>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

7097

-1986

ISO

色特性指数 (ISO/CCI) による

写真撮影用レンズの色特性の表し方

Determination of ISO Colour Contribution Index

(ISO/CCI) of Camera Lenses

1.

適用範囲  この規格は,ISO 色特性指数 (ISO/CCI)  による写真撮影用レンズ(以下,レンズという。)

の色特性の表し方について規定する。

引用規格:

JIS Z 8105

  色に関する用語

JIS Z 8113

  照明用語

JIS Z 8120

  光学用語

JIS Z 8720

  測色用の標準の光及び標準光源

対応国際規格:

ISO 6728

  Photography−Camera lenses−Determination of ISO colour contribution index

(ISO/CCI)

2.

用語の意味  この規格で用いる主な用語の意味は,JIS Z 8105(色に関する用語),JIS Z 8113(照明

用語)

JIS Z 8120(光学用語)及び JIS Z 8720(測色用の標準の光及び標準光源)によるほか,次による。

(1)

色特性指数  あるレンズを使用して撮影したカラー写真の色が,そのレンズを使用したことによって,

撮影系にレンズがないときのカラー写真の色に比べてどの程度変化するかを予測するための指数。青,

緑,赤の 3 色によって決められる 3 個一組の数値で示す。

(2)  ISO

色特性指数  この規格に定める方法によって算出した色特性指数。

記号:ISO/CCI

(3)

写真レスポンス  レンズを通った放射束に対する写真フィルム(以下,フィルムという。)の応答であ

り,次の式で表す。

=

2

1

)

(

)

(

)

(

λ

λ

λ

λ

λ

τ

λ

λ

d

s

S

R

ここに,

R: 写真レスポンス

S

λ

 (

λ)  : 放射束の分光分布

τ

 (

λ)  : レンズの光軸上での分光透過率

(

λ)  : フィルムの分光感度

λ: 波長

λ

1

λ

2

フィルムが感度をもつ波長範囲


2

B 7097-1986

(4)

  ISO

標準カメラレンズ  国際標準化機構  (ISO)  が定めた相対分光透過率[記号:

τ

  (

λ)]をもつ仮想

のカメラレンズ(

付表 参照)。

(5)

平均カラーフィルム(ISO 色特性指数計算用)  その相対分光感度が,数種類の昼光用カラーフィル

ムの相対分光感度の平均値になっている仮想のカラーフィルム(

付表 参照)。

(6)

写真昼光  相関色温度約 5 500K の昼光。太陽が地平線上約 40 度の高度(カラー写真撮影に推奨され

ている時間帯での温帯における平均太陽高度)

にあるときの昼光の分光分布に相当する

付表 参照)。

記号:D

55

(7)

フィルムの分光感度  単色光に対するフィルムの感度。所定の現像処理をしたフィルムの画像の写真

濃度が特定の値になるのに必要な,波長ごとの放射エネルギーの逆数で表す。

(8)

重み付き分光感度(ISO 色特性指数計算用)  写真昼光に対してカラーフィルムを構成している主と

して青の光に感じる感光層(青感層)

,主として緑の光に感じる感光層(緑感層)及び主として赤の光

に感じる感光層(赤感層)の写真レスポンスが,ISO 色特性指数  (ISO/CCI)  の計算においてそれぞれ

等しい値になるように定めた青感層,緑感層及び赤感層の分光感度(

付表 参照)。

3.

ISO

色特性指数の求め方

3.1

原理  レンズの ISO 色特性指数は,そのレンズの分光透過率と写真昼光の分光分布とを用いて計算

した,平均カラーフィルムの青感層,緑感層,赤感層の各層の写真レスポンスから求める。

3.2

レンズの分光透過率  レンズの分光透過率は,附属書に定める方法によって求める。

3.3

計算の手順  ISO 色特性指数の計算手順は,次による。

(1)

次の式(2)によって,平均カラーフィルムの青感層の写真レスポンスを算出する。

=

2

1

)

(

)

(

)

(

55

λ

λ

λ

λ

τ

λ

λ

B

B

d

s

D

K

R

B

  (1)

=

2

1

)

(

)

(

λ

λ

λ

τ

λ

λ

B

d

W

  (2)

ただし,

W

B

(

λ)  =K

B

D

55

(

λ)

B

  (

λ)

ここに,

K

B

τ

 (

λ)  ≡1(

1

)

のとき R

B

=100 とするための定数

(

1

)

撮影系にレンズがない状態を意味する。

D

55

(

λ): 写真昼光の分光分布

τ

 (

λ): ISO 色特性指数を求めるレンズの光軸上での分光透過率  (

2

)

(

2

)

相対値でよい。

B

(

λ)  : 平均カラーフィルムの青感層の相対分光感度

W

B

(

λ)  : 平均カラーフィルムの青感層の重み付き分光感度

λ

1

λ

2

平均カラーフィルムの青感層が感度をもつ波長範囲 

実際の計算では R

B

は,次の式(3)によって波長間隔 10nm ごとの W

B

(

λ)  及びτ (λ)  の離散的な

値を用いて算出する。

R

B

=∑W

B

(

λ) τ (λ)  (3)

(2)

同様にして,平均カラーフィルムの,緑感層の写真レスポンス R

G

と,赤感層の写真レスポンス R

R

を算出する。

(3)

  R

B

R

G

及び R

R

の常用対数を小数点以下 2 けたまで求める。

(4)

 log

10

R

B

,log

10

R

G

及び log

10

R

R

のそれぞれの値から,log

10

R

i

R

i

は R

B

R

G

R

R

のいずれか)の最小値 (log

10

R

i

)

min

を減じて最小値を 0 にする。


3

B 7097-1986

(5)

 log

10

R

B

− (log

10

R

i

)

min

,log

10

R

G

− (log

10

R

i

)

min

及び log

10

R

R

− (log

10

R

i

)

min

を 100 倍する。

(6)

  (5)

で算出した値をそれぞれ B,G,R としたとき,ISO 色特性指数は,次の形式で示す。

ISO/CCI

  B/G/R

備考1.  ISO 標準カメラレンズについての計算例を付表5に示す。

2.

ISO

色特性指数の推奨値と推奨許容差,三線座標を用いた推奨許容域及び三線座標への記入

方法を

参考に示す。


4

B 7097-1986

付表 1  ISO 標準カメラレンズの相対分光透過率

波長

nm

相対分光
透過率(

3

)

τ

  (

λ)

350 0.00

360 0.07

370 0.23

380 0.42

390 0.60

400 0.74

410 0.83

420 0.88

430 0.91

440 0.94

450 0.95

460 0.97

470 0.98

480 0.98

490 0.99

500 0.99

510 1.00

520 1.00

530 1.00

540 1.00

550 1.00

560 1.00

570 1.00

580 1.00

590 0.99

600 0.99

610 0.99

620 0.98

630 0.98

640 0.97

650 0.97

660 0.96

670 0.95

680 0.94

690 0.94

(

3

)

最大値を1.00に
基 準 化 し て 定

めた値である。

付表 2  平均カラーフィルムの相対分光感度

波長

nm

青感層の相対

分光感度(

4

)

B

  (

λ)

緑感層の相対

分光感度(

4

)

B

  (

λ)

赤感層の相対

分光感度(

4

)

B

  (

λ)

350

  2

360

  5

370

12

380

26

390

 49

  1

400

 71

  1

410

 87

  1

420

 97

  1

430

100

  1

440

 87

  1

450

 80

  1

460

 68

  1

470

 47

  2

480

 25

  3

490

 11

  6

500

    4

    9

510

  3

 14

520

  1

 20

530

 31

  1

540

 60

  1

550

100

  2

560

 51

  3

570

 54

  5

580

 39

  7

590

 11

 12

600

  2

 19

610

26

620

34

630

54

640

83

650

100

660

70

670

17

680

  2

(

4

)

最大値を100に基準化して定めた値である。


付表 3  写真昼光の分光分布

波長

nm

写真昼光の
分光分布(

5

)

D

55

(

λ)

350

28

360

31

370

34

380

33

390

38

400

61

410

69

420

72

430

68

440

86

450

98

460 100

470 100

480 103

490

98

500 101

510 101

520 100

530 104

540 102

550 103

560 100

570

97

580

98

590

91

600

94

610

95

620

94

630

90

640

92

650

89

660

90

670

94

680

90

690

80

(

5

) 560nm

の値

を 100 に 基
準化して定
めた値であ

る。

付表 4  重み付き分光感度

波長

nm

青感層の重み
付き分光感度

W

B

(

λ)

緑感層の重み
付き分光感度

W

G

(

λ)

赤感層の重み
付き分光感度

W

R

(

λ)

370

1

380

1

390

3

400

7

410 10

420 12

430 12

440 13

450 13

460 12

470

 8

 1

480

 4

 1

490

 2

 1

500

 1

 2

510

 1

 4

520

5

530

8

540

15

550

25

1

560

13

1

570

13

1

580

 9

 2

590

 2

 3

600

 1

 4

610

6

620

8

630

12

640

19

650

22

660

16

670

4

680

1


6

B 7097-1986

付表 5  ISO 標準カメラレンズについての ISO 色特性指数の計算例

波長

nm

ISO

標準カメラ

レンズの相対分

光透過率(

3

)

τ

  (

λ)

W

B

(

λ)

W

B

(

λ)

τ

  (

λ)

W

G

(

λ)

W

G

(

λ)

τ

  (

λ)

W

R

(

λ)

W

R

(

λ)

τ

  (

λ)

350

0.00

 

360

0.07

 

370

0.23

 1

 0.23

380

0.42

 1

 0.42

390

0.60

 3

 1.80

400

0.74

 7

 5.18

410

0.83

10

8.30

420

0.88

12

10.56

430

0.91

12

10.92

440

0.94

13

12.22

450

0.95

13

12.35

460

0.97

12

11.64

470

0.98

 8

 7.84

 1

 0.98

480

0.98

 4

 3.92

 1

 0.98

490

0.99

 2

 1.98

 1

 0.99

500

0.99

 1

 0.99

 2

 1.98

510

1.00

 1

 1.00

 4

 4.00

520

1.00

 5

 5.00

530

1.00

 8

 8.00

540 1.00

15

15.00

550

1.00

25 25.00

1

1.00

560

1.00

13 13.00

1

1.00

570

1.00

13 13.00

1

1.00

580

1.00

 9

 9.00

 2

 2.00

590

0.99

 2

 1.98

 3

 2.97

600

0.99

 1

 0.99

 4

 3.96

610

0.99

    6

5.94

620

0.98

    8

7.84

630

0.98

 

12

11.76

640

0.97

 

19

18.43

650

0.97

 

22

21.34

660

0.96

 

16

15.36

670

0.95

    4

3.80

680

0.94

    1

0.94

ΣW

i

(

λ)

τ

  (

λ) (

6

)

89.35

99.90  97.34

log

10

[

ΣW

(

λ)

τ

  (

λ)]

1.95 

2.00 

1.99

それぞれの値から 1.95 を減ずる。

0.00 

0.05 

0.04

それぞれの値を 100 倍する。

            0

            5

            4

ISO

色特性指数

ISO/CCI 0

/ 5 / 4

(

6

)  W

i

(

λ)  は,W

B

(

λ)  ,W

G

(

λ)  及び W

R

(

λ)  のいずれかである。


7

B 7097-1986

参考  ISO 色特性指数の推奨値,推奨許容差,三線座標を用いた 

推奨許容域及び三線座標への記入方法

1.

推奨値及び推奨許容差  ISO 標準カメラレンズの ISO 色特性指数の値は,0/5/4 である。レンズ製造業

者は,この値を目標値とすることが望ましい。レンズの ISO 色特性指数の B,G,R のそれぞれの値は,

下記の範囲内にあることが望ましい。

B : 0

3

4

+

G : 5

0
2

R : 4

1

2

+

2.

三線座標を用いた推奨許容域  参考図の破線で示した六角形(辺を含む。)の内部とする。

3.

三線座標への記入方法  最初に B の数値だけ原点から青の向きに進む。次にその点から G の数値だけ

緑の軸に平行に緑の向きに進む。最後にその位置から R の数値だけ赤の軸に平行に赤の向きに進む。ISO

色特性指数が 0/7/5 のレンズの例を

参考図に示す。

参考図 


8

B 7097-1986

附属書  ISO 色特性指数を求めるための写真撮影用レンズの 

分光透過率の測定方法

1.

適用範囲  この附属書は,ISO 色特性指数を求めるための,写真撮影用レンズ(以下,レンズという。)

の分光透過率の測定方法を規定する。

2.

用語の意味  この附属書で用いる主な用語の意味は,次のとおりとする。

分光透過率  進行方向に垂直な断面の中心がレンズの光軸に一致する単色平行光線束を,レンズの物体

側からレンズの光軸に平行に入射させたとき,レンズを透過した放射束と,それに対応する入射放射束と

の比を波長の関数として示した値で,次の式(1)によって求めるもの。

λ

λ

τ

φ

φ

λ

τ

,

,

)

(

i

=

   (1)

ここに,

τ

 (

λ)  : 分光透過率

φ

τλ

レンズを透過した波長

λの放射束

φ

i, 

λ

φ

τλ

に対応する波長の入射放射束

3.

測定装着

3.1

光学系  光学系は,附属書図 1(a)又は(b)に示すものを用いる。

3.2

光源  光源は,原則として白熱電球とし,時間的に安定な,波長 360nm 以上 680nm 以下の放射束を

放射するものとする。

3.3

モノクロメーター  モノクロメーターは,原則としてダブルモノクロメーターとする。プリズム形,

回折格子形のいずれを用いてもよいが,回折格子形の場合は,高次の回折光による誤差が生じないように

配慮しなければならない。波長範囲は,360nm 以上 680nm 以下とする。波長幅及び波長間隔は,それぞれ

10nm

以下で可変とする。

3.4

コリメーター  コリメーターには,アポクロマート又は軸外し放物面鏡を用いる。その焦点距離は,

モノクロメーターの射出スリットの長さの 100 倍以上であることが望ましい。アポクロマートは,波長

360nm

以上 680nm 以下のどの単色光に対する焦点距離も等しいことが望ましい。また,空気と接するレン

ズ面には,上記の波長範囲の放射束の反射ができるだけ少なくなるようなコーティングをすることが望ま

しい。

3.5

開口絞り  開口絞りには,開口の形が円形でその直径が可変のものを用いる。絞りの表面には,反

射率の低い黒色つや消し塗装を施す。

3.6

積分球  積分球には,その半径が,原則として被測定レンズの焦点距離より小さく,かつ被測定レ

ンズの入射ひとみの直径の

2

1

より大きいものを用いる。積分球の開口の直径は,入射ひとみの直径の

2

1

より

大きくなければならない。内部には,分光反射率が波長 360nm 以上 680nm 以下の範囲でなるべく一定で,

均等拡散性の塗装を施す。

3.7

測光器  測光器は,波長 360nm 以上 680nm 以下の放射束に対して十分に応答しなければならない。

積分球に取り付けるときは,測光器の受光部の表面を積分球の内壁面と一致させなければならない。受光

部の表面積は,なるべく小さく,受光部の表面の反射指向特性及び分光特性は,積分球の内壁面の特性に

近くなければならない。測光器の応答の直線性からの外れは,0.1%以下とする。


9

B 7097-1986

附属書図 1  測定光学系

4.

測定条件及び測定の手順

4.1

測定条件  測定条件は,次による。

(1)

波長範囲は,360nm 以上 680nm 以下とする。

(2)

波長間隔及び波長幅は,それぞれ 10nm とする。

4.2

測定手順  測定手順は,次による。

(1)

モノクロメーターの波長目盛を波長

λにセットする。

(2)

開口絞りの直径を,被測定レンズの入射ひとみの直径の

2

1

になるように調節する(

1

)

(

1

)

被測定レンズの入射ひとみが非常に大きいか又は小さい場合は,開口絞りの直径の入射ひとみ

の直径に対する比を変えてもよい。

(3)

測光器の指示値(

φ

i, 

λ

に比例した値)を記録する。

(4)

被測定レンズを,その物体側の面が開口絞りの方を向くようにして,開口絞りと積分球の間に置く。

(5)

附属書図 2(a)(b)に示したように,被測定レンズを透過して積分球に入る光線束によって照らされて

いる積分球の内壁の部分の面積が,被測定レンズがないときの照射面積と±20%の誤差で一致するよ

うに被測定レンズの位置を調節する。この際,開口絞りとレンズ前面との相互反射及びレンズ後面と

積分球開口との相互反射による影響が生じないように注意する。

なお,被測定レンズがミラーレンズの場合には,

附属書図 3(a)(b)のように被測定ミラーレンズな

どを配置する。

(6)

測光器の指示値(

φ

t,

λ

に比例した値)を記録する。


10

B 7097-1986

(7)

  (6)

で測定した指示値の,(3)で測定した指示値に対する比を算出し,波長

λにおける分光透過率

τ

 (

λ)  を

得る。

(8)

波長を次々に変えて同様の測定を行う。

附属書図 2  被測定レンズの配置


11

B 7097-1986

附属書図 3  被測定ミラーレンズの配置

原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

辻  内  順  平

東京工業大学工学部

(幹事)

藤  井      澄

オリンパス光学工業株式会社

(幹事)

近  藤  英  樹

財団法人日本写真機光学機器検査協会

小  瀬  輝  次

千葉大学工学部

久  保  走  一

千葉大学工学部

半  田      武

通商産業省機械情報産業局

松  本  大  治

通商産業省工業技術院標準部機械規格課

市  川  泰  憲

カメラ記者クラブ(写真工業出版社)

川  本  和  夫

全日本カラーラボ協会連合会(株式会社フジカラーサービス)

島  根  保  治

全日本写真材料商組合連合会

保  積  英  次

社団法人日本映画テレビ技術協会(東京工芸大学短期大学部)

三  堀  家  義

社団法人日本写真家協会

山  本  豊  孝

社団法人日本映画機械工業会

大久保  斤  二

写真感光材料工業会(富士写真フイルム株式会社)

須  賀  恒  夫

写真感光材料工業会(小西六写真工業株式会社)

阿  部  治  男

ミノルタカメラ株式会社

小  島      忠

小西六写真工業株式会社

篠  田  守  正

日本光学工業株式会社

田  島      晃

キヤノン株式会社

松  尾  博  文

旭光学工業株式会社

鈴  木  憲  章

日本写真工業会

(☆:小委員会主査;  ○:小委員会委員)