>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 7024

:2012

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義 

1

4

  種類

2

5

  性能

2

5.1

  一般

2

5.2

  止まり,指示違いなどの運転状態 

2

5.3

  残留影響 

2

6

  試験

2

6.1

  試験の準備 

2

6.2

  試験装置 

2

6.3

  磁界を加える方向

3

6.4

  試験の順序 

3

6.5

  歩度測定 

3

6.6

  耐磁試験 

3

7

  表示

3

7.1

  一般

3

7.2

  種耐磁時計 

3

7.3

  種耐磁時計 

4

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表 

5


B 7024

:2012

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般社団法人日本

時計協会(JCWA)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正す

べきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS B 7024:1994 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 B

7024

:2012

耐磁携帯時計−種類及び性能

Horology-Magnetic resistant watches-Classification and performance

序文 

この規格は,2002 年に第 3 版として発行された ISO 764 を基とし,技術的内容を変更して作成した日本

工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,磁界に耐えられる携帯時計(以下,耐磁時計という。

)の種類及び性能について規定する。

なお,電子表示式の時計は,原理的に磁界の影響を受けないのでこの規格の対象としない。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 764:2002

,Horology−Magnetic resistant watches(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。この引用

規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 7010

  時計部品名称

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 7010 によるほか,次による。

3.1 

耐磁時計(magnetic resistant watch)

均質及び連続的な 4 800 A/m 以上の磁界に耐える時計。

3.2 

歩度

時計の正確さを短時間に測定し,一日当たりの進み遅れに換算した値。

3.3 

残留影響(residual effect)

耐磁試験前後の歩度の差。

3.4 


2

B 7024

:2012

落径(おちけい) 

ケース又は中枠とはめ合わされる部分のムーブメントの直径。

種類 

耐磁時計の種類は,水準によって

表 のとおりに分類する。

表 1−耐磁時計の種類及び水準 

種類

水準

1

直流磁界 4 800 A/m に耐えられる水準(日常生活において,磁界を発生する機器に耐磁時計を

5 cm

まで近づけてもほとんどの場合に性能を維持できる水準。

2

直流磁界 16 000 A/m に耐えられる水準(日常生活において,磁界を発生する機器に耐磁時計を

1 cm

まで近づけてもほとんどの場合に性能を維持できる水準。

注記 16

000

A/m

を超える直流磁界に耐えるもの(例えば,40 000 A/m など)が現在あるが,種類としては規定

しない。

性能 

5.1 

一般 

耐磁時計は,5.2 及び 5.3 に適合しなければならない。

5.2 

止まり,指示違いなどの運転状態 

耐磁時計は,耐磁試験によって止まり及び指示違いがあってはならない。水晶式で複数のステップモー

ターを内蔵する場合には,耐磁試験において全てのステップモーターが止まってはならない。

注記  指示違いとは,耐磁試験前後における時間表示のずれをいう。

5.3 

残留影響 

てんぷ式機械時計の場合,残留影響は次の値以下とする。

a)

直径 20 mm を超える落径(丸形)又は 314 mm

2

を超える面積(丸形以外)のムーブメントの

場合:30 秒/日

b)

直径 20 mm 以下の落径(丸形)又は 314 mm

2

以下の面積(丸形以外)のムーブメントの

場合:45 秒/日

試験 

6.1 

試験の準備 

耐磁時計の試験は,完成品について行い,試験の準備は,次による。

a)

バンドを外すことのできるものは,外して試験する。

b)

試験室の室温は,23±5  ℃で,かつ,試験中に 2  ℃以上変化してはならない。

6.2 

試験装置 

試験装置は,

表 に示した強さの一様な直流磁界を,6.3 に規定する方向に連続して発生するものでなけ

ればならない。耐磁試験中の磁界の強さの変動率は,1 %以下とし,

表 に示された発生磁界の範囲の下

限値を下回らない。

なお,直流磁界 16 000 A/m を超える耐磁時計の試験装置は,発生磁界の強さが 16 000 A/m を超え,かつ

装置の磁界強さ表示レベルの 92 %以上とする。

表 2−試験装置の発生磁界の強さ 


3

B 7024

:2012

単位  A/m

種類

直流磁界の強さ

1

種 4

800

0
400

2

種 16

000

0

300

1

6.3 

磁界を加える方向 

6.3.1 

てんぷ式機械時計 

次の順序で 3 方向の磁界を与える。

a)

文字板に平行で 12 時−6 時の方向

b)

文字板に平行で  3 時−9 時の方向

c)

文字板に垂直な方向

6.3.2 

水晶式 

内蔵するステップモーターごとに,最も影響を受ける方向に磁界を加える。

6.4 

試験の順序 

試験は,次の順序で行う。

なお,a)及び c)の項目は,てんぷ式機械時計だけについて行う。

a)

耐磁試験前歩度測定

b)

耐磁試験

c)

耐磁試験後歩度測定

6.5 

歩度測定 

ぜんまいを全巻にして 1 時間時計を動かした後に,文字板側を上にした姿勢で少なくとも 1 分間,歩度

測定機を用いて歩度を測定する。

6.6 

耐磁試験 

耐磁試験は,磁界を加える方向ごとに次の順序で行う。

a)  6.3

に示した磁界を加える方向に合わせて,試料を試験装置に取り付ける。

b)  6.2

に示した値まで磁界の強さを増加させる。

c)

運針状態を 1 分間観察する。

なお,作動間隔が 20 秒以上のステップモーターの場合は,ステップモーターを 5 回作動して,運針

状態を観察する。

d)

磁界の強さを減少させ,ゼロに戻す。

e)

試料を試験装置から取り外す。

表示 

7.1 

一般 

耐磁時計には本体のよく見える箇所又はタグに,種類の表示をしなければならない。

7.2 1

種耐磁時計 

表示は,次のいずれかの文字又は図記号とする。

a)

耐磁時計

b)  MAGNETIC RESISTANT 4 800

注記 4

800

は,表示しなくてもよい。


4

B 7024

:2012

c)

図記号(

図 参照)

7.3 2

種耐磁時計 

表示は,次のいずれかの文字又は図記号とする。

a)

強化耐磁時計

b)  MAGNETIC RESISTANT 16 000

c)

図記号(

図 参照)

注記  直流磁界が 16 000 A/m を超える耐磁時計の場合は,図記号との併記は行わない。

なお,直流磁界が 16 000 A/m を超える耐磁時計の場合の表示の一例を,次に示す。

例  MAGNETIC RESISTANT 40 000

図 1種耐磁時計の図記号 

図 2種耐磁時計の図記号 


附属書 JA

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS B 7024:2012

  耐磁携帯時計−種類及び性能

ISO 764:2002

  Horology−Magnetic resistant watches

(I)JIS

の規定

(III)

国際規格の規定 (IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごとの

評価及びその内容

箇 条 番 号

及び題名

内容

(II)

国際規
格番号

箇条番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

(V)JIS

と国際規格と

の 技 術 的 差 異 の 理 由
及び今後の対策

1

適 用 範

耐磁時計の種類及び性能につ
いて規定。

 1

JIS

とほぼ同じ

一致

耐磁時計の試験方法と要求事項の規
定であるが,試験方法,要求性能の

技術的差異はない。

2

引 用 規

 2

3

用 語 及

び定義

3

追加

歩度及び落径を追加しているが,技
術的差異はない。

4

種類

1

種 4 800 A/m

2

種 16 000 A/m

 4

Annex A

magnetic resistant

watches 4 800 A/m

に耐

えられる時計をいう。

magnetic resistant  

16 000 A/m

,40 000 A/m

及び 40 000 A/m 以上

変更

一致

技術的差異はない。ISO 規格では,

JIS

のように 1 種及び 2 種の区分は

ない。 
本体に規定した。技術的差異はない。

5

性能

5

一致

6

試験 6.1 試験の準備

6.1

一致

 6.2

試験装置

6.2

Annex A

一致

ISO

規格の 6.2 では 4 800 A/m の磁界

の強さだけを規定しているが,附属
書 A にて 4 800 A/m 以上の値を規定
をしている。技術的差異はない。

 6.3

磁界を加える方向

6.3.1

てんぷ式機械時計

6.3.2

水晶式

6.3.2.2

6.3.2.2

JIS

とほぼ同じ

変更

一致

磁界を与える 3 方向の順序が異なる
が,技術的差異はない。

5

B 702

4


2

012


(I)JIS

の規定

(III)

国際規格の規定

(IV)JIS

と国際規格との技術的差異の箇条ごとの

評価及びその内容

箇 条 番 号

及び題名

内容

(II)

国際規
格番号

箇条番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

(V)JIS

と国際規格と

の 技 術 的 差 異 の 理 由
及び今後の対策

6

試験

(続き)

6.4

試験の順序

6.3.1

6.3.2

6.3.3

一致

ISO

規格の 6.3.1∼6.3.3 は試験順序の

見出し部分を示しているが,技術的
差異はない。

 6.5

歩度測定

6.3.1

一致

 6.6

耐磁試験

6.3.2

一致

7

表示 7.2  1 種耐磁時計

a)

耐磁時計

b) MAGNETIC RESISTANT

 4 800

c)

図記号

7

日本語表示:“耐磁” 
英 語 表 示 : “ magnetic

resistant

製造者責任において,
“antimagnetic”及び省
略形の“mag resist”を

用いてもよい。

変更

ISO

規格は,耐磁レベル 4 800 A/m

の併記表示は,規定していない。

JIS

の英語表示を ISO の英語表示に

合わせる。ただし,JIS では,大文
字を使用する。

市 場 に 認 知 さ れ た 表
示であり,完全に一致
させる必要はない。

 7.3

  2 種耐磁時計

a)

強化耐磁時計

b) MAGNETIC RESISTANT

16 000

c)

図記号

 Annex

A

A.6

日本語表示: 
“強化耐磁 XX”

XX:

耐磁レベルの併記

英 語 表 示 :  “ magnetic

resistant XX

製 造 者 責 任 に お い て

“antimagnetic XX”  と
省 略 形 の “ mag resist

XX

” を用いてもよい。

XX:16 000 A/m

,40 000

A/m

から選択する。例

えば,magnetic resistant

16 000

,mag resist

40 000

変更

国内市場において,1 種,2 種区分,
耐磁レベルの併記は,市場に受け入
れられており継続する。また,JIS

では図記号を追加している。

JIS

に,直流磁界が 16 000 A/m を超

える 耐 磁時 計 の場 合 の表 示 の一 例
(MAGNETIC RESISTANT 40 000)
を示した。

6

B 702

4


2

012


JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 764:2002,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  一致……………… 技術的差異がない。 
    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

7

B 702

4


2

012