>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 8008-5

:2009

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義 

5

4

  記号

6

5

  燃料の選択 

7

5.1

  概要

7

5.2

  圧縮点火機関からの排出物に対する燃料特性の影響 

7

5.3

  火花点火機関からの排出物に対する燃料特性の影響 

10

6

  燃料の概要 

11

6.1

  天然ガス 

11

6.2

  液化石油ガス 

11

6.3

  自動車用ガソリン

11

6.4

  ディーゼル燃料

11

6.5

  留出油

12

6.6

  残さ(渣)油 

12

6.7

  原油

13

6.8

  代替燃料 

13

6.9

  その他の注意事項

13

附属書 A(参考)燃料別係数の計算

29

附属書 B(参考)燃料試験方法に関する規格の対比表

35

附属書 C(参考)市販燃料に関する情報を提供できる機関 

37

附属書 D(参考)参考文献

38

附属書 JA(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

41


B 8008-5

:2009

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本内燃機関連合

会(JICEF)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申

出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。これによっ

て,JIS B 8008-5:2000 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責

任はもたない。

JIS B 8008

(往復動内燃機関−排気排出物測定)の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

B

8008-1

  第 1 部:ガス状排出物及び粒子状排出物の台上測定

JIS

B

8008-2

  第 2 部:ガス状排出物及び粒子状排出物の搭載状態での測定

JIS

B

8008-3

  第 3 部:定常状態における排気煙濃度の定義及び測定

JIS

B

8008-4

  第 4 部:各種用途の定常状態における試験サイクル

JIS

B

8008-5

  第 5 部:試験燃料

JIS

B

8008-6

  第 6 部:試験報告

JIS

B

8008-7

  第 7 部:エンジンファミリの定義及び決定方法

JIS

B

8008-8

  第 8 部:エンジングループの定義及び決定方法

JIS

B

8008-9

  第 9 部:圧縮点火機関の過渡状態における排気煙濃度の台上測定での試験サイクル及び

試験方法

JIS

B

8008-10

  第 10 部:圧縮点火機関の過渡状態における排気煙濃度の現地測定での試験サイクル及

び試験方法

JIS

B

8008-11

  第 11 部:オフロード機関のガス状排出物及び粒子状排出物の過渡状態における台上測


日本工業規格

JIS

 B

8008-5

:2009

往復動内燃機関−排気排出物測定−

第 5 部:試験燃料

Reciprocating internal combustion engines-Exhaust emission

measurement-Part 5: Test fuels

序文 

この規格は,2008 年に第 2 版として発行された ISO 8178-5 を基に作成した日本工業規格であるが,技

術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,JIS B 8008-4 及び JIS B 8008-11 に規定する排気排出物試験を実施するときに使用を推奨す

る燃料(標準燃料)について規定する。

この規格は,道路での使用を主たる目的として設計された自動車用機関を除いた移動式,可搬式及び定

置式の往復動内燃機関[この規格では,総称してオフロード機関 (off-road engines) とする。

]に適用する。

例えば,土工機械,発電セットなどの用途の機関に適用する。

注記 1  燃料の性状が国によって大きく異なるので,この規格には標準燃料及び一般市販燃料を含め

広範囲にわたる各種の燃料を掲げている。

標準燃料の性状は,通常,それぞれの市販燃料を代表するものであるが,それよりも厳し

い仕様のものである。

JIS B 8008-1

及び JIS B 8008-11 に規定する試験運転台上での測定には,

標準燃料を使用することを推奨する。

市販燃料を使用して排気排出物を測定する現地測定においては,使用する燃料は,この規

格の規定の有無にかかわらず,一定の性状報告用紙(箇条 参照)に排気排出物測定結果と

ともにその燃料の性状も明示するのがよい。

注記 2  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 8178-5:2008

,Reciprocating internal combustion engines−Exhaust emission measurement−Part

5: Test fuels (MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。


2

B 8008-5

:2009

JIS B 8008-1

  往復動内燃機関−排気排出物測定−第 1 部:ガス状排出物及び粒子状排出物の台上測定

注記  対 応 国 際 規 格 : ISO 8178-1 , Reciprocating internal combustion engines− Exhaust emission

measurement

−Part 1: Test-bed measurement of gaseous and particulate exhaust emissions (MOD)

JIS B 8008-4

  往復動内燃機関−排気排出物測定−第 4 部:各種用途の定常状態における試験サイクル

注記  対 応 国 際 規 格 : ISO 8178-4 , Reciprocating internal combustion engines− Exhaust emission

measurement

−Part 4: Steady-state test cycles for different engine applications (MOD)

JIS B 8008-11

  往復動内燃機関−排気排出物測定−第 11 部:オフロード機関のガス状排出物及び粒子

状排出物の過渡状態における台上測定

注記  対応国際規格:ISO 8178-11,Reciprocating internal combustion engines−Exhaust emission

measurement

−Part 11: Test-bed measurement of gaseous and particulate exhaust emissions from

engines used in nonroad mobile machinery under transient test conditions (MOD)

JIS K 2240

  液化石油ガス(LP ガス)

注記  対応国際規格:ISO 3993,Liquefied petroleum gas and light hydrocarbons−Determination of

density or relative density

−Pressure hydrometer method,ISO 4256,Liquefied petroleum gases−

Determination of gauge vapour pressure

−LPG method,ISO 7941,Commercial propane and butane

−Analysis by gas chromatography 及び ISO 8973,Liquefied petroleum gases−Calculation method

for density and vapour pressure

(全体評価:MOD)

JIS K 2249

  原油及び石油製品−密度試験方法及び密度・質量・容量換算表

注記  対応国際規格:ISO 91-1,Petroleum measurement tables−Part 1: Tables based on reference

temperatures of 15 degrees C and 60 degrees F

ISO 649-1,Laboratory glassware−Density

hydrometers for general purposes

−Part 1: Specification,ISO 3675,Crude petroleum and liquid

petroleum products

−Laboratory determination of density−Hydrometer method 及び ISO 3838

Crude petroleum and liquid or solid petroleum products

−Determination of density or relative density

−Capillary-stoppered pyknometer and graduated bicapillary pyknometer methods

(全体評価:MOD)

JIS K 2254

  石油製品−蒸留試験方法

注記  対応国際規格:ISO 3405,Petroleum products−Determination of distillation characteristics at

atmospheric pressure

及 び ISO 3924 , Petroleum products − Determination of boiling range

distribution

−Gas chromatography method(全体評価:MOD)

JIS K 2255

  石油製品−ガソリン−鉛分試験方法

注記  対応国際規格:ISO 3830,Petroleum products−Determination of lead content of gasoline−Iodine

monochloride method (MOD)

JIS K 2258-1

  原油及び石油製品−蒸気圧の求め方−第 1 部:リード法

注記  対応国際規格:ISO 3007,Petroleum products and crude petroleum−Determination of vapour

pressure

−Reid method (MOD)

JIS K 2261

  石油製品−自動車ガソリン及び航空燃料油−実在ガム試験方法−噴射蒸発法

注記  対応国際規格:ISO 6246,Petroleum products−Gum content of light and middle distillate fuels−

Jet evaporation method (MOD)

JIS K 2265-3

  引火点の求め方−第 3 部:ペンスキーマルテンス密閉法

注記  対応国際規格:ISO 2719,Determination of flash point−Pensky-Martens closed cup method (MOD)

JIS K 2269

  原油及び石油製品の流動点並びに石油製品曇り点試験方法


3

B 8008-5

:2009

注記  対応国際規格:ISO 3015,Petroleum products−Determination of cloud point 及び ISO 3016

Petroleum products

−Determination of pour point(全体評価:MOD)

JIS K 2270-1

  原油及び石油製品−残留炭素分の求め方−第 1 部:コンラドソン法

注記  対応国際規格:ISO 6615,Petroleum products−Determination of carbon residue−Conradson

method

(MOD)

JIS K 2270-2

  原油及び石油製品−残留炭素分の求め方−第 2 部:ミクロ法

注記  対応国際規格:ISO 10370,Petroleum products−Determination of carbon residue−Micro method

(MOD)

JIS K 2272

  原油及び石油製品−灰分及び硫酸灰分試験方法

注記  対応国際規格:ISO 3987,Petroleum products−Lubricating oils and additives−Determination of

sulfated ash

及び ISO 6245,Petroleum products−Determination of ash(全体評価:MOD)

JIS K 2275

  原油及び石油製品−水分試験方法

注記  対応国際規格:ISO 3733,Petroleum products and bituminous materials−Determination of water

−Distillation method 及び ISO 9029,Crude petroleum−Determination of water−Distillation

method

(全体評価:MOD)

JIS K 2280

  石油製品−燃料油−オクタン価及びセタン価試験方法並びにセタン指数算出方法

注記  対応国際規格:ISO 4264,Petroleum products−Calculation of cetane index of middle-distillate fuels

by the four-variable equation

, ISO 5163 , Petroleum products − Determination of knock

characteristics of motor and aviation fuels

−Motor method,ISO 5164,Petroleum products−

Determination of knock characteristics of motor fuels

−Research method 及び ISO 5165,Petroleum

products

−Determination of the ignition quality of diesel fuels−Cetane engine method(全体評価:

MOD

JIS K 2283

  原油及び石油製品−動粘度試験方法及び粘度指数算出方法

注記  対応国際規格:ISO 3104,Petroleum products−Transparent and opaque liquids−Determination of

kinematic viscosity and calculation of dynamic viscosity (MOD)

JIS K 2287

  ガソリン−酸化安定度試験方法−誘導期間法

JIS K 2288

  石油製品−軽油−目詰まり点試験方法

JIS K 2301

  燃料ガス及び天然ガス−分析・試験方法

注記  対応国際規格:ISO 6326-1,Natural gas−Determination of sulfur compounds−Part 1: General

introduction

ISO 6327,Gas analysis−Determination of the water dew point of natural gas−Cooled

surface condensation hygrometers

ISO 6974 (all parts),Natural gas−Determination of composition

with defined uncertainty by gas chromatography

ISO 6975,Natural gas−Extended analysis−

Gas-chromatographic method

及び ISO 6976,Natural gas−Calculation of calorific values, density,

relative density and Wobbe index from composition

(全体評価:MOD)

JIS K 2501

  石油製品及び潤滑油−中和価試験方法

JIS K 2513

  石油製品−銅板腐食試験方法

注記  対応国際規格:ISO 2160,Petroleum products−Corrosiveness to copper−Copper strip test (MOD)

JIS K 2536-1

  石油製品−成分試験方法    第 1 部:蛍光指示薬吸着法

注記  対応国際規格:ISO 3837,Liquid petroleum products−Determination of hydrocarbon types−

Fluorescent indicator absorption method (MOD)


4

B 8008-5

:2009

JIS K 2536-2

  石油製品−成分試験方法    第 2 部:ガスクロマトグラフによる全成分の求め方

JIS K 2536-3

  石油製品−成分試験方法    第 3 部:ガスクロマトグラフによる芳香族の求め方

JIS K 2536-4

  石油製品−成分試験方法    第 4 部:タンデム式ガスクロマトグラフによる成分の求め

JIS K 2536-5

  石油製品−成分試験方法    第 5 部:ガスクロマトグラフによる酸素化合物の求め方

JIS K 2536-6

  石油製品−成分試験方法    第 6 部:酸素検出式ガスクロマトグラフによる酸素分・酸

素化合物の求め方

JIS K 2541-1

  原油及び石油製品−硫黄分試験方法    第 1 部:酸水素炎燃焼式ジメチルスルホナゾⅢ

滴定法

注記  対応国際規格:ISO 4260,Petroleum products and hydrocarbons−Determination of sulfur content

−Wickbold combustion method (MOD)

JIS K 2541-2

  原油及び石油製品−硫黄分試験方法    第 2 部:微量電量滴定式酸化法

JIS K 2541-4

  原油及び石油製品−硫黄分試験方法    第 4 部:放射線式励起法

注記  対応国際規格:ISO 8754,Petroleum products−Determination of sulfur content−Energy-dispersive

X-ray fluorescence spectrometry (MOD)

JIS K 2541-6

  原油及び石油製品−硫黄分試験方法    第 6 部:紫外蛍光法

JIS K 2541-7

  原油及び石油製品−硫黄分試験方法    第 7 部:波長分散蛍光 X 線法(検量線法)

ISO 2719

,Determination of flash point−Pensky-Martens closed cup method

ISO 3015

,Petroleum products−Determination of cloud point

ISO 3016

,Petroleum products−Determination of pour point

ISO 3104

,Petroleum products−Transparent and opaque liquids−Determination of kinematic viscosity and

calculation of dynamic viscosity

ISO 3105

,Glass capillary kinematic viscometers−Specifications and operating instructions

ISO 3675

,Crude petroleum and liquid petroleum products−Laboratory determination of density−Hydrometer

method

ISO 3733

,Petroleum products and bituminous materials−Determination of water−Distillation method

ISO 3735

,Crude petroleum and fuel oils−Determination of sediment−Extraction method

ISO 4260

,Petroleum products and hydrocarbons−Determination of sulfur content−Wickbold combustion

method

ISO 4262

,Petroleum products−Determination of carbon residue−Ramsbottom method

ISO 4264

,Petroleum products−Calculation of cetane index of middle-distillate fuels by the four-variable

equation

注記  対応日本工業規格:JIS K 2280  石油製品−燃料油−オクタン価及びセタン価試験方法並び

にセタン指数算出方法(MOD)

ISO 5165

,Petroleum products−Determination of the ignition quality of diesel fuels−Cetane engine method

注記  対応日本工業規格:JIS K 2280  石油製品−燃料油−オクタン価及びセタン価試験方法並び

にセタン指数算出方法(MOD)

ISO 6245

,Petroleum products−Determination of ash

ISO 6615

,Petroleum products−Determination of carbon residue−Conradson method

ISO 7536

,Petroleum products−Determination of oxidation stability of gasoline−Induction period method


5

B 8008-5

:2009

ISO 8216-1

,Petroleum products−Fuels (class F)−Classification−Part 1: Categories of marine fuels

ISO 8217

,Petroleum products−Fuels (class F)−Specifications of marine fuels

ISO 8691

,Petroleum products−Low levels of vanadium in liquid fuels−Determination by flameless atomic

absorption spectrometry after ashing

ISO 8754

,Petroleum products−Determination of sulfur content−Energy-dispersive X-ray fluorescence

spectrometry

ISO 10307-1

,Petroleum products−Total sediment in residual fuel oils−Part 1: Determination by hot filtration

ISO 10307-2

,Petroleum products−Total sediment in residual fuel oils−Part 2: Determination using standard

procedures for ageing

ISO 10370

,Petroleum products−Determination of carbon residue−Micro method

ISO 10478

,Petroleum products−Determination of aluminum and silicon in fuel oils−Inductively coupled

plasma emission and atomic absorption spectroscopy methods

ISO 14597

,Petroleum products−Determination of vanadium and nickel content−Wavelength-dispersive

X-ray fluorescence spectrometry

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

3.1 

残留炭素分 (carbon residue) 

試料を蒸発及び熱分解させたときに生成するコークス状炭化残留物(JIS K 2270-2:2009 の 3.1 参照)

注記  残留炭素分の測定方法には,Conradson の方法及び Ramsbottom の歴史的な方法があるが,最近

マイクロ法を使用することが多い。

3.2 

セタン指数 (cetane index) 

ディーゼル燃料の自己着火性能を表す値(JIS K 2280:1996 の 2.3 参照)

注記  この計算に使用する数式は,セタン価及び蒸留特性データがある数多くの世界中のサンプルか

ら統計的に算出し,5 年∼10 年の間隔で見直しする。最新の式は,JIS K 2280 による。この式

は,点火性能を向上させる添加剤を含んだ燃料には適用できない。

3.3 

セタン価 (cetane number) 

標準的な条件下におけるディーゼル燃料の自己着火性能を表す数値(JIS K 2280:1996 の 2.2 参照)

注記  この数値は,供試燃料と同じ着火遅れ特性をもつ比較用合成燃料(n-セタン及びヘプタメチル

ナノンの混合物)の成分の体積割合から求める(JIS K 2280 参照)

。高いセタン価は短い着火遅

れを示す。

3.4 

原油 (crude oil) 

砂岩のような多孔性の岩層中に天然に存在する石油。

注記  一般に液状を呈し,硫黄,窒素,酸素,各種金属,その他の化合物を含む炭化水素混合物。

(ISO 1998-1:1998

1.05.005)


6

B 8008-5

:2009

3.5 

ディーゼル燃料 (diesel fuel) 

特に,輸送業界で中速及び高速ディーゼル機関に使用する軽油 (gas-oil)。

注記  この燃料は,しばしば“自動車用ディーゼル燃料”と呼ばれる。

(ISO 1998-1:1998

1.20.131)

3.6 

ディーゼル指数 (diesel index) 

ディーゼル燃料及び残さ(渣)油の着火特性を評価するための値で,密度及びアニリン点から計算で求

める値。

注記  この方法は,不正確であるため現在では留出液体燃料に対しては,通常,使用しないが,留出

残さ油をブレンドしたものに適用する場合がある(3.2 の“セタン指数”も参照)

3.7 

液化石油ガス  (LPG : liquefied petroleum gas) 

プロパン,プロピレン,

ブタン及びブチレンを主成分とする液化した燃料ガス並びに工業用原料ガス[JIS 

K 2240:2007

の 3. a)  参照]

 

3.8 

オクタン価 (octane number) 

火花点火機関で使用する燃料のアンチノック性を表す数値(JIS K 2280:1996 の 2.1 参照)

 

注記  この数値は,供試機関を用いて,比較用合成燃料との比較によって決定する(JIS K 2280 参照)。

幾つかの試験方法があるので,オクタン価とともに使用した試験方法を表示する。

3.9 

含酸素有機化合物 (oxygenate) 

アルコール類,エーテル類などのような燃料又は燃料基材として使用される酸素を含む有機化合物。

記号 

この規格で使用する記号は,

表 0A による。

表 0A−記号 

記号

説明

単位

λ

空気過剰率(実際の混合比と理論混合比との比) kg/kg

f

fw

湿り状態の排気流量計算に用いる燃料別係数

k

f

カーボンバランス法に用いる燃料別係数

q

 maw

湿り状態の吸入空気質量流量 kg/h

q

 mcw

湿り状態の排気質量流量

kg/h

q

 mf

燃料質量流量 kg/h

w

 ALF

燃料中の水素含有率

質量%

w

 BET

燃料中の炭素含有率

質量%

w

 GAM

燃料中の硫黄含有率

質量%

w

 DEL

燃料中の窒素含有率

質量%

w

 EPS

燃料中の酸素含有率

質量%

z

水素含有率計算のための燃料係数


7

B 8008-5

:2009

燃料の選択 

5.1 

概要 

機関の認証には,可能な限り標準燃料を使用するのがよい。

標準燃料及び参考として記載した欧州及び米国の標準燃料は,各国の市販燃料の一般性状を反映してい

るので,その性状が各国で異なる。燃料成分は,排気排出物に影響するので,通常,異なる標準燃料を用

いた排気排出物の測定結果は比較できない。実験室間での排気排出物の比較においても,使用する標準燃

料の性状は,できるだけ同一であることが望ましい。理論的には,同じバッチの燃料を用いることが最良

である。

すべての燃料(標準燃料及びその他の燃料)の性状は,測定して,排気排出物の測定結果とともに報告

する。

非標準燃料に対して,測定する性状は,次に示す表に規定する。

表 4  一般性状報告用紙−天然ガス

表 8  一般性状報告用紙−液化石油ガス

表 12  一般性状報告用紙−自動車用ガソリン

表 17  一般性状報告用紙−ディーゼル燃料

表 19  一般性状報告用紙−留出油

表 21  一般性状報告用紙−残さ油

表 22  一般性状報告用紙−原油

排気質量流量の測定ができないとき,又は燃料消費量と燃焼空気流量とを組み合わせた測定ができない

ときは,燃料の組成を分析する。これらの場合,排気質量流量は,排気排出物濃度の測定結果を用いて JIS 

B 8008-1

附属書 A(排気質量流量及び/又は燃焼空気質量流量の計算)に規定する方法によって,算出

することができる。燃料性状が不明な場合,水素及び炭素の質量割合は,計算で求めることができる。こ

の方法を A.2.1A.2.3 に示す。

排出物及び排気質量流量の計算は,燃料組成に依存する。燃料別係数の計算は,適用できる場合,JIS B 

8008-1

附属書 による。

注記  附属書 に,幾つかの燃料について,JISISO 規格及び他の公的機関又は団体が定める燃料

性状の試験方法の規格を,参考として示す。

5.2 

圧縮点火機関からの排出物に対する燃料特性の影響 

5.2.0A 

一般 

燃料特性は,機関の排気排出物に重大な影響を与える。燃料パラメータは,排出物のレベルに何らかの

影響を与える。5.2.15.2.3 に,燃料パラメータが排気排出物に与える影響について規定する。

5.2.1 

燃料中の硫黄 

硫黄は,本来原油中に存在する。精製工程の後でも燃料中に含まれる硫黄は,機関の燃焼過程で二酸化

硫黄(SO

2

)に酸化され,機関からの硫黄排出物の主な成分になる。SO

2

の一部分は,機関の排気装置及び

希釈トンネルの中で,又は排気後処理装置によって,更に三酸化硫黄(SO

3

)に酸化される。SO

3

は,排気

中の水分と反応して硫酸(H

2

SO

4

)になり,更に水と結合して凝縮し,サルフェートとして粒子状排出物

(PM。以下,PM という。

)の一部として測定される。したがって,燃料中の硫黄は PM 排出量に大きな

影響を与える。

注記 PM 中のサルフェートを測定する場合,サルフェートを水に抽出し,液体クロマトグラフで硫


8

B 8008-5

:2009

酸イオンを測定する。硫酸イオンの質量から,結合水の質量は,硫酸の質量の 1.3 倍又は硫酸

の水和物が H

2

SO

4

・7H

2

O

であるとしてサルフェートの質量に換算する。

機関から排出されるサルフェートの質量は,次のパラメータに依存する。

−  機関の燃料消費率(BSFC)

−  燃料硫黄分(FSC)

−  硫黄からサルフェートへの変換率(CR)

−  H

2

SO

4

・7H

2

O

に変換される水分の結合による質量増加

燃料消費量と燃料硫黄分は測定できるパラメータであるが,変換率は機関によって異なるので予測する

しかない。通常,変換率は後処理装置のない機関では約 2  %である。PM への硫黄の影響を評価するため

には,次の式 (1) によって求める。

5

937

.

6

100

100

PM

×

×

×

=

CR

FSC

BSFC

S

 (1)

ここに,

S

PM

PM

中のサルフェートの排出量 (g/kW・h)

BSFC

燃料消費量 (g/kW・h)

FSC

燃料硫黄分  (%)

CR

硫黄からサルフェートへの変換率  (%)

6.937 5

硫黄から H

2

SO

4

・7H

2

O

への変換係数

後処理装置がなく S から SO

4

への変換率が 2  %の機関に対して,燃料硫黄分とサルフェート排出量との

関係を

図 に示す。

多くの後処理装置は,後処理装置全体の不可欠な部分として酸化触媒を含む。酸化触媒の主な目的は,

後処理装置が適切に機能するために必要な特定の化学反応を促進することである。酸化触媒はかなりの量

の SO

2

も SO

4

に酸化するので,後処理システムは燃料硫黄があると大量の PM を追加して生成する可能性

がある。そのような後処理装置を使用するとき,変換率は触媒コンバータの効率によって約 30  %から約

70

%に急激に増加する。これは 0.05  % (500 ppm) 以下のレベルの硫黄に対して

図 に示すように PM に

大きな影響を与える。


9

B 8008-5

:2009

図 1−後処理装置がない機関に対する燃料中の硫黄分とサルフェート排出量との関係 

図 2−後処理装置がある機関に対する燃料中の硫黄分とサルフェート排出量との関係 

5.2.2 

船用燃料に対する個別の考慮 

船用燃料(留出油及び残さ油)に含まれる硫黄及び窒素は,PM 及び窒素酸化物(NO

x

)排出物それぞれ

に大きな影響を与える。

一般的に,

船用燃料の硫黄分は,

自動車用又はオフロード用ディーゼル燃料より著しく高い

表 20 参照)。

後処理装置がない場合でさえ,サルフェートの排出率は,2  %の硫黄含有燃料では約 0.4 g/kW・h になる。

さらに,多くの灰分,バナジウム及び沈降物は,全 PM に大きく寄与する。その結果,本来,機関からの

主な PM であるすす(煤)が,全 PM に占める割合は,少なくなる。後処理装置を使用する場合,5.2.1 

注意深く考慮する。

残さ油の平均的窒素分は現在約 0.4  %であるが,確実に増加している。0.8∼1.0  %の窒素分が報告され

た場合もある。0.8  %の窒素レベルで 55  %の変換率を仮定すると,2 g/kW・h 以上の NO

x

排出物が増大す

る。これは全 NO

x

排出物の大部分であり,したがって,燃料中の窒素分についても注意深く考慮しなけれ

ばならない。


10

B 8008-5

:2009

5.2.3 

他の燃料の特性 

機関の排出物及び燃料消費に大きな影響がある,幾つかの他の燃料パラメータがある。硫黄による影響

とは反対にそれらの大きさは予想しにくく明白でないが,すべての機関に対し有効な一般的傾向がある。

これらのパラメータで最も重要なのは,セタン価,密度,多環芳香族の含有率,総芳香族の含有率及び留

出特性である。これらの影響を簡潔にまとめると,次のようになる。

NO

x

に対しては,多環芳香族の含有率及び密度の影響は大きくないが,総芳香族の含有率は支配的なパ

ラメータである。これは,高い芳香族含有率によって燃焼中の火炎温度が上昇し,その結果 NO

x

排出物が

増加することによる。PM に対しては,密度及び多環芳香族の含有率が最も大きな燃料パラメータである。

一般的に,芳香族の含有率を 30  %から 10  %に低減すると NO

x

は 4  %低減する。多環芳香族の含有率を

9

%から 1  %に低減すると PM に対して同様の低減が可能である。

セタン価 (CN) が増加すると機関の低温始動性及び白煙の排出が改善される。また,特に軽負荷で NO

x

低減によい影響があり,CN が 50 から 58 に増加すると最大 9  %の NO

x

低減が達成でき,更に,最大 3  %

の燃料消費の改善を達成できる。

5.3 

火花点火機関からの排出物に対する燃料特性の影響 

火花点火機関の排出物及び燃料消費に対して重要な影響がある燃料パラメータには,オクタン価,硫黄

含有率,金属含有添加剤,含酸素成分,オレフィン及びベンゼンが含まれる。

機関は,あるオクタン価に対して設計し調整する。購入者が要求より低いオクタン価のガソリンを使用

すると,ノッキングが発生し機関を破損することがある。

前記のように,硫黄は元々原油中に存在する。硫黄を精製工程中に除去しない場合は,硫黄は燃料中に

残留する。硫黄は,触媒効率を下げるので機関からの排出物に重大な影響を与える。硫黄は,また排気酸

素センサに悪影響を与える。その結果,高い硫黄レベルは,HC 及び NO

x

排出物を増大させる。また,NO

x

後処理技術を必要とする希薄燃焼技術は,硫黄に非常に敏感である。

金属含有添加剤は,通常,灰を形成し,そのため触媒及び酸素センサのような他の部品の動作に悪影響

を与え,排出物を増加させる。例えば,MMT(メチル・シクロペンタ・ジエニル・マンガン・トリ・カル

ボニル)は,ガソリンのオクタン価を高める燃料添加剤として市販されているマンガンベースの化合物で

あるが,MMT の燃焼生成物は,点火プラグのような機関内部の部品の表面を覆い,排出物の増加,燃料

消費の増加及び機関特性の悪化につながる失火を引き起こす可能性がある。それらはまた蓄積し続け,触

媒のガス通路を部分的に塞ぐことによって,排出物制御を悪化させるとともに,燃料消費の増大を引き起

こす。

オクタン価の増加,又は理論空燃比を増加させ一酸化炭素を低減するために,MTBE(メチル・ターシ

ャリー・ブチル・エーテル)及びエタノールのような含酸素有機化合物をしばしば添加する。特に,電子

フィードバック制御燃料システムのない気化器付機関では,希薄燃焼運転によって一酸化炭素排出物を低

減できる。

オレフィンは,不飽和炭化水素で,多くの場合,良好なガソリンのオクタン価向上成分でもある。しか

し,ガソリン中のオレフィンは,ガム及び沈殿物を形成させ,例えば,オゾンを形成しやすい反応性の高

い炭化水素の排出及び有毒化合物の排出を増加させる。

ベンゼンは,原油に存在する成分であり,高いオクタン価のガソリンを製造する触媒改質の生成物でも

ある。また,人体に対し発がん(癌)性があることが知られている。ガソリン中のベンゼン含有量の制御

は,火花点火機関からのベンゼンの蒸発及び排気排出物を制限する最も直接的な方法である。

ガソリンの適切な揮発性は,性能及び排出物の両面で火花点火機関の運転に極めて重要である。揮発性


11

B 8008-5

:2009

は,蒸気圧及び留出性状の二つの測定項目によって特性化する。

燃料の概要 

6.1 

天然ガス 

6.1.1 

標準天然ガス 

認証試験用として推奨する標準天然ガスの性状及び試験方法は,

表 による。

他の標準燃料の例を,

表 及び表 に示す。

a)

欧州連合標準燃料:

表 参照

b)

米国認証試験用燃料:

表 参照

c)

日本認証試験用燃料:

表 3

6.1.2 

非標準天然ガス 

多くの場合,ガス燃料は,現地で得られるものを使用するので,標準ガス燃料を使用することは少ない。

燃料の性状は,燃料分析を含めて排気排出物の試験結果とともに報告する。報告書に記載する一般性状報

告用紙−天然ガスを,

表 に示す。

6.2 

液化石油ガス 

6.2.1 

標準液化石油ガス 

認証試験用として推奨する標準液化石油ガスの性状及び試験方法は,

表 による。

他の標準燃料の例を,

表 及び表 に示す。

a)

欧州連合標準燃料:

表 参照

b)

米国認証試験用燃料:

表 参照

c)

日本認証試験用燃料:

表 7

6.2.2 

非標準液化石油ガス 

多くの場合,液化石油ガスは,現地で得られるものを使用するので,標準ガス燃料を使用することは少

ない。燃料の性状は,燃料分析を含めて排気排出物の試験結果とともに報告する。報告書に記載する一般

性状報告用紙−液化石油ガスを,

表 に示す。

6.3 

自動車用ガソリン 

6.3.1 

自動車用標準ガソリン 

認証試験用として推奨する自動車用標準ガソリンの性状及び試験方法は,

表 11 による。

他の標準燃料の例を,

表 及び表 10 に示す。

a)

欧州連合標準燃料

:表 参照

b)

米国認証試験用燃料

:表 10 参照

c)

日本認証試験用燃料

:表 11

6.3.2 

自動車用非標準ガソリン 

自動車用非標準ガソリンを使用するときは,使用した燃料の性状を試験結果とともに報告する。報告書

に記載する一般性状報告用紙−自動車用ガソリンを,

表 12 に示す。

市販燃料の規格又は仕様についての情報は,

附属書 に記載の公的機関又は団体で入手できる。

6.4 

ディーゼル燃料 

6.4.1 

標準ディーゼル燃料 

認証試験用として推奨する自動車用標準ディーゼル燃料の性状及び試験方法は,

表 16 による。

他の標準燃料の例を,

表 13,表 14 及び表 15 に示す。


12

B 8008-5

:2009

a)

欧州連合標準燃料

:表 13 参照

b)

米国認証試験用燃料

:表 14 及び表 14A を参照

c)

カリフォルニア認証試験用燃料

:表 15 参照

d)

日本認証試験用燃料

:表 16

6.4.2 

非標準ディーゼル燃料 

非標準ディーゼル燃料を使用するときは,使用した燃料の性状を試験結果とともに報告する。報告書に

記載する一般性状報告用紙−ディーゼル燃料を,

表 17 に示す。

市販燃料に関する情報は,

附属書 に記載した公的機関又は団体で入手できる。

注記  日本では,認証試験に用いる標準ディーゼル燃料とは性状が異なる軽油,A 重油などがある。

6.5 

留出油 

留出油については,標準燃料は規定していないので,使用燃料は,ISO 8217 に基づく

表 18 に適合する

ことが望ましい。

燃料の組成分析を含む燃料性状を測定して排気排出物の測定結果とともに報告する。報告書に記載する

一般性状報告用紙−留出油を

表 19 に示す。

CFR

機関

1)

を用いる測定方法は,残さ油を含む燃料には適用できないので,ISO 8217 では残さ油を含む

ISO-F-DMC

燃料の点火特性を規定していない。

1)

米国の CFR 委員会(ASTM, Co-operative Fuel Research Committee)が標準化した,セタン価,オ

クタン価などを測定するための試験に用いる機関。

6.6 

残さ(渣)油 

残さ油については,標準燃料は規定していないので,ISO 8217 に基づく

表 20 に適合する燃料の使用を

推奨する。

重油で運転するときは,その燃料の性状は,ISO 8216-1 及び ISO 8217 に適合しなければならない。燃

料の組成分析を含む燃料性状を測定して排気排出物の測定結果とともに報告する。報告書に記載する一般

性状報告用紙−残さ油を

表 21 に示す。

CFR

機関を用いる測定方法は,残さ油を含む燃料には適用できないので,ISO 8217 では点火特性を規定

していない。

点火特性の排気排出物,特に NO

x

に及ぼす効果は,機関特性,機関回転速度及び負荷によって異なり,

多くの場合無視できない。純粋な留出燃料に対するセタン指数と同等な燃料の点火特性を評価できる測定

方法を定める必要があると,一般にいわれている。留出温度に基づく計算は,適切でない。これまでの間,

最も信頼性の高い一般的指針として CCAI (Calculated Carbon Aromaticity Index)  又は CII (Calculated Ignition

Index)

がある。排気排出物の認証試験においては,燃料仕様に点火特性の最高レベルを追加するのは,時

期尚早である。A.3 に,CCAI 及び CII の計算式を示す。

最近の研究による他の方法として,燃料点火分析器 (FIA) がある。燃料の点火特性を,点火遅れ及び主

燃焼始めの時間遅れ(どちらも単位はミリ秒)として決定する。校正用燃料を使用して記録した点火遅れ

を分析器によってセタン価に変換する。さらに,熱発生率 (ROHR) を決定し,有効熱発生プロセス及び試

験する燃料の燃焼特性に反映する。

試験結果は,化学成分の違いによる船用燃料の点火特性及び燃焼特性の違いを表している。現在,この

分析器による試験結果と機関の性能及び燃料点火特性との相関を目的として,多くの重油についての試験

が行われている。機関製造業者,燃料の試験研究所及び船用重油の使用者が協力して,機関の性能を乱さ

ない燃料の点火特性及び燃焼特性の許容限度を確立しつつある。


13

B 8008-5

:2009

6.7 

原油 

原油については,標準燃料は規定していない。原油で運転するときは,燃料の一般性状を測定して排気

排出物の測定結果とともに報告する。報告に必要な性状報告用紙−原油を,

表 22 に示す。

6.8 

代替燃料 

代替燃料を用いる場合には,燃料の製造業者が定めた燃料の分析項目を測定して排気排出物の測定結果

とともに報告する。

注記  脂肪酸メチルエステルに対する要求事項は,JIS K 2390 に記載がある。

6.9 

その他の注意事項 

燃料性状の試験方法は,この規格の規定による。

附属書 に,幾つかの燃料について,JISISO 規格

及び他の公的機関又は団体が定める燃料性状の試験方法の規格を,参考として示す。ただし,

附属書 

対比した規格が,すべて完全に一致した規格であるとは限らない。

試験において燃料に添加物を添加するときは,そのことを試験報告書に記載する。

機関の吸気に水分を添加するときは,そのことを試験報告書に記載して排気排出物の計算で考慮する。

市販燃料の規格に関する情報が入手可能な公的機関又は団体を,

附属書 に示す。


14

B 8008-5

:2009

表 1−天然ガス−欧州連合標準燃料(参考) 

[出典:欧州連合指令 2005/78/EC]

G

23

G

R

G

25

性状

単位

試験方法

最小

最大

最小

最大

最小

最大

メタン

エタン

モル  %

モル  %

ISO 6974 

同上

91.5

93.5

84

11

89

15

84

88

不活性物+C

2

を超える HC

モル  %

同上 

− 1 −

不活性物(N

2

を除く)

+C

2

以上の HC

モル  %

同上

− 1 −

− 1

窒素 
硫黄分

モル  %

mg/m

3

同上

ISO 6326-5

6.5

8.5

10

− 

10

12

16

10

表 2−天然ガス−米国認証試験用燃料(参考) 

[出典:米国連邦規則集  (Code of Federal Regulations) Title40, 1065. 715]

 2008

現在

性状

単位

試験方法

最小

最大

最小

最大

メタン

エタン

C

3

以上の HC

C

6

以上の HC

モル  %

モル  % 
モル  % 
モル  %

ASTM D 1945 

ASTM D 1945 

ASTM D 1945 

ASTM D 1945 

89

− 
− 

4.5

2.3

0.2

87

− 
− 

5.5

1.7

0.1

不活性ガス(CO

2

と N

2

との総和)

モル  %

ASTM D 1945 

− 4.0 − 5.1

表 3−天然ガス−日本認証試験用燃料 

[出典:道路運送車両の保安基準の細目を定める告示  別添 41 及び別添 42]

13A

相当

性状

単位

試験方法

最小

最大

総発熱量

ウオッベ指数

燃焼速度指数 
メタン 
エタン

プロパン 
ブタン

C

3

+C

4

の HC

C

5

以上の HC

その他のガス(H

2

+O

2

+N

2

+CO+CO

2

硫黄分

kcal/m

3

(MJ/m

3

WI

MCP

モル  % 
モル  %

モル  % 
モル  % 
モル  %

モル  % 
モル  %

mg/m

3

JIS K 2301 

a) 

a) 

JIS K 2301 

JIS K 2301 

JIS K 2301 

JIS K 2301 

JIS K 2301 

JIS K 2301 

JIS K 2301 

JIS K 2301 

10 410

(43.576)

13 260

36.8

85.0

− 
− 

− 
− 

11 050

(46.255)

13 730

37.5

10.0

6.0

4.0

8.0

0.1

14.0

10

a)

ウオッベ指数及び燃焼速度指数はガスの成分に基づいて算出する。


15

B 8008-5

:2009

表 4−一般性状報告用紙−天然ガス 

性状

単位

試験方法

測定結果

メタン割合

体積%

JIS K 2301

C

2

の HC

C

2

を超える HC

C

6

を超える HC

不活性成分(CO

2

と N

2

との総和)

硫黄分

体積% 
体積% 
体積%

体積%

mg/m

3

JIS K 2301

JIS K 2301

JIS K 2301

JIS K 2301

JIS K 2301

表 5−液化石油ガス−欧州連合標準燃料(参考) 

[出典:欧州連合指令 2005/78/EC]

性状

単位

試験方法

燃料 A

燃料 B

C

3

の HC

C

4

の HC

C

3

及び C

4

を除く HC

オレフィン

体積% 
体積% 
体積%

体積%

ISO 7941 

ISO 7941 

ISO 7941 

ISO 7941 

50

±2

最大 2.0

最大 12

85

±2

最大 2.0

最大 14

蒸発残留物 
水(0  ℃)

全硫黄含有率 
硫化水素 
銅板腐食

臭気 
オクタン価(モータ法)

mg/kg

mg/kg

評価

− 

ISO 13757 

目視

EN 24260 

ISO 8819 

ISO 6251

嗅覚

EN 589 Annex B 

最大 50

なし

最大 50/10

なし

Class 1

特有臭

最小 92.5

最大 50

なし

最大 50/10

なし

Class 1

特有臭

最小 92.5

表 6−液化石油ガス−米国認証試験用燃料(参考) 

[出典:米国連邦規則集 Title 40, 1065.720]

性状

単位

試験方法

最小

最大

プロパン 
ブタン

ブテン類 
ペンテン類及びより重い成分

体積% 
体積%

体積% 
体積%

ASTM D 2163 

ASTM D 2163 

ASTM D 2163 

ASTM D 2163 

85

− 

5

2

0.5

プロペン 
蒸気圧(38  ℃) 
揮発性残留物

残留物 
銅板腐食 
硫黄分

水分

体積%

kPa

ml

評価

mg/kg

評価

ASTM D 2163 

ASTM D 1267 

ASTM D 1837 

ASTM D 2158 

ASTM D 1838 

ASTM D 2784 

ASTM D 2713 

− 
− 

− 
− 

試験弁凍結時間

>  60 s

10

1400

−38

0.05

Class 1

80


16

B 8008-5

:2009

表 7−液化石油ガス−日本標準燃料 

性状

単位

試験方法

最小

最大

プロパン及びプロピレン 
ブタン及びブチレン 
密度(15  ℃)

蒸気圧(40  ℃) 
硫黄分

モル  % 
モル  %

g/cm

3

MPa

質量%

JIS K 2240 

JIS K 2240 

JIS K 2240 

JIS K 2240 

JIS K 2240 

20

70

0.500

− 

30

80

0.620

1.55

0.02

表 8−一般性状報告用紙−液化石油ガス 

性状

単位

試験方法

a)

測定結果

炭化水素割合

モル  %

JIS K 2240 

硫黄分

質量%

JIS K 2240 

蒸気圧(40  ℃) kPa  JIS K 2240 

密度(15  ℃) g/cm

3

JIS K 2240 

a)

使用する方法を示す。


17

B 8008-5

:2009

表 9−自動車用ガソリン−欧州連合標準燃料(参考) 

[出典:CEC,標準燃料マニュアル] 
[出典:欧州連合指令 2002/80/EC] 
[出典:欧州連合指令 2004/26/EC]

[出典:欧州経済委員会規制 83]

RF-02-99

無鉛

RF-02-03

無鉛

性状

単位

試験方法

最小

最大

最小

最大

オクタン価(リサーチ法,RON) 
オクタン価(モータ法,MON)

密度(15  ℃) 
蒸気圧(リード法) 
蒸気圧(DVPE)

kg/m

3

kPa

kPa

ISO 5164 

ISO 5163 

ISO 3675 

ISO 3007 

EN 13016-1 

95

85

748

56

− 

762

60

95

85

740

56

− 

754

60

蒸留性状 
  初留点

  蒸発(100  ℃) 
  蒸発(150  ℃) 
  終点

  残油量

体積% 
体積%

体積%

ISO 3405 

24

49

81

190

40

57

87

215

2

24

50

83

190

40

58

89

210

2

炭化水素分析 
  オレフィン

  芳香族 
  ベンゼン 
  飽和炭化水素

体積%

体積% 
体積% 
体積%

ASTM D 1319 

ASTM D 1319 

EN 12177 

ASTM D 1319 

28

10

40

1

29

10

35

1

硫黄分 
酸素分

鉛含有量 
りん含有量 
酸化安定度

  誘導期間 
  実在ガム 
銅板腐食(50  ℃)

mg/kg

質量%

mg/l

mg/l

min

mg/ml

ISO 14596 

EN 1601 

EN 237 

ASTM D 3231 

ISO 7536 

ISO 6246 

ISO 2160 

− 

480

− 

100

2.3

5

1.3

0.04

class 1

− 

− 

480

− 

10

1.0

5

1.3

0.04

class 1


18

B 8008-5

:2009

表 10−自動車用ガソリン−米国認証試験用燃料(参考)

[出典:米国連邦規則集 Title 40,86.1313-2004] 
[出典:米国連邦規則集 Title 40,1065.710]

性状

単位

試験方法

最小

最大

オクタン価(リサーチ法,RON) 
運転条件に対する感度(RON/MON)

蒸気圧(リード法)

kPa

ASTM D 2699 

ASTM D 2699 

ASTM D 2700 

ASTM D 323 

93

7.5

60.0

− 

63.4

蒸留性状 
  初留点

  10 体積%留出温度 
  50 体積%留出温度 
  90 体積%留出温度

  終点

℃ 
℃ 

ASTM D 86 

24

49

93

149

35

57

110

163

213

炭化水素分析

  オレフィン 
  芳香族 
  飽和炭化水素

体積%
体積%
体積%

ASTM D 1319 

− 
− 

10

35

硫黄分 

りん

mg/kg

g/l

g/l

ASTM D 3237 

ASTM D 3231 

− 

80

0.013

0.001 3


19

B 8008-5

:2009

表 11−自動車用ガソリン−日本認証試験用燃料

[出典:道路運送車両の保安基準の細目を定める告示  別添 41 及び別添 42]

レギュラグレ−ド

プレミアムグレ−ド

性状

単位

試験方法

最小

最大

最小

最大

オクタン価(リサーチ法,RON)

オクタン価(モータ法,MON)

JIS K 2280 

JIS K 2280 

90

80

92

82

99

86

101

88

密度(15  ℃)

蒸気圧(37.8  ℃)

g/cm

3

kPa

JIS K 2249 

JIS K 2258-1 

0.72

56

0.77

60

0.72

56

0.77

60

蒸留性状(減失量加算)

  10  %留出温度 
  50  %留出温度 
  90  %留出温度

  終点

K

(℃)

K

(℃)

K

(℃)

K

(℃)

JIS K 2254 

318 (45)

363 (90)

413 (140)

328 (55)

373 (100)

443 (170)

488 (215)

318 (45)

363 (90)

413 (140)

328 (55)

373 (100)

443 (170)

488 (215)

炭化水素分析

  オレフィン 
  芳香族

  ベンゼン 
  酸素分 
  MTBE

  メタノ−ル 
  エタノ−ル 
  灯油

体積% 
体積%

体積% 
質量% 
体積%

体積% 
体積% 
体積%

JIS K 2536-1

-2

-3-4-5-6

15

20

− 
− 

− 
− 

25

45

1.0

ND

a)

ND

ND

ND

ND

15

20

− 
− 

− 
− 

25

45

1.0

ND

ND

ND

ND

ND

硫黄分

実在ガム(100 ml 中)

mg/kg

g/l

mg

JIS K 2541-1

-2

-6-7

JIS K 2255 

JIS K 2261

10

ND

5

10

ND

5

a)

 ND

:検出されない。


20

B 8008-5

:2009

表 12−一般性状報告用紙−自動車用ガソリン

性状

単位

試験方法

a)

測定結果

オクタン価(リサーチ法,RON)

オクタン価(モータ法,MON) 
運転条件に対する感度(RON/MON) 
密度(15  ℃)

蒸気圧(リード法) 
蒸気圧 (DVPE)

kg/l

kPa

kPa

JIS K 2280

JIS K 2280 

JIS K 2280 

JIS K 2249 

JIS K 2258-1 

EN 13016-1

蒸留性状

  初留点 
  10 体積%留出温度 
  50 体積%留出温度

  90 体積%留出温度 
  終点 
  残油量

   70 ℃における 
  100  ℃における 
  180  ℃における

℃ 
℃ 

℃ 

体積% 
体積% 
体積%

JIS K 2254

炭化水素分析 
  オレフィン

  芳香族 
  ベンゼン

体積%

体積% 
体積%

JIS K 2536-1 

ASTM D 3606 

JIS K 2536 

EN 238

硫黄分

りん 

質量 ppm

g/l

g/l

JIS K 2541-1 

JIS K 2541-4 

ASTM D 3231 

JIS K 2255

酸化安定度 
  誘導期間

  実在ガム(100 ml 中) 
銅板腐食(50  ℃) 
含酸素有機化合物

min

mg

JIS K 2287 

JIS K 2261 

JIS K 2513 

JIS K 2536

元素分析

b)

  炭素 
  水素

  窒素 
  酸素

質量% 
質量%

質量% 
質量%

ASTM D 3343

a)

使用する方法を示す。

b)

箇条 参照


21

B 8008-5

:2009

表 13−ディーゼル燃料−欧州連合標準燃料(参考)

[出典:CEC,標準燃料マニュアル] 
[出典:欧州連合指令 2005/78/EC] 
[出典:欧州連合指令 2004/26/EC]

RF-06-99

a)

 RF-06-03

a)

 RF-75-T-96

a)

性状

単位

試験方法

最小

最大

最小

最大

最小

最大

セタン価

密度(15  ℃)

kg/m

3

ISO 5165 

ISO 3675 

52

833

54

837

52

833

54

837

45

835

50

845

蒸留性状

  50 体積%留出温度 
  95 体積%留出温度 
  終点

℃ 
℃ 

ISO 3405 

245

345

350

370

245

345

350

370

− 
− 

− 

370

引火点 
目詰り点

動粘度(40  ℃) 
多環式芳香族炭化水素

℃ 

mm

2

/s

質量%

ISO 2719 

EN 116 

ISO 3104 

EN 12916 

55

2.5

3.0

−5

3.5

6.0

55

2.5

2.0

−5

3.3

6.0

55

2.5

+5

3.5

硫黄分

銅板腐食

10

%残油の残留炭素分

(コンラドソン法)

灰分 
水分

mg/kg

質量%

質量%

質量

ISO 14596 

ISO 2160 

ISO 10370 

ISO 6245 

ISO 12937 

報 告 す

る。

300 (50)

class 1

0.2

0.01

0.05

− 

− 

10

class 1

0.2

0.01

0.02

1 000

− 

− 

2 000

class 1

0.3

0.01

0.05

潤滑性(HFRR  60  ℃) 
中和価 
酸化安定度

μm

mg KOH/g

mg/ml

CEC F-06-A-96

ISO 12205 

− 
− 

0.02

0.025

− 
− 

400

0.02

0.025

− 
− 

0.02

0.025

a)

 CEC

附属書 参照)の燃料の種類を表す記号。


22

B 8008-5

:2009

表 14−ディーゼル燃料−米国認証試験用燃料(新規格)

a)

(参考)

[出典:米国連邦規則集  Title 40,86.1313-98] 
[出典:米国連邦規則集  Title 40,86.1313-2007] 
[出典:米国連邦規則集  Title 40,1065.703]

燃料 2−D

性状

単位

試験方法

最小

最大

セタン価

セタン指数 
密度(15  ℃)

kg/l

ASTM D 613 

ASTM D 976 

ASTM D 1298 

40

40

0.840

50

50

0.865

蒸留性状 
  初留点 
  10 体積%留出温度

  50 体積%留出温度 
  90 体積%留出温度 
  終点

℃ 

℃ 
℃ 

ASTM D 86 

171

204

243

293

321

204

238

282

332

366

引火点 
動粘度(37.88  ℃)

mm

2

/s

ASTM D 93 

ASTM D 445 

54

2

3.2

硫黄分

芳香族

質量%

ppm

体積%

ASTM D 1266 

ASTM D 2622 

ASTM D 1319 

0.03

7

27 (10)

0.05

15

a)

この規格は,2011 年以後(自動車用は 2007 年以後)適用される予定の規格
である。現行規格については,

表 14A を参照。

表 14A−ディーゼル燃料−米国認証試験用燃料(オフロード用現行規格)(参考) 

[出典:米国連邦規則集  Title 40,89.330]

燃料 2−D

性状

単位

試験方法

最小

最大

セタン価

セタン指数

API

密度 (API Gravity)

− 

ASTM D 613 

ASTM D 976 

ASTM D 287 

40

32

48

37

蒸留性状 
  初留点 
  10 体積%留出温度

  50 体積%留出温度 
  90 体積%留出温度 
  終点

℃ 

℃ 
℃ 

ASTM D 86 

171

204

243

293

321

204

238

282

332

366

引火点 
動粘度(37.8  ℃)

mm

2

/s

ASTM D 93 

ASTM D 445 

54

2.0

3.2

硫黄分

芳香族

質量%

体積%

ASTM D 129 

又は

ASTM D 2622 

ASTM D 1319

0.03

10

0.40


23

B 8008-5

:2009

表 15−ディーゼル燃料−カリフォルニア認証試験用燃料(新規格)

a)

(参考) 

[出典:カリフォルニア州規則集  Title 13,Division 3]

燃料 2−D

性状

単位

試験方法

最小

最大

セタン価

セタン指数 
密度(15  ℃)

kg/l

ASTM D 613 

ASTM D 976 

42

42

0.840

50

50

0.865

蒸留性状 
  初留点 
  10 体積%留出温度

  50 体積%留出温度 
  90 体積%留出温度 
  終点

℃ 

℃ 
℃ 

ASTM D 86 

171

204

243

293

321

204

238

282

332

366

引火点 
動粘度(37.88  ℃)

mm

2

/s

ASTM D 93 

ASTM D 445 

54

2

3.2

硫黄分

芳香族

質量%

体積%

ASTM D 1266 

ASTM D 2622 

ASTM D 1319 

0.03

0.05

10

a)

この規格は,自動車用には 2007 年以後適用されている規格である。


24

B 8008-5

:2009

表 16−ディーゼル燃料−日本認証試験用燃料 

[出典:道路運送車両の保安基準の細目を定める告示  別添 41,別添 42 及び別添 43]

認証燃料 1

b)

認証燃料 2

c)

性状

単位

試験方法

最小

最大

最小

最大

セタン指数

密度(15  ℃)

g/cm

3

JIS K 2280 

JIS K 2249 

53

0.824

57

0.840

53

0.815

60

0.840

蒸留性状

  50  %留出温度 
  90  %留出温度 
  終点

K

(℃)

K

(℃)

K

(℃)

JIS K 2254 

528 (255)

573 (300)

568 (295)

618 (345)

643 (370)

528 (255)

573 (300)

568 (295)

618 (345)

643 (370)

炭化水素分析 
  総芳香族

  多環芳香族

体積%

体積%

JPI-5S-49-97

d)

JPI-5S-49-97

25

5.0

25

5.0

引火点

動粘度(30  ℃)

K

(℃)

mm

2

/s

JIS K 2265-3 

JIS K 2283 

331 (58)

3.0

4.5

331 (58)

3.0

4.5

硫黄分 mg/kg

JIS K 2541-1

-2

-6-7

− 10 − 10

トリグリセリド

質量%

ND

a)

   ND

脂肪酸メチルエステル

質量%

測定方法は,経済産業省告示第

78

号(平成 19 年 3 月 22 日)

による。

 ND  ND

a)

 ND

:検出されない。

b)

“道路運送車両の保安基準の細目を定める告示別添 41 及び別添 42”に規定された自動車用の試験燃料

c)

“道路運送車両の保安基準の細目を定める告示別添 43”に規定された特殊自動車用の試験燃料

d)

日本石油学会標準規格


25

B 8008-5

:2009

表 17−一般性状報告用紙−ディーゼル燃料

性状

単位

試験方法

a)

測定結果

セタン価

セタン指数 
密度(15  ℃)

kg/l

JIS K 2280 

JIS K 2280 

JIS K 2249 

蒸留性状

  初留点 
  10 体積%留出温度 
  50 体積%留出温度

  90 体積%留出温度 
  終点 
減失加算留出量

  250  ℃における 
  350  ℃における

℃ 
℃ 

℃ 

体積% 
体積%

JIS K 2254 

引火点 
目詰り点 
流動点

動粘度(40  ℃)

℃ 
℃ 

mm

2

/s

JIS K 2265-3 

JIS K 2288 

JIS K 2269 

JIS K 2283 

硫黄分

芳香族

10

%残油の残留炭素分

灰分 
水分

中和価 
酸化安定度 
  誘導期間

  実在ガム(100 ml 中)

質量 ppm

体積%

質量%

質量% 
質量%

mg KOH/g

min

mg

JIS K 2541-1 

JIS K 2536-1 

b)

ASTM D 5186 

JIS K 2270-1

又は

JIS K 2270-2 

JIS K 2272 

JIS K 2275 

JIS K 2501 

JIS K 2287 

JIS K 2261 

元素分析

c)

  炭素 
  水素 
  窒素

  酸素

質量% 
質量% 
質量%

質量%

ASTM D 3343 

a)

使用する試験方法を示す。

b)

この方法は高沸点燃料に限り有効である。ほかにも使用可能な方法があり規

格化されていないが,使用することはできる。

c)

箇条 参照


26

B 8008-5

:2009

表 18−留出油燃料−ISO クラス 試験燃料

[出典:ISO 8217:2005]

ISO-F-DMA

ISO-F-DMB

ISO-F-DMX ISO-F-DMC

性状

単位

試験方法

最小

最大

最小

最大

最小

最大

最小

最大

セタン価

ISO 4264 

40

− 35 − 45 −

密度(15  ℃) kg/m

3

ISO 3675 

− 890.0

− 900.0

− 920.0

引火点

ISO 2719 

60

− 60 − 43 − 60 −

曇り点

ISO 3015 

−16

流動点

ISO 3016 

  寒候用

−6

− 0 −

− 0

  暖候用

− 0 − 6 −

− 6

動粘度(40  ℃) mm

2

/s

ISO 3104 

1.50

6.00

− 11.0

1.40 5.50

− 14.0

硫黄分

質量%

ISO 8754 

− 1.50

− 2.00

− 1.00 − 2.00

10

%残油の残留

炭素分

質量%

ISO 10370

− 0.30

− 0.30 −

残留炭素分

質量%

ISO 10370

− 0.30

− 2.50

灰分

質量%

ISO 6245 

− 0.01

− 0.01

− 0.01 − 0.05

水分

体積%

ISO 3733 

− 0.3 −

− 0.3

沈殿物

質量%

ISO 10307-1

− 0.10

− 0.10

バナジウム mg/kg

ISO 14597

− 100

アルミニウム+けい素 mg/kg  ISO 10478

− 25

目視検査

ISO 8217 

透明

a) 

透明

a)

  ISO 8217:2005

の 7.4 参照


27

B 8008-5

:2009

表 19−一般性状報告用紙−留出油

性状

単位

試験方法

測定結果

セタン価

a)

ISO 5165 

密度(15  ℃) kg/l

ISO 3675 

引火点

ISO 2719 

流動点

ISO 3016 

曇り点

ISO 3015 

動粘度(40  ℃) mm

2

/s

ISO 3104 

硫黄分

質量%

ISO 8754 

10

%残油の残留炭素分

(マイクロ法)

質量%

ISO 10370 

残留炭素分 
(マイクロ法)

質量%

ISO 10370 

灰分

質量%

ISO 6245 

水分

質量%

ISO 3733 

沈殿物

質量%

ISO 3735 

目視検査

ISO 8217 

元素分析

b)

  炭素

質量%

  水素

質量%

ASTM D 3343 

  窒素

質量%

  酸素

質量%

a)

残さ(渣)を含む燃料に対しては有効でない。

b)

箇条 参照

表 20−残さ油−ISO クラス 試験燃料 

[出典:ISO 8217:2005]

性状

単位

試験方法  限度 RMA

30

RMB

30

RMD

80

RME

180

RMF

180

RMG

380

RMH

380

RMK

380

RMH

700

RMK

700

密度(15  ℃) kg/m

3

ISO 3675 

最大 960.0

975.0

980.0

991.0

991.0

991.0

991.0 991.0 991.0 1

010.0

動粘度(50  ℃) mm

2

/s

ISO 3104 

最大 30.0

30.0

80.0

180.0

180.0

380.0

380.0 380.0 700.0

700.0

引火点

ISO 2719 

最小

60 60 60 60 60 60 60 60 60  60

流動点(上限)

ISO 3016 

  寒候用

最大 0  24 30 30 30 30 30 30 30  30

  暖候用

最大 6  24 30 30 30 30 30 30 30  30

硫黄分

質量%  ISO 8754 

最大 3.50

3.50

4.00

4.50

4.50

4.50

4.50  4.50  4.50

4.50

残留炭素分

質量%  ISO 10370  最大

10 10 14 15 20 18 22 22 22  22

灰分

質量%  ISO 6245 

最大 0.10

0.10

0.10

0.10

0.15

0.15

0.15  0.15  0.15

0.15

水分

質量%  ISO 3733 

最大 0.5

0.5

0.5

0.5

0.5

0.5

0.5  0.5  0.5  0.5

沈殿物

質量%

ISO 

10307-2 

最大 0.10

0.10

0.10

0.10

0.10

0.10

0.10  0.10  0.10

0.10

アルミニウム+ 
  けい素

mg/kg  ISO 10478 

最大

80 80 80 80 80 80 80 80 80  80

バナジウム mg/kg

ISO 14597 

最大 150

150

350

200

500

300

600  600  600

600


28

B 8008-5

:2009

表 21−一般性状報告用紙−残さ油

性状

単位

試験方法

a)

測定結果

CCAI

b)

密度(15  ℃) kg/l

ISO 3675 

引火点

ISO 2719 

流動点

ISO 3016 

動粘度(50  ℃) mm

2

/s

ISO 3104 

硫黄分

質量%

ISO 8754 

ISO 4260 

10

%残油の残留炭素分

質量%

ISO 6615 

ISO 10370 

灰分

質量%

ISO 6245 

水分

質量%

ISO 3733 

沈殿物

質量%

ISO 3735 

アルミニウム+けい素 mg/kg

ISO 10478 

バナジウム mg/kg

ISO 8691 

ISO 14597 

元素分析

c)

  炭素

質量%

  水素

質量%

ASTM D 3343

  窒素

質量%

  酸素

質量%

a)

使用する方法を示す。

b)

計算炭素芳香性指標  (calculated carbon aromaticity index)

A.3.2 参照)

c)

箇条 参照

表 22−一般性状報告用紙−原油

性状

単位

試験方法

a)

測定結果

密度(15  ℃) kg/l

JIS K 2249 

動粘度(10  ℃) mm

2

/s

JIS K 2283 

硫黄分

質量%

JIS K 2541-4 

流動点

JIS K 2269 

蒸気圧(リード法) bar

JIS K 2258-1 

水分

質量%

JIS K 2275 

a)

使用する方法を示す。


29

B 8008-5

:2009

附属書 A

(参考)

燃料別係数の計算

A.1

  燃料別係数 

燃料別係数は,JIS B 8008-1 の 14.3 で規定する乾き状態の濃度から湿り状態の濃度への換算に,次の式

のように用いる。

d

w

w

c

k

c

×

=

乾きから湿りへの修正係数 k

wr

は,乾き状態の測定濃度を湿り状態の基準条件での濃度へ換算するため

に用いる。また,k

wr

は,乾き排気体積流量と湿り排気体積流量との比である。

ew

H2O

ew

ed

gasd

gasw

wr

1

ν

ν

ν

ν

q

q

q

q

c

c

k

=

=

=

燃焼の式から,k

w

は,次のように求められる。

×

×

+

×

+

×

×

×

+

×

=

000

1

2

244

.

1

4

.

773

4

.

773

19

.

111

2

244

.

1

1

fw

mad

mf

a

b

r

mad

mf

ALF

a

1

wr

f

q

q

H

p

p

q

q

w

H

k

燃料別係数 f

fw

[燃料 1 kg 当たりの燃焼空気から湿り燃焼ガスへの体積変化量 (m

3

)

]は,次の式による。

EPS

DEL

ALF

fw

6

004

007

.

0

1

002

008

.

0

594

055

.

0

w

w

w

f

×

+

×

+

×

=

燃料別係数 f

fd

[燃料 1 kg 当たりの燃焼空気から乾き燃焼ガスへの体積変化量 (m

3

)

]は,次の式による。

EPS

DEL

ALF

fd

6

004

007

.

0

002

008

.

0

593

055

.

0

w

w

w

f

×

+

×

+

×

=

表 A.1 は,代表的な燃料に対する燃料別係数の値を示す。

また,

表 A.1 は,異なる燃料に対する F

fh

値の表を含む。この数値は,若干,燃空比によって変動する

ので,この規格及び JIS B 8008-1 では使用していない。


30

B 8008-5

:2009

表 A.1−代表的な燃料の燃料別係数 

化学成分

乾き吸気の値

排気密度

燃料

質量%

モル比

EAF

 a)

に無関係

な燃料別係数

EAF

 a)

kg/m

3

湿り

kg/m

3

乾き

k

wr

M

rew

c)

g/mol

f

fh

H 13.50 1.860

0  A/F

st

14.550 7

1.00

1.295 5

1.365 7

0.882 5

29.023

1.818 4

C 86.49 1.000

0   f

fw

0.750 5

1.35

1.294 8

1.345 9

0.913 5

29.009

1.848 3

S 0.01 0.000

0   f

fd

−0.750 4

2.00

1.294 3

1.328 1

0.943 2

28.996

1.877 0

N 0.00 0.000

0   k

f

208.691 7

3.00

1.293 8

1.316 1

0.964 3

28.987

1.897 4

ディーゼル

O 0.00 0.000

0  M

rf

 d)

13.887 2

4.00

1.293 6

1.310 3

0.975 1

28.982

1.907 8

 

5.00

1.293 5

1.306 8

0.981 6

28.979

1.914 1

 

H 12.00 1.852

3  A/F

st

12.504 8

1.00

1.296 8

1.369 2

0.879 3

29.053

1.601 1

C 77.20 1.000

0   f

fw

0.742 8

1.35

1.295 9

1.348 5

0.910 9

29.032

1.631 3

S 0.00 0.000

0   f

fd

−0.591 4

2.00

1.295 0

1.329 9

0.941 3

29.012

1.660 4

N 0.00 0.000

0   k

f

186.275 9

3.00

1.294 3

1.317 4

0.963 0

28.997

1.681 1

RME

b)

O 10.80 1.105

0  M

rf

 d)

15.558 3

4.00

1.294 0

1.311 2

0.974 0

28.990

1.691 6

 

5.00

1.293 8

1.307 5

0.980 7

28.985

1.698 0

 

H 12.50 3.972

1  A/F

st

6.427 3

1.00

1.234 6

1.364 0

0.775 6

27.661

1.483 9

C 37.50 1.000

0   f

fw

1.045 2

1.35

1.247 7

1.344 6

0.827 7

27.954

1.553 9

S 0.00 0.000

0   f

fd

−0.344 6

2.00

1.261 0

1.327 2

0.880 7

28.252

1.625 1

N 0.00 0.000

0   k

f

90.483 8

3.00

1.271 0

1.315 5

0.920 4

28.475

1.678 3

メタノール

O 50.00 1.001

0  M

rf

 d)

32.029 3

4.00

1.276 2

1.309 8

0.941 2

28.592

1.706 3

 

5.00

1.279 4

1.306 4

0.954 0

28.664

1.723 5

 

H 13.10 2.993

4  A/F

st

8.972 2

1.00

1.260 6

1.363 7

0.822 9

28.243

1.651 0

C 52.15 1.000

0   f

fw

0.971 7

1.35

1.268 2

1.344 3

0.866 4

28.413

1.705 3

S 0.00 0.000

0   f

fd

−0.484 8

2.00

1.275 7

1.327 1

0.909 4

25.581

1.759 0

N 0.00 0.000

0   k

f

125.832 7

3.00

1.281 2

1.315 4

0.940 8

28.704

1.798 2

エタノール

O 34.75 0.500

2  M

rf

 d)

23.031 6

4.00

1.284 1

1.309 7

0.957 0

28.768

1.818 5

 

5.00

1.285 8

1.306 3

0.966 9

28.806

1.830 9

 

H 19.30 3.795

2  A/F

st

13.479 5

1.00

1.242 1

1.341 0

0.823 1

27.829

2.479 9

C 60.60 1.000

0   f

fw

1.231 9

1.35

1.254 3

1.327 7

0.867 1

28.100

2.549 8

S 0.00 0.000

0   f

fd

−0.913 9

2.00

1.266 1

1.315 9

0.910 4

28.366

2.618 2

N 18.20 0.257

5   k

f

146.221 7

3.00

1.274 8

1.308 0

0.941 7

28.559

2.667 9

天然ガス

O 1.90 0.023

5  M

rf

 d)

19.820 1

4.00

1.279 2

1.304 2

0.957 8

28.658

2.693 4

 

5.00

1.281 9

1.301 9

0.967 6

28.718

2.708 9


31

B 8008-5

:2009

表 A.1−代表的な燃料の燃料別係数(続き) 

化学成分

乾き吸気の値

排気密度

燃料

質量%

モル比

EAF

 a)

に無関係

な燃料別係数

EAF

 a)

kg/m

3

湿り

kg/m

3

乾き

k

wr

M

rew

c)

g/mol

f

fh

 

H 18.30 2.669

2  A/F

st

15.642 3

1.00

1.268 9

1.354 4

0.852 2

28.429

2.425 3

C 81.70 1.000

0   f

fw

1.017 4

1.35

1.274 8

1.337 4

0.890 2

28.560

2.475 1

S 0.00 0.000

0   f

fd

−1.017 2

2.00

1.280 5

1.322 3

0.927 0

28.687

2.523 2

N 0.00 0.000

0   k

f

197.133 9

3.00

1.284 5

1.312 3

0.953 2

28.778

2.557 6

プロパン

O 0.00 0.000

0  M

rf

 d)

14.701 3

4.00

1.286 6

1.307 4

0.966 6

28.824

2.575 1

 

5.00

1.287 9

1.304 4

0.974 8

28.852

2.585 8

 

H 17.30 2.492

8  A/F

st

15.415 0

1.00

1.274 1

1.356 6

0.858 1

28.545

2.300 0

C 82.70 1.000

0   f

fw

0.961 8

1.35

1.278 7

1.339 1

0.894 8

28.648

2.345 4

S 0.00 0.000

0   f

fd

−0.961 6

2.00

1.283 2

1.323 5

0.930 1

28.748

2.389 2

N 0.00 0.000

0   k

f

199.546 8

3.00

1.286 4

1.313 0

0.955 4

28.819

2.420 5

ブタン

O 0.00 0.000

0  M

rf

 d)

14.523 6

4.00

1.288 0

1.307 9

0.968 3

28.855

2.436 5

 

5.00

1.289 0

1.304 9

0.976 1

28.877

2.446 1

 

H 12.20 1.694

4  A/F

st

13.940 1

1.00

1.302 1

1.369 0

0.889 3

29.173

1.647 1

C 85.80 1.000

0   f

fw

0.692 3

1.35

1.299 9

1.348 3

0.918 7

29.122

1.673 3

S 0.00 0.000

0   f

fd

−0.664 1

2.00

1.297 7

1.329 8

0.946 8

29.073

1.698 3

N 0.00 0.000

0   k

f

207.026 8

3.00

1.296 2

1.317 3

0.966 8

29.038

1.716 1

ガソリン

O 2.00 0.017

5  M

rf

 d)

13.998 8

4.00

1.295 4

1.311 1

0.976 9

29.021

1.725 2

 

5.00

1.294 9

1.307 4

0.983 0

29.010

1.730 6

 

H 100.00

    A/F

st

34.209 8

1.00

1.099 7

1.257 1

0.659 3

24.639

11.872 8

C 0.00

   f

fw

5.559 4

1.35

1.143 1

1.268 2

0.737 6

25.610

12.432 5

S 0.00

    f

fd

−5.558 6

2.00

1.187 2

1.277 2

0.817 1

26.598

13.001 6

N 0.00

    k

f

0.000 0

3.00

1.220 1

1.282 8

0.876 6

27.336

13.427 1

水素

O 0.00

   M

rf

 d)

2.015 9

4.00

1.237 4

1.280 5

0.907 8

27.723

13.650 5

 

5.00

1.248 1

1.278 1

0.927 0

27.962

13.788 2

a)

 EAF

:空気過剰率

b)

 RME

:菜種油メチルエステル

c)

  M

rew

:湿り状態の排気のモル数

d)

  M

rf

:燃料のモル数


32

B 8008-5

:2009

A.2

  成分分析を行わない場合の燃料成分の概算 

A.2.0A

  一般 

時間及び/又は設備上の制約によって,燃料の成分を測定できない場合には,A.2.1A.2.2 及び A.2.3

に規定する方法を用いて,燃料中の水素及び炭素の含有率の比較的正確な値を求めることができる。これ

らの方法は,認証が目的のときに推奨する。また,ある場合には,燃料の密度並びに硫黄分及び窒素分の

値を基にして,H/C 比を計算するのに役立つ。

A.2.1

  方法 

この方法は,硫黄分及び窒素分が未知の場合に,ディーゼル燃料油にだけ適用できる次の簡単な計算式

による。

f

ALF

15

26

ρ

×

=

w

ALF

BET

100

w

w

=

ここに,

ρ

 f

288 K

(15  ℃)における密度 (g/cm

3

)

A.2.2

  方法 

この方法は,1968 年 6 月発行の ASTM 規格集に記載されている方法である。規格の題名は,

“推奨する

ディーゼル燃料の燃焼による正味及び全熱量の推定方法”である。

(

)

(

)

546

.

17

606

.

107

92

.

90

42

.

209

z

f

GAM

f

×

×

=

ρ

ρ

w

(

)

z

94

007

.

1

011

.

12

z

94

007

.

1

100

GAM

ALF

×

+

×

×

=

w

w

GAM

ALF

BET

100

w

w

w

=

また,燃焼正味熱量

 (NHCV)

を,次の式によって推定することもできる。

(

)

×

+

×

×

⎟⎟

⎜⎜

+

×

×

=

GAM

GAM

2

f

f

3

HCV

7

.

43

01

.

0

1

83

.

750

84

.

800

6

54

.

369

11

10

326

.

2

w

w

N

ρ

ρ

ここに,

N

HCV

:燃焼正味熱量

 (NHCV) (MJ/kg)

A.2.3

  方法 

次の式は,米国標準技術局

 (NIST)

によって公布された算式を修正した式で,より実際的である。予想

される誤差は,炭素量に対し,−

0.3

%∼+

0.6

%,水素量に対し,−

0.3

%∼+

0.3

%である。この誤差

は,密度が

0.77

0.98 g/cm

3

の石油燃料に適用できることが確認されている。

炭素分

1

%の誤差は,排気中の

CO

2

容積割合の測定に基づく計算排気容積の約

1

%の誤差を与える。

(

)

(

)

[

]

DEL

GAM

f

ALF

01

.

0

1

15

26

w

w

w

+

×

×

×

=

ρ

(

)

DEL

GAM

ALF

BET

100

w

w

w

w

+

+

=

A.3

  点火特性 

A.3.1

  適用 

船用のディーゼル機関の残さ油に対して要求される点火性能は,基本的には機関の形式及び運転条件に

よって決定される。燃料の特性値が点火性能に及ぼす影響は比較的少ない。このため,点火特性に対して


33

B 8008-5

:2009

は,一般的な限界値を定めることはできない。ある特性値が,一つの機関に問題を起こすことがあっても,

使用条件の異なる他の多くの場合は,極めて満足に運転できることもあるからである。必要あれば,点火

特性に関する,燃料特性値の許容レベルについての指針を機関製造業者から入手するのがよい。

A.3.2

  計算点火指標 (CII) 及び計算炭素芳香性指標 (CCAI) の計算 

図 A.1 のノモグラムによって,燃料油の動粘度と密度を結ぶ直線を延長することによって,

CII

又は

CCAI

を求めることができる。また,これらの値は,次の式でも計算できる。

(

)

)

[

]

7

.

0

log

log

708

.

23

56

254

.

0

8

103

.

0

795

.

270

f

ii

+

×

+

×

×

+

=

v

T

C

ρ

(

)

[

]

×

+

×

=

323

log

483

85

.

0

log

log

141

81

f

cai

T

v

C

ρ

ここに,

  C

ii

:計算点火指標

 (CII)

 

C

cai

:計算炭素芳香性指標

 (CCAI)

 T 

:温度

 (K)

 v 

:温度

T

における動粘度

 (mm

2

/s)

ρ

 f

15

℃における密度

 (kg/m

3

)


34

B 8008-5

:2009

図 A.1−計算点火指標及び計算炭素芳香性指標を求めるためのノモグラム 


35

B 8008-5

:2009

附属書 B

(参考)

燃料試験方法に関する規格の対比表

この附属書の表に示す規格で使用する用語の定義は,それぞれの規格における定義を適用する。

表 B.1−液化石油ガス燃料 

特性

試験方法

(ISO)

試験方法

(ASTM)

試験方法

(JIS)

構成成分

ISO 7941

ASTM D 2163 

JIS K 2240

硫黄分

ISO 4260

ASTM D 2784 

JIS K 2240

蒸気圧(40  ℃にて)

ISO 4256

ASTM D 1267 

JIS K 2240

ISO 8973

ASTM D 2598 

JIS K 2240

密度(15  ℃にて)

ISO 3993

ASTM D 1657 

JIS K 2240

ISO 8973

ASTM D 2598 

JIS K 2240

表 B.2−自動車用ガソリン

特性

試験方法

(ISO)

試験方法

(ASTM)

試験方法

(CEN)

試験方法

(JIS)

オクタン価(リサーチ法)(RON)

ISO 5164 

ASTM D 2699 

JIS K 2280 

オクタン価(モータ法)(MON)

ISO 5163 

ASTM D 2700 

JIS K 2280 

センシティビティー (RON-MON)

ISO 5163 

ASTM D 2699 

JIS K 2280 

ISO 5164 

ASTM D 2700 

JIS K 2280 

密度  15  ℃

ISO 3675 

ASTM D 1298 

JIS K 2249 

リード蒸気圧

ISO 3007 

ASTM D 323 

EN 12 

JIS K 2258-1 

蒸留性状

ISO 3405 

ASTM D 86 

JIS K 2254 

炭化水素分析

ISO 3837 

ASTM D 1319 

JIS K 2536 

硫黄分

ISO 4260 

ASTM D 1266 

EN 24260 

JIS K 2541-1 

ISO 8754 

ASTM D 2622 

JIS K 2541-4 

鉛分

ISO 3830 

ASTM D 3341 

EN 237 

JIS K 2255 

 ASTM 

3237  

JIS K 2255 

酸化安定性 
誘導期間

ISO 7536 

ASTM D 525 

JIS K 2287 

実在ガム(100 ml 当たり)

ISO 6246 

ASTM D 381 

JIS K 2261 

銅板腐食  50  ℃

ISO 2160 

ASTM D 130 

JIS K 2513 


36

B 8008-5

:2009

表 B.3−蒸留油及び残さ油 

特性

試験方法

(ISO)

試験方法

(ASTM)

試験方法

(CEN)

試験方法

(JIS)

セタン価

ISO 5165 

ASTM D 613 

JIS K 2280 

セタン指数

a)

密度  15  ℃

ISO 3675 

ASTM D 1298 

JIS K 2249 

蒸留性状

ISO 3405 

ASTM D 86 

JIS K 2254 

引火点 (PM)

ISO 2719 

ASTM D 93 

JIS K 2265 

曇り点

ISO 3015 

ASTM D 2500 

JIS K 2269 

流動点

ISO 3016 

ASTM D 97 

JIS K 2269 

粘度

ISO 3104 

ASTM D 445 

JIS K 2283 

ISO 3105 

JIS K 2283 

硫黄分

ISO 4260 

ASTM D 1266 

EN 41 

JIS K 2541-1 

ISO 8754 

ASTM D 2622 

JIS K 2541-4 

銅板腐食

ISO 2160 

ASTM D 130 

JIS K 2513 

残留炭素

b)

灰分

ISO 6245 

ASTM D 482 

EN 7 

JIS K 2272 

水分

  蒸留分

ISO 3733 

ASTM D 95 

JIS K 2275 

  カールフィッシャー法

ISO 6296 

JIS K 2275 

a)

表 B.5 参照

b)

表 B.4 参照

表 B.4−残留炭素分の決定

ISO ASTM  JIS 

マイクロ法

ISO 10370 

ASTM D 4530 

JIS K 2270-2 

ラムスボトム法

ISO 4262 

コンラドソン法

ISO 6615 

ASTM D 189 

JIS K 2270-1 

表 B.5−点火特性の決定法(計算セタン指数)

変数の数

ISO ASTM 

IP

a)

 JIS 

4

ISO 4264 

ASTM D 4737 

IP 380 

JIS K 2204 

(JIS K 2280) 

2

ASTM D 976 

IP 364 

JIS K 2280

a)

英国石油協会  (Institute of Petroleum)

表 B.6−統計的手法

ISO ASTM 

JIS 

ISO 4259 

ASTM D 3244 


37

B 8008-5

:2009

附属書 C 
(参考)

市販燃料に関する情報を提供できる機関

市販燃料の仕様は,変更になる場合があるので,試験に着手する前に,個々の仕様を確認することが望

ましい。

CEC

Co-ordinating European Council for the Development of Performance Tests for Transportation Fuels

 Lubricants

and Other Fluids

Interlynk Administrative Services Ltd.

PO Box 6475, Earl Shilton, Leicester, LE9 9ZB, UK

AEGPL 

The European Liquefied Petroleum Gas Association

165 bd du Souverain, 1160 Brussels, Belgium

ENGVA 

European Natural Gas Vehicle Association

Kruisweg 813-A, 2132 NG Hoofdorp, The Netherlands

API 

American Petroleum Institute

1220 L Street, Northwest, Washington, D.C. 20005, USA

AGA 

American Gas Association

400 North Capitol Street, NW, Suite 450, Washington, D.C. 20001, USA

石油連盟 

100

0004

  東京部千代田区大手町

1

9

4

経団連会館内

日本 LP ガス協会 

105

0001

  東京都港区虎ノ門

1

14

1

日本ガス協会 

105

0001

  東京都港区虎ノ門

1

15

12


38

B 8008-5

:2009

附属書 D 
(参考) 
参考文献

1)  JIS K 2202

  自動車ガソリン

2)  JIS K 2204

  軽油

3)  JIS K 2265-1

  引火点の求め方−第

1

部:タグ密閉法

4)  JIS K 2265-2

  引火点の求め方−第

2

部:迅速平衡密閉法

5)  JIS K 2265-3

  引火点の求め方−第

3

部:ペンスキーマルテンス密閉法

6)  JIS K 2265-4

  引火点の求め方−第

4

部:クリーブランド開放法

7)  JIS K 2390

  自動車燃料−混合用脂肪酸メチルエステル(

FAME

8) ISO 

1998-1

Petroleum industry

Terminology

Part 1: Raw materials and products

9) ISO 

1998-2

Petroleum industry

Terminology

Part 2: Properties and tests

10) ISO 1998-3

Petroleum industry

Terminology

Part 3: Exploration and production

11) ISO 1998-4

Petroleum industry

Terminology

Part 4: Refining

12) ISO 1998-5

Petroleum industry

Terminology

Part 5: Transport, storage, distribution

13) ISO 1998-6

Petroleum industry

Terminology

Part 6: Measurement

14) ISO 1998-7

Petroleum industry

Terminology

Part 7: Miscellaneous terms

15) ISO 1998-99

Petroleum industry

Terminology

Part 99: General and index

16) ISO 6251

Liquefied petroleum gases

Corrosiveness to copper

Copper strip test

17) ISO 6296

Petroleum products

Determination of water

Potentiometric Karl Fischer titration method

18) ISO 6326-5

Natural gas

Determination of sulfur compounds

Part 5: Lingener combustion method

19) ISO 12205

Petroleum products

Determination of the oxidation stability of middle-distillate fuels

20) ISO 12937

Petroleum products

Determination of water

Coulometric Karl Fischer titration method

21) ISO 14596

Petroleum products

Determination of sulfur content

Wavelength-dispersive X-ray fluorescence

spectrometry

22) ISO 22854

Liquid petroleum products

Determination of hydrocarbon types and oxygenates in automotive

-motor gasoline

Multidimensional gas chromatography method

23)

 JPI-5S-49-07

  石油製品−炭化水素タイプ試験方法−高速液体クロマトグラフ法

24)

 EN 116:1997

Diesel and domestic heating fuels

Determination of cold filter plugging point

25)

 EN 228:2004

Automotive fuels

Unleaded petrol

Requiremnts and tests methods

26)

 EN 237:2004

Liquid petroleum products

Petrol

Determination of low lead concentrations by atomic

absorption spectrometry

27)

 EN 238:1996

Liquid petroleum products

Determination of the benzene content by infrared spectrometry

28)

 EN 589:2004

Automotive fuels

LPG

Requiremnts and test methods

29)

 EN 590:2004

Automotive fuels

Diesel

Requiremnts and test methods

30)

 EN 1601:1997

Liquid petroleum products

Unleaded petrol

Determination of organic oxygenate compounds

and total organically bound oxygen content by gas chromatography (O-FID)

31)

 EN 12177:2000

Liquid petroleum products

Unleaded petroleum

Determination of benzene content by gas


39

B 8008-5

:2009

chromatography

32)

 EN 12916:2006

Petroleum products

Determination of aromatic hydrocarbon types in middle distillates

High performance liquid chromatography method with refractive index detection

33)

 EN 13016-1:2007

Liquid petroleum products

Vapour pressure

Part 1: Determination of air saturated vapour

pressure (ASVP) and calculated dry vapour pressure equivalent (DVPE)

34)

 EN 14214:2003

Automotive fuels

Fatty acid methyl esters (FAME) for diesel engines

Requirements and

test methods

35)

 EN 24260:1994

Methods of test for petroleum and its products

Petroleum products and hydrocarbons

Determination of sulfur content

Wickbold combustion method

36)

  ASTM D 86-07b

Standard Test Method for Distillation of Petroleum Products at Atmospheric pressure

37)

  ASTM D 93-07

Standard Test Methods for Flash Point by Pensky-Martens Closed Cup Tester

38)

  ASTM D 95-05e1

Standard Test Method for Water in Petroleum Products and Bituminous Materials by

Distillation

39)

  ASTM D 97-07

Standard Test Method for Pour Point of Petroleum Products

40)

  ASTM D 130-04e1

Standard Test Method for Corrosiveness to Copper from Petroleum Products by Copper

Strip Test

41)

  ASTM D 189-06

Standard Test Method for Conradson Carbon Residue of Petroleum Products

42)

  ASTM D 323-06

Standard Test Method for Vapor Pressure of Petroleum Products (Reid Method)

43)

  ASTM D 381-04e1

Standard Test Method for Gum Content in Fuels by Jet Evaporation

44)

  ASTM D 445-06

Standard Test Method for Kinematic Viscosity of Transparent and Opaque Liquids (and

Calculation of Dynamic Viscosity)

45)

  ASTM D 482-07

Standard Test Method for Ash from Petroleum Products

46)

  ASTM D 525-05

Standard Test Method for Oxidation Stability of Gasoline (Induction Period Method)

47)

  ASTM D 613-05

Standard Test Method for Cetane Number of Dieasel Fuel Oil

48)

  ASTM D 974-07

Standard Test Method for Acid and Base Number by Color-Indicator Titration

49)

  ASTM D 976-06

Standard Test Method for Calculated Cetane Index of Distillate Fuels

50)

  ASTM D 1266-07

Standard Test Method for Sulfur in Petroleum Products (Lamp Method)

51)

  ASTM D 1267-02 (2007)

Standard Test Method for Gage Vapor Pressure of Liquefied Petroleum (LP) Gases

(LP-Gas Method)

52)

  ASTM D 1298-99 (2005)

Standard Test Method for Density, Relative Density (Specific Gravity), or API

Gravity of Crude Petroleum and Liquid Petrolem Products by Hydrometer Method

53)

 ASTM D 1319-03e1

Standard Test Method for Hydrocarbon Types in Liquid Petroleum Products by

Fluorescent Indicator Adsorption

54)

  ASTM D 1657-02 (2007)

Standard Test Method for Density or Relative Density of Light Hydrocarbons by

Pressure Hydrometer

55)

  ASTM D 1837-02a (2007)

Standard Test Method for Volatility of Liquefied Petroleum (LP) Gases

56)

  ASTM D 1838-07

Standard Test Method for Copper Strip Corrosion by Liquefied Petroleum (LP) Gases

57)

  ASTM D 1945-03

Standard Test Method for Analysis of Natural Gas by Gas Chromatography

58)

  ASTM D 2158-05

Standard Test Method for Residues in Liquefied Petroleum (LP) Gases

59)

  ASTM D 2163-91

Test Method for Analysis for Liquefied Petroleum (LP) Gases and Propane concentrates by


40

B 8008-5

:2009

Gas Chromatography

60)

  ASTM D 2274-03a

Standard Test Method for Oxidation Stability of Distillate Fuel Oil (Accelerated Method)

61)

  ASTM D 2500-05

Standard Test Method for Cloud Point of Petroleum Products

62)

  ASTM D 2598-02 (2007)

Standard Practice for Calculation of Certain Phisical Properties of Liquefied

Petroleum (LP) Gases from Compositional Analysis

63)

  ASTM D 2622-08

Standard Test Method for Sulfur in Petroleum Products by Wavelength Dispersive X-ray

Fluorescence Spectrometry

64)

  ASTM D 2699-08

Standard Test Method for Research Octane Number of Spark-Ignition Engine Fuel

65)

  ASTM D 2700-08

Standard Test Method for Motor Octane Number of Spark-Ignition Engine Fuel

66)

  ASTM D 2713-07

Standard Test Method for Dryness of Prpane (Valve Freeze Method)

67)

  ASTM D 2784-06

  Standard Test Method for Sulfur in Liquefied Petroleum Gases (Oxy-Hydrogen Burner or

Lamp)

68)

  ASTM D 3231-07

Standard Test Method for Phosphorus in Gasoline

69)

  ASTM D 3237-06e1

Standard Test Method for Lead in Gasoline by Atomic Absorption Spectroscopy

70)

 ASTM D3244-07a

Standard Practice for Utilization of Test Data to Determine Conformance with

Specifications

71)

  ASTM D 3341-05

Standard Test Method for Lead in Gasoline-Iodine Monochloride Method

72)

  ASTM D 3343-05

Standard Test Method for Estimation of Hydrogen Content of Aviation Fuels

73)

  ASTM D 3606-07

Standard Test Method for Determination of Benzene and Toluene in Finished Motor and

Aviation Gasoline by Gas Chromatography

74)

  ASTM D 4530-07

Standard Test Method for Determination of Carbone Residue (Micro Method)

75)

  ASTM D 4737-04

Standard Test Method for Calculated Cetane Index by Four Variable Equation

76)

  ASTM D 5186-03

Standard Test Method for Determination of Aromatic Content and Polynuclear Aromatic

Content of Diesel Fuels and Aviation Turbine Fuels by Supercritical Fluid Chromatography

77)

  ASTM D 5191-07

Standard Test Method for Vapor Pressure of Petroleum Products (Mini Method)

78)

  ASTM D 5580-02 (2007)

Standard Test Method for Determination of Benzene, Toluene, Ethylbenzene,

p/m-Xylene, o-Xylene, C9 and Heavier Aromatics, and Total Aromatics in Finished Gasoline by Gas

Chromatography

79)

  California Code of Regulations

Title 13

Division 3

80)

 CEC

Reference fuels manual

81)

  Code of Federal Regulations, Title 40

86.113-94

82)

  Code of Federal Regulations, Title 40

86.1313-98

83)

  Code of Federal Regulations, Title 40

86.1313-2007

84)

  Code of Federal Regulations, Title 40

Part 1065 Engine Testing Procedures

85)

 IP 364/84

Petroleum and its products

Part 364: Calculated cetane index of diesel fuels (range below 55)

86)

 IP 380/98

Petroleum and its products

Part 380: Calculation of the cetane index of middle distillate fuels by

the four-variable equation


附属書 JA

(参考)

JIS

と対応する国際規格との対比表

JIS B 8008-5:2009

  往復動内燃機関−排気排出物測定−第 5 部:試験燃料

ISO 8178-5:2008

, Reciprocating internal combustion engines − Exhaust emission

measurement

−Part 5: Test fuels

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格

番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

2

引 用 規

2

追加/ 
削除

1)

対 応 国 際 規 格 で は , ISO 

8178-11

が引用規格に含ま

れていないが,1  適用範囲

で引用しているので JIS 
は,JIS B 8008-11 を引用規
格に追加した。

2)

対応国際規格では,欧州,
米国及び日本の標準燃料
を併記して ISO 規格の標

準燃料と規定しているが,

JIS

では,日本のものだけ

を標準燃料とし,他の規格

は参考として記載した。こ
のため,欧州及び米国の規
格にだけ引用されている

ISO

規格は,JIS の引用規

格から除外し参考文献と
した。

1) ISO/TC70/SC8

へ 修 正 提 案 す

る。

2)  JIS

では,日本の規格を優先し

た変更であり,特に技術的な差
異はない。

3

用 語 及

び定義

3

JIS

に同じ。

変更

関連する JIS に用語の定義が
あるものは,それに変更した。

(3.1,3.2,3.3,3.7 及び 3.8)

JIS

では,日本の規格を優先した変

更であり,特に技術的な差異はな

い。

41

B 800

8-

5


2

009


(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

5.2.1

燃料

中の硫黄

燃 料 中 の 硫 黄 の 機

関に対する影響

 5.2.1

JIS

に同じ。

変更

ISO

規格の図 1 及び図 2 は,非

実用的な燃料消費率を仮定し
ているので,JIS では,現実的
な値を仮定して,図を変更し

た。

次回の ISO 規格見直し時に変更の

提案をする。

6.1.1

標準

天然ガス

6.2.1

標準

液 化 石 油
ガス

6.3.1

自動

車 用 標 準
ガソリン

6.4.1

標準

デ ィ ー ゼ
ル燃料

認 証 試 験 用 の 標 準
燃 料 に つ い て の 規

 6.1.1

6.2.1

6.3.1

6.4.1

JIS

に同じ。

変更

ISO

規格では,欧州連合,米国

及び日本の標準燃料の規格を

推奨しているが,JIS では,日
本の規格を標準燃料として推
奨し,国外の標準燃料は,参考

用とした。

JIS

では,日本の規格を優先した変

更であり,特に技術的な差異はな

い。

6.4.1

標準

デ ィ ー ゼ

ル燃料

標 準 デ ィ ー ゼ ル 燃
料についての規定

 6.4.1

JIS

に同じ。

追加

追加

追加

1)  JIS

では,日本のディーゼ

ル燃料についての例を,注

記として追加した。

2)

表 3 の総発熱量の単位が

kcal/m

3

なので MJ/m

3

を併

記した。(日本の規制値の
引用なので kcal/m

3

は変更

せず。

3)

国際対応規格の表 14 及び
表 15 は,2011 年から米国
の規制に使用される予定

の数値が記載されている。

JIS

では,現行(2011 年ま

で)の数値を,表 14A と

して追加した。

1)

日本特有の例の記載であり,技
術的な差異はない。

2)

技術的な差異はない。

3)  JIS

使用者に対する参考に供

するもので技術的な差異はな
い。

42

B 800

8-

5


2

009


JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 8178-5:2008,MOD

関連する法規

Code of Federal Regulations

,EU Directives,ECE Regulations,道路運送車両法の保安規準の細目を定める告示

関連する外国規格 EN 規格,ASTM,CEC Reference fuels manual

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  削除……………… 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

43

B 800

8-

5


2

009