>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 7762-3

:2006 (ISO 8662-3:1992)

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本フルードパワー工業会(JFPA)

/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日

本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

制定に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 8662-3:1992,Hand-held portable

power tools

−Measurement of vibrations at the handle−Part 3:Rock drills and rotary hammers 及び Amendment 1

(1999)

を基礎として用いた。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。

JIS B 7762-3

には,次に示す附属書がある。

附属書 A(規定)  支持面座標系の定義

附属書 B(参考)  ロックドリル及びロータリハンマのハンドルにおける振動測定の試験報告書例

附属書 C(参考)  参考文献

JIS B 7762

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS B 7762-1

  第 1 部:通則

JIS B 7762-2

  第 2 部:チッピングハンマ及びリベッティングハンマ

JIS B 7762-3

  第 3 部:ロックドリル及びロータリハンマ

JIS B 7762-4

  第 4 部:グラインダ

JIS B 7762-5

  第 5 部:舗装ブレーカ及び建設作業用ハンマ

JIS B 7762-6

  第 6 部:インパクトドリル

JIS B 7762-7

  第 7 部:インパクト,インパルス又はラチェット動作のレンチ,スクリュードライバ及

びナットランナ

JIS B 7762-8

  第 8 部:ポリッシャ及びロータリ並びにオービタル及びランダムオービタルサンダ

JIS B 7762-9

  第 9 部:ランマ

JIS B 7762-10

  第 10 部:ニブラ及びシャー

JIS B 7762-11

  第 11 部:締結工具

JIS B 7762-12

  第 12 部:往復動作ののこぎり及びやすり並びに揺動又は回転動作ののこぎり

JIS B 7762-13

  第 13 部:ダイグラインダ

JIS B 7762-14

  第 14 部:石工工具及び多針たがね


B 7762-3

:2006 (ISO 8662-3:1992)

目  次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  測定事項

2

4.

  測定器

2

4.1

  一般

2

4.2

  トランスデューサ

2

4.3

  トランスデューサの固定

2

4.4

  補助機器

2

4.5

  校正

2

5.

  測定方向及び測定位置

2

5.1

  測定方向

2

5.2

  測定位置

3

6.

  作業手順

4

6.1

  一般

4

6.2

  負荷

5

6.3

  押付け力

6

6.4

  ドリルビット

6

7.

  測定手順及び測定の有効性

7

7.1

  供給動力

7

7.2

  測定手順

7

7.3

  測定の有効性

7

7.4

  変動係数

7

8.

  試験報告書

7

附属書 A(規定)支持面座標系の定義

9

附属書 B(参考)ロックドリル及びロータリハンマのハンドルにおける振動測定の試験報告書例

10

附属書 C(参考)参考文献

13

 


日本工業規格

JIS

 B

7762-3

:2006

(ISO 8662-3

:1992

)

手持ち可搬形動力工具−

ハンドルにおける振動測定方法−

第 3 部:ロックドリル及びロータリハンマ

Hand-held portable power tools

−Measurement of vibrations at the handle−

Part 3:Rock drills and rotary hammers

序文  この規格は,1992 年に第 1 版として発行された ISO 8662-3,Hand-held portable power tools−

Measurement of vibrations at the handle

−Part 3:Rock drills and rotary hammers  及び Amendment 1(1999)を翻

訳し,技術的内容を変更することなく作成した日本工業規格である。ただし,修正票 1(Amendment 1)に

ついては,編集し,一体とした。

なお,この規格で点線の下線を施してある“参考”は,原国際規格にはない事項である。

1.

適用範囲  この規格は,手持ち動力式ロックドリル及びロータリハンマの,ハンドルにおける振動を

実験室で測定する方法について規定し,規定の負荷で作業したときの動力工具のハンドルにおける振動の

大きさを確定するための形式試験について規定する。

この規格に含まれる動力工具は,電気,空気圧若しくは油圧によって駆動するか,又は内燃エンジンな

どによって駆動する。

この規格は,その適用によって,異なる動力工具又は同じ種類の異なる形式の動力工具を比較するため

に用いることを目的とする。重いロックドリルの測定値は,模擬的な方法によって得るが,実際の作業環

境における振動加速度値と近い値になる。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 8662-3:1992

,Hand-held portable power tools−Measurement of vibrations at the handle−Part

3:Rock drills and rotary hammers

及び Amendment 1 (1999) (IDT)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 7761-1

  手腕系振動―第 1 部:測定装置

備考  ISO/DIS 8041:2003,Human response to vibration−Measuring instrumentation からの引用事項は,

この規格の該当事項と同等である。

JIS B 7761-2

  手腕系振動−第 2 部:作業場における実務的測定方法

備考  ISO 5349-2:2001,Mechanical vibration−Measurement and evaluation of human exposure to


2

B 7762-3

:2006 (ISO 8662-3:1992)

hand-transmitted vibration

−Part 2: Practical guidance for measurement at the workplace が,この規

格と一致している。

JIS B 7762-1

  手持ち可搬形動力工具−ハンドルにおける振動測定方法−第 1 部:通則

備考  ISO 8662-1:1988,Hand-held portable power tools−Measurement of vibrations at the handle−Part

1: General

が,この規格と一致している。

JIS R 5201

  セメントの物理試験方法

備考  ISO 679:1989,Methods of testing cements−Determination of strength 及び ISO 9597:1989,

Cements

−Test methods−Determination of setting time and soundness  からの引用事項は,この規

格の該当事項と同等である。

ISO 2787

,Rotary and percussive pneumatic tools−Performance tests

3.

測定事項  測定事項は,次による。

a)  JIS B 7762-1

の 3.1 及び 3.3 に規定する補正加速度実効値,及び JIS B 7762-1 の 3.2 によって周波数分

析した加速度実効値

備考  他の方法で DC シフトのないことが明らかな場合には,周波数分析は考慮しなくてもよい。

参考  JIS B 7762-1 の 4.3  参照。

b)

供給電圧,及び空気圧又は油圧

c)

打撃数

d)

押付け力

4.

測定器

4.1

一般  測定器の詳細については,JIS B 7762-1 の 4.14.6 による。

4.2

トランスデューサ  トランスデューサの詳細については,JIS B 7762-1 の 4.1 による。

備考  プラスチック製ハンドルのような軽量ハンドルでは,トランスデューサの取付けがハンドルに

過大な負荷質量とならないように注意する。ハンドルがメカニカルフィルタとして働く場合に

は,軽いトランスデューサをハンドル表面に接着してもよい。この場合,トランスデューサの

質量は,5 g 未満とすることが望ましい。

4.3

トランスデューサの固定  トランスデューサ及びメカニカルフィルタの固定(図 参照)は,JIS B 

7762-1

の 4.2 による。

プラスチック製ハンドルの場合は,メカニカルフィルタは必要ないこともある(JIS B 7762-1 の 4.3 参照)

4.4

補助機器  電動工具の供給電圧は,実効値を測定する測定器で測定する。

空気圧,又は油圧は,ISO 2787 に従い,精密な圧力計で測定する。

参考  ISO 2787 の 6.2.2 では,フルスケールの 0.5  %の圧力差を,容易に読み取ることができる圧力

計を用いるよう規定している。

押付け力は,はかりによって測定する(6.3 参照)

4.5

校正  校正は,JIS B 7762-1 の 4.8 による。

5.

測定方向及び測定位置

5.1

測定方向  測定は,ドリルビット軸と平行な方向(方向)で行う(図 参照)。座標系の方向は,

附属書 で定義する。


3

B 7762-3

:2006 (ISO 8662-3:1992)

備考  JIS B 7761-1 及び JIS B 7761-2 によって振動暴露を測定するためには,附属書 で定義する三

つの方向すべての測定を行ってもよい。

5.2

測定位置  測定は,通常作業者が工具を握り,押付け力を加える主ハンドルで行う。

トランスデューサの通常位置は,ハンドルの中央部とする。クローズ又はオープン弓形グリップ,若し

くはピストルグリップの動力工具において,トリガがあることによってこれが不可能な場合には,トラン

スデューサは,親指と人差し指の間にできるだけ近付けて配置する(

図 参照)。

ハンドルが二つある動力工具の場合には,トランスデューサはトリガのないハンドルに固定する(

図 1

参照)

図 1  トランスデューサの位置及び固定,並びに測定方向


4

B 7762-3

:2006 (ISO 8662-3:1992)

6.

作業手順

6.1

一般  測定は,適切に点検整備を行い,注油した新品の動力工具で行う。電気及び油圧工具,並び

に内燃エンジンによって駆動される工具では,

測定を始める前に約 10 分の暖機時間を与えることが望まし

い。空気圧工具では,暖機時間は必要としない。

試験中,工具を定格動力,すなわち定格電圧又は定格圧力で操作し,製造業者の取扱説明書に従って,

安定,かつ,円滑に行う(6.3 参照)

試験における動力工具の,例えば回転速度などの特性は,用いるドリルビットに合わせるために,製造

業者の指定に従って調整する。

ドリルビットは,試験中,回転させる。

試験中,作業者が直立した姿勢がとれ,また動力工具を垂直下向きに操作できるように,加工物又はエ

ネルギー吸収装置を配置する(

図 及び図 参照)。

  2  作業者の作業姿勢:ロータリハンマ及び軽いロックドリル


5

B 7762-3

:2006 (ISO 8662-3:1992)

  3  作業者の作業姿勢:重いロックドリル

6.2

負荷

6.2.1

ロータリハンマ及び軽いロックドリル  測定中,作業者は少なくとも 40 MPa(28 日経過した後)

の圧縮強度をもち,最大の粒度サイズが 16 mm の強化されていないコンクリート製長方形ブロック(加工

物)に,せん孔を行う。ブロックの圧縮強度は,JIS R 5201 による。

ブロックの寸法は,少なくとも 800 mm×500 mm×200 mm とする。表面の凹凸を埋めるために,ブロッ

クは吸収材料(例えば砂,遮断マット,又は木製の板)の上に配置する。著しい共振を起こさないように

ブロックを据え付けることが重要である。

6.2.2

重いロックドリル  15 kg より重いロックドリルの場合,鋼球エネルギー吸収装置を用いる。この

装置は,衝撃波のエネルギーを吸収するとともに,通常の作業環境と同じように,15 %∼20 %程度の衝撃

波の反動を工具に与える。

エネルギー吸収装置は,工具の飛び跳ねを防ぐために,質量 300 kg 以上の硬いベースプレート上に,硬

化した鋼球を充てんした鋼管を固定したものとする。鋼管の最上部の鋼球に先端工具を挿入し,動力工具

をその上で作動させる。鋼管は,62±2 HRC 又は 750±10 HV の硬度,アンビル及び先端工具は 55±2 HRC

の硬度とする。鋼球は 63 HRC より高い硬度とする。

備考  長時間の試験では,冷却が必要な場合がある。

エネルギー吸収装置(負荷装置)及び先端工具を

図 に示す。鋼管の直径 は 60 mm,鋼球の直径は 4

mm

,鋼球柱の高さ は 150 mm とする。は先端工具のシャンク径と同じにする。


6

B 7762-3

:2006 (ISO 8662-3:1992)

  4  鋼球エネルギー吸収装置

6.3

押付け力  動力工具が通常レベルの性能で作動するように,その質量に対して押付け力を加え,安

定した作業ができ,先端工具のカラーとの接触が生じないようにする。

このため,キログラム(kg)で表される動力工具の約 15 倍の質量に相当するニュートン(N)で表す押付け

力 F

A

を加える。押付け力は,80 N 以上で 200 N 以下とする。また,工具は円滑に作動させる。

備考  例えば,動力工具が 12 kg の質量のとき,押付け力は約 180 N である。

この試験中,押付け力 F

A

の値を確認し,調整するために,作業者ははかりの上に立って作業

する。この場合,押付け力は作業者自身の質量からはかりの示す質量を差し引いた値とする。

6.4

ドリルビット  ロータリハンマの場合,製造業者の推奨するドリルビットを用いる。ロッドの実用

的な長さとドリルビットの直径は,

表 によって選ぶことが望ましい。


7

B 7762-3

:2006 (ISO 8662-3:1992)

  1  シャンク直径によるドリルビット寸法の相関

単位  mm

シャンク直径,d

ドリルビット直径

おおよその実用的な長さ

≦ 12

10

100

12

< < 20

20

200

備考  実用的な長さは,標準的な長さの範囲から選ぶべきである。しかし,この表に推

奨される適切な値に,できるだけ近いことが望ましい。 

ロータリハンマの場合,それぞれ一連の試験は,新しい又は再研磨されたドリルビットを用いて行う。

それぞれの試験中,ドリルビットは交換又は再研磨しない。

7.

測定手順及び測定の有効性

7.1

供給動力  電動工具の供給電圧は,実効値を測定する測定器で測定する。

空気圧工具の空気圧は,ISO 2787 に従い測定し,製造業者が指定した値を維持する。

油圧は,製造業者の指定どおりに測定及び調整する。

内燃エンジンで作動する工具のように,他の動力で駆動する工具の場合も上記と同等の調整を行う。

試験中の工具の打撃数は,電子フィルタ又は振動トランスデューサからの信号を用いて測定する。

7.2

測定手順  3 人の熟練作業者が,試験する動力工具で,一連の試験をそれぞれ実行する。一連の試験

は,5 回のせん孔試験,又はエネルギー吸収装置上での 5 回の回転打撃試験からなる。

一連の試験が,5 回のせん孔試験の場合,せん孔時間は,1 回ごとに規定することができるが,8 秒以上

とする。ドリルビットがドリルビットの直径の深さに達したとき読取りをスタートし,ドリルビットがロ

ッド実用長さの 80 %の深さに到達後,又はブロックの最下面を貫通する前に,読取りを停止する。

エネルギー吸収装置でのそれぞれの測定時間は,安定した作業状態で 8 秒以上とする。

7.3

測定の有効性  測定は,作業者ごとに一連の試験の有効性を得るため,5 回連続して補正加速度実効

値の変動係数(7.4 参照)が 0.15 未満,又は標準偏差が 0.30 m/s

2

未満になるまで続ける。

7.4

変動係数  変動係数

v

C

は,一連の試験の測定値の標準偏差

1

n

s

と,一連の試験の平均値

x

との比で

定義される。

x

s

C

1

v

=

 (1)

ここに,標準偏差は,

(

)

å

=

=

n

i

i

n

x

x

n

s

1

2

1

1

1

 (2)

一連の試験の平均値は

å

=

=

n

i

i

x

n

x

1

1

 (3)

ここに,

i

x

i

番目の測定値

n

測定値の数

8.

試験報告書  JIS B 7762-1 の 7.の項目及び次の事項を,試験報告書に記載する。

a

)

ドリルビットの直径

b

)

ドリルロッドの長さ


8

B 7762-3

:2006 (ISO 8662-3:1992)

c

)

鋼球柱の直径及び高さ,鋼球の直径,及びエネルギー吸収用当て金など,負荷装置の仕様

d

)

電圧,作動圧,又は動力供給に関するその他のデータ

e

)

打撃数

f

)

押付け力

試験報告書例を,

附属書 に示す。


9

B 7762-3

:2006 (ISO 8662-3:1992)

附属書 A(規定)支持面座標系の定義

この附属書は,支持面座標系の定義について規定する。

A.1

   

z

方向:衝撃の方向と平行な方向

A.2

   

y

方向:グリップ(又はハンドル)軸と

z

軸のつくる平面上で,

z

軸と直角の方向

A.3

   

x

方向:

y

方向と

z

方向に対して直角の方向

備考

接線方向平面にメカニカルフィルタを用いて測定する場合,注意することが望ましい。伝達関

数が,

1 250 Hz

まで単一であることを保証することが必要である。


10

B 7762-3

:2006 (ISO 8662-3:1992)

附属書 B(参考)ロックドリル及びロータリハンマのハンドルにおける

振動測定の試験報告書例

この附属書は,本体及び附属書(規定)に関連する事柄を補足するもので,規定の一部ではない。

試験は,JIS B 7762-1,手持ち可搬形動力工具−ハンドルにおける振動測定方法−第 1 部:通則,及び JIS B 7762-3
手持ち可搬形動力工具−ハンドルにおける振動測定方法−第 3 部:ロックドリル及びロータリハンマ  によって行わ

れた。

概要

試験者:

試験日:

報告者:

試験した動力工具

形式:

モデル No.:

質量,kg:

製造業者名:

製造番号:

先端工具

工具の種類:

ドリルビット直径,mm:

モデル No.:

シャンク直径,mm:

製造業者名:

長さ,mm:

製造番号:

質量,kg:

加工物(コンクリートブロック)

寸法,mm:

圧縮強度:

エネルギー吸収装置

鋼管直径,mm:

鋼球柱高さ,mm:

鋼球直径,mm:

作業条件

打撃数,min

-1

圧力,MPa,又は電圧,V:

油量,l/min:

各試験の継続時間,s:

回転速度,min

-1

押付け力,N:

平均孔深さ,mm:

測定装置

加速度ピックアップ−製造業者名,形式:

加速度ピックアップ−質量,g  :

メカニカルフィルタ−製造業者名,形式:

メカニカルフィルタ−質量,g  :

増幅器−製造業者名,形式:

分析器−製造業者名,形式:

データレコーダ−製造業者名,形式:

トランスデューサ及びメカニカルフィルタの固定

もし用いた場合,トランスデューサ及びメカニカルフィルタの固定方法の記述。

測定方向の記述。


11

B 7762-3

:2006 (ISO 8662-3:1992)

信号処理

スペクトル分析器の信号積分の形式及び補正加速度の決定方法の記述。

その他の仕様

データレコーダを用いた場合,周波数特性として,オクターブバンド,又は 1/3 オクターブバンドの中心周波数の

補正係数についての記述。

もし適用した場合,測定に関係したその他の詳細な記述。

結果

  結果は,次の表によって,オクターブバンド値,及び補正加速度実効値で表示する。

個別補正加速度実効値  作業者 A

単位  m/s

2

試験

オクターブバンド中心周波数

Hz

1 2 3 4 5

加速度実効値の

算術平均

                          8

                        16

                        31.5

                        63

                      125

                      250

                      500

                  1 000

補正加速度実効値

 
 

個別補正加速度実効値  作業者 B

単位 m/s

2

試験

オクターブバンド中心周波数

Hz

1 2 3 4 5

加速度実効値の

算術平均

                          8

                        16

                        31.5

                        63

                      125

                      250

                      500

                  1 000

補正加速度実効値


12

B 7762-3

:2006 (ISO 8662-3:1992)

個別補正加速度実効値  作業者 C

単位  m/s

2

試験

オクターブバンド中心周波数

Hz

1 2 3 4 5

加速度実効値の

算術平均

                          8

                        16

                        31.5

                        63

                      125

                      250

                      500

                  1 000

補正加速度実効値

補正加速度実効値のすべての算術平均値:

m/s

2


13

B 7762-3

:2006 (ISO 8662-3:1992)

附属書 C(参考)参考文献

この附属書は,本体及び附属書(規定)に関連する事柄を補足するもので,規定の一部ではない。

[1]  Vibrations in pneumatic handheld tools. Investigations on handheld percussive tools.

Pneurop document No.8005171 (

1

)

[2]  Test procedure for the measurement of vibrations from chipping hammers.

Pneurop document No.661600, 1985 (

1

)

[3]  Report on interlaboratory tests, entitled    Vibrationmessungen an handgefürten Schlaghämmern,

Berufsgenossenschaftliches Institut für Arbeitssicherheit (BIA), 1989 (

2

)

[4]  Report on interlaboratory tests, entitled    Vibrationsmessungen an handgeführten Bohrhämmern, VDI-FANAK,

C7.3-4, 1983 (

2

)

[5]  Report entitled    Messkettentest, VDI-FANAK, C7.3-4, 1983 (

2

)

(

1

) Pneurop

はコンプレッサ,空圧工具及び機械の製造業者の欧州部門委員会である。

Pneurop

の事

務局は,

British Compressed Air Society

Leicester House

8 Leicester Street

London WC2H 7BN

United Kingdom

出版物は,ここから注文できる。

(

2

)

次のところから入手できる。

DIN

Burggrafenstrasse 6

D-1000 Berlin 30

Germany

又は

BIA

Alte Heerstrasse 111

D-5205 Sankt Augustin 2

Germany