>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 7187

:2007

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本画像

情報マネジメント協会(JIIMA)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を

改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格で

ある。

これによって,JIS B 7187:1997 は改正され,この規格に置き換えられる。

改正に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 3272-1:2003,Microfilming of

technical drawings and other drawing office documents

−Part 1 : Operating procedures,ISO 3272-2:1994,

Microfilming of technical drawings and other drawing office documents

−Part 2 : Quality criteria and control of 35

mm silver gelatin microfilms

ISO 3272-4:1994,Microfilming of technical drawings and other drawing office

documents

−Part 4 : Microfilming of drawings of special and exceptional elongated sizes 及び ISO 6199:2005,

Micrographics

−Microfilming of documents on 16 mm and 35 mm silver-gelatin type microfilm−Operating

procedures

を基礎として用いた。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。

JIS B 7187

には,次に示す附属書がある。

附属書 1(規定)マイクロフォームの実用品位数

附属書 2(規定)図面用マイクロフィルムの撮影方法

附属書 3(参考)JIS と対応する国際規格との対比表


B 7187

:2007

目  次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

2

3.

  定義

2

4.

  被写資料の準備

2

5.

  撮影方法

2

5.1

  使用フィルム

2

5.2

  マイクロ像の配置及び検索コード

2

5.3

  縮小率

4

5.4

  被写資料の最大寸法

4

6.

  撮影手順

6

6.1

  被写資料が 本のロールフィルムを超える場合

6

6.2

  リーダフィルム及びトレーラフィルムの長さ

6

7.

  撮影順序

7

7.1

  残留チオ硫酸塩試験域

7

7.2

  再撮影

7

7.3

  接合

7

7.4

  標板

8

8.

  処理,品質及び保存方法

8

8.1

  方法及び手順

8

8.2

  抹消

8

8.3

  カール

8

8.4

  保護膜塗布

8

8.5

  濃度

8

8.6

  平床式カメラによる可読性

9

8.7

  フィルムのリールヘの巻き方

9

9.

  図面のマイクロ像の拡大

10

10.

  日常使用するマイクロフォーム

10

11.

  照合

10

附属書 1(規定)マイクロフォームの実用品位数

11

附属書 2(規定)図面用マイクロフィルムの撮影方法

12

附属書 3(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

18


日本工業規格

JIS

 B

7187

:2007

16 mm

及び 35 mm 銀-ゼラチン

マイクロフィルム撮影方法

Microfilming of documents on 16 mm and 35 mm silver-gelatin type microfilm

−Operating procedures

序文  この規格は,2003 年に第 2 版として発行された ISO 3272-1,Microfilming of technical drawings and

other drawing office documents

−Part 1 : Operating procedures,

1994

年に第 2 版として発行された ISO 3272-2

Microfilming of technical drawings and other drawing office documents

−Part 2 : Quality criteria and control of 35

mm silver gelatin microfilms

1994

年に第 1 版として発行された ISO 3272-4

Microfilming of technical drawings

and other drawing office documents

−Part 4 : Microfilming of drawings of special and exceptional elongated sizes

及び 2005 年に第 2 版として発行された ISO 6199

Micrographics

−Microfilming of documents on 16 mm and 35

mm silver-gelatin type microfilm

−Operating procedures を元に作成した日本工業規格であるが,我が国独自の

漢字に対する実用品位数を

附属書 で規定している。

なお,この規格で点線の下線を施している箇所は,原国際規格を変更している事項である。変更の一覧

表をその説明を付けて,

附属書 3(参考)に示す。

1.

適用範囲

1.1

この規格は,資料(

1

)

の配布,交換及び保存を目的として使用する 16 mm 及び 35 mm 銀-ゼラチンマ

イクロフィルム(以下,フィルムという。

)の撮影方法について規定する。

1.2

この規格は,撮影におけるマイクロ像の配置及び検索コード付けについて,また,識別,分類,試

験などの標板類の用い方,画像の品質などの基本要件について規定する。

注(

1

)

資料は,文書,図面などの総称として用いる(JIS Z 6000 の 01.04 参照)

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 3272-1:2003

,Microfilming of technical drawings and other drawing office documents−Part 1 :

Operating procedures (MOD)

ISO 3272-2:1994

,Microfilming of technical drawings and other drawing office documents−Part 2 :

Quality criteria and control of 35 mm silver gelatin microfilms (MOD)

ISO 3272-4:1994

,Microfilming of technical drawings and other drawing office documents−Part 4 :

Microfilming of drawings of special and exceptional elongated sizes (MOD)

ISO 6199:2005

,Micrographics−Microfilming of documents on 16 mm and 35 mm silver-gelatin type

microfilm

−Operating procedures (MOD)


2

B 7187

:2007

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS Z 6000

  マイクログラフィックス用語

備考  ISO 6196-1:1993 , Micrographics − Vocabulary − Part 1 : General terms , ISO/DIS 6196-3 

Micrographics

−Vocabulary−Part 3 Film processing,ISO 6196-4:1987,Micrographics−Vocabulary

−Part 4:Materials and packaging,ISO 6196-5:1987,Micrographics−Vocabulary−Part 5:Quality

of images

legibility

inspection

ISO 6196-6:1992

Micrographics

−Vocabulary−Part 6:Equipment,

ISO 6196-7:1992

,Micrographics−Vocabulary−Part 7:Computer micrographics 及び ISO/DIS 

6196-8

,Micrographics−Vocabulary−Part 8:Use からの引用事項は,この規格の該当事項と同

等である。

JIS Z 6008

  マイクロ写真用解像力試験図票とその用法

備考  ISO 3334  Micrographics−ISO resolution test chart No.2−Description and use in photographic

documentary reproduction

からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS Z 6009

  銀-ゼラチンマイクロフィルムの処理及び保存方法

JIS Z 8310

  製図総則

JIS Z 8311

  製図−製図用紙のサイズ及び図面の様式

ISO 446

  Micrographics−ISO character and ISO test chart No.1−Description and use

ISO 6148

  Photography−Micrographic films,spools and cores−Dimensions

ISO 6200

  Micrographics−First generation silver-gelatin microforms of source documents−Density

specifications and method of measurement

ISO 10594

  Micrographics−Rotary camera systems−Test target for checking performance

ISO 18906

  Imaging materials−Photographic films−Specifications for safety film

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS Z 6000 によるほか,次による。

a)

裏読み(うらよみ)  文字,文書及び図を裏面から読む状態[附属書 2  図 2 b)  参照]。

備考  それらの向きが横又は逆さの状態を含む。

4.

被写資料の準備  被写資料の準備は,次による。

a)

ファイルしてある文書は,文書のとじ,傷み具合,文字の可読性,ページ付け,標題類及び挿入物を

調査し,適切な措置を講じるのがよい。

b)

図面は撮影順に整え,折目,しわなどを延ばし,

附属書 の 2.に基づいて準備する。

5.

撮影方法

5.1

使用フィルム  使用するフィルムは,ISO 6148 及び ISO 18906 に適合するものとする。

5.2

マイクロ像の配置及び検索コード

5.2.1

マイクロ像の配置  マイクロ像の配置は,次に示すシンプレックス,デュオ又はデュープレックス

のいずれかによる規則的なページ付け及び向きによる(

図 1参照)。図 1におけるマイクロ像の配置

に関する寸法を,

表 に示す。

シンプレックスは,平床式及び輪転式カメラのいずれでも撮影できるが,デュオ又はデュープレックス

は 16 mm 輪転式カメラで撮影する。


3

B 7187

:2007

35 mm

フィルムでの図面のマイクロ像の配置は,

附属書 の 3.3 による。16 mm フィルムでの図面のマ

イクロ像の配置は,

図 1 a)  に準じるのがよい。

a)

  左書き文書の場合

b)

  右縦書き文書の場合

c)

  右横書き文書の場合

  1  マイクロ像の配置―シンプレックスの例

  2  マイクロ像の配置―デュオの例

  3  マイクロ像の配置―デュープレックスの例


4

B 7187

:2007

  1  マイクロ像の配置の寸法(図 1参照)

単位  mm

 16

mm

フィルム 35

mm

フィルム

A

の最小値 0.5

0.97

B

の最小値 0.5

0.97

C

の最大値 14.92

33

D

の最小値(

2

) 0.5

0.97

注(

2

)

シンプレックス以外のすべての配置に当てはまる。

5.2.2

マイクロ像の向き  マイクロ像の向きは,コミックモード(図 の 1B 及び 2B)で撮影するのがよ

い。

5.2.3

フィルムの検索コード付け  フィルムには,被写資料を容易に探し出せるように検索コードを付け

て撮影するのが望ましい(

図 参照)。

  4  16 mm フィルムの検索―ドキュメントマーク(ブリップ)を付けた例

5.3

縮小率  縮小率は,被写資料の大きさ,文字の大きさ,被写資料の品質並びにカメラ及びフィルム

の性能によって決める。

16 mm

又は 35 mm のいずれかのフィルムを使用するか,また,どのマイクロ像の配置を採用するかは,

文字の可読性及び被写資料の復元性が良好となるよう,縮小率との関連で決めるのがよい。この場合,マ

イクロ像の大きさは,実用品位数を確認することによって,第三世代(配布用複製)フィルムをリーダ又

はリーダプリンタで拡大したとき,可読とすべき最小の文字が判読できるように選定する。

備考1.  マイクロ像の文字の可読性を表す実用品位数は,附属書 による。

2.

実用品位数に用いる撮影解像力は,

表 を参照。

5.4

被写資料の最大寸法  被写資料の最大寸法は,フィルムの寸法,縮小率及び撮影するカメラが輪転

式か,又は平床式かによる。検索コードを付けないフィルムの場合は,

図 1及び表 による。また,16

mm

フィルムを用いて検索コードを付けた場合は,

図 による。

  5  検索コードのチャネルの位置及び寸法

5.4.1

検索コードを付けない輪転式カメラのシンプレックス  フィルムの長さ方向に対する被写資料の

長さは,任意でよい。通常用いる縮小率での被写資料の最大寸法を,

表 に示す。縮小率は,被写資料の


5

B 7187

:2007

傾きによって画像の欠落を起こさないようにするために,高めの縮小率を用いるのがよい。

  2  被写資料の最大寸法

単位  mm

公称縮小率

フィルムの幅に対応した被写資料の最大寸法

1

:20 298

1

:24 357

5.4.2

検索コードを付けない平床式カメラのシンプレックス  平床式カメラのシンプレックスは,次によ

る。

a)

縮小率及びこまピッチが可変である平床式カメラのアパーチュアの最大寸法に対する,被写資料の最

大寸法を,

表 に示す。

b)

こまピッチが固定されているカメラのアパーチュアの最大寸法を,

表 に示す。

c)

図面 35 mm フィルムの場合,図面の最大寸法(分割撮影も含む。

)は,

附属書 表 及び附属書 

2

による。

d)

被写資料の縮小率は,位置決めの誤差を見込んで選ぶのがよい。

  3  被写資料の最大寸法

単位  mm

被写資料の最大寸法の近似値(可動変動率 3  %)

16 mm

フィルムカメラアパーチュア寸法 35

mm

フィルムカメラアパーチュア寸法

公称縮小率

38(

3

)

長さ

15

45

0

5

.

0

長さ

32

0

5

.

0

1

:6

              229

                  90

          267

                    190

1

:8

              305

                120

          356

                    254

1

:10

              381

                150

          444

                    318

1

:12

              457

                180

          533

                    381

1

:14

              533

                210

          622

                    444

1

:15

              572

                225

          667

                    476

1

:16

              610

                240

          711

                    508

1

:18

              686

                270

          800

                    572

1

:20

              762

                300

          889

                    635

1

:21

              800

                315

          933

                    667

1

:22

              838

                330

          978

                    698

1

:24

       914

        360

   1 067

          762

1

:26

       991

        390

   1 156

          826

1

:27

     1 029

        405

   1 200

          857

1

:28

     1 067

        420

   1 245

          889

1

:29

     1 105

        435

   1 289

          921

1

:30

     1 143

        450

   1 334

          952

1

:32

     1 219

        480

   1 422

        1 016

1

:34

     1 295

        510

   1 511

        1 080

1

:36

     1 372

        540

   1 600

        1 143

注(

3

) 16

mm

フィルムカメラアパーチュア寸法の 38 mm は,我が国では使用していない。


6

B 7187

:2007

  4  こまの大きさ,マイクロ像の大きさ及びこまピッチの寸法

単位  mm

 35

mm

フィルム

(参考)

16 mm

フィルム

こまの大きさ(a

2

×b

2

0

5

.

0

32

×

0

5

.

0

45

15

×21

マイクロ像の大きさ(a

1

×b

1

) 30.4×41 (

4

)

(最大) 14.92×21(最大)

こまピッチ(t

0

2

.

1

52

5

.

0

5

.

1

5

.

23


注(

4

)

アパーチュアカードに保持する場合の値

5.4.3

検索コードを付けたシンプレックス  この場合,被写資料の最大寸法の値はカメラの製造業者が示

しているが,位置決め及び搬送の誤差を見込んだ高めの縮小率を選ぶのがよい。

5.4.4

輪転式カメラにおけるデュオ及びデュープレックス  この場合,通常用いる縮小率で撮影できる文

書の最大寸法を,

表 に示す。文書の縮小率は,位置決め及び搬送の誤差を見込んで高めの縮小率を選ぶ

のがよい。

  5  文書の最大寸法

単位  mm

公称縮小率

フィルムの幅に対応した文書の最大寸法

1

:32 230

1

:40 288

1

:45 324

1

:50 360

6.

撮影手順

6.1

被写資料が 本のロールフィルムを超える場合  一連の被写資料で複数本のフィルムが必要な場合

は,順序及び連続性が保たれなければならない。各フィルムの最後のマイクロ像には,

“ロール××番に続

く”と表示した継続標板を入れ,続く各フィルムの最初のマイクロ像には,

“ロール××番から続く”と表

示した継続標板を入れる。最後のフィルムは,

“終”標板で終了する。

6.2

リーダフィルム及びトレーラフィルムの長さ  リーダフィルム及びトレーラフィルムの長さは,か

ぶり部分を除いて,16 mm フィルムではそれぞれ 700 mm 以上,35 mm フィルムではそれぞれ(

200
0

500

mm

とする。


7

B 7187

:2007

7.

撮影順序  撮影には,図 に示す①∼⑬の項目及び標板から必要なものを用いて,順に撮影するのが

よい。図面及び図面の関連文書の撮影順序は,

附属書 の 3.4 によるほか,次による。

①  残留チオ硫酸塩試験のために必要な,マイクロ像のない最低濃度の部分 
②  リーダ又はリーダプリンタヘのフィルム装てんのためのリーダフィルム

③  始め標板又は継続標板 
④  再撮影分(該当するとき) 
⑤  ロール番号標板

⑥  表題標板 
⑦  特殊標板(例えば,制限標板,指示書,書誌標板など) 
⑧  試験標板

⑨  撮影文書(必要があれば説明標板を挿入) 
⑩  特殊標板 
⑪  終わり標板又は継続標板

⑫  リーダ又はリーダプリンタヘのフィルム装てんのためのトレーラフィルム 
⑬  残留チオ硫酸塩試験のために必要な,マイクロ像のない最低濃度の部分

  6  撮影順序

7.1

残留チオ硫酸塩試験域  永久保存試験を要求される場合には,リーダフィルム及びトレーラフィル

ムのほかに,16 mm フィルムでは少なくとも 140 mm を,35 mm フィルムでは少なくとも 70 mm を,各ロ

ールの始め及び終わりに残さなければならない。

7.2

再撮影  再撮影は,リーダフィルムの後に,次の順序で撮影するのが望ましい。

a)

始め標板

b)

ロール第××番の再撮影を明示する標板

c)

試験標板

d)

必要に応じた特殊標板

e)

再撮影する文書

f)

ロール第××番の再撮影の終わりを明示する標板

7.3

接合  フィルムの接合は,できるだけ行わない。やむを得ず接合する場合は,次による。

a)

超音波,高周波などによる機械的接合。

b)

接着剤による接合を行う場合には,不安定な溶剤,硝酸セルロース及び酢酸を含まない化学的に安定

な高品質のセメントによる。


8

B 7187

:2007

c)

セロハンテープ及び感圧形接着テープは,特に指定された場合を除き使用してはならない。これは,

保存中に接着剤によるマイクロ像の変色及び接着剤のはみ出しが生じるおそれがあるためである。

d)

マスタフィルムの接合数は,1 本のロールフィルムにつき 5 か所以下とし,できるだけ少なくする。

7.4

標板

7.4.1

始め標板  始め標板には,“始”を表す文字を記載する。

7.4.2

ロール番号標板  ロール番号標板の数字の高さは,フィルム上で 2 mm 以上とする。

7.4.3

表題標板  表題標板には,被写資料の全面的又は簡略な記述,マイクロフィルムの作成者名又は出

版者名,及び撮影年月日を記載する。

7.4.4

特殊標板  特殊標板の例を,次に示す。

a)

制限標板  制限標板には,複製禁止又は機密保持に関する制限を記載する。

b)

指示書  指示書には,検査及び作成データを残すために,撮影及び品質に関する要求事項,マイクロ

フィルムシステムの仕様などを記載する。

c)

書誌標板  書誌標板は,図書館又は古文書館で収蔵するマイクロフィルムに必要であり,編集上の書

誌データを記載する。

7.4.5

試験標板  試験標板は,次による。

a)

平床式カメラ用試験標板  平床式カメラで使用する試験標板の図票には,ISO No.1 試験図票,JIS 

像力試験図票 A 又は ISO No.2 解像力試験図票のいずれかを用い,

その用法は,

ISO 446

又は JIS Z 6008

による。

b)

輪転式カメラ用試験標板    輪転式カメラ用試験標板は,ISO 10594 による。

7.4.6

説明標板  被写資料にとって,必要であれば適切な説明を付けた標板を撮影することができる。

7.4.7

終わり標板  終わり標板には,“終”を表す文字を記載する。

8.

処理,品質及び保存方法

8.1

方法及び手順  方法及び手順は,次による。

a)

フィルムを取り扱う施設内では,フィルムに有害な環境に十分な注意を払わなければならない。

b)

フィルムの処理及び保存方法は,JIS Z 6009 による。

c)

フィルムは,  リーダでの投影像又はプリンタで拡大したコピー画像に,被写資料と比べ判読しにくい

箇所が生じてはならない。

8.2

抹消    この規格の規定に合わないこまは,すべて抹消する。

8.3

カール  フィルムは,取り扱い難いほどのカールがあってはならない。

8.4

保護膜塗布  フィルムに保護膜を塗布する場合は,この規格で規定している品質及びフィルムの有

効寿命を損なうことがあってはならない。

8.5

濃度  フィルムの濃度は,次による。

a)

画像濃度の測定は,幾何条件と分光条件とを備えた視感拡散透過濃度計を使用する。

b)

濃度計のアパーチュアの直径は,0.5∼3.0 mm とする。

c)

図面のマイクロ像の背景濃度は,

表 による。


9

B 7187

:2007

  6  図面のマイクロ像の背景濃度

マイクロ像

第一世代

第二世代

第三世代

(配布用複製)

ネガ状画像(

5

) 0.9

∼1.2 0.9∼1.2 0.9∼1.3

ポジ状画像 0.16 以下 0.16 以下 0.20 以下

注(

5

)

漢字を含む図面の場合,0.9 の値を 0.8 にするのが望ましい。

8.6

平床式カメラによる可読性  第一世代,第二世代又は第三世代(配布用複製)フィルムの可読性は,

7.4.5 a)

の試験標板のこまによって試験し,次による。

a)

可読性の値には,フィルム上での図票を観察し,読める限界(解像限界)を示す図形を見出し,図形

に付記してある数値を読み取って,用いる[JIS Z 6008 の 4.4(解像限界の決定)参照]

b)

試験標板のこま内のいずれかの図票の像においても,縮小率に対し

表 に示す可読性の値が読み取れ

なければならない。

  7  可読性の最低値(解像限界の値)

縮小率の範囲

ISO No.1

試験図票

(図形言語の読み)

JIS

解像力試験図票 又は ISO No.2

解像力試験図票(試験図形の読み)

世代

世代

公称縮小率

下限

上限

(未満)

第一

第二

第三

(配布用)

第一

第二

第三

(配布用)

1

:10

  1

:9 1:11

   45

   50

   56

9.0

8.0

7.1

1

:12

  1

:11 1:14

   50

   56

   63

8.0

7.1

6.3

1

:16

  1

:14 1:17

   56

   63

   71

7.1

6.3

5.6

1

:18

  1

:17 1:20

   63

   71

   30

6.3

5.6

5.0

1

:22

  1

:20 1:23

   71

   80

   90

5.6

5.0

4.5

1

:24

  1

:23 1:28

   80

   90

  100

5.0

4.5

4.0

1

:30

  1

:23 1:33

   90

  100

  112

4.5

4.0

3.6

1

:36

  1

:33 1:38

  100

  112

  125

4.0

3.6

3.2

1

:40

  1

:38 1:44

  112

  125

  140

3.6

3.2

2.8

1

:48

  1

:44 1:52

  125

  140

  160

3.2

2.8

2.5

8.7

フィルムのリールヘの巻き方  フィルムのリールヘの巻き方は,次による。

a)

処理済みフィルムは,

図 に示すとおりにリールに巻く。

b)

画像“F”が,観察者の目で見て,

図 に示す向き(裏読みではなく表読み)に現れなければならな

い。

c)

巻きの限度は,フィルムを巻き終えた外径とフランジの外径との差が,保存用リールの場合には 6 mm

以上,カートリッジ用リールの場合には 9 mm 以上とする。


10

B 7187

:2007

              a)  角穴リールへのフィルムの巻き方      b)  丸角穴リールへのフィルムの巻き方

  7  フィルムのリールヘの巻き方

9.

図面のマイクロ像の拡大  拡大率及び拡大した図面の大きさは,附属書 の 5.による。

10.

日常使用するマイクロフォーム  日常使用するマイクロフォームは,第二世代又はこれより更に後代

の複製を使用するのが望ましい。第一世代マイクロフォーム(オリジナルフィルム)は,日常目的には使

用しないほうがよい。

11.

照合  フィルムと撮影済み資料とは,フィルム処理直後に照合し,撮影済み資料は,すべての検査が

完了するまで保存しなければならない。


11

B 7187

:2007

附属書 1(規定)マイクロフォームの実用品位数

1.

適用範囲  この附属書は,マイクロフォームの実用品位数について規定する。

備考  コンピュータ出力マイクロフィルマ(Computer output Microfilmer,略称 COM)で作る図面のマ

イクロフォームには適用しない。

2.

マイクロフォームの実用品位数  実用品位数は,マイクロ像の可読性の目安を数値で表したものであ

る。必要な実用品位数を得るためには,使用するカメラの解像力を調べ,被写資料の判読可能とすべき最

小文字の高さを決め,適切な縮小率を選定する。

2.1

実用品位数 は,次の式で表される。

R

M

H

P

=

ここに,

H

被写資料における文字の高さ(mm)

M

縮小率    1:のときの M

R

配布するマイクロフォームの解像力(本/mm)

2.2

実用品位数 は,次を満足することが望ましい。

a)

漢字の場合

P

≧11

b)

英数字及び仮名の場合

P

≧5

これらの値は,文字のつぶれ及びかすれのない通常の被写資料に適用する。

被写資料のマイクロ像の濃度は,ISO 6200 による。


12

B 7187

:2007

附属書 2(規定)図面用マイクロフィルムの撮影方法

1.

適用範囲  この附属書は,図面及び図面の関連文書の 35 mm マイクロフィルムの撮影方法並びにマイ

クロ像の拡大について規定する。

備考  コンピュータ出力マイクロフィルマ(Computer output Microfilmer,略称 COM)で作る図面のマ

イクロフィルムには適用しない。

2.

撮影に適する図画

2.1

図面  図面は,JIS Z 8310 によって作成する原図,又はフィルム撮影に適する複写図面とする。

2.2

図面に設ける様式  図面に設ける様式は,JIS Z 8311 によるほか,分割撮影する図面の場合は,次に

よる(

附属書 図 参照)。

2.2.1

補助の図面番号区域及び分割番号区域    補助の図面番号区域及び分割番号区域は,分割した図面の

上辺又は下辺の余白部分に設け,図面番号及び分割番号を記入する。

2.2.2

分割番号  分割番号は,次による。

a)

分割番号は,図面の分割数を分母とし,分割撮影の順序を表す番号を分子とする分数の形でその境に

“/”を用いて表示する方法,又はアルファベット“F”を先項として,その後に分割番号の順序を

表す番号を続ける方法を用いる。

b)

分割番号の数字の高さは,  フィルム上で少なくとも 1 mm あることが望ましい。

c)

分割番号の表示位置は,できるだけフィルム上で,下部の一定した位置の空白部分にあるのがよい。

2.2.3

分割マーク  分割マークは,図面の分割線上の輪郭線と用紙の縁との間に設ける。分割マークの大

きさは,少なくとも高さ 10 mm,底辺の長さ 10 mm の二等辺三角形で,黒色で表示する。

2.2.4

中心マーク  中心マークは,次による。

a)

図面には,撮影,復元などの便宜のために中心マークを設ける。中心マークは,輪郭線から用紙の縁

に至る太さ 0.5 mm の垂直な直線とする。輪郭線がない場合もこれに準じる。

b)

分割撮影の場合の中心マークの位置は,一こまに撮影する長辺の中心(±0.5 mm の範囲)に設ける。


13

B 7187

:2007

                                                                                          単位  mm

附属書   1  図面に設ける様式及び分割方法の例


14

B 7187

:2007

3.

撮影方法

3.1

縮小率  890 mm×1 210 mm より小さい図面を,一こま内に撮影するときの縮小率及びその許容差は,

次による(

附属書 表 参照)。

2

.

1
0

3

:

1

85

.

0
0

21

:

1

6

.

0
0

15

:

1

3.2

図面の大きさと縮小率との関係  図面の大きさ及び縮小率に対応するマイクロ像の大きさは,附属

書 表 による。規格外の様式は,図面又は文書全体を収載すると考えられる最小規格寸法として取り扱

うものとする。

附属書   1  図面の大きさ,輪郭の大きさ,縮小率及びマイクロ像の大きさ

図面の用紙及び輪郭の寸法

d

(最小)(

3

)

用紙の大き
さの呼び

a

×b(

1

)

c

(最小)(

2

)

とじない場合

とじる場合

縮小率及び許容差(

4

)

マイクロ像の大
きさ(

5

)

a

1

×b

1

 890

×1 210

20

20

25

1:30

2

.

1
0

297

×40.3

A0 841

×1 189

20

20

25

1:30

2

.

1
0

280

×39.6

A1 594

×841 20

20

25  1:30

2

.

1
0

19.8

×28.0

1:21.2

85

.

0
0

28.0

×39.6

A2 420

×594 10

10

25  1:21.2

85

.

0
0

19.3

×28.0

1:15

6

.

0
0

28.0

×39.6

A3 297

×420 10

10

25  1:21.2

85

.

0
0

14.0

×19.8

1:15

6

.

0
0

19.8

×28.0

A4 210

×297 10

10

25  1:15

6

.

0
0

14.0

×19.8

注(

1

)  a

×は,用紙の寸法を示す。その寸法の許容差は,寸法が 150 mm を超え 600 mm 以下の場合は±2 mm,600

mm

を超える場合は±3 mm とする。

(

2

)  c

は,以外での用紙の縁と輪郭線との間の距離。

(

3

)  d

は,図面をとじるために折り畳んだとき,表題欄の左側になる側に設ける。

(

4

)

許容差は,

4
0

%とする。

(

5

)  a

1

×b

1

は,本体 5.4.2 

表 参照。

3.3

マイクロ像の配置  マイクロ像の配置は,次による。

a

)

図面は,カメラに対して表読み[

附属書 図 2a

)

参照]となるように撮影する。

b

)

マイクロ像の配置は,本体の 5.4.2 で規定したこま内で,

附属書 図 のとおりとする。

c

)

図面は,そのマイクロ像の中心がこまの中心に対して±

0.2 mm

の範囲にあるように撮影するのがよい。


15

B 7187

:2007

              a)  表読み(おもてよみ)                              b)  裏読み(うらよみ)

附属書   2  図面の表読み及び裏読みの例

注(

6

)

マイクロ像 F は,

附属書 図 又は附属書 図 2 a)  に示す文字 F に対応し,撮影されたマイ

クロ像の向きを示す。

附属書   3  マイクロ像の配置の例

3.4

撮影順序

3.4.1

ロールフィルムの場合  ロールフィルムの場合の撮影順序は,次による。

a

)

ロールフィルムで整理する場合は,フィルム上に始め標板及び終わり標板,並びに本体の 7.4.5 a

)

に規

定する試験標板を撮影する。

b

)

ロールフィルムの始めに撮影する試験標板の縮小率は,そのフィルムで用いる図面の撮影における最


16

B 7187

:2007

低の縮小率とし,図面の撮影終了後に撮影する試験標板は,図面の撮影に用いた各縮小率で

1

回撮影

するのがよい。

c

)

図面は,図面番号順に撮影するのがよい。

3.4.2

アパーチュアカードの場合  フィルムをアパーチュアカードの形で整理するときは,図面は,その

大きさによってグループ分けして撮影するのがよい。

3.4.3

図画の関連文書の撮影  図面の関連文書(例えば,部品表,材料表,仕様書,計算書など。以下,

文書という。

)の撮影は,次による。

a

)

一こま内に複数枚の文書を撮影する場合には,

附属書 図 に示す配置及び向きとする。

b

)

文書の用紙の大ききは,

A

4

判(以下,

A4

という。

)を用いるのがよい。

  A:A4 縦長の文書 2 枚の場合

D

:A4 縦長の文書 4 枚の場合

  B:A4 横長の文書 2 枚の場合

E

:A4 縦長の文書 6 枚の場合

  C:A4 横長の文書 4 枚の場合

備考  左書き文書に適用する。図に示された数字は,ページ順を示し,フィルムの先端

は,図を見て左側とする。

附属書   4  文書の撮影(複数枚の文書をこま内に配置して撮影する場合)

4.

分割撮影方法  長手方向に延長した図面で,一こまの撮影で収まらない場合は,次の方法によって分

割撮影する。

a

)

分割撮影を行う場合,図面を回転して置く必要があるときには,逆時計回り方向に

90

°回転する[

属書 図 l b

)

参照]

b

)

分割撮影は,図面を他の分割した部分と関連付けることができるように重なる部分をもたせる。重な

る部分は,少なくとも

100 mm

とする。

c

)

分割撮影は,図面の大きさによって縮小率

1

30

又は

1

15

で行うものとし(

附属書 表 参照),分

割方法は,

附属書 図 による。

附属書   2  分割撮影の図面の大きさ

単位  mm

図面の寸法

縮小率

長さ

分割方法

                          890

未満

    1 210

以上

附属書 図 1 a) 

    890

以上  1 210 未満

            890

以上

附属書 図 1 b) 

1

:30

1 210

以上

    1 210

以上

附属書 図 1 c) 

                          440

未満

            600

以上

附属書 図 1 a) 

    440

以上     600 未満

            440

以上

附属書 図 1 b) 

1

:15

    600

以上

            600

以上

附属書 図 1 c) 

d

)

図面の分割撮影で,一こまに収める大きさ[

附属書 図 での a

)

及び b

)

]は,縮小率に応じて,

属書 表 に示す寸法を超えないものとする。


17

B 7187

:2007

附属書   3  図面の分割撮影の寸法

単位  mm

分割撮影の寸法

縮小率

幅(a

長さ(b

1

:30 890 未満 1

210

未満

1

:15 440 未満

    600

未満

5.

マイクロ像の拡大

5.1

拡大率  マイクロ像を拡大するときの拡大率及びその許容差は,次による。

1

:

9

.

14

0

6

.

0

1

:

21

0

8

.

0

1

:

9

.

29

0

2

.

1

6.

拡大した図面の大きさ  拡大した図面の大きさは,図面の用紙の大きさに応じて附属書 表 による

のがよい。

附属書   4  拡大率及び拡大した図面の大きさ

用紙の大きさの 
呼び

縮小率(

7

)

引伸し倍率(

8

)

拡大した図面の 
大きさの呼び

A0 1

:30 14.9:1 A2

21

:1 A1

29.9

:1 A0

A1 1

:30 14.9:1 A3

1

:21.2 14.9:1 A2

21

:1 A1

A2 1

:21.2 14.9:1 A3

1

:15 14.9:1 A2

A3 1

:21.2 14.9:1 A4

1

:15 14.9:1 A3

A4 1

:15 14.9:1 A4

注(

7

)

附属書 の 3.1 参照。

(

8

)

附属書 の 5.1 参照。


18

B 7187

:2007

附属書 3(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS B 7187:2007

  16 mm 及び 35 mm 銀-ゼラチン

マイクロフィルム撮影方法

ISO 3272-1:2003

図面及びその他の製図室文書のマイクロフィルム複写−第 1 部:操作手順

ISO 3272-2:1994

図面及びその他の製図室文書のマイクロフィルム複写−第 2 部:35 mm 銀ゼラチンフィルム

の品質基準及び管理

ISO 3272-4:1994

図面及びその他の製図室文書のマイクロフィルム複写−第 4 部:特殊及び例外的な長尺サイ

ズ図面のマイクロフィルム複写

ISO 6199

:2005  マイクログラフィックス−文書の 16 mm 及び 35 mm 銀-ゼラチンマイクロフィルムへのマイ

クロフィルム化−操作手順

(Ⅰ)JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異
の項目ごとの評価及びその内容

表示箇所:本体及び附属書 
表示方法:点線の下線

項目番号

内容

(

Ⅱ)国際

規格番号

項目

番号

内容

項 目 ご と の

評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS  と国際規格との技術
的差異の理由及び今後の対策

ISO 3272-1

1

技術図面などの 35 mm マイクロフィ

ルムの記録方法,及びマイクロ像の
拡大率について規定。

ISO 3272-2

1

技術図面などの 35 mm 銀-ゼラチン
マイクロフィルム撮影,拡大に関す
る品質,及び検査についての規定。

ISO 3272-4

1

特殊で長いサイズの図面をマイクロ
フィルムに撮影する方法についての

規定。

1.

適用範囲  資料の配布,交換及び保存

を目的として使用する 16

mm

及び 35 mm 銀-ゼラチ

ンマイクロフィルムの撮

影方法について規定。

ISO 6199 

1

文書を 16 mm 及び 35 mm 銀-ゼラチ
ンマイクロフィルムに撮影するため

の一般原則を規定。

MOD/

削除

MOD/

追加

MOD/

変更

JIS

は,四つの ISO 

格から,一つの JIS 
作成。

四つの ISO 規格を,規格利用者

の利便性を考え,JIS は一つの規
格とした。

JIS

として必要な事項を追加す

るとともに,ISO 規格の内容変
更及び削除を行った。

ISO

規格との技術的相違点につ

いては,今後  ISO 規格の修正提
案を含め,整合化の検討を行う。

 
 
 
 

18

B 7187


2007


19

B 7187

:2007

(Ⅰ)JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異
の項目ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体及び附属書

表示方法:点線の下線

項目番号

内容

(

Ⅱ)国際

規格番号

項目

番号

内容

項 目 ご と の

評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS  と国際規格との技術
的差異の理由及び今後の対策

ISO 446

ISO 6148

ISO 6200

ISO 10594

ISO 18906

JIS

と同じ。 IDT

JIS Z 6000

JIS Z 6008 ISO 

6196-1

-8-10

ISO 3334 

MOD/

変更

JIS

か ら の 引 用 事 項

は,対応  ISO  規格の該
当事項と同等である。

JIS Z 6009

JIS Z 8310

JIS Z 8811 

− MOD/追加

2.

引用規格

ISO 3272-1

ISO 3272-2

ISO 3272-4

ISO 6199

2

ISO 3272

(all parts)など。 MOD/削除

JIS

として必要な規格を追加し,

不要な規格を削除。

3.

定義

JIS Z 6000

によるほか,一

つの用語の定義を規定。

ISO 3272-1

ISO 3272-2

ISO 3272-4

ISO 6199

3

ISO 6196

によるほか,二つの用語

の定義を規定。

MOD/

変更

この規格として必要な
用語を規定。

4.

被写資料

の準備

撮影に先立つ,被写資料の準
備方法を規定。図面について
は,附属書 2 の 2.に規定。

ISO 6199 

4

JIS

と同じ(図面については附属書

A

に規定)

IDT

ISO 6199 

5

JIS

とほぼ同じ。

インターイメージギャップ,エッジ

マーカーについて規定。

MOD/

追加

MOD/

削除

JIS

は,縮小率におい

て,実用品位数(附属

書 1 に規定)及び撮影
解 像 力 を 追 加 し て 規
定。

実用品位数については,我が国
独自の漢字使用に必要な規定を

追加。 
撮影解像力を追加することで撮
影カメラの性能について規定。

5.

撮影方法  使用フィルム,マイクロ像の

配置及び検索コード,縮小

率,及び被写資料の最大寸法
について規定。

ISO 3272-1 6

JIS

と同じ。 IDT

6.

撮影手順  被写資料が 1 本のロールフ

ィルムを超える長さの場合
の標板及びリーダフィルム
及びトレーラフィルムの長

さについて規定。

ISO 6199 

6

JIS

と同じ。 IDT

 

19

B 7187


2007


20

B 7187

:2007

(Ⅰ)JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異
の項目ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体及び附属書

表示方法:点線の下線

項目番号

内容

(

Ⅱ)国際

規格番号

項目

番号

内容

項 目 ご と の

評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS  と国際規格との技術
的差異の理由及び今後の対策

ISO 6199 

7 .9

JIS

とほぼ同じ。 MOD/変更

JIS

は,接合について詳

細に規定。

我が国の実情に合わせて規格を
変更。

7.

撮影順序  一連の撮影順序について規

定するとともに,標板につい

て規定。図面については,附
属書 2 の 3.4 に規定。

ISO 3272-1 

ISO 3272-4

5

5

JIS

とほぼ同じ。 MOD/変更

ISO 6199

11

フィルムの保存方法及び手順,並び
にカール及びリールへの巻き方を

規定。

MOD/

追加

JIS

は,フィルムをリー

ルへ巻くときの限度,

角穴,及び丸角リール
への巻き方を規定。

リーダ,リーダプリンタでのト
ラ ブ ル 防 止 の た め に 巻 き の 限

度,角穴,及び丸角リールへの
巻き方を追加。

ISO 6199

ISO 3272-2

12

4

品質についての,一般要求事項,抹
消,欠陥,カール,保護膜塗布,及
び濃度について規定。

MOD/

変更

JIS

は,漢字を含む図面

の 背 景 濃 度 の 値 を 変
更。

我が国独自の漢字使用に必要な
規格を追加。

8.

処理,品

質及び保存

方法

フィルムの処理,品質,保存
方法及び手順,抹消,カール,

保護膜塗布,濃度,平床式カ
メラによる可読性並びにフ
ィルムのリールへの巻き方

を規定。

ISO 6199

Annex B

5

B4

フィルムの可読性を解像力と被写
資料の最小“e”の高さとの積で規
定。

MOD/

追加

JIS

は,縮小率及び第三

世代までのフィルムの
組合せで可読性の最低

値を個別に規定。

我が国独自の漢字使用に必要な
規格を追加。

9.

図面のマ

イクロ像の
拡大

拡大率及び拡大した図面の

大きさを附属書 2 の 5.に規
定。

ISO 3272-1 7

JIS

と同じ。 IDT

10.

日 常 使

用するマイ
クロフォー

第 2 世代又はこれより後代
の複製を使用するのが,望ま
しい。

− MOD/追加

JIS

は,保存のためと使

用のためのマイクロフ
ィルムとの使い分けを

推奨。

マイクロフィルムのより安全な
保存のため規格を追加。

11.

照合

撮影済み資料は,すべての検

査が終了するまで保存する
こと。

ISO 6199 

12

JIS

と同じ。 IDT

 
 

20

B 7187


2007


21

B 7187

:2007

(Ⅰ)JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(Ⅳ)JIS  と国際規格との技術的差異
の項目ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体及び附属書

表示方法:点線の下線

項目番号

内容

(

Ⅱ)国際

規格番号

項目

番号

内容

項 目 ご と の

評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS  と国際規格との技術
的差異の理由及び今後の対策

附属書 1 
(規定)

マイクロフォームの実用
品位数

ISO 6199

Annex B

B4

JIS

とほぼ同じ。 MOD/追加

JIS

は,適切な縮小率を

実用品位数と撮影解像

力とから選択すること
を規定。

我が国独自の漢字使用に必要な
規格を追加。

附属書 2 
(規定)

図面用マイクロフィルム
の撮影方法

ISO 3272-1

ISO 3272-4

5

5

JIS

とほぼ同じ。 MOD/追加

MOD/

削除

JIS

は,図面をカメラに

対して表読みとなるよ
う 撮 影 す る こ と を 規

定。

JIS

として必要な規格を追加し,

不要な規格を削除。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

―  IDT  技術的差異がない。 
―  MOD/削除  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

―  MOD/追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
―  MOD/変更  国際規格の規定内容を変更している。

2.  JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

―  MOD  国際規格を修正している。

21

B 7187


2007