>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 7139-1:2008

(1)

目  次

ページ

序文

1

1  適用範囲

1

2  引用規格

1

3  用語及び定義

2

4  性能

2

4.1  光学性能及び機械性能

2

4.2  使用条件,保管条件及び輸送条件

2

4.3  安全性

2

5  試験方法

2

5.1  光学性能及び機械性能の試験

2

5.2  使用条件,保管条件及び輸送条件に関する環境試験

2

5.3  安全性試験

2

6  仕様項目

2

7  附属文書

3

8  表示

3

附属書 JA(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

6

 


 
B 7139-1:2008

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本顕微鏡工業会(JMMA)及び財団法人日本

規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調査

会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

これによって,JIS B 7139:1997 は廃止され,その一部を分割して制定したこの規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。

JIS B 7139 の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

B

7139-1  第 1 部:一般要求事項

JIS

B

7139-2  第 2 部:試験

JIS

B

7139-3  第 3 部:仕様項目

JIS

B

7139-4  第 4 部:表示


日本工業規格

JIS

 B

7139-1

:2008

双眼実体顕微鏡−第 1 部:一般要求事項

Stereomicroscopes Part 1: Minimum requirements for stereomicroscopes

序文

この規格は,2006 年に第 2 版として発行された ISO 11884-1 及び 2007 年に第 2 版として発行された ISO 

11884-2 を基に作成した日本工業規格であるが,JIS B 7139:1997 との整合及び使用者の便宜を図るため,

二つの対応国際規格を一つの規格にまとめ,類似する項目は統合するなど技術的内容を変更して作成した

日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

1

適用範囲

この規格は,左右の独立した結像光学系をもち,立体視観察ができる双眼実体顕微鏡(以下,実体顕微

鏡という。

)について規定する。ただし,手術用顕微鏡には適用しない。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 11884-1:2006,Optics and photonics−Minimum requirements for stereomicroscopes−Part 1:

Stereomicroscopes for general use

ISO 11884-2:2007,Optics and photonics−Minimum requirements for stereomicroscopes−Part 2: High

performance microscopes

(全体評価:MOD)

なお,対応の程度を表す記号(MOD)は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,修正していることを示

す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 7139-2  双眼実体顕微鏡−第 2 部:試験

注記  対応国際規格:ISO 15227,Optics and optical instruments−Microscopes−Testing of

stereomicroscopes (MOD)

JIS B 7139-3  双眼実体顕微鏡−第 3 部:仕様項目

注記  対応国際規格:ISO 15362,Optics and optical instruments−Stereomicroscopes−Information

provided to the user (IDT)

JIS B 7139-4  双眼実体顕微鏡−第 4 部:表示

注記  対応国際規格:ISO 11883,Optics and optical instruments−Microscopes−Marking of



B 7139-1:2008

stereomicroscopes (MOD)

JIS C 1010-1  測定,制御及び研究室用電気機器の安全性−第 1 部:一般要求事項

注記  対応国際規格:IEC 61010-1,Safety requirements for electrical equipment for measurement, control,

and laboratory use−Part 1: General requirements (MOD)

JIS Z 8120  光学用語

JIS Z 8720  測色用標準イルミナント(標準の光)及び標準光源

注記  対応国際規格:ISO/CIE 10526:1999,CIE standard illuminants for colorimetry (MOD)

ISO 9022-2,Optics and optical instruments−Environmental test methods−Part 2: Cold, heat and humidity

ISO 9022-3,Optics and optical instruments−Environmental test methods−Part 3: Mechanical stress

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS Z 8120 による。

4

性能

4.1

光学性能及び機械性能

実体顕微鏡の等級を光学性能及び機械性能によって分類し,高性能実体顕微鏡を 1 級,一般用実体顕微

鏡を 2 級とし,5.1 によって試験を行い,左右の接眼レンズの光軸が平行な実体顕微鏡は

表 1,平行でない

実体顕微鏡は

表 に示す性能を満足しなければならない。

4.2

使用条件,保管条件及び輸送条件

実体顕微鏡の使用,保管及び輸送は,5.2 によって試験を行い,次の条件を満足しなければならない。

a)  使用条件  実体顕微鏡は表 に規定する使用条件において,表 又は表 に規定する性能を満足しな

ければならない。

b)  保管条件  実体顕微鏡は表 に規定する使用条件においても,a)  を満足しなければならない。 
c)  輸送条件  実体顕微鏡は輸送用のこん包状態で,表 に規定する使用条件においても,a)  を満足しな

ければならない。

4.3

安全性

実体顕微鏡の安全性は,5.3 によって試験を行い,JIS C 1010-1 を満足しなければならない。

5

試験方法

5.1

光学性能及び機械性能の試験

実体顕微鏡の光学性能及び機械性能の試験は,JIS B 7139-2 によって行う。

5.2

使用条件,保管条件及び輸送条件に関する環境試験

実体顕微鏡の使用,保管及び輸送に関する環境試験は,

表 に規定する条件で,ISO 9022-2 及び ISO 

9022-3 の試験方法によって行う。

5.3

安全性試験

実体顕微鏡の安全性の試験は,JIS C 1010-1 に規定する試験方法によって行う。

6

仕様項目

使用者に提供すべき仕様項目の情報は,JIS B 7139-3 の規定による。


3

B 7139-1:2008

7

附属文書

実体顕微鏡には使用,清掃及び保管に必要な指示を記載した文書を添付する。

8

表示

実体顕微鏡の表示は,JIS B 7139-4 の規定による。

表 1−左右の接眼レンズの光軸が平行な実体顕微鏡の光学性能及び機械性能

項目

1 級

2 級

総合倍率

±7.5  %

±10  %

左右等倍差 1.5

%以下 2

%以下

上下方向 15′以下 20′以下

内方 45′以下 45′以下

左右光軸のずれ

a)

左右方向

外方 10′以下 10′以下

上下方向 0.2

mm 以下 0.2

mm 以下

内方 0.4

mm 以下 0.4

mm 以下

左右視野中心のずれ

b)

左右方向

外方 0

0

変倍による物体側焦点のずれ

c)

 3

D

F

以下

変倍による像面の横ずれ

d)

 0.4

mm 以下 0.4

mm 以下

左右同焦差

c)

 1.5

D

F

以下 1.5

D

F

以下

最高倍率での解像力

e)

(本/mm) 2

500

NA 以上 2

000

NA 以上

左右像の回転差

2°以下

3°以下

左右接眼レンズの突出差 
(視度目盛 0 m

1

位置)

1.5 mm 以下 1.5

mm 以下

眼幅調整の最小範囲 55

mm∼75 mm

55 mm∼75 mm

視度目盛 0 m

1

位置の調整誤差

±0.25 m

1

接眼光学系

視度調整の最小範囲

+5 m

1

∼−5 m

1

a)

 10×接眼レンズを視度目盛 0 m

1

に調整して測定する。

b)

  試験する実体顕微鏡の像面で測定する。

c)

  物体側焦点深度 D

F

は,次の式で求める。

NA

M

NA

λ

D

×

×

×

VIS

TOT

2

F

7

1

2

(mm)

ここに,

λ

:波長(0.000 55 mm)

NA:開口数

M

TOT VIS

:総合倍率

d

)

  中心物体のずれは,一次像面で直径 0.4 mm の円内に入っていなければならない。

e

)

  JIS Z 8720 に従って,標準光源 A で測定する。

 



B 7139-1:2008

表 2−左右の接眼レンズの光軸が平行でない実体顕微鏡の光学性能及び機械性能

項目

1 級

2 級

総合倍率

±7.5  %

±10  %

左右等倍差 1.5

%以下 2

%以下

左右光軸のずれ

a

)

上下方向 15′以下 20′以下

上下方向 0.2

mm 以下 0.2

mm 以下

内方 0.4

mm 以下 0.4

mm 以下

左右視野中心のずれ

b

)

左右方向

外方 0.4

mm 以下 0.4

mm 以下

変倍による物体側焦点のずれ

c

)

 3

D

F

以下

変倍による像面の横ずれ

d

)

 0.4

mm 以下 0.4

mm 以下

左右同焦差

c

)

 1.5

D

F

以下 1.5

D

F

以下

最高倍率での解像力

e

)

(本/mm) 2

500

NA 以上 2

000

NA 以上

左右像の回転差

2°以下

3°以下

左右接眼レンズの突出差 
(視度目盛 0 m

1

位置)

1.5 mm 以下 1.5

mm 以下

眼幅調整の最小範囲 55

mm∼75 mm

55 mm∼75 mm

視度目盛 0 m

1

位置の調整誤差

±0.25 m

1

接眼光学系

視度調整の最小範囲

+5 m

1

∼−5 m

1

注記  表 の注

a

)

e

)

  を参照。

表 3−使用条件

項目

条件

温度 10

℃∼40  ℃

相対湿度 85

%以下

衝撃 10

ɡ

(時間 6 ms)

表 4−保管条件

項目

条件

温度

−10  ℃∼55  ℃

相対湿度 95

%以下

表 5−輸送条件

項目

条件

温度

−40  ℃∼70  ℃

相対湿度 100

%以下

正弦波振動 10

Hz∼500 Hz(0.5

ɡ

衝撃 30

ɡ

(時間 6 ms)

繰返し衝撃 10

ɡ

(時間 6 ms)


5

B 7139-1:2008

表 6−環境試験

試験

条件

1 級

2 級

該当規格

方法条件

ISO 9022-11-01-2

10  ℃±2  ℃ 16 h

ISO 9022-11-02-2

40  ℃±2  ℃ 16 h

乾熱

使用条件

ISO 9022-12-01-2

40  ℃±2  ℃ 90 %∼95  %  RH 24 h

ISO 9022-2 

湿熱

ISO 9022-10-02-1

−10  ℃±3  ℃ 16 h

低温

ISO 9022-11-03-1

55  ℃±2  ℃ 16 h

乾熱

保管条件

ISO 9022-12-01-1

40  ℃±2  ℃ 90 %∼95  % RH 24 h

ISO 9022-2 

湿熱

ISO 9022-10-08-0

−40  ℃±3  ℃ 16 h

ISO 9022-10-05-0

−25  ℃±3  ℃ 16 h

低温

ISO 9022-11-04-0

63  ℃±2  ℃ 16 h

ISO 9022-11-05-0

70  ℃±2  ℃ 6 h

乾熱

ISO 9022-16-01-0

23  ℃±2  ℃ 80 %∼85  %  RH    5 サイクル
40  ℃±2  ℃ 90 %∼95  %  RH    5 サイクル

ISO 9022-2 

湿熱(周期的)

ISO 9022-30-03-0

30

ɡ

 6 ms

衝撃

ISO 9022-31-01-0

10

ɡ

 6 ms  1 000 回

繰返し衝撃

輸送条件

ISO 9022-36-02-0

1

ɡ

 10 Hz∼2 000 Hz    2 サイクル

ISO 9022-3 

正弦波振動

注記  試験“ISO 9022-xx-yy-z”の記号の意味は,次による。

xx:方法条件  yy:厳しさの程度  z:機器の作動状態

      方法条件“xx”を表す数字の意味は,次による。

10:低温  11:乾熱  12:湿熱  16:湿熱(周期的) 
30:機械的応力−衝撃  31:機械的応力−繰返し衝撃  36:機械的応力−正弦波振動

      厳しさの程度“yy”は,ISO 9022 の各部に示す。 
      機器の作動状態“z”の数値の意味は,次による。

0:製造業者によって供給された正常な輸送及び/又は保管容器に入れられた供試品 
1:電源には接続しないが,作動状態で覆いのない供試品 
2:関連規定に規定されたように試験中作動状態の供試品


6

B 7139-

1

20

08

6

B 7139-

1

20

08

附属書 JA

参考)

JIS と対応する国際規格との対比表

JIS B 7139-1:2008  双眼実体顕微鏡−第 1 部:一般要求事項

ISO 11884-1:2006,Optics and photonics−Minimum requirements for stereomicroscopes
−Part 1: Stereomicroscopes for general use 
ISO 11884-2:2007,Optics and photonics−Minimum requirements for stereomicroscopes
−Part 2: High performance microscopes

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇条番号 
及び名称

内容

( Ⅱ) 国 際 規
格番号

箇条
番号

内容

箇条ごと
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異の
理由及び今後の対策

ISO 11884-1

1

一 般 用 双 眼 実 体 顕 微 鏡
の最低要件を規定する。

1  適用範囲

双 眼 実 体 顕 微 鏡
に つ い て 規 定 す
る。ただし,手術

用 顕 微 鏡 に は 適
用しない。

ISO 11884-2

1

高 性 能 双 眼 実 体 顕 微 鏡
の最低要件を規定する。
ただし,手術用顕微鏡に

は適用しない。

削除

両 ISO 規格の適用範囲を統合
し,手術用顕微鏡には適用しな
いと明記した。

手術用顕微鏡は,JIS T 7317 で制定し
ている。

2  引用規格

3  用語及び
定義

ISO 11884-1
ISO 11884-2

3

変更

ISO 10934-1 を JIS Z 8120 光学
用語に置き換えた。

技術的差異はない。

ISO 11884-1

4

表 1 で一般用実体顕微鏡
の要求性能を規定

4  性能

光 学 性 能 及 び 機
械性能

ISO 11884-2

4

表 1 で高性能実体顕微鏡
の要求性能を規定

削除 
 
 
 
 
 
 
変更

一般用及び高性能実体顕微鏡
をそれぞれ 2 級,1 級として表
にまとめた。また接眼レンズの

光軸が平行,平行でないで区分
し,更に一部項目を削除して,
それぞれ表 1,表 2 とした。 
 
表 3,4,5(両 ISO 規格の表 2,
3,4)から Atmospheric pressure
(大気圧)の項を削除した。

5  試験方法

ISO 11884-1
ISO 11884-2

5

変更

表 6(両 ISO 規格では表 5)の

点線下線部を変更した。

JIS B 7139:1997 に合わせた。 
削除した項目は次のとおり。

・接眼レンズの光軸が平行でない場合

  の左右光軸のずれの左右方向(内方 
  及び外方)

・接眼レンズの光軸が平行でない場合

  の一次像の左右方向のずれ 
実体顕微鏡の性能に大気圧の条件は
不要であり,表 6 にもこの項目はな

い。また,表 6 の点線下線部は,ISO
規格の記述誤りと思われる。今後,修
正を申し出る。


7

B 7139-

1

20

08

7

B 7139-

1

20

08

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇条番号 
及び名称

内容

( Ⅱ) 国 際 規
格番号

箇条
番号

内容

箇条ごと
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異の
理由及び今後の対策

6  仕様項目

追加

JIS B 7139-3 の仕様項目を追加
した。

技術的差異はない。

JIS と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 11884-1:2006,ISO 11884-2:2007,MOD

 
注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。 

−  削除 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

−  追加 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

−  変更 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。 

−  MOD  国際規格を修正している。