>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

7103

-1975

カメラの三脚取付部

Tripod Connections for Cameras

1.

適用範囲  この規格は,カメラの三脚取付部(以下,取付部という。)について規定する。

引用規格: 

JIS B 0206

  ユニファイ並目ねじ

JIS B 0210

  ユニファイ並目ねじの許容限界寸法及び公差

2.

形状・寸法  取付部の形状及び寸法は,次の図及び表による。


2

B 7103-1975

単位 mm

おねじ

めねじ

呼び

ねじ山数

25.4mm

につき

n

ピッチ

P

外径

d

有効径

d

2

谷の径

d

1

谷の径

D

有効径

D

2

内径

D

1

基 準 寸 法

6.350

5.525 4.975

6.350  5.525

4.975

最大許容寸法

6.322

5.497 4.763

規定しない 5.820 5.267

最小許容寸法

6.012

5.355

規定しない

6.460 5.635

4.975

4

1

20 1.270

0.310

0.142

− 0.185

0.292

基 準 寸 法

9.525

8.494 7.806

9.525  8.494

7.806

最大許容寸法

9.492

8.461 7.544

規定しない 8.860 8.163

最小許容寸法

9.132

8.295

規定しない

9.675 8.644

7.806

8

3

16 1.588

0.360

0.166

− 0.216

0.357

備考1.  特に必要な場合を除き,一般には呼び

4

1

のねじを用いることが望ましい。

2.

ねじの基準山形(

図の太線)及び基準寸法は,JIS B 0206(ユニファイ並目ねじ)による。

3.

公差は,おおよそ JIS B 0210(ユニファイ並目ねじの許容限界寸法及び公差)の 1A,1B によっているが,

国際的互換性を考慮して,めねじ有効径の最大,最小の許容寸法を大きくし,めねじの谷の径の最小許容
寸法も有効径に準じて規定してある。