質 
第 6 部:レクタンギュラリング 
第 7 部:オイルコントロールリング 
第 8 部:コイルエキスパンダ付きオイルコントロールリング

JIS B 8038

は,

“往復動油圧シリンダ用ピストンリング”という規格名称を用いた。


日本工業規格

JIS

 B

8037-8

 : 1998

内燃機関−大径ピストンリング−

第 8 部:コイルエキスパンダ付き

オイルコントロールリング

Internal combustion engines

−Large diameter piston rings−

Part 8 : Coil-spring-loaded oil control rings

1.

適用範囲  この規格は,往復動内燃機関に使用する呼び径が 200mm を超え 1 000mm 以下のピストン

リング(以下,リングという。

)のコイルエキスパンダ付きオイルコントロールリングのタイプ DSF-C,

DSF-CNP

及び DSF の基本的寸法及び特性について規定する。

なお,この規格は,類似した状態で作動する圧縮機用リングなどに適用してもよい。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。この引用規格は,その最新版を適用する。

JIS B 8037-3 : 1998

  内燃機関−大径ピストンリング−第 3 部:材料

3.

ピストンリングのタイプ及び呼び方の例

3.1

タイプ DSF-C−クロムめっき付きプロファイル研磨コイルエキスパンダ付きベベルオイルコントロ

ールリングのタイプ及び呼び方

3.1.1

一般諸元  リングの一般諸元は,図 による。

各部の寸法及び張力は,

表 による。

備考  コイル内溝形状は,受渡当事者間の協定による。


2

B 8037-8 : 1998

*

表 による。

**

表 による。

図 1  タイプ DSF-C

3.1.2

呼び方の例  リングの呼び方は,次による。

呼び径 d

1

=300mm (300)  ,リング呼び幅 h

1

=10mm (10)  ,熱処理なしのねずみ鋳鉄(材料分類 MC10)

製で,合い口すきま 1.0mm (S10)  ,外周当たり面クロムめっき厚さ 0.20mm 以上 (CR4) ,鋳鉄全面りん酸

塩皮膜処理厚さ 0.002mm 以上 (PO) ,コイルエキスパンダ張力減退低減処理品 (WF) ,コイル外径 d

7

周研磨加工 (CSE) 及び製造業者マーク (MM) 付きであるものの呼び方は,次による。

ピストンリング  JIS B 8037-8  DSF-C-300×10-MC10  S10  CR4  PO  WF  CSE  MM


3

B 8037-8 : 1998

3.2

タイプ DSF-CNP−クロムめっき付きプロファイル研磨なしコイルエキスパンダ付きベベルオイル

コントロールリングのタイプ及び呼び方

3.2.1

一般諸元  リングの一般諸元は,図 による。

各部の寸法及び張力は,

表 による。

備考  コイル内溝形状は,受渡当事者間の協定による。

*

表 による。

**

表 による。

図 2  タイプ DSF-CNP

3.2.2

呼び方の例  リングの呼び方は,次による。

呼び径 d

1

=300mm (300)  ,リング呼び幅 h

1

=10mm (10)  ,熱処理なしのねずみ鋳鉄(材料分類 MC10)

製で,外周当たり面クロムめっき厚さ 0.20mm 以上 (CR4) 及び等間隔ピッチコイルエキスパンダ (CSN)

付きであるものの呼び方は,次による。

ピストンリング  JIS B 8037-8  DSF-CNP-300×10-MC10  CR4  CSN


4

B 8037-8 : 1998

3.3

タイプ DSF−コイルエキスパンダ付きベベルオイルコントロールリングのタイプ及び呼び方

3.3.1

一般諸元  リングの一般諸元は,図 による。

各部の寸法及び張力は,

表 による。

備考  コイル内溝形状は,受渡当事者間の協定による。

*

表 による。

**

表 による。

図 3  タイプ DSF

3.3.2

呼び方の例  リングの呼び方は,次による。

呼び径 d

1

=300mm (300)  ,リング呼び幅 h

1

=10mm (10)  ,熱処理なしのねずみ鋳鉄(材料分類 MC10)

製で,等間隔ピッチコイルエキスパンダ (CSN) であるものの呼び方は,次による。

ピストンリング  JIS B 8037-8  DSF-300×10-MC10  CSN


5

B 8037-8 : 1998

4.

共通諸元

4.1

窓の配置  リングの窓配置は,表 による。

表 1  窓配置 

単位 mm

呼び径

窓数

窓角度

フライス径  w

1

及び w

2

の差

合い口部窓角度

窓角度

d

1

α

β

i

×

β

d

5

200

d

1

<210 14

17

゜30' 25゜ 13×25゜ 55∼75 4 以下

210

d

1

<260 16

15

゜ 22゜ 15×22゜

5

以下

260

d

1

<330 18

14

゜15' 19゜30'

17

×19゜30' 65∼85

330

d

1

<430 20

13

゜45' 17゜30'

19

×17゜30'

430

d

1

<600 22

12

゜ 16゜ 21×16゜ 80∼110 7 以下

600

d

1

≦650 24

10

゜22.5' 14゜45'

23

×14゜45'

4.2

コーティング厚さ  リングのコーティング厚さは,表 による。

表 2  コーティング厚さ

単位 mm

クロムめっき記号

コーティング厚さ

CR2 0.10

以上

CR3 0.15

以上

CR4 0.20

以上

CR5 0.30

以上


6

B 8037-8 : 1998

4.3

当たり面段差  リングの当たり面段差は,表 による。

表 3  当たり面段差の許容差

単位 mm

リング幅

h

1

当たり面段差

t

8

以下 0.025 以下

10 0.035

以下

12 0.045

以下

15 0.060

以下

4.4

コイルエキスパンダ溝の偏心量  リングのコイルエキスパンダ溝の偏心量は,表 による。

表 4  コイルエキスパンダ溝の偏心量

単位 mm

リング幅

h

1

偏心量

v

8

以下 0.4 以下

10 0.5

以下

12 0.6

以下

15 0.8

以下

5.

コイルエキスパンダ

5.1

コイルエキスパンダのタイプ  寸法表の値は,丸線の円形コイルを基本としている。

5.1.1

タイプ CSN  等間隔ピッチコイルエキスパンダは,図 による。

図 4  タイプ CSN コイルエキスパンダ

5.1.2

タイプ CSG  等間隔ピッチコイルエキスパンダ(コイル外径 d

7

研磨仕上げ)のタイプは,

図 

よる。

図 5  タイプ CSG コイルエキスパンダ

備考  上記と異なるタイプのコイルエキスパンダ及びその

コイルエキスパンダと組み合わせるリングのコイル
内溝の形状及び寸法は,受渡当事者間の協定による。


7

B 8037-8 : 1998

5.2

たわみ量  コイルエキスパンダのたわみ量は,表 による。

コイルエキスパンダのたわみ量は,コイルエキスパンダ溝底の中央で測定した値で,リングに張力を加

えない状態での合い口すきまである。

表 5  コイルエキスパンダのたわみ量

単位 mm

呼び径

d

1

基準たわみ量

f

1

200

d

1

<250 0.12×d

1

250

d

1

<330 0.10×d

1

330

d

1

<490 0.08×d

1

490

d

1

≦650 0.07×d

1

備考  f

1

はリング本体の自由合い口すきま

(m)

より大きいものとする  (f

1

m)  。

5.3

コイルエキスパンダの突合せ部及びリング合い口の組付け位置  組付け位置は,次による。

コイルエキスパンダの突合せ部は,リング合い口の約 180゜方向にセットする。コイルエキスパンダの

両端面は,ジョイント線で結合する。

5.4

材料  コイルエキスパンダの材料は,次による。コイルエキスパンダは,JIS B 8037-3 に規定した油

焼き入れした炭素鋼 (MC6A) 又はステンレス鋼 (MC6B) の線材によって作る。

コイルエキスパンダは,次の 2 種類の異なった熱減退特性からなる。

−  張力減退低減処理なし品

−  張力減退低減処理品(コード WF)

6.

接線張力

6.1

接線張力  リングの接線張力は,コイルエキスパンダの張力が主体である。鋳鉄リングの張力は,

a

1

寸法が小さく,

及び呼び径に対する自由合い口すきまの比が小さいため,鋳鉄リング張力の寄与は低い。

コイルエキスパンダの接線張力の測定は,柔軟性に富んだ鋳鉄リングを使用する。

6.2

接線張力 F

t

の計算式  リングの接線張力 F

t

は,次の式によって計算する。

0

5

1

2

2

1

P

h

d

F

t

=

ここに,

d

1

:  呼び径 (mm)

h

5

:  当たり幅 (mm)

P

0

:  必要とする呼び面圧 (N/mm

2

)

当たり幅 h

5

は,リングのタイプ,呼び径及びリング幅による。


8

B 8037-8 : 1998

7.

寸法  リングの寸法は,表 による。

表 6  コイルエキスパンダ付きオイルリング

単位 mm

呼び径

d

1

組合せ厚さ

(a

13

d

7

)

a

12

リング厚さ

a

1

リング幅

h

1

合い口すきま

許容差

許容差

許容差

s

1

s

2

ラン

ド幅

h

4

当た

り幅

h

5

溝深

a

4

溝底コ

ーナ

r

3

内溝

深さ

a

13

窓幅

c

1

窓数 コイルエキ

スパンダ内

溝半径

d

14

/2

コイ

ル径

d

7

200

を超え

7.1

±0.30 5.2

±0.15

リング

1

本内

ばらつき

0.15

以下

7

−0.010

−0.030

表面処理

PO

りん酸

塩皮膜処理

0

−0.040

0.6

0.80

− 1.6

0.5

1.5

0.5 3.2

1.7

14

2.1  3.9

210 8.4

5.5

8

1.8

0.6

2.0

  3.9 2.0

2.4

4.5

220

5.7

0.75

1.05

0.55

0.85

1

230

8.5

5.9

     4.0

240

6.1

 

250

8.6

6.3

     4.1

260

6.5

10

0.85

1.15

0.60

0.90

1.9

 

2.5

18

270

8.7

6.7

     4.2

280

6.9

−0.010

−0.040

表面処理

PO

りん酸

塩皮膜処理

0

−0.040

290 8.9

7.1

1.90

1.20

0.65

0.95

     4.4

300

7.3

 

310 10.1

±0.35 7.5

2.5

0.7

2.5

5.0

2.7

5.1

320

7.7

1.00

1.30

0.75

1 05

330

10.2

7.9

     5.1

20

340

8.1

 

350 10.3

8.3

±0.20

リング

1

本内

ばらつき

0.20

以下

1.10

1.50

0.80

1.20

     5.2

360

8.5

12

    2.7

 

3.0

370

10.5

8.7

     5.4

380

8.9

1.20

1.60

0.85

1.25

390

10.6

9.1

     5.5

400

9.2

 

410

12.0

9.4

 0.8

3.0

  6.1

3.1  5.9

420

9.6

1.35

1.85

1.00

1.50

430

12.1

9.8

     6.2

22

440

10.0

 

450

10.2

 

460 12.3

10.4

15

3.6

6.4 4.0

470

10.6

1.50

2.00

1.10

. 0

480

10.8

 

490

11.0

 

500

11.2

 

510 13.8

±0.40

11.4

   3.5

  7.1

3.5  6.7

520

11.6

1.70

2.20

1.20

. 0

530

11.8

 

540

12.0

 

550

12.2

 


9

B 8037-8 : 1998

単位 mm

呼び径

d

1

組合せ厚さ

(a

13

d

7

)

a

12

リング厚さ

a

1

リング幅

h

1

合い口すきま

許容差

許容差

許容差

s

1

s

2

ラン

ド幅

h

4

当た

り幅

h

5

溝深

a

4

溝底コ

ーナ

r

3

内溝

深さ

a

13

窓幅

c

1

窓数 コイルエキ

スパンダ内

溝半径

d

14

/2

コイ

ル径

d

7

560

14.0

12.4

     7.3

570

12.6

1.80

2.30

1.30

1.80

580

12.8

 

590

13.0

 

600

13.2

±0.30

リング

1

本内

ばらつき

0.30

以下

2

610

15.0

13.4

     7.5

   3.9  7.5

620

13.6

2.00

2.50

1.45

. 5

630

13.8

 

640

14.0

 

650

14.2

 

備考1.  リングの呼び径が表中の中間サイズ(例えば,補修品のサイズ)の場合は,小径側のリング厚さを適用する。

2.

張力の設定については,受渡当事者間の協定による。

3.

リング厚さ  (a

1

)

は,推奨値を示す。

関連規格:JIS B 8032-3 : 1998  内燃機関−小径ピストンリング−第 3 部:材料

備考 ISO 

6621-3 

:  1983,

  Internal combustion engines − Piston rings − Part3 : Material

specifications

が,この規格と一致している。

JIS B 8032-12 : 1998

  内燃機関−小径ピストンリング−第 12 部:コイルエキスパンダ付きオイ

ルコントロールリング

備考 ISO 

6626 

: 1989,

  Internal combustion engines−Piston rings−Coil-spring-loaded oil control

rings

が,この規格と一致している。


10

B 8037-8 : 1998

JIS B 8032

,8037,8038  原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

古  林      誠

青山学院大学

(幹事・小委員会主査)

久  保  幸  彦

帝国ピストンリング株式会社技術開発部

(委員)

浦  田  益太郎

通商産業省機械情報産業局

内  山  芳  忠

工業技術院機械技術研究所

本  間      清

工業技術院標準部

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会技術部

青  木  千  明

日本内燃機関連合会

照  山      勝

社団法人自動車技術会

門      泰  一

社団法人日本油空圧工業会(太陽鉄工株式会社)

山  本  英  継

三菱自動車工業株式会社材料技術部

伯耆田      毅

日産自動車株式会社

小野山  泰  一

日産自動車株式会社パワートレーン開発本部

江  頭  英  則

三菱自動車工業株式会社相模原製作所

常  田  征  三

株式会社田邊空気機械製作所名古屋事業所

小  島  克  己

社団法人日本自動車部品工業会技術部

手  島      巌

株式会社リケン  技術管理部

平  石      巌

日本ピストンリング株式会社技術開発部

(小委員会委員)

深  瀬  長  三

帝国ピストンリング株式会社

竹  内  康  二

日本ピストンリング株式会社技術開発部

栗  林  盛  夫

株式会社リケン  ピストンリング事業部

(関係者)

中  林  賢  司

工業技術院標準部

三  塚  隆  三

財団法人日本規格協会技術部

(事務局)

阿  部  静  郎

財団法人陸用内燃機関協会

本  間  隆  雄

社団法人陸用内燃機関協会

備考  ○印の付いている者は,小委員会委員を兼ねる。