>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 7612-1:2008

(1)

目  次

ページ

序文

1

1  適用範囲

1

2  引用規格

1

3  用語及び定義

2

4  計量単位

7

5  計量要件

7

5.1  精度等級

7

5.2  ロードセル検定目量の最大数

7

5.3  最小ロードセル検定目量

7

5.4  補助分類

7

5.5  ロードセルの分類方法

7

5.6  表示

10

6  ロードセルの最大許容誤差

10

6.1  各精度等級に対する最大許容誤差

10

6.2  誤差の決定に関する規則

11

6.3  許容可能な変動

12

6.4  繰返し性誤差

12

6.5  影響量

12

6.6  計測標準

13

7  ロードセルの試験サンプルの選択方法

13

7.1  試験に必要なロードセルの数

13

7.2  異なるグループに属している同じ最大容量のロードセル

13

7.3  最大容量が異なるロードセル

13

7.4  グループ内の最も小さい最大容量のロードセル

14

7.5  最大容量とそれに最も近くて小さい最大容量との比

14

7.6  湿度試験

14

8  試験

14

8.1  試験条件

14

8.2  試験手順

15

8.3  推奨する試験手順

20

附属書 A(参考)ロードセルの試験サンプルの選択方法

22

附属書 B(参考)試験報告書のフォーマット

27

附属書 C(参考)試験報告書−様式

31

附属書 JA(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

42


 
B 7612-1:2008

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,独立行政法人産業技術総合研究所 (AIST) 及

び社団法人日本計量機器工業連合会 (JMIF) から,工業標準原案を具して日本工業規格に制定すべきとの

申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。


日本工業規格

JIS

 B

7612-1

:2008

質量計用ロードセル−

第 1 部:アナログロードセル

Load Cells for Weighing Instruments−

Part 1: Analog Load Cells

序文

この規格は,2000 年に発行された OIML R 60 を基に,技術的内容を変更して作成した日本工業規格で

ある。

この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一覧表に

その説明を付けて,

附属書 JA に示す。

1

適用範囲

この規格は,ひずみゲージを用いた質量計用ロードセル(以下,ロードセルという。

)について規定する。

ただし,電子回路を装備しているロードセルは除く。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

OIML R 60:2000,Metrological regulation for load cells (MOD)

なお,対応の程度を表す記号(MOD)は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,修正していることを示

す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格のうちで,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。

には適用しない。西暦年の付記がない引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS C 60068-2-78:2004  環境試験方法−電気・電子−第 2-78 部:高温高湿(定常)試験方法

注記  対応国際規格:IEC 60068-2-78 : 2001, Environmental testing−Part 2-78: Tests−Test Cab: Damp

heat, steady state (IDT)

JIS C 60068-3-4:2004  環境試験方法−電気・電子−第 3-4 部:高温高湿試験の指針

注記  対応国際規格:IEC 60068-3-4:2001, Environmental testing−Part 3-4: Supporting documentation

and guidance−Damp heat tests (IDT)

JIS Z 8103  計測用語

ISO 8601,Data elements and interchange formats−Information interchange−Representation of dates and

times

IEC 60068-2-30:2005, Environmental testing−Part 2-30: Tests−Test Db: Damp heat, cyclic(12 h + 12 h

cycle)



B 7612-1:2008

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS Z 8103 によるほか,次による。

3.1

一般用語

3.1.1

荷重の負荷

3.1.1.1

圧縮荷重  (compression loading)

ロードセルに加えた圧縮方向の荷重。

3.1.1.2

引張荷重  (tension loading)

ロードセルに加えた引張方向の荷重。

3.1.2

ロードセル  (load cell)

使用場所における重力加速度及び空気浮力の影響を考慮した後に,ひずみゲージで検出した量(質量)

を別の量(出力)に変換することによって質量を測定する機器。

3.1.3

電子回路を装備しているロードセル  (load cell equipped with electronics)

電子部品を組み合わせた電子回路を装備しているロードセル。

注記  電子回路には,ひずみゲージのブリッジ回路は含まない。

3.1.4

電子部品  (electronic component)

半導体,気体又は真空の中の電子又は正孔伝導を用いる最小単位の能動素子。

3.1.5

性能試験  (performance test)

被試験ロードセルが規定の性能どおりに作動するかどうかを検証するための試験。

3.2

ロードセルの計量特性の用語

3.2.1

精度等級  (accuracy class)

指定した限界内に誤差が収まることを示すロードセルの等級。

3.2.2

湿度記号  (humidity symbol)

ロードセルの試験をしたときの湿度の状態を表す記号。

3.2.3

ロードセルのファミリ  (load cell family)

3.2.3.0A    一般

次のようなロードセルから構成する集合。

−  同じ材料又は材料の組合せであること(例えば,軟鋼,ステンレス鋼又はアルミニウム)

−  同じ測定方法であること(例えば,金属に対し結合したひずみゲージ)

−  同じ構造であること(例えば,形状,ひずみゲージのシーリング,取付方法及び製造方法)

−  同じ仕様であること(例えば,定格出力,入力インピーダンス,電源電圧及びケーブルの詳細)

又は,一つ又はそれ以上のロードセルのグループから構成する集合。


3

B 7612-1:2008

注記  上記の例は一例であり,それに限定するものではない。

3.2.3.1

ロードセルのグループ  (load cell group)

一つのファミリの中の計量特性[例えば,精度等級,ロードセル検定目量の最大数(n

max

,温度定格な

ど]が同じであるすべてのロードセル。

注記  上記の例は一例であり,それに限定するものではない。

3.3  範囲,容量及び出力の用語 
3.3.1

ロードセル目量  (load cell interval)

ロードセル測定範囲を分割した部分。

3.3.2

ロードセル測定範囲  (load cell measuring range)

最大許容誤差(3.4.9 参照)を超える誤差を生じることのない測定量(質量)の値の範囲。

3.3.3

ロードセル出力  (load cell output)

ロードセルが被測定量(質量)を変換する測定可能な量。

3.3.4

ロードセル検定目量  (load cell verification interval)(v

質量の単位で表し,ロードセルの検定に用いるロードセル目量。

3.3.5

最大容量  (maximum capacity)(E

max

最大許容誤差(3.4.9 参照)を超えずに,ロードセルに負荷することができる範囲の上限。

3.3.6

測定範囲の最大荷重  (maximum load of the measuring range)(D

max

試験時又は使用時にロードセルに負荷できる量(質量)の最大値。この値は最大容量(E

max

3.3.5 参照)

を超えてはならない。試験時の測定範囲の最大荷重(D

max

)の限界値については,8.1.2.4 参照。

3.3.7

ロードセル検定目量の最大数  (maximum number of load cell verification intervals)(n

max

ロードセルの測定範囲を分割することができるロードセルの検定目量の最大数。測定の結果は最大許容

誤差を超えてはならない。

3.3.8

最小測定量  (minimum dead load)(E

min

最大許容誤差(3.4.9 参照)を超えずに,ロードセルに負荷することができる範囲の下限。

3.3.9

最小測定量出力戻り  (minimum dead load output return)(DR

荷重の負荷の前後に測定した最小測定量におけるロードセル出力の差。

3.3.10

最小ロードセル検定目量  (minimum load cell verification interval)  v

min

ロードセルの測定範囲を分割することができる最小のロードセル検定目量。



B 7612-1:2008

3.3.11

測定範囲の最小荷重  (minimum load of the measuring range)  D

min

試験時又は使用時にロードセルに負荷できる量(質量)の最小値。この値は最小測定量(E

min

3.3.8 

照)を下回ってはならない。

3.3.12

ロードセル検定目量の数  (number of load cell verification intervals)  n

ロードセルの測定範囲を,ロードセル検定目量で除した値。

3.3.13

相対的最小測定量出力戻り  (relative dead load output return)(Z

最大容量(E

max

)を最小測定量出力戻り(DR)の 2 倍で除した値。

3.3.14

相対的最小目量  (relative dead load)(Y

最大容量(E

max

)を最小ロードセル検定目量(v

min

)で除した値。

注記  この値は,ロードセルの分解能を表す。

3.3.15

許容過負荷  (safe load limit)(E

lim

特性上,仕様を超える,永久変化を生じることなしに負荷できる最大荷重。

3.3.16

予熱時間  (warm-up time)

電源投入後から初期の計量性能を満たして計量が可能になるまでの時間。

3.4

測定及び誤差の用語

3.4.1

クリープ  (creep)

一定荷重の下で,すべての環境条件及び他の変量も一定に維持した場合に,時間の経過とともに生じる

ロードセル出力の変化。

3.4.2

誤差配分  (apportionment factor)(P

LC

質量計全体の誤差の内,ロードセルの誤差の占める比率として割り付けている小数点以下 1 けたの無次

元数(例 0.7)

。最大許容誤差(3.4.9 参照)を求めるために用いる。

3.4.3

拡張不確かさ  (expanded uncertainty)(U

合理的に測定量に結び付けられ得る値の分布の大部分を含むと期待される区間を定める量(JIS Z 8103

参照)

3.4.4

誤り  (fault)

ロードセル誤差(3.4.7 参照)とロードセル固有誤差(3.4.8 参照)との差。

3.4.5

誤りの検出出力  (fault detection output)

誤りの状態が存在することを示すロードセルからの信号。


5

B 7612-1:2008

3.4.6

ヒステリシス誤差  (hysteresis error)

同じ負荷に対するロードセル出力の二つの読みの差。すなわち,負荷を測定範囲の最小荷重(D

min

)か

ら増やすことによって得られる読みと,負荷を測定範囲の最大荷重(D

max

)から減らすことによって得ら

れる読みとの差。

3.4.7

ロードセル誤差  (load cell error)

測定結果と測定量の真の値との差。

3.4.8

ロードセル固有誤差  (load cell intrinsic error)

基準条件下(3.5.3 参照)で求めたロードセルの誤差。

3.4.9

最大許容誤差  (maximum permissible error)(mpe

ロードセルに対して許容できる誤差の最大値。

3.4.10

非直線性  (non-linearity)

負荷の増加時におけるロードセル出力曲線と,

測定開始点出力と最大測定点出力を結んだ直線との差

(直

線性誤差ともいう。

3.4.11

繰返し性  (repeatability)

一定の試験条件下で,同じ荷重を同一の方法でロードセルに数回繰り返して負荷した場合に,互いに一

致した計量結果をもたらす能力。

3.4.12

繰返し性誤差  (repeatability error)(E

R

同じ荷重及び測定環境条件下での同一手順の試験から求めたロードセル出力の差。

3.4.13

感度  (sensitivity)

ロードセルへの負荷の変化とロードセル出力の変化との比。

3.4.14

有意な誤り  (significant fault)

ロードセル検定目量(v)よりも大きな誤り。

なお,次の誤りは,ロードセル検定目量(v)を超えた場合でも,有意な誤りとはみなさない。

−  同時に又は互いに独立した原因から生じる誤り。

−  いかなる測定の実行も不可能な誤り。

−  計量結果に関与するすべての人々が気付くほどの重大な誤り。

−  計量結果として,その測定値を判断,記憶又は伝達することができないほどに,瞬間的に変化する過

渡的な誤り。

3.4.15

スパン安定性  (span stability)

指定限度内で使用期間中に,測定範囲の最大荷重(D

max

)におけるロードセルの出力と,測定範囲の最



B 7612-1:2008

小荷重(D

min

)におけるロードセルの出力との間の差を維持するロードセルの性能。

3.4.16

最小測定量出力への温度影響  (temperature effect on minimum dead load output)

周囲温度の変化に起因する最小測定量出力の変化。

3.4.17

感度への温度影響  (temperature effect on sensitivity)

周囲温度の変化に起因する感度変化。

3.5

影響及び基準条件の用語

3.5.1

影響量  (influence quantity)

3.5.1.0A  一般

測定の対象ではないが,測定値に影響を与える量(例えば,ロードセルで測定値を観察又は記録した瞬

間の温度又は湿度のレベル)

3.5.1.1

妨害  (disturbance)

規定した限度内の値であるが,ロードセルの規定の定格動作条件を超える値をもつ影響量。

3.5.1.2

影響因子  (influence factor)

ロードセルの規定の定格動作条件範囲内の値をもつ影響量(例えば,ロードセルを試験する温度又は電

源電圧の変動)

3.5.2

定格動作条件  (rated operating conditions)

ロードセルの計量特性が,規定の最大許容誤差内に入るよう,影響量の値の範囲を与える使用条件。

注記  一般に,定格動作条件によって,測定量及び影響量の範囲又は定格値を規定する。

 

3.5.3

基準条件  (reference conditions)

計量結果の有効な相互比較を保証するために定めた影響因子の一連の規定値。

注記  一般に,基準条件はそのロードセルに影響する影響量に対する基準値又は基準範囲を含む。

3.6

用語の定義の説明図

図 に示す太い実線の上側に示す用語は,そのロードセルの設計上,定めたパラメタである。その実線

の下側に示す用語は,ロードセルの試験において適用する条件に依存して変化するパラメタである。


7

B 7612-1:2008

図 1−用語の定義の説明図

4

計量単位

質量の計量単位は,グラム(g)

,キログラム(kg)又はトン(t)とする。

5

計量要件

5.1

精度等級

ロードセルは,ロードセル検定目量の最大数に従って,次の 4 種類の精度等級に分類する。

−  クラス A

−  クラス B

−  クラス C

−  クラス D

5.2

ロードセル検定目量の最大数

荷重負荷装置において,ロードセルの測定範囲を分割することができるロードセル検定目量の最大数

n

max

)は,

表 に規定する限界値の範囲内になければならない。

表 1−精度等級別のロードセル検定目量の最大数(n

max

精度等級

クラス A

クラス B

クラス C 

クラス D

下限値 50

000

5

000

500

100

上限値

無制限

100 000

10 000

1 000

5.3

最小ロードセル検定目量

最小ロードセル検定目量(v

min

)は,附属文書に記載しなければならない。

5.4

補助分類

ロードセルは,そのロードセルに負荷する荷重のタイプ,すなわち,圧縮荷重又は引張荷重によっても

分類しなければならない。ロードセルは,そのロードセルに負荷できる荷重のタイプが異なるごとに,分

類が異なる可能性がある。その分類に適用する荷重のタイプは,附属文書に記載しなければならない。複

数の荷重のタイプのロードセルの場合には,各荷重のタイプは個別に分類しなければならない。

5.5

ロードセルの分類方法

5.5.0A

一般

ロードセルは,次の六つに分類する。その一例を,

図 に示す。

a)  精度等級の指定(5.1 及び 5.5.1 参照)。

ロードセル測定範囲

最大測定範囲

最小測定量

E

min

最大容量

E

max

測定範囲の最小荷重

D

min

測定範囲の最大荷重

D

max

許容過負荷

E

lim

無負荷



B 7612-1:2008

b)  ロードセル検定目量の最大数(5.2 及び 5.5.2 参照)。

c)  必要な場合,荷重のタイプ(5.4 及び 5.5.3 参照)。

d)  必要な場合,動作温度の限界値(5.5.4 参照)。

e)  必要な場合,湿度記号(5.5.5 参照)。

f)  5.5.15.5.8 に示すような追加の特性情報。

5.5.1

精度等級の指定

クラス A のロードセルは,文字“A”

,クラス B は文字“B”

,クラス C は文字“C”及びクラス D は文

字“D”によって指定する。

5.5.2

ロードセル検定目量の最大数

ロードセル検定目量の最大数は,実際の単位(例 3 000)と精度等級の指定(5.5.1 参照)とを組み合わ

せて,分類記号(5.5.7)を表す場合には,1 000 の単位で指定する。

5.5.3

ロードセルに負荷できる荷重のタイプの指定

ロードセルに負荷できる荷重のタイプの指定は,それがそのロードセルの構造から明確に識別できない

場合には,

表 に示す記号を用いて指定する。

5.5.4

使用温度範囲の指定

6.5.1.1 に規定する温度範囲で,ロードセルが 6.16.5 の最大許容誤差の範囲内で使用することができな

い場合,6.5.1.2 に示す使用温度範囲の幅で使用可能温度範囲を指定する。その場合には,使用温度の限界

値を摂氏温度(℃)で指定する。

図 2−標準分類記号の説明

精度等級の指定   
A‐クラス A 
B‐クラス B 
C‐クラス C 
D‐クラス D

湿度記号

      1.  NH

      2.  SH

      3.  CH 又は記号なし

1 000 の単位で表したロードセル
の検定目量の最大数

  例  3 は 3 000 を表す。

    1.5 は 1 500 を表す。

動作温度の限界値

例えば,−5/30 は−5  ℃∼30  ℃を表す。

  注記 :これは温度限界が−10  ℃∼

40  ℃とは異なるときだけ必
要である(5.5.7 参照)

異なるタイプの荷重に対する記号 
        ↑ 
引張り 
        ↓

 
          ↓ 
圧縮 
        ↑ 
ビーム↓又は↑

(上向き荷重又は下向き荷重) 
                ↑↓ 
引張り及び圧縮兼用 
                ↓↑

例                    C3     NH          ↑          −5/30


9

B 7612-1:2008

表 2−異なるタイプの荷重に対する記号

荷重のタイプ

記号

引張り

↑ 

圧縮

↓ 

ビーム(上向き荷重又は下向き荷重)

↑又は↓

引張り及び圧縮兼用

↑↓ 
↓↑

5.5.5

湿度記号

5.5.5.1

湿度記号 NH

8.2.5 又は 8.2.6 に規定する湿度試験のいずれの対象にもならないロードセルには,記号 NH を表記する。

5.5.5.2

湿度記号 CH

8.2.5 に規定する湿度試験を行う必要があるロードセルには,記号 CH を表記又は記号を表記しなくても

よい。

5.5.5.3

湿度記号 SH

8.2.6 に規定する湿度試験を行う必要があるロードセルには,記号 SH を表記する。

5.5.6

追加情報

5.5.6.1

必す(須)の追加情報

5.5.15.5.5 の必要な情報のほか,次の情報を表記する。

a)  製造事業者名(登録商標又は記号)

b)  ロードセルの型式名

c)  製造番号及び製造年月日

d)  最小測定量(E

min

,最大容量(E

max

,許容過負荷(E

lim

(すべて g,kg 又は t の必要な単位での値)

e)  最小ロードセル検定目量(v

min

f)  指定した性能を得るために,表記しなければならない他の適切な情報(例えば,定格出力,入力イン

ピーダンス,電源電圧,ケーブルの詳細などのそのロードセルの電気的特性)

g)  誤差配分(P

LC

)が 0.7 に等しくない場合には,誤差配分(P

LC

)の値。

h)  製品の名称,規格番号及び種類・等級

5.5.6.2

必す(須)ではない追加の情報

5.5.15.5.6.1 の必要な情報のほか,次を追加情報として表記してもよい。

a)  はかり(例  OIML R 76 による複目量はかり)に対して,最小ロードセル検定目量(v

min

,相対的最

小目量(Y  

。ここに,YE

max

v

min

3.3.14 参照)

b)  はかり(例  OIML R 76 による複目量はかり)に対して,最小測定量出力戻り(DR),相対的最小測

定量出力戻り(Z

。ここに,ZE

max

/(2×DR)(3.3.13 参照)であり,最小測定量出力戻り(DR)は,

6.3.2 に示す最大許容の最小測定量出力戻りの値に設定する。

5.5.7

標準的な分類

標準的な分類の例を,

表 に示す。


10 
B 7612-1:2008

表 3−ロードセルの分類の例

分類記号

説明

C2

クラス C,2 000 目量,湿度記号 CH,−10  ℃∼40  ℃

C3  5/35

クラス C,3 000 目量,湿度記号 CH,5  ℃∼35  ℃

C2  NH

クラス C,2 000 目量,−10  ℃∼40  ℃ 
湿度試験の対象とはならない。

5.5.8

複数分類

異なるタイプの荷重に対して複数に分類できるロードセルは,分類ごとに複数の情報を表記する。その

一例を,

表 に示す。

表 4−複数分類の例

分類記号

説明

C2   
 
 
C1.5

↑ 
 
 

クラス C,2 000 目量,湿度記号 CH,ビーム, 
上向き荷重  −10  ℃∼40  ℃ 
 
クラス C,1 500 目量,湿度記号 CH,ビーム, 
下向き荷重  −10  ℃∼40  ℃

 
C1 
 
 
C3

 
↓ 
↑ 
 
↑ 

 
−5/30 
 
 
−5/30

 
クラス C,1 000 目量,湿度等級 CH,圧縮, 
−5  ℃∼30  ℃ 
 
クラス C,3 000 目量,湿度等級 CH,引張り, 
−5  ℃∼30  ℃

5.6

表示

5.6.1

ロードセルへの表示

ロードセルには,5.5 で要求している情報のうち,次の情報は,読みやすく,かつ,消滅しないように,

その見やすい箇所に表示する。

a)  製造事業者名又は登録商標

b)  指定製造事業者名又はロードセルの型式名

c)  製造番号

d)  最大容量(E

max

また,上記以外の 5.5 で要求している情報については,可能な限りロードセルに表示する。

5.6.2

附属文書への表示

5.5 で要求している情報は,可能な限り製造事業者が提供する附属文書の中に表示する。

6

ロードセルの最大許容誤差

6.1

各精度等級に対する最大許容誤差

6.1.0A

一般

各精度等級に対するロードセルの最大許容誤差[最小測定量(E

min

)においてゼロに調整するロードセ

ルの出力]は,そのロードセルに対して規定するロードセルの検定目量の最大数(5.2 参照)及びそのロー

ドセル検定目量(v)の影響を受ける。


11

B 7612-1:2008

6.1.1

評価試験

最大許容誤差は,

表 の左欄の式を使って導いた値でなければならない。誤差配分(P

LC

)は,0.7 以外

の場合には,その製造事業者が選定し,宣言しなければならない。誤差配分は,0.3∼0.8 の範囲内(0.3≦

P

LC

≦0.8)になければならない。

上記の誤差の限界は,直線性誤差及びヒステリシス誤差,並びに 6.5.1.1 及び 6.5.1.2 に規定する温度範囲

で感度への温度影響に起因するものを含む。

表 5−評価試験における最大許容誤差(mpe

荷重(m

最大許容

誤差

(mpe)

クラス A

クラス B

クラス C

クラス D

P

LC

×0.5 v

P

LC

×1.0 v

P

LC

×1.5 v

0

m≦  50 000 v

 50 000 v  m≦ 200 000 v 
200 000 v  m

         0  ≦m≦ 5

000

v

 5 000 v  m≦ 20 000 v 
20 000 v  m≦100 000 v

 0

m

500

v

 500 v  m≦ 2

000

v

2 000 v  m≦ 10 000 v

 0 ≦m≦ 50

v

 50 v  <m≦ 200

v

 200 v  <m≦ 1

000

v

6.2

誤差の決定に関する規則

6.2.1

条件

表 の誤差の限界は,次の条件に適合するすべてのロードセルの測定範囲に対して適用しなければなら

ない。

nn

max

vv

min

6.2.2

誤差の限界値

上記の誤差の限界値は,6.1 に規定する許容誤差を参照する。それは 20  ℃において増加方向の荷重で負

荷した最小の荷重出力と計測範囲の 75  %の荷重に対するロードセルの出力とを通過する直線を基準とす

る。これは 20  ℃での初期の試験荷重に基づいている(B.2.2 参照)

6.2.3

最初の読み

試験の実行時,

表 に示す負荷又は除荷(いずれか適切な方)の開始の一定時間後に,最初の読みを測

定する。

表 6−読みに先立って達成すべき負荷時間及び安定化の

時間の合計時間(両時間はほぼ同等)

荷重(m)の変化  kg

合計時間  s

0

10

100

1 000

 10 000

 100 000

<  m  ≦ 
<  m  

<  m  ≦ 
<  m  ≦ 
<  m  

<  m

10 kg

100 kg

1 000 kg

10 000 kg

100 000 kg

10 
20 
30 
40 
50 
60

注記  合計時間の誤差は±10  %。

6.2.3.1

負荷又は除荷時間

負荷又は除荷時間は規定した合計時間の約半分とし,残りの時間は安定化のために使う。試験は一定条

件下で行う。試験報告書の中の時刻は絶対的時刻(日本国内では日本標準時刻)で記録する。

6.2.3.2

負荷及び除荷時間が達成できない場合


12 
B 7612-1:2008

指定した負荷又は除荷時間が達成できない場合には,次を適用する。

a)  最小測定量出力戻り試験の場合,負荷又は除荷時間は規定値の 150  %を上限として規定値より長くし

てもよい。ただし,除荷したときの測定範囲の最小荷重出力の最初の読みと負荷前の読みとの許容差

については,規定値からの減少率をその 50  %を限度として負荷時間増加率に比例する。

注記  規定値 100  %のときの許容差を 100  %としたとき,規定値の 150  %のときは許容差を 50  %

とする。規定値 100  %∼150  %の間の許容差の減少率は,規定値に比例するように設定する。

b)  それ以外の場合,規定の時間が達成できないときには実際の時間を試験報告書に記録する。

6.3

許容可能な変動

6.3.1

クリープ

6.3.1.0A  一般

一定の測定範囲の最大荷重(D

max

)で,最大容量(E

max

)の 90  %∼100  %の荷重をロードセルに負荷し

た状態で,最初の読みと,次の 30 分間で得られた任意の読みとの差の絶対値が,負荷した荷重に対する最

大許容誤差(mpe)

6.3.1.1 参照)の 0.7 倍を超えてはならない。また,最初の読みから 20 分で得られた読

みと 30 分で得られた読みとの差の絶対値は,最大許容誤差(mpe)

6.3.1.1 参照)の 0.15 倍を超えてはな

らない。

6.3.1.1

クリープに対する最大許容誤差

誤差配分(P

LC

)に対して製造事業者がいかなる値を宣言していても,クリープに対する最大許容誤差

(mpe)は,誤差配分(P

LC

)=0.7 を使って

表 から決定する。

6.3.2

最小測定量出力戻り

最初の測定範囲の最小荷重のときの測定値と,最大容量(E

max

)の 90  %∼100  %の測定範囲の最大荷重

D

max

)を 30 分間負荷した後の測定範囲の最小荷重のときの測定値との差が,そのロードセル検定目量の

半分の値(0.5 v)を超えてはならない。

6.4

繰返し性誤差

クラス A 及びクラス B に対しては同じ荷重を 5 回,クラス C 及びクラス D に対しては同じ荷重を 3 回

負荷した結果,

それぞれの最大の差が,

その荷重に対する最大許容誤差の絶対値より大きくてはならない。

6.5

影響量

6.5.1

温度

6.5.1.1

温度限界

最小測定量出力に及ぼす温度の効果を除いて,6.5.1.2 に規定していない限り,ロードセルは−10  ℃∼

40  ℃の温度範囲で 6.1.1 の最大許容誤差の範囲内で動作しなければならない。

6.5.1.2

特別限界温度

特定の使用温度限界をロードセルに表記している場合には,その限界内で計量要件を満たさなければな

らない。これらの温度範囲の幅は,少なくとも次の値でなければならない。

−  クラス A のロードセルの場合:5  ℃

−  クラス B のロードセルの場合:15  ℃

−  クラス C 又はクラス D のロードセルの場合:30  ℃

6.5.1.3

最小測定量出力に及ぼす温度影響

6.5.1.1 又は 6.5.1.2 に規定する温度範囲でのロードセルの最小測定量出力は,次の周囲温度の変化に対し

て,誤差配分(P

LC

)に最小ロードセル検定目量(v

min

)を乗じた値以上変動してはならない。

−  クラス A の場合:2  ℃


13

B 7612-1:2008

−  クラス B,クラス C 又はクラス D の場合:5  ℃

なお,

測定範囲の最小荷重出力は,そのロードセルが周囲温度において熱的に安定した状態で測定する。

6.5.2

気圧

ロードセルの出力は 95 kPa∼105 kPa の範囲で,1 kPa の気圧変化に対して最小ロードセル検定目量(v

min

より大きく変化してはならない。

6.5.3

湿度

6.5.3.0A  一般 
a)  記号 NH と表記しているロードセルは,8.2.5 又は 8.2.6 に規定する湿度試験の対象にはならない。

b)  記号 CH と表記又は湿度記号が未表記のロードセルは,8.2.5 に規定する湿度試験を実施する。

c)  記号 SH と表記しているロードセルは,8.2.6 に規定する湿度試験を実施する。

6.5.3.1

湿度誤差(CH が表記又は湿度記号の表記がないロードセルに対して適用し,NH 又は SH の表記

のあるロードセルに対しては適用しない。

湿度試験実行前の測定範囲の最小荷重出力の読みの平均値と 8.2.5 による湿度試験実行後に得られた同

じ荷重に対する読みの平均値との差は,最大容量(E

max

)における出力と最小測定量(E

min

)における出力

との差の 4  %以下でなければならない。

クラス C 及びクラス D のロードセルに対しては,測定範囲の最大荷重(D

max

)において三つの出力値,

クラス A 及びクラス B のロードセルに対しては五つの出力値

(測定範囲の最小荷重出力に対し補正した値)

が,

8.2.5 による湿度試験実行前に得られた値の平均値と,湿度試験実行後に同じ測定範囲の最大荷重(D

max

に対して得られた三つの出力値の平均値又は五つの出力値の平均値との差が,そのロードセル検定目量(v

の値を超えてはならない。

6.5.3.2

湿度誤差(SH の表記のあるロードセルに対して適用し,CH 若しくは NH の表記又は湿度記号の

表記のないロードセルに対しては適用しない。

ロードセルは,8.2.6 による湿度試験実行時に適用する最大許容誤差(mpe)を満足しなければならない。

6.6

計測標準

荷重負荷装置と指示計(ロードセルの出力を観察するために使われる。

)との組合せによる拡張不確かさ

U

(包含係数 k=2 の場合)は,その被試験ロードセルの最大許容誤差の 1/3 倍より小さくなければなら

ない。

7

ロードセルの試験サンプルの選択方法

最大容量,検定目量などが異なる複数のロードセルのグループからなるファミリを評価する場合は,次

の規定を適用する(

附属書 参照)。

7.1

試験に必要なロードセルの数

試験に必要なロードセルの数は,最小にする。

7.2

異なるグループに属している同じ最大容量のロードセル

同じ最大容量のロードセルが異なるグループに属している場合は,計量特性が最良であるロードセルを

承認すると,計量特性がそれより劣るロードセルも承認することになる。したがって,計量特性が最良で

あるロードセルを評価試験のために選択する。

7.3

最大容量が異なるロードセル

ロードセルの最大容量が,評価試験したロードセルの最大容量を超えていた場合でも,その 5 倍を超え

ていなければ同時に承認してよい。


14 
B 7612-1:2008

7.4

グループ内の最も小さい最大容量のロードセル

任意のファミリに対し,計量特性が最良である最も小さい最大容量のロードセルを,グループから評価

試験のために選択する。7.2 及び 7.3 の要件に従い既に選択したロードセルの許容容量範囲に入っている場

合は,選択する必要がない。

7.5

最大容量とそれに最も近くて小さい最大容量との比

選択したロードセルの最大容量の 5 倍を超えているロードセルが各グループの中にある場合は,そのロ

ードセルを選択しなければならない。

選択したロードセルの計量特性が最もよいグループから,最大容量の 5 倍を超えて 10 倍以内である,次

の最大容量のロードセルを選択する。この基準を満たす最大容量のロードセルがない場合には,最大容量

の 10 倍を超えるロードセルで,最も小さい最大容量のものを選択する。同様に順次,グループごとにロー

ドセルを選択する。

7.6

湿度試験

一つのファミリの中から二つ以上のロードセルを評価試験する場合には,一つのロードセルは湿度試験

をしなければならない。その場合,最もよい計量特性[例えば,ロードセル検定目量の最大数(n

max

)の

最大値又は最小ロードセル検定目量(v

min

)の最小値]のロードセルを選択する。

8

試験

8.1

試験条件

8.1.1

試験装置

評価試験のための基本装置は,荷重負荷装置及びそのロードセルの出力を測定する適切な線形の指示計

6.6 参照)で構成しなければならない。

8.1.2

環境及び試験条件に対する一般的考察

8.1.2.0A  一般

ロードセルの試験及び評価を実行する前に,その評価を行う環境及び試験条件に対して慎重な注意を払

わなければならない。環境及び試験条件に大きな変化があった場合は,その結果に影響が及ぶことを見過

ごすことが多い。すべての評価試験に対して,それに先立って,次の事項を考慮する。

8.1.2.1

重力加速度

試験で使われる質量標準は,必要であれば試験場所で補正する。その試験場所の重力加速度(g)の値

を試験結果とともに記録する。荷重を負荷するために用いる質量標準の値は,質量の国家標準に対してト

レーサビリティでなければならない。

8.1.2.2

環境条件

試験は安定な環境条件下で実行する。試験中の最大温度差は 2  ℃以下で,ロードセルの使用温度範囲の

1/5 を超えないとき,その周囲温度は安定であるとみなす。

8.1.2.3

負荷条件

そのロードセルに固有でない誤差が含まれることを防止するために,負荷条件に対して表面粗さ,平面

度,腐食,引っかききず,偏心などの要因に注意する。負荷条件は,そのロードセル製造事業者の条件に

従うとともに,荷重はそのロードセルに対して衝撃を与えず,そのロードセルの荷重軸に沿って負荷及び

除荷する。

8.1.2.4

測定範囲の限界

測定範囲の最小荷重(D

min

)は,荷重負荷装置で可能な最小測定量(E

min

)にできるだけ近く,それより


15

B 7612-1:2008

大きい値でなければならない。また,測定範囲の最大荷重(D

max

)は,最大容量(E

max

)の 90  %以下では

なく,最大容量(E

max

)を超えてはならない(

図 参照)。

8.1.2.5

参照標準

参照標準は,使用状況によって変化するため,定期的に検証する。

8.1.2.6

安定状態に達するまでの時間

ロードセル及び指示計が安定状態に達するまでの時間について,製造事業者が推奨している場合には,

それに従う。

8.1.2.7

温度条件

ロードセルの温度が安定するまでには十分な時間が必要であり,大形ロードセルに対しては,特にこの

条件に注意する。荷重負荷装置は,ロードセルの内部に大きな温度こう配を生じないように設計しなけれ

ばならない。ロードセル及びその中に組込みであるもの又は取付け手段(ケーブル,チューブなど)は,

同じ試験温度でなければならない。指示計は室温に保持し,結果を求めるときは,補助的な接続手段に及

ぼす温度影響も考慮する。

8.1.2.8

気圧の影響

気圧の変化がロードセルの出力に大きく影響する可能性がある場合は,その変化を考慮する。

8.1.2.9

荷重負荷装置の性能

6.6 に規定する,許容誤差内に読みを収めるために十分な安定性をもつ指示計及び荷重負荷装置を用いる。

8.1.2.10  指示計の確認

指示計には,性能を検証又は補償するための機能を内蔵しているものがある。その機能を内蔵している

場合には,実行中の試験で必要な精度の範囲内にその指示計があることを保証するため,その機能を頻繁

に利用しなければならない。その指示計は定期的に校正する。

8.1.2.11  その他の条件

製造事業者が規定する入力及び出力電圧,電気的感度などのその他の条件を試験時に考慮する。

8.1.2.12  日付及び時刻のデータ

試験報告書にデータが後で記録できるように,すべての日付及び時刻を記録する。その日付は ISO 8601

の書式に従って,ccyy-mm-dd のように記録する。

注記  混乱が生じる可能性がない場合は,西暦年の最初の 2 けた“cc”を省略してもよい。

8.1.2.13  スパンの安定性

荷重負荷装置へのロードセルの設置は,特に注意して行う。

注記  この試験の目的は,荷重負荷装置に対するロードセルの取付け及び取外し,若しくは,取付け

又は取外しが計量特性に及ぼす影響を測定することではない。

8.2

試験手順

8.2.0A

一般

次の各試験は個々の試験として提示する。しかし,ロードセルの試験を効率的に実行するために,負荷,

除荷,クリープ及び最小測定量出力戻り試験は,次の試験温度に変わる前に規定した試験温度で実行する

8.3

図 及び図 を参照)。また,気圧及び湿度試験は,前記の試験完了後に,個々に実施する。

8.2.1

ロードセルの誤差,繰返し性誤差,最小測定量出力に及ぼす温度影響の決定

8.2.1.1

試験条件の確認

次の試験を実行する前に,8.1 に規定する試験条件を適切に考慮していていることを確認するために,そ

の試験条件を参照する。


16 
B 7612-1:2008

8.2.1.2

ロードセルの取付け

ロードセルを荷重負荷装置に取り付け,測定範囲の最小荷重(D

min

)を負荷し,20  ℃で安定させる。

8.2.1.3

予備負荷

測定範囲の最大荷重(D

max

)を 3 回負荷し,各荷重の負荷後に測定範囲の最小荷重(D

min

)へ戻すこと

によってロードセルの予備負荷を行い,その後 5 分間待つ。

8.2.1.4

指示計の確認

8.1.2.10 に従って指示計を確認する。

8.2.1.5

ロードセルの監視

安定するまで測定範囲の最小荷重(D

min

)を監視する。

8.2.1.6

測定値の記録

測定範囲の最小荷重(D

min

)における測定値を記録する。

8.2.1.7

測定点

負荷及び除荷のシーケンス中のすべての測定間隔は,ほぼ等しい時間でなければならない。読取りは,

表 に規定する時間にできるだけ近い間隔で行い,これらの間隔を記録する。

8.2.1.8

荷重の負荷

測定範囲の最大荷重(D

max

)まで荷重を増加させながら負荷し,少なくとも五つの増加方向の荷重点で

負荷を行う。

表 に規定するロードセルの最大許容誤差の適用可能なステップにおける,最大値に近い荷

重を含まなければならない。

8.2.1.9

測定値の記録

表 で規定する時間にできるだけ近い間隔で,測定値を記録する。これら二つの時間間隔を記録する。

8.2.1.10  試験荷重の除荷

8.2.1.8 の荷重点と同じ荷重点を用い,試験荷重を測定範囲の最小荷重(D

min

)まで除荷する。

8.2.1.11  測定値の記録

表 に規定する時間にできるだけ近い間隔で,測定値を記録する。これら二つの時間間隔を記録する。

8.2.1.12  異なる精度等級に対する手順の繰返し

8.2.1.78.2.1.11 の手順を,クラス A 及びクラス B に対しては更に 4 回,クラス C 及びクラス D に対し

ては更に 2 回繰り返す。

8.2.1.13  異なる温度に対する手順の繰返し

8.2.1.38.2.1.12 の手順を,最初に精度等級に応じた温度限界の上限温度で実施し,次に下限温度で実施

し,最後に再度 20  ℃で実施する。

8.2.1.14  ロードセルの誤差の決定

ロードセルの誤差は,各温度レベルで実行した試験結果の平均値に基づいて決定し,6.1.1 のロードセル

の最大許容誤差と比較する。

8.2.1.15  繰返し性誤差の決定

測定結果から,繰返し性誤差を決定し,6.4 で規定する限界値と比較する。

8.2.1.16  最小測定量出力に及ぼす温度影響の決定

測定結果から,最小測定量出力に及ぼす温度影響を決定し,6.5.1.3 で規定する限界値と比較する。

8.2.2

クリープ誤差の測定

8.2.2.1

試験条件の確認

次の試験を実行する前に,8.1 に規定する試験条件を適切に考慮していることを確認するために,その試


17

B 7612-1:2008

験条件を参照する。

8.2.2.2

ロードセルの取付け

ロードセルを荷重負荷装置に取り付け,測定範囲の最小荷重(D

min

)を負荷し,20  ℃で安定させる。

8.2.2.3

予備負荷

測定範囲の最大荷重(D

max

)を 3 回負荷し,各荷重を負荷後に測定範囲の最小荷重(D

min

)へ戻すこと

によってロードセルの予備負荷を行い,その後 1 時間待つ。

8.2.2.4

指示計の確認

8.1.2.10 に従って指示計を確認する。

8.2.2.5

ロードセルの監視

安定するまで測定範囲の最小荷重(D

min

)を監視する。

8.2.2.6

測定値の記録

測定範囲の最小荷重(D

min

)における測定値を記録する。

8.2.2.7

荷重の負荷

一定の測定範囲の最大荷重(D

max

)を負荷する。

8.2.2.8

測定値の記録

表 に規定する時間に初期の測定値を記録する。その後の 30 分間は周期的に記録する。そのとき,20

分で必ず記録する。

8.2.2.9

異なる温度に対する手順の繰返し

8.2.2.38.2.2.8 の手順を,最初に精度等級に応じた温度限界の上限温度で実施し,次に下限温度で実施

する。

8.2.2.10  クリープ誤差の測定

測定結果及び 8.1.2.8 による気圧の変化を考慮し,クリープ誤差の大きさを求め,6.3.1 に規定する許容変

動と比較する。

8.2.3

最小測定量出力戻り(DR)の測定

8.2.3.1

試験条件の確認

次の試験を実行する前に,8.1 に規定する試験条件を適切に考慮していることを確認するために,その試

験条件を参照する。

8.2.3.2

ロードセルの取付け

ロードセルを荷重負荷装置に取り付け,測定範囲の最小荷重(D

min

)を負荷し,20  ℃で安定させる。

8.2.3.3

予備負荷

測定範囲の最大荷重(D

max

)を 3 回負荷し,各荷重を負荷後に測定範囲の最小荷重(D

min

)へ戻すこと

によってロードセルの予備負荷を行い,その後 1 時間待つ。

8.2.3.4

指示計の確認

8.1.2.10 に従って指示計を確認する。

8.2.3.5

ロードセルの監視

安定するまで測定範囲の最小荷重(D

min

)を監視する。

8.2.3.6

測定値の記録

測定範囲の最小荷重(D

min

)における測定値を記録する。

8.2.3.7

荷重の負荷

一定の測定範囲の最大荷重(D

max

)を負荷する。


18 
B 7612-1:2008

8.2.3.8

測定値の記録

表 に規定する値にできるだけ近い時間で,指示計の初期の測定値を記録する。測定範囲の最大荷重を

負荷した時刻を記録し,その荷重を 30 分間維持し,その時刻を記録する。

8.2.3.9

データの記録

除荷開始時刻を記録し,測定範囲の最小荷重(D

min

)へ戻す。

8.2.3.10  測定値の記録

表 に規定する値にできるだけ近い時間で,測定値を記録する。これらの二つの時間間隔を記録する。

8.2.3.11  異なる温度に対する手順の繰返し

8.2.3.38.2.3.10 の手順を,最初に精度等級に応じた温度限界の上限温度で実施し,次に下限温度で実施

する。

8.2.3.12  最小測定量出力戻り(DR)の決定

測定結果から,最小測定量出力戻り(DR)の大きさを決定し,6.3.2 に規定する許容変動と比較する。

8.2.4

気圧の降下の測定

8.2.4.0A    一般

この試験は,ロードセルの性能が気圧の変化に影響しないことを確認するために行う。

8.2.4.1

試験条件の確認

次の試験を実行する前に,8.1 に規定する試験条件を適切に考慮していることを確認するために,その試

験条件を参照する。

8.2.4.2

ロードセルの取付け

ロードセルを室温の状態で,大気圧の圧力チャンバに取り付ける。

8.2.4.3

指示計の確認

8.1.2.10 に従って指示計を確認する。

8.2.4.4

ロードセルの監視

安定するまで測定範囲の最小荷重(D

min

)を監視する。

8.2.4.5

測定値の記録

測定値を記録する。

8.2.4.6

気圧の変化

気圧を大気圧より約 1 kPa 低い値又は高い値に変え,測定値を記録する。

8.2.4.7

気圧誤差の決定

測定結果から,気圧の影響の大きさを求め,6.5.2 に規定する限界と比較する。

8.2.5

CH と表記又は何も表記していないロードセルに対する湿度影響の測定

8.2.5.1

試験条件の確認

次の試験を実行する前に,8.1 に規定する試験条件を適切に考慮していることを確認するために,その試

験条件を参照する。

8.2.5.2

ロードセルの取付け

ロードセルを荷重負荷装置に取り付け,測定範囲の最小荷重(D

min

)を負荷し,20  ℃で安定させる。

8.2.5.3

予備負荷

測定範囲の最大荷重(D

max

)を 3 回負荷し,各荷重を負荷後に測定範囲の最小荷重(D

min

)へ戻すこと

によって予備負荷を行う。

8.2.5.4

指示計の確認


19

B 7612-1:2008

8.1.2.10 に従って指示計を確認する。

8.2.5.5

ロードセルの監視

安定するまで測定範囲の最小荷重(D

min

)を監視する。

8.2.5.6

測定値の記録

測定範囲の最小荷重(D

min

)における測定値を記録する。

8.2.5.7

荷重の負荷

測定範囲の最大荷重(D

max

)を負荷する。

8.2.5.8

測定値の記録

表 で規定する時間にできるだけ近い間隔で,最初の測定値を記録する。これらの二つの時間間隔を記

録する。

8.2.5.9

荷重の除荷

試験荷重を取り除き測定範囲の最小荷重(D

min

)にする。

8.2.5.10  測定値の記録

表 で規定する値にできるだけ近い時間で,測定値を記録する。これらの二つの時間間隔を記録する。

8.2.5.11  異なる精度等級に対する手順の繰返し

8.2.5.78.2.5.10 の手順を,クラス A 及びクラス B に対しては更に 4 回,クラス C 及びクラス D に対し

ては更に 2 回繰り返す。

8.2.5.12  ダンプヒートの繰返し試験の実施

IEC 60068-2-30:2005 に従ってダンプヒートの繰返し試験を行う。

a)  試験手順の要約  この試験は,それぞれ 24 時間続く温度サイクルに 12 回暴露することによって行う。

規定したサイクルに従って,相対湿度は 80  %∼96  %,温度は 25  ℃∼40  ℃の間で変化させる。

b)  試験の条件  40  ℃,12 サイクル。 
c)  初期測定  8.2.5.18.2.5.11 による。 
d)  試験中のロードセルの状態  出力が恒温恒湿槽の外部へ接続し,電源がオフになっている状態でロー

ドセルを放置する。温度を下げるときは,IEC 60068-2-30:2005 に従って行う。

e)  回復条件及び最終測定  8.2.5.13 による。 
8.2.5.13  恒温恒湿槽からのロードセルの取外し

ロードセルを恒温恒湿槽から取り外し,表面の水分を慎重にふき取り,温度安定性を得るのに十分な時

間(通常は 1∼2 時間)

,標準大気状態においてロードセルを放置する。

測定範囲の最小荷重(D

min

)及び測定範囲の最大荷重(D

max

)が恒温恒湿槽に入れる前に測定したとき

と同じであることを確認した後,8.2.5.18.2.5.11 の手順を繰り返す。

8.2.5.14  湿度の起因による変動の大きさの測定

測定結果から,湿度の起因する変動の大きさを求め,6.5.3.1 に規定する限界値と比較する。

8.2.6

SH と表記したロードセルに対する湿度影響の測定

8.2.6.1

試験条件の確認

次の試験を実行する前に,8.1 に規定する試験条件を適切に考慮していることを確認するために,その試

験条件を参照する。

8.2.6.2

ロードセルの取付け

ロードセルを荷重負荷装置に取り付け,測定範囲の最小荷重(D

min

)を負荷し,20  ℃で安定させる。

8.2.6.3

予備負荷


20 
B 7612-1:2008

測定範囲の最大荷重(D

max

)を 3 回負荷し,各荷重を負荷後,測定範囲の最小荷重(D

min

)へ戻すこと

によって,ロードセルの予備負荷を行う。

8.2.6.4

指示計の確認

8.1.2.10 に従って指示計を確認する。

8.2.6.5

ロードセルの監視

安定するまで測定範囲の最小荷重(D

min

)を監視する。

8.2.6.6

測定値の記録

測定範囲の最小荷重(D

min

)における測定値を記録する。

8.2.6.7

測定点

負荷及び除荷のシーケンス中のすべての測定間隔は,ほぼ等しい時間でなければならない。読取りは,

表 に規定する時間にできるだけ近い間隔で行い,これらの間隔を記録する。

8.2.6.8

荷重の負荷

測定範囲の最大荷重(D

max

)まで荷重を増加させながら負荷し,少なくとも五つの増加方向の荷重点で

負荷を行う。

表 に規定するロードセルの最大許容誤差の適用可能なステップにおける,最大値に近い荷

重を含まなければならない。

8.2.6.9

測定値の記録

表 に規定する時間にできるだけ近い間隔で,測定値を記録する。これら二つの時間間隔を記録する。

8.2.6.10  荷重の除荷

8.2.6.8 の荷重点と同じ荷重点を用い,試験荷重を測定範囲の最小荷重(D

min

)まで除荷する。

8.2.6.11  ダンプヒートの定常状態試験の実施

JIS C 60068-2-78:2004 及び JIS C 60068-3-4:2004 に従ってダンプヒートの定常状態試験を実施する。

a)  試験手順の要約  ロードセルに 8.2.6.18.2.6.10 の試験を行う。この試験は,ロードセルを一定の温度

及び一定の相対湿度に暴露することを含む。

1)  基準温度(20  ℃又は 20  ℃が範囲外にあるときは,温度範囲の平均値)及び調整後の 50  %の相対

湿度において試験を行う。

2)  ロードセルに対して,6.5.1 に規定する範囲の高い温度及び 85  %の相対湿度で,温度及び湿度の安

定化後 2 日間経過した後に試験を行う。

3)  基準温度及び 50  %の相対湿度において再び試験を行う。

b)  調整中のロードセルの状態  出力が恒温恒湿槽の外部に接続している状態で,恒温恒湿槽の中にロー

ドセルを設置し,電源を投入する。温度を下げるときは JIS C 60068-2-78:2004 に従って行う。

8.2.6.12  測定値の記録

表 に規定する時間にできるだけ近い間隔で,測定値を記録する。これら二つの時間間隔を記録する。

8.2.6.13  湿度に起因する変動の大きさの決定

測定結果から,湿度に起因する変動の大きさを計算し,6.5.3.2 に規定する限界値と比較する。

8.3

推奨する試験手順

8.3.1

試験フロー

各試験温度において,すべての試験を同じ荷重負荷装置で実施する場合の試験フローを,

図 に示す。


21

B 7612-1:2008

荷重                                                                                                                          8.2.2.58.2.2.8 
                  8.2.1.3                  8.2.1.58.2.1.12                                                  8.2.3.58.2.3.10 
 
 
 
                                          1                    2                      3 

              5  分                                  1時間      30分 

          時間

図 3−すべての試験が同じ荷重負荷装置で実施する場合の試験フロー

8.3.2

最小測定量出力戻りに対する試験フロー

各試験温度において,最小測定量出力戻り(DR)及びクリープ試験だけを行う場合の推奨試験フローを,

図 に示す。

荷重

                                                                                                        8.2.2.58.2.2.8 
                            8.2.1.3                                                              8.2.3.58.2.3.10 
 
 
 
 
 
                                                                        1  時間                            30分 
                                                                                                                                      時間

図 4−最小測定量出力戻り(DR)及びクリープ試験だけを行う場合の試験フロー


22 
B 7612-1:2008

附属書 A

参考)

ロードセルの試験サンプルの選択方法

A.1  試験サンプルの選択手順

この附属書は,一つのロードセルのファミリから試験サンプルを選択するための手順の一例を示す。

A.2  ファミリの構成

3 グループのロードセルから構成するファミリを仮定する。それらは精度等級,ロードセル検定目量の

最大数(n

max

)及び最大容量(E

max

)が異なる。各グループの最大容量(E

max

)は,一部重複している。

グループ 1:  クラス C,n

max

=6 000,Y=18 000,Z=6 000

              E

max

:  50 kg,100 kg,300 kg 及び 500 kg

グループ 2:  クラス C,n

max

=3 000,Y=12 000,Z=4 000

              E

max

:  100 kg,300 kg,500 kg,5 000 kg,10 t,30 t 及び 50 t

グループ 3:  クラス B,n

max

=10 000,Y=25 000,Z=10 000

              E

max

:  500 kg,1 000 kg 及び 4 000 kg

A.2.1  ロードセルの整列

最大容量(E

max

)及び精度等級を元に,ロードセルを,次のように並べる。

精度等級

n

max

グループ

Y

Z

ß  最低            E

max

,kg

V

min

,kg

à 最高

C3

3 000

2

12 000

4 000

 100

0.008 3

300

0.025

500

0.042

5

000

0.42

10 000

0.83

30 000

2.5

50 000

4.17

C6

6 000

1

18 000

6 000

    50

0.002 8

100

0.005 5

300

0.016 7

500

0.028

B10

10 000

3

25 000

10 000

    500

0.020

1 000

0.040

4 000

0.16


23

B 7612-1:2008

A.2.2  評価試験する必要のある各グループの最も小さな最大容量のロードセルの識別

精度等級

n

max

グループ

Y

Z

ß  最低            E

max

,kg

V

min

,kg

à 最高

C3

3 000

2

12 000

4 000

 100

0.008 3

300

0.025

500

0.042

5

000

0.42

10 000

0.83

30 000

2.5

50 000

4.17

C6

6 000

1

18 000

6 000

50

0.002 8

100

0.005 5

300

0.016 7

500

0.028

B10

10 000

3

25 000

10 000

    500

0.020

1 000

0.040

4 000

0.16

この例においては,次のロードセルを選択し,識別する。

C6‐50 kg    (すべての評価試験が必要)

B10‐500 kg  (すべての評価試験が必要)

ロードセル C3‐100 kg は,このグループの中では最大容量が最小であるが,その最大容量は,計量特性

が更によい他の選択したロードセル(C6‐50 kg)の範囲内にある。したがって,それを選択しない。

A.2.3  計量特性が最もよいグループ

計量特性が最もよいグループ

(この例においては B10)

から始めて,

7.5 に従って選択したロードセル(B10

‐500 kg)の最大容量の 5 倍を超え 10 倍以下の範囲内の最も小さい最大容量のロードセルを選択する。こ

の基準を満たす最大容量がないとき,その選択したロードセル(B10‐500 kg)の最大容量の 10 倍を超え

る最も小さい最大容量のロードセルを選択する。そのグループ中のすべてのロードセルの最大容量を考慮

するまで,このプロセスを繰り返す。

精度等級

n

max

グループ

Y

Z

ß  最低            E

max

,kg

V

min

,kg

à 最高

C3

3 000

2

12 000

4 000

 100

0.008 3

300

0.025

500

0.042

5

000

0.42

10 000

0.83

30 000

2.5

50 000

4.17

C6

6 000

1

18 000

6 000

50

0.002 8

100

0.005 5

300

0.016 7

500

0.028

B10

10 000

3

25 000

10 000

    500

0.020

1 000

0.040

4 000

0.16

この例においては,次のロードセルを選択し,識別する。

B10‐4 000 kg(すべての評価試験が必要)

A.2.4  計量特性が A.2.3 の次によいグループ

計量特性が次によいグループ(この例においては C6)へ移動し,選択したロードセル(C6‐50 kg)の

最大容量の 5 倍を超え 10 倍以下の範囲内の最も小さい最大容量のロードセルを選択する。

この基準を満た


24 
B 7612-1:2008

す最大容量がないとき,その選択したロードセル(C6‐50 kg)の最大容量の 10 倍を超える最も小さい最

大容量のロードセルを選択する。そのグループ中のすべてのロードセルの最大容量を考慮するまで,この

プロセスを繰り返す。

精度等級

n

max

グループ

Y

Z

ß  最低            E

max

,kg

V

min

,kg

à 最高 
 

C3

3 000

2

12 000

4 000

 100

0.008 3

300

0.025

500

0.042

5

000

0.42

10 000

0.83

30 000

2.5

50 000

4.17

C6

6 000

1

18 000

6 000

50

0.002 8

100

0.005 5

300

0.016 7

500

0.028

B10

10 000

3

25 000

10 000

    500

0.020

1 000

0.040

4 000

0.16

この例においては,選択するロードセルはない。C6‐300 kg 及び C6‐500 kg の最大容量は,ロードセ

ル C6‐50kg の最大容量の 5 倍より大きい。しかし,C6‐300 kg 及び C6‐500 kg の最大容量が 5 倍を超え

10 倍以下の範囲内に,計量特性がより良好なロードセル(B10‐500 kg)があり,既に選択している。し

たがって,これの範囲内に収まると考え,試験すべきロードセルの個数を最小化するために,C6‐300 kg

及び C6‐500 kg は選択しない。

A.2.5  計量特性が A.2.4 の次によいグループ

計量特性が次によいグループ(この例では C3)へ移り,7.5 に従って選択したロードセル(C6‐50 kg)

の最大容量の 5 倍を超え 10 倍以下の範囲内の最も小さい最大容量のロードセル

(C3‐300 kg 及び C3‐500

kg)を選択する。しかし,これらのロードセル(C3‐300 kg 及び C3‐500 kg)の最大容量の 5 倍を超え

10 倍以下の範囲内に,計量特性がより良好なロードセル(B10‐500 kg)があり,既に選択している。

したがって,これの範囲内に収まると考え,試験すべきロードセルの個数を最小化するために,C3‐300

kg 及び C3‐500 kg は選択しない。選択したロードセル(B10‐4 000 kg)の最大容量の 5 倍を超え 10 倍以

下の範囲内の最も小さい最大容量のロードセル(C3‐30 000 kg)を選択する。

次に,選択したロードセル(C3‐30 000 kg)の最大容量の 5 倍を超え 10 倍以下の範囲内の最も小さい

最大容量のロードセルを選択する。

この基準を満たす最大容量がないとき,その選択したロードセル(C3‐30 000 kg)の最大容量が 10 倍

を超えている最も小さい最大容量のロードセルを選択する。そのグループ中のすべてのロードセルの最大

容量を考慮するまで,このプロセスを繰り返す。この例ではこの条件のロードセルがないので,このグル

ープでの選択を終了する。さらに,すべてのグループを考察するまでこのプロセスを繰り返す。この例で

は,C3 の次によいグループがないので,ここで終了する。


25

B 7612-1:2008

精度等級

n

max

グループ

Y

Z

ß  最低            E

max

,kg

V

min

,kg

à 最高

 

C3

3 000

2

12 000

4 000

 100

0.008 3

300

0.025

500

0.042

5

000

0.42

10 000

0.83

30 000

2.5

50 000

4.17

C6

6 000

1

18 000

6 000

50

0.002 8

100

0.005 5

300

0.016 7

500

0.028

B10

10 000

3

25 000

10 000

    500

0.020

1 000

0.040

4 000

0.16

この例では,次のロードセルを選択し,識別する。

C3‐30 000 kg(すべての評価試験が必要)

最も小さい最大容量から最も大きい最大容量まで考慮し,既に選択したロードセルの最大容量の 5 倍よ

り大きい最大容量であるが,その最大容量の 10 倍より小さい最大容量のロードセルは C3‐30 000 kg のロ

ードセルである。

C3‐50 000 kg のロードセルの最大容量は,選択したロードセル(C3‐30 000 kg)の最大容量の 5 倍を

超えないので,7.3 に従って選択しない。

A.2.6  A.2.2A.2.5 でロードセルを識別した後

A.2.2A.2.5 でロードセルを識別した後に,異なるグループ間の同じ最大容量のロードセルを比較する。

最大容量別に精度等級が最高であり,ロードセル検定目量の最大数(n

max

)が最大のロードセルを識別す

る(次の表の網掛けをした部分を参照。

これらの識別したロードセルから精度等級及びロードセル検定目量の最大数(n

max

)が最高で最小ロー

ドセル検定目量(v

min

)が最小であるロードセルを識別する。

精度等級

n

max

グループ

Y

Z

ß  最低            E

max

,kg

V

min

,kg

à 最高

 

C3

3 000

2

12 000

4 000

 100

0.008 3

300

0.025

500

0.042

5 000

0.42

10 000

0.83

30 000

2.5

50 000

4.17

C6

6 000

1

18 000

6 000

50

0.002 8

100

0.005 5

300

0.016 7

500

0.028

B10

10 000

3

25 000

10 000

500

0.020

1 000

0.040

4 000

0.16

識別したロードセルと同じ最大容量のすべてのロードセルに対して最小ロードセル検定目量(v

min

,相

対的最小目量(Y)及び相対的最小測定量出力戻り(Z)の値を比較する。

同じ最大容量のロードセルの中で,識別したロードセルより小さい最小ロードセル検定目量(v

min

)又は


26 
B 7612-1:2008

大きい相対的最小目量(Y)をもつロードセルがある場合には,そのロードセル(複数の場合もある。

)は,

部分的評価試験,特に最小測定量(E

min

)に影響する追加の温度試験及び気圧の試験を行う必要がある。

同じ最大容量のロードセルの中で,識別したロードセルより高い相対的最小測定量出力戻り(Z)をも

つロードセルがある場合には,そのロードセル(複数の場合もある。

)は,部分的評価試験,特に追加のク

リープ試験及び最小測定量出力戻り(DR)試験を行う必要がある。

この例において,既に識別したロードセル(B10‐500 kg)が,最小のロードセル検定目量(v

min

,最高

の相対的最小目量(Y)及び最も高い相対的最小測定量出力戻り(Z)をもっている。通常このようになる

が,必ずしもこうなるとは限らない。

A.2.7  湿度試験のためのロードセルの選択

適用可能な場合は,特性が最もよいロードセルを選択する。例えば,ロードセル検定目量の最大数(n

max

の値が最大又は最小ロードセル検定目量(v

min

)の値が最小であるロードセルを,7.6 に従って湿度試験の

ために選択する。

この例では,ロードセル検定目量の最大数(n

max

)の値が最大であるロードセルと,最小ロードセル検

定目量(v

min

)の値が最小であるロードセルとは,同じロードセルである。したがって,次のロードセルを

選択する。

B10‐500 kg(湿度試験が必要)

注記 B10 の他のロードセルも B10‐500 kg と精度が同等である。したがって,選択することができ

る。500 kg のロードセルを選択したのは,適用可能な B10 の最大容量のうち最も小さいものだ

からである。C6‐50 kg のロードセルの最小ロードセル検定目量(v

min

)は最も小さい 0.002 8

の値であるが,B10 のロードセルは最高のロードセル検定目量の最大数(n

max

,最高の精度等

級,最高の相対的最小目量(Y)及び相対的最小測定量出力戻り(Z)をもっている。

A.2.8  要約

試験のために選択したロードセルは,次のとおりである。

要約

選択したロードセル

全面的な評価試験が必要なロードセル

C6‐50 kg 
B10‐500 kg 
B10‐4 000 kg 
C3‐30 000 kg

部分的な評価試験を必要とするロードセル

なし

湿度の試験を必要とするロードセル B10‐500 kg


27

B 7612-1:2008

附属書 B

参考)

試験報告書のフォーマット

B.1  序文 
B.1.1  この附属書の目的は,ロードセルを評価するときに得られた試験結果の提示のための,標準フォー

マットを提供することである。

B.1.2  幾つかの試験は数回繰り返す場合があり,その回数と同じ数のシートを使って報告する。報告書の

ページは,各ページのトップに設けられてある空欄に,ページ数と合計のページ数とを示す。

B.2  計算の手順 
B.2.1  必要に応じて,略号(英語の略号)の意味を記載する。

B.2.2  ロードセルの誤差(E

L

Error Load test

B.2.2.1  各試験温度に対して表 C.1(3 回実行)を完了し,その平均値を計算して右欄に記録する。5 回の

実行が必要な場合は,

表 C.1(5 回実行)を使用する。

B.2.2.2  変換係数(  f  )を決定する。これはロードセルの検定目量(v)当たりで示すためのものであり,

すべての測定値の単位を“v”に変換するために用いる。それは初期の 20  ℃定格試験温度での試験荷重の

増加時における測定値の平均値から求める。

B.2.2.3  ロードセルの測定範囲の 75  %に対する試験荷重[すなわち,3 000 分割のセルの場合 2 250 分割,

それは測定範囲の最大荷重(D

max

)と測定範囲の最小荷重(D

min

)との差の 75  %である。

]が

表 C.1 の中

で用いる試験荷重の中に含まれていない場合には,三つの試験すべての平均値のうちの隣り合っている上

側及び下側の値の間で補完し,

表 C.2 の中に記録する(6.2.2 参照)。

B.2.2.4  測定範囲の最大荷重(D

max

)と測定範囲の最小荷重(D

min

)との差の 75  %での試験荷重の増加時

における測定値の平均値と測定範囲の最小荷重(D

min

)における測定値との差を計算する。その結果(有

効 5 けた)をその荷重に対する検定目量の数(0.75 n)で除して,変換係数(  f  )を計算し,

附属書 

表中に記録する。

(

)

[

]

(

)

n

D

D

D

f

×

=

75

.

0

75

min

min

max

における測定値

%における測定値

B.2.2.5

表 C.2

の定格の 20  ℃における初期試験に続き,その温度における試験の測定値の平均値を入力

する。このデータを記録するとき,

“試験荷重 0”の測定値を“0”として示す。これは“無負荷時の測定

値”を“試験荷重の負荷時の測定値”から差し引き,欄の中の最初のエントリが“0”となるようにする必

要がある。これらの“0”が静荷重状態“0”として記録することを明確化するために,その形式であらか

じめ印刷している。

B.2.2.6

表 C.2

の第 2 列目は各試験荷重に対して,正味の試験荷重(質量の単位)を“v”の単位に変換し,

変換係数( f  )を乗じて基準測定値(R

i

)を計算し,記録する。

(

)

(

)

f

n

D

D

D

R

×

×

ú

û

ù

ê

ë

é

=

min

max

min

i

試験荷重

ここに,

f=測定値の単位

/

v

B.2.2.7  表 C.2 において,各試験温度における各試験荷重に対する平均の測定値と基準測定値との差を計


28 
B 7612-1:2008

算し,変換係数(

f  )で除してロードセルの誤差(E

L

)を得る。この場合の誤差はロードセル検定目量(v

の単位で得られる。

(

)

f

R

E

i

L

=

平均測定値

B.2.2.8  ロードセルの誤差(E

L

)を各試験荷重に対して対応している最大許容誤差(

mpe

)と比較する。

B.2.3

繰返し性誤差(E

R

=誤差の繰返し性)

B.2.3.1  表 C.3 の中にデータを入力する。

B.2.3.2  附属書 C.1 において測定値の最大の差を計算し,変換係数(

f  )で除して繰返し性誤差(E

R

)を

ロードセル検定目量(v)の単位で得る。

(

)

f

E

最小測定値

最大測定値

=

R

B.2.3.3  繰返し性誤差(E

R

)を各試験荷重に対して対応している最大許容誤差(

mpe

)の絶対値と比較す

る。

B.2.4

最小測定量出力(MDLO)に及ぼす温度影響(C

M

MDLO の変化)

B.2.4.1  表 C.1 から各試験温度に対して,初期測定範囲の最小荷重(D

min

)に対する平均測定値を

表 C.4

の中に入力する。

B.2.4.2  各温度に対する平均の測定値の差を計算し,変換係数(

f  )で除してロードセル検定目量(v

の単位での変化を求める。

(

)

f

T

T

C

における測定値

における測定値

1

2

M

=

B.2.4.3  最小測定量出力に及ぼす温度影響(C

M

)を(T

2

T

1

)で除し,その結果を

5

倍して

5

℃当たりの

ロードセル検定目量(v)の単位での変化を求める。

B.2.4.4  その結果を質量の単位でのロードセル検定目量(v)当たりの最小ロードセル検定目量(v

min

)の

数で乗じる。この結果は誤差配分(P

LC

)を超えてはならない。

(

)

min

min

max

LC

v

n

D

D

P

úû

ù

êë

é

B.2.5

クリープ及び最小測定量出力戻り

DR

B.2.5.1

表 C.5

に記録した測定値から,安定化期間後の試験荷重において得られた初期の測定値と,30 分

の試験期間にわたって得られた任意の測定値との間の差の最大値を計算し,それを変換係数( f  

[変換

係数( f  )はこの試験に対する測定範囲の最大荷重(D

max

)又は測定範囲の最小荷重(D

min

)が“ロード

セルの誤差”の手順,

B.2.2

での試験荷重における値と異なっている場合は再計算しなければならない。

で除して,ロードセル検定目量(v)の単位のクリープ誤差(C

C

)を得る。

(

)

f

C

初期の測定値

測定値

=

C

B.2.5.2

  クリープ誤差(C

C

)は,その試験荷重に対する最大許容誤差(mpe)の絶対値の 0.7 倍を超えては

ならない。

B.2.5.3

  初期荷重の負荷後 20 分及び 30 分において得られた測定値の間の差を計算し,変換係数(  f  )で

除してクリープ誤差(C

C

(30−20)をロードセル検定目量(v)の単位で得る。


29

B 7612-1:2008

(

)

(

)

f

C

分における測定値

分における測定値

20

30

20

30

C

=

B.2.5.4

  クリープ誤差(C

C

(30−20)は,その試験荷重に対する最大許容誤差(mpe)の絶対値の 0.15

倍を超えてはならない。

B.2.5.5

  クリープ試験の前後の測定範囲の最小荷重(D

min

)における測定値の間の差を計算し,変換係数

(  f  )で除して最小測定量出力戻り(C

DR

)の誤差をロードセル検定目量(v)の単位で得る。

(

)

f

C

1

2

DR

測定値

測定範囲の最小荷重の

の測定値

測定範囲の最小荷重時

=

B.2.5.6  表 で規定する時間を満足している場合,最小測定量出力戻り(C

DR

)は

0.5

を超えてはならな

い。

実際の時間が規定の時間の

100

%と

150

%との間にある場合は,最小測定量出力戻り(C

DR

)は,次の

値を超えてはならない。

の単位で

0.5

1

−(x

1

]  ただし,

規定の時間

実際の時間

=

x

B.2.5.7  OIML R 76 は,最小測定量出力戻り(DR)に関係する計算を実行することを要求している。しか

し,最小測定量出力戻り(C

DR

)は,ロードセル検定目量(v)の単位での最小測定量出力戻りを表し,最

小測定量出力戻り(DR)の値は,質量の単位で表す。

B.2.5.8  次の値の最小測定量出力戻り(DR)を計算する。

(

)

max

DR

max

n

C

E

DR

×

=

B.2.5.9  最小測定量出力戻り(DR)の値は質量の単位で表した

0.5

を超えてはならない。

B.2.5.10  誤差配分(P

LC

)は,製造事業者が宣言している値とは無関係に,誤差配分(P

LC

)=

0.7

を使っ

てクリープに対する最大許容誤差(

mpe

)を,

表 から求めなければならない(6.3.1.1 参照)。

B.2.6

気圧の影響(C

P

=気圧の変化による影響)

B.2.6.1  表 C.6 に記録した測定値から,各圧力に対する測定値の差を計算し,そして変換係数(

f  )で除

して,ロードセル検定目量(v)の単位での気圧の影響(C

P

)を得る。

(

)

f

P

P

C

P

における測定値

における測定値

1

2

=

B.2.6.2  (P

2

P

1

)で除して v

/

キロパスカル(

kPa

)における変化を求める。

B.2.6.3  その結果に質量の単位での[(D

max

D

min

/

n

/

v

min

を乗じて,v

min

/kPa

の単位で結果を得る。

B.2.6.4  その結果は

1

を超えてはならない。

B.2.7

湿度の影響(CH 又は無表記)(C

Hmin

=湿度の影響の変化の最小値,C

Hmax

=湿度の影響の変化の最

大値)

B.2.7.1  表 C.7 に記録した測定値から,測定範囲の最小荷重(D

min

)に対するダンプヒート試験前後の値

の差を計算し,変換係数(

f  )で除して[変換係数(

f  )はこの試験で測定範囲の最大荷重(D

max

)又は

測定範囲の最小荷重(D

min

)に対して“ロードセルの誤差”の手順,B.2.2.2 の中の値と異なっていた場合

に,変換係数(

f  )を計算しなければならない。],測定範囲の最小荷重での湿度の影響(C

Hmin

)をロード

セル検定目量(v)の単位で計算する。

(

) (

)

[

]

f

D

D

C

における測定値

における測定値

min

min

min

H

=


30 
B 7612-1:2008

B.2.7.2  測定範囲での湿度の影響(C

Hmin

)は,

0.04

n

max

を超えてはならない。

B.2.7.3  ダンプヒート試験の前後に必要な回数の試験を実施し,測定範囲の最小荷重(D

min

)及び測定範

囲の最大荷重(D

max

)の平均の測定値を計算する(6.5.3.1 及び 8.2.5 参照)

。各試験に対して,平均の測定

範囲の最大荷重(D

max

)の測定値から平均の測定範囲の最小荷重(D

min

)の測定値を差し引き,ダンプヒ

ート試験前後の結果の差を計算する。その差を変換係数(

f  )で除して,測定範囲の最大荷重での湿度の

影響(C

Hmax

)をロードセル検定目量(v)の単位で得る。

(

) (

)

[

]

f

D

D

D

D

C

における測定値

における測定値

における測定値

における測定値

min

max

min

max

max

H

=

a

)

この試験は,ロードセルの設計によっては不必要な場合がある。

b

)

この試験は,そのロードセルが

NH

又は

SH

と表記している場合は不要である。

B.2.7.4  測定範囲の最大荷重での湿度の影響(C

Hmax

)は,

1

を超えてはならない。

B.2.8

湿度の影響(SH だけ)

C.1 を使って,異なる温度及び湿度条件における試験荷重の誤差を報告する。次に,表 C.2 作成と同様

な方法で“ロードセルの誤差”手順,B.2.2 の手順を利用して

表 C.8 の中にその結果を示す。

B.3

一般的注釈

B.3.1

時刻は,日本標準時刻を記録する。

B.3.2

実施する計算は 6.2.1 の適用を含まない。これらの条件を満足していることを保証するために,そ

の計算は,規定するロードセル検定目量の最大数(n

max

)より小さいロードセル検定目量の数(n)の値を

使って実行する。

B.3.3

ロードセル検定目量の数

  (

n

)

は,次の計算を実行するのに十分でなければならない。

nn

max

500

500

の場合)  及び  nn

max

1 000

500

の場合)

B.3.4

次の式が成り立つことを確認する。

v

min

v

(

)

max

min

max

min

n

D

D

v

B.3.5

ロードセル検定目量の最大数(n

max

)だけでなく,次の値(6.2.1 を適用して)でも計算を確認する。

n

max

500

n

max

1 000

B.3.6

その結果を試験報告書の“試験の要約”の部分に記録する。

B.3.7

試験結果を報告する場合,この報告書にその試験結果のグラフ又はプロットを追加することが可能

である。

B.3.8

個々の試験データに対する値を報告するとき,そのデータは小数点以下

2

けたまで丸める必要があ

る。ロードセル検定目量(v)の単位で報告する。


31

B 7612-1:2008

附属書 C 

参考)

試験報告書−様式

序文

この附属書は,試験報告書の様式について記載するものであって,規定の一部ではない。

試験の要約

申請番号

:

ロードセル型式

:

製造番号

:

E

max

:

n

max

:

v

min

:

DR

:

荷重負荷装置

:

P

LC

:

指示計

:

評価者

:

No.

試験種類

適合

不適合

ページ

C.2 

ロードセル誤差(E

L

C.3 

繰返し性誤差(E

R

C.4 

MDLO(C

M

)の温度影響

C.5 

クリープ誤差(C

C

C.5 

DRC

DR

C.6 

気圧の影響(C

P

C.7 

湿度の影響(CH 又は無印)

C

Hmin

C.7 

湿度の影響(CH 又は無印)

C

Hmax

C.8 

湿度の影響(SH)

C.9 

表記事項

注記  試験の実施が適切でないとき,NA と記入する。

No.

試験種類

n

max

n

max

-500

n

max

-1 000

適合

不適合

適合

不適合

適合

不適合

C.2 

max

min

max

min

n

D

D

v


32 
B 7612-1:2008

C.1  回実行)試験荷重データ(E

L

参照:8.2.1.18.2.1.11

8.2.6 のそれぞれの湿度試験(

SH

)の内の一つが適切な場合は,それぞれの温度試験を

1

枚に仕上げる。

申請番号:

始め

終わり

ロードセル型式:

日付:

製造番号:

温度:

E

max

相対湿度:

RH%

n

max

気圧:

k

v

min

指示計の周囲温度:

P

LC

DR  

荷重負荷装置:

指示計:

評価者:

表 C.1−(回実行)試験荷重データ

1 回目

2 回目

3 回目

試験荷重

(g,kg 又は t)

測定値 
(            )

時刻

測定値
(            )

時刻

測定値
(            )

時刻

平均値

(      )

繰返し性誤差

(              )

            *

注記 1 *

は最小試験荷重の測定値の平均値。時刻には,日本標準時刻を記録する。

注記 2  クラス C 及びクラス D の場合は,表 C.1(3 回実行)を使用する。クラス A 及びクラス B の場合は,5 回

実行であるため

表 C.1 の縦軸に 4 回目及び 5 回目を追加して使用する。


33

B 7612-1:2008

C.2

ロードセル誤差 

(

E

L

)

  計算

参照:6.1.18.2.1.128.2.1.14 及び B.2.2.2

申請番号:

始め

終わり

ロードセル型式:

日付:

製造番号:

温度:

E

max

相対湿度:

RH%

n

max

気圧:

kPa

v

min

指示計の周囲温度:

P

LC

DR  

荷重負荷装置:

変換係数(  f  )

指示計:

75

%試験荷重(g,kg 又は t)

評価者:

75

%試験荷重時の基準測定値(R

i

):

表 C.2−ロードセル誤差

..........℃(20  ℃)

..........℃(40  ℃)

..........℃(−10  ℃) ...........℃(20  ℃)

mpe

試験荷重

(g,kg 又は t)

基準

測定値

(R

i

)

測定値

(  )

誤差

E

L

    (v)

測定値

(  )

誤差

E

L

    (v)

測定値

(  )

誤差

E

L

    (v)

測定値

(  )

誤差

E

L

    (v)

(v)

0

0 0  0  0  0

最小荷重(D

min

適合:

不適合:

注記 1  試験荷重が(D

max

D

min

)×75  %で試験することができない場合,変換係数(  f  )は,6.2.2 及び B.2.2 を参

照して求める。

注記 2  ロードセル誤差(E

L

)は,測定値と 75  %試験荷重時の基準測定値(R

i

)との差を変換係数( f  )で除した値。

注記 3  試験荷重は,測定範囲の最小荷重(D

min

)より大きい値を用いる。


34 
B 7612-1:2008

C.3

繰返し性誤差 

(

E

R

)

  計算

参照:6.48.2.1.13 及び B.2.2.3

申請番号:

始め

終わり

ロードセル型式:

日付:

製造番号:

温度:

E

max

相対湿度:

RH%

n

max

気圧:

kPa

v

min

指示計の周囲温度:

P

LC

DR  

荷重負荷装置:

変換係数(  f  )

指示計:

評価者:

表 C.3−繰返し性誤差

..........℃(20  ℃)

..........℃(40  ℃)

..........℃(−10  ℃) ..........℃(20  ℃)

試験荷重

(g,kg 又は t)

基準

測定値

(R

i

)

測定値

(  )

誤差

E

R

    (v)

測定値

(  )

誤差

E

R

    (v)

測定値

(  )

誤差

E

R

    (v)

測定値

(  )

誤差

E

R

    (v)

mpe

(v)

0

0 0  0  0  0

  適合:

不適合:

注記  誤差(E

R

)は,3 回の試験(クラス C,D)又は 5 回の試験(クラス A,B)の測定値の最大と最小との差を,

変換係数(  f  )で除した値。


35

B 7612-1:2008

C.4

最小測定量出力[MDLOC

M

]に及ぼす温度影響計算 

参照:6.5.1.38.2.1.14 及び B.2.2.4

申請番号:

始め

終わり

ロードセル型式:

日付:

製造番号:

温度:

E

max

相対湿度:

RH%

n

max

気圧:

kPa

v

min

指示計の周囲温度:

P

LC

DR  

荷重負荷装置:

変換係数(  f  )

指示計:

評価者:

表 C.4−最小測定量出力に及ぼす温度影響

温度

測定値 
(            )

変化  (C

M

)

(v)

変化

(v

min

/………..℃)

mpc

(v

min/

………..℃)

P

LC

P

LC

P

LC

                                                                                                     適合:

    不適合:

注記 1

測定値は,

表 C.1 から最初の最小試験荷重の測定値の平均を用いる。

注記 2

最大許容変化(mpc)は,クラス B,クラス C 又はクラス D で v

min

/5  ℃,クラス A で v

min

/2  ℃。

注記 3

C

M

v)は,今回の測定値と前回の測定値との差を,変換係数( f  )で除した値。


36 
B 7612-1:2008

C.5

クリープ誤差(C

C

及び最小測定量出力戻り(C

DR

参照:6.3.16.3.28.2.2 及び 8.2.3

各試験温度ごとに

1

枚のシートを使用する。

申請番号:

始め

終わり

ロードセル型式:

日付:

製造番号:

温度:

E

max

相対湿度:

RH%

n

max

気圧:

kPa

v

min

指示計の周囲温度:

P

LC

DR  

荷重負荷装置:

変換係数(  f  )

指示計:

評価者:

表 C.5−クリープ誤差及び最小測定量出力戻り

試験荷重

(g,kg 又は

t)

測定値

(            )

気圧

時刻

    変化

      (v)

    mpc

    (v)

0

0

0

 

      予備負荷

 
この欄は

図 に示

す 試 験 の 結 果 を
表すため,省略す
ることもある。

0      
0

最初の荷重を負荷するとき→

        (*)            → 
時刻を記入→

      (**)          →

 
 
常に測定範囲 
の最大荷重,

      (D

max

 
  時刻を記入  →

最初の荷重を除荷するとき→

0      
0      
0      
0      
0

      (***)      → 
これらの列は 
参考目的だけ 
に示す。

0

30 分クリープと 20 分クリープとの差:

 

 

 

 
←クリープ試験前 
  の測定値 
←最初の負荷時の 
  測定値

 
 
   

 

 
←クリープ試験後の 
  測定値

DRv):

実際の時間(s):

指定時間(s)

DR  の mpc(v):

 30 分クリープ:適合:

30 分クリープと 20  分クリープの差:適合:

DR<0.5 v:適合:

MDLOR は DR の範囲内:適合:

不適合: 
不適合: 
不適合: 
不適合:

 
注記 1  クリープ誤差(v)は,最初の負荷時の測定値(**)を減じ,変換係数( f  )で除した値(B.2.5.1 参照)。
注記 2 20 分及び 30 分での測定値の差を求める(6.3.1 参照)。 
注記 3  DR による変化(v)は,クリープ試験後の測定値(***)からクリープ試験前の測定値(*)を減じ変換係

数(  f  )で除した値。

注記 4  時刻は,日本標準時刻を記録する。MDLOR とは最小測定量出力戻りのことである。


37

B 7612-1:2008

C.6

気圧の影響(C

P

参照:6.5.2 及び 8.2.4

申請番号:

始め

終わり

ロードセル型式:

日付:

製造番号:

温度:

E

max

相対湿度:

RH%

n

max

気圧:

kPa

v

min

指示計の周囲温度:

P

LC

DR  

荷重負荷装置:

変換係数(  f  )

指示計:

評価者:

表 C.6−気圧の影響

圧力

(kPa)

測定値

(      )

時刻

変化(C

P

v

変化

v

min

/kPa)

mpc

v

min

/kPa)

    0 0 0

                                                                                                  適合:

     不適合:

注意点:

注記 1  変化(v

min

/kPa)は,気圧を変化させる前の測定値と変化させた後の測定値との差を,変換係数(  f  

で除した値。

注記 2  大気圧は,1 kPa 又は−1 kPa で試験を行う。 
注記 3  時刻は,日本標準時刻を記録する。


38 
B 7612-1:2008

C.7

湿度の影響(CH 又は無印)

参照:6.5.3.1 及び 8.2.5

申請番号:

始め

終わり

ロードセル型式:

日付:

製造番号:

温度:

E

max

相対湿度:

RH%

n

max

気圧:

kPa

v

min

指示計の周囲温度:

P

LC

DR  

変換係数(  f  )

荷重負荷装置:

恒温槽内温度(高)

相対湿度

RH%

指示計:

恒温槽内温度(低)

相対湿度

RH%

評価者:

表 C.7−湿度の影響(CH  又は無印)

湿度試験前

湿度試験後

試験荷重

(g,kg 又は  t)

測定値 
(            )

時刻

測定値 
(            )

時刻

変化

v

mpc

v

0

0

0

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

0

□ 0

□ 0

□ 0

□ 0

□ 0

0

平均  (□)

平均  (#)

平均の差

(*)

1.0

v

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     
 
   
   
 
 
 
 
 
 
←≦4  %  n

max

(□)最小試験荷重時の測定値                                    変化(□)  C

Hmin

合格:

(#)最大試験荷重時の測定値(

注記 参照)          変化(#)  C

Hmax

  合格:

    不合格:

不合格:

(*)平均:6.5.3.1 及び B.2.7 参照

注記 1  ロードセルに NH 又は SH の印がある場合,この試験は必要ない。 
注記 2  変化(v)は,湿度試験後の測定値と湿度試験前の測定値との差を,変換係数( f  )で除した値。
注記 3  クラス A 及びクラス B は 5 回,クラス C 及び D は,3 回試験を行う。 
注記 4  時刻は,日本標準時刻を記録する。


39

B 7612-1:2008

C.8

湿度の影響(SH

参照:6.5.3.2 及び 8.2.6

申請番号:

始め

終わり

ロードセル型式:

日付:

製造番号:

調整時間:

E

max

20

℃設定時の測定温度:

n

max

高温設定時の測定温度:

v

min

参考相対湿度:

RH%

P

LC

DR  

最高相対湿度:

RH%

荷重負荷装置:

変換係数(  f  )

指示計:

湿度試験前の荷重試験の記録:

評価者:

湿度試験中の荷重試験の記録:

湿度試験後の荷重試験の記録:

試験荷重誤差の要約:適切なものとして,個々の検査結果を記録するために C.1

3

回実行)又は C.1

5

回実行)を用いる。

表 C.8−湿度の影響(SH

....℃(20  ℃)

....%RH(50  %RH)

....℃(High)

....%RH(85  %RH)

....℃(20  ℃)

....%RH(50  %RH)

試験荷重

(g,kg 又は t)

基準

測定値

(          )

測定値

(            )

誤差(E

L

v

測定値

(            )

誤差(E

L

v

測定値

(            )

誤差(E

L

v

mpe

v

0 0 0  0  0

適合:

不適合:

注記 1  試験荷重が(D

max

D

min

)×75  %で試験することができない場合,変換係数(  f  )は,6.2.2 及び B.2.2 を参

照して求める。

注記 2  ロードセル  誤差(E

L

)は,測定値と 75  %試験荷重時の基準測定値(R

i

)との差を,変換係数( f  )で除し

た値。

注記 3  試験荷重は,測定範囲の最小荷重(D

min

)より大きい値。

注記 4  調整時間は,ロードセルが定常状態に達するまでの時間。


40 
B 7612-1:2008

C.9

表記事項

参照:5.5 及び 5.6

申請番号:

ロードセル型式:

製造番号:

E

max

n

max

v

min

P

LC

  DR

荷重負荷装置:

指示計:

評価者:

表 C.9.1−表記が必ず必要な項目

項目番号

必す(須)項目

ロードセル

取扱説明書

5.5.1 

精度等級

5.5.2 

ロードセル検定目量の最大数(n

max

5.5.3 

ロードセルに対して負荷する荷重のタイプ(必要な場合だけ)

5.5.4 

使用温度範囲

5.5.5.1 

湿度記号“NH”

5.5.5.3 

湿度記号“SH”

5.5.6.15.6.1 

製造事業者名(登録商標又は記号)

注記 参照)

5.5.6.15.6.1 

ロードセルの型式名(

注記 参照)

5.5.6.15.6.1 

製造番号(

注記 参照)

5.5.6.1 

製造年

5.5.6.1 

最小測定量(E

min

5.5.6.15.6.1 

最大容量(E

max

注記 参照)

5.5.6.1 

許容過負荷(E

lim

5.5.6.1 

最小ロードセル検定目量(v

min

5.5.6.1 

他の必要な要件

5.5.6.1 

誤差配分(P

LC

)が 0.7 に等しくない場合は,誤差配分(P

LC

)の値

5.5.7 

標準的な分類

5.5.8 

複式分類

表 C.9.2−必要に応じて表記が必要な項目

項目番号

必要に応じて必要な項目

ロードセル

取扱説明書

5.5.5.2 

湿度記号“CH”

5.5.6.2 

  V

min

Y

5.5.6.2 

  DRZ

次は,参考を含む:

ロードセル供給時に添付する書類:

ロードセルに記号を付した図:

注記 1  ロードセル及び取扱説明書の両方に必要。 
注記 2  印が+の場合,記載していることを示す。 
注記 3  印が−の場合,記載していないことを示す。 
注記 4  印が/の場合,適用外であることを示す。


41

B 7612-1:2008

参考文献

OIML R76

Nonautomatic weighing instruments


附属書 JA

参考)

JIS と対応する国際規格との対比表

JIS B 7612-1:2008  質量計用ロードセル−第 1 部:アナログロードセル

OIML R 60:2000  Metrological regulation for load cells

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条

ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び名称

内容

(Ⅱ)

国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差

異の理由及び今後の対策

1  適 用 範

1

適用範囲

変更

電子回路を装備しているロー
ドセルは除く。

電子回路を装備しているロードセル
を対象外としたため。

2  引 用 規

3  用 語 及
び定義

2

一致

3.1  一 般
用語

2.1

一致

3.2  ロ ー
ド セ ル の
計 量 特 性
の用語

2.2

一致

3.3 範囲,
容 量 及 び

出 力 の 用

2.3

一致

3.4  測 定
及 び 誤 差
の用語

2.4

変更

直線性誤差について,直線の意

味を明確にした。

技術的差異はない。

42

B 761

2-

1

2

008


(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

3.5  影 響
及 び 基 準
条 件 の 用

2.5

一致

3.6  用 語
の 定 義 の
説明図

2.6

一致

4  計 量 単

3

一致

5  計 量 要

4

一致

4.1

ロードセル分類の原則

削除

ロードセルと計量器との精度等級
分類が対応する必要がないため。

5.1  精 度
等級

4.2

一致

   

5.2  ロ ー
ド セ ル 検
定 目 量 の
最大数

4.3

一致

5.3  最 小
ロ ー ド セ
ル 検 定 目

4.4

一致

5.4  補 助
分類

4.5

一致

43

B 761

2-

1

2

008


(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

5.5  ロ ー
ド セ ル の
分類方法

4.6

ロードセルの分類方法

変更

図 2 及び表 2 の“ビーム(せん

断又は曲げ)”を“ビーム(上
向き荷重又は下向き荷重)”に,
表 4 の“せん断ビーム”を“上

向き荷重”に“曲げビーム”を
“下向き荷重”に変更し,表 3
及び表 4 に湿度等級及び温度

範囲を追加。

内容を理解しやすくするため,表 2

及び表 4 の補助説明を変更し,表 3
及び表 4 に注釈を追加した。

5.6  表示

4.7

一致

4.8

OIML 証明書

削除

OIML は強制規定であるが,JIS 
任意規格のため。

6  ロ ー ド
セ ル の 最
大 許 容 誤

5

一致

6.1  各 精
度 等 級 に
対 す る 最
大 許 容 誤

5.1

一致

6.2  誤 差
の 決 定 に

関 す る 規

5.2

一致

6.2.3  最初
の読み

5.2.3

表 6

追加

表中の時間は負荷時間だけで
なく安定化時間を含むことを
明記。両時間の割合と合計時間

との誤差を追加。

時間の解釈の仕方で測定結果が異
なることを防ぐため。

44

B 761

2-

1

2

008


(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

6.3  許 容
可 能 な 変

5.3

一致

6.4  繰 返
し性誤差

5.4

一致

6.5  影 響

5.5

一致

6.6  計 測
標準

5.6

一致

6

電子回路を装備している
ロードセル要件

削除

電子回路を装備しているロー
ドセルは除く。

電子回路を装備しているロードセ
ルを対象外としたため。

7  ロ ー ド
セ ル の 試
験 サ ン プ

ル の 選 択
方法

7

計量規制

変更

OIML の強制規定部分を削除
したためタイトル変更。

JIS は任意規格のため,強制規定は
なじまないため。

7.1

法定計量規制の責任

削除

OIML は強制規定であるが,JIS 
任意規格のため。

7.2

試験要件

削除

OIML は強制規定であるが,JIS 
任意規格のため。

7.1∼7.6

7.3

一致

 

8  試験

Annex A

型式評価のための試験手

変更

附属書を本体に入れたため,タ
イトル変更。

JIS は任意規格のため,強制規定は
なじまない。

A.1

適用範囲

削除

附属書の内容を本体で規定したた
め。

A.2

目的

削除

附属書の内容を本体で規定したた
め。

45

B 761

2-

1

2

008


(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

8.1  試 験
条件

A.3

一致

8.2  試 験
手順

A.4

試験手順

変更

電子回路を装備しているロー
ドセルに対する追加試験は除

いた。

電子回路を装備しているロードセ
ルを対象外としたため。

8.3  推 奨
す る 試 験
手順

A.5

一致

附属書 A

(参考) 
ロ ー ド セ
ル の 試 験

サ ン プ ル
の 選 択 方

Annex B

附属書 B 
(参考)

試 験 報 告
書 の フ ォ
ーマット

Annex C

附属書 C 
(参考) 
試 験 報 告

書−様式

Annex E

ロードセルの OIML 適合

証明書

削除

OIML 強制規定であるが,JIS は任
意規格のため。

Index of 
terms

用語索引

削除

JIS に用語索引は不要であるため。

46

B 761

2-

1

2

008


JIS と国際規格との対応の程度の全体評価:OIML R 60:2000,MOD

 
注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  一致  技術的差異がない。

    −  削除  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
    −  追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    −  変更  国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD 国際規格を修正している。 

47

B 761

2-

1

2

008