>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

B 7186:2013  

(1) 

まえがき 

この追補は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS B 7186:1997は改正され,一部が置き換えられた。 

 

 


 

 

  

日本工業規格 

      JIS 

 

B 7186:2013 

 

マイクロフィルムリーダ及び 

マイクロフィルムリーダプリンタ 

(追補1) 

Readers and reader-printers for transparent microforms 

(Amendment 1) 

 

JIS B 7186:1997を,次のように改正する。 

 

 

2.(引用規格)を,次に置き換える。 

JIS B 0139 複写機・複合機−図記号 

JIS C 1302 絶縁抵抗計 

JIS C 1509-1 電気音響−サウンドレベルメータ(騒音計)−第1部:仕様 

JIS C 1509-2 電気音響−サウンドレベルメータ(騒音計)−第2部:型式評価試験 

JIS C 6950-1 情報技術機器−安全性−第1部:一般要求事項 

JIS P 0138 紙加工仕上寸法 

JIS Z 6000 マイクログラフィックス用語 

JIS Z 6001 A6判マイクロフィッシュ 

JIS Z 6008 マイクロ写真用解像力試験図票とその用法 

ISO 216 Writing paper and certain classes of printed matter−Trimmed sizes−A and B series, and indication 

of machine direction 

ISO 3272-1 Microfilming of technical drawings and other drawing office documents−Part 1: Operating 

procedures 

ISO 3272-3 Microfilming of technical drawings and other drawing office documents−Part 3: Aperture card 

for 35 mm microfilm 

ISO 6199 Micrographics−Microfilming of documents on 16 mm and 35 mm silver-gelatin type microfilm−

Operating procedures 

ISO 7761 Micrographics−Single-core cartridge for 16 mm processed microfilm−Dimensions and 

operational constraints  

IEC 60417 Graphical symbols for use on equipment 

 

4.(リーダ部の性能)の4.6(マイクロフォームとの適合性)のb)の“ISO 9923”を,“JIS Z 6001”に置き

換える。 


B 7186:2013  

  

4.(リーダ部の性能)の4.6(マイクロフォームとの適合性)のc)の“ISO/DIS 3272-3”を,“ISO 3272-3”

に置き換える。 

 

4.(リーダ部の性能)の4.6(マイクロフォームとの適合性)のd)の“ISO 1116,ISO/DIS 7761及びISO/DIS 

7762で規定されるリール,カートリッジ又はカセット”を,“リール又はISO 7761で規定されるカートリ

ッジ若しくはカセット”に置き換える。 

 

4.(リーダ部の性能)の4.9.2(操作上の表示)のa)の“JIS B 0139及びIEC 417H”を,“JIS B 0139及び

IEC 60417”に置き換える。 

 

5.(プリンタ部の性能)の5.2.2(操作上の表示)のf)の“IEC 417H”を,“IEC 60417”に置き換える。 

 

6.(その他の共通する性能及び操作等)の6.2(安全性)のa)の“IEC 950の4.1”を,“JIS C 6950-1の4.1”

に置き換える。 

 

6.(その他の共通する性能及び操作等)の6.2(安全性)のb)の“IEC 950の4.4”を,“JIS C 6950-1の4.7”

に置き換える。 

 

6.(その他の共通する性能及び操作等)の6.2(安全性)のc)の“IEC 950の4.2”を,“JIS C 6950-1の4.2”

に置き換える。 

 

6.(その他の共通する性能及び操作等)の6.2(安全性)のd)の“IEC 950の4.1”を,“JIS C 6950-1の4.4”

に置き換える。 

 

6.(その他の共通する性能及び操作等)の6.2(安全性)のe)の“IEC 950の2.”を,“JIS C 6950-1の箇条

2”に置き換える。 

 

7.(試験方法)の7.11(騒音試験)の“JIS C 1502”を,“JIS C 1509-1及びJIS C 1509-2”に置き換える。 

 

7.(試験方法)の7.12(絶縁抵抗試験)の“JIS C 1302又はJIS C 1303”を,“JIS C 1302”に置き換える。