>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

B 7734

: 19

97
 解

JIS

と対応する国際規格との対比表(国際規格翻訳・JIS 原案作成) 

記入日:平成  年  月  日

担当課:機械規格課

担当部会:精密歳械

原案作成団体:日本試険機工業会

JIS

番号−年号,名称

JIS B 7734

  ヌープ硬さ試験−試険機の検証

国際規格番号−年号,名称(和訳)

ISO 4546-1993

  ヌープ硬さ試験−試験機の検証

対比項目

規定項目

(I)  JIS

(原案)の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

(原案)と国際規格との相

違点

(V)  JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

○  試験力 98.07∼9.807mN

○ 試験力 98.07∼9.807mN

くぼみの対角線長さ 20

µm 以上

= JIS はくぼみの対角線長さを

規定しないため,20

µm 未満

のものにも適用できる。

日本では,20

µm 未満のくぼ

みでも硬さ測定が行われて

いるため,ISO/TC 164 で提
案する。

(2)

引用規格

○  JIS B 7735 

JIS Z 2244 

JIS Z 2251

○ ISO 4545 

ISO 4547 

ISO 10250

(3)

一般条件

○  検証に先立って確認する事

項を規定

○ JIS と同じ

(4)

直接検証

○  試験力,圧子,測定装置,負

荷条件の検証項目を規定

○ JIS と同じ

(5)

間接検証

○  硬さ試験験による検証項目

を規定 
ビッカース硬さで検証を行

う。 
ビッカース硬さ垂準片を用
いる。

○ 硬さ試験による検証項目を規定

ヌープ硬さで検証を行う。

ヌープ硬さ基準片を用いる。

= JIS にはヌープ硬さ基準片が

ないためビッカース硬さ基
準片を用いてビッカース硬

さで行うが,どちらを用いて
も試験機本体の誤差評価に
は影響はない。

今後,ISO の改正予定をみて
ヌープ硬さ基準片の制定を
検討する。

なお,この規格原案の参考
に,ISO 4547 に対応した内
容を記載している。

(6)

検証の周期

○  検証の時期,周期を規定

○ JIS と同じ

(7)

検証報告書

○  検証報告書に記載する事項

を規定

○ JIS と同じ