>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 8032-4

:2015

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  種類 

2

4

  ピストンリングのコード  

3

5

  ピストンリングの呼び方  

5

5.1

  呼び方の要素及び順序  

5

5.2

  呼び方の例  

6

6

  ピストンリングのマーク  

7

6.1

  一般  

7

6.2

  必須上面指示マーク  

7

6.3

  付加的マーク  

8

7

  一般共通特性事項  

8

7.1

  リング形状  

8

7.2

  ライトタイトネス  

8

7.3

  合い口隙間  

9

7.4

  シングルピースリングの接線張力 F

t

及び直径張力 F

d

  

9

7.5

  JIS B 8032-12 及び JIS B 8032-16 に規定するコイルエキスパンダ付きオイルコントロールリングの 

    接線張力 F

t

  

13

7.6

  JIS B 8032-13 に規定するスチール組合せオイルコントロールリングの接線張力 F

t

  

14

8

  リングの回り止め形状及び寸法  

14

8.1

  内周回り止め形状及び寸法(JIS B 8032-6-7-9-10-14,及び-15 だけに適用)  

14

8.2

  側面回り止め形状及び寸法  

15

9

  表面の機械加工  

16

9.1

  外周面  

16

9.2

  側面  

16

9.3

  その他の面  

17

10

  コーティングされた面  

17

10.1

  外周面のクロムめっき  

17

10.2

  溶射コーティング  

20

10.3

  窒化  

23

10.4

  表面処理  

25

11

  その他  

25

11.1

  清浄度  

25

11.2

  防せい(錆)  

25


B 8032-4

:2015  目次

(2)

ページ

11.3

  包装  

25

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

27


B 8032-4

:2015

(3)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般社団法人日本

陸用内燃機関協会(LEMA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業

規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業

規格である。

これによって,JIS B 8032-4:1998 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS

B

8032

(内燃機関−小径ピストンリング)の規格群には,次に示す部編成がある。 

JIS

B

8032-1

第 1 部:用語

JIS

B

8032-2

第 2 部:測定方法

JIS

B

8032-3

第 3 部:材料

JIS

B

8032-4

第 4 部:一般仕様

JIS

B

8032-5

第 5 部:品質要求事項

JIS

B

8032-6

第 6 部:レクタンギュラリング

JIS

B

8032-7

第 7 部:薄幅レクタンギュラリング

JIS

B

8032-8

第 8 部:スクレーパリング

JIS

B

8032-9

第 9 部:キーストンリング 

JIS

B

8032-10

第 10 部:鋳鉄製ハーフキーストンリング

JIS

B

8032-11

第 11 部:オイルコントロールリング

JIS

B

8032-12

第 12 部:コイルエキスパンダ付きオイルコントロールリング

JIS

B

8032-13

第 13 部:スチール組合せオイルコントロールリング 

JIS

B

8032-14

第 14 部:スチール製キーストンリング

JIS

B

8032-15

第 15 部:スチール製ハーフキーストンリング

JIS

B

8032-16

第 16 部:コイルエキスパンダ付き鋳鉄製薄幅オイルコントロールリング

JIS

B

8032-17

第 17 部:コイルエキスパンダ付きスチール製オイルコントロールリング


日本工業規格

JIS

 B

8032-4

:2015

内燃機関−小径ピストンリング−第 4 部:一般仕様

Internal combustion engines-Small diameter piston rings-

Part 4: General specifications

序文 

この規格は,2003 年に第 2 版として発行された ISO 6621-4 を基に,技術的内容を変更して作成した日

本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,往復動内燃機関に使用する呼び径 200 mm 以下のピストンリング(以下,リングという。

の一般仕様について規定する。また,この規格は,リングのコード,呼び方及びマーキング方法について

も規定する。

なお,この規格は,類似した状態で作動する圧縮機用リングなどに適用してもよい。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 6621-4:2003

,Internal combustion engines−Piston rings−Part 4: General specifications(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 8032-2

  内燃機関−小径ピストンリング−第 2 部:測定方法

注記  対応国際規格:ISO 6621-2,Internal combustion engines−Piston rings−Part 2: Inspection

measuring principles(MOD)

JIS B 8032-3

  内燃機関−小径ピストンリング−第 3 部:材料

注記  対 応 国 際 規 格 : ISO 6621-3 , Internal combustion engines − Piston rings − Part 3: Material

specifications(IDT)

JIS B 8032-6

  内燃機関−小径ピストンリング−第 6 部:レクタンギュラリング

注記  対応国際規格:ISO 6622-1,Internal combustion engines−Piston rings−Part 1: Rectangular rings

made of cast iron(MOD)

JIS B 8032-7

  内燃機関−小径ピストンリング−第 7 部:薄幅レクタンギュラリング

注記  対応国際規格:ISO 6622-2,Internal combustion engines−Piston rings−Part 2: Rectangular rings


2

B 8032-4

:2015

made of steel(MOD)

JIS B 8032-8

  内燃機関−小径ピストンリング−第 8 部:スクレーパリング

注記  対応国際規格:ISO 6623,Internal combustion engines−Piston rings−Scraper rings made of cast

iron(MOD)

JIS B 8032-9

  内燃機関−小径ピストンリング−第 9 部:キーストンリング

注記  対応国際規格:ISO 6624-1,Internal combustion engines−Piston rings−Part 1: Keystone rings

made of cast iron(IDT)

JIS B 8032-10

  内燃機関−小径ピストンリング−第 10 部:鋳鉄製ハーフキーストンリング

注記  対応国際規格:ISO 6624-2,Internal combustion engines−Piston rings−Part 2: Half keystone rings

made of cast iron(MOD)

JIS B 8032-11

  内燃機関−小径ピストンリング−第 11 部:オイルコントロールリング

注記  対応国際規格:ISO 6625,Internal combustion engines−Piston rings−Oil control rings(MOD)

JIS B 8032-12

  内燃機関−小径ピストンリング−第 12 部:コイルエキスパンダ付きオイルコントロー

ルリング

注記  対応国際規格:ISO 6626,Internal combustion engines−Piston rings−Coil-spring-loaded oil

control rings(IDT)

JIS B 8032-13

  内燃機関−小径ピストンリング−第 13 部:スチール組合せオイルコントロールリング

注記  対 応 国 際 規 格 : ISO 6627 , Internal combustion engines − Piston rings − Expander/segment

oil-control rings(MOD)

JIS B 8032-14

  内燃機関−小径ピストンリング−第 14 部:スチール製キーストンリング

注記  対応国際規格:ISO 6624-3,Internal combustion engines−Piston rings−Part 3: Keystone rings

made of steel(MOD)

JIS B 8032-15

  内燃機関−小径ピストンリング−第 15 部:スチール製ハーフキーストンリング

注記  対応国際規格:ISO 6624-4,Internal combustion engines−Piston rings−Part 4: Half keystone rings

made of steel(MOD)

JIS B 8032-16

  内燃機関−小径ピストンリング−第 16 部:コイルエキスパンダ付き鋳鉄製薄幅オイル

コントロールリング

注記  対応国際規格:ISO 6626-2,Internal combustion engines−Piston rings−Part 2: Coil-spring-loaded

oil control rings of narrow width made of cast iron(MOD)

JIS Z 2244

  ビッカース硬さ試験−試験方法

ISO 6622-2

,Internal combustion engines−Piston rings−Part 2: Rectangular rings made of steel

注記  対応日本工業規格:JIS B 8032-7  内燃機関−小径ピストンリング−第 7 部:薄幅レクタン

ギュラリング(MOD)

種類 

リングの厚さ(a

1

)は,内燃機関の作動条件にリングを適合させるため,

表 に示す 3 種類とする。

なお,コードが D22 及び MPG の場合は,リングの呼び方にこれらのコードを明示する。


3

B 8032-4

:2015

表 1−厚さ(a

1

),コード及び主な用途 

厚さ

a

1

コード

主な用途(参考)

標準

なし

一般内燃機関用,自動車用,船用

d

1

/22 D22

自動車用,船用

d

1

/24∼d

1

/28 MPG

一般内燃機関用,自動車用

注記  d

1

は,呼び径を示す。

ピストンリングのコード 

リングに用いるコードは,

表 による。

表 2−リングのコード 

コード

内容

関連する規格

R

ストレートフェースレクタンギュラリング

JIS B 8032-6

及び-7

B

バレルフェースレクタンギュラリング

JIS B 8032-6

及び-7

BA

非対称バレルフェースレクタンギュラリング

ISO 6622-1

及び-2

M1∼M5

テーパフェースレクタンギュラリング

JIS B 8032-6

及び-7

N

ナピアリング(アンダカットステップ)

JIS B 8032-8 

NM1∼NM4

テーパフェースナピアリング(アンダカットステップ)

JIS B 8032-8 

E

スクレーパリング(ステップ)

JIS B 8032-8 

EM1∼EM4

テーパフェーススクレーパリング(ステップ)

JIS B 8032-8 

T

ストレートフェースキーストンリング 6°

JIS B 8032-9

及び-14

TB

バレルフェースキーストンリング 6°

JIS B 8032-9

及び-14

TBA

非対称バレルフェースキーストンリング 6°

ISO 6624-1

及び

JIS B 8032-14

TM1∼TM5

テーパフェースキーストンリング 6°

JIS B 8032-9

及び-14

K

ストレートフェースキーストンリング 15°

JIS B 8032-9

及び-14

KB

バレルフェースキーストンリング 15°

JIS B 8032-9

及び-14

KBA

非対称バレルフェースキーストンリング 15°

ISO 6624-1

及び

JIS B 8032-14

KM1∼KM5

テーパフェースキーストンリング 15°

JIS B 8032-9

及び-14

HK

ストレートフェースハーフキーストンリング 7°

JIS B 8032-10

及び-15

HKB

バレルフェースハーフキーストンリング 7°

JIS B 8032-10

及び-15

S

窓付きオイルコントロールリング

JIS B 8032-11

G

ダブルベベルオイルコントロールリング

JIS B 8032-11

D

ベベルオイルコントロールリング

JIS B 8032-11

DV V 溝ベベルオイルコントロールリング

JIS B 8032-11

DSF-C

クロムめっき付き・プロファイル研磨・コイルエキスパンダ付きの
ベベルオイルコントロールリング

JIS B 8032-12

及び-16

DSF-CNP

クロムめっき付き・プロファイル研磨なし・コイルエキスパンダ付
きのベベルオイルコントロールリング

JIS B 8032-12

SSF

コイルエキスパンダ付き窓付きオイルコントロールリング

JIS B 8032-12

及び-16

GSF

コイルエキスパンダ付きダブルベベルオイルコントロールリング

JIS B 8032-12

及び-16

DSF

コイルエキスパンダ付きベベルオイルコントロールリング

JIS B 8032-12

及び-16

DSF-NG

コイルエキスパンダ付きベベルオイルコントロールリング(外周形

状は DSF-C 又は DSF-CNP に類似)

JIS B 8032-12


4

B 8032-4

:2015

表 2−リングのコード(続き) 

コード

内容

関連する規格

SSF-L

ランド幅 0.6 mm コイルエキスパンダ付き窓付きオイルコントロー

ルリング

JIS B 8032-12

及び-16

ES-1∼ES-4

スチール組合せオイルコントロールリング

JIS B 8032-13

D22

リング厚さ a

1

d

1

/22

JIS B 8032-6

及び-8

MPG

リング厚さ a

1

d

1

/24∼d

1

/28

JIS B 8032-6

及び-11

MC11∼MC68

材料小分類

JIS B 8032-3 

MR

比率 m/(d

1

a

1

)[自由合い口隙間(m)の(d

1

a

1

)に対する比]を減少

させた場合

JIS B 8032-4 

Z

オーバリティの度合いが真円ねらいのリング形状

JIS B 8032-4 

Y

オーバリティの度合いが負のリング形状

JIS B 8032-4 

S005∼S100

合い口隙間(最小値)

JIS B 8032-4 

CRF,CR1∼CR4

外周全面クロムめっき付き

JIS B 8032-4 

CR1E,CR2E

外周セミインレイドクロムめっき付き

JIS B 8032-4 

CR1F,CR2F

外周インレイドクロムめっき付き

JIS B 8032-4 

MO1∼MO4

外周全面溶射コーティング付き

JIS B 8032-4 

MO1E∼MO4E

外周セミインレイド溶射コーティング付き

JIS B 8032-4 

MO1F∼MO4F

外周インレイド溶射コーティング付き

JIS B 8032-4 

NT030∼NT130

外周及び側面の窒化層深さを規定した表面窒化付き

JIS B 8032-4 

NB030∼NB130

外周及び下面の窒化層深さを規定した表面窒化付き

JIS B 8032-4 

NP030∼NP130

外周だけ窒化層深さを規定した表面窒化付き

JIS B 8032-4 

NS010∼NS050

窒化層深さを規定した表面窒化付きサイドレール

ISO 6627 

NX

表面窒化付きスペーサエキスパンダ

ISO 6627 

LF

コーティングなし外周面又はランド外周面を全面ラップ仕上げし
たリング

JIS B 8032-4 

LP

外周を当たり出しラップ仕上げしたテーパフェースリング

JIS B 8032-4 

LM

部分的に外周を円筒状に機械加工したテーパフェースリング

JIS B 8032-4 

FE

全面フェロオキサイド皮膜処理

JIS B 8032-4 

PO

全面りん酸塩皮膜処理

JIS B 8032-4 

PR

全面りん酸塩皮膜処理[防せい(錆)目的]

JIS B 8032-4 

KA

外周エッジ面取り

JIS B 8032-6

及び-7

KI

内周エッジ面取り

JIS B 8032-6

及び-7

IF

上面インターナルベベル

JIS B 8032-6

-7-14

及び ISO 6624-1

IFU

下面インターナルベベル

JIS B 8032-6

及び ISO 

6622-2

IW

上面インターナルステップ

JIS B 8032-6

-7 及び

ISO 6624-1

IWU

下面インターナルステップ

JIS B 8032-6 

IFV

上面インターナルベベル(IF 以外の任意のベベル角度による設定)

  JIS B 8032-6 

IFVU

下面インターナルベベル(IFU 以外の任意のベベル角度による設

定)

JIS B 8032-6 

KU

外周下面エッジを縮小した外周全面クロムめっき付き

JIS B 8032-4 

KG

合い口外周エッジを縮小したクロムめっき付き,溶射コーティング

付き又は表面窒化付き

JIS B 8032-4 

NE1∼NE3

側面回り止め

JIS B 8032-4 

NH1∼NH3

内周回り止め

JIS B 8032-4 

WK

縮小窓長さ

JIS B 8032-12

及び-16


5

B 8032-4

:2015

表 2−リングのコード(続き) 

コード

内容

関連する規格

WF

張力減退低減処理

JIS B 8032-5

-12 及び

-16

CSN,CSG,CSE

コイルエキスパンダの形状

JIS B 8032-12

及び-16

PNE,PNL,PNR,

PNM,PNH,PNV

面圧の等級

JIS B 8032-12

-16

及び ISO 6627

付加的マーク

MM

製造業者マーク

JIS B 8032-4 

MZ

リングオーバリティが真円ねらいのマーク

JIS B 8032-4 

MY

リングオーバリティが負のマーク

JIS B 8032-4 

MX

材料マーク

a)

JIS B 8032-4 

MU

その他の付加的マーク

b)

JIS B 8032-4 

a)

  異なる材料を選択した場合は,材料表示マークは製造業者の選択による。

b)

  使用者の要求で,その他の付加的マークが必要な場合は,受渡当事者間の協定によって明確に示す。

ピストンリングの呼び方 

5.1 

呼び方の要素及び順序 

5.1.1 

一般 

この規格に適合したリングの呼び方は,

表 に示すコードを用いて,次の要素及び順序による。

5.1.2 

必須要素 

リングの呼び方は,次の必須要素から構成する。

−  名称:ピストンリング

−  該当する JIS 番号

−  リングのタイプ

例 R

−  ハイフン

−  リングの寸法  d

1

(呼び径)×h

1

(幅)

−  厚さ  コードなしの場合:

“標準”

− D22 コード  JIS B 8032-6 及び JIS B 8032-8 に従って選択した a

1

d

1

/22 の場合

−  ハイフン

−  材質コード

例 MC11

5.1.3 

付加的要素 

次の選択可能な要素は,リングの呼び方に追加できる。追加をした場合は,5.1.2 に示す必須要素とは行

を改めてその下に配置するか,又はスラッシュ“/”を用いて必須要素から分離する。

−  比率 m/(d

1

a

1

)を減少させた場合のコード

例 MR

−  リング形状のコード

例 Z

−  各規格で規定する,合い口隙間とは異なる合い口隙間を選択する場合のコード

例 S050


6

B 8032-4

:2015

−  コーティング選択のコード

例 CR3

−  全面ラップ仕上げをした外周面をもつコーティングなしリング

例 LF

−  部分的に外周を円筒状に機械加工したテーパフェースリング

例 LM

−  外周を当たり出しラップ仕上げしたテーパフェースリング

例 LP

−  表面処理選択のコード

例 PO

−  内周エッジ選択のコード

例 KA

−  内周面ステップ又はベベルのコード

例 IWU

−  回り止め形状選択のコード

例 NH1

−  縮小窓長さが必要な場合のコード

例 WK

−  張力減退低減処理のコイルが必要な場合のコード

例 WF

−  コイルエキスパンダの形状選択のコード

例 CSG

−  面圧の等級選択のコード

例 PNM

5.1.4 

付加的マークの要素 

付加的マークは,5.1.3 に規定する付加的要素に続ける。

−  製造業者のマークが必要な場合のコード

例 MM

−  リング形状の要求コード

例 MZ

−  リング形状の要求コード(リングオーバリティが負)

例 MY

−  材料マークのコード

例 MX[表 の注

a)

による]

−  その他のマーク

例 MU[表 の注

b)

による]

5.2 

呼び方の例 

5.2.1 

レクタンギュラリング 

JIS B 8032-6

に適合するリングの呼び方を,次の例を用いて示す。

−  ストレートフェースレクタンギュラリング(R)


7

B 8032-4

:2015

−  呼び径  d

1

=90 mm(90)

−  呼び幅  h

1

=2.5 mm(2.5)

−  ねずみ鋳鉄,熱処理なし,材料小分類 11(MC11)

呼び方  ピストンリング  JIS B 8032-6 R-90×2.5-MC11

5.2.2 

キーストンリング 

JIS B 8032-9

に適合するリングの呼び方は,次による。

−  キーストンリング 6°,テーパフェース 60′(TM3)

−  呼び径  d

1

=105 mm(105)

−  呼び幅  h

1

=2.5 mm(2.5)

−  マルテンサイト球状黒鉛鋳鉄,材料小分類 51(MC51)

−  リングの形状  真円ねらい(Z)

−  合い口隙間  0.3 mm を選択(S030)

−  内周エッジ面取り(KI)

−  外周クロムめっき付き,めっき厚さ 0.1 mm 以上(CR2)

呼び方  ピストンリング  JIS B 8032-9 TM3-105×2.5-MC51/Z S030 KI CR2

5.2.3 

コイルエキスパンダ付きオイルコントロールリング 

JIS B 8032-12

に適合するリングの呼び方は,次による。

−  クロムめっき付き,プロファイル研磨及びコイルエキスパンダ付きのベベルオイルコントロールリン

グ(DSF-C)

−  呼び径  d

1

=125 mm(125)

−  呼び幅  h

1

=5 mm(5)

−  ねずみ鋳鉄,熱処理なし,材料小分類 11(MC11)

−  合い口隙間  0.2 mm を選択(S020)

−  ランド部クロムめっき厚さ  0.15 mm 以上(CR3)

−  全鋳鉄表面上のりん酸塩皮膜処理厚さ  0.002 mm 以上(PO)

−  縮小窓長さ(WK)

−  張力減退低減処理コイルエキスパンダ(WF)

−  外周 d

7

研磨不等ピッチコイルエキスパンダ(CSE)

−  中級平均面圧の接線張力 F

t

(PNM)

−  リングに製造業者マークを表示(MM)

呼び方  ピストンリング  JIS B 8032-12 DSF-C-125×5-MC11/S020 CR3 PO WK WF CSE PNM MM

ピストンリングのマーク 

6.1 

一般 

6.2

及び 6.3 に示すリングマークに関する要求及び推奨事項は,厚さ 1.6 mm 以上のリングに適用する。

ただし,厚さ 1.6 mm 未満のリングについては製造業者の選択による。

6.2 

必須上面指示マーク 

方向を示す必要のあるリングは,燃焼室側に近い側面だけに,上面を示すマークを表示する。

受渡当事者間の協定によるマークがない場合には,

“TOP”のマークを用いる。

上面を示すマークは,次の形状のリング全てに適用する。


8

B 8032-4

:2015

−  テーパフェースリング

−  非対称バレルフェースリング

−  外周下面エッジを縮小したリング

−  インターナルベベル又はインターナルステップリング

−  セミインレイドリング

−  スクレーパリング

−  ハーフキーストンリング

−  方向性のあるオイルコントロールリング

このようなマークを必要とする全てのリングは,該当する JIS の共通諸元で規定する。

6.3 

付加的マーク 

ピストンリングの付加的マークは,任意選択又は使用者の要求による。このような付加的マークは,次

のものを含んでいてもよい。

−  製造業者マーク

−  リング形状マーク

−  材質マーク(特別な材料の場合)

−  受渡当事者間の協定によるその他の付加的マーク

一般共通特性事項 

7.1 

リング形状 

リングには,オーバリティの度合いを指定できる。これは,レクタンギュラリング(JIS B 8032-6 及び

JIS B 8032-7

,スクレーパリング(JIS B 8032-8

,キーストン及びハーフキーストンリング(JIS B 8032-9

JIS B 8032-10

JIS B 8032-14 及び JIS B 8032-15)に適用する。オーバリティの形態は,次による。

−  正のオーバリティ  標準でありコードなし

−  真円  コード Z

−  負のオーバリティ  コード Y

オーバリティの値は,

表 による。

表 3−オーバリティ 

単位  mm

呼び径

d

1

正のオーバリティ

真円

a)

コード Z

負のオーバリティ

b)

コード Y

 30≦d

1

< 60

0∼+0.60

−0.30∼+0.30

−0.60∼0

 60≦d

1

<100

+0.05∼+0.85

−0.35∼+0.35

−0.70∼0

 100≦d

1

<150

+0.10∼+1.10

−0.45∼+0.45

−0.95∼−0.05

 150≦d

1

≦200

+0.15∼+1.35

−0.50∼+0.50

−1.10∼−0.10

a)

  コーティング付きテーパフェース及びコーティングなしでラッピング仕上げ面を

もつリングに対しては,真円のリング形状が望ましい。

b)

  JIS B 8032-3 の材料分類 10 には適用しない。

7.2 

ライトタイトネス 

リングの全外周の 90 %以上は,ライトタイトとする。


9

B 8032-4

:2015

外周面にめっき,溶射コーティング又は表面窒化処理,及び研磨仕上げをしたテーパフェースリングで

は,その全外周の 95 %以上はライトタイトとする。

次に示す仕様のリングは,全外周の 100 %をライトタイトとする。

−  全外周にわたり機械加工したランドをもつリング

−  全外周にわたり機械加工したランドをもつテーパフェースリング

表面処理(PO など)したリングのライトタイトネスの測定は,一般に表面処理の前に行う。表面処理

の後に測定する場合は,測定ゲージの中でリングを回転させて行う。ネガティブポイントデフレクション

のリングの場合には,合い口付近での漏光は許容できるが,その角度は JIS B 8032-2 に規定する角度 θ の

範囲内でなければならない。

7.3 

合い口隙間 

各規格群の寸法表に規定する合い口隙間とは異なる合い口隙間を選択する場合には,

表 のコードを適

用し,許容差は各規格群の規定をそのまま用いる。

表 4−合い口隙間 

単位  mm

コード  S005 S010 S015

S020 S025 S030

S035

S040

S045

S050

S055

S060 S070 S080 S090

S100

合い口

隙間

s

1

0.05 0.10 0.15

0.20 0.25 0.30

0.35

0.40

0.45

0.50

0.55

0.60

0.70 0.80 0.90

1.00

7.4 

シングルピースリングの接線張力 F

t

及び直径張力 F

注記  各リング形状の張力は,JIS B 8032-6JIS B 8032-11JIS B 8032-14 及び JIS B 8032-15 による。

また,F

t

及び F

d

の定義は,JIS B 8032-2 による。

7.4.1 

寸法規格群の寸法表における F

t

及び F

d

値の計算 

各種リングの接線張力及び直径張力は,JIS B 8032-6JIS B 8032-11JIS B 8032-14 及び JIS B 8032-15

の寸法表に示す。

接線張力及び直径張力は,次の条件において計算する。

−  それぞれのリングタイプの基本形状

−  厚さ(a

1

)の呼び値及び幅(h

1

又は h

3

)の中心値

−  鋳鉄製リングの弾性率:100 GN/m

2

(100 GN/m

2

=100 000 MPa=100 000 N/mm

2

)

−  スチール製リングの弾性率:210 GN/m

2

−  呼び径に対する自由合い口隙間の比率[m/(d

1

a

1

)]は,表 による。

表 5−呼び径に対する自由合い口隙間の標準比率 

呼び径

d

1

  (mm)

比率 m/(d

1

a

1

)

鋳鉄製

スチール製

a)

 30≦d

1

< 60

0.15

0.10∼0.14

 60≦d

1

<100

 100≦d

1

<160 0.17−0.000 2 d

1

 0.11∼−0.13

 160≦d

1

≦200

a)

  m/(d

1

a

1

)の変動は,面圧及び厚さに依存する。


10

B 8032-4

:2015

注記  スチール製レクタンギュラリング(ISO 6622-2)の接線張力及び直径張力の計算は,0.16±0.01

N/mm

2

の理論面圧を基準としている。スチール製キーストンリング(JIS B 8032-14)並びにハ

ーフキーストンリング(JIS B 8032-15)の接線張力及び直径張力の計算は,レクタンギュラリ

ング(ISO 6622-2)に用いた比率と同じ比率 m/(d

1

a

1

)を基準としている。スチール製リングの

比率 m/(d

1

a

1

)は,表 に示す鋳鉄製リングの値とは全く異なり,呼び径及び個々の厚さによ

って決まる。この厚さは呼び径の範囲ごとに段階的に設定され,呼び径に対して一定比率では

ない(例えば d

1

=57∼61 mm に対して,a

1

=2.1 mm)

7.4.2 

F

t

及び F

d

の値の補正 

7.4.2.1 

一般 

F

t

及び F

d

の値は,次の a)c)  の特性がある場合には,補正する。

a)

次の負荷特性値のいずれか又は組合せがある場合

−  外周面にコーティング

−  内周エッジ面取り

−  外周エッジ面取り

−  テーパ

−  インターナルステップ又はインターナルベベル

b)

弾性率が 100 GN/m

2

以外の材料の場合

c)

呼び径に対する自由合い口隙間の比率[m/(d

1

a

1

)]が表 と異なる場合

7.4.2.2 

共通諸元に対する補正係数 

共通諸元に対して必要な補正係数を,JIS B 8032-6JIS B 8032-11JIS B 8032-14 及び JIS B 8032-15 

“張力係数”に示す。

7.4.2.3 

材料に対する張力補正係数 

JIS B 8032-3

に規定する材料に対しては,

表 に示す張力補正係数を使用しなければならない。

表 6−材料に対する張力補正係数 

材料分類

材料に対する張力補正係数

10 0.9∼1.0

a)

20 1.1∼1.3

a)

30 1.45 
40 1.6 
50 1.6

a)

  材料に対する張力補正係数は,製造業者の材料規格に規定する

弾性率によって決まる。

補正係数=標準弾性率(GN/m

2

) /100 (GN/m

2

)

7.4.2.4 

比率 m/(d

1

a

1

)

に対する張力補正係数 

材料分類 30∼50 で製造するリングは,比率 m/(d

1

a

1

)が標準である場合(表 参照)に,弾性率に関連

して接線張力及び直径張力が増加する。

このような張力の増加を抑制するために,一般的には m/(d

1

a

1

)の値を減少させる。表 に,標準 m/(d

1

a

1

)比率と減少 m/(d

1

a

1

)比率に対する補正係数の推奨値を示す。


11

B 8032-4

:2015

表 7−比率 m/(d

1

a

1

)

に対する張力補正係数 

材料分類

係数

標準 m/(d

1

a

1

)

減少 m/(d

1

a

1

)

コード:MR

10 1

20 1

30 1

0.825

40 1

0.75

50 1

0.75

注記  減少 m/(d

1

a

1

)の実際の値を計算するためには,表 に記載

した係数を用いる。したがって,

表 に示す式から算出し

た m/(d

1

a

1

)は,表 の補正係数で補正する。

7.4.3 

接線張力 F

t

及び直径張力 F

d

の補正の例 

7.4.3.1 

第一の例−タイプ:JIS B 8032-6 B-95×2.5-MC53/MR CR2 IW 

a) 

補正係数

− 1.6:材料小分類 53

− 0.75:減少 m/(d

1

a

1

)の比率

− 0.85:外周クロムめっき CR2

− 0.78:インターナルステップ IW

b) 

計算

全張力補正係数:

1.6×0.75×0.85×0.78=0.796

JIS B 8032-6

による F

t

及び F

d

の基礎値:

F

t

=18.5 N

F

d

=39.8 N

補正値:

F

t

'

=0.796×18.5 N(±20 %)

=14.7 N(±20 %)

=11.8∼17.6 N

F

d

'

=0.796×39.8 N(±20 %)

=31.7 N(±20 %)

=25.4∼38 N

7.4.3.2 

第二の例−タイプ:JIS B 8032-8 N-70×2 D22-MC24/MO2F 

a) 

補正係数

− 1.15:材料小分類 24

− 0.86:外周溶射コーティング MO2F(インレイド)

b) 

計算

全張力補正係数:

1.15×0.86=0.989

JIS B 8032-8

による F

t

及び F

d

の基礎値:


12

B 8032-4

:2015

F

t

=9.2 N

F

d

=19.8 N

補正値:

F

t

'

=0.989×9.2 N(±30 %)

=9.1 N(±30 %)

=6.4∼11.8 N

F

d

'

=0.989×19.8 N(±30 %)

=19.6 N(±30 %)

=13.7∼25.5 N

7.4.3.3 

第三の例−タイプ:JIS B 8032-9 KB-140×4-MC42/MO4 KI 

a) 

補正係数

− 1.6:材料小分類 42

− 0.83:外周溶射コーティング M04(外周全面)

− 0.96:内周面取り KI

b) 

計算

全張力補正係数:

1.6×0.83×0.96=1.275

JIS B 8032-9

による F

t

及び F

d

の基礎値:

F

t

=29.3 N

F

d

=63 N

補正値:

F

t

'

=1.275×29.3 N(±20 %)

=37.4 N(±20 %)

=29.9∼44.9 N

F

d

'

=1.275×63 N(±20 %)

=80.3 N(±20 %)

=64.2∼96.4 N

7.4.3.4 

第四の例−タイプ:JIS B 8032-11 G-120×5-MC11/KI 

a) 

補正係数

− 0.9:材料小分類 11

− 0.98:内周面取り KI

b) 

計算

全張力補正係数:

0.9×0.98=0.882

JIS B 8032-11

による F

t

及び F

d

の基礎値:

F

t

=24.7 N

F

d

=53.1 N

補正値:

F

t

'

=0.882×24.7 N(±20 %)

=21.8 N(±20 %)


13

B 8032-4

:2015

=17.4∼26.2 N

F

d

'

=0.882×53.1 N(±20 %)

=46.8 N(±20 %)

=37.4∼56.2 N

7.5 JIS 

8032-12

及び JIS B 8032-16 に規定するコイルエキスパンダ付きオイルコントロールリングの接

線張力 F

7.5.1 

一般 

コイルエキスパンダ付きオイルコントロールリングの接線張力は,次のものに依存する。

−  リングのタイプ

−  呼び面圧の等級

−  JIS B 8032-12 及び JIS B 8032-16 に示す,張力の単位面圧に対する比接線張力 F

tc

注記  実際の接線張力の計算式は,JIS B 8032-12 及び JIS B 8032-16 による。

7.5.2 

値の丸め方 

接線張力の実際の値は,次のように丸めなければならない。

−  F

t

<50 N の場合は,最も近い 0.5 N ごとの値とする。

−  F

t

≧50 N の場合は,最も近い 1 N ごとの値とする。この場合,0.5 N は切り上げる。

7.5.3 

接線張力 F

t

の計算の例 

7.5.3.1 

第一の例−タイプ:JIS B 8032-12 DSF-C-100×4-MC11/CR1 CSG PNM 

a) 

面圧の等級及び比接線張力

呼び面圧の等級:

PNM=1.50 N/mm

2

単位面圧 1 N/mm

2

に対する比接線張力:

F

tc

=40.0 N

b) 

計算

接線張力: 

F

t

=1.50×40.0 N(±20 %)

=60.0 N(±20 %)

=48∼72 N

7.5.3.2 

第二の例−タイプ:JIS B 8032-12 SSF-175×6-MC11/CSG PNE 

a) 

面圧の等級及び比接線張力

呼び面圧の等級:

PNE=0.44 N/mm

2

単位面圧 1 N/mm

2

に対する比接線張力:

F

tc

=192.5 N

b) 

計算

接線張力:

F

t

=0.44×192.5 N(±20 %)

=84.7 N(±20 %)

=68∼102 N


14

B 8032-4

:2015

7.6 JIS 

8032-13

に規定するスチール組合せオイルコントロールリングの接線張力 F

7.6.1 

一般

スチール組合せオイルコントロールリングの接線張力は,次のものに依存する。

−  呼び面圧 P

0

−  サイドレール幅 h

12

−  単位面圧 1 N/mm

2

に対する比接線張力 F

tc

呼び面圧及び比接線張力の値は,JIS B 8032-13 による。

7.6.2 

接線張力 F

t

の計算の例−タイプ:JIS B 8032-13 ES3-85×3-MC67 MC68/CR1 PNH 

a) 

面圧の等級及び比接線張力

呼び面圧の等級:P

0

=1.25 N/mm

2

,補正係数:1.25

P

0U

=1 N/mm

2

の単位面圧及びサイドレール幅 0.45 に対する比接線張力:

F

tc

=38.2 N

b) 

計算

接線張力: 

F

t

=1.25×38.2 N(±20 %)

=47.8 N(±20 %)

=38.2∼57.4 N

リングの回り止め形状及び寸法 

8.1 

内周回り止め形状及び寸法(JIS B 8032-6-7-9-10-14,及び-15 だけに適用) 

内周回り止め形状及び寸法は,

図 1,図 2,表 及び表 による。

単位  mm

図 1−内周回り止め部 


15

B 8032-4

:2015

表 8−内周回り止め部の寸法 

単位  mm

コード

ピン径

回り止め部の寸法

a)

d

13

b

2

許容差

r

6

許容差

NH1 1.5  2.0

+0.2 
−0.1

0.8

±0.1

NH2 2.0  2.5

0.9

NH3 2.5  3.0

1.0

注記  r

6

は,

図 の回り止め形状だけに適用する。

a)

  b

2

d

13

s

1

(呼び寸法)

単位  mm

図 2−内周回り止め部(リング厚さ a

1

2.1 の場合に選択してよい) 

表 9−内周回り止め部のオーバーラップの幅 a

5

及び a

10

JIS B 8032-6 及び-7 に適用) 

単位  mm

リング厚さ

a

1

オーバーラップ幅

a

5

許容差

a

10

許容差

1.5≦a

1

<2.1 0.6

±0.1

±0.1

2.1≦a

1

<2.7 0.7

0.6

2.7≦a

1

<3.1 1.0

0.7

3.1≦a

1

<3.5 1.2

0.8

3.5≦a

1

<3.9 1.4

0.9

3.9≦a

1

<4.1 1.6

1.0

8.2 

側面回り止め形状及び寸法 

側面回り止め形状及び寸法は,

図 及び表 10 による。

単位  mm

図 3−側面回り止め部 


16

B 8032-4

:2015

表 10−側面回り止め部の寸法 

単位  mm

コード

リング幅

ピン径

回り止め部の寸法

a)

h

1

d

13

b

1

許容差

t

4

許容差

NE1

 1.2

b)

1.5 2.0

+0.2

−0.1

0.5

0

−0.15

 1.5

0.7

 1.75

0.95

 2.0

1.2

 2.5

1.7

NE2

 1.5

2.0

2.3 0.7

 2.0

2.5

0.9

 2.5

2.5

1.4

 3.0

2.5

1.9

NE3

 2.5

2.5 3.0

1.0

 3.0

1.5

a)

  b

1

d

13

s

1

(呼び寸法)

b)

  JIS B 8032-3 に規定する材料分類 10 には適用しない。

表面の機械加工 

9.1 

外周面 

外周の標準的な機械加工法の場合,識別のためのコードは,必要ない。

標準的な外周面の加工方法は,

表 11 による。

表 11−標準的な外周面の機械加工 

リングのタイプ

リングの説明

外周面の標準機械加工方法

全てのタイプ

鋳鉄製の無処理リング

精密旋削

R  B  BA  N  E

T  TB  TBA  K

KB  KBA  HK

HKB

鋳鉄製及びスチール製のストレートフェース,
バレルフェース,レクタンギュラ,ナピア/ス

クレーパ及びキーストンリングで外周面がめ

っき又は溶射

全面にわたり機械加工(研磨,ラッピング
又は磨き)

R  B  BA  T

TB  TBA  K  KB

KBA HK HKB

スチール製のストレートフェース,バレルフェ

ース,レクタンギュラ及びキーストンリングで
外周面が窒化

全面にわたり機械加工(研磨,ラッピング

又は磨き)

M  NM  EM

TM  KM

鋳鉄製及びスチール製のテーパフェースリン

グで外周面がめっき,溶射又は窒化

幅の一部分だけ当たり出し仕上げ機械加工

(研磨,ラッピング又は磨き)

ES-1∼ES-4

スチール製組合せオイルコントロールリング

のサイドレール外周面がめっき又は窒化

幅の一部分だけ機械加工(ラッピング)

又は,外周全面にわたり機械加工(磨き)

DSF-C

DSF-CNP

鋳鉄製オイルコントロールリングのランド部

がめっき

全面にわたり機械加工(研磨,ラッピング

又は磨き)

注記  表面粗さ及びその測定方法は,上記の全ての場合に対して適用可能な標準的方法がないため,受渡当事者間

の協定による。

9.2 

側面 

側面の標準的な加工方法は,研磨加工とし,識別のためのコードは,必要ない。

標準的な側面の仕上げ粗さは,Rz4 又は Ra0.8 とする。スチール製窒化リングについては,Rz3.2 又は


17

B 8032-4

:2015

Ra0.6 とする。

表面処理(FE,PO 及び PR)を施すリングの場合の側面粗さの測定は,表面処理の前に行う。

スチール製組合せオイルコントロールリングのサイドレールは,機械加工をしない。

9.3 

その他の面 

その他の面の標準的な機械加工法の場合,識別のためのコードは,必要ない。

標準的なその他の面の加工方法は,

表 12 による。

表 12−標準的なその他の面の機械加工 

表面の説明

標準機械加工方法

内周面:

鋳鉄製リング

スチール製リング

 
旋削仕上げ

機械加工なし

合い口端面

研磨あり又はなし

オイルコントロールリング

外周形状

旋削仕上げ又は研磨(DSF-C)

コイルエキスパンダ

研磨又は機械加工なし

エキスパンダ

機械加工なし

その他の面

旋削仕上げ,研磨あり又はなし

注記  表面粗さ及びその測定法は,上記の全ての場合に対して適用可能

な標準的方法がないため,受渡当事者間の協定による。

10 

コーティングされた面 

10.1 

外周面のクロムめっき 

10.1.1 

一般 

クロムめっきを施す場合は,JIS B 8032 の規格群に規定しているコードを用いる。

10.1.2 

クロムめっき厚さ 

クロムめっき厚さは,

表 13 による。

表 13−クロムめっき厚さ 

単位  mm

コード

厚さ

許容差(参考)

a)

d

1

<160 160≦d

1

≦200

CRF 0.005 以上

CR1 0.05 以上

+0.15

0

+0.2

0

CR2 0.10 以上 
CR3 0.15 以上 
CR4 0.20 以上

a)

  一般に,最小値を規定している規格では,許容差は不要で

ある。許容差が必要な場合には,この値を推奨する。

10.1.3 

外周全面クロムめっきリング 

コード:CRF,CR1∼CR4

外周クロムめっき付きリングは,一般に外周全面形である。


18

B 8032-4

:2015

10.1.4 

セミインレイドクロムめっきリング 

コード:CR1E,CR2E

セミインレイドクロムめっきリングの形状及び外周エッジの寸法は,

図 及び表 14 による。

a)

  リング製造業者の選択による。

図 4−セミインレイドクロムめっきリング 

表 14−セミインレイドクロムめっきリングの外周エッジのランド寸法 h

7

単位  mm

リング幅

h

1

ランド寸法

h

7

材料分類 10,20,30

材料分類 40,50,60

≦2.0 0.15∼0.45 0.10∼0.40

 2.0<h

1

<3.5 0.15∼0.50 0.10∼0.45

 3.5≦h

1

≦4.5 0.15∼0.55 0.10∼0.50

10.1.5 

インレイドクロムめっきリング 

コード:CR1F,CR2F

インレイドクロムめっきリングの形状及び外周エッジの寸法は,

図 及び表 15 による。

a)

  リング製造業者の選択による。

図 5−インレイドクロムめっきリング 


19

B 8032-4

:2015

表 15−インレイドクロムめっきリングの外周エッジのグルーブ及びランドの寸法 

単位  mm

リング幅

h

1

グルーブ寸法

h

6

ランド寸法

h

7

材質分類 10,20,30

材料分類 40,50,60

2.0 1.3 以上 0.15∼0.45 0.10∼0.40 
2.5 1.7 以上

0.15∼0.50 0.10∼0.45

3.0 2.2 以上 
3.5 2.5 以上 
4.0 3.0 以上

0.15∼0.55 0.10∼0.50

4.5 3.5 以上

10.1.6 

クロムめっきリングの外周エッジの 面取り,面取り及び寸法 

この細分箇条は,クロムめっき付きオイルコントロールリング及びサイドレールには適用しない。

コード:CRF 及び CR1∼CR4 の上下外周エッジ部,及びコード:CR1E 及び CR2E の外周上面エッジ部

は,めっき前に R 面取り又は C 面取りを行ってもよい。

外周エッジの面取り寸法は,

図 6∼図 及び表 16 による。

単位  mm

図 6−外周全面クロムめっきリング 

単位  mm

図 7−外周下面エッジを縮小した外周全面クロムめっきリング−コード:KU 


20

B 8032-4

:2015

単位  mm

図 8−セミインレイドクロムめっきリング 

表 16−外周全面クロムめっきリングの外周エッジの h

20

及び h

23

並びに 

セミインレイドクロムめっきリングの h

20

(コード:KU 

単位  mm

リング幅

h

1

軸方向寸法

h

20

h

23

1.0≦h

1

<3.5 0.3 以下 0.2 以下

3.5≦h

1

≦4.5 0.4 以下 0.3 以下

10.1.7 

クロムめっきリング及びサイドレールの合い口部の外周エッジ 

合い口部の外周エッジは,めっき後に R 面取り又は C 面取りを行う。

外周エッジの寸法は,

表 17 による。

表 17−クロムめっきリング及びサイドレールの合い口部における外周エッジの周方向寸法 

単位  mm

リング幅

h

1

h

12

周方向寸法

s

3

縮小仕様 s

3

(コード:KG)

<6 0.4 以下 0.15 以下

≧6 0.6 以下 0.25 以下

10.1.8 

クロムめっきの硬さ 

クロムめっきの硬さは,JIS Z 2244 によって,800 HV 0.1 以上とする。

10.2 

溶射コーティング 

10.2.1 

コード 

溶射コーティングを施す場合は,JIS B 8032 の規格群に規定するコードを用いる。

10.2.2 

溶射コーティング厚さ 

溶射コーティング厚さは,

表 18 による。


21

B 8032-4

:2015

表 18−溶射コーティング厚さ 

単位  mm

コード

厚さ

許容差(参考)

a)

d

1

<160 160≦d

1

≦200

MO1

0.05 以上

+0.2

0

+0.25

0

MO2

0.10 以上

MO3

0.15 以上

MO4

0.20 以上

a)

  一般に,最小値を規定している規格では,許容差は不要である。許容差が

必要な場合には,この値が推奨される。

10.2.3 

外周全面 

コード:MO1∼MO4

10.2.4 

セミインレイド 

コード:MO1E∼MO4E

セミインレイド形状は,

図 による。

外周下面エッジのランド寸法は,

表 14 による。

a)

  リング製造業者の選択による。

図 9−セミインレイド 

10.2.5 

インレイド 

コード:MO1F∼MO4F

インレイド形状は,

図 10 による。

外周エッジのランド寸法は,

表 19 による。

a)

  リング製造業者の選択による。

図 10−インレイド 


22

B 8032-4

:2015

表 19−溶射コーティングリングの外周溝及びランドの寸法 

単位  mm

リング幅

h

1

グルーブ寸法

h

6

ランド寸法

h

7

材料分類 10,20,30

材料分類 40,50,60

1.2

0.6 以上

0.15∼0.45 0.10∼0.40

1.5

0.8 以上

1.75

1.05 以上

2.0

1.3 以上

2.5

1.7 以上

0.15∼0.50 0.10∼0.45

3.0

2.2 以上

3.5

2.5 以上

4.0

3.0 以上

0.15∼0.55 0.10∼0.50

4.5

3.5 以上

10.2.6 

溶射コーティングリングの外周エッジの 面取り,面取り及び寸法 

コード:MO1∼MO4 のリングは上下外周面エッジを,及びコード:MO1E∼MO4E のリングは外周上面

エッジを,R 面取り又は C 面取りにすることは製造業者の選択による。

外周エッジの面取り寸法は,

図 11,図 12 及び表 20 による。

単位  mm

a)

  最小膜厚の 50 %以上。

図 11−外周全面溶射コーティング−コード:MO1MO4 

単位  mm

a)

  最小膜厚の 50 %以上。

図 12−セミインレイド−コード:MO1EMO4E 


23

B 8032-4

:2015

表 20−溶射コーティングリングの外周エッジの軸方向寸法 h

21

単位  mm

リング幅

h

1

軸方向寸法

h

21

許容差

1.0≦h

1

<2.0 0.20

±0.1

2.0≦h

1

<3.5 0.30

±0.1

3.5≦h

1

≦4.5 0.35

±0.1

10.2.7 

溶射コーティングリングの合い口部の外周エッジ 

合い口部の外周エッジは,R 面取り又は C 面取りを行う。

外周エッジの面取り寸法は,

表 21 による。

表 21−溶射コーティングリングの合い口部における外周エッジの周方向寸法 

単位  mm

リング幅

h

1

周方向寸法

s

3

縮小仕様 s

3

(コード:KG)

≦4.5 0.4 以下 0.2 以下

10.2.8 

溶射コーティングの硬さ 

溶射コーティングリングの硬さは,製造業者の仕様による。

10.3 

窒化 

10.3.1 

コード 

窒化を施す場合は,JIS B 8032 の規格群に規定するコードを用いる。

窒化コードは,

表 22 による。

10.3.2 

窒化層深さ 

窒化層深さは,

表 22 による。


24

B 8032-4

:2015

表 22−窒化層深さ 

単位  mm

コード

外周面

最小値

許容差

指針

b)

下面最

小値

許容差

指針

b)

上面

最小値

許容差

指針

b)

内周面

最小

許容差

(参考)

b)

エキスパン

ダの表面

関連する

規格

NT030 0.030 +0.040

0

0.010

+0.030

0

0.010

+0.030

0

a) 

ISO 6622-2 

JIS B 8032-14

JIS B 8032-15

JIS B 8032-17

NT050 0.050

0.015

0.015

NT070 0.070 +0.050

0

0.020 0.020

NT090 0.090

0.020

0.020

NT110 0.110 +0.060

0

0.030 0.030

NT130 0.130

0.030

0.030

NB030 0.030 +0.040

0

0.010

+0.030

0

a) 

a) 

JIS B 8032-15

NB050 0.050

0.015

NB070 0.070 +0.050

0

0.020

NB090 0.090

0.020

NB110 0.110 +0.060

0

0.030

NB130 0.130

0.030

NP030 0.030 +0.040

0

a) 

a) 

a) 

JIS B 8032-14

JIS B 8032-15

NP050 0.050

NP070 0.070 +0.050

0

NP090 0.090

NP110 0.110 +0.060

0

NP130 0.130

NS010 0.010 +0.030

0

a) 

a) 

 0.005

+0.020

0

ISO 6627 

NS020 0.020

0.005

NS030 0.030 +0.040

0

0.010

+0.030

0

NS050 0.050

0.020

NX

0.003

012

.

0
0

+

ISO 6627 

a)

  窒化は,許容する。

b)

  一般に,最小値を規定している規格では,許容差は不要である。許容差が必要な場合には,この値を推奨する。

10.3.3 

スチール製窒化リングの外側及び内側エッジの 面取り及び寸法 

スチール製窒化リングは,窒化を施していないスチール製リングと同一の丸みを付けた外側及び内側エ

ッジをもつ。JIS B 8032 の規格群を参照。

10.3.4 

スチール製窒化リング及びサイドレールの合い口部の外周エッジ 

合い口部の外周エッジは,R 面取り又は C 面取りを行う。

寸法は,

表 23 による。

表 23−スチール製窒化リング及びサイドレールの合い口部の外周エッジの周方向寸法 

単位  mm

リング幅

h

1

h

12

周方向寸法

s

3

縮小仕様 s

3

(コード:KG)

 1.0≦h

1

<1.5 0.25 以下 0.15 以下

 1.5≦h

1

<2.0 0.30 以下 0.20 以下

h

1

≧2.0 0.35 以下 0.25 以下

h

12

≦0.6 0.30 以下 0.15 以下


25

B 8032-4

:2015

10.4 

表面処理 

10.4.1 

全面フェロオキサイド処理−コード:FE−コーティング厚さ 0.003 mm 以上 

鋳鉄製のコーティングなしリングは,フェロオキサイド処理を行ってもよい。

10.4.2 

全面りん酸塩皮膜処理−コード:PO−コーティング厚さ 0.002 mm 以上 

りん酸塩皮膜処理は,鋳鉄及びスチール製のピストンリングに適用する。

外周面が溶射コーティング又はクロムめっきのスチール(又は高クロム合金)製リングは除く。

10.4.3 

全面りん酸塩皮膜処理−コード:PR−コーティング厚さ 0.002 mm 以下 

りん酸塩皮膜処理は,防せい(錆)用だけであり,鋳鉄及びスチール製のピストンリングに適用する。

11 

その他 

11.1 

清浄度 

ピストンリングは,使用時に有害な汚損がない状態にあるものとする。異物微粒子の数及び大きさにつ

いての制限値がある場合,又は異物微粒子についての試験方法を定める場合は,受渡当事者間の協定によ

る。

11.2 

防せい(錆) 

ピストンリングは,少なくとも 1 年間は正常な乾燥した保管場所において腐食から確実に保護して保存

する。防せい(錆)剤の種類及び仕様は,保管期間,保管条件,アセンブリ要求事項及びそれぞれに適用

される全ての法的規制を考慮して,受渡当事者間の協定による。

11.3 

包装 

一つの包装単位内は,自動組み付けができるように,同一仕様のピストンリングだけとする。

リングは,方向性が必要な場合には,同一方向にそろえ,方向を示す表示を包装上に行う。

参考文献  

JIS B 0021

  製品の幾何特性仕様(GPS)−幾何公差表示方式−形状,姿勢,位置及び振れの公差表示方

注記  ISO/DIS 1101:1996,Technical drawings−Geometrical tolerancing−Tolerancing of form, orientation,

location and run-out−Generalities, definitions, symbols, indications on drawings(IDT)

JIS B 8032-1

  内燃機関−小径ピストンリング−第 1 部:用語

注記  対応国際規格:ISO 6621-1,Internal combustion engines−Piston rings−Part 1: Vocabulary(MOD)

JIS B 8032-17

  内燃機関−小径ピストンリング−第 17 部:コイルエキスパンダ付きスチール製オイルコ

ントロールリング

注記  対応国際規格:ISO 6626-3,Internal combustion engines−Piston rings−Part 3: Coil-spring-loaded oil

control rings made of steel(MOD)

ISO 6621-1

,Internal combustion engines−Piston rings−Part 1: Vocabulary

注記  対応日本工業規格:JIS B 8032-1  内燃機関−小径ピストンリング−第 1 部:用語(MOD)

ISO 6621-2

,Internal combustion engines−Piston rings−Part 2: Inspection measuring principles

注記  対応日本工業規格:JIS B 8032-2  内燃機関−小径ピストンリング−第 2 部:測定方法(MOD)

ISO 6622-1

,Internal combustion engines−Piston rings−Part 1: Rectangular rings made of cast iron

注記  対応日本工業規格:JIS B 8032-6  内燃機関−小径ピストンリング−第 6 部:レクタンギュラリ


26

B 8032-4

:2015

ング(MOD)

ISO 6624-1

,Internal combustion engines−Piston rings−Part 1: Keystone rings made of cast iron

注記  対応日本工業規格:JIS B 8032-9  内燃機関−小径ピストンリング−第 9 部:キーストンリング

(IDT)

ISO 6627

,Internal combustion engines−Piston rings−Expander/segment oil-control rings

注記  対応日本工業規格:JIS B 8032-13  内燃機関−小径ピストンリング−第 13 部:スチール組合せ

オイルコントロールリング(MOD)


27

B 8032-4

:2015

附属書 JA

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS B 8032-4:2015

  内燃機関−小径ピストンリング−第 4 部:一般仕様

ISO 6621-4:2003

, Internal combustion engines − Piston rings − Part 4: General

specifications

(I)JIS の規定

(II) 
国際規格

番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇 条 番 号

及び題名

内容

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

3  種類

追加

ISO

規格にはないコードを追

加した。

ISO

規格のレクタンギュラリング

及びスクレーパリングの厚さ設
定 区 分 は , 標 準 “ regular ” 及 び

“D22”の 2 種類であるが,JIS

では“MPG”を含めた 3 種類が存
在していることによる。他の JIS

を ISO 規格相当に改正するとき

に整合を図る。

4  ピ ス ト
ン リ ン グ

のコード

表 2

4

JIS

とほぼ同じ

変更

現状の JIS にあるコードを適
用した。関連する規格の項で,

ISO

規格にはない JIS は追記し

た。

現状の他の JIS と整合させるため
に変更した。他の JIS を ISO 規格

相当に改正するときに整合を図

る。

7  一 般 共
通 特 性 事

7.4.3.1  第一の例

7.4.3.1 JIS とほぼ同じ

変更

現状の JIS に対応する内容へ
変更した。

現状の他の JIS と整合させるため
に変更した。他の JIS を ISO 規格

相当に改正するときに整合を図

る。

 7.4.3.2

第二の例

7.4.3.2 JIS とほぼ同じ

変更

現状の JIS に対応する内容へ
変更した。

現状の他の JIS と整合させるため
に変更した。他の JIS を ISO 規格

相当に改正するときに整合を図

る。

27

B 80

32
-4


201

5


28

B 8032-4

:2015

(I)JIS の規定

(II) 
国際規格

番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇 条 番 号

及び題名

内容

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

7  一 般 共
通 特 性 事
項(続き)

7.4.3.3  第三の例

7.4.3.3 JIS とほぼ同じ

変更

現状の JIS に対応する内容へ

変更した。

現状の他の JIS と整合させるため

に変更した。他の JIS を ISO 規格
相当に改正するときに整合を図

る。

 7.6.2

接線張力 F

t

計算の例

 7.6.2

JIS

とほぼ同じ

変更

現状の JIS に対応する内容へ

変更した。

現状の他の JIS と整合させるため

に変更した。他の JIS を ISO 規格
相当に改正するときに整合を図

る。

10  コーテ
ィ ン グ さ
れた面

表 22

10.3.2

JIS

とほぼ同じ

変更

現状の JIS にあるコードを適

用した。関連する規格の項で,

ISO

規格にはない JIS は追記し

た。

現状の他の JIS と整合させるため

に変更した。他の JIS を ISO 規格
相当に改正するときに整合を図

る。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 6621-4:2003,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

28

B 80

32
-4


201

5