>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

7519

-1994

指針測微器

Microindicators

1.

適用範囲  この規格は,測定子をもつスピンドルの変位を,機械的に拡大して指針に回転運動が伝え

られる構造の長さ測定器で,目量 1

µm 以下,指針の回転範囲が 1 回転未満のもの(以下,指針測微器とい

う。

)について規定する。

ただし,電気その他の信号を外部に出す装置をもつものには適用しない。

備考  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS B 0401

  寸法公差及びはめあい

JIS B 1501

  玉軸受用鋼球

JIS B 7503

  ダイヤルゲージ

JIS B 7506

  ブロックゲージ

JIS G 4404

  合金工具鋼鋼材

JIS H 5501

  超硬合金

2.

主要部の名称  指針測微器の主要部の名称は,図 のとおりとする。


2

B 7519-1994

図 1

備考  この図は,単に線図的なものであって,形状の基準を示すものではない。


3

B 7519-1994

3.

性能  指針測微器の性能は,表 のとおりとする。

表 1  指針測微器の性能

番号

項目

測定方法

説明図

測定用具

許容値

A

測定台上面にブロッ
クゲージを密着し,
これに測定子を垂直

にあて,任意の目盛
位置までスピンドル
を押し込み,その位

置でリフタ又はレリ
ーズによりスピンド
ルを 10 回以上作動さ

せ,指示の最大値と
最小値との差を求め
る。

目量の

3

1

以下

1





B

測定台上面にブロッ
クゲージを密着し,

これに測定子を垂直
にあて,任意の目盛
位置までスピンドル

を押し込み,その位
置でブロックゲージ
を前後・左右に移動

させ,指示の最大値
と最小値との差を求
める。

支持台

JIS B 7506

に規

定するブロック

ゲージの A 級

2

指示誤差

測定台上面にブロッ
クゲージを密着し,
指針を正しく零目盛

に合わせた後,これ
を 10

µm とびの寸法

のブロックゲージと

置き換えて順次に測
定し,指針の読みか
ら指示すべき値を差

し引いて求める。

支持台

JIS B 7506

に規

定するブロック

ゲージの A 級


4

B 7519-1994

番号

項目

測定方法

説明図

測定用具

許容値

3

もどり誤差

測定台上面にブロ
ックゲージを密着
し,これに測定子

を垂直にあて,微
動装置により本器
又は測定台を移動

させてスピンドル
を押し込み,任意
の位置に止めたと

きの読みと,リフ
タ又はレリーズに
よりスピンドルを

さらに押し込んだ
後,静かにおろし
たときの読みとの

差をとる。

  微動装置付
  支持台

JIS B 7506

規定するブロ
ックゲージの

A

ステムの直径 8mm のもの
は 0.5

µm 以下。ステムの直

径 8mm を 超 え る も の は

0.3

µm 以下。

4

(

1

姿

勢 
誤 

指 定 さ れ た 姿 勢
で,番号 1, 2 及び 3

と同様な測定を行
う。

番号 1, 2 及び 3
に準ずる。

文字板を上向き水平にした
姿勢では,番号 1,2 及び 3

の許容値に同じ。その他の
姿勢では番号 1,2 及び 3 の
許容値の 50%増し。

5

測定力

指針測微器を鉛直
方向に保持し,ス
ピンドルを上下両

方向に移動させ,
零目盛付近におい
て上ざらばね式指

示はかりによって
測定し,その平均
値を求める。

上ざらばね式
指示はかり

公称値の 20%を超える誤差
がないこと。

(

1

)

姿勢誤差の項目は,注文者が特に必要とする場合にだけ適用する。

備考1.  上表の数値は,温度20℃におけるものとする。

2.

零調整を目盛板によらないで行う構造のものでは,零調整後数回作動させた後性能の測定を行う。

4.

外観及び機能  指針測微器の外観及び機能は,次のとおりとする。

(1)

外部の塗装及びめっきは強固で,容易に色あせ,脱落又はさびを生じないこと。

(2)

主要部の形状及び仕上状態並びに刻印,表示,目盛などに欠点がないこと。

なお,取付部及び測定子の仕上げ程度は,

図 による。

(3)

各部は,普通の使用状態の温度及び湿度の変化に対して,実用上差し支えのあるくるいを生じないこ

と。

(4)

指針測微器を任意の姿勢に保持し,スピンドルを全行程にわたって数回作動させたとき,作動及び指

針の追従は円滑であること。

(5)

指針測微器を鉛直方向又は注文者の指定する姿勢で保持した場合,指針の追従は,スピンドルの微小

変位に対して,迅速かつ正確であること。


5

B 7519-1994

(6)

指針と目盛板とのすきまは,その先端部において 1mm 以下で,目盛の全範囲に渡って一様であるこ

と。

(7)

限界指針は,簡単かつ確実に調整でき,測定中容易に動かないこと。

(8)

零調整のできるものは,その作動が円滑で,任意の位置に定置することができ,その調整可能範囲は,

5

µm 以上であること。

(9)

測定力の公称値は,ステムの直径 8mm のものは 0.98N 以下とし,ステムの直径 8mm を超えるものは

原則として 2.21N とする。

5.

寸法

5.1

取付部の寸法  指針測微器の取付部の寸法は,特に指定のない限り,表 のとおりとする。

表 2  取付部の寸法

項目

寸法

直径 d(

2

)

8  (18) 20  28 (30) 36

ステム

 (mm)

長さ l 12 以上 36 以上 40 以上 50 以上

ス テ ム の 直 径

8mm

のもの

JIS B 7503

の測定子取付部の寸法による(

図 参照)。

測定子取付部

ス テ ム の 直 径

8mm

を超えるも

直径 6mm,寸法許容差は JIS B 0401 に規定する h6 で,長さ 10mm 以上とする

図 参照)。又は,直径 4mm で,JIS B 7503 の測定子取付け部の寸法による

図 参照)。

(

2

)

括孤内の寸法は,なるべく用いないこと。寸法許容差は JIS B 0401に規定する h6とする。

図 

図 

5.2

目盛の寸法  指針測微器の目盛の寸法は,次のとおりとする。

(1)

目幅は,0.6mm 以上とする。

(2)

目盛線の太さは,原則として目幅の 15∼20%とする。

(3)

読取位置における指針の幅は,原則として目幅の 15∼20%とする。

(4)

指針と最短目盛線との重なりの長さは,最短目盛線の長さの約

3

2

とする。

6.

材料  指針測微器の測定子の測定面部の材料は,特に指定のない限り,JIS G 4404 の SKS3,JIS H 5501

又は性能上これらと同等以上のものとし,SKS3 を用いた場合の硬さは,750HV 以上とする。

なお,測定子の先端に鋼球を用いる場合には,その材料及び硬さは,JIS B 1501 による。


6

B 7519-1994

7.

検査  指針測微器の検査は,性能,外観,機能,寸法及び材料について行い,3.(性能),4.(外観及

び機能)

5.(寸法)及び 6.(材料)の規定に適合しなければならない。

8.

表示  検査に合格した指針測微器には,その本体に,目量,製造番号及び製造業者名(又は略号)を

表示し,1 個ごとに,指示の安定度,指示誤差,もどり誤差及び測定力を記載した成績表を添付する。

なお,姿勢誤差が指定されている場合には,これを付記する。

精密機械部会  指針測微器専門委員会  構成表(昭和 36 年 1 月 1 日制定のとき)

氏名

所属

(委員会長)

青  木  保  雄

東京大学工学部

池  田  誠  一

通商産業省重工業局

石  川  二  郎

東京工業大学

朝  永  良  夫

中央計量検定所

林      則  行

千葉大学工学部

美  農  利  雄

工業技術院標準部

横  野  親  男

東京都立工業奨励館

小  森  彦  三

東洋精器株式会社

中  神  秀  夫

三井精機工業株式会社

永  田  兼  雄

株式会社東京計測機製作所

武  藤  孝  治

株式会社津上製作所

毛  利  理  道

シチズン時計株式会社

山  本      保

株式会社三豊製作所宇都宮工場

山  本      肇

株式会社弥満和製作所

相  原  建  三

池貝鉄工株式会社溝口工場

尾  崎  健  喜

東京芝浦電気株式会社柳町工場

笠  木      豊

株式会社日立製作所川崎工場

小  林  洋三郎

日本電気株式会社

菅  間  良  幸

日産自動車株式会社

高  木  季  雄

東洋ベアリング製造株会社桑名工場

堤      俊  忠

石川島重工業株式会社

寺  本      晃

日本精工株式会社藤沢工場

細  江  喜  重

蛇の目ミシン工業株式会社

(専門委員)

辺  見  隆  三

工業技術院標準部

(関係者)

飯  塚      靖

日本精密測定機器工業会

(事務局)

早  田  正  邦

工業技術院標準部機械規格課

土  屋      隆

工業技術院標準部機械規格課

(事務局)

植  田      博

工業技術院標準部機械規格課(平成 6 年 7 月 1 日改正のとき)

鈴  木  俊  吾

工業技術院標準部機械規格課(平成 6 年 7 月 1 日改正のとき)