>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 8032-13 : 1998

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が制定した日

本工業規格である。これによって JIS B 8032-1993(ピストンリング通則)は廃止され,JIS B 8032-1

13 :

1998

(内燃機関−小径ピストリング−)

JIS B 8037-1

8 : 1998(内燃機関−大径ピストリング−)及び JIS 

B 8038 : 1998

(往復動油圧シリンダ用ピストンリング)によって置き換えられる。

今回の制定では,国際規格との整合を図ることに重点を置き,

対応国際規格の規定内容をすべて採用し,

さらに,JIS として必要な規定内容を追加した。また,JIS Z 8301(規格票の様式)が 1996 年 7 月に改正

されたのに伴い,それに従って規格票の様式も変更した。

JIS B 8032

は,次に示す 13 部によって構成され,これらに“内燃機関−小径ピストリング−”という共

通の規格名称を用いた。

JIS B 8032

内燃機関−小径ピストリング−

第 1 部

:用語

第 2 部

:測定方法

第 3 部

:材料

第 4 部

:仕様の一般規定

第 5 部

:要求品質

第 6 部

:レクタンギュラリング

第 7 部

:薄幅レクタンギュラリング

第 8 部

:スクレーパリング

第 9 部

:キーストンリング

第 10 部  :ハーフキーストンリング

第 11 部  :オイルコントロールリング

第 12 部  :コイルエキスパンダ付きオイルコントロールリング

第 13 部  :スチール組合せオイルコントロールリング

JIS B 8037

は,次に示す 8 部によって構成され,これらに“内燃機関−大径ピストリング−”という共

通の規格名称を用いた。

JIS B 8037

内燃機関−大径ピストリング−

第 1 部

:用語

第 2 部

:測定方法

第 3 部

:材料

第 4 部

:仕様の一般規定

第 5 部

:要求品質

第 6 部

:レクタンギュラリング

第 7 部

:オイルコントロールリング

第 8 部

:コイルエキスパンダ付きオイルコントロールリング

JIS B 8038

は,

“往復動油圧シリンダ用ピストンリング”という規格名称を用いた。


日本工業規格

JIS

 B

8032-13

 : 1998

内燃機関−小径ピストンリング

−第 13 部:スチール組合せ

オイルコントロールリング

Internal combustion engines

−Small diameter piston rings−

Part 13 : Expander/segment oil control rings

序文  この規格は,1992 年に第 1 版として発行された ISO/TR 6627, Internal combustion engines−Piston rings

−Expander/segment oil control rings を基に,対応する部分については対応国際規格を翻訳し,技術的内容を

変更することなく作成した日本工業規格であるが,対応国際規格には規定されていない規定項目を日本工

業規格として追加している。

1.

適用範囲  この規格は,往復動内燃機関に使用する呼び径 200mm 以下のピストンリング(以下,リ

ングという。

)のスチール組合せオイルコントロールリングのタイプの基本的寸法及び特性について規定す

る。

なお,この規格は,類似した状態で作動する圧縮機用リングなどに適用してもよい。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。この引用規格は,その最新版を適用する。

JIS B 0021

  製品の幾何特性仕様 (GPS) −幾何公差表示方式−形状,姿勢,位置及び振れの公差表示

方式

備考  ISO/DIS 1101 : 1996, Geometrical product specifications (GPS) −Geometrical tolerancing−

Tolerancing of form, orientation, location and run-out

が,この規格と一致している。

JIS B 8032-3

  内燃機関−小径ピストリング−第 3 部:材料

備考  ISO 6621-3 : 1983, Internal combustion engines−Piston rings−Part 3 : Material specications から

の引用事項は,この規格の該当事項と同等である

JIS B 8032-4

  内燃機関−小径ピストリング−第 4 部:仕様の一般規定

備考  ISO 6621-4 : 1988, Internal combustion engines−Piston rings−Part 4 : General specifications から

の引用事項は,この規格の該当事項と同等である。


2

B 8032-13 : 1998

3.

記号  この規格に使用する記号は,次による。

a

1

サイドレール半径方向厚さ(

1

)

a

6

組合せ半径方向厚さ

a

8

スペーサ半径方向高さ

a

9

エキスパンダ半径方向高さ

a

10

耳高さ(

1

)

d

1

組合せリング呼び径(シリンダ呼び径)

h

1

組合せ呼び幅

h

6

サイドレール幅(

1

)

h

7

スペーサ幅

h

9

エキスパンダ幅

s

1

サイドレール合い口すきま(

1

)

:互い違いにした合い口すきま

θ

耳角度(

1

)

F

t

接線張力

(

1

)

日本国内において一般的に用いられている用語である。

4.

リング各部の名称及び記号  リング各部の名称及び記号は,図 による。

測定に際しては,2 本のサイドレールの合い口すきまはそろえて,スペーサエキスパンダの突き合せ部

はサイドレールの合い口部の反対側とする[JIS B 8032-2 の 3.2.5 b)参照]

エンジン内に組み付けたときは,

図 の a)に示す状態とする。


3

B 8032-13 : 1998

図 1  スペーサエキスパンダ及びサイドレールとの組合せ


4

B 8032-13 : 1998

5.

リングのタイプ  スペーサエキスパンダのタイプは,使用可能なものが数種類ある。現在,使用され

ている中で共通するタイプは,次による。

No.

タイプ

形状

5.1 ES-1

5.2 ES-2

5.3 ES-3

5.4 ES-4

5.5 ES-5

6.

共通諸元  各部の寸法を,次に示す。

6.1

スペーサエキスパンダの耳角度  スペーサエキスパンダは,サイドレールとピストン溝側面との間

に気密作用が保てるように耳にわずかな角度を設けて設計してもよい(

図 参照)。

耳角度は,

図 に示す

θ

で設計され,その許容差は±5°とする。


5

B 8032-13 : 1998

図 2  スペーサエキスパンダの耳角度

6.2

サイドレールのクロムめっき厚さ  サイドレールのクロムめっき厚さは,次による

表 1

クロムめっきコーティング厚

単位  mm

クロムめっき記号

コーティング厚さ

CR1 0.05

以上

CR2 0.10

以上

図 3

サイドレールのクロムめっき厚さ CR3

0.15

以上

6.3

サイドレール幅  サイドレール幅 h

6

はミリメートル単位で

表 によって求め,許容差は図 による。

図 4  サイドレール幅

7.

材料

7.1

スペーサエキスパンダの材料  スペーサエキスパンダの材料は,受渡当事者間の協定によってオー

ステナイト系ステンレス鋼又は炭素鋼を用いる。

7.2

サイドレールの材料  サイドレールの材料は,炭素鋼とする。

8.

張力及び呼び面圧

8.1

接線張力  リングの接線張力 F

t

は,スペーサエキスパンダの張力によって決まり,次の式を用いて

算出する。

6

1

0

t

2

2

1

h

d

P

F

×

×

ここで,  P

0

:  必要とする呼び面圧

d

1

:  組合せリング呼び径


6

B 8032-13 : 1998

h

6

:  サイドレール幅

サイドレールによって発生する張力は,無視してよい。

接線張力は,

表 3

の中で P

0

 (P

0

=1N/mm

2

)

の面圧に基づいて一覧表にし,設定してある。

8.2

呼び面圧  (P

0

  選択する呼び面圧に対する接線張力 F

t

は,

表 2

に示す張力係数を用いて算出する。

表 2  張力係数

張力係数

表 の F

t

値に乗ずる係数)

選択する呼び面圧

N/mm

2

1.6(

2

) 1.6

1.25 1.25

1 1

0.8 0.8

0.6(

3

) 0.6

(

2

)

補修品だけに適用する。

(

3

)

組合せリング呼び径  (d

1

)

が 65mm 未満には適用しな

い。

9.

寸法

  寸法は,

表 3

に基づいて設定する。


7

B 8032-13 : 1998

表 3  寸法

単位

mm

サイドレール幅

h

6

サイドレール

合い口すきま

s

1

接線張力

F

t

 (P

0

=1N/mm

2

)

組合せ呼び幅

h

1

(適切な h

6

を選択する)

区分

区分

h

6

区分欄に対応

組合

せ呼

び径

d

1

1 2 3 4

許容差

許容差

1 2 3 4

許容差

1

∼3 1∼3 1∼4 1∼4

4

16 18 20

16.4 18.4 20.5

16.8 18.9 21

17.2 19.3 21.5

40

41

42

43

44

17.6 19.8 22

18 20.2

22.5

18.4 20.7 23

18.8 21.1 23.5

19.2 21.6 24

45

46

47

48

49

19.6 22  24.5

20 22.5

25

20.4 22.9 25.5

20.8 23.4 26

21.2 23.8 26.5

50

51

52

53

54

21.6 24.3 27

22 24.7

27.5

22.4 25.2 28

22.8 25.6 28.5

23.2 26.1 29

55

56

57

58

59

0.15

+0.50

 0

23.6 26.5 29.5

24 27 30 36

24.4 27.4 30.5 36.6

24.8 27.9 31  37.2

25.2 28.3 31.5 37.8

60

61

62

63

64

25.6 28.8 32  38.4

26  29.2 32.5 39

26.4 29.7 33  39.6

26.8 30.1 33.5 40.2

27.2 30.6 34  40.8

65

66

67

68

69

27.6 31  34.5 41.4

28 31.5

36 42

28.4 31.9 36.5 42.6

28.8 32.4 36  43.2

29.2 32.8 36.5 43.8

70

71

72

73

74

0.2

29.6 33.3 37  44

30  33.7 37.5 45

30.4 34.2 38  45.6

30.8 34.6 38.5 46.2

31.7 35.1 39  46.8

75

76

77

78

79

0.4 0.45 0.5 0.6

+0.035

−0.015

0.25

+0.75

 0

31.6 35.5 39.5 47.4

F

t

<30N

の場合

±30%

F

t

≧30N

の場合

±20%

2.5 3 3.5 4 4.75


8

B 8032-13 : 1998

単位

mm

サイドレール幅

h

6

サイドレール

合い口すきま

s

1

接線張力

F

t

 (P

0

=1N/mm

2

)

組合せ呼び幅

h

1

(適切な h

6

を選択する)

区分

区分

h

6

区分欄に対応

組合

せ呼

び径

d

1

1 2 3 4

許容差

許容差

1 2 3 4

許容差

1

∼3 1∼3 1∼4 1∼4

4

32 36 40 48

32.4

36.4

40.5

48.6

32.8

36.9

41 49.2

33.2

37.3

41.5

49.8

80

81

82

83

84

33.6

37.8

42 50.4

34 38.2

42.5

51

34.4

38.7

43 51.6

34.8

39.1

43.5

52.2

35.2

39.6

44 52.3

85

86

87

88

89

0.25

35.6

40 44.5

53.4

36 40.5

45 54

36.4

40.9

45.5

54.6

36.8

41.4

46 55.2

37.2

41.8

45.5

55.8

90

91

92

93

94

37.6

42.3

46 56.4

38 42.7

47.5

57

38.4

43.2

48 57.6

38.8

43.6

48.5

58.2

39.2

44.1

49 58.8

95

96

97

98

99

39.6

44.5

49.5

59.4

40 45 50 60

40.4

45.4

50.5

60.6

40.8

45.9

51 61.2

41.2

46.3

51.5

61.8

100

101

102

103

104

41.6

46.8

52 62.4

42 47.2

52.5

63

42.4

47.7

53 63.6

42 48.1

53.5

64.2

43.2

48.6

54 64.8

105

106

107

108

109

0.3

43.6

49 54.5

65.4

44 49.5

55 66

44.4

49.9

55.5

66.6

44.8

50.4

56 67.2

45.2

50.8

56.5

67.8

110

111

112

113

114

45.6

51.3

57 68.4

46 51.7

57.5

69

46.4

52.5

58 69.6

46.8

52.6

58.5

70.2

47.2

53.1

59 70.8

115

116

117

118

119

0.4 0.45 0.5 0.6

+0.035

−0.015

0.35

+0.75

 0

47.6

53.5

59.5

71.4

F

t

<30N

の場合

±30%

F

t

≧30N

の場合

±20%

3 3.5 4 4.75


9

B 8032-13 : 1998

単位

mm

サイドレール幅

h

6

サイドレール

合い口すきま

s

1

接線張力

F

t

 (P

0

=1N/mm

2

)

組合せ呼び幅

h

1

(適切な h

6

を選択する)

区分

区分

h

6

区分欄に対応

組合

せ呼

び径

d

1

1 2 3 4

許容差

許容差

1 2 3 4

許容差

1

∼3 1∼3 1∼4 1∼4

4

48 54 60 72

48.4

54.4

60.5

72.6

48.8

54.9

61 73.2

49.2

55.3

61.5

73.8

49.6

55.8

62 74.4

120

121

122

123

124

125

0.4 0.45 0.5 0.6

+0.035

−0.015

0.35

+0.75

 0

50 56.2

62.5

75

F

t

<30N

の場合

±30%

F

t

≧30N

の場合

±20%

− 3 3.5 4 4.75

備考1.  サイドレールの厚さ  (a

1

)

は,スペーサエキスパンダのタイプによって異なる。比率 d

1

/a

1

の一般的な値

は,約20∼40の間となる。

2.

選択した最大組合せ厚さ  (a

6

)

は,そのタイプ(スペーサエキスパンダ及びサイドレール)に依存し,

また,製造業者の仕様によって決まる。

IS B 8032

80378038 原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

古  林      誠

青山学院大学

(幹事・小委員会主査)

久  保  幸  彦

帝国ピストンリング株式会社技術開発部

(委員)

浦  田  益太郎

通商産業省機械情報産業局

内  山  芳  忠

工業技術院機械技術研究所

本  間      清

工業技術院標準部

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会技術部

青  木  千  明

日本内燃機関連合会

照  山      勝

社団法人自動車技術会

門      泰  一

社団法人日本油空庄工業会(太陽鉄工株式会社)

山  本  英  継

三菱自動車工業株式会社材料技術部

伯耆田      毅

日産自動車株式会社

小野山  泰  一

日産自動車株式会社パワートレーン開発本部

江  頭  英  則

三菱自動車工業株式会社相模原製作所

常  田  征  三

株式会社田邊空気機械製作所名古屋事業所

小  島  克  己

社団法人日本自動車部品工業会技術部

手  島      巌

株式会社リケン  技術管理部

平  石      巌

日本ピストンリング株式会社技術開発部

(小委員会委員)

深  瀬  長  三

帝国ピストンリング株式会社

竹  内  康  二

日本ピストンリング株式会社技術開発部

栗  林  盛  夫

株式会社リケン  ピストンリング事業部

(関係者)

中  林  賢  司

工業技術院標準部

三  塚  隆  三

財団法人日本規格協会技術部

(事務局)

阿  部  静  郎

社団法人陸用内燃機関協会

本  間  隆  雄

社団法人陸用内燃機関協会

備考

  ○印の付いている者は,小委員会委員を兼ねる。