>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 7286

:2006

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,福井県眼鏡工業組合(FOIA)/財団法人日本規

格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調査会

の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

制定に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 11380:1994,Optics and optical

instruments

−Ophthalmic optics−Formers を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任をもたない。

JIS B 7286

には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表


B 7286

:2006

目  次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  定義

1

4.

  玉型板の種類

1

4.1

  レンズサイズ

1

4.2

  リムサイズ

1

5.

  寸法上の必要事項

2

6.

  表示

2

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

3

 


日本工業規格

JIS

 B

7286

:2006

眼鏡光学−玉型板

Optics and optical instruments

−Ophthalmic optics−Formers

序文  この規格は,1994 年に第 1 版として発行された ISO 11380:1994,Optics and optical instruments−

Ophthalmic optics

−Formers を元に作成した日本工業規格であるが,玉型板の穴の寸法及び公差が実情にあ

っていないため,技術的内容を変更して作成している。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。変

更の一覧表をその説明を付けて,

附属書(参考)に示す。

1.

適用範囲  この規格は,眼鏡レンズを加工する玉す(摺)り機に使用する玉型板について規定する。

ただし,例えば,ファセットのように,レンズを補足的に加工するために必要な玉型板は除く。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 11380:1994

,Optics and optical instruments−Ophthalmic optics−Formers (MOD)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 7281

  眼鏡光学−眼鏡フレーム−寸法測定方式及び用語

JIS B 7282

  眼鏡枠−表示

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS B 7281 及び JIS B 7282 による。

4.

玉型板の種類  玉型板は,レンズサイズ(4.1 参照)及びリムサイズ(4.2 参照)に分類する。

4.1

レンズサイズ  レンズサイズの玉型板は,玉すりされる眼鏡レンズと大きさ及び形状が同じである

玉型板である。

このタイプには,同一モデルでもそれぞれのサイズについて別々の玉型板を準備する形式(system a)及

び一連のフレームサイズ(大きい場合及び小さい場合の両方)について一つのサイズの玉型板を準備する

形式(system b)がある。

4.2

リムサイズ  リムサイズの玉型板は,形状が玉すりする眼鏡レンズに相似であるが,実際のレンズ

サイズよりもやげん(bevel)分だけ小さい玉型板である。この玉型板は,設計どおりに製作されたリムに

対し大きさ又は形状を変えずに確実にはめ込むことができるもので,目視ではリム及び玉型板のすき間が

わからない程度とする。

参考  日本では,レンズサイズが用いられていて,リムサイズは使用されていない。


2

B 7286

:2006

5.

寸法上の必要事項  寸法及び公差を図 に示す。センタ穴の中心は,ボクシング中心とする。位置決

め穴は,玉形水平中心線上とする。

なお,同じ大きさ及び形状の二つの玉型板の間の違いは,どの周上の点においても 0.2 mm を超えては

ならない。また,寸法的に安定な材料を選定し,厚さは 1.5 mm 以上とする。

                                          単位  mm

  1  穴の寸法及び公差

6.

表示  玉型板には,少なくとも次の事項を表示する。

a)

製造業者若しくは供給者の名称又はその略号

b)

製造業者が指定する型名

c)

玉型板の鼻側を示す記号:N(

図 参照)

さらに,レンズサイズの玉型板には,ボックス記号とともにミリメートル単位で玉形幅を表示する。

例  51□

リムサイズの玉型板には,複製できるようにミリメートル単位で玉形幅を表示し,

“リムサイズ”の用語

を付け加える。

玉形の水平中心線及び垂直中心線は,位置決めマークとして玉型板の片面又は両面に短い線で表示して

もよい。表示した場合は,正確な方向から±1°とする(

図 参照)。

  2  表示の推奨位置


3

B 7286

:2006

     

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS B 7286:2006

  眼鏡光学―玉型板

ISO 11380:1994

  光学及び光学機器―眼鏡光学―玉型板

(Ⅰ)JIS の規定

(

Ⅲ ) 国 際 規 格 の 規

(

Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異

の項目ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:本体 
  表示方法:点線の下線又は側線

項 目 番

内容

(

Ⅱ)

国際 
規格 
番号

項目

番号

内容

項目ごとの

評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)JIS と国際規格と

の技術的差異の理由
及び今後の対策

1.

適 用

範囲

ISO 

11380

1

JIS

と同じ IDT

2.

引 用

規格

JIS B 7281

JIS B 7282 

規定なし MOD/追加

JIS

では,3.定義の引

用に伴い,引用規格
を追加。

次回 ISO 規格の改正

時に追加を提案する。

3.

定義

JIS B 7281

及び

JIS B 7282

によ

る。

規定なし MOD/追加

JIS

では,用語の統一

を図るため,定義を
追加。

原 国 際 規 格 で あ る

ISO 11380

は,

ISO/FDIS 8624

JIS B 

7281

がこの規格と一

致している。)に規定
する定義を用いてい

るが,その旨の記述が
ない。 
次回 ISO 規格の改正

時に追加を提案する。

4.

玉 型

板 の 種

参 考   日 本 で
は,レンズサイ

ズが用いられて
いて,リムサイ
ズは使用されて

いない。

 2

規定なし MOD/追加

日本製品の特殊性に
ついて記述した。

5.

寸 法

上 の 必
要事項

厚さは 1.5 mm

以上とする。

玉型板のセンタ
穴の寸法として

ISO

規格で図示

する a)タイプを
採用。 
ただし,公差は

0.5 mm

とする。

 3

規定なし

セ ン タ 穴 の
形 状 及 び 寸
法 と し て ,

a)

,b)及び c)

の 3 種類を
図で規定。

a)

タ イ プ の

公 差 は ,

0.025 mm

MOD/

追加

MOD/

変更

玉型板の厚さを剛性

の点から規定した。

ISO

規格に規定され

ている取付穴(セン
タ穴+位置決め穴)

の 形 状 は 複 雑 で あ
り,しかも玉すり機
に取り付けるときに

がたつきを生じるた
め,JIS ではセンタ穴
の公差の数値を変更

して,a)タイプだけを
採用した。

玉型板の厚さの規定

については,次回 ISO
規格改正時に追加を
提案する。

次回 ISO 規格の改正
時に変更を提案する。

6.

表示

例  51□  4

規定なし MOD/追加

玉形幅とボックス記
号の表示順番を規定
した例を示した。

次回 ISO 規格の改正
時に追加を提案する。


4

B 7286

:2006

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  IDT  技術的差異がない。 
    ―  MOD/追加 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

    ―  MOD/変更 国際規格の規定内容を変更している。

2.  JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  MOD 国際規格を修正している。