>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 7287-1

:2015 (ISO 10685-1:2011)

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義  

2

4

  略号 

2

5

  フレーム識別構造  

2

5.1

  GTIN-14  

2

5.2

  適用ルール  

2

6

  フレームカタログ用の識別子データ  

4

7

  マーキング−バーコード  

6

附属書 A(規定)フィールドの記載  

7

附属書 B(参考)フレームの電子カタログの概要,規範的文献及び分類−識別子  

11

附属書 C(参考)電子フレームカタログ XML の例−識別子  

12

参考文献  

17


B 7287-1

:2015 (ISO 10685-1:2011)

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,福井県眼鏡工業組合(FOIA)及び一般財団

法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本

工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 B

7287-1

:2015

(ISO 10685-1

:2011

)

眼鏡フレーム及びサングラスの

電子カタログ及び識別子−

第 1 部:製品の識別子及び電子カタログ製品の階層

Ophthalmic optics-Spectacle frames and sunglasses

electronic catalogue and identification-

Part 1: Product identification and electronic catalogue product hierarchy

序文 

この規格は,2011 年に第 1 版として発行された ISO 10685-1 を基に,技術的内容及び構成を変更するこ

となく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある参考事項は,対応国際規格にはない事項である。

適用範囲 

この規格は,

眼鏡フレーム及びサングラスの識別子を定義付けるルール及び要求事項について規定する。

また,これらを識別する場合に使われるデータ情報及びファイル形式についても規定する。

なお,この規格は,サングラスクリップオンの場合にも適用できる。

注記 1  サングラスクリップオンとは,眼鏡フロントに挟み込み,又は磁力などによって取り付ける

タイプのサングラスをいう。

注記 2  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 10685-1:2011

,Ophthalmic optics−Spectacle frames and sunglasses electronic catalogue and

identification

−Part 1: Product identification and electronic catalogue product hierarchy(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“一致している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 7281

  眼鏡光学−眼鏡フレーム−寸法測定方式及び用語

注記  対 応 国 際 規 格 : ISO 8624 , Ophthalmic optics − Spectacle frames − Measuring system and

terminology

(IDT)

JIS B 7285

  眼鏡フレーム−基本的要求事項及びその試験方法

注記  対応国際規格:ISO 12870,Ophthalmic optics−Spectacle frames−Requirements and test methods

(MOD)


2

B 7287-1

:2015 (ISO 10685-1:2011)

ISO 4217

,Codes for the representation of currencies and funds

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

3.1 

ブランド/ライセンス所有者(brand/license owner)

ブランド名を所有する又はライセンスを受けた事業者。

略号 

GS1 GS1

(Global Standard 1)は,地域を全体的及び横断的に結び付ける需要及び供給チェーンの

効率性並びに透明性を向上するための国際規格又は解決策の計画と実施とを行う国際団体。

GTIN

TM

国際貿易製品番号(GTIN

TM

)は,貿易商品の個別識別子として使われる。

フレーム識別構造 

5.1 GTIN-14 

この規格では,14 桁バーコードの GTIN-14 を用いる。データベースでは,将来の物品管理単位の識別子

に一致させるために 14 桁のフィールドをやりくりすることを推奨している。

GTIN-14

は,商品に対する 14 桁の識別子として定義し,これらは,次の数列からなる。

5.1.1 

指標コード 

指標コードは 1 桁の流通コードであり,

この規格では常に 0 とする。

この指標コードの将来の使用では,

GS1

規格に一致する商品のグルーピングを識別する。

5.1.2 

国コード 

ブランド/ライセンス所有者が所属する GS1 地域組織に対応する国コード。

5.1.3

ブランド/ライセンスブランド/ライセンス所有者コードは,ブランド所有者が所属する GS1 

域組織から割り当てられたコードによる。

5.1.4 

製品コード 

製品コードは,独自の数字であり,製品コードの値は任意であり,ブランド/ライセンス所有者の自由

裁量による。

5.2 

適用ルール 

5.2.1 

一般ルール 

5.2.1.1 

眼鏡フレーム 

フレームに対して基本特性が異なる場合には,別の GTIN-14 を必要とする。

眼鏡フレームの基本特性は,

表 のとおりとする。


3

B 7287-1

:2015 (ISO 10685-1:2011)

表 1−眼鏡フレームの基本特性 

特性

例(参考)

ブランド

シャネル

コレクション 2013 春

モデル

品番

a

サイズ

玉形幅

d

サイズ

レンズ間距離

l

サイズ

テンプル長さ

ブランド/ライセンス所有者は,眼鏡フレーム又はサングラスの物理的,流通上の特性が異なる場合,

別の GTIN-14 番号を決めてもよい(例えば,レンズ形状,フレーム材料など)

5.2.1.2 

サングラス 

サングラスに対して基本特性が異なる場合には,別の GTIN-14 を必要とする。

サングラスの基本特性は,

表 のとおりとする。

表 2−サングラスの基本特性 

特性

ブランド

コレクション

モデル

a

サイズ

d

サイズ

l

サイズ

レンズ

ブランド/ライセンス所有者は,サングラスの物理的又は流通上の特性が異なる場合,別の GTIN-14 番

号を決めてもよい(例えば,玉形,フレーム材料など)

5.2.2 

責任 

ブランド/ライセンス所有者,すなわち,どこで誰によって製造したかにかかわらずフレームの仕様書

を所有する企業は,GTIN-14 を取得する責任がある。GS1 地域組織に一員として参加する場合は,ブラン

ド/ライセンス所有者は割り当てられた固有の事業者コードを受け取る。事業者コードは,他の事業者の

仕様のために,全体又は一部において,販売,貸与又は贈与ができない。

ブランド/ライセンス所有者は,次の組織とする。

−  製造業者又は供給業者:いずれかの国かにかかわらず,フレームを製造する又は製造を依頼し,独自

のブランド名で販売する製造業者又は供給業者。

−  輸入業者又は卸売業者:いずれかの国かにかかわらず,フレーム製造を依頼して独自のブランド名で

販売する輸入業者若しくは卸売業者,又は輸入製品を変更(例えば,輸入製品の包装を変更)する輸

入業者若しくは卸売業者。

−  販売業者:いずれかの国かにかかわらず,フレーム製造を依頼し,独自のブランド名で販売する企業。

5.2.3 GTIN-14

の再使用 


4

B 7287-1

:2015 (ISO 10685-1:2011)

段階によらず,後で再使用される製品に割り当てられたコード。

5.2.4 

ブランド/ライセンス所有者の変更 

5.2.4.1 

吸収又は合併 

吸収又は合併前に番号の付けられた会社(stock)があり,吸収された企業の場合には,吸収される前の

GTIN-14

番号を使い続ける。吸収又は合弁後に製造された製品は,吸収する企業が GS1 メンバー名を残す

場合,吸収前に割り当てられた GTIN-14 を使用してもよい。

合併は,個人又は法人が企業の所有権を引き継ぎ,財産又は所在地だけでなく事業者コードにも責任が

あることを意味する。吸収された事業者が事業者コードのもとに製造した製品は,吸収した企業が完全に

支配しているので,合併後も同一のコードを使用して製造しなければならない。

もし必要であれば,吸収した個人又は法人が自らの事業者コードを使用して獲得した製品の番号付けを

行う。商取引のパートナーに変更を適切な時期に知らせることの重要性は,強調しないほうがよい。一つ

の事業者コードのもと,全ての番号の割当てを集中させるとき,結果として付加的な作業は,顧客のデー

タファイルの整理などがある場合,事業者は注意が必要である。

5.2.4.2 

部分的な購入 

ある事業者が事業者コードを使用している事業者の未買収部門を買収した場合,取得企業は,1 年以内

に買収部門の GTIN-14 を変更しなければならない。販売企業の GTIN-14 及び他の GS1 識別コードの使用

に関する規則については,買収について協議したときに検討する。

最も早い機会に,購入者は,手に入れたブランド名の製品のために一連の番号の範囲から新しい番号を

付ける。購入者は,包装を再設計又は再印刷する場合にこれを行うことができる。

事業者の買収時間及びそれ以後 4 年間に買収された事業者は,他の製品に対してオリジナルな番号を再

割当てしてはならない。

5.2.4.3 

分割及びスピンオフ(会社の子会社新設) 

会社が 2 社以上に分割された場合,最初の会社に割り当てた事業者コードを新しい会社の一つだけに移

行する必要がある。事業者コードは,GS1 組織の一員に申請する場合に必要とする。新しい会社がもとも

との事業者コードを使用することに関する決定は,付加する GTIN-14 の数を最小にするように行わなけれ

ばならない。この決定は,新しい会社の整理方法の一部となるだろう。

在庫製品に番号を付け直す必要はない。しかし,分割又はスピンオフ会社のどれかに,もはや保有して

いない事業者コードで番号付けされている製品がある場合,新しいラベル又は包装が作られたときには,

事業者コードを使用して製品に番号付けしなければならない。

事業者コードを保有する分割会社又はスプリットオフ会社は,もはや所有していない製品に割り当てら

れていた GTIN-14 の記録を保管しなければならない。

会社は,

これらの GTIN-14 を再使用してはならない。

そのため,事業者コードを保有していない会社は,その事業者コードを使用して製品が最後に供給した日

付を知らせるか,又は番号変更する予定日を知らせなければならない。

フレームカタログ用の識別子データ 

次の表は,電子フレーム製品カタログ(

表 参照)及びフレームカタログ内の項目(表 及び表 参照)

を確定するために使用するフィールドを定義している。

フィールドの記載情報及び例は,

附属書 に示す。

−  “名称(name)

”の項目欄は,タグ及び XML ファイル内の属性ネームを定義する(テーマの定義につ

いては,

附属書 参照)。

−  “任意選択/必須(O/M)

”の項目欄は,任意選択(O:optional)か,又は必須(M:mandatory)を


5

B 7287-1

:2015 (ISO 10685-1:2011)

示す。

−  “フォーマット(format)

”の項目欄は,データ形式,例えば TEXT を示す。

−  “長さ(length)

”の項目欄は,フィールド桁長さを示す。

−  “説明(description)

”の項目欄は,フィールドの説明内容とする。

表 3−フレーム製品電子カタログの識別子 

名称

(Name)

任意選択/

必須

(O/M)

フォーマット

(Format)

長さ

(Length)

説明

(Description)

Test M

BOOLEAN

1

カタログがテストファイルかどうかを識別する

Cdate M

DATETIME

25

カタログ製作日及び時間

Cvers M

TEXT

max

25

カタログのバージョン

Sendcode M

TEXT

max

40

カタログ提供者の法律上の名前

Sendname O

TEXT

max

40

カタログ提供者の連絡者名

Senddetails O

TEXT

max

200

カタログ提供者の連絡先詳細

Cname M

TEXT

35

カタログ名

Crev O

TEXT

6

カタログ版修正

Cid M

TEXT

16

カタログ識別子

Cstartdate M

DATE  10

カタログ開始日

Cenddate O

DATE 10

カタログ終了日

Supcode M

TEXT

max

25

製品供給業者コード

Supcodequalifier M

TEXT

max

255

製品供給業者コード登録の URI(インターネット

のアドレス)

Supname M

TEXT

max

40

製品供給者の法律上の名前

Reccode O

TEXT

max

25

カタログ受取人コード

Reccodequalifier O

TEXT

max

255

カタログ受取人コード登録の URI(インターネッ

トのアドレス)

Recname O

TEXT

max

40

カタログ受取人の法律上の名前

Currcode M

TEXT

max

3

通貨

表 4−フレーム電子カタログ内の眼鏡フレーム製品の識別子 

名称

(Name)

任意選択/

必須

(O/M)

フォーマット

(Format)

長さ

(Length)

説明

(Description)

Gtin14 M

TEXT

14

GTIN

Mancode M

TEXT

Max

40

法律上の製造業者名

Downer O

TEXT

Max

40

データ所有者

Pclass M

TEXT

Max

255

フレーム製品がフレーム分類に属する製品分類

のコード

Mcode M

TEXT

Max

25

モデルコード

Mdesc O

TEXT

Max

25

フレーム製品表示

Snmb O

BOOLEAN

1

通し番号

Datastatus M

TEXT  1

C

(作成のまま)

,M(修正あり)

Dataupdatedate O

DATETIME 25

データをアップデートした日付

Bndcod O

TEXT

Max

3

ブランドコード

Bnddes O

TEXT

Max

25

ブランド記載

Collcod O

TEXT

Max

3

コレクションコード


6

B 7287-1

:2015 (ISO 10685-1:2011)

表 4−フレーム電子カタログ内の眼鏡フレーム製品の識別子(続き) 

名称

(Name)

任意選択/

必須

(O/M)

フォーマット

(Format)

長さ

(Length)

説明

(Description)

Colldes O

TEXT

Max

25

コレクション記載

Ccode O

TEXT

Max

10

商品コード

Mcolc M

TEXT

Ma 6

色コード

asize M

INTEGER

3

玉形幅(mm)

dsize M

INTEGER

2

レンズ間距離(mm)

lsize M

INTEGER

3

テンプル長さ(mm)

表 5−フレーム電子カタログ内のサングラス製品の識別子 

名称

(Name)

任意選択/

必須

(O/M)

フォーマット

(Format)

長さ

(Length)

説明

(Description)

Gtin14 M

TEXT

14

GTIN

Mancode M

TEXT

Max

40

法律上の製造業者名

Downer O

TEXT

Max

40

データ所有者

Pclass M

TEXT

255

フレーム製品がフレーム分類に属する製品分類

のコード

Mcode M

TEXT

Max

25

モデルコード

Mdesc O

TEXT

Max

25

フレーム製品表示

Snmb O

BOOLEAN

1

通し番号

Datastatus M

TEXT  1

C

(作成のまま)

,M(修正あり)

Dataupdatedate O

DATETIME 25

データをアップデートした日付

Bndcod O

TEXT

Max

3

ブランドコード

Bnddes O

TEXT

Max

25

ブランド記載

Collcod O

TEXT

Max

3

コレクションコード

Colldes O

TEXT

Max

25

コレクション記載

Ccode O

TEXT

Max

10

商品コード

Mcolc M

TEXT

Ma 6

色コード

asize O

INTEGER

3

玉形幅(mm)

dsize O

INTEGER

2

レンズ間距離(mm)

lsize O

INTEGER

3

テンプル長さ

Lens M

TEXT

25

レンズの種類

サンプル XML file については,

附属書 参照。

マーキング−バーコード 

製品のマーキングは,

正式にはこの規格の適用範囲内ではないが,

EAU/UPC

記号に属している GTIN-12,

GTIN-13

のようなバーコード記号で表示する。


7

B 7287-1

:2015 (ISO 10685-1:2011)

附属書 A

(規定)

フィールドの記載

表 A.1 は,フレーム電子カタログのための詳細なフィールドの記載及び例を含む。

表 A.1−フレーム電子カタログのための詳細なフィールドの記載及び例 

名称

(Name)

(Example)

コメント

(Comments/

Condification

追加コメント

(Additional comments)

ebXML Mapping

Test 0

カタログがテストファイ

ルであるかどうかを示す

Boolean

CatalogueManifestDocument 

TestIndicator

Cdate

1997-07-16

T19:20:30+

01:00

YYYY-MM-DDThh:

mm:ss

±hh:mm

カタログ製作/流通日時

OpticCatalogue 

DeliveryDelimitedPeriod

Cvers 000011

カ タ ロ グ の バ ー ジ

ョン

日付及び時間フィールド

の詳細が与えられると,バ

ージョンの詳細(例えば,
言語)を規定するため,発

送者によって使用される

ようにオープンにされて
いる(e.g.Language)

CatalogueManifestDocument 

VersionID

Sendcode ACME

カ タ ロ グ 提 供 者 と

製 造 業 者 と は 異 な

る場合がある。

CatalogueManifestDocument 

ProviderOpticParty  ID

Sendname John

Smith

カ タ ロ グ 提 供 者 の
連絡者名

CatalogueManifestDocument 

ProviderOpticParty 

SpecifiedOpticTradeContact

PersonName

Senddetails

512-999-99

99

カ タ ロ グ 提 供 者 の

電話番号又は住所

CatalogueManifestDocument 

ProviderOpticParty 

specifiedOpticTradeContact

URICIUniversalCommunication 
 CompletNumber

Cname

FRAMES

SPRING

2009

カタログの名前

CatalogueManifestDocument 

Description

OpticCatalogue   Description

Crev 0

カ タ ロ グ が 改 定 さ

れ た と き の バ ー ジ

ョン

CatalogueManifestDocument 

ReleaseID

Cid 1

カタログ識別子(フ

レ ー ム メ ー カ ご と
に 付 与 し て も よ い

分類番号)

 OpticCatalogue

 ID

Cstartdate 2009-04-15

YYYY-MM-DD

OpticCatalogue 

ValidityDelimitedPeriod 

StartDateTime


8

B 7287-1

:2015 (ISO 10685-1:2011)

表 A.1−フレーム電子カタログのための詳細なフィールドの記載及び例(続き) 

名称

(Name)

(Example)

コメント

(Comments/

Condification

追加コメント

(Additional comments)

ebXML Mapping

Cenddate 2009-12-15

YYYY-MM-DD

OpticCatalogue 

ValidityDelimitedPeriod 

EndDateTime

Supcode 13424SUP

もし,供給業者が指定され
る場合に記入

OpticCatalogue 

SupplierOpticParty  ID

Supcodequalifier 13S

供給業者コードの出所

OpticCatalogue 

SupplierOpticParty  ID

(SchemeID)

Supname

Supplier

123424

OpticCatalogue 

SupplierOpticParty  Name

Reccode A873

受取人(カタログを請求し

た人)が指定される場合

CatalogueManifestDocument 

ReceiverOpticParty  ID

Reccodequalifier IRS

受取人コードの出所

CatalogueManifestDocument 

ReceiverOpticParty  ID

(SchemeID)

Recname

Customer

873

CatalogueManifestDocument 

ReceiverOpticParty  Name

Currcode EUR

ISO

資料:ISO 4217

による説明

CatalogueManifestDocument 

PrimaryCode (and all

CatalogueManifestDocument 

SecondaryOpticCurrencyExchange 
 SourceCode)

Gtin14

1234567890

1234

GS1

からの GTIN-14

明細事項

こ の フ ァ イ ル の 適
用範囲内 GTIN-14 を

定 め て い る JIS B 

7287-1

の 5.1 に従う。

フ ィ ー ル ド は UPC ,

EAN/13

,JAN 又は GTIN

-14

のどれか有効なものを

含む。

UPC/12

から GTIN-14 フォ

ーマットへの変換は,左端

に 2 桁の 0 を追加すること

に よ っ て 得 ら れ る 。

EAN/13

又は JAN/13 から

GTIN-14

フォーマットへ

の変換は,左端に 1 桁の 0
を追加することによって

得られる。

GTIN-14

は,国際的な貿易

製品番号を意味する。

UPC

は,全世界製造番号を

意味する。

EAN

は,ヨーロッパの製

品番号を意味する。

JAN

は,日本の製品番号を

意味する。

ReferencedOpticProduct 

SpecifiedOpticProductIdentification 
 ID

Mancode ACME

INC

製 造 業 者 又 は 供 給

業者の識別

OpticCatalogue 

ManufacturerOpticParty  ID


9

B 7287-1

:2015 (ISO 10685-1:2011)

表 A.1−フレーム電子カタログのための詳細なフィールドの記載及び例(続き) 

名称

(Name)

(Example)

コメント

(Comments/

Condification

追加コメント

(Additional comments)

ebXML Mapping

Downer ACME

INC

デ ー タ 所 有 者 の 識

データ所有者がない場合

は,データ所有者をカタロ

グ提供者とみなす。

Pclass

SpectacleFr

ameProduct

Class

ReferencedOpticProduct 

DesignatedOpticProductClassificat

ion  SubClassCode (with

ClassCode=FrameClass)

Mcode ABCD1

製品群の識別は製造業者

が定義する。スタイルコー
ドともいう。

ReferencedOpticProduct 

ModelName

Mdesc

ABCD1 54

BROWN

JIS B 7285

の箇条 9

参照

製造業者からのモデル,サ

イズ,色のマーキング(大

抵は,テンプル上に表示)

ReferencedOpticProduct  Name

Snmb N

個 々 の 製 品 が 通 し

番 号 に よ っ て 識 別
さ れ る 場 合 に は ,

Boolean

が表示する。

フレームが個別のもので

あることを識別するため
の独自の番号の通し番号

を付けていることの表示。

ReferencedOpticProduct 

SerialNumberIndicator

Datastatus C

C

又は M

C

(作成のまま)

,M(修正

あり)

Dataupdatedate

1997-07-16

T19:20:30+

01:00

YYYY-MM-DDThh:

mm:ss

±hh:mmTZD

アップデートされたフレ

ーム製品の日付及び時間。
もし,情報がカタログ全体

で省略(missing)されてい

た場合,最新化されたかど
うかの決定は,カタログ受

取人による。

ContainedOpticCatalogueItem 

ApplicableOpticTradeAgreement 
 LastChangedDateTime

Bndcod UNK

問題がなければ,ブ

ラ ン ド 識 別 子 の 記
載は強く推奨する。

ブ ラ ン ド コ ー ド は

製 造 業 者 に よ っ て
使 わ れ る 一 つ と す

る。

ブランドを識別するため

に,製造業者がこれを使用

する。

ReferencedOpticProduct 

BrandID

Bnddes

UNK

BRAND

ブ ラ ン ド コ ー ド の

記載

製造業者がフレームのブ

ランドを記載する。

ReferencedOpticProduct 

BrandName

Collcod 1

ブ ラ ン ド ご と に 一

つ 又 は 幾 つ か の コ
レクションがある。

オ プ シ ョ ン の フ ィ

ー ル ド に 基 づ く フ
レ ー ム の 分 類 と す

る。

ブランドの部分集合を定
義する製造業者のコード

ReferencedOpticProduct 

SubBrandID

Colldes OPTICAL

コ レ ク シ ョ ン コ ー
ドの記載

ブランドの部分集合をテ

キスト又は数値形式で記

載。

ReferencedOpticProduct 

SubBrandName


10

B 7287-1

:2015 (ISO 10685-1:2011)

表 A.1−フレーム電子カタログのための詳細なフィールドの記載及び例(続き) 

名称

(Name)

(Example)

コメント

(Comments/

Condification

追加コメント

(Additional comments)

ebXML Mapping

Ccode 900311

商品コード

調和した日用品の記載及
びコードシステムを与え

る。これはフレームに適切

なコードとする。

ReferencedOpticProduct 

DesignatedOpticProductClassificat

ion 

ApplicableOpticProductCharacteri

stic

Mcolc 2259

規 定 の モ デ ル / ス

タ イ ル に 対 し て 色
を規定する。

ReferencedOpticProduct 

ColorCode

asize 50

JIS B 7281

( ISO 

8624

)に記載あり

玉形を取り囲む長方形の
垂直線間距離

ReferencedOpticProduct 

DesignatedOpticProductClassificat

ion 

ApplicableOpticProductCharacteri

stic

dsize 16

JIS B 7281

( ISO 

8624

)に記載あり

左右の玉形を取り囲む長

方形の鼻側の垂直線間の
水平距離

ReferencedOpticProduct 

DesignatedOpticProductClassificat

ion 

ApplicableOpticProductCharacteri

stic

lsize 135

JIS B 7281

( ISO 

8624

)に記載あり

テンプルのドロップ部を

真っ直ぐにして,丁番ねじ

軸を丁番の中央面の交点
からテンプル先端までの

長さ

ReferencedOpticProduct 

DesignatedOpticProductClassificat

ion 

ApplicableOpticProductCharacteri

stic

Lens

POLARGR

EY

平 面 サ ン グ ラ ス レ

ン ズ と 共 に 提 供 さ
れ る レ ン ズ を 記 載

す る た め の レ ン ズ

コード又は識別子

ReferencedOpticProduct 

DesignatedOpticProductClassificat

ion 

ApplicableOpticProductCharacteri

stic


11

B 7287-1

:2015 (ISO 10685-1:2011)

附属書 B

(参考)

フレームの電子カタログの概要,規範的文献及び分類−識別子

カタログの概要の内容を掲載するサイトは,次に示される。

http://www.edi-optique.org/

http://www.thevisioncouncil.org/

http://www.anfao.it/


12

B 7287-1

:2015 (ISO 10685-1:2011)

附属書 C 
(参考)

電子フレームカタログ XML の例−識別子

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<!--Sample XML file for ISO 10685 -->

<ocm:CatalogueManifest xsi:schemaLocation="urn:edi:optique:data:draft:CatalogueManifest:0

CatalogueManifest_0p1p0.xsd" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"

xmlns:ocm="urn:edi:optique:data:draftstandard:CatalogueManifest:01"

xmlns:oram="urn:edi:optique:data:draftstandard:OpticReusableAggregateBusinessInformationEntity:01"

xsi:schemaLocation="urn:edi:optique:data:standard:CatalogueManifest:1

http://www.edi-optique.org/standard/edioptic/data/standard/CatalogueManifest_1p1p0.xsd">

 <ocm:CatalogueManifestDocument>

 <oram:TestIndicator>truefalse</oram:TestIndicator>

 <oram:Description

languageID="en-us">FRAMES SPRING 20092011</oram:Description>

 <oram:VersionID>000011</oram:VersionID>

 <oram:ReleaseID>0</oram:ReleaseID>

 <oram:RequestReferenceID/>

 <oram:ProviderOpticParty>

 <oram:ID

schemeID="ZZY"schemeDataURI="http://www.edi-

optique.org/standards_opto/edioptic/codelist/standard/OpticPartyIdentificationCode-

1.01.gc">ACME</oram:ID>

 <oram:Name>ACME

INC</oram:Name>

 <oram:SpecifiedOpticTradeContact>

 <oram:DefinedOpticTradeContact>

<oram:PersonName languageID="en-us">John Smith</oram:PersonName>

 <oram:TelephoneCIUniversalCommunication>

 <oram:CompleteNumber>512-999-9999</oram:CompleteNumber>

 </oram:TelephoneCIUniversalCommunication>

 </oram:SpecifiedOpticTradeContact>

 </oram:DefinedOpticTradeContact>

 </oram:ProviderOpticParty>

 <oram:ReceiverOpticParty>

 <oram:ID

schemeID="IRS">A873</oram:ID>

 <oram:Name>Customer

873</oram:Name>

 </oram:ReceiverOpticParty>

<oram:PrimaryCode listID="ISO 4217 3A" listVersionID="2007-06-18"

listAgencyID="5">EUR</oram:PrimaryCode>

 </ocm:CatalogueManifestDocument>


13

B 7287-1

:2015 (ISO 10685-1:2011)

 <ocm:OpticCatalogue>

 <oram:ID>3475EC732A3BA1</oram:ID>

<oram:Description languageID="en-us">FRAMES">FRAME SPRING 2009</oram:Description>

 <oram:ValidityDelimitedPeriod>

 <oram:StartDateTime>2009-04-15T09:30:47Z</oram:StartDateTime>

 <oram:EndDateTime>2009-12-15T09:30:47Z</oram:EndDateTime>

 </oram:ValidityDelimitedPeriod>

 <oram:StatusCode>1</oram:StatusCode>

 <oram:SupplierOpticParty>

 <oram:ID

schemeID="13S">13424SUP123424</oram:ID>

 <oram:Name>SupplierSupplier

123424</oram:Name>

 </oram:SupplierOpticParty>

 <oram:DeliveryDelimitedPeriod>

 <oram:StartDateTime>1997-07-16T19:202001-12-17T09:30+01:00:47Z</oram:StartDateTime>

 </oram:DeliveryDelimitedPeriod>

 <oram:ScopeID>ABHistorizationStartDate>2009-01-01</oram:ScopeIDHistorizationStartDate>

 <oram:ManufacturerOpticParty>

 <oram:IDschemeID="ZZY"schemeDataURI="http://www.edi-

optique.org/standards_opto/edioptic/codelist/standard/OpticPartyIdentificationCode-

1.01.gc">ACME</oram:ID>

 <oram:Name>ACME

INC</oram:Name>

 </oram:ManufacturerOpticParty>

 <oram:ContainedOpticCatalogueItem>

 <oram:ID>ADE778239AE899101</oram:ID>

 <oram:ActionCode>1</oram:ActionCode>

 <oram:LastChangedDateTime>2001-12-17T09:30:47Z</oram:LastChangedDateTime>

 <oram:MultimediaPresentationPicture>

 <oram:DigitalImageBinaryObject

uri="ftp://xyz.com"/>

 </oram:MultimediaPresentationPicture>

 <oram:ApplicableOpticTradeAgreement>

 <oram:ProductOrderingDelimitedPeriod>

 <oram:StartDateTime>2001-12-17T09:30:47Z</oram:StartDateTime>

 <oram:EndDateTime>2001-12-17T09:30:47Z</oram:EndDateTime>

 </oram:ProductOrderingDelimitedPeriod>

 <oram:SpecifiedOpticPriceInformation>

 <oram:AssignedOpticPrice>

 <oram:ChargeAmount>50.0</oram:ChargeAmount>

 <oram:TypeCode>AAA</oram:TypeCode>

 </oram:AssignedOpticPrice>

 <oram:AssignedOpticPrice>


14

B 7287-1

:2015 (ISO 10685-1:2011)

 <oram:ChargeAmount>50.0</oram:ChargeAmount>

 <oram:TypeCode>AAD</oram:TypeCode>

 </oram:AssignedOpticPrice>

 <oram:ValidityDelimitedPeriod>

 <oram:StartDateTime>2001-12-17T09:30:47Z</oram:StartDateTime>

 <oram:EndDateTime>2001-12-17T09:30:47Z</oram:EndDateTime>

 </oram:ValidityDelimitedPeriod>

 </oram:SpecifiedOpticPriceInformation>

 <oram:ActionCode>1</oram:ActionCode>

 <oram:LastChangedDateTime>1997-07-

16T19:20:30+01:00</oram:LastChangedDateTime>

 </oram:ApplicableOpticTradeAgreement>

 <oram:ReferencedOpticProduct>

 <oram:SpecifiedOpticProductIdentification>

 <oram:ID

schemeID="GTIN">12345678901234</oram:ID>

 </oram:SpecifiedOpticProductIdentification>

<oram:Name languageID="en-us">ABCD1 54 BROWN</oram:Name>

 <oram:ColorCode

listID="colorCodes"

listSchemeURI="http://www.amce.com/colorcodes.gc">2259</oram:ColorCode>

 <oram:ColorDescription>WHITE

TRANSPARENT</oram:ColorDescription>

 <oram:ApplicableOpticCENRestriction>

 <oram:ID>2</oram:ID>

 <oram:CategoryID>2</oram:CategoryID>

 </oram:ApplicableOpticCENRestriction>

 <oram:DesignatedOpticProductClassification>

 <oram:ClassCodelistID="OpticClasseslistURI="http://www.edi-

optique.org/standard/edioptic/codelist/standard/OpticClassifications_v1.0r09.xml"

 listAgencyName="Association EDI Optique" listName="OpticClassifications" listVersionID="1.0r09"

listSchemeURI="http://www.edi-

optique.org/standards/OpticClasses_v1.0r00/edioptic/data/standard/OpticClassifications_v1.0r06.xsd"

listVersionID="1.0r00">RimMountSpectacleFrameProductClass">FrameClass</oram:ClassCode>

 <oram:SubClassCode>RimMountSunglassClass</oram:SubClassCode>

<!--===== Identification section    =====-->

 <oram:ApplicableOpticProductCharacteristic>

 <oram:ID

schemeID="OpticClasses" schemeAgencyName="String"

schemeAgencyID="1" schemeURI="http://www.edi-optique.org/standards/OpticClasses_v1.0r00.xsd"

schemeName="String"schemeVersionID="token"schemeDataURI="http://www.edi-

optique.org/standards/OpticClasses_v1.0r02.xml">977</oram:ID>


15

B 7287-1

:2015 (ISO 10685-1:2011)

 <oram:TypeCode>PropertyValueCharacteristicTypeCode>Text</oram:CharacteristicTypeCode>

<oram:Description languageID="en-us">Custom code</oram:Description>

 <oram:TextValue

languageID="en-

us"ValueText>900311</oram:TextValueValueText>

 </oram:ApplicableOpticProductCharacteristic>

 <oram:ApplicableOpticProductCharacteristic>

 <oram:ID

schemeID="OpticClasses" schemeAgencyName="String"

schemeAgencyID="1" schemeURI="http://www.edi-optique.org/standards/OpticClasses_v1.0r00.xsd"

schemeName="String"schemeVersionID="token"schemeDataURI="http://www.edi-

optique.org/standards/OpticClasses_v1.0r02.xml">482</oram:ID>

<oram:TypeCode>PropertyValueQuantityCharacteristicTypeCode>Measure</oram:CharacteristicTypeCode>

<oram:Description languageID="en-us">Nominal horizontal lens

size</oram:Description>

 <oram:ValueMeasure>50</oram:ValueMeasure>

 </oram:ApplicableOpticProductCharacteristic>

 <oram:ApplicableOpticProductCharacteristic>

 <oram:ID

schemeID="OpticClasses" schemeAgencyName="String"

schemeAgencyID="1" schemeURI="http://www.edi-optique.org/standards/OpticClasses_v1.0r00.xsd"

schemeName="String"schemeVersionID="token"schemeDataURI="http://www.edi-

optique.org/standards/OpticClasses_v1.0r02.xml">518</oram:ID>

 <oram:TypeCode>PropertyValueQuantityCharacteristicTypeCode>Measure</oram:CharacteristicTypeCo

de>

<oram:Description languageID="en-us">Nominal distance between

lenses</oram:Description>

 <oram:ValueMeasure>16</oram:ValueMeasure>

 </oram:ApplicableOpticProductCharacteristic>

 <oram:ApplicableOpticProductCharacteristic>

 <oram:ID

schemeID="OpticClasses" schemeAgencyName="String"

schemeAgencyID="1" schemeURI="http://www.edi-optique.org/standards/OpticClasses_v1.0r00.xsd"

schemeName="String"schemeVersionID="token"schemeDataURI="http://www.edi-

optique.org/standards/OpticClasses_v1.0r02.xml">485</oram:ID>

 <oram:TypeCode>PropertyValueQuantityCharacteristicTypeCode>Measure</oram:CharacteristicTypeCo

de>

<oram:Description languageID="en-us">Nominl">Nominal overall length of a

side</oram:Description>

 <oram:ValueMeasure>135</oram:ValueMeasure>

 </oram:ApplicableOpticProductCharacteristic>


16

B 7287-1

:2015 (ISO 10685-1:2011)

 </oram:DesignatedOpticProductClassification>

 <oram:SerialNumberIndicator>false</oram:SerialNumberIndicator>

 <oram:BrandID>UNK</oram:BrandID>

<oram:BrandName languageID="en-us">UNK BRAND</oram:BrandName>

 <oram:SubBrandID>1</oram:SubBrandID>

 <oram:SubBrandName

languageID="en-us">OPTICAL</oram:SubBrandName>

 <oram:ModelName>ABCD1</oram:ModelName>

 </oram:ReferencedOpticProduct>

 </oram:ContainedOpticCatalogueItem>

 </ocm:OpticCatalogue>

</ocm:CatalogueManifest>

END


17

B 7287-1

:2015 (ISO 10685-1:2011)

参考文献

[1]  EDI Optique, available at: http://www.edi-optique.org/standard/

[2]  The Vision Council, available at: http://www.thevisioncouncil.org/members/content_255.cfm?navID=457

[3]  ANFAO, available at: http://www.anfao.it/