>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 7545

:2015

(1)

目  次

ページ

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義

2

4

  種類

2

5

  標準温度

3

6

  形状及び寸法

3

6.1

  テーパシャンク付きテストバー

3

6.2

  センタ穴付きテストバー

6

7

  幾何公差

7

7.1

  テーパシャンク付きテストバー

7

7.2

  センタ穴付きテストバー

7

8

  硬さ

7

9

  表面粗さ

8

10

  測定方法

8

11

  検査

9

12

  製品の呼び方

9

12.1

  テーパシャンク付きテストバー

9

12.2

  センタ穴付きテストバー

9

13

  表示

9

附属書 A(参考)テストバーのたわみ

11

附属書 B(参考)テストバー使用上の注意

15


B 7545

:2015

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本精密測定機器

工業会(JMA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正

すべきとの申出があり,

日本工業標準調査会の審議を経て,

経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS B 7545:1982 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 B

7545

:2015

テストバー

Test mandrels

1

適用範囲

この規格は,主として工作機械,測定機器などの幾何精度試験に使用する円筒状のテーパシャンク付き

テストバー及びセンタ穴付きテストバーについて規定する。

注記 1  テーパシャンク付きテストバー及びセンタ穴付きテストバーを総称する場合は,単にテスト

バーという。

注記 2  水平方向にテストバーを使用する場合は,テストバーのたわみを考慮する(附属書 参照)。

注記 3  テストバーを使用する場合の注意事項を,参考として附属書 に示す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0106

  工作機械−部品及び工作方法−用語

JIS B 0154

  円すい用語

JIS B 0182

  工作機械−試験及び検査用語

JIS B 0651

  製品の幾何特性仕様(GPS)−表面性状:輪郭曲線方式−触針式表面粗さ測定機の特性

JIS B 0659-1

  製品の幾何特性仕様(GPS)−表面性状:輪郭曲線方式;測定標準−第 1 部:標準片

JIS B 0680

  製品の幾何特性仕様(GPS)−製品の幾何特性仕様及び検証に用いる標準温度

JIS B 1011

  センタ穴

JIS B 3301

  テーパゲージ−モールステーパ及びメトリックテーパ

JIS B 4003

  工具用テーパシャンク部及びソケット−形状・寸法

JIS B 6064-1

  2 面拘束形中空テーパシャンク及び主軸端−第 1 部:中空テーパシャンク−寸法

JIS B 6101

  7/24 テーパの主軸端及びシャンク

JIS B 6339-1

  自動工具交換用 7/24 テーパシャンク−第 1 部:A,AD,AF,U,UD 及び UF 形ツール

シャンクの形状・寸法

JIS B 6339-2

  自動工具交換用 7/24 テーパシャンク−第 2 部:J,JD 及び JF 形ツールシャンクの形状・

寸法

JIS B 7451

  真円度測定機

JIS B 7503

  ダイヤルゲージ

JIS B 7506

  ブロックゲージ

JIS B 7513

  精密定盤

JIS B 7519

  指針測微器


2

B 7545

:2015

JIS B 7533

  てこ式ダイヤルゲージ

JIS B 7536

  電気マイクロメータ

JIS B 7540

  V ブロック

JIS B 7725

  ビッカース硬さ試験−試験機の検証及び校正

JIS B 7726

  ロックウェル硬さ試験−試験機の検証及び校正

JIS Z 2244

  ビッカース硬さ試験−試験方法

JIS Z 2245

  ロックウェル硬さ試験−試験方法

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0106JIS B 0154 及び JIS B 0182 によるほか,次による。

3.1

蓋センタ

センタ穴が加工された蓋形状の部位。

4

種類

テストバーは,テーパシャンク付きテストバーとセンタ穴付きテストバーとに区分し,種類は

表 によ

る。

表 1−テストバーの区分及び種類

区分

種類

代表的な呼び番号

等級

テ ー パ シ ャ ン ク 付
きテストバー

モールステーパシャンク付きテストバー MT0

MT1 
MT2 
MT3 
MT4 
MT5 
MT6

メトリックテーパシャンク付きテストバー MET80

MET100

7/24 テーパシャンク付きテストバー 
(手動工具交換用)

NT30

NT40 
NT45 
NT50

7/24 テーパシャンク付きテストバー 
(自動工具交換用)

BT30

BT40 
BT45 
BT50

2 面拘束形中空テーパシャンク付きテストバ

HSK−A40

HSK−A50 
HSK−A63 
HSK−A100

セ ン タ 穴 付 き テ ス
トバー

センタ穴付きテストバー

1 級

a)

2 級

a)

  センタ穴付きテストバーの 1 級は,表 に規定する円筒部の直径(D)が 40 mm 以下で,

長さ(L)が 250 mm 以下に適用する。


3

B 7545

:2015

5

標準温度

この規格に規定する各寸法は,JIS B 0680 に規定する標準温度 20  ℃における値とする。

6

形状及び寸法

6.1

テーパシャンク付きテストバー

テーパシャンク付きテストバーの代表的な呼び番号に対する形状は

図 1∼図 5,寸法は表 による。代表

的な呼び番号以外の形状及び寸法は,受渡当事者間の協定による。

センタ穴は,JIS B 1011 に規定する 60°センタ穴の B 形又は C 形とする。

注記 1  工作上必要な場合,回し金を取り付ける部分(図 1∼図 の二点鎖線部)を付加してもよい。

注記 2  軽量化及びたわみを軽減するために,中空形状又は止まり穴にして蓋センタを両側の端面又

は片側の端面に強固に組み付けてもよい。

注記 3  蓋センタに空気穴を設けてもよい。

a)

  テーパシャンク部の形状及び寸法は,JIS B 4003 による。

b)

  テーパシャンク付きテストバーを引き抜くためのねじ(M)の代わりに,次の図のような

スパナ掛け(W)を施してもよい。

図 1−モールステーパシャンク付きテストバー(MT)の形状


4

B 7545

:2015

a)

  テーパシャンク部の形状及び寸法は,JIS B 4003 による。

図 2−メトリックテーパシャンク付きテストバー(MET)の形状

a)

  テーパシャンク部の形状及び寸法は,JIS B 6101 による。

図 37/24 テーパシャンク付きテストバー(手動工具交換用)(NT)の形状

a)

  テーパシャンク部の形状及び寸法は,JIS B 6339-1 及び JIS B 6339-2 による。

図 47/24 テーパシャンク付きテストバー(自動工具交換用)(BT)の形状


5

B 7545

:2015

a)

  テーパシャンク部の形状及び寸法は,JIS B 6064-1 による。

b)

  2 か所のドライブキー溝の深さ L

2

は,JIS B 6064-1 の l

3

と一致する。

図 5面拘束形中空テーパシャンク付きテストバー(HSK)の形状

表 2−テーパシャンク付きテストバーの代表的な呼び番号に対する寸法

単位  mm

種類

代表的な

呼び番号

D L L

e

a)

L

n

a)

L

f

a)

D

1

b)

M

c)

W L

1

L

2

D

2

モールステーパ
シャンク付きテ

ストバー

MT0 12

100

75

20

5

9.045

M15×1−6g

10

MT1 12.065 
MT2 24

175

150

17.780

M27×1−6g 21

MT3 32

235

200

25

10

23.825

M36×1.5−6g 27

MT4 40

335

300

31.267

M48×1.5−6g 35

MT5 44.399 
MT6 63

63.348

M68×1.5−6g 55

メトリックテー

パシャンク付き
テストバー

MET80 80

335

300

25

10

80 M85×2−6g

−  −

MET100 100

7/24 テーパシャ
ンク付きテスト

バー(手動工具
交換用)

NT30 32

235

200

25

10

31.75  −

−  −

NT40 40

335

300

44.45

NT45 57.15 
NT50 63

69.85

7/24 テーパシャ
ンク付きテスト
バー(自動工具

交換用)

BT30 32

235

200

25

10

31.75  −

−  −

BT40 40

335

300

44.45

BT45 57.15 
BT50 63

69.85

2 面拘束形中空
テーパシャンク

付きテストバー

HSK−A40 32 185 150

25

10  30.007

− 20  6

40

HSK−A50 40 235 200

38.009

7.5

50

HSK−A63 335

300

48.010

10

63

HSK−A100 63  335  300

75.013

15

100

a)

  L

e

表 の幾何公差を適用する範囲で,L

n

及び L

f

は適用しない範囲である。

b)

  ゲージ面を定義する基準直径

c)

  テーパシャンク付きテストバーを引き抜くためのナットは,テストバーとともに供給することが望ましい。


6

B 7545

:2015

6.2

センタ穴付きテストバー

センタ穴付きテストバーの形状及び寸法は,

表 及び表 による。センタ穴は,JIS B 1011 に規定する

60°センタ穴の B 形又は C 形による。

表 3−センタ穴付きテストバー(D40 mm)の形状及び寸法

単位  mm

D L 

センタ

穴の 
呼び

L

f

a)

L

e

a)

8  25 40 50 63 80 100  −

1 25≦L≦50:2

63≦L≦80:3

100≦L≦250:5

L

−2L

f

10

−  − 50

63 80 100 125

160

12.5  −  −  − −  − 100 125 160 200

1.6

16

−  −  −

−  − 100 125

160

200

250

20

−  −  −

−  − 100 125

160

200

250

2

25

−  −  −

−  − 100 125

160

200

250

40

−  −  −

−  −

160

200

250

2.5

注記  図の左端の逃げ部は,円筒研削のときの回し金を掛ける箇所でできるだけ短くするとよい。 

a)

  L

e

表 の幾何公差を適用する範囲で,L

f

は適用しない範囲である。

表 4−センタ穴付きテストバー(D63 mm)の形状及び寸法

単位  mm

D L 

センタ穴の

呼び

L

f

a)

L

e

a)

63 315

400

500

3.15  5

L

−2L

f

80 630

800

1

000

4

125

1 250

1 600

5

注記 1  両端の逃げ部は,円筒研削のときの回し金を掛ける箇所でできるだけ短くするとよい。 
注記 2  軽量化及びたわみを軽減するために,中空形状又は止まり穴にして蓋センタを両側の端面

又は片側の端面に強固に組み付けてもよい。

注記 3  蓋センタに空気穴を設けてもよい。 

a)

  L

e

表 の幾何公差を適用する範囲で,L

f

は適用しない範囲である。


7

B 7545

:2015

7

幾何公差

7.1

テーパシャンク付きテストバー

テーパシャンク付きテストバーの幾何公差は,

表 による。

表 5−テーパシャンク付きテストバーの幾何公差

単位  mm

番号

項目

幾何公差

1

円筒部の直径(D)の真円度   185 以下 0.000

8

a)

185 を超え 500 以下 0.001

a)

2

円筒部の直径(D)における軸方向の直径

不同

 185 以下 0.002

a)

185 を超え 500 以下 0.003

a)

3

円筒部の直径(D)に対するテーパシャン
ク部の振れ

 500 以下 0.001

4 2 面拘束形中空テーパシャンク付きテスト

バーの円筒部の直径(D)に対するシャン

クフランジ面の振れ

− 0.001

5

テーパシャンク部のテーパ角度

テーパリングゲージ

b)

との当たり 75 %以上

a)

  幾何公差は,図 1∼図 の L

e

部に適用する。

b)

  モールステーパシャンク付きテストバー及びメトリックシャンク付きテストバーには,JIS B 3301 に規

定するテーパリングゲージを使用し,7/24 テーパシャンク付きテストバー及び 2 面拘束形中空テーパ

シャンク付きテストバーには,JIS B 3301 に準拠するテーパリングゲージを使用する。

7.2

センタ穴付きテストバー

センタ穴付きテストバーの幾何公差は,

表 による。

表 6−センタ穴付きテストバーの幾何公差

単位  mm

番号

項目

幾何公差

a)

1 級

b)

2 級

1

円筒部の直径(D)の真円度   250 以下

0.000 4

0.000 8

 250 を超え 500 以下

− 0.001

 500 を超え 1

000 以下

− 0.001

5

1 000 を超え 1

600 以下

− 0.001

8

2

円筒部の直径(D)における直径不同

250 以下 0.001  0.002

 250 を超え 500 以下

− 0.003

 500 を超え 1

000 以下

− 0.004

1 000 を超え 1

600 以下

− 0.005

3

センタ穴に対する円筒部の直径(D)の振

 250 以下 0.001  0.002 
 250 を超え 500 以下

− 0.003

 500 を超え 1

000 以下

− 0.007

1 000 を超え 1

600 以下

− 0.010

a)

  幾何公差は,表 及び表 の L

e

部に適用する。

b)

  センタ穴付きテストバーの 1 級は,表 に規定する円筒部の直径(D)が 40 mm 以下で,長さ(L)が

250 mm 以下に適用する。

8

硬さ

テストバーの表面の硬さは,660 HV 以上又は 58 HRC 以上とする。


8

B 7545

:2015

9

表面粗さ

テストバーのテーパシャンク部,円筒部の直径(D)の外周面の表面粗さは,Ra 0.2 とする。また,2 面

拘束形中空テーパシャンク付きテストバーのシャンクフランジ面の表面粗さは,Ra 0.4 とする。

10

測定方法

テストバーの測定方法は,

表 による。

表 7−テストバーの測定方法

番号

測定項目

測定箇所

a)

測定要領

b)

測定機器

b)

1

円 筒 部 の 直 径
D)の真円度

円筒部の直径(D

真円度測定機による測定,又
は V ブロックによる 3 点測定

による[JIS B 1506 

附属書 2

(V ブロックによる真円度の
測定)参照]

・  JIS B 7451 に規定する

真円度測定機

・  JIS B 7540 に規定する V

ブロック及び測微器

c)

2

円 筒 部 の 直 径

D)における

軸 方 向 の 直 径
不同

軸直角断面で 2 方向以上,軸

に沿って 3 か所以上の外径測

定から求めた全ての直径の中
で最大値と最小値との差を求

める。

・  測微器

c)

  又は測長器

・  標準器

d)

3

円 筒 部 の 直 径

D)に対する

テ ー パ シ ャ ン
ク部の振れ

テストバーの円筒部を V ブロ

ックで支持し,テーパ部に測

微器の測定子をテーパ面と直
角になるように当て,

1 回転内

における読みの最大差を求め

る。これを 3 か所以上で行う。

・  測微器

c)

・  JIS B 7513 に規定する

精密定盤

・  JIS B 7540 に規定する V

ブロック

・  センタ台

円 筒 部 の 直 径

D)に対する
シ ャ ン ク フ ラ

ンジ面の振れ

e)

テストバーの円筒部を V ブロ

ックで支持し,シャンクフラ
ンジ面に測微器の測定子を当

て,

1 回転内における読みの最

大差を求める。

セ ン タ 穴 に 対

す る 円 筒 部 の

直径(D)の振

f)

テストバーを両センタで支持

して測微器の測定子を当て,1

回転内における読みの最大差
を求める。これを 3 か所以上

で行う。

4

テーパの角度

テーパシャンク部

ブルーペーストを付けたテー
パシャンク付きテストバーに

テーパリングゲージをはめ合

わせ,当たり検査をする[JIS 

B 3301

の A.1.4(円すい部の形

状の偏差の許容差)参照]

・  モールステーパシャン

ク付きテストバー及び

メトリックシャンク付

きテストバーは,JIS B 

3301

に規定するテーパ

リングゲージ

・ 7/24 テーパシャンク付

きテストバー及び 2 面

拘束形中空テーパシャ

ンク付きテストバーは,

JIS B 3301

に準拠する

テーパリングゲージ

・  ブルーペースト


9

B 7545

:2015

表 7−テストバーの測定方法(続き)

番号

測定項目

測定箇所

a)

測定要領

b)

測定機器

b)

5

硬さ

表面粗さの測定を行わない

箇所

JIS Z 2244

に規定するビッカ

ース硬さ試験方法,又は JIS Z 

2245

に規定するロックウェル

硬さ試験方法による。

JIS B 7725

に規定するビッ

カース硬さ試験機,又は JIS 

B 7726

に規定するロックウ

ェル硬さ試験機

6

表面粗さ

テーパシャンク部,円筒部

の直径(D)の外周面及び 2
面拘束形中空テーパシャン

ク付きテストバーのシャン

クフランジ面

表面粗さ測定機による。又は

比較用表面粗さ標準片との比
較観察によることで測定に代

えてもよい。

JIS B 0651

に規定する触針

式表面粗さ測定機,又は JIS 

B 0659-1

附属書 1(比較用

表面粗さ標準片)に示す比較

用表面粗さ標準片 

a)

  ここに示す測定箇所をとることができない場合には,これに代わる適切な箇所を選定する。

b)

  ここに示した測定機器と測定精度が同等以上のものを用いてもよい。

c)

  測微器は,JIS B 7503 に規定するダイヤルゲージ,JIS B 7533 に規定するてこ式ダイヤルゲージ,JIS B 7519

に規定する指針測微器,又は JIS B 7536 に規定する電気マイクロメータとする。

d)

  標準器は,JIS B 7506 に規定するブロックゲージ又はこれに代わる適切なものを使用する。

e)

  2 面拘束形中空テーパシャンク付きテストバーに適用する。

f)

  センタ穴付きテストバーに適用する。

11

検査

テストバーの検査は,幾何公差,硬さ及び表面粗さについて,箇条 10 に従って測定を行い,箇条 7∼箇

条 の規定に適合しなければならない。

12

製品の呼び方

12.1

テーパシャンク付きテストバー

テーパシャンク付きテストバーの呼び方は,種類,呼び番号,円筒部の直径(D)及び円筒部の長さ(L

による。

例  モールステーパシャンク付きテストバー(ねじ付き)  MT3−32−235

モールステーパシャンク付きテストバー(スパナ掛け付き)  MT3−32−235W

メトリックテーパシャンク付きテストバー  MET80−80−335

7/24 テーパシャンク付きテストバー(手動工具交換用)  NT40−40−335 
7/24 テーパシャンク付きテストバー(自動工具交換用)  BT50−63−335

2 面拘束形中空テーパシャンク付きテストバー  HSK−A63−40−335

12.2

センタ穴付きテストバー

センタ穴付きテストバーの呼び方は,種類,円筒部の直径(D

,円筒部の長さ(L)及び等級による。

なお,等級を表す場合には,記号(C)を用いて C1 又は C2 のようにしてもよい。

例  センタ穴付きテストバー  16−200  1 級

センタ穴付きテストバー  80−800  C2

13

表示

テストバーには,見やすい箇所に容易に消えない方法で,区分ごとに次の事項を表示する。

a)

テーパシャンク付きテストバー

1)

呼び番号−円筒部の直径(D)−円筒部の長さ(L


10

B 7545

:2015

2)

製造業者名又はその略号

3)

製造年月又はその略号及び製造番号

b)

センタ穴付きテストバー

1)

円筒部の直径(D)−円筒部の長さ(L)及び等級(1 級若しくは C1 又は 2 級若しくは C2)

2)

製造業者名又はその略号

3)

製造年月又はその略号及び製造番号


11

B 7545

:2015

附属書 A

参考)

テストバーのたわみ

A.1

テーパシャンク付きテストバー

モールステーパシャンク付きテストバーを,水平方向に取り付けて,円筒部の先端に測定力 を加えた

ときの自由端(円筒部の最先端側)におけるたわみを参考として

表 A.1 に示す。

表 A.1−モールステーパシャンク付きテストバーのたわみ

単位  mm


12

B 7545

:2015

表 A.1−モールステーパシャンク付きテストバーのたわみ(続き)

単位  mm

逃げの寸法

MT0,MT1 及び MT2 MT3,MT4,MT5 及び MT6

呼び番号

質量

(近似値)

(kg)

質量による

自由端のたわみ

(μm)

測定力 による

自由端のたわみ

自由端の

たわみ合計

(μm)

備  考

(N)

たわみ

(μm)

MT0 0.11  0.7

0.5

0.9

1.6

たわみを考慮する

a)

MT1 0.13  0.5

0.5

0.7

1.2

MT2 0.73  1.5

1.0

0.6

2.1

MT3 0.96  1.8

1.0

0.7

2.5

MT4 2.20  3.3

1.0

0.7

4.0

MT5 3.00  2.6

1.0

0.6

3.2

MT6 7.71  0.9

1.0

0.1

1.0

注記 1  縦弾性係数 は 206 GPa を用いて計算してある。 
注記 2  図中の(  )内寸法は,たわみの計算に用いた参考寸法である。 

a)

 MT0 及び MT1 のテストバーを使用する場合は,質量によるたわみの向きと反対になるように測微器をテスト

バーの下側から当てることが望ましい。


13

B 7545

:2015

A.2

センタ穴付きテストバー

センタ穴付きテストバーの両端支持におけるたわみを,参考として

表 A.2 及び表 A.3 に示す。

表 A.2−センタ穴付きテストバーのたわみ(D40 mm

 

(mm)

 

(mm)

質量

(近似値)

(kg)

最大たわみ(μm)

質量による

たわみ

2.2 N の力を中央

に加えた場合

合計

たわみ

8 25

0.01

0.00  0.02  0.02

40 0.02  0.00

0.07

0.07

50 0.02  0.01

0.14

0.15

63 0.02  0.02

0.28

0.30

80 0.03  0.05

0.57

0.62

100 0.04  0.12

1.11

1.23

10 50

0.03

0.00  0.06  0.06

63 0.04  0.01

0.11

0.12

80 0.05  0.03

0.23

0.26

100 0.06  0.08

0.45

0.53

125 0.08  0.19

0.89

1.08

160 0.10  0.51

1.86

2.37

12.5 100 0.10  0.05

0.19

0.24

125 0.12  0.12

0.36

0.48

160 0.15  0.33

0.76

1.09

200 0.19  0.80

1.49

2.29

16 100 0.16 0.03

0.07

0.10

125 0.20  0.07

0.14

0.21

160 0.25  0.20

0.28

0.48

200 0.32  0.49

0.55

1.04

250 0.39  1.19

1.08

2.27

20 100 0.25 0.02

0.03

0.05

125 0.31  0.05

0.06

0.11

160 0.39  0.13

0.12

0.25

200 0.49  0.31

0.23

0.54

250 0.62  0.76

0.44

1.20

25 100 0.39 0.01

0.01

0.02

125 0.48  0.03

0.02

0.05

160 0.62  0.08

0.05

0.13

200 0.77  0.20

0.09

0.29

250 0.96  0.49

0.18

0.67

40 160 1.58 0.03

0.01

0.04

200 1.97  0.08

0.01

0.09

250 2.47  0.19

0.03

0.22

注記  たわみは,縦弾性係数 を 206 GPa として と で計算してある。


14

B 7545

:2015

表 A.3−センタ穴付きテストバーのたわみ(D63 mm

 

(mm)

 

(mm)

 

(mm)

質量

(近似値)

(kg)

最大たわみ(μm)

質量による

たわみ

2.2 N の力を中央

に加えた場合

合計

たわみ

63 50  315  2.9

0.12

0.01

0.13

400 3.6  0.31

0.03

0.34

500 4.5  0.75

0.06

0.81

80 61  630  10.4

1.21

0.04

1.25

800 13.2

3.15

0.09

3.24

1 000

16.5

7.69

0.17

7.86

125 105 1

250  35.5

7.13

0.07

7.20

1 600

45.4

19.13

0.15

19.28

注記 1  たわみは,縦弾性係数 を 206 GPa として D及び で計算してある。 
注記 2  図中の(  )内寸法は,たわみの計算に用いた参考寸法である。


15

B 7545

:2015

附属書 B

参考)

テストバー使用上の注意

B.1

テーパシャンク付きテストバー

B.1.1

きず

試験に影響する有害なきずがないかを確認し,有害なきずがあれば使用しない。

B.1.2

テーパシャンク部の摩耗

テーパシャンク部は,定期的又は使用する前にテーパリングゲージを用いて摩耗していないことを確認

し,摩耗していれば使用しない。

B.1.3

主軸変形の注意

質量 5 kg を超えるテストバーは,工作機械の主軸にはめ合わせたときに,主軸にたわみを生じさせるお

それがあるので,注意する。

B.1.4

温度ならし

テストバーを取り付けた後,作業者が手で触ったときの熱の影響がなくなるまで十分に時間をおく。

B.1.5

たわみ

テストバーのたわみを考慮して使用する(

附属書 参照)。

B.1.6

反転法

テストバーの形状偏差を考慮して,反転法(JIS B 6191 参照)を用いて測定する。

B.1.7

保管

テストバーは,使用後に清掃し防せい処理を施して保管する。

B.2

センタ穴付きテストバー

B.2.1

きず

試験に影響する有害なきずがないかを確認し,有害なきずがあれば使用しない。

B.2.2

温度ならし

テストバーを取り付けた後,作業者が手で触ったときの熱の影響がなくなるまで十分に時間をおく。

B.2.3

たわみ

テストバーのたわみを考慮して使用する(

附属書 参照)。

B.2.4

反転法

テストバーの形状偏差を考慮して,反転法(JIS B 6191 参照)を用いて測定する。

B.2.5

保管

テストバーは,使用後に清掃し防せい処理を施して保管する。

参考文献

JIS B 1506:2005

  転がり軸受−ころ

JIS B 6191:1999

  工作機械−静的精度試験方法及び工作精度試験方法通則

ISO 230-1:2012

,Test code for machine tools−Part 1: Geometric accuracy of machines operating under no-load or

quasi-static conditions